呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2015年07月26日(日) 1517日目(前篇 明日へ「神戸のサムライ」) 
2016年02月08日 (月) | 編集 |
今朝の体重  未測定

何故か,嫁はんと上の子が朝早くから起きている。
今日,月曜じゃないよな?

キッチンがわちゃわちゃしている間は,部屋で日記下書きと予約UP。
落ち着いたところで,ワシは朝食制作。

冷たい豚肉ぶっかけうどん
日の出製麺所のうどんで作ったんで,味は間違いない。
豚肉ってのが寂しいな。
次は牛で作るかのぅ

10時からNHKで「明日へ」と云う,東日本大震災以降ずーっと続くドキュメンタリー番組を見る。
今日の内容は,岩手県大槌町での神戸市水道局の活躍

東日本大震災後,直ぐに給水車で現地へ向かった水道局の方々。
水が無くて困っていた被災者の方々に水を配布。

その配布場まで行けない山の奥のおばあちゃんがいると云う声を聞くや,家まで水を届ける。
その後も定期的に自宅まで水を届ける。

20150726明日へ(その1)

20150726明日へ(その2)

引継書には,「どこそこの●●さんには家まで持っていく」と事細かに記載。
だから,後の部隊もしっかり同じことをやり続けられる。

20150726明日へ(その3)

全てが,阪神淡路大震災の時の自分たちの反省から始まっている。
阪神淡路大震災の犠牲が活かされている。

TVとかで「行政は何やってるんですかね」エアコンの効いた部屋でしたり顔でのたまう,キャスターや新聞の主幹や評論家に比べて,なんて上質な人たちか!

関口はいいよな。古館は楽だよな。岸井は気楽だよな。
適当に政権を口先で非難していれば,年収数億なんだもん。

オマエ達は,生活困窮者に対して,どこかへ定期的に寄付したり,炊き出しボランティアをやったりの直接行動をしているのか?

   こういうキャスター連中が身銭を切ったり,ボランティアをしたなんて聞いたことも無い。

20150726明日へ(その4)

20150726明日へ(その5)

救援先の食糧を減らすことが無いよう,持ち込んだ食糧(インスタント類)で食事をしていた水道局の方々のことを案じ,地元のオカアサン達が作ってくれた「ひっつみ鍋」に涙する話。

20150726明日へ(その6)

20150726明日へ(その7)

20150726明日へ(その8)

20150726明日へ(その9)

20150726明日へ(その10)

20150726明日へ(その12)

「ボランティアで来てるんだから,食事と寝るところぐらい用意しろ」とのたまった山本太郎議員とは,人間としての質が違いますな(大笑)

おっと,11時だ。
出掛けなきゃ。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック