呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2016年04月29日(金) 1877日目(前篇) 初心忘るべからず(ラーメン二郎品川店)
2016年09月25日 (日) | 編集 |
今朝の体重  73.6kg

5時半過ぎ起床

早速,日記予約UP
GW中,日記を切らすわけにはイカンからな。

11時半過ぎ,出立。
帰省前のラス二郎を,臨時営業の品川二郎で決めるべく,品川駅に降り立つ筆者。

20160429品川散歩(その1)

20160429品川散歩(その2)

インターシティを歩いていたら,屋外ペディストリアンデッキに100m以上の行列がある。
老若男女と年齢構成はバラバラだが,家族連れが多い。
皆,スーツケースを持っている。

20160429品川散歩(その6)

20160429品川散歩(その7)

案内係(旅行会社のポロシャツ着てる方々)が,“マリナー・オブ何ちゃら搭乗案内”等書かれた案内板持ってる。
なんか,船に乗る待ちの行列?
でも,ここ,品川だぞ。
品川埠頭に大きな船が着く場所あったっけ?

20160429品川散歩(その3)

20160429品川散歩(その4)

20160429品川散歩(その5)

と,訝しみつつ,たったか歩いて,「ラーメン二郎品川店」到着。
12時過ぎっちゅうランチタイム真っ只中だが,臨時営業だからか,行列は10人ちょっと。

ワシの後ろには,どうやら二郎初体験らしい大学生3人組

  「やっと来れたでー!」

  「憧れやったやー。やっと食べられるー!」

  「何食う?」

  「普通か。大盛りか。」

  「増す?」

  「もちろん,マシマシやろぉ。」

  「大盛りの全マシかー!?」

お,いいぞぉ。イケイケ~!
若さとは後先考えずに,行動すること(法律に抵触はイカンが)

是非,品川二郎の大全マシを食べ,記憶と身体に刻み込むのだ。
“小泉さん”のジロリアンおやじみたいに,止めたりしませんYO(笑)

先頭になったんで小豚入り¥800食券を購入。
3人組は,食券機を遠目に凝視。

  「何がある?」

  「なんか,1000円のがあるで。」

え?そんな高いメニューあったっけ?
あ,大Wか。

着席。
今日もオペレーションは,背の高い大将と蛾次郎のペア。

件の3人は,昨今の若者らしく,店内では静か。
2人は並んで,一人は離れて座ったいた。

小豚入りニンニクあぶら

20160429ラーメン二郎品川店(その1)

雪のように散らされた脂が素晴らしい。

20160429ラーメン二郎品川店(その3)

  ズゾゾゾゾゾッ

んー!甘い!

20160429ラーメン二郎品川店(その2)

がっ,今日の一杯は元々脂の量が多かったようで,FZ醤油がガツンと来ない!
それでも,麺が美味いんで,食べ進めるが,ちゅと薄味だったなぁ。

食べられたことに満足。
ごちそうさまでした。

学生さん達,チラッとしか見てないけど,普通の食べてた。
他のお客さんが食べてるの見て,考え直したか。
賢いな(笑)

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック