呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2015年01月03日(土) 1314日目(その32 うどんバカ一代)
2015年06月13日 (土) | 編集 |
今朝の体重  未測定

今日は再びレンタカーを借りる。

20150103高松の朝(その1)

20150103高松の朝(その2)

20150103高松の朝(その3)

20150103高松の朝(その4)

毎度の「イツモレンタカー」を目指し,片原町で下車。

20150103片原町の朝(その1)

20150103高松の朝(その5)

20150103片原町の朝(その2)

正月の朝8時前なんで,商店街は静かやな。

20150103片原町の朝(その3)

20150103片原町の朝(その4)

今日はフェリー通りから向かってみた。

20150103片原町の朝(その5)

20150103片原町の朝(その6)

そしたら,遠回りやったわ(笑)

20150103片原町の朝(その7)

20150103片原町の朝(その8)

手続きして,すぐ出発。

20150103高松の朝(その6)

20150103高松の朝(その7)

オヤジの送迎は午後なんで,その前にうどんツアーとカアチャンのお見舞いをしてお
こうと云う目論見。

まずは,こちら。

20150103うどんバカ一代(その6)

   うどんバカ一代

路上駐車しとる地元ナンバーがおったけど,ワシはきちんと駐車場(駐車倉庫w)に
停める。
店の外にも,店内にも行列はないけど,八分くらいの入り。
相変わらず繁盛しとるなぁ。

こちら早朝&日曜もやっとるから使い勝手がエェな。
しかも,夕方まで茹で立てを出す貴重なお店。

直ぐに注文じゃ。

  「何しましょ?」

  「かけの小。」

直ぐに受け取って,左へ移動しながら,ゲソ天をゲトー。

  「310円です。」

支払って着席。

20150103うどんバカ一代(その2)

20150103うどんバカ一代(その1)

ゲソ天,太いのぅ。
衣はしっとりタイプ。
ワシは,ゲソ天については,カリカリタイプより,しっとりが好き。

20150103うどんバカ一代(その4)

何故ならば,衣が脱げないからだっ!

20150103うどんバカ一代(その5)

   ズロロロッ♪

おお,美味いっ!
熱いダシが沁みるのぅ

20150103うどんバカ一代(その3)

んはー。
美味しかった。
ごちそうさまでした。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック