プロフィール

讃岐っ子

Author:讃岐っ子

一.うどんにはうるさいです。  
  ワーワーワーワー!!

一.ラーメン二郎が止められません・・・・

一.No swim,No life.

一.体の水分のアルコール濃度が高いです。

一.阪神タイガースは一番やー!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ランキング♪

リンク

2016年10月22日(土) 2053日目 (その9) 傑作の連続 <まつ本>

晩御飯は,瓦町はトキワ新町の毎度のこちらへ。

   まつ本

カウンターで松茸がお迎え

20161022まつ本(その1)

  「中国産ですね。国産は難しいです。」

  「松茸は少しずつは使えんからねぇ。1本ごとを使い切らんとイカンから。
   でも,注文が入らん日もあるやろうし。難しいですなぁ。」


お酒を頼むと,直ぐに先付が出て来る。

四方竹

20161022まつ本(その2)

以前に「結城」で初めて食べて以来,好きである。

20161022まつ本(その3)

八寸

20161022まつ本(その4)

20161022まつ本(その5)

牛牛蒡、細かく包丁が入った蒸し鮑、子持ち鮎。

20161022まつ本(その6)

銀杏ちらしてます。

20161022まつ本(その7)

子持ち鮎はあっさりとした仕上げ。
甘露煮では少ししつこいけんな。

お造り

20161022まつ本(その8)

20161022まつ本(その9)

剣先烏賊、細魚、藻海老

20161022まつ本(その10)

藻海老の味噌が効いとる

20161022まつ本(その11)

20161022まつ本(その12)

裏側に鯛の炙り

20161022まつ本(その13)

20161022まつ本(その14)

この歯応えがたまらん

大きな器で虎魚

20161022まつ本(その15)

虎魚のそばには松茸が。

20161022まつ本(その16)

こりゃ,1/2本も入っとるじゃないですか!
ムヒョヒョ~イ♪

20161022まつ本(その18)

凄く大きな肝が付いてる

20161022まつ本(その19)

  「この虎魚の肝,凄いなぁ。この大きさやと,本体はさぞかしでかかったんちゃうんな?」

  「そうですね。このサイズの肝はなかなか取れませんねぇ。珍しいです。」

肝フェチとしては,もう失禁ものの美味しさ。

20161022まつ本(その20)

皮と身の間のゼラチンが素晴らしい。

20161022まつ本(その17)

夢中でねぶりました(笑)

お,これはなんじゃ?

20161022まつ本(その21)

ホイル焼きやのぅ

20161022まつ本(その22)

ホイルを開けると、トロロ昆布。

20161022まつ本(その23)

その下には,鱧の薄衣揚げ(!)

20161022まつ本(その24)

そのまだ下には,松茸(!!)が敷いてある。

20161022まつ本(その25)

たまらんのぅ。
さっきの虎魚もそうやけど、出汁と松茸とスダチの相性の良さは異常 (笑)

20161022まつ本(その26)

抜群に美味い!

虎ふぐの唐揚げ

20161022まつ本(その27)

骨際をねぶるんが楽しゅうて楽しゅうて。

20161022まつ本(その28)

ふぐの旨味は,煮ても焼いても生でも素晴らしいわ。

20161022まつ本(その29)

〆は、銀杏粥

20161022まつ本(その30)

刻んだ藻蝦を入れて彩り良く。

20161022まつ本(その31)

ホフホフ言いながら平らげる。

20161022まつ本(その32)

酒は生+熱燗3本+冷酒半本

今日も素晴らしかった。
日本の秋を堪能したわー。
ごちそうさまでした。

 「松茸の始末はどうやったらエェんですか?石突の土とか,全体的な汚れとか。」

 「もちろん,掃うことは大事ですけど,布巾で拭いて落としますね。」

なるほど。
よくわかりました。

朝食 中西
昼食 ひさ枝,はりや,ふるかわ
夕食 まつ本


トキ新から常盤街を抜け「中國酒家」へ。
明日の晩の上海蟹コースを予約するべく向かったのだ。

ありゃ。去年の今頃にはあった「上海蟹コース」を知らせる張り紙が無い。
店内に入るも,店員が出てこない( ← これは毎度なので気にしないw)

店員らしき女性がいたので,「上海蟹コースはやっていますか」と聞くと,
たどたどしい日本語で「聞いてみる」と言い,奥へ。

戻って来て,「やってない」とのこと。
あちゃー。

  「明日,食うとこないのー。」

  「ほんだら家で食べようで。ワシ,ステーキ肉あるし。」

  「そうするかの。」

菊池寛通り(旧県庁通り)からタクッて帰宅。

  「明日はホテルで朝飯行くか。」

  「ほんだら,朝の7時に起きて支度して行こう。いつも遅いけん。」

  「分かった。」

帰宅後,台所でビール飲みながらTV見よるうちに轟沈。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP