2016年03月09日(水) 1743日目 ご冥福をお祈りします  <港屋>

2016年03月09日(水) 1743日目 ご冥福をお祈りします  <港屋> に関する記事です。
今朝の体重  73.7kg

5時半過ぎ起床。
6時までダラダラ。
今日の「もういちど,日本」は,秋田の削り昆布
大阪では,これをお好み焼きにのせるのが流行っているらしいね。

雨との予報だったけど,自宅を出ると未だ降ってない。
今にも泣き出しそうな空だけど。

田町駅でも未だ降ってない。
週に何回も朝のウォーキングをサボるわけにはいかんので,歩き出す。
何とか会社まで天気は持ってくれた。

午前中はバタバタ。
会議の合間に何とか資料が揃った。
なので,全部をまとめて,新橋へ持ち込む。

外は雨。
資料を渡してからランチ。
雨の中,道に迷いつつ,やってきたランチの店はこちら

   港屋

なんだよ,虎の門ヒルズの斜め向かいかよ。
聖路加病院の方まで行ってしまったよ

雨の13時過ぎと有って,店外3人待ち。
そそくさと接続。
店外客捌きのオネエチャンから「温かい鳥そばは売り切れです。」

直に店内へ。

  「冷たいつけ肉そば。大盛りはかなり多い?」

  「並の倍と云うことはありません。」

ちうことで,冷たいつけ肉そば¥870+大盛り¥100をオーダー。

立ち食いであるが,スペース満席。
空きが出るまで,料理はサーブされん。
運よく,入り口側の一番奥のスペースが空いた。
ここは荷物置きスペースがあるから助かるな。

冷たいつけ肉そば大盛り

20160309港屋(その1)

盛り付けは豪快。
手で掴んだそばをドンブリに入れ,鍋から肉をのせる。
そこに刻み葱を盛り,粒胡麻を大量に掛け,刻み海苔をガッと乗せ出来上がり


20160309港屋(その2)

20160309港屋(その3)

一見,小さく見えるドンブリだが,片手で上げるのは憚られるほど重い。

  ズゾゾゾゾゾッ

20160309港屋(その5)

んまいな。
ソバにはこれといった特徴は無い。
藪のような繊細はなく,かといって出雲や越前のように太く荒々しいもんでもない。
至って,普通のそば。
ただ,固めの歯応えがあって,モチモチもニチャニチャも全くない。

20160309港屋(その4)

大盛りにしただけあって,なかなかの量。
んまいね。

途中,無料の生卵を放りこむ。
最後は卓上の蕎麦湯で割って,少しつけ汁を呑む。

あー,お腹いっぱい♪
ごちそうさまでした。

夕方になってもお腹が空かない(笑)
えらい腹持ちの良いそばですな。

20時半過ぎ退社

帰りに,「祇園川上」へ予約の電話。
幸い,カウンターに空き有♪
合せて,オヤジへのお土産お弁当を一つ予約。

  朝食 おにぎり2個
  昼食 港屋@冷たいつけ肉そば
  夕食 焼き餃子,焼き鳥1本,牡蠣フライ,海老烏賊空豆天ぷら


NHKニュースで,未だに見つからない父親と幼い息子を捜索している方の話が有った。
「5年と云う区切りですが」と云うキャスターに対し,「自分の中には区切りは無い」と応えていた。
むべなるかな。

自分に置き換えてみても,諦めきれるものではない。
残りの人生掛けて,探そうとするだろう。
遠からず見つかることを願う。

録画分の「探偵ナイトスクープ」
3本目の“水木しげる先生を敬愛してやまない息子に同じ趣味のお友達を探して欲しい”が良かった。

オバアチャンお手製の鬼太郎ちゃんちゃんこを着た7歳の少年。
妖怪たちの絵が上手。

無事,同じ趣味のお友達ができ,良かった良かったとなるところに,飛び込んできた「水木しげる先生が,お亡くなりになった」との訃報。
本当に,ロケと訃報が重なったらしい。

ひたすら涙があふれる少年。  

見ているこちらまで,哀しくなってしまった・・・

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sanukikko.blog62.fc2.com/tb.php/4482-298f3c60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
FC2 Blog Ranking