2016年06月18日(土) 1926日目 (その10) さぬきそば うえはら

2016年06月18日(土) 1926日目 (その10) さぬきそば うえはら に関する記事です。
オヤジを乗せて,一旦帰宅。
昼飯の時間はしっかりあるけど,午後も用事があるけん,呑めんのやって。

  「昼どうしようか。別の蕎麦屋,調べとるけん,行ってみるな?」

  「ほんだら,そうしようか。」

オヤジ,午後に用事があるけん,呑みたくなる店,例えば「二蝶」「魚神」を所望せん(笑)

  「どこや」

  「メッセの端っこ」

スマホでナビ設定。便利になったもんじゃの。
なんか,今日はえらい交通量が多い。
何かあるんかいの?(エェ,あったんです・・・)

  「非情にわかりにくい場所やって聞いてたけど・・・あ!あった!」

交通量の多い道路から住宅街の脇道に入り,また,脇道から長いアプローチ先に目的の店があった。

20160618うえはら(その1)

   さぬきそば うえはら

高い天井に広いフロア
おしゃれなカフェに負けない素敵な造り

  「お好きな席にどうぞ」

窓際の4人掛けテーブルに着席
カウンター席では,一人客が数名。

メニューを見ると,さぬき十割そば,胴つきそば,美馬セット等で小,中,大となっている。
つけ汁を肉無し,肉有に変えられるようで,肉は鴨のよう。
目当ての田舎そばは無かった。残念。

胴つきそばの小,中をひとつずつ注文
胴つきとは,福井県にあるそばの一種らしい。

  「太くて歯ごたえのあるおそばですよ

しばらくして提供

胴つきそば(中)

20160618うえはら(その2)

向こう側に見えるのが,同じのの小

20160618うえはら(その3)

器は違うけど,正直,同じ量にしか見えん(笑)

20160618うえはら(その4)

  どっちも量が多いんですけど(爆)

20160618うえはら(その5)

つけツユは辛め
確かにクミクミしてるけど,表面はボコボコでそばらしくないw
歯応えは確かに強め。ちゅと,へぎそばを思い出した。
こりゃ,なんか変わった感じでエェぞ。

20160618うえはら(その6)

20160618うえはら(その7)

  「あんまり,そば自体の香りはせんのぅ」

確かに。
「ちょっと取ってくれ」と言われたんで,少し頂戴する。

20160618うえはら(その8)

他にない味やけん,「これが食べたい」となると,ここに来るしかないな。

後から来たご常連注文のもりそば(大)とんでもない量のが出てた。
明らかに小の倍w

  「ごゆっくりどうぞ~♪」

そら,あれだけ食べるにはごゆっくりするわな(笑)

お支払しながら,お店の人に「お酒あるんですか?」と質問。

  「置いてないんです。ご自由に持ち込んでください。」

何やねん,その自由な感じ(笑)
でも,入り口にキリンのビアマイスターの店の表示があったぞ。

そば屋巡りも楽しいもんですわ。
次回は「お乃」「福徳妙満」やな。

ごちそうさまでした。

  「なんか,おもっしょい店やったのぉ。あの大盛り,凄かったのぉ。」

  「ホンマに。」

買ってきた蜘蛛の巣ジェットを庭に散布
庭の木によっけ巣が張っとるんじゃー。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sanukikko.blog62.fc2.com/tb.php/4665-01d2ac8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
FC2 Blog Ranking