呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2016年10月24日(月) 2055日目 (その14) 懐古 <中浦>
2017年03月19日 (日) | 編集 |
時間に余裕があったので,こちらへGO!

   中浦

こちらと駅前の「味庄」が,宇高連絡船にうどんを卸しよったらしい。
(確か,麺通団の本に書いてあったような・・・)

いつものオジイサン不在。
オバサンが全部対応。

おっと,そばがあるのぅ。
このそばは初めてやけん,食べてみようか。

  「そばの小,下さい。」

ササッと作ってくれる。

  「スンマセン。1000円札しかないんやけど。」

  「小銭,無いですか?」

  「スンマセンな。」

こういう製麺所系の小さなお店に来る時は,小銭を用意しとかんとイカンのぅ。
ちゅと肩身の狭い思いをしつつ,着席。

かけそば小¥260

20161024中浦(その1)

なかなかエェ色しとるがな。

   ゾゾッゾッ

20161024中浦(その2)

んふー。
このザリザリ感と粘りはどいや。
思わず,何度も噛みたくなるわぃ。

オヤジを迎えに行く時間が迫って来たんで,ダシは半分くらい残す。
ごちそうさんでした。

オヤジを迎えに行き,今度は,宮脇町近辺をグールグル。

  「30分ぐらい時間が余るのぅ。家に帰れるほどではないし。」

  「だったら,次のところも配ってしまおう。」

で,花ノ宮町をグールグル。
もちろん,運転中はスマホ厳禁ゆえ,ポケモンGO!はやりません。

  「オマエ,昼飯どうするんや。」

  「いや,適当に。」

  「なんか,宮脇のマルナカの向かいのうどん屋さんが美味い云うて聞いたことがあるわ。
   あれやったら,行ってみ。」


  「へー。分かった。」

13時半に岩清尾八幡宮近所でオヤジを降ろし,ワシはお昼じゃ。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック