呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2016年03月21日(月) 1838日目(その18) 瀬戸大橋タワー
2016年08月29日 (月) | 編集 |
再び,西を目指す。

オヤジが「しゃみじま,知っとるか?」と話しかけて来た。

  「しゃみじま?何じゃ,そら。」

  「瀬戸大橋んとこにあるじゃろが。」

  「いや,知らん。番の州はあるけど。」

  「オマエ,なんちゃ知らんのじゃのぅ。ほんだら,行ってみ。」

筆者,しゃみじまの正体がわかっておりません。
後ほど,分かるんですが,「島」の名前です。

しゃみじま・・・? そんなんあったか? 瀬戸大橋公園はあるけど。

寄り道ばっかりである。
時間に余裕があるとは云え,こんなんでエェんか?(笑)

すると,道路標識に「shamijima(沙弥島)」の表示が(!)

ウヒー。
何回もこの道走っとるのに気付かんかった。

  「ほれ,あるやろがい。しかし,昔は島やったんやけどな。橋作って,地続きになっとるんかもしれんな。」

確かに。
道路標識に書いとるくらいやもんな。

20160321瀬戸大橋タワー(その2)

瀬戸大橋公園に到着。

20160321瀬戸大橋タワー(その1)

オヤジが向こうの方を指して,

   「あれが,沙弥島やの。やっぱり続いとるわ。」

20160321瀬戸大橋タワー(その3)

ほほう。
しかも,瀬戸内国際芸術祭の会場になっとるやないの。
一遍,見てみたかったんじゃ,セトゲー。

20160321瀬戸大橋タワー(その4)

  「マリンタワー登ったことあるんか?」

  「いや,無い。」

  「ほんだら,登ってみるか。」

  「高いけん,えぇわ。」

  「金の心配するな。一度は上がってみたいタワーの6位やぞ」

  「ホンマや!」

20160321瀬戸大橋タワー(その6)

お一人さま¥800。

20160321瀬戸大橋タワー(その8)

展望台は外向きに座席が配置。
ゆっくり回りながら,タワーを上がって,また降りてくる。


20160321瀬戸大橋タワー(その7)

ガラガラかと思いきや,ワシらの回は20人ぐらい乗ってました。
流石,お彼岸(笑)

往復の10分間強,絶景でした。

上での写真が無いのは,動画撮影していたから。

20160321瀬戸大橋タワー(その5)

さ,行くぞ,沙弥島。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック