呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2016年01月02日(土) 1676日目 (その28) 吉甲、同窓会
2016年06月26日 (日) | 編集 |
今朝の体重  未測定

7時半起床

20160102庭

一晩中エアコンを掛けているので,寒いなんてことは全くない。
で,乾燥するかと云えば,そこは古い日本家屋ゆえ大丈夫。
土の壁,襖が呼吸するのじゃ。

20160102お節

8時の箱根駅伝スタートを見てから,「しくじり先生」
これまでの放送の焼き直しだが,レギュラー放送をほとんど見たことが無いワシには新鮮。
2度目となる,内山くんの話もあらためて面白い。
飽きれば,駅伝見ればいいし(笑)

  「今日だけ,吉甲が店開けるけん,昼ご飯行こう。」

電話して席予約。
レインボー循環バスで向かう

20160102吉甲(その1)

20160102吉甲(その2)

本日は特別メニューのみでの営業。

  「なんで,今日だけなんですか?」

  「三越の初売りのお客さんが来てくれるかな~と思いまして(笑)」

20160102吉甲(その3)

思惑はズバリ的中。
女性客がひきもきらず。

正月御膳

20160102吉甲(その4)

20160102吉甲(その6)

20160102吉甲(その7)

20160102吉甲(その8)

20160102吉甲(その9)

蕪蒸しがあったりして,いつもより華やか

20160102吉甲(その10)

20160102吉甲(その11)

20160102吉甲(その12)

20160102吉甲(その5)

美味しいね。

  「年末にね,鮑,しこたま仕入れたんッスよ~」

  「そんなん聞いたら,注文せなイカンが(笑)」

20160102吉甲(その13)



20160102吉甲(その14)

20160102吉甲(その16)

20160102吉甲(その18)

鮑を半分刺身、半分焼き。

20160102吉甲(その15)

20160102吉甲(その17)

鰯なめろう

20160102吉甲(その19)

しゃこ刺し

20160102吉甲(その20)

  「オマエ,〆に何食うんや。」

  「トウチャンは?」

  「ワシ,うどんやな。」

  「・・・ほんだら,白味噌餡餅雑煮いこうかの。」

  「オマエ,雑煮食うんか!」

  「正月やで。それに,白味噌の食べたいやんか。」

20160102吉甲(その21)

白味噌餡餅雑煮

20160102吉甲(その22)

20160102吉甲(その23)

特別仕様で、 豚肉入り。
出汁は粕汁と裏漉しした百合根を入れとるんで、甘さにコクと滑らかさがパワーアップ。


20160102吉甲(その24)

20160102吉甲(その25)

20160102吉甲(その26)

しかし、新政が地方に酒を卸さなくなっているらしい。
自身、地方の酒造なのに……

早くも天狗か?(笑)

20160102吉甲(その27)

20160102吉甲(その28)

美味しゅうございました。
ごちそうさまでした。

夜は同窓会

夕方,コトデンで市内へ向かう

20160102同窓会(その1)

瓦町で降りて,町を偵察がてら会場へ向かう。

「まつ本」は4日から。

20160102同窓会(その2)

4日の夕方の飛行機で去ぬけん,また次の機会じゃ。

20160102同窓会(その3)

「ふみや」は明日からか。

  朝食 お節
  昼食 吉甲
  夕食 bbハウス,スナック


同窓会は,お店を貸し切っての開催
まぁ,よっけ来とりましたわ。

20160102同窓会(その4)

20160102同窓会(その5)

クレメントでやったんはいつやったけ?
3年前か?


昔綺麗やった人が,今でも綺麗なのが何故か嬉しい。

  ワシ,激しく劣化したもん(激鬱)

2次会で寝てしもたけど(苦笑),楽しかったなぁ。

もうひと踏ん張り,頑張りますかね。


ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック