呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2014年12月31日(水) 1311日目(その25 中西)
2015年06月07日 (日) | 編集 |
今朝の体重  未測定

ううう。
あばら痛い。
やっぱヒビ入っとるんかのぅ?


自業自得なんで,泣き言を漏らすわけにはイカン。

20141231高松の朝(その1)

20141231高松の朝(その2)

20141231高松の朝(その3)

ホテルへ家族を迎えに行き,そのまま朝飯じゃ。
安定の美味さとやたらと観光客が殺到しないこちらへ直行。

    中西

おお,思った通り,混んでない。
「うどんバカ一代」から車で20分ぐらいで来られるし,営業時間も5時半からやし,使い勝手がエェ店。

味は,どっちがどうとかではない。
「中西」には中西の味,「バカ一代」にはバカ一代の味があるもん。
それは,どこのうどん屋さんも共通することじゃ。


だけん,よっけのうどん屋さん巡って経験値を上げても,仕舞いには我がの好きな店に落ち着いていくんじゃ。

家族4人やけど,大衆セルフに慣れとるんはワシだけ。
カウンターまで進んでから注文考えると,後ろが詰まるんで,手前のところで言い聞かす。

  「何食べるか決めて。玉の数も。天ぷらは欲しいモンを取ればエェよ。」

皆,かけうどんにした模様。

   意外とハードルが高いぞ。 なぜなら,自分で湯がく作業があるからだ。

ワシは,昨日に引き続き,うどんとそばのアベック。
トッピングは海老天。
そして,おでんの平天と牛すじをチョイス。

量はさておき,食べたいもん全てを選んだw

20141231中西(その1)

ワシが先に着席。

20141231中西(その2)

20141231中西(その3)

20141231中西(その4)

家族が次々着席するも,なんかダシが少なくないか?

20141231中西(その5)

こっちはぶっかけか,しょうゆうどんか?っちゅうくらいダシが入ってない。

20141231中西(その6)

  「だって,どれくらい入れればいいか分からないんだもん。」

  「お店でうどん食べたことあるでしょ?」

  「いや,いっぱい取っていいのかどうか。」

  「タンクによっけ入っとるから,好きなだけ入れたらえぇのに。」

うどんは太くてしなやか。

20141231中西(その8)

そばはもちもち艶やか

20141231中西(その7)

美味いわー

子供たちも満足。

そして,カアチャンのお見舞い。
家族で行ったんで,カアチャン,いつもにまして喜んでくれた。
近況やら,昨日の親類の忘年会の話やら。

1時間半ほどおって,お暇。
何とか,足が直ってくれんもんかな。

カアチャンのところから一路自宅へ。

  「あっ!変わった電話ボックスがある!」

20141231丸亀の風景

流石,丸亀城近くだけに(笑)

12時半過ぎ,自宅到着。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック