呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2016年02月13日(土) 1718日目(その9) 木太町食堂、ふみや
2016年07月26日 (火) | 編集 |
今朝の体重  未測定

  「オマエ,朝ご飯どうするんや?うどん屋か?」

  「うーん。どーしょーかの。」

  「食堂行こうか?」

  「やっじょるんかいの?」

  「やっじょるやろ。」

ちょっと,うどんにたったところも有ったんで,オヤジに言われるがまま車を走らせる。

   木太町食堂

おお,これは街でときどき見かけるヤツやん。
ちゃんとやっじょるし。

好きなおかずを取っていき,最後にご飯を盛ってもらってお勘定。
値段が変わらんらしいので,中盛りにしてもらう(←セコイw)

他には鮭塩焼き,ひじき,小松菜
風邪引いて弱気なけん,妙にヘルシーに偏っとります(笑)

  「もっと家の近所にあったらのぉ。ここは遠いわ。」

オヤジ,車の免許も無いけんのぉ。
こういう普通のご飯を出してくれるお店は貴重じゃわ。

一旦帰宅して,ボケーッ
掃除したらエェんやけど,どうにも気分が乗って来ん。

10時半過ぎにオヤジを乗せて,用事先まで送る。
一時間くらい掛かるっちゅうので,昼飯を食おうと企む。

で,グルグル回って,結局辿り着いたんは,こちら

20160213ふみや(その3)

    ふみや

開店直後やけど,土曜日なんで結構なお客さんの入り。
店に入ったら,空いてる席に座って,注文取りに来るまで静かに待つのが流儀。

  「なにしましょかーーー?」

奥さんから声が掛かったんで,

  「豚玉~!」

牡蠣きも焼きに食指は動いたんじゃが,焼く時間が掛かったら困るけんな。
コテと水が出てくる。

15分ほどで焼き上がり。

  「ほい,豚玉。お待たせ~」

この潔いビジュアルを見てんまいだ。

20160213ふみや(その1)

マヨネーズはもとより,節粉も青海苔すら無い,この店では唯一の味付けはソースのみ。
我がでソースを塗~り塗り♪

20160213ふみや(その2)

シズル感満載じゃの。

後はコテで切ってはひたすら食う。
表面カリカリなんが特徴。ンマー♪

予想通り,えらい豚肉が入ってました(笑)
ごちそうさまでした。

車で戻り,オヤジをピックアップして帰宅。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック