昼飯のお時間である。

  「おい,どうすんや,昼」

  「前に行ったやんか,なかむら屋。あそこ行こうか。」

  「おー,あそこは美味かったのぅ。」

早速,車で向かう。
高松東高の近所なんで,我が家からは車で15分ちょい。

さーて,到着!

20160319なかむら屋(その3)

ん?

20160319なかむら屋(その1)

やっじょらんのか!?

何じゃ、これは!

20160319なかむら屋(その2)

シャッターの前でひとしきり泣き濡れる(爆)

  「どうしょーかの。」

  「ほんだら,しんせい行ってみよか。」

屋島方面へ向かう。
信号に引っ掛かって,ふと見ると,記憶にないクラシカルなうどん屋さんが目に入った。

  「ちょっと、ここエェ感じちゃう?長ぅ営業しとりそうな感じやで。」

  「ほぉかの。ほんだら行ってみるか。」

隣の駐車場に車を入れて,店へ向かう。

   よこいうどん

先客2名。
いずれも地元の年配客で、観光客は皆無。

厨房にはオジイサン、女性の店員。

メニューはカウンター上の壁に羅列。
こらまたクラシカルな造りでポイントUP

女性の店員に注文じゃ。

  「かけの小と中、ひとつずつ下さい。」

小海老のかき揚げを一つゲトー。
これはオヤジと分け分け♪

20160319よこいうどん(その2)

かけ小 230 円、かけ中 280 円、小海老かき揚げ 100 円で、〆て610円

20160319よこいうどん(その1)

  「おお、かんぼこ(蒲鉾)がのっとるが。最近では珍しいのぅ。」

20160319よこいうどん(その3)

  ズゾゾゾゾッ

20160319よこいうどん(その5)

手切りかと見紛う不揃いなうどん。
しかも、過去最太。
ダシ、クラシカルで美味い。

20160319よこいうどん(その4)

店もクラシカルやが、大将も従業員もクラシカル。
こんなお店が未だ市内に残っとったんやなぁ。

20160319よこいうどん(その6)

また、来よう ♪

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト
讃岐っ子
Posted by讃岐っ子

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply