呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
03/05(土) セコビッチ 【山正】
2011年03月05日 (土) | 編集 |
今朝の体重   73.4kg

今日はお仕事の日。
土曜の朝の新幹線こだまはコンドル。
新横浜でほぼ満席。

斜め前の老夫婦が食べていた紀陽軒の焼売弁当が美味そうだったな。

出社して仕事をしようとしたんだが、同じ室内の2m脇で空調工事が始まった。
その工事音と親方が若い衆をかわいがる声がやかましゅうてじょんならん

2つほど用事を片づけて、早めのランチに出掛ける。
と云うのも、長らく改装中だった「山正」が復活!との情報を得たのだ。
しかも、“土日もランチあり”とサービスが向上した聞いては、行かずにいられようか(いや、いられない)

どーせ、午後も仕事にならんのなら、昼間から沼津の魚で一杯やるかと思い立つ。

しかし、そこは狭い街のこと。
振り返ると、列の後ろの方に知り合いの顔(ちうか、同じ会社の人)が

     昼酒断念(後で何云われるか分からんもん)

山正(その1)

山正(その2)

素直に名物“山正丼”を注文。

   「大盛にできますよ。」

   「よしなに。」

あー、こういうセコいことするから、いつまでたっても痩せんのや。

山正丼とは、小さく切られた赤身、中トロ、蛸、サーモン、いくら、玉子等々がわさび醤油で味付けされ、酢飯にのった、いわゆるバラちらし寿司。

山正(その3)

山正(その4)

山正(その5)

山正(その6)

大盛、洒落にならんご飯の量。
1合半近くあったんちゃうか。

山正(その7)

これに浅利の味噌汁とコーヒーが付いて800円(安っ!)
金利はジャパネットさぬきが負担しますっ

山正(その8)

山正(その9)

お魚はトロトロで味が濃い。
静岡に転勤になって、初めてこっちの魚が美味いと思ったな。

今度は天日干しの焼き魚を食べてみるか。
いや、いっそ夜に飲みに来るとか。
楽しみが増えたのぅ。

で、案の定、食い過ぎで眠い眠い。
おやすみマサイ族

  (30分経過)

さてと。
仕事するか。

そのまま始めるも、何かいろいろと心配事もあり、結局20時半まで。
ワシ、ホンマ要領が悪いな・・・

 朝食  おにぎり2個
 昼食  山正丼
 夕食  いろいろ


21時前にホテルへチェックルイン!
シャワー浴びてから、やっとこさの夕食じゃ。

今日の晩ご飯~♪

ホテルの小部屋

にぎり鮨、肉焼売、菜の花のおひたし
缶ビール(ショート)、缶チューハイ、缶ハイボール

   〆て1400円(安っ)

観るのは昨日見られなかった「SP」のSP第二弾。
デカわんこも気になるけどねw

後半が少し冗長だったかなー。
これでは、劇場に足は運べない。


ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

魚は最高やね。
と思った方は拍手。

  ↓
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック