呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
03/26(土)  16日目 (こんなことでは)
2011年03月26日 (土) | 編集 |
今朝の体重   71.6kg

今日は急遽の応援。
望むところである。
家で悶々とするよりも、何かに没頭してる方が気も紛れるし、役に立ってる実感がある。
いつもの新幹線で出社。
それなりに対応が落ち着いてきたとは云え、夜通しの待機・対応の人がいる。
皆、頑張っているのだ。
いや、それは当然だろと云われてもしょうがないが、それでもこの風景には目を見張るものがある。

応援業務をしつつも、その合間に本来業務関係で携帯が何度も鳴る。
皆、前を向いて働いている。

応援業務。
ひとつひとつの言葉が重い。
これまでやってきたことは何だったのか。
自問自答。
深く考えると凹むので(苦笑)、浅く、でも確実に立ち止まって考える。


twitterは相変わらずの主張のオンパレード。
まるで会話が成立していない人多し。
この膨大なつぶやきで何かが動くのだろうか。
言い放つだけでは、本当にチラシの裏になってしまう懸念。

後、自分の意見を支持してくれ!とばかりの誘導的なものも多い。
リンク先をクリックすると、閲覧が有料だったり、有料のメルマガだったり。
この機に乗じて、有料読者を増やして稼ごうと云う、火事場泥棒的発想。
そういうのはウンザリ。

現地支援業務の募集がやっと出た。もちろん、即応募。
直接的に避難されている方々のお役に立ちたいとの思いがある。
ただ、その根っこは阪神淡路大震災

新幹線からブルーシートの波を見るだけしかできなかった、16年前のワシ。
少しはその悔恨を払拭できればと云う小さな下心がなきにしもあらず。
16年前の自分への決着。


朝ご飯は立ち食い。
このお店、蕎麦が普通と太の2種類があったりする。
もちろん、断固うどん党のワシはうどんをチョイス。
静岡名産の桜エビのかき揚げをトッピング。

  「うどん少々お待ち下さいねー。冷凍なんで~。」

正直やな(苦笑)。

かき揚げうどん(その1)

ダシが甘い。
甘いけど、鯖と鰹の香りが立ち上がる。

かき揚げうどん(その2)

うどんは可もなく不可もなく。
まぁ冷凍の味ですわ。

かき揚げうどん(その3)

次は蕎麦(太)を食べようかな(←断固うどん党ちゃうんかいっ)
蕎麦はゆで麺、その上、太いのは袋麺と云うデンジャラスさに心惹かれたのさ。

 朝食  桜エビかき揚げうどん
 昼食  弁当
 夕食  太巻き寿司


応援業務終了した途端、胃に激しい痛み。
かつて経験したことのない痛みに、急性胃炎か胃潰瘍か、はたまた食中毒かと疑う。
ソファで横になりお腹をさする。
痛みは若干治まったものの、気分が優れず。
どうやら、経験したことのない対応で極度の緊張感を長時間に亘って自分の体に強いたために、筋肉や内臓に負担がいったようだ。

新幹線でやっと徐々に緊張がほぐれ痛みは無くなった。
うーん。
こんなこっちゃダメだな。
この先長いのに、こんなに神経が細いようじゃきびしい。
対応はきめ細かく、気持ちは図太く。


明日はお休み。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック