呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2015年05月08日(金) 1438日目(その48 まつ本)
2015年12月03日 (木) | 編集 |
16時前帰宅。
トウチャンを乗せて,屋島。

20150508屋島(その1)

用事に1時間くらい掛かるっちゅうので,一旦帰宅しようかと車を動かしてから気づいた。

   片道20分やから,家に帰っても用事する時間ほとんど無いやんw

でも,もう動いちゃったんで,何か用事済ませちゃおう。
そうだ,お土産買っちゃおう。

マルヨシセンターに立ち寄り,魚売り場へ。
お,あったあった,鰆の真子♪

    1800円オーバー(!)

いや,値段云々ではない。
東京では絶対に手に入らん鰆の真子。
地元でも今の時期だけ。


20150508屋島(その2)

悩まず購入し,自宅へ帰って即冷凍庫へ入れる。
で,車で屋島へ引き返す。

20150508屋島(その3)

駐車場で昼寝している内に,ちゅと遅れてオヤジ登場。

一旦自宅へ帰り,着替えたオヤジを乗せて,朝日町のガソリンスタンド経由でサンポートシンボルタワー。

車を返却。

  「どうするか?タクシーで行くか?」

  「もう少し待って,レインボー循環で行こうで。」

瓦町まで移動。

    まつ本

もう何度目の訪問になるだろうか。
それでいて,メニューが被ったことがほとんどない。
大将,驚異の引き出し数だ。

20150508まつ本(その1)

枝豆と海老の入った器にダシが引いてある。
少し甘めの仕上げでキリっと冷えて美味しい

こちらは,の器にやはりダシ。

20150508まつ本(その2)

こちらは,貝の旨みが前面に出ている。

20150508まつ本(その6)

最初からお酒のアテ,2種だ。

空豆,もちろん茹でたて

20150508まつ本(その7)

ホクホク♪

くちこ,すずき,辣韭

20150508まつ本(その8)

すずきの淡泊さと身の締まり具合が,瀬戸内海らしいな。

20150508まつ本(その9)

くちこは日本酒飲みながら,チビチビかじります(笑)

お造り

20150508まつ本(その10)

食べ終わりに写真撮影(笑)
瀬戸内の鯛です。

身の締まり具合が尋常じゃないけど,包丁を入れてあるので,程よい弾力を楽しめる。

白葱を開いて,白身の上に重ねて,梅肉ソース

20150508まつ本(その11)

ああっ!下に何があったんか思い出せん!

20150508まつ本(その12)

炙り山芋の上に雲丹

20150508まつ本(その15)

雲丹

20150508まつ本(その13)

雲丹

20150508まつ本(その14)

塩辛

20150508まつ本(その16)

これが強烈なしょっぱさ

20150508まつ本(その17)

そして,口中に磯の香りが広がる。
でも,強烈にショッパイ(笑)

車海老と焼き穴子

20150508まつ本(その18)

酢橘を絞ると,焼き穴子のタレが引き立つ

20150508まつ本(その19)

車海老,味噌がたっぷり

20150508まつ本(その20)

20150508まつ本(その21)

これはお煎餅

20150508まつ本(その22)

何のお魚やったかな

20150508まつ本(その23)

これだけを食べるんに,実は2時間ほど掛かっとるんで。
しかも,酒も4合か5合呑んでます

今日も美味しかったな。
約束があったんで,オヤジを残して離脱。

ごちそうさまでした。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック