呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2015年09月19日(土) 1571日目(その3 祇園 川上)
2016年03月20日 (日) | 編集 |
再び,京阪の人。
一気に四条まで戻って,昼ご飯である。

20150919祇園川上(その16)

20150919祇園川上(その17)

   祇園 川上

20150919祇園川上(その18)

お店に入ると,たくさんのお運びで賑やか

20150919祇園川上(その19)

カウンター左端の席に着席。
満席ゆえ,ちゅとキツキツじゃ。
それでも,カウンターがイイ!

カウンター内側には南さん。
いつの間にか,後ろに加藤さんが立っていて,

  「本日は,南がお料理を作らさせていただきます。」

ほほー,それは楽しみ♪
加藤店主の横で,いつも支えていた南さんの料理をいただけるとは,楽しみじゃ。

20150919祇園川上(その20)

まずは,瓶ビールでスタート

  「壬生菜でございます。」

20150919祇園川上(その22)

壬生菜

20150919祇園川上(その21)

勿論,ダシまで飲み干す

器を押し戴くように,出してくれる南さん。
普段から,凄く腰が低いのよ。

八寸

20150919祇園川上(その1)

お月見スタイルですな

20150919祇園川上(その23)

団子の代わりに素敵なもんが乗っかってます。

20150919祇園川上(その24)

早速冷酒にチェンジ。

  「お待たせしました!」

加藤さんが運んできた(笑)

20150919祇園川上(その25)

今日はお客さんが多いんで、料理のペースは遅れ気味
これは困る。
何故なら,口が寂しくて,よっけ呑んでしまうからだ(笑)

  「これ、つまんでいてください。」

20150919祇園川上(その2)

いくら

20150919祇園川上(その26)

   えー!困るぅ~ また,呑んでしまうやんかー (←全然,困ってないw)

目で楽しむのは,お料理のLIVE

南さん,他のお客さんの鱧おとしを作ってます。
ワシの目の前のIHにかけた鍋で(特等席♪)

最後の氷水で〆るところまで,動きがスムーズ&丁寧

最後に,ワシと隣のご夫妻の分は鱧の湯引き(落とさずw)が出てきた。

20150919祇園川上(その4)

20150919祇園川上(その28)

梅肉と酢味噌の入った器(琵琶の京焼)がお洒落です。

20150919祇園川上(その3)

20150919祇園川上(その27)

鯛と鰆

20150919祇園川上(その5)

もっちりねっとり

20150919祇園川上(その29)

20150919祇園川上(その30)

南さんが,松茸をさばき始める

  「おお,それはやはり?」

  「はい。信州産です♪」

土瓶蒸し

20150919祇園川上(その31)

20150919祇園川上(その32)

なんと一人1本松茸が入った土瓶蒸し

20150919祇園川上(その6)

    贅沢ぅ~

20150919祇園川上(その33)

酢橘は,器には絞らんよ。濁るからのぅ。

ここまでトウチャン、冷酒飲みまくりなんである。

   だって,お料理が美味しいし,目の前のLIVEでワクワクしとるから♪

20150919祇園川上(その34)

ここで,またまたアテ登場

20150919祇園川上(その7)

〆鯖とオクラ

20150919祇園川上(その35)

   さっぱりするねぃ

あいなめ

20150919祇園川上(その8)

20150919祇園川上(その36)

お椀

20150919祇園川上(その9)

20150919祇園川上(その10)

20150919祇園川上(その37)

鴨ロース

20150919祇園川上(その11)

20150919祇園川上(その12)

しっとり~♪

20150919祇園川上(その38)

20150919祇園川上(その39)



20150919祇園川上(その14)

20150919祇園川上(その13)

20150919祇園川上(その40)

今日はお酒のアテがよっけ出ましたな

  「●●さま、お腹一杯になられましたか?」

  「おかげさまで。美味しかったですわ~」

  「それでは、お食事、お出し致します。」

お食事

20150919祇園川上(その41)

水菓子

20150919祇園川上(その15)

20150919祇園川上(その42)

さて、楽しいお時間の後に必ずやってくる、お支払いのお時間です。

  「おいくらマン円でしょうか?」

  「●●さま、本日は17100円でございます!」

  「ヒ、ヒィィィィィッ!!」

5000円のコースで、支払いが17100円(!)

電話受けた姉さんが、コース間違えたか?

  「お皿を洗わせてください・・・」(笑」

はっ! ワシ、前回払ってなかった?

注)単に筆者が冷酒を飲み過ぎたんが原因です。
  逆に、いっぱい飲んだんで、サービス(と思われる)のアテがよっけ出てきた、と。


まさに、痛し痒し(爆)

凄く美味しかったです。ごちそうさまでした~♪

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック