2015年03月29日(日) 1399日目(再桜紀行 後編)

2015年03月29日(日) 1399日目(再桜紀行 後編) に関する記事です。
<前篇より続く>

目黒川沿いに中目黒駅方面

20150329目黒の桜(その40)

20150329目黒の桜(その41)

20150329目黒の桜(その42)

20150329目黒の桜(その43)

20150329目黒の桜(その44)

20150329目黒の桜(その45)

20150329目黒の桜(その46)

20150329目黒の桜(その47)

20150329目黒の桜(その48)

20150329目黒の桜(その49)

20150329目黒の桜(その50)

20150329目黒の桜(その51)

20150329目黒の桜(その52)

20150329目黒の桜(その53)

20150329目黒の桜(その54)

20150329目黒の桜(その55)

清掃工場のあるところから橋を渡って、住宅街

20150329目黒の桜(その56)

田道小学校の向かいの公園の脇道の桜

20150329目黒の桜(その57)

美しいね

20150329目黒の桜(その58)

そのまま住宅街。
初めて歩く道はワクワクする。

20150329目黒の桜(その59)

階段を上ったり、車が通れない道をテクテク

20150329目黒の桜(その60)

太い道に出たが、ここがどこか分からないw
少し歩くと、とあるビルの表示が「目黒駅前」とある。
駅、見えないけど。w

方向的に間違ってまいと進んだら、目黒駅前に出た。

電車で大岡山まで行き、緑が丘経由で自由が丘まで散歩しようかと思ってたんだが、嫁はんから連絡があったので、そちらを優先。
二又領水の桜も観たいし。

嫁はんと合流して、二又領水を散歩

20150329目黒の桜(その61)

20150329目黒の桜(その62)

20150329目黒の桜(その63)

20150329目黒の桜(その64)

20150329目黒の桜(その65)

20150329目黒の桜(その66)

20150329目黒の桜(その67)

20150329目黒の桜(その68)

かなり満開ッス

20150329目黒の桜(その69)

20150329目黒の桜(その70)

20150329目黒の桜(その71)

20150329目黒の桜(その72)

20150329目黒の桜(その74)

ホンマに綺麗。

20150329目黒の桜(その75)

20150329目黒の桜(その76)

20150329目黒の桜(その77)

20150329目黒の桜(その78)

20150329目黒の桜(その79)

1時間弱散歩する内に、雨が・・・・

大雨になってしまったので、グランツリーのフードコートで雨宿り。
15時過ぎなので、空席もチラホラ。

「餃子の王将」で、焼きめしと餃子、そしてビールをゲトー♪
たくさんあるお店の中で、唯一「銀だこ」だけに行列。
しかも、20人くらい。

何か、特別なフェアをやってるわけでもなし、おやつとしてはたこ焼きが大人気っちゅうことか。
ちなみに、マクドナルドは無い。

お昼食べてないから、めっちゃ焼きめしも焼き餃子も美味い。

20150329餃子の王将(その1)

20150329餃子の王将(その2)

残念なのは、どちらも熱々じゃないこと。
目の前で作る店ではありえんことだが、出来上がりからしばらく放置されてたんだろう。
生ビールの泡が少し消えてたしな。


週末の旅行を前に、髪を染める。
このままでもいいかな、と思ってたんだが、子供から「白くなったね」と言われたもんでね。

  「そんなに真っ白?」

  「真っ白じゃない。灰色と黒と茶色。」

どんなんやねん(笑)

イッテQ、女芸人と出川が空振り。
温泉同好会はそこそこ。
お祭りと手越くんがかなり面白かったね。

  手越くん、あのポーズはジャニーズのアイドルとしてOKなのか?w

我が阪神は3連勝。
「我が」と云っても、「ワシの」じゃないよ(枝野ドアホ爆!)

TVでは黒田の2700日ぶりの勝利でもちきり。
フフフ、それでいい。
皆が、他事に集中しとる間に、勝利を重ねるのだ。
注目されると、連敗するのがタイガース。
どうか、気づかんとって♪

  朝食 かけうどん(極太)
  昼食 餃子の王将
  夕食 焼き肉、肉団子、魚の子


夜中に起きると、「マッサン」最終週のダイジェスト(一週間分を20分に集約)が放送されていたんで凝視。
全話の2割くらいしか見なかったけど、それでも面白かった。
特に主役のシャーロットはよく頑張ったと思う。
彼女の日本語の成長が、そのまま演技に出ていた気がする。
起用を決めた方の眼力に感謝。


後、演技面で良かったのがキスのシーン。
感謝、感激をキスで表すこと、そして、その表現がすごく自然だった。
あれを見ると、日本映画、ドラマ他のキスの扱いが如何に特殊で大袈裟なことか。
もちろん、日本人の感謝の表れにキスが根付いてないことが大きな理由だが。

ちゅと、関係者が死に過ぎた感があるけど(苦笑)、良いお話でした。
ニッカ、そしてサントリーの方々、洋酒の開発と改良に頑張ったすべての方に感謝。

いつか必ず余市へ行きます。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sanukikko.blog62.fc2.com/tb.php/3876-9eee7d34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
FC2 Blog Ranking