FC2ブログ

雨の中,次へ移動。

圓光寺から数百mしか離れていない,こちらへ。

20170916詩仙堂(その1)

  詩仙堂

20170916詩仙堂(その2)

アプローチは,簡素。
その素っ気なさに,歴史を感じる。

20170916詩仙堂(その3)

靴を脱いで,建物に上がる。

20170916詩仙堂(その4)

奥へ進むと,直ぐにお庭を臨める座敷に出る。

20170916詩仙堂(その5)

おお!

20170916詩仙堂(その6)

20170916詩仙堂(その7)

これはまた,趣のあるお庭。

20170916詩仙堂(その8)

20170916詩仙堂(その9)

20170916詩仙堂(その10)

曼殊院門跡,圓光寺とスケールは似てるが,設えが全く異なる。

20170916詩仙堂(その11)

20170916詩仙堂(その12)

曼殊院門跡が筋肉質で,圓光寺が美術館チックならば,ここは女性美を感じるお庭

20170916詩仙堂(その13)

20170916詩仙堂(その14)

丸く刈り揃えられたサツキの稜線が,庭全体のアクセントになっている。

20170916詩仙堂(その15)

20170916詩仙堂(その16)

ジッと庭を眺めて,思索する。

20170916詩仙堂(その17)

20170916詩仙堂(その18)

サーッと雨が降りしきる。
雨が降ると、風景にBGMが付く。


晴れた日には無い、風情
雨の日も、また良し。


20170916詩仙堂(その19)

位置を変えて,また一頻り。

20170916詩仙堂(その20)

20分近く座敷に座っていた間,一人で来られている方が多かった。

20170916詩仙堂(その21)

スーッと入って来て,他の人の視界を遮らない場所に座り,しばらく庭を眺め,再び立ち上がって去っていく。

ここも,荒天が災い(幸い?)して,拝観者は少なかった。

最後に,裏を周って,庭の裏側に入る。

20170916詩仙堂(その22)

20170916詩仙堂(その23)

20170916詩仙堂(その2)4

20170916詩仙堂(その25)

20170916詩仙堂(その26)

うん,あんまり舞台裏は見るもんじゃないね(苦笑)

先を急ぐ。

詩仙堂から,一乗寺へ向けて歩く。

宮本武蔵が吉岡一門と決闘した場所と伝えられる「一乗寺の下り松」

20170916下り松(その1)

下ってないなー。

20170916下り松(その2)

なんか、肩すかし(苦笑)

お向かいの土産物屋さんが,如何にも老舗の風格を発していて,立派でした

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト
讃岐っ子
Posted by讃岐っ子

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply