呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
03/22(火)  12日目(現地のため)
2011年03月22日 (火) | 編集 |
今朝の体重   71.4kg

ここのところ減り続けていた体重が下げ止まり
「痩せる」と云う意義から行けば残念だが、「体力持続」の観点から見れば、これでイイのだ。
でも、一気呵成に67kgくらいまで絞っても良かったか。

我ながら無駄が多いこの体(特に腹回り)。
いや、ベルトの穴一つ分減っちゃったんですがね。
それでも、まだデブと云うこと。

何をしていたワケではないのに、瞬く間に1日が過ぎていく。
このスピード感に焦燥感がつきまとう。

自分が役に立っているのか、いないのか。
直接的に何かをできないと実感が伴わない。
間接的で良いのか。

メディアのように現地まで入って、直接、役に立てるチャンスを得ながら、写真だけ撮って帰ってこられる神経が不思議。
「それが自分の仕事」と云うのかもしれないが、仕事の前に人であるべきではないか。

首相官邸や東電本社で待機してる記者も同様。
あんなにいらんだろ。
報道はNHKだけで十分。後は全部締め出しで構わんだろ。
「オレの方が良い質問する!」と云うなら、その質問をNHKに託せば良い。
記者個体が表に出てくる必要はない。まとめて1人がやり取りする方が効率が良い。
手の空いてるヤツは、現地で瓦礫のひとつも拾えばよい。
嬉しそうに全員で地震や原発、被災者にたかってるんじゃないよ。

20時過ぎ退社、22時過ぎ帰宅。
計画停電が続く世の中は相変わらず自粛ムード。
三社祭も東京湾大華火大会も早々に中止が決定した。
プロ野球の開催もずれ込みそう。

これでは日本経済自体が沈没してしまう。

日常を送る人達は何を楽しみにすればいいのか。
笑ったり、語ったり、唄ったりするのは罪でも何でもない。

電気が足りないことが全ての原因
夜の計画停電だけでも無くなれば、ちゅとは違うのかなぁ。
(停電対象から飲屋街を外せば、また不公平厨が騒ぐか)

プロ野球は首都圏以外で開催すればいいじゃん。
三社祭はお休みの日にやれば問題ないじゃん。
華火に至っては、何でやめるのか分からないよ。

春の甲子園が盛り上がることを凄く期待したい。
これで、日本全体に元気が取り戻せれば、「やはり、やるべき行事はやろうじゃないの!」と云う機運も高まるだろう。
ガンバレ、高校球児達! 特に東北地方と茨城、千葉!

 朝食  おにぎり2個
 昼食  弁当
 夕食  生姜焼き&サラダセット、スンドゥブ


帰宅すると、子供達はリビングで勉強していた。
うん、日常を普通かつ着実に送ることは大事。
嫁はんは今日も登山したそうだ。やるじゃん。

ワシ一人、悶々。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック