呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2015年10月02日(金) 1584日目(酒さえ呑まなきゃ ~串亭~)
2016年04月12日 (火) | 編集 |
今朝の体重  73.8kg

一日経って,膝の痛みは和らいだ。
明日には運動できるだろうと云う回復レベル。

今朝は爆弾低気圧の影響で暴風警戒の注意が出てたが,昨夜に抜けたみたい。
地元では降っていたけど,多摩川の上流方面は青空で日差しが降り注いでいたし,都区内は雨が止んでいた。
なので,田町で下車し,徒歩通勤。
先日来気になっていたお店を再度調査。
場所は,浦島橋を渡った海岸通り沿い。

20151002一休

店の幌には店名が無く,暖簾も出ていない。
営業しているのかどうかも分からんのだが,先日,お客が2名入っているのを見た次第。


隣にある担々麺の店も完全な掘立小屋だし,この辺りはなかなか怪しいなw
ってか,運河沿いにはそういう場所が幾つかある。
ワシがいた芝浦●丁目付近もそう。

ネットで検索したら,「一休」と云う店らしい。
営業時間は朝6時半から9時。
牛めしと牛うどんがウリで,味噌汁は¥30だって。

怪しさ,大爆発(笑)

来週行くことをここに宣言します!
牛めしの方がレア度は高いみたいだが,うどん県出身者としては,牛うどんが先かのぉ。

  朝食 おにぎり2個
  昼食 弁当
  夕食 串揚げ


キレた。
3時間掛けた資料,そもそものフォーマットを勘違いしていたことが発覚(笑)
一からやり直しではないけど,六くらいからやり直しやん。

    今日はヤメじゃーーーーーーっ

ちうことで,高級串揚げへ突撃!

   串亭

「たけちゃん」と思ったでしょ?
今日は本当に高級串揚げなんじゃ。

次々揚がって来て,好きな時にSTOP出来るおまかせコースを選択。
薬味が配置され、乾杯してスタート!

20151002串亭(その1)

20151002串亭(その2)

最初は,黒毛和牛,天使の海老

20151002串亭(その3)

  「黒毛和牛はナンチャラ、天使の海老はナンチャラでお召し上がりください。」

薬味を指定してくれるんで、酔っ払いも間違える心配がない。

黒毛和牛は厚みがあり、歯ごたえもさることながら、香りがエェね。
海老は、しっかり太いんで、繊維のほぐれがたまらん。

二回目は,蓮根の肉詰めカレー風味、ゴーダチーズと穴子

20151002串亭(その4)

これね、蓮根の歯ごたえサックリ、肉ウマー。
穴子の方は、ワインが欲しくなるヤツ。

20151002串亭(その5)

三回目は、アスパラガス

20151002串亭(その6)

アスパラの質が高い。ホックホク♪

四回目は、牛メンチinトリュフ、フォアグラ大根

20151002串亭(その7)

トリュフとフォアグラが出てきちゃったよ(笑)
牛メンチ、トリュフの香りがエェね。元々、味ではなく、香りやもんね。
トリュフは云う事無し。東西を問わず、レバー系は大好き。

五回目は、銀杏、えんどう豆コロッケ

20151002串亭(その8)

銀杏、半分衣付き、半分素揚げ。食感を2種類楽しめる工夫。
エンドウ豆も火を通すと、香りが立つね。

ここでSTOP!
1本のタネが大きいんで、結構直ぐにお腹が膨れる。
他にもまだまだ種類があるみたい。

こちらで指定できんのはつらい。
ま、アホみたいにトリュフとか、和牛ばっか頼まれても困るしな。

ちなみに、どれでも1本¥230
9本食べたんで、食いもんだけだと¥2000強くらい。

それが、お支払いは3人で¥18000(!)

呑み過ぎってのはあるけど(笑)、ビールもハイボールも高くて量が少ない。
ハイボールは1杯¥700で、ステンレスカップだもん。
しかも、薄目。

薄いんで、先輩が「濃いめ」って頼んだら、濃いめが出てくるようになった。

で、後で領収書見たら、

     ウィスキーシングル¥700(笑)

おいおい、そんなもん頼んでないし。
ってか、

     一杯¥1400円のハイボール?(爆)

料理は間違いなく最上級。 めちゃ美味い!!

飲みもんがなぁ・・・飲み放題コースがあれば、間違いなくオススメです。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック