呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2017年04月13日(木) 2226日目  がっかり
2017年09月23日 (土) | 編集 |
今朝の体重  未測定

よく眠れないまま,起床。
時間だけ見れば,結構寝ているんだが。

雨戸を開けてから,シャワーを浴びる。
なんか,空っぽと云うか,虚しさがこみ上げる。

8時前に斎場に到着。
控室が施錠中。
事務所に行って,開けてもらう。

「おはよう」と声を掛けても,オヤジは相変わらず(そりゃ,変わってたら驚きじゃわ)

名簿を脇に置いて,関係者に電話を掛ける。
とにかく,かなりの数。

早く来たのは,8時半を過ぎると,先方が仕事に出てしまうんで,在宅率が下がるだろうとの読みから。
電話を黙々と掛け続ける。

10時頃,アニキ到着。
しばらく、電話掛け。

  「ちょっとお昼食べてくる。」

自転車で,JR栗林駅高架下のこちらへ。

   うどん 雅や

先客無し。
うどん,いろいろ種類があって迷うのぅ。

20170413雅や(その1)

あ,かやくうどんがある。
オヤジ,かやくうどん好きやったなぁ。

  「最近,かやくうどん置いとる店が減ってしもたのぅ。」

だったら,頼まなイカンが。

  「かやくうどんの小,下さい。」

席へ戻って,壁を眺めてたら,お得そうなメニューがあった。
再び,注文口に行って,

  「スンマセン。天ぷら籠盛りを追加でお願いします。」

スポーツ新聞があるけど,読む気にならん。

かやくうどん

20170413雅や(その2)

肉,若芽,葱,お揚げさん,茄子の天ぷらと具材(かやく)が沢山



20170413雅や(その4)

20170413雅や(その5)

しみじみ美味い。

20170413雅や(その6)

天ぷらの籠盛り

20170413雅や(その3)

お野菜が4種5個とこちらも気前が良い。
揚げ立てなんでサックリ食感。

20170413雅や(その7)

ごちそうさまでした。

午後になって嫁さん来た。

  「ニイチャン,車貸してくれ。喪服,買いに行ってくる。」

  「動かし方,分かるか?」

  「大丈夫やろ。」

  「ぶつけるなよ。」

嫁さんと一緒に,新空港通りの「スーツのはるやま」へ向かう。
LINEを入れると割引になるとのことゆえ,早速,LINEに入る。

数着見て,3万ちょいの手頃な値段のスーツをチョイス。
その価格帯は値引きも大きい。

裾上げも迅速対応。
ひと揃え携えて、斎場に戻る。

  「まつ本さんや吉甲に言わんでエェんかいの。」

  「言うた方がエェかもしれんな。」

  「お店の人にはえぇんちゃうん?言われても困らんな?」

  「でも,がいに大事にしてもらいよったけんなぁ。」

連絡するか迷っていた,その10分後。

  「お悔みの方がいらっしゃってます。」

知らせても無いのに,「まつ本」の松本大将と奥丹さん・・・

  「すんません。こんな事になってしまって。」

  「何をおっしゃいますやら。もう驚いてしもて。なんと申し上げてよいやら・・」

  「顔見てやってください。普段の寝顔を全く変わりませんよ,ホンマ。」

慌てていらっしゃった事は,服装で分かる。
もう,「まつ本」でオヤジと飲みながら,講釈を聞くことが出来んのやと思うと哀しい。

昨夜,オヤジの関係者がお店に来て,話したそう。
それはもう,驚いたそうな。

  「最後にオヤジが伺ったんはいつでしょうか?」

  「二週間くらい前ですね。」

そうか,そうですか。
これまでお世話になったお礼を申し上げる。

遺影用の写真,明朝まで待ってくれるとの事(感謝)

前に,オヤジが「ワシの遺影はこれじゃ」って言いよった写真をもう一回探そう。

明日のお通夜の祭壇が出来上がった。
オヤジ,そちらへ移動。

  「●●クンは,今日泊まるの?」

  「いやー,どうしょー。最後やけん,オヤジのそばにおろうかなと思たんやけど,
   もう祭壇に移動してしもたしなー。」


  「どうなさいますか?お部屋へお戻しいたしますよ。」

  「それは手間が掛かるけんえぇです。今日は帰ります。」

それからも,電話掛け。
晩になれば,帰宅してくる方がおるはず。
なので,留守電だった方,つながらなかった方を中心に電話掛け。

朝食 抜き
昼食 かやくうどん,天ぷら籠盛り@雅や
夕食 ステーキ,ハム


21時前,アニキ引き上げる。
ワシは,何とか自分の担当範囲をひと通りかけるべく,夜分の失礼を承知で22時まで電話掛け。

裏口の通用口から出て,オヤジの自転車で帰る。
おぼろ月が綺麗だ。

家へ着いても,灯りは点いてない。
「帰ったでー」と言っても,奥からは何の反応も無い。

ひたすら寂しい。
何故,こうなってしまったのか。
ため息が出るばかり。

なんとなく,今後の張合いが無くなってしまった。

帰宅して,オヤジの買い置きのステーキを焼く。
三越でよぅ買いよったなぁ。

20170413ステーキ(その1)

冷蔵庫に有ったハムも食べる。

もう一緒に食べられんなぁ。
ガックリ来るわ。

20170413ステーキ(その2)

片付けして,いろんなもんが山積みのテーブルの上を,何気なくいじる。
ゴミも多いので,用事が終わったようなメモやレシートはどんどん捨てる。
期限切れのサービスチケットも。

   「あっ。あった!」

オヤジの言いよった,遺影用の写真が出て来た。
なんか,見つけてくれと云うか,向こうから姿を見せたと云うか。

間に合って良かった。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック