2015年10月16日(金) 1598日目(その10 京都に匹敵以上 ~ まつ本 ~)

2015年10月16日(金) 1598日目(その10 京都に匹敵以上 ~ まつ本 ~) に関する記事です。
急いで,瓦町へ向かう。
でも,事故をおこしたら元も子もないから,「ゆっくり急いで。急いでゆっくり」と頭の中で繰り返すw

営業中の「ふみや」に薄い後ろ髪を引かれるも,ワシには先がある。

20151016まつ本(その1)

    まつ本

あれ?中から人の声がせんぞ!?
入ると,オヤジ未だでした。

  「待たれます?」

  「待っちょります。」

直に到着。

烏賊(だったと思う)

20151016まつ本(その4)

白和えの甘みとクニュとした食感がたまらん

20151016まつ本(その5)

鯛の子

20151016まつ本(その2)

子の小さいんがやっぱり歯当たりが良い
あんまり粒が大きいのはイカン。

20151016まつ本(その3)

美味いなぁ。

四方竹

20151016まつ本(その6)

今が旬

20151016まつ本(その7)

柔らかい歯応えが素晴らしい
春の筍とはまた違う味わい

  「八寸みたいな盛り付けが好きなんじゃ。」

とのオヤジのリクエストで、大将がちゅと凝らしてくれた

八寸

20151016まつ本(その8)

むかご

20151016まつ本(その11)

これは、銀杏を潰して和えて焼いて切った分

20151016まつ本(その9)

20151016まつ本(その13)

炙った細魚

20151016まつ本(その10)

これだけで2合は飲めますな。
どれもこれも秀逸。

20151016まつ本(その12)

お椀

20151016まつ本(その14)

中味は丸(鼈)

20151016まつ本(その15)

フルフルゼラチンで若返るわぁ。
えぇダシが出とります。

20151016まつ本(その16)

あこうと鯛の炙り

20151016まつ本(その18)

こらまた、コシコシとした歯応え

20151016まつ本(その17)

炙ることで甘みも増すし、香りが出る

20151016まつ本(その19)

渡り蟹

20151016まつ本(その20)

チビリチビリと食べる

20151016まつ本(その21)

自然の甘み

食べ進むんが早いワシに、鯵フライが♪

20151016まつ本(その22)

20151016まつ本(その24)

松本さんが作るとこうなる。

20151016まつ本(その23)

20151016まつ本(その25)

衣がサックサク♪
脂のノリがエェなぁ。

白子ポン酢

20151016まつ本(その26)

20151016まつ本(その27)

ただただ濃厚
適量やね。

これは久しぶりの畳鰯

20151016まつ本(その28)

20151016まつ本(その29)

パリパリとした食感と香り

20151016まつ本(その30)

天ぷら

20151016まつ本(その31)

これ、驚愕のペアリング

20151016まつ本(その32)

こっちが松茸(!)

20151016まつ本(その36)

こっちは(!!)

20151016まつ本(その33)

20151016まつ本(その37)

噛んだ瞬間、衣に包まれた香りが解放される。
どっちも火を通すと立ち上がる香りに力強さが出る。

20151016まつ本(その34)

ひたすら美味い。

20151016まつ本(その35)

〆のお食事

20151016まつ本(その38)

これ、何の雑炊やったっけ?

20151016まつ本(その39)

あー、思い出せん。
この真ん中のがフルフルで。

   今度、大将に再確認してこよう。

20151016まつ本(その40)

ごちそうさまでした。

ホンマ、引き出しの数が凄いわ、松本さん。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sanukikko.blog62.fc2.com/tb.php/4269-7267773c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
FC2 Blog Ranking