呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2015年06月04日(木) 1465日目(福島復興支援活動3日目 具會一處)
2015年12月24日 (木) | 編集 |
今朝の体重  未測定

本日は活動後に帰京するので,部屋の清掃や荷造りをせにゃならん。
朝ご飯は連れだって,指示された時間に取る。

部屋へ戻ってから,ベッドのシーツを剥がし,畳んでランドリーバッグへ入れる。
綺麗にベッドを整えて完了。


活動後に着る衣服と風呂道具を別の袋に入れ,全部をパッキングした上に乗せる。
後で取り出しやすいからね。

全部準備が終わったら,8時過ぎに部屋を出る。
1日半,お世話になりました。

昨日とは打って変わっての晴天。
眩しいくらい。

作業車で,活動ポイントへ移動。
お昼ご飯は,昨日の轍を踏まぬよう,今日はファミマへ。
(途中,遠目ではあるが,7-11のおにぎり棚は空っぽだったことを確認w)

無事,おにぎりや弁当を各自確保。
活動ポイントで落ち合い,今日の活動の打合せを行い,早速開始。

本日も運転手兼測定役。
一つ一つ石を積むように作業を進める。

昨日から墓石に刻まれた「具會一處」の4文字が気になっていた。
昼の休憩時間に意味を確認して納得。

本日の作業は,昨日から前倒しで進めたこともあり,早めに終了
車を回して,海岸方面の高台に上がってみる。
そこからは,福島第一原子力発電所が遠目ながら望める。

爆発して,今はカバーの掛かった1号機
燃料プールの燃料棒を全て移設し終え,クレーンフレームが残っている4号機


2号機,3号機は見えない。
何故ならば,手前の汚水タンクが巨大なのだ。

いつも航空写真で上からの映像を見ていたこともあり,その高さには思いが及ばなかった。
作業員の方が転落して亡くなる,痛ましい事故があったが,あの高さでは・・・・・

これから先,数十年立ちはだかる,廃炉への道の長さに気が重くなる。
でも,現場で頑張っている方々がいる限り,前進していることは間違いない。


また,この活動に来よう。

車を戻し,機材等を返却。
一連を報告し,一息つく。

購買部へ行く途上で,懐かしい方に会った。
某子会社へ出向していた時の上司である。

  「わー,久しぶり~」

  「お久しぶりです。お元気そうで。」

昔とは打って変わってスリムになっていた。
この方とはたくさん議論したなぁ。
今となっては,ただ,ひたすらに懐かしい。
再会を誓ってお別れ。

入浴可能時間を待つ間に,上司から発令の電話連絡有
特にサプライズも無く,予定通り。
7月から勤務地が変わるな。
さらば,新橋!

風呂に浸かり,作業服から私服に着替え,予定のバスに乗車。

20150604帰りのバス(その1)

20150604帰りのバス(その2)

21時ちゅと前に,丸の内に到着。

大手町から地下鉄で一路帰宅。
2日半と短かったけど,参加できて良かった。
もっと来よう!

  朝食 食堂
  昼食 おにぎり3個
  夕食 揚げと小松菜煮びたし,南京煮,ゴーヤちゃんぷる,うずらフライ,手羽元焼き2個
     ホルモン炒め


22時前帰宅。
「LIFE」見ながら,晩御飯。

皿を洗って,飲み物片手に「アメトーク」
でも,ほとんど見ない内に爆睡。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック