2016年07月18日(月祝) 1956日目 <後篇> 港区水泳大会 100m平泳ぎ(ちょい呑み太郎)

2016年07月18日(月祝) 1956日目 <後篇> 港区水泳大会 100m平泳ぎ(ちょい呑み太郎) に関する記事です。
電車で移動し,再びのプール。
張り出された成績を確認。

20160718水泳大会(その1)

  ガーーーン! ワシ,4位やん。

しかも,

  43秒も掛かってるし・・・・(遅)

劣化してるとはいえ,このタイムはショック。
ピッチ泳法はもうアカンか。

100mは距離もあるし,もう少しピッチを落として,腕をしっかりかいて水に乗って行こう!

300mと抑えめにアップしてから,召集場所へ。

50mより参加者は減って,2組8名(1組目3名,2組目5名)
ワシは2部(45歳~54歳)の1組目。
1名しか参加していない1部(35歳~44歳)の方が,ワシの組に入ることになった。

さて,各コースの待機シートへ移動。
先ほどのような動悸の高ぶりが無い。
開き直れたのか(笑)

笛が鳴り,スタート台に上がる。
ストロークのペースは,前の高校生組のピッチを見ておさらい済み。

  「ヨーイ」  ピッ!

ドボーンッ  しっかり伸びてから,ひと掻きひと蹴り

水面に出ても慌てず,腕でしっかり水を掻き,キック。
それを繰り返す。

いきなり30m近辺で苦しくなってくる。
まだ,序盤ですがなっ

姿勢を崩さず,しっかりピッチを維持。

ターン!  呼吸は苦しいが,グーーーッと伸びてから,ひと掻きひと蹴り。

苦しい苦しい
でも,不思議なことに筋肉は悲鳴を上げてない。
まだ,イケるな。

75mを突破。
他の選手の状況は分からん。

なんか気が遠くなって来た。 あ,ジイチャン・・・(笑)

壁が近づいてきて,ラストスパート。
腕の掻きこみを意識して強く!

  バシンッ!  ゴール板に両手でタッチ!

ちゅと,最後は流れてしもた。

電光掲示板を見ると,ワシは1分32秒69で二位
ってか,一位の人

     1分9秒74(!)

1分10秒切るって,凄い。全日本レベルだ。
ワシ,ベストタイムで1分14秒やのにだー。

ヘトヘトのまま,次の組のレースを見学。
1位が1分35秒掛かってたんで,ワシのメダルは確定やな。

内心ほっとする。

そのまま,軽くダウン。
暑いから,プールの水が心地よい。

シャワー浴びて着替える。
最後のフリーリレーの最中に,成人男子二部平泳ぎの成績が張り出される。

20160718水泳大会(その2)

あれ? ワシ,一位になってるし。

あ,1分9秒の人,一部だったから,二部ではワシが1位なのね。
これは嬉しい!

大会本部テントで金メダルを受け取る。
係のオバチャン3人からささやかに拍手をいただき,凄く嬉しかった。

20160718水泳大会(その3)

これにて,孤軍奮闘の水泳大会は終了。
また来年だ。
ありがとうございました(礼)

 550m×1本
  50m×1本
 600m×1本
 100m×1本
 700m×1本

本日の合計距離      2000m
7月の総泳距離      47.2km
H28総泳距離     307.2km
H15/5~総泳距離 7179.2km
プール前の体重       未測定
プール後の体重       未測定

6年ぶりにもかかわらず,メダルをいただくことが出来て超満足。
ウキウキ気分で田町まで散歩。

20160718水泳大会(その4)

ランチの時に見つけておいたこちらのお店に潜入

20160718ちょい呑み太郎(その2)

  ちょい呑み太郎

先客は4人客1組,1人客2組。
惹きつけられる理由は,やはりこの安さか。

中生ジョッキ¥200(!)
他の飲み物も総じて安い。

立ち飲みスペースを確保してから,レジで生ビール¥200,カレーマカロニサラダ¥300を注文。

20160718ちょい呑み太郎(その1)

1杯目は蒸発(笑)
直ぐに2杯目を注文。

このまま,根を生やすと危険(笑)なので切り上げ。
〆て¥700(安っ!)
ごちそうさまでした。

スーパーでいろいろ買い込んで帰宅。

朝食 豚肉カレーうどん
昼食 肉中華そば,炒飯@大連,ちょい呑み太郎
夕食 鶏エスニック唐揚げ,サラダ,玉子豆腐,ローストビーフ,焼き鳥


誰もおらん。
洗濯物を洗濯機に入れ,髪染め作業開始。

筆者,よく「髪の毛,茶色に染めてるの?」と言われる。
それは,大きな勘違い。

  黒く染めた髪が,プールの塩素で落ちて茶髪になっているの。

そして,生えて来た部分が白髪なので,茶と白のコントラストになる(笑)

風呂から上がって涼んでいたら,嫁はんが買い物から帰宅。
子供たちは大学の授業だってさ(祝日は無関係らしい。ムヒョーーッ!)

「しくじり先生」見ながら晩酌。
島田洋七、2時間近く喋ってたな。
これだけ持たす話術は凄いかも。

ちなみに、全盛期のB&B漫才のビデオを見た子供は一言

  「速すぎて聞き取れない。」

こんなに速かったんやな。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sanukikko.blog62.fc2.com/tb.php/4704-b78756d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
FC2 Blog Ranking