呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2016年05月04日(火) 1882日目(その26) 木太食堂
2016年10月10日 (月) | 編集 |
今朝の体重  未測定

今朝も朝風呂である。正確には朝シャワーだが(苦笑)

洗濯機を回してから,プラスチックごみを出しに行き,帰りに郵便受けから新聞を取り込む。
日課やね。

  「どうすんや。食堂行くか?」

  「ほんだら,行こうかの。」

車で5分ほど走って,やってきたのがこちら

    木太食堂

まいどおおきに食堂“ 地域名+食堂 ” のネーミングで全国展開するチェーン店。

朝定食は420円。
並・中・大から選べるご飯,味噌汁,海苔に,プレーン・葱入り・チーズ入りから選べる玉子焼きのセット。
玉子焼きは,注文後に焼いてくれる。

ワシは,ご飯中盛り,葱入り玉子焼きをチョイスし,¥60の冷奴を追加。
オヤジは,ご飯並盛,プレーン玉子焼きのチョイスに,しらすおろしと缶ビール(!)を追加。

20160504木太食堂

大きなテーブル席に座る。
横6人1列の向かい合わせ12席のテーブル。
真ん中長手方向には,顔の高さに敷居があるので,向かい合わせの他人と顔を合わせずに済む仕様。

6人席の左から2番目にオヤジが座ったんで,ワシは3番目席に座った。
ここで,ちょいと席チョイスを後悔。

右端6番席に座ってる御仁(40歳台後半?)が,4,5番席まで3席占領して新聞を拡げているのだ。
3席占領する無神経さゆえ,新聞の端がワシの右手に当たるほど浸食しても気にせず。
ちうか,「他の席が空いているのに,何故ここに座る?」とばかりに,意図的に攻めてきてないか?

いずれにせよ,粘着質の可能性もあるんで,新聞の件は全く無視して食事。
御仁は,食事が終わっているにも関わらず,居座り中(苦笑)

流石に粘り切れなくなったのか,新聞を畳み,食器を返却。
帰るのかな?と思ったら,トイレである。

5分ほどして戻ってきたら,別の新聞を手に席に戻って来た。
ただし,元の席では無く,その向かい側の席。

つまり,ワシからすれば,2席飛ばしたはす向かいの席。

   何も食べてないのに,新聞を大きく拡げて読む神経の持ち主

こりゃ,益々,要注意だ。
ワシらの食事が終わるのを待って,因縁をつけるか,最悪,自宅まで後を尾けるつもりかもしれん。
粘着質な輩の異常さには,注意するに越したことは無い。

幸い,オヤジの食事が非常に遅くて(そりゃ,朝から飲んでんだもんw),痺れを切らしたのか,御仁は店を出て行った。

その5分後ぐらいに店を出たんだが,駐車場の全ての車(5,6台ほど)の運転席は見渡しましたよ。
また,帰宅するまでの間,特定の車が後を追いてきていないか,用心しましたよ。

後を尾けられてオヤジに何かあったら,大変やからね。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック