呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
03/11(金)  地震と津波
2011年03月11日 (金) | 編集 |
今朝の体重   71.6kg

今日のことは忘れない。

二日酔いもなく、目覚めた朝。
念のため、汁物を食べたランチ。w

14時46分。
スゥーッと空気が引いた気がした。

    地震

建物を誰かが揺さぶっている。ユッサユッサと左右に。
最初はサーフボードでバランスを取る感じだったのが、もう腰をしっかり落として耐える感じ。
何かが跳ねてガタガタガタガタッ!と音を立てる。

長い。
その時間は長かった。
こんなにも長いものかと思うくらい長かった。

その後も余震は続く。

静岡は長らく東海地震の危険性を云われてきた。
とうとう来たのかと思った。
しかし、TVが伝える震源地ははるか遠く東北。

   これでこんなに揺れるのか

TV画面を埋め尽くす各所の震度。
宮城に震度7の文字が見える。

    震度7!? 阪神淡路と同じじゃないか。

現地はどうなっているのか。
阪神淡路の例を見ると、気づいて貰えていない地域があるんじゃないか。

心配しながら、TVを見つめる。
1時間も経たない内に、津波がビニールハウスをなぎ倒しながら陸地を遡る様子の映像が。
一体、何が起こっているんだ?そして、終わらない日々が始まった。

 朝食  おにぎり2個
 昼食  かき揚げうどん、肉じゃが
 夕食  五目ご飯、牛肉大和煮


事態は深刻。
広範囲での停電。

電車は軒並み止まっている。
無論、新幹線も東海道線も。
早々に帰宅は断念。

それよりも業務だ。
ちゃんとした食事は現場で頑張る人に譲り、机上職の我々は非常食で済ます。

非常食

牛肉の大和煮なんて久しぶりに食べたな。
味付けが濃いので、酒のつまみ向きか。

23時前の会議終了を以て、本日の対応はお終い。
もちろん、会社泊。

机のところで寝ようとするも、TVから流れ続ける衝撃的な映像から目が離せない。
結局寝つけたのは1時頃。
暖房が切られたオフィスはただただ寒かった。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック