呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2017年02月26日(日) 2180日目 (中篇) ビルマの竪琴
2017年07月30日 (日) | 編集 |
新橋に入る。
かつて,よく使った「はなまるうどん」,日曜のオフィス街と云うのに,盛況。
これも,マラソン効果だな。

20170226東京マラソン(その32)

20170226東京マラソン(その33)

20170226東京マラソン(その34)

一旦,コースから離れ,新橋駅方面へ向かう。

ランチをどこで食べるか。
「パンチョ」は10人ほどの行列ゆえ,ヤメ。
で,向かった先は,こちら。

  豚骨ラーメン 風龍MAX

新橋近辺で多店舗展開する「替え玉2玉無料」でお馴染の博多豚骨ラーメンの店。
お昼時と有って,結構な入り。

豚骨ラーメン(バリカタ)¥680

20170226風龍MAX(その1)

値段高めだけど,立地と2玉替え玉無料を考えれば安い。
すり胡麻を追加。この後,人と会うのでニンニクは自重(刻みとすりおろしの2種類あった)

スープの濃度が濃いね。
麺も美味いけど,そこは博多ラーメンゆえ,明確な特徴があるわけでもない。

20170226風龍MAX(その2)

替え玉2回。
厨房に2人,ホールに1人の3人体制で,厨房の2人が外国人。
この麺上げ担当の方の記憶力が素晴らしい。

お客が「バリカタ!」と替え玉を注文すると,その客の席番と茹で具合を記憶。
注文が集中すると,一気に5人分くらいを茹で上げるんだが,それを「7番バリカタ」「12番フツウ」と間違いなく,かつ注文順に出していく。
凄いもんだ。

お腹が一杯になりました。
ごちそうさまでした。

マスター達は,銀座和光隣の木村屋前で応援中との事。
すでに,高校同窓のIクンは通過したとのこと。

数寄屋橋交差点からランナーを眺めながら,和光へ。
北海道から参加のMさんの姿を探すも見つからん。
とにかく,人数が多い!

見つからないまま,マスター達に合流。
マスター,Kちゃん,Dくんの3人で応援中。

20170226東京マラソン(その35)

マスター,酒屋で借りたビアサーバーを背負っております(笑)

  「Mさん,見つけた?」

  「見つからんかった。」

今回,東京国際マラソンのサイトでは,目当ての選手を登録すれば,ナビで追跡して現在位置を知らせてくれるのだ(凄い!)

  って,そんな凄いシステムがありながら,何故Mさんを見逃したのか!

ランナーは銀座中央通りを続々と通過。

この地点からゴールまでは15kmほどある。
13時前(約3時間50分経過)で27km経過ゆえ,予想所要タイムは5時間弱と云ったところか。
サブ5を目指す方々ですね。


さて,次の目当ては,マスター&Dくんの先輩にして,べろのお客さんでもあるSさん。
50歳代後半にして初マラソン挑戦だそう。

なのに,昨夜は某理事会で呑んでいたらしい(笑)

A4サイズの応援旗(Sさん写真入り)を持ち,マスターナビ上で近づくSさんを見守る。
これ,少しずつ動いてくるんで,臨場感があるなぁ。

  「このSさんの写真,なんか普段過ぎない?」

  「そりゃ,BBQやった時の宴会写真やからのぅ。」

  「失踪者を探す番組の写真みたい。」

  「“煙草を買いに行く”と云って出て行き,もう2年になります。」

  「おとうさん,どこまでタバコ買いに行ってるのかしらねぇ。」

  「オカアサン,いろいろ気づけよ(笑)」

無い話しをしていると,

  「あ,もう松屋の角まで来た!」

  「Sさーーん!Sさーーん!」

  「どれがSさん?」

  「わかんない!どれだろう?」

似たような感じの方多数。
50歳代後半のオッチャンが多すぎるのだ。
グラサン掛けてりゃ,顔もわかんないし。

  「Sさーーん!S――!S――!」

既に呼び捨てである(笑)

  「Sさーーん!N!N!」

会社名を連呼するも,反応が無い!

  「S―――!一緒に日本へ帰ろーーー!」

見つからないもんだから,ヤケクソである。
ボランティアの女性や周囲の応援の方も笑っておる(ウケてどうするw)

こうして,Sさん捜索は空振りに終わった。
3人応援して,打率3割3分3厘。
ナビで補足していながらの,この体たらく。

  「警察の苦労がわかるのぅ。」

  「明らかに目の前を通過しているのに,4人で監視して見つけられないとは。」

  「むしろ,声を掛けられて,逃げたとか(笑)」

  「返してない借金を思い出したとか?」

無い話しで盛り上がる。

  「これが所轄の警察やったら,キャリアから怒られとるのぅ。」

  「この役立たずの田舎警察め!って?(笑)」

まだまだレースは続くが,我々は反省会場へ向かう。
とりあえず,分かっている敗因の一つは,

   事前にランナーの格好を確認していないこと(爆)

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック