呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2016年07月30日(土) 1968日目 (その5) 小旅行
2016年12月23日 (金) | 編集 |
アニキをタクシーに乗せて,ワシも。

20160730帰宅(その1)

11号をズンズン進んで,アニキの自宅まで。
道中は,ワシもほとんど爆睡。

道が空いてたけんかしゃん,思ったより掛からんかったな。

  「ほんだら,ゆっくり休みまいよーおやすみー。」

  「おー,スマンかったのぅ。気ぃつけて帰れよ。」

待たせてあったタクシーに乗り込み,坂出駅まで向かってもらう。

未だ,マリンライナーはある時間なんで,それ狙いw
だって,タクシーの何分の一かのお金で済むんやもん。

改札で時刻表を確認すると,5分後にマリンライナー高松行が来る
これは,グッドタイミング。

マリンライナーで高松駅。
駅前で軽くポケモンゲットして(笑),コトデン築港駅から瓦町へ。

先ほどまでいた「まつ本」へ顔を出し,お礼の挨拶。

さて,どうするか。
「來( rai )」に顔を出すか,「アップタウン」行くか,「グラファ」行くか・・・
20160730帰宅(その2)

いや,今日は止めよう。
ちょいと,気が重いし。
こういう夜は,帰ろう。

再度,瓦町駅まで戻る。
23時半を過ぎても電車があるのが有り難い。

三条駅が近づき,腰を上げる乗客が多い中,爆睡中のサラリーマンあり。
土曜日も勤務とは,本当におつかれさまである。

三条駅が最寄りでは無いかもしれんが,起こしておくか。

肩を指で軽くたたいて,「三条ですよ」と起こす。
「あ」と云う感じで起きた彼。

どうやら,三条駅が目的地だったらしく,荷物を抱えて立ち上がり,降りた。
そして,何度も「ありがとうございました」と礼を言って来る。

よかった,起こして。
太田,仏生山と遠くなるにつれ,戻って来るのが大変だ。
(都会と違い,流しのタクシーはない。運が良ければ,駅前のタクシー会社に戻って来た車を捕まえられる)

行けばいくほど,ネットカフェも無ければ,ホテルも無い。
琴平まで行けば別だが ( 笑 )

朝食 さか枝,松下製麺所
昼食 うどん番長
夕食 まつ本


三条駅のポケストップでチェック。
後は自宅までの途中にはポケストップは一基も無い。

20160730帰宅(その3)

20160730帰宅(その4)

20160730帰宅(その5)

20160730帰宅(その6)

20160730帰宅(その7)

20160730帰宅(その8)

帰宅して,着替えて,一缶だけ呑んで就寝。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック