2017年02月13日(月) 2167日目(その12) なかむら

2017年02月13日(月) 2167日目(その12) なかむら に関する記事です。
施設を後にする。

オヤジ,携帯から自宅の留守電を聞くと,親類のオバチャンから留守録が入ってたとのこと。
掛けなおして欲しいらしいが,???

  「昼どうするんや」

  「和食は晩に行くし,蕎麦はこの間行ったし。」

  「和食と蕎麦はえぇわ。オマエの好きなんでえぇぞ。」

  「うどんになるで。」

  「うどんはさっき食べたとこじゃがー。」

とやりとりしつつ,うどん屋へ向かう(笑)

  「ワシは車でおるわ。」

  「あの,我がで畑から葱抜いてくるんで有名になった店やで?」

岩嵜タクシーから東に入って,しばらく進んで到着。

20170213なかむら(その7)

   なかむら

車のナンバー,隣が練馬,はす向かいが大阪,正面が横浜(笑)
流石,全国レベルの店じゃ。

20170213なかむら(その8)

20170213なかむら(その9)

  「これが店じゃ。元鳥小屋(笑)」

  「直さんのか?」

  「中は何遍か直しとるけどな。それより,自宅がどんどん立派に(爆)」

ワシの前に入った練馬ナンバーのオッチャン,気が急いているのか,お連れのオバアチャンを取り残したまま,入店し,人数を聞かれて,「4人です」と云うものの,全員が揃ってないので後回しにされる。

   店のシステムを踏まえて振る舞わんと,いけませんな。

ワシはオヤジと二人なので,「お二人?」「はい」と先にご案内。

  「ご注文どうぞ」

  「かけの大」

  「ワシは釜玉の小」(エッ!?)

  「釜玉,2,3分お待ちくださいねー。」

ワシの分だけ,セイロから2玉を入れたドンブリが渡され,

  「ぬくめるんやったら,そこでなー。」

釜の脇で,自分でテボザルを使って玉を温め直す ♪

トッピングゾーンで迷った挙句,海老天をゲット。

  「全部で420円です。」

次男クンでは無い男性が会計係。

  「ダシ,どこにあるんですか?」

  「この先の食べるところにありますー。」

しばらく来んうちに,システムが変わったか。

釜玉も直ぐ出来上がり。
オヤジも支払いをして,一緒に別棟の方へ移動。

かけ大320円,エビ天100円。

20170213なかむら(その1)

我ながら,正しい天ぷらの配置じゃのぅ。
ど真ん中ではなく,上に配置された海老天の美しいこと。

20170213なかむら(その1)

20170213なかむら(その4)

   ズチョロロロロロ

いやー,これこれ。
このミョーンとした食感のコシがエェねぇ。

20170213なかむら(その3)

もちもち細麺で,喉越しはやはりトゥルトゥル

  「朝のも美味かったけど,これもイケるのぅ。
   やっぱり,西讃の方がうどんが美味いんかのぅ。」


  「ほーやのー。」

別棟が存外に立派なんですわ。

20170213なかむら(その5)

20170213なかむら(その6)

儲けをお客さんに返すんは,立派な姿勢で称賛されるべきなんやろうけど,あんまり綺麗になると風情が(笑)
鳥小屋だけは今のままでお願いしますw
ごちそうさまでした。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sanukikko.blog62.fc2.com/tb.php/5082-8f9ea5ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
FC2 Blog Ranking