呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2015年02月12日(木) 1354日目(もう来ること無いから 川越 前篇)
2015年07月23日 (木) | 編集 |
今朝の体重  74.5kg

今日は昼前から川越出張だ。

20150212おにやんま(その1)

久しぶりの「おにやんま」,美味い。
もう少し,うどんに厚みがあればな。

20150212おにやんま(その2)

3人で連れだって川越。
池袋から西武線。
所沢で乗り換えて,本川越駅に降り立つ。

  「昼はどこにしようか。前は餃子食べたんすよ。」

見ると,駅前にホワイト餃子がある。
ワシ,食べたことないんだよなー。
でも,他の二人に悪いので,他の店を提案。

  「頑者ってのがあるけど・・・・あー,並んでますね。」

  「あの列だと,時間的にちょっと無理かなー。」

  「それじゃ,うどん屋にしますか。」

昔,「才谷屋」って云ううどん屋さんがあったんだが,体調を崩されて閉店。
その後に,入った「長谷沼」と云うお店がなかなか評判が良いのだ。

食べログで地図を確認し,向かったが,お店が見当たらない。
あるのは美容院だけ。
定休日は水曜日だし,看板すら無いってことは,

         潰れたのか?

もう時間がないな。
ってことで,目の前のラーメン屋に入る。

20150212モナコ(その3)

    モナコ

出来たばかりの新しそうなお店。
食券機には,醤油,塩,まぜそばがあり,他のメニューは全て販売中止。

厨房には,麺上げ他をやる大将と盛りつけの若い衆とサーブ役の女性の3名。
作業に慣れていないようで,細かく確認している。
盛りつけに拘りがあるんだろう。

先客2名に出たドンブリを見ると,いわゆるラッパ型のタイプ。
底が窄まって,口が拡がる,スープを節約できるヤツ。
このドンブリ,直接スープを飲むこともできないし,嫌いだ。

醤油ラーメン大盛り¥850

20150212モナコ(その1)

ピンク色のチャーシュー2枚
太いメンマ
半熟味玉半分
水菜

ちなみに,連れが食べていた塩だと,チャーシューが大きいモノ1枚になり,メンマが大きな穂先メンマ1本になる。

麺は中細で,茹で上げは少々固め

20150212モナコ(その2)

スープはほんのり甘い。
何となく,大将の目指す方向が透けて見える。
「めじろ」とか,「KAMIKAZE」とか「中村屋」とかの神奈川淡麗系。

    全部,例えが古い?(爆)

塩を食べた連れ2人によると,「美味しくなかった」とのこと。w
醤油がオススメです。
後,隣の人が食べてた「まぜそば」が美味そうだったな。

業務は滞りなく終了。
出番は超少なかった(笑)

本当は自家帰りで,川越を探索するつもりが,紆余曲折あって,川越市駅まで送ってもらうことに(泣)。

川越駅で下車(爆)
とは云え,再度20分以上歩いて,川越を堪能する気力はなく。

「ホワイト餃子,食べてみるか」と,お客さんが並ぶ「頑者」の前を通って向かう
と,中休み中。
マジすかー。
これは,縁がないな。

なので,「頑者」に並ぶ。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック