呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2017年01月03日(火) 2126日目(その29) わら家、屋島寺、展望台
2017年05月27日 (土) | 編集 |
下の子のギブアップ宣言が飛び出した。

  「私もこれぐらいで。」

嫁はんも脱落。
チミらは素人かっ!( ← 何の素人やねんw)

20170103わら家(その5)

そういや,オヤジは食ってないな。

  「ワシは呑みよるけん,最後じゃ。」

クッ,まだスタートにすら着きませんか。
てか,オヤジは一玉がやっとやろうけん,戦力にならん。

家族では,ワシに次ぐ麺類好きの上の子しか,もう仲間はおらん。

  「美味しいねぇ。」

チミはそう云うと思った。
チミは,日の出製麺所のお土産うどんワンパック(二人前)を一度に食べられるもんね。

2人で頑張るも,熱いうどんが胃の中に入ると,この寒いのに汗が額に滲んで来る。
熱ぃー,熱ぃー。

オヤジも参戦して、何とかフィニッシュ!

20170103わら家(その6)

いやー、達成感あるわ。

20170103わら家(その7)

  「今度からは、考えて注文して。」

  「はい。」

後ほど、HPで調べたら、うどん10玉入ってるんですって。
4~5人前で10玉って ( 笑 )

   香川の標準は、1人2玉以上なんかいっ!

美味しゅうございました。
ごちそうさまでした。

20170103わら家(その8)

腹ごなしに屋島寺へ参拝。

20170103屋島寺(その1)

あれ?なんか、綺麗になってない?

20170103屋島寺(その2)

  「これはの、参道のルートを変えたんじゃ。」

  「あ、それでな。」

20170103屋島寺(その3)

20170103屋島寺(その4)

20170103屋島寺(その5)

屋島寺を通らないと、先へ進めんようになっとる。
いろいろ、工夫 ( 笑 ) しとるんじゃのぅ。

20170103屋島寺(その6)

20170103屋島寺(その7)

20170103屋島寺(その8)

  「こっちが昔の門じゃの。」

20170103屋島寺(その9)

そうそう、こんな感じやったわ。

20170103展望台(その1)

先へ進むと、展望台

20170103展望台(その2)

20170103展望台(その3)

20170103展望台(その4)

20170103展望台(その5)

瀬戸内海は穏やかじゃのぅ。

20170103展望台(その6)

20170103展望台(その7)

20170103展望台(その8)

20170103展望台(その9)

20170103展望台(その10)

20170103展望台(その11)

グルット廻って、駐車場へ戻る。

大分歩いたけん、オヤジ、しんどそうじゃ。

ベンチに待たせて、車を取ってくる。

  「よっしゃ。ほんだら、駅へ向かってレッツGO!」

20170103高松駅(その2)

20170103高松駅(その3)

高松駅まで、ワシの家族を送り届る。

  「そしたら、おとうさん、おかあさんによろしく!」

20170103高松駅(その1)

ワシはもう一泊するんじゃ。

20170103高松駅(その4)

一旦帰宅。

午後に電話して,今日の晩御飯と明日の昼ご飯の席を確保。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック