呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2016年11月27日(日) 2089日目  (その22) うどんバカ一代
2017年04月22日 (土) | 編集 |
昨日に引き続き,パープルのミライースで出発。
時間に余裕があるので,まずは朝ご飯。

20161127うどんバカ一代(その5)

   うどんバカ一代

雨の中,続々とお客さんが来てます。
店外に行列は無いものの,店内には8名ほどの列。

並ぶ間,何にするか思案。
昨日はかけだったから,今日は釜揚げだな。雨だし( ← 何故?w)

  「釜揚げ下さい。」

注文係のニイチャン,後ろへ振り返り,「釜行ける?」「4分半!」

  「4分半ほどお待ちになりますが。」

  「ほんだら,カレーの小」

  「うどんダシ入れてエェですか?」

  「いいよ。」

受け取って,ネギをのせたら,横へスライドしてお支払。

カレーうどん小

20161127うどんバカ一代(その2)

20161127うどんバカ一代(その1)

朝一番で,カレーうどん
カレーの香りは,また次のカレーを呼ぶ(笑)

20161127うどんバカ一代(その3)

  ズゾゾゾゾゾッ

20161127うどんバカ一代(その4)

カレーが跳ねんように,気をつけて食べなイカン。

しかし,この太いモッチモチのうどんがよぅカレーに絡んで美味いこと!

最後のダシまでグビッと飲み干して,フゥと息を吐く。
んまかった。

  「ごちそうさまー。」

  「ありがとうございました。」

お盆を返して,お終い。

帰宅。
オヤジを乗せて,出発。
行き先は,屋島

オヤジの用事を待つ間,マルナカに立ち寄るも,目当ての品が無い(泣)
うーむ,どうしたもんか。

再びオヤジを乗せて,郷東町へ移動。
待つ間,ドライブ。

そうや,「ひさ枝」でマルシェっちゅうお洒落げーな催しをしよったなと向かう。
ありゃー,満車じゃ。
離れた場所は空いとるけん,停めることはできんことないけど,雨が強いし,うどんはこないだ食うとるけん,勇気ある撤退。

グルグル回って,結局,宮脇書店で「京都お一人さま本」を買いました。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック