2015年06月07日(日) 1468日目(その8 樽)

2015年06月07日(日) 1468日目(その8 樽) に関する記事です。
一通り見学を終え,いよいよ試飲
用意されているのは,「鶴17年」「余市10年」「アップルワイン」の3種

「試飲は,おひとり様,各種一杯までとさせていただきます。」との事。
まずは,「鶴17年」
そして,「余市10年」

20150606樽(その1)

20150606樽(その2)

うーむ。
はっきりと好みは分かれるな。
やはり,17年物は味がまろやか。
香りにも刺す部分が無い。

10年は,喉を通る時に噛みつくようなとげとげしさがある。
まだ,若いということなんだろう。
あくまでも17年物に比べればだけど。

しかし,こんな高級品を試飲させてくれるとは感謝

お昼第一弾は,工場敷地内にある「樽」

20150606樽(その3)

我々はポテト,ソーセージ,チーズと由緒正しき,ビールのアテで試合開始。

20150606樽(その4)

午後の飛行機で帰らなきゃいけないKちゃんには,食事してもらう。

生ホッケ重

20150606樽(その5)

うう,美味そうやなーいかーーい!

ここで仕上げるわけにはイカンので,電車の時間に合わせて試合中断。

駅前交差点の「柿崎商店」でお土産購入。
ワシは,帆立貝のひもを購入。

20150606小樽駅(その1)

Kちゃんともども,小樽駅へ移動。
Kちゃんは,ここからエアポートに乗り換え。
さようなら~ またね~

20150606小樽駅(その2)

20150606小樽駅(その3)

小樽駅ホームではしゃぐ我ら。

ワシらの世代は,小樽で連想する芸能人と云えば,石原裕次郎なんだが,今の子供は石原裕次郎を知らんだろうな。

20150606小樽駅(その4)

20150606小樽駅(その5)

そのせいか,石原裕次郎を独占して写真撮りまくりw

20150606小樽駅(その6)

20150606小樽駅(その7)

20150606小樽駅(その8)

小樽駅構内の立ち食い寿司や唐揚げの「なると屋」をひやかしてから(笑),街を散策。

20150606小樽駅(その9)

20150606小樽駅(その10)

前に来たのは忘れもしない,あれはいつだったか。
子会社に出向していた頃だから,もう6年近く前か。

20150607小樽の街(その1)

20150607小樽の街(その2)

20150607小樽の街(その3)

20150607小樽の街(その4)

あの時は,一人で小樽に来て散策して,地元客しか来ないような店で寿司をつまんで帰ったなぁ。

20150607小樽の街(その5)

20150607小樽の街(その6)

20150607小樽の街(その7)

20150607小樽の街(その8)

20150607小樽の街(その9)

20150607小樽の街(その10)

20150607小樽の街(その11)

20150607小樽の街(その12)

20150607小樽の街(その13)

20150607小樽の街(その15)

20150607小樽の街(その16)

小樽の街は,ワシの記憶よりも綺麗かつ洗練されていた。

  「栄えたってことですかね?」

  「いやー,道内でも小樽は人口流出が激しいんですよ。」

小樽築港とか,大きなマンションとショッピングモールが出来てたんだけどなぁ・・・

心なしか,街を歩く観光客が少ないような。
いや,多分観光バスで,土産物屋に直行してるんだろう。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sanukikko.blog62.fc2.com/tb.php/4052-0131bb8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
FC2 Blog Ranking