呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
6/19(月) 【うどんツアー大阪編(その30】  イカ焼き 牧野 
2006年06月19日 (月) | 編集 |

千日前線で「鶴橋」まで戻る。

Nさんのオススメのイカ焼きのお店へ向かうのだ。
しかし、鶴橋の駅前商店街の迷路は複雑や。

牧野(鶴橋地図)


何度も何度も同じ通りを歩いた挙げ句、やっとこさ目当てのお店に到着。

    「いか焼き 牧野

駄菓子屋のような小さな店内をオバチャンが1人で切り盛りしよる。
Nさんの顔を見たオバチャン、カウンターの中から飛びつかんばかりの笑顔で

  「久しぶりー!東京から来てくれたん?嬉しーなー。」

と喋りが止まらん。

  「腰が悪くて、お店を休んでたなんて聞いて、心配しましたよ。」

それを聞いてオバチャンのトークが炸裂。
全部書くと長くなるんで、オバチャンから宣伝しといて!と言われた部分だけ記しますわ。

   ・ いいクリニックに出会った。
   ・ 手術しなきゃ治らないと言われた腰の調子が良くなった。
   ・ ここは名医●●人の1人で雑誌にも出た。
   ・ 知る人ぞ知るなクリニックだけど、他県から通う患者もいる。
   ・ ポイントは理学療法。

八尾の「岡崎クリニック」だそうです。
細かい住所がイマイチ分かりません。スマソ。

ここでは、チキチータと呼ぶベーコンと卵入りのいか焼きとノーマル卵入りを食べました。

牧野(ノーマル玉子入り)


いか焼きの経験度が低い(3店くらいしか知らん)んで、何とも言えんのですが、オバチャンの雰囲気が相まっておいしさが増すから不思議。

牧野(チキチータ1)


焦げたソース味についついビールか酎ハイが欲しくなるとこやけど、このお店にはアルコールが無いみたい。

牧野(ノーマル玉子入り2)


冷蔵庫の水を取ろうとしたら、

  「表の自販機の方が冷えてるわよー♪」

そ、そりゃどうも。(笑)

牧野(チキチータ2)


ご馳走様を言い、表へ出る。
オバチャンも出てきた。

いつまでも手を振っている。

振り返るたびに、力強く手を振っている。

随分離れたところまで来ても、まだ振っている。

エェ、人やな。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック