呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2016年03月19日(土) 1836日目(その7) ひさ枝
2016年08月20日 (土) | 編集 |
今朝の体重  未測定

8時になったんで,東バイパスのニコニコレンタカー向けて出発。

20160319野田池(その1)

野田池は今日も穏やかです。
ってか,ホンマに香川県は天候が穏やか。

20160319野田池(その2)

屋島や八栗まで見通せる環境がエェでしょ。

20160319野田池(その3)

20160319野田池(その4)

土手にめっちゃ鴨がいます。

20160319野田池(その5)

20160319野田池(その6)

20160319野田池(その7)

住宅街では梅が満開♪

20160319野田池(その8)

オヤジを乗せて飯田町まで。

20160319ひさ枝(その1)

最初の用事と徒歩移動した先での用事で,合せて1時間以上掛かるとのことなんで,ゆっくり朝ご飯食べようかの。

一気に北上して,浜街道も過ぎる。
となると,有名店「はりや」に着きますな。
でも,目的地はここやない。

ちなみに,10 時15分時点でもう20人くらい並んでた
今並んでも,食べ終えられるんは11時半近いやろな。
20人では第1ロットに入れんから,もっと遅ぅなるかもしれん。
開店の 11時にはどれくらい並ぶんやろ?

高松マリーナっちゅう船の係留所を目指す。
ナビが無くとも,大体当たりは付いてる。

20160319ひさ枝(その2)

ほら,あった~♪

20160319ひさ枝(その3)

    ひさ枝

高校の後輩の店である。5年下だったかな?いや,もっとか?
「たも屋」で修行して,昨年めでたく独立して,この地に店を構えた次第。

立地は凄い。
通りがかる車がおらん。わざわざ,ここを目指さんことには来られん。
表通りに背を向けて,わざわざ分かりにくい場所に店を構えるうどん屋さんは少なからずあるけど,これは凄いな。
しかも,近所には,県内屈指の行列店「はりや」がある。


何はともあれ,入りましょ♪

  「らっしゃいませーーー。ぉ?ぉぉおおお?いらっしゃいませーー」

  「こんちはー。開店おめでとうございます~」

彼とは,FBで友達になり,東京玉翠会で顔を合わせ,「たも屋 林店」勤務の際に何度か食べに行ってて旧知なのだ。

  「うちは今,納豆釜玉がウケてます!そんで,替え玉システムがあるんで,是非!」

熱量が凄いなw
その意気やヨシ!

  「ほんだら,かけの冷たいんできるんな?」

  「はい,できます!」

  「冷やかけの並,下さい。」

すかさず,オバチャンが

  「天ぷら如何ですか?●●が今,揚がったとこです!」

熱量が凄いなww
店員が皆,明るい。この明るさはホンマ,気持ちがエェ。

その時,竹輪天が語り掛けて来たんである。
この縦半分に切って,真ん中切れ目入れて,そこに半分竹輪を通してネヂッたんを揚げたヤツ。

20160319ひさ枝(その5)

「たも屋」譲りやねぇ。
(最初に食べたんは,高瀬町の「いぶき」)

冷やかけ+竹輪天¥350

20160319ひさ枝(その4)

手前の若者団体を抜け,奥の席へ座る。
中年は若者を邪魔してはイカンのじゃw

20160319ひさ枝(その8)

開店祝いのお花がたくさんあります。

20160319ひさ枝(その6)

うどん,エェ感じでエッジが立ってますなぁ。

20160319ひさ枝(その7)

   ズズズズズズッ

うん,ダシもエェ感じ。

これは美味しいなぁ。

  「どうでした?イケますか?」

  「美味しかったよ~。ごちそうさまでした。」

末永く続いてほしい。

20160319ひさ枝(その9)

FBに速報を上げたところ,麺通団のDDさんから早速注文が(笑)

  「トイレ行ったんな?」

  「いや,行ってないです。」

  「それはひさ枝さんへ行ったことにならんな( ← お約束)」

20160319ひさ枝(その10)

大きな宿題が残ってしもた(笑)

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック