プロフィール

讃岐っ子

Author:讃岐っ子

一.うどんにはうるさいです。  
  ワーワーワーワー!!

一.ラーメン二郎が止められません・・・・

一.No swim,No life.

一.体の水分のアルコール濃度が高いです。

一.阪神タイガースは一番やー!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ランキング♪

リンク

2016年06月16日(木) 1925日目 (その2)  至福のひととき(吉甲)

三越南の道を進む

20160616吉甲(その1)

手打ちラーメンの名店「木蘭」も営業中♪

20160616吉甲(その2)

並びのこちら。

20160616吉甲(その3)

毎度のお店「吉甲」

20160616吉甲(その4)

本日も魅力的な品ぞろえじゃ。

  「こんばんはー」

  「いらっしゃいませー」

  「おぅ、無事着いたんか。」

付き出し

20160616吉甲(その5)

鼈のにこごり
うひょー、こらまたのっけから贅沢な!

20160616吉甲(その6)

ふるふるして舌触りが心地エェなぁ。
味も濃厚

  「おこぜ、頼んどるけんの。」

  「それはエェのぅ。」

おこぜの薄造り

20160616吉甲(その7)

見た目の筋肉の蘇生は河豚ではなく、鰈や平目に似とるな。

20160616吉甲(その8)

きも♪

20160616吉甲(その9)

皮の湯引き

20160616吉甲(その10)

粘りがあると云うか、歯応えが素晴らしい

20160616吉甲(その11)

おこぜの煮付け

20160616吉甲(その12)

薄造りの残りは無駄にはしません
少し身を多めに残しといて、浮き袋、卵と一緒に煮付け

20160616吉甲(その13)

煮付けると、身が「くっくっ」と云う感じで歯応えが増す。

20160616吉甲(その14)

あっさりとした味付けと身から出た脂が混ざって、それはもうたまらん。

ご尊顔

20160616吉甲(その15)

美味しかったよ、ありがとう。

岩牡蠣

20160616吉甲(その16)

ついぞ10数年前までは、その存在すら知らんかった。
そもそも、なんでこんなに大きいんやと(笑)

20160616吉甲(その17)

殻を見ると、この牡蠣が過ごした歳月が透けて見えますなぁ。

20160616吉甲(その18)

殻を開けると、食べやすいように切り分けてあります。

20160616吉甲(その19)

んー、たまらんっ!

あ、おこぜくんも未だいますよっ

20160616吉甲(その20)

真子の美味しいことか!

20160616吉甲(その21)

鱧のおとし

20160616吉甲(その22)

ここで鱧ですよっ!

牡丹の花のように広がってます。

こちらは炙り鱧

20160616吉甲(その23)

ハラリと崩れる食感の「おとし」に対して、ググッと噛み締めの強い炙り

20160616吉甲(その24)

少しピンクな見た目も綺麗。

20160616吉甲(その29)

鮑バター焼き

20160616吉甲(その25)

でかい!

20160616吉甲(その26)

食べやすくカット。
これは酒がすすみますなぁ。

20160616吉甲(その27)

これ、何やったっけ?

20160616吉甲(その28)

バチコ?

今日も素晴らしいお料理をありがとうございました。
ごちそうさま

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP