呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2016年11月05日(土) 2067日目 【前篇】 <ラーメン二郎三田本店>
2017年03月27日 (月) | 編集 |
今朝の体重 73.8kg

5時起床。
6月分以降の写真が内部ストレージに収納されている。
前回,ファイルマネージャーを使って,SDに書き出したんだが,やり方をすっかり忘れた。
ネットで検索するも,「写真の右端に出るチェックボックスにチェックを入れ・・」

   チェックボックスが出てこない(笑)

いじる内にめげてしまい,写真移動叶わず。
さて,6月以降の日記どうしようかな。

7時過ぎ出立。
朝礼である。

20161105ラーメン二郎三田本店(その1)

先客1名。誰だっけか。一之江の店主?
と思ってたら,話の内容から,一之江の店主でないことは分かった。
思い出した! JKさんだわ。
面識はあるけど,会話したことないから分からんかった。

  「オヤジ,大宮どうしちゃったの?」

  「あー,あれなー。」

牛だか豚だか一頭買いした話,別の味のラーメン作って,それがウケた話等々,オヤジは全部ご承知。

  「いろいろ話はしたんだけどよー。」

  「弟さんいるじゃん。チャリティーも来てたし。」

  「だよなー。でも,Kくんが(以下,自粛)」

世間の評価は「ラーメン二郎」の看板があってこそのもの。
それを自覚した上で,裸一貫からチャレンジするなら,それも良し。
Kくんの人生なんだから,他人がとやかく言うべきではない。

20161105ラーメン二郎三田本店(その2)

  「まぁ,彼も(ピーー)の(ピーー)だからなー。イーーーッヒッヒッヒ♪」

その後は,“独身はチャレンジできるけど,家族持ちは守るもんがあるから”ネタ。

  「MのTが,スッゲー●っ●てよー。」

Tらしいなぁ。

今の成功体験を糧に次のステージへ向かうのは,本人は良いかもしれんが,食べて下さったお客さま,ファンに対して,どういう気持ちなんだろうか。
勝っている内に,次に挑戦せよってところか。
ならば,どうにか店を残せなかったものか。

一箇所に留まっていられない性格なんかもしれんな。
勿体ない話しだ。

JKさん,麺投入前にハッキリと「麺半分ね!」と伝えたのに,オヤジ,フルボリュームチューンで提供。

  「悪ぃ!作っちまった(笑)。残してくれぃ!」

  「頑張ってみるかー」(笑)

ラーメンカラメニンニク

20161105ラーメン二郎三田本店(その3)

わははは。豚の量が半端ない。

20161105ラーメン二郎三田本店(その4)

しっとりの切りそろえられたのが5枚と塊が2個入ってましたわ。

20161105ラーメン二郎三田本店(その5)

    ゾッゾゾゾゾ

んふー。
このマイルドな調和はどうよ。
オヤジが作ると,この一体感が素晴らしい

20161105ラーメン二郎三田本店(その6)

豚が秀逸! 柔らかさとスジ一本無い高品質

 美味しかったー

ごちそうさま。

JKさんは「ギブアップ。無理」(笑)

奥にG先輩がいたけど,もうめちゃめちゃ太ってきているんだな,これが(笑)
名前の由来である学ランを来て,足元は雪駄。
壊れちゃってる感が半端ない(苦笑)

  「つながると,スゲーんだろーなー。」

木久扇師匠と同じか(笑)

太っていると云えば,おDBさまも凄い。
一時は痩せたんだが,以前以上にお腹がせり出している。
なんか,スライム上になってきてる気がする。大丈夫ですか?

20161105ポケモンGO

さぁ,泳ぐぞっ!

5200m × 1本 
  50m × 2本

本日の合計距離      5300m
11月の総泳距離     10.4km
H28総泳距離     525.4km
H15/5~総泳距離 7397.4km
プール前の体重      74.2kg
プール後の体重      73.2kg


苦しかった。
抑えめに泳いだのに,30本ぐらいからもうヒィヒィ。
自分でも泳ぎ方が変なのが分かる。

60本過ぎに馴染んできて,やっと本来の泳ぎ。
でも,進まない感ありあり。

苦労した甲斐あって,体重が落ちた。

プール出ると,建物周辺では商工会議所?商工会?主催の催し物が。
企業ごとにテントを立て,いろいろ展示。

これ,昔からやってるんだけど,誰に対する展示何だろうか。
企業の方?個人の方?
誰でも体験OKなら覗いてみたいけど,ブースの人,座ってるだけで,行き交う人に声掛けもせず。

アルコール買い込んで帰宅。
自宅キーを忘れて出かけたので,全員居なかったらどうしようと懸念したけど,嫁はんいました。

20161105昼呑み

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック