FC2ブログ

酒とうどんとスイミング

呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.

2017年09月18日(月) 2384日目(その21) 海寺

裏庭チェック。
また、雑草が繁ってるし。

先月には雑草が生えて無かったんで,薬物を撒かなかったところに繁殖してる。
万遍なく,薬を撒かんとイカンのか。

雨戸を開け、洗濯開始。

オヤジの遺影を立てる。
除草剤、再度散布。

台風の名残で地面が湿っているので,今日は顆粒タイプを散布。
隣の空き地も雑草が増えてたので散布。
効いてくれよー。

郵便物取り込み、仕分け。
洗濯物干してから、13時半頃出立。

まずはランチやな。

20170918海寺(その1)

11号を西へ向かってひたすら走る。

20170918海寺(その2)

途中から分岐して,飯山方面へ進む。

飯山総合公園が近づけば,路上に置いた電光の看板が見えるので,「営業中」を確認して,左折&左折で到着。

20170918海寺(その7)

   海寺(かいじ)

立派な一軒家づくりの暖簾をくぐる。
メニューが多い。

でも,今日は暑いけん,迷うことなく一択

  「ひやかけの中,下さい。」

受け取ってから,左へスライド。
ゲソ天が語り掛けて来たんでゲット♪

お支払いして,着席。

ひやかけ中240円。げそ天100円。

20170918海寺(その3)

ネヂレチヂレはあるけど,極端では無いので,手切りでは無さそう。

20170918海寺(その5)

   ズゾゾゾゾッゾ

20170918海寺(その6)

ぬふぅー。
相変わらず旨い。
太麺が喉をぬーっと抜けていく。

ダシもエェのぅ。

20170918海寺(その4)

ゲソ天,もうちゅと衣がしっとりしとってもエェんやで♪

美味しかった。
ごちそうさまでした。

アニキのポストに郵便物入れて、カアチャンの施設に向かう。

カアチャンとは14時20分から15時50分まで色々と話す。
今日は顔色が良く、話も通じた。

しかし、一時間以上になると疲れるみたいやな。

昼御飯、ほとんど食べており、最近は点滴無しで、ナースから伝えることもないとのこと。
ひと安心。
午前中に敬老の日の催しがあったのね。

20180918コトデン

帰りにJさんとこへ寄り,書類をお届け。

マルヨシセンターで夕飯の材料を調達。
骨切り鱧が3割引だったので,3パック購入。白菜と豆腐も♪

一旦帰宅し、具材を冷蔵庫に仕舞い,洗濯物を取り込む。

  広島優勝おめでとうございます!

ニュース見てから、ガソリンスタンドで給油してニコニコレンタカー返却。

20180918ニコレン

ガソリン、ほとんど消費無かった。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト



2017年09月18日(月) 2384日目(その20) 松下製麺所

琴電琴平で瓦町へ移動。

20170918コトデン(その1)

20170918コトデン(その2)

中央通りのニコレンに10時到着。

周囲にロープが張られているんで,「もしかして祝日は休みなんかな?」と訝しむも,営業中でした(ホッ)

ミライースシルバー(27,000km走行)をレンタル。

  「実は給油ポンプが故障してまして修理中なんです。今日中に治るかどうか分からんので,  
   お帰りの際は,他のスタンドで給油してきていただけますか。」


それで,車が入って来んように,ロープ張っていたのね。

さて,朝ご飯じゃ。
菊池寛通りを進んで,県庁前から南行って,天神さんの通りを東に曲がって,四国新聞裏の方へギャッと行って,ギャッと曲がって到着。

20170918松下製麺所(その1)

   松下製麺所

「祝日にやっとるかなー」と思たけど,やってました。
駐車場が出来たけん,助かるわー。

店に入る前に,注文を決めて置くんが必要。
行列があれば,待つ間に決められるけどな。

奥へ進んで,注文。

  「なにしますかー?」

  「うどんと中華そばのミックス。」

オネエサン,せいろからうどんと中華そばの玉を一つずつ入れたドンブリを手渡ししつつ

  「300円ねー。」

支払いしてたら,後ろから大陸系の方と思われる,若いカップルが入店。

ワシ,テボに玉を入れて,シャカシャカ。

切ったお湯でドンブリ温めて,湯を捨てて,玉をイン!

お玉でダシを掬って,シャバー♪

大陸のカップル、ワシのやり方を見よう見まねでシャカシャカ(笑)

葱と生姜を乗せて,座席へ。

うどん、中華そばミックス300円。

20170918松下製麺所(その3)

どいや,このビジュアル。
東京ではお目に掛かれんスタイルや。

20170918松下製麺所(その2)

松下さんは葱の刻み方が細かくて,意外と侮れん。
(吸い込んで咽るリスクも高いけど(笑))

20170918松下製麺所(その4)

   ズゾッチュルルルル

くっふー。
うどん,玉取りしたばっかりやけん,コシがググッとあるねぃ。

20170918松下製麺所(その5)

   チュッチュルルルル

中華そばも相変わらず。

先にあらかたうどんを平らげてから,中華そばに手を出す。
胡椒を振ると,うどんダシがラーメンスープっぽくなるけん不思議じゃわのぅ。

ジイちゃんとお孫さん(女児)登場。
うどんドンブリを前に

  「うどん,食べるか?」

  「ジージ、ネギ食べたい」

可愛らしいのぅ。
オヤジが見たら,さぞかし喜んだじゃろうに。

一旦,帰宅。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月18日(月) 2384日目(その19) 帰郷

今朝の体重  未測定

目が覚める。
未だ,4時半(苦笑)

古いカプセルゆえ、全てのチャンネルが無料
2チャンネルあるエロビデオ放送も無料

しかし、悲しいかな、ブラウン管の画面は焼き付いてて,ほぼ真っ暗でワケわからず(笑)
喘ぐ声だけ聞こえるが、

     で?(笑)

台風情報のチャンネルは、静止画像だったのでなんとか見える。
もう,関西を通り過ぎたみたいね。

6時過ぎに風呂へ。

あー、こういう造りだったなー。
最初に来たのはもう20年くらい前かも。

懐かしい。
湯船の手すりが高すぎて、跨ぐ時,棹の先が手すりに触れるのも相変わらず(笑)

床のぬるぬるは無くなった。
前にすってーーーん!と転ぶ人を見たなぁ。

古いのは趣が有っていいけど,体重計すら置いてないってどうなの(笑)

6時半過ぎチェックアウト。

20170918カプセル

台風一過で,日差しがきついな。

20170918心斎橋(その1)

20170918心斎橋(その2)

20170918心斎橋(その3)

御堂筋線心斎橋駅。

20170918心斎橋(その4)

中津行き見送って、次の電車で新大阪まで移動。
タイミングよく、博多行きのぞみが来たので,迷わず乗車。

通路挟んだ反対側席に座るミニスカ&厚底靴の若い女性。
やたらと足を組み替えまくりで,オッチャンドキドキ(笑)

ただ、薬指に指輪有りなので近づきになるのは剣呑。

9時前に岡山着。
Suicaがロックされて使えないので、自販機で切符購入。
9時24分発のマリンライナーの列に並ぶ。

その前の児島行きが遅れてる模様。

周囲の声に耳を傾けると,どうやら山陽本線が一時間以上遅延しているらしい。
予讃線も詫間辺りで不通との事。

でも,マリンライナーは時間通りの運行らしい。

久しぶりに瀬戸大橋からの瀬戸内海を堪能。

20170918瀬戸大橋(その1)

20170918瀬戸大橋(その2)

20170918瀬戸大橋(その3)

晴れ渡った空を背景にした,多島美は相変わらず美しい。

20170918瀬戸大橋(その4)

20170918瀬戸大橋(その5)

20170918瀬戸大橋(その6)

20170918瀬戸大橋(その7)

20170918瀬戸大橋(その8)

20170918瀬戸大橋(その9)

20170918瀬戸大橋(その10)

20170918瀬戸大橋(その11)

帰って来たなーと云う印象。

20170918瀬戸大橋(その12)

20170918瀬戸大橋(その13)

20170918瀬戸大橋(その14)

20170918瀬戸大橋(その15)

20170918瀬戸大橋(その16)

20170918瀬戸大橋(その17)

8分遅れで高松到着。

20170918高松駅(その1)

20170918高松駅(その2)

20170918高松駅(その3)

20170918高松駅(その4)

クレメントホテルの脇で大規模工事中。

20170918高松駅(その5)

20170918高松駅(その6)

なるほど,クレメント増床なんやね。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月17日(日) 2383日目(その18) 味穂、神座

今宵の宿を確保せんとイカンが。

スマホで,梅田の「大東洋」を調べるも,満室。
あの高圧ジャグジー,入りたかったなー。

難波の「朝日カプセル」を確保。
¥3200と格安。

梅田を少しだけお散歩

20170917新梅田食道街

新梅田食道街は,ほとんどが休業。
「松葉家総本店」には入らず。

御堂筋線で,なんばまで移動。

チェックインして,荷物をホテルのロッカーに入れて,行動開始。

20170917なんば(その1)

道頓堀

20170917なんば(その2)

20170917なんば(その3)

日曜の20時前なので,あまりウロウロせず。

20170917味穂(その1)

    味穂

20170917なんば(その8)

カプセルホテルのほど近くにある。
難波で呑むと,必ず立ち寄る。

  「チューハイ頂戴。後,たこ焼き,河豚唐揚げ」

チューハイ

20170917味穂(その2)

たこ焼き

20170917味穂(その3)

ここのたこ焼きは,いわゆる明石焼きスタイル

   クッソ熱いが(笑)

口の中,火傷しそうになったわ。
慌てて,チューハイを流し込む。

20170917味穂(その4)

河豚唐揚げ

20170917味穂(その5)

台風が迫っとるせいか,空いてました。
ごちそうさまでした。

いつもなら,もう1,2軒行くところだが,もうよう。

心斎橋方面へ。
確か,この辺りに・・・あった,あった♪

    神座

ワシにとっての〆ラーメンは,断然,ここである。
年取って,ますます好きになった。

20170917神座(その1)

清潔感のある店内

20170917神座(その2)

おいしいラーメン¥690

20170917神座(その3)

20170917神座(その4)

野菜のエキスがたっぷり出たスープの美味しいことか。

20170917神座(その5)

そして,啜りがいのある,この細麺。

20170917神座(その6)

美味しかった。
ごちそうさまでした。

朝食 バイキング@ルーマプラザ
昼食 点心@祇園川上
夕食 ローマ軒,味穂,神座


時間は未だ21時前。

せっかくのミナミナイトなんで,少し散策

20170917なんば(その4)

東京には,こういう風景は無いな。

20170917なんば(その5)

20170917なんば(その6)

20170917なんば(その7)

後ろ髪引かれるものの,明日を考えてホテルへ戻る。

22時には寝ました。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月17日(日) 2383日目(その17) ローマ軒

バス運行中止で先を急ぐ理由が無くなったので,チンタラ,京阪四条まで歩く。

リュックをピックアップして,四条河原町へ移動。
チケット屋で京都~大阪間の昼特きっぷ新大阪~岡山間の新幹線チケット購入。

20170917バスで京都駅(その1)

バスで京都駅へ移動。

20170917バスで京都駅(その2)

20170917バスで京都駅(その3)

昼特きっぷで大阪へ向け移動開始。

スマホで調べると、JR瀬戸大橋線は終日運転見合せとのこと。
これで高松へ渡る術は無くなった。

となると,岡山で一泊より大阪に一泊でしょう。
先を急いでも,誰も待っとらんし。

予定が狂ったけど,大阪で一泊っちゅうのも天の配剤

    呑みましょう(笑)

17時頃,大阪到着。

20170917大阪駅前ビル

大阪駅前第三ビルへ移動。
事前にピックアップしてあった,こちらのお店へ

20170917ローマ軒(その1)

    ローマ軒

焼きスパがウリのお店。
でも,筆者の目当てはそこじゃない。

20170917ローマ軒(その2)

  エェ,30分¥500で呑み放題のビールが目当てなのだ

日曜日の夕方,大半のお店が休業の中,ここにはお客さんがチラホラ入ってます。

キリキリ働きそうなオネエサンが,オーダー取り。

  「生飲み放題,お願いします。」

端から長居するつもりはないし,「川上」さんで食べて来とるんで,アテは付き出し(¥380だったかな?)で十分。

20170917ローマ軒(その4)

店のシステムはシンプル。

目の前のビアサーバから,セルフで注いで呑むだけ。

20170917ローマ軒(その3)

いやー、楽しい。
一回注ぎ過ぎて,ジョッキからビールがまけた時、隣の若い衆二人が

    「オオー」

注視いただき,ありがとうございます。

30分500円で生ビール飲み放題、注ぎ放題。
2人に一つくらいの割合で,居並ぶビアサーバの壮観たるや。
注ぎ待ちなんて,発生しません(笑)

しかも,お通し入れて900円やもん。
5杯飲んだような気もするが、記憶に有馬兵衛の向陽閣ぇ~ん♪

大阪に実在した、この世のパライソ、天竺、極楽から,讃岐っ子がリポートしました!(キリッ)

20170917大阪駅(その1)

支店によって,ワイン飲み放題もあります。
東京では,八重洲と深川支店があるけど,呑み放題は無いみたいね(残念)

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月17日(日) 2383日目(その16) 祇園 川上

東大路を渡って、花見小路方面へ。

20170917祇園川上(その1)

宅配の店舗も京都仕様

20170917祇園川上(その2)

花見小路の一本裏へ入る

20170917祇園川上(その3)

  祇園 川上

20170917祇園川上(その4)

いつ以来だろう。
春のお花見以来か。

あの時は、「6月にオヤジと来ますから。」と言っちゃったんだよなー。
真逆になってしもたが。

カウンターは満席です。
少し早く始めてたお客さんもいました。

20170917祇園川上(その5)

ワシは、左から4番目の席。

  「●●さま、お待ちしておりました。」

  「こんにちは。お世話になります。」

挨拶して、引いてもらった椅子に座る。

ビールをお願い。
軽く喉をうるおして、最初のお皿が提供

付き出し
・小松菜炊いたん、無花果胡麻だれ、鱧南蛮漬け


20170917祇園川上(その6)

ああ、美味しい。
器の出汁も当然、飲み干す。

胡麻だれも、黒胡麻。
ちょっとずつの工夫が嬉しい。

・雲丹

20170917祇園川上(その7)

濃厚。
仕事がしてありますな。

  「お父様、お元気ですか?」

  「え。うん。また、後で。」

他のお客さんがおる前で、死んだとか話すべきではないわな。

お造り
・鱸、鯛、鰆、剣先烏賊


20170917祇園川上(その8)

9月なんで、お月見さん仕様。

20170917祇園川上(その9)

ちょっとした季節感を醸し出すのが、日本料理。

  「お酒下さい。冷酒。」

20170917祇園川上(その10)

やはり、お造りにはお酒でないとな。
キリッとした口当たり。

・土瓶蒸し 名残の鱧、松茸

20170917祇園川上(その11)

20170917祇園川上(その12)

  「名残の鱧でございます。」

20170917祇園川上(その13)

うひひひ。
これを食べたかった。

20170917祇園川上(その15)

オヤジ、「6月に鱧を食いに京都行こうで。」って言いよったんよなー。
オヤジ抜きですが、いただきます。

松茸の香りが素晴らしい。

あれ? お酒が無くなったが。

  「お酒下さい。」

20170917祇園川上(その14)

他のお客さんの手前、おかわりがちゅと恥ずかしい(笑)

おしのぎ
・寿司二貫


20170917祇園川上(その16)

途中でお寿司が出るなんて珍しい。

20170917祇園川上(その17)

焼き物
・焼魚 鱸 九条葱


20170917祇園川上(その18)

ホックホク

20170917祇園川上(その19)

しっとりした鱸の身の美味しいことか。

・肉餡かけ

20170917祇園川上(その20)

肉は珍しいように感じるけど、前に弁当でオヤジにステーキ焼いてくれたけんなぁ。
これが美味しくて。

20170917祇園川上(その21)

餡がまた最高。 皿を舐めたい(笑)

・鱧柳川

20170917祇園川上(その22)

美味しく仕上げるもんやなぁ。

20170917祇園川上(その23)

20170917祇園川上(その24)

白魚の柳川もエェけど、やっぱり鱧は違うわ。

煮物
・鬼海老、蛸、蛸の卵


20170917祇園川上(その25)

蛸の卵、もったいないんで三口に小分け(笑)

20170917祇園川上(その26)

海老、蛸の噛み締めで旨味がじゅわっと来る。
たまらんなぁ。

・水茄子

20170917祇園川上(その27)

盃を重ねてるんで、おしのぎでスッと出してくれた。
感謝

お酒のお代わりを貰う(四合目)

20170917祇園川上(その28)

・蛸梅だれ、鱧卵塩辛

20170917祇園川上(その29)

美味しいなぁ。

20170917祇園川上(その30)

20170917祇園川上(その31)

20170917祇園川上(その32)

塩辛、絶妙の塩梅やなぁ。

20170917祇園川上(その33)

お食事
・ 鱧ご飯


20170917祇園川上(その34)

最後まで鱧推し。
幸せだったわ。

水菓子
・メロン、マスカット、梨(新甘泉)


20170917祇園川上(その35)

素晴らしかった。
今回も美味しくいただきました。

14時過ぎて、他のお客さんも引き上げて、カウンターではワシが最後。

お支払いしていると、加藤さんが来て、

  「これ、お父様にどうぞ。」

とお持たせを差し出してくれた。

  「ありがとうございます。でも、もうそのオヤジがおらんのです。」

涙が出てきた。

  「これまで、いろいろとオヤジを大事にしてくださってありがとうございました。」

お礼を伝え、頭を下げる。。
この後の事、よう覚えてない。

ひとつ、肩の荷が下りた。

9月27日から、日本橋高島屋で開催の「京都の美食展」「川上」が出店します。
花板の南さんが期間中、お弁当を作りに張りつきます。

京都の味をそのまま、東京で味わえる貴重な機会ゆえ、是非。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月17日(日) 2383日目(その15) 八坂の塔、清水三年坂美術館、八坂神社

再び、市バスで四条京阪まで戻る。

20170917バス

フと気づく。
祇園四条駅から京阪電車使えば,「川上」から駅が近いやん。
なんで,ワシは朝に河原町まで荷物を預けに行ったのか。

  まだまだ,京都の地理に精通してないのぅ。

四条京阪で市バス系統を乗り換えて,清水道まで移動。

20170917八坂の塔(その1)

20170917八坂の塔(その2)

10時30分過ぎで,もう観光客多数。
カップル多し。

20170917八坂の塔(その3)

20170917八坂の塔(その4)

清水道から見上げる,八坂の塔

20170917八坂の塔(その5)

この光景がとても好きだ。
街に仏閣が融合し,日常に信仰が融けこんでいることを感じさせてくれる。

20170917八坂の塔(その6)

また,坂になっているため,進むにつれ,景色が段々と変わっていくのが楽しい

20170917八坂の塔(その7)

20170917八坂の塔(その8)

遠目に見て,近くでは見上げて,坂の上からは見下ろす。

20170917八坂の塔(その9)

20170917八坂の塔(その10)

20170917八坂の塔(その11)

その時,京都の街が背景に拡がる。

20170917八坂の塔(その12)

素晴らしいねー。

20170917八坂の塔(その13)

夕暮れ時に,この景色を見ながら,ゴォォォォォンと鐘の音を聞けば,それは日本の故郷として脳裏に焼き付くに違いない。
京都に育った人が羨ましい。

20170917八坂の塔(その14)

二年坂から三年坂へと進む。

20170917八坂の塔(その15)

台風が近づいているはずなんだが,不思議と雨が落ちてこない。

20170917八坂の塔(その16)

  清水三年坂美術館

オヤジに薦められた小さな美術館。
3回目の訪問。
あの傑作品の数々に再会できるかと思うと,ワクワクする。

1階が常設展(随時,作品入替)
2階が特別展。 今は,矢立と煙草入れを展示。

入館料¥800を支払い,入館。

金細工,蒔絵の細かい仕事に唸り声が出そう。
ルーペを使わないと見えないような仕上げに感嘆。

皆が必ず足を止めるのは,象牙彫刻。
特に,安藤碌山の作品は,執念を超えて狂気すら感じる

「筍」は2度目、「バナナ」、「栗」は初見。

変態的に緻密。唸るしかない。

「胡瓜」「パイナップル」が展示されて無かったのは、神田の三井美樹館に出張してたのね。
パンフレットによると作品70点を貸し出してるそう。
ゴージャスやな。

特別展も良かった。

煙草入れにあれだけの装飾を施すって,昔の金持ちは洒落っ気が強いわ。

20170917八坂の塔(その17)

20170917八坂の塔(その18)

美樹幹を後にし,三年坂を下っていると,フットバスから入電

 「お客さまご予約のバスは,台風の影響で運行中止です。変更できますが,どうなさいますか?」

 「変更って,いつまで走るんですか?」

 「12時50分,大阪駅発のバスが最終です。」

 「あ,じゃあキャンセルしてください。」

高松BT(バスターミナル)で払戻してくれるそう。

二年坂を下る

20170917八坂の塔(その19)

高台寺ねねの道

20170917ねねの道(その1)

20170917ねねの道(その2)

20170917ねねの道(その3)

いつもは,石塀小路へ向かうが,本日は八坂神社へ。

20170917八坂神社(その1)

20170917八坂神社(その2)

20170917八坂神社(その3)

20170917八坂神社(その4)

20170917八坂神社(その5)

八坂神社では、結婚式の真っ最中。

20170917八坂神社(その6)

20170917八坂神社(その7)

雨が降らなくて,良かったですね。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月17日(日) 2383日目(その14) 太秦広隆寺

今朝の体重  未測定

6時に目が覚めるも,部屋で7時前までウダウダ。
7時過ぎに風呂へ向かう。

螺旋階段上がった屋上の露天薬草風呂も行きご満悦。
前回ほどは,露出粘膜に薬湯が沁みずw

台風が来ているので雲の流れは速いが、雨は降っておらず、青空すら見える。

再び館内着になって,ワンフロア下のレストランへ。
モーニングバイキング,またしても角煮がない(哀)

20170917朝ご飯(その1)

一通り食べて,〆の京風カレー、汗が吹き出す。

20170917朝ご飯(その2)

チェックアウト。
フロントで、市バス一日券購入。

四条京阪前から四条河原町へバス停1つ乗車。
四条河原町前から地下に降り、リュックをロッカーへ預ける。
梅田までは阪急で移動する算段なのだ。

四条河原町からバス。
車中居眠りして、太秦広隆寺前で降りる。

20170917太秦広隆寺(その3)

    太秦広隆寺

20170917太秦広隆寺(その2)

こちら,国宝第一号の“半嘩偲意像弥勒菩薩”が有名。

20170917太秦広隆寺(その1)

正門脇の仁王像

20170917太秦広隆寺(その4)

20170917太秦広隆寺(その5)

阿吽である。

20170917太秦広隆寺(その6)

奥へ進む。

20170917太秦広隆寺(その7)

20170917太秦広隆寺(その8)

20170917太秦広隆寺(その9)

20170917太秦広隆寺(その10)

20170917太秦広隆寺(その11)

20170917太秦広隆寺(その13)

20170917太秦広隆寺(その14)

20170917太秦広隆寺(その15)

拝観券を買い,霊宝殿へ進む。

20170917太秦広隆寺(その16)

20170917太秦広隆寺(その17)

20170917太秦広隆寺(その18)

朝からお庭を掃き清めてある。

20170917太秦広隆寺(その19)

おかげで,見事な緑の苔庭を楽しめる。

20170917太秦広隆寺(その20)

庭園を掃き清める方々に感謝。

20170917太秦広隆寺(その21)

霊宝殿,二度目の訪問。(写真撮影禁止)

壁伝いにズラリと居並ぶ,神様,仏様。

国宝,重要文化財が入り混じった,十二神将素晴らしい。
四天王像も負けてない。

中央に佇む弥勒菩薩さま。
いくら眺めても,全く飽きない。
むしろ,眺めるほどに心が落ち着く。


そして,お向かいの3.7mある菩薩像
大迫力だ。

いやー,眼福。
これだけの種類の仏像,神像を一堂に鑑賞できるお寺さんは数少ない。

うん,また来よう。

20170917太秦広隆寺(その22)

20170917太秦広隆寺(その23)

20170917太秦広隆寺(その24)

帰りも綺麗なお庭に感嘆。

20170917太秦広隆寺(その25)

隙の無さを感じさせるお寺さんでした。
ありがとうございました。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月16日(土) 2382日目(その13) 焼肉 三吉

時間は,20時前。

  「そろそろ千葉ちゃん,空いてるんちゃう?」

再度,向かうと,依然として店頭には10人の並び。

  「あちゃー。これは無理じゃのぅ。」

  「えーーー。口が肉になってしもたがー。」

  「そんなチミのために,イイお店が有りますよ。オニイサン。」

四条通を渡り,屋根付きアーケードを西へ進む。

5分ほど歩いて,OPA裏到着。

20170916三吉(その13)

20170916三吉(その12)

   焼肉 三吉(さんきち)

  「4人やけん,入れるかいの。」

心配は杞憂だった。
カウンター,座敷とも空席ありで,すんなり座れた。

20170916三吉(その5)

20170916三吉(その3)

ホルモン盛り合わせ

20170916三吉(その1)

20170916三吉(その2)

20170916三吉(その4)

  「あー,こういう店は落ち着くわー。」

  「うん,ここやったら,安心感がある。」

  「値段も表示されとるし,明朗会計じゃ。」

20170916三吉(その6)

こういう店では,瓶ビールが似合う。

20170916三吉(その7)

まさに,さしつさされつしながら,焼肉を頬張る
美味しい。

ホルモン盛り合わせ(お替わり)

20170916三吉(その8)

20170916三吉(その9)

テッチャン

20170916三吉(その11)

20170916三吉(その10)

どの皿にも玉葱と甘長唐辛子が乗っかって来るのが特徴。
えぇ玉葱は,生で食べると辛いんやでぇ。

美味かった。
ごちそうさまでした。

ホンマはカラオケ行きたいところやけど,台風が来よるけん,友達を足止め出来ん。

  「ほんだら,またのー。」

  「次は,多分,来年じゃー。」

  「ほなのー。」

22時過ぎ,解散
雨は止んでいた。

朝食 ラーメン並,小ライス@第一旭たかばし本店
昼食 小豚,葱@ラーメン二郎京都店
夕食 菊水,三吉


何となく真っ直ぐ帰り難くて,夜の木屋町を彷徨う。

「長浜ラーメン みよし」がある。

20170916みよし(その2)

ここって,GACKTイチオシのラーメン屋さんだっけか。

20170916みよし(その1)

手の空いた店員が店先で喫煙休憩中。ムヒョー!

20170916鴨川

戻って来て,先斗町を散策。

20170916先斗町(その1)

20170916先斗町(その2)

20170916先斗町(その3)

20170916先斗町(その4)

20170916先斗町(その5)

横の路地(ろおじ)を覗きつつ,奥まで。

20170916鴨川(その2)

んで,引き返す。

20170916先斗町(その6)

四条大橋を渡る。

20170916四条大橋

「菊水」のビル,ハイカラな形が際立ってますな。

20170916祇園(その1)

少し,祇園の裏通りを徘徊。

20170916祇園(その2)

20170916祇園(その3)

もう少し飲んでいこうか,いや,止めとこうの繰り返し。

20170916祇園(その4)

20170916祇園(その5)

花見小路

20170916祇園(その6)

裏へ向かう。

20170916祇園(その7)

また,「川上」へ来てしまった。

20170916川上(その2)

厨房は灯りが点っている。

20170916川上(その1)

片付けと明日の仕込みだろうな。

踵を返して,宿へ向かう。

20170916祇園(その8)

23時半近くに帰宿。

今日は楽しかったな。
おやすみなさい。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月16日(土) 2382日目(その12) 菊水

17時半に,四条のマクドに集合。
Hくん,Tくん,MKさん,ワシの4人

  「どこ行くんや。」

  「ホルモン千葉行きたいとか,メッセで言うてたやん。見てみる?」

  「予約できへんし,並んでるのちゃう?」

  「台風来てるし,分からんよ。」

店へ向かう。

   ホルモン千葉

木屋町四条,まさに「菊ノ井 露庵」を高瀬川沿いに下った並びに店が有った。

   残念ながら,傘が20個以上連なってます。

  「あちゃー,やっぱり並んではるわー。」

  「菊ノ井やったら並ばんで済むぞ(笑)」

  「奢ってくれるんだったら。」

  「さて,どこ行こうかね。」

鴨川縁には,納涼床がずらりと並ぶ。

20170916四条(その1)

20170916四条(その2)

もう,後二週間で,床も終いやのぅ。
いっぺん,行ってみたいのぅ。

あらかじめピックアップしていた数軒の候補店の中から,老舗のこちらへ。

    菊水

20170916菊水(その8)

鴨川に面した祇園四条交差点に位置するビル。
このビル,国の重要文化財に登録されているとの事。

晴れていれば,屋上がビヤホールになるが,生憎今日は雨降り。
ビヤホールなら激戦なんだが,今日は空いてるんじゃ?と云う目論見。

  「4名様ですね。そちらのエレベータで4階へどうぞ。」

おお,すんなり入れたぞ。

¥3480の2時間飲み放題メニューを4人分注文。
日本酒,ワイン,焼酎も飲みたいので,プラス¥500


ベストポジションの老舗にしては,リズナボー♪

20170916菊水(その6)

生ビールは,スーパードライ,ドライブラック,ハーフ&ハーフの3種。
それだけで,嬉しい。

白いジャケットの青年がどんどんセット料理を運んでくる。

20170916菊水(その3)

20170916菊水(その4)

20170916菊水(その5)

皆で馬鹿話に花を咲かす。
んな中,Tクンが転職したとの告白が。

  「え?53歳で転職できるん?」

  「それが出来るんじゃが。」

  「どこ行くん?いつから?」

  「東京。多分,来月。」

  「え?家族どうするん?若い奥さん。」

  「単身じゃ。」

  「ほーかー。もう部屋は決まったんな?」

  「ほぼな。」

待遇は良くなるらしいが,在籍する間は単身赴任が続くんだろうし,思い切ったのぅ。

  「ほんだら,Tクンの前途を祝してカンパーイ!」

  「でも,Nくんは東京に戻ったし,Tくんは居らんようになるし,寂しいわ。」

  「京都在住は,MKさんだけになってしもたのー。」

お料理,そこそこ美味しかったな。

20170916菊水(その7)

ビアガーデンのお客に出すメニューだから,店の実力は出てないと思います。
粽が出るあたりが,京都の老舗レストランらしい。

唯一,改善点としては,ボーイのお兄さんが,ワシの椅子の脚を何度も蹴った事。

聞いたところ,学生さんのバイトだったんで,慣れてない部分もあるんだろう。

「ワシ,何か気ぃ悪くするような事,した?」と聞きたくなるぐらい,蹴られたもんで。
いや,「蹴られた」じゃなくて,「脚を引っ掛けられた」が正しいか(苦笑)

楽しかった。
ごちそうさまでした。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月16日(土) 2382日目(その11) 谷口梅津間町~妙心寺

バス通りを目指して歩く。
素敵な看板の本屋さん。

20170916本屋

京都学生街らしいねぇ。

再び、バス。
北8系統で北大路バスターミナル。

乗り換えて、北野白梅町で下車。
10系統,26系統のバス停が見つからん。

もよおしたので,交差点のスーパートイレで出産(笑)

スーパーから出たら,目の前を26系統バスが通過(笑)
発見したバス停チェックすると,次は20分後だが、雨だし待とう。

やって来たバスに乗り,妙心寺北門で下車。
ワシが生まれる以前に,オヤジとカアチャンが住んでいた場所を,住所を頼りに探すのだ。

20170916谷口梅津間町(その1)

20170916谷口梅津間町(その2)

20170916谷口梅津間町(その3)

最近は表札に住所書いてないので、頼りはGPS。
当たりを付けた場所付近を多数撮影。

20170916谷口梅津間町(その4)

20170916谷口梅津間町(その5)

20170916谷口梅津間町(その6)

20170916谷口梅津間町(その7)

20170916谷口梅津間町(その8)

20170916谷口梅津間町(その9)

20170916谷口梅津間町(その10)

20170916谷口梅津間町(その11)

「さて、最寄り駅は?」と探したら、嵐電の龍安寺駅が歩いて2分くらいの場所にあった。

20170916谷口梅津間町(その12)

20170916谷口梅津間町(その13)

えらい近いやん。

20170916谷口梅津間町(その14)

20170916谷口梅津間町(その15)

20170916谷口梅津間町(その16)

20170916谷口梅津間町(その17)

20170916谷口梅津間町(その18)

20170916谷口梅津間町(その19)

近所に鍵の掛かったゲートで入口を塞がれた公園が有った。

20170916谷口梅津間町(その20)

なにか理由があって閉めているんだろうが,珍しいな。

妙心寺へ向かう。

20170916妙心寺(その1)

多数の塔頭がある。

20170916妙心寺(その2)

20170916妙心寺(その3)

中を通り抜ける,ご近所の方々。

20170916妙心寺(その4)

20170916妙心寺(その5)

20170916妙心寺(その6)

20170916妙心寺(その7)

妙心寺は何度か来ており,お風呂や食事のエレベータw,天井の竜雲図も拝見した。
手を叩くと,龍の鳴き声が聞こえる。

20170916妙心寺(その8)

20170916妙心寺(その9)

20170916妙心寺(その10)

20170916妙心寺(その11)

20170916妙心寺(その12)

20170916妙心寺(その13)

20170916妙心寺(その14)

20170916妙心寺(その15)

北から南側まで抜け切る。

20170916妙心寺(その16)

南口からバス。25系統だったか?
銀林車庫前行き。

熊野神社で降りて乗り換え。
祇園で降りる。

花見小路を散策。

20170916祇園(その1)

生憎の雨でも観光客多数。

20170916祇園(その2)

裏通り。
「川上」さん。

20170916祇園(その3)

明日の昼は,こちらの予定なんだが,オヤジの事をどう伝えれば良いか。
他のお客さんの手前,どうしよう。(←まだ弱り気味)

20170916祇園(その4)

一旦,ホテルへ戻る。

ひとっ風呂浴びる。
カプセルの良いところは,スーパー銭湯的な使い方が出来るところ。

しかも,リラックスルームで寛ぐことも出来るし,我がの部屋で寝転がることもできる。

ワシは,部屋でゴロゴロ。
さて,台風が近づいておりますが,出掛けますかね。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

再開します。

筆者です。

しばらく、拙日記の更新をお休みしておりましたが、
明日よりまた書き始めたいと思います。

お読みいただいている、読者の皆さまには、一週間
お待たせいたしました。

讃岐っ子 拝

2017年09月16日(土) 2382日目(その10) ラーメン二郎京都店

12時40分頃,到着。

20160916ラーメン二郎京都店(その10)

    ラーメン二郎京都店

入り口で,お客さんを案内している助手クンに一礼して,行列接続。
前のサラリーマン客,二郎ネタで盛り上がり中。いいですねー。

列の後ろから声が掛かる。

  「12時半からの4番の方,いらっしゃいますかーー?」

4番の方が「ハイ」と返事すると,

  「スンマセン。1番から3番なんで,前に入りますね。」

なるほど,今の行列の順番より,整理券の順番が優先されるのね。
ただ,前後詰めて並んでたところに,3人が割って入るので,前が進むか,後ろが下がらないとキツキツ(笑)

徐々に行列が進み,30分ほどの待ちで入店。
店内にも5人ほどの待ち。

20160916ラーメン二郎京都店(その1)

ワシは,ラーメン¥730,豚¥150,ネギ¥100,計¥980の食券を購入。

着席したばかりの4人連れ,思い思いにコールして「どんなのが来るか!」で盛り上がり中。
最初の3人には,普通のドンブリで提供。
4人目には(!)

    普通ドンブリとは形状の違う広く口の開いたドンブリがっ

彼はマシを頼んだのか?っちゅうくらい量が多い。
前の3人のとは,倍近く違うように見えるけど(ガクガクブルブル)

ワシはその隣に着席。

うーむ。宮本店主,髭面はまぁアレとして(笑),明らかに痩せているではないか。

  「痩せたねー。」

  「もう儲からないんで痩せる一方です。」

  「よく言うよ!なんか,ネットでは従業員が5人もいるとか書いてあったよ。」

  「あー,そうですねー。5人はいないかなー。でも,今日も4人っちゃ4人ですけど(笑)」

厨房には宮本店主以外に若い衆2名,そして表に1名だもんな。

若い衆2名は,注文とトッピングの組み合わせを間違えぬよう,冷蔵庫の表面にマグネットで記録。
マグネットの色で,大,小,ひかえめ,固め,豚,豚Wを区別しているみたい。

20160916ラーメン二郎京都店(その2)

ネギは着席後,直ぐに出て来た。
見ていると,冷蔵庫から刻み九条ネギの大きなビニールパックを出して,盛り付けてました。

コールは助手クンから,

  「ニンニクで!」

小豚ラーメンニンニク

20160916ラーメン二郎京都店(その4)

豪快に切られた豚が数塊ON♪

20160916ラーメン二郎京都店(その3)

こういうのをインスタ映えするって云うのかしら。

20160916ラーメン二郎京都店(その5)

  ズゾゾゾゾッ

20160916ラーメン二郎京都店(その6)

おお。
この麺の感じはどこかで食べたことがあるような・・・

    品川だっ

あの旧二郎本店時代の麺を彷彿させる品川二郎の麺と似てるんだ

20160916ラーメン二郎京都店(その7)

ああ,なんか懐かしい。

  ネギ投入

20160916ラーメン二郎京都店(その8)

京都ですからね。
やはりラーメンには九条ネギが無いと。

ドゥルドゥルと完食。
ンフー。しなやかな歯応えの麺,美味かった!

  「ごちそうさま!美味しかったよ!」

  「ありがとうございますっ」

  「痩せたこと,オヤジに言っとくよ。」

  「オヤッさんの背中を追いかけていたら,こうなりましたとお伝えください(笑)」

  「分かったー。」

20160916ラーメン二郎京都店(その9)

お隣の若い衆、そっと,中身の残ったドンブリを上げてました。
チミは頑張ったから、クソ野郎三連コンボぢゃないよ!

表の助手クンに目礼して,店を後にする。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月16日(土) 2382日目(その9) 詩仙堂

雨の中,次へ移動。

圓光寺から数百mしか離れていない,こちらへ。

20170916詩仙堂(その1)

  詩仙堂

20170916詩仙堂(その2)

アプローチは,簡素。
その素っ気なさに,歴史を感じる。

20170916詩仙堂(その3)

靴を脱いで,建物に上がる。

20170916詩仙堂(その4)

奥へ進むと,直ぐにお庭を臨める座敷に出る。

20170916詩仙堂(その5)

おお!

20170916詩仙堂(その6)

20170916詩仙堂(その7)

これはまた,趣のあるお庭。

20170916詩仙堂(その8)

20170916詩仙堂(その9)

20170916詩仙堂(その10)

曼殊院門跡,圓光寺とスケールは似てるが,設えが全く異なる。

20170916詩仙堂(その11)

20170916詩仙堂(その12)

曼殊院門跡が筋肉質で,圓光寺が美術館チックならば,ここは女性美を感じるお庭

20170916詩仙堂(その13)

20170916詩仙堂(その14)

丸く刈り揃えられたサツキの稜線が,庭全体のアクセントになっている。

20170916詩仙堂(その15)

20170916詩仙堂(その16)

ジッと庭を眺めて,思索する。

20170916詩仙堂(その17)

20170916詩仙堂(その18)

サーッと雨が降りしきる。
雨が降ると、風景にBGMが付く。


晴れた日には無い、風情
雨の日も、また良し。


20170916詩仙堂(その19)

位置を変えて,また一頻り。

20170916詩仙堂(その20)

20分近く座敷に座っていた間,一人で来られている方が多かった。

20170916詩仙堂(その21)

スーッと入って来て,他の人の視界を遮らない場所に座り,しばらく庭を眺め,再び立ち上がって去っていく。

ここも,荒天が災い(幸い?)して,拝観者は少なかった。

最後に,裏を周って,庭の裏側に入る。

20170916詩仙堂(その22)

20170916詩仙堂(その23)

20170916詩仙堂(その2)4

20170916詩仙堂(その25)

20170916詩仙堂(その26)

うん,あんまり舞台裏は見るもんじゃないね(苦笑)

先を急ぐ。

詩仙堂から,一乗寺へ向けて歩く。

宮本武蔵が吉岡一門と決闘した場所と伝えられる「一乗寺の下り松」

20170916下り松(その1)

下ってないなー。

20170916下り松(その2)

なんか、肩すかし(苦笑)

お向かいの土産物屋さんが,如何にも老舗の風格を発していて,立派でした

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月16日(土) 2382日目(その8) 圓光寺 (後篇)

靴を脱いで建物に上がる。
先客は2人。

庭を見やると,思わず声が出そうになる

20190916圓光寺(その40)

20190916圓光寺(その41)

20190916圓光寺(その42)

   十牛之庭

これが,TVやネットでよく目にしたお庭かー。

20190916圓光寺(その44)

20190916圓光寺(その45)

20190916圓光寺(その46)

手前の緋毛氈が視覚的に効果あり。

20190916圓光寺(その47)

20190916圓光寺(その48)

20190916圓光寺(その49)

しばし,畳に正座して鑑賞

20190916圓光寺(その50)

20190916圓光寺(その51)

20190916圓光寺(その52)

パラパラと降り続く雨の音が良いBGMになる。

20190916圓光寺(その53)

ほとんど参拝客がいないので,庭に人影が無いのも良い

20190916圓光寺(その54)

反対側の窓

20190916圓光寺(その43)

じっくりカメラで撮影した方も,カメラを収めた後,じっと座っている。

10分ほど,堪能してから,庭へ回る。

20190916圓光寺(その55)

杉苔の中に,可愛らしいお地蔵様

20190916圓光寺(その56)

こういうのをインスタ映えすると云うのか。
そういえば,熱心に傘で紅葉の葉を,お地蔵様のそばに弾いているオッサンが居たなぁ。

お庭を一周。

20190916圓光寺(その57)

洛北で最も古い池と言われる「栖龍池」

20190916圓光寺(その58)

20190916圓光寺(その59)

20190916圓光寺(その60)

20190916圓光寺(その61)

20190916圓光寺(その62)

竹林(応挙竹林と呼ぶらしい)

20190916圓光寺(その63)

20190916圓光寺(その64)

20190916圓光寺(その65)

20190916圓光寺(その66)

なんか,てんこ盛りなお寺さんですね。

20190916圓光寺(その67)

20190916圓光寺(その68)

20190916圓光寺(その69)

水琴窟

20190916圓光寺(その70)

これだけ雨が降っていると,ビジッ,ビジッと云う風情のある音は聴けません

20190916圓光寺(その71)

これだけ紅葉があると,さぞかし美しいでしょうなぁ。
ただ,人の頭ばかりで,風情が損なわれてしまうのかも。

20190916圓光寺(その72)

20190916圓光寺(その73)

痛し痒しです。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月16日(土) 2382日目(その7) 圓光寺 (前篇)

雨が降りしきる中,次の場所へ向かう。

20190916圓光寺(その1)

20190916圓光寺(その2)

20190916圓光寺(その3)

静かな住宅街の中,観光客が迷わないように案内板が出ているのは有難い。

20190916圓光寺(その4)

20190916圓光寺(その5)

   圓光寺

立派なアプローチ

20190916圓光寺(その6)

丁寧に手入れされてますなぁ。

20190916圓光寺(その7)

抜けて行った先には(!)

20190916圓光寺(その8)

20190916圓光寺(その9)

うわー,これは立派な枯山水の庭園が。

20190916圓光寺(その10)

20190916圓光寺(その11)

20190916圓光寺(その12)

  奔龍庭

20190916圓光寺(その13)

見るからに新しいので,最近の作品でしょう。

20190916圓光寺(その14)

20190916圓光寺(その15)

20190916圓光寺(その31)

20190916圓光寺(その32)

白砂に突き刺さるように石が配置

20190916圓光寺(その27)

20190916圓光寺(その16)

<HP抜粋>
・白砂を雲海に見立て、天空を自在に奔る龍を石組であらわした平成の枯山水。
・龍の頭部と背中付近にそびえ立つ石柱はかつて井戸の部材として使われていたもの。
・端に開けられたいくつもの穴にその名残を見つけることができる。
・荒く切り立った石柱は龍の周囲に光る稲妻をも表現し、庭園全体に躍動感を与えている。
・通常、庭園の境界を示すために配されるはずの留め石は置かれずにこの庭園はあえて未完のままとされている。庭園を見る者がその余白を埋め、それぞれの心のなかで完成させることを期待した作庭意図だろうか。


20190916圓光寺(その17)

あー,そういや,境界がはっきりせんかったな。

20190916圓光寺(その18)

平成の作品なのね。

20190916圓光寺(その20)

印象的な造作でした。

瑞雲閣

20190916圓光寺(その28)

20190916圓光寺(その29)

20190916圓光寺(その30)

<抜粋>
・圓光寺では日本で初期の活字本の一つである「伏見版」の印刷事業が行われ、孔子家語・貞観政要など多くの書籍を刊行し、これらの書物は「伏見版」または圓光寺版と称されました。また、当時、出版に使用された木活字が現存しています。
・寺内には本尊千手観音像(伝運慶作)奉られ、円山応挙筆、絹本着色開山元佶禅師像・紙本墨画竹林図屏風六曲・近世初期製作の木製活字五万個(重要文化財)があります。


20190916圓光寺(その19)

20190916圓光寺(その21)

天候が天候なので,ワシ,独り占め。
じっくり鑑賞できました。

20190916圓光寺(その33)

20190916圓光寺(その34)

20190916圓光寺(その35)

本殿へ向かう。

20190916圓光寺(その22)

20190916圓光寺(その23)

20190916圓光寺(その24)

20190916圓光寺(その25)

20190916圓光寺(その26)

杉苔が生した境内は,緑一食で美しい

20190916圓光寺(その36)

20190916圓光寺(その37)

20190916圓光寺(その38)

あ,赤もあります(笑)

20190916圓光寺(その39)

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月16日(土) 2382日目(その6) 曼珠院門跡

修学院離宮を後にし、曼珠院へむかう。

20170916曼珠院門跡(その1)

修学院離宮を出たところに,「曼珠院こっち→」ちう看板があるので,それに従いつつ,ポケモンGO!

20170916曼珠院門跡(その2)

20170916曼珠院門跡(その3)

20170916曼珠院門跡(その4)

15分ほどで,到着。

20170916曼珠院門跡(その5)

  曼珠院門跡

修学院離宮同様,初訪問。

20170916曼珠院門跡(その6)

雨がのせいか,駐車場にはタクシー1台。

20170916曼珠院門跡(その7)

拝観料をお支払いして,中へ。

20170916曼珠院門跡(その8)

  「撮影は,敷いてある緋毛氈の上からお願いします。」

逆に言えば,緋毛氈の敷いてない場所は撮影禁止って訳だ。

20170916曼珠院門跡(その9)

枯山水のお庭

20170916曼珠院門跡(その10)

狭い空間を効果的に見せる

20170916曼珠院門跡(その11)

20170916曼珠院門跡(その12)

回廊を進んで,お庭の風景を愛でる。

20170916曼珠院門跡(その13)

メインのお庭

20170916曼珠院門跡(その14)

松の配置が印象的

20170916曼珠院門跡(その15)

20170916曼珠院門跡(その16)

美しいな

20170916曼珠院門跡(その17)

20170916曼珠院門跡(その18)

20170916曼珠院門跡(その19)

20170916曼珠院門跡(その20)

20170916曼珠院門跡(その21)

お庭の端の方は,修復作業中。

20170916曼珠院門跡(その22)

足場一つにしても,囲いを木組みしてある。

20170916曼珠院門跡(その23)

緋毛氈が無かったので,撮影しなかったが,その昔,ここで提供されていた食事の内容を滔々と説明した資料が張られており,非常に興味深く読むことが出来た。

実は,不謹慎にも隠し撮りを狙っていたが,その意図を天が見抜いたのか,チャンスは全く訪れなかった。
反省。

工事場所を抜け,最後の最後に,予期せぬものに出会ってしもた。

     幽霊の掛け軸

予備知識なく訪れた寺院で,出会うとは。
ちょっと,おじってしもた。

勿論,撮影禁止。

   「撮影すると,よからぬことが起こらないでもない」

撮りませんよ。
(ってか,日記書くにあたって,ネットで調べたら,掛け軸の画像が多数)

撮影した方々,どうかご無事で。

国宝の「黄不動明王」の掛け軸の近所では,門徒の方々(?)が集会中でした。

先を急ぐので,そろそろ退散。

雨に濡れた石畳に木の葉の緑が反射して,得も言われぬ風情を醸し出している。

ありがとうございました。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月16日(土) 2382日目(その5) 修学院離宮(後篇)

移動して,上御茶屋

20170916修学院離宮(その58)

20170916修学院離宮(その59)

20170916修学院離宮(その60)

結構な坂道を上る。

20170916修学院離宮(その61)

20170916修学院離宮(その62)

20170916修学院離宮(その63)

20170916修学院離宮(その64)

雨脚は相変わらず。

20170916修学院離宮(その65)

20170916修学院離宮(その66)

20170916修学院離宮(その67)

20170916修学院離宮(その68)

解説曰く「クライマックスです。絶景ですよ。」

20170916修学院離宮(その69)

20170916修学院離宮(その70)

高台なので,なるほど,遠くまで臨める。

20170916修学院離宮(その71)

晴れていれば,より絶景が臨めたかもしれない。

20170916修学院離宮(その72)

20170916修学院離宮(その73)

20170916修学院離宮(その74)

20170916修学院離宮(その75)

20170916修学院離宮(その76)

20170916修学院離宮(その77)

20170916修学院離宮(その78)

20170916修学院離宮(その79)

20170916修学院離宮(その80)

千歳橋

20170916修学院離宮(その81)

20170916修学院離宮(その82)

20170916修学院離宮(その83)

20170916修学院離宮(その84)

20170916修学院離宮(その85)

20170916修学院離宮(その86)

隣雲亭

20170916修学院離宮(その87)

20170916修学院離宮(その88)

20170916修学院離宮(その89)

20170916修学院離宮(その90)

台風が近づいているので,今日は囲いを閉じて,雨が吹き込まないようにしているとの事。
見どころ満載だったな。

20170916修学院離宮(その91)

20170916修学院離宮(その92)

池の周りを歩いて半周。

20170916修学院離宮(その93)

20170916修学院離宮(その94)

20170916修学院離宮(その95)

20170916修学院離宮(その96)

20170916修学院離宮(その97)

20170916修学院離宮(その98)

20170916修学院離宮(その99)

20170916修学院離宮(その100)

20170916修学院離宮(その101)

20170916修学院離宮(その102)

簡素だけど趣向を凝らした建物と考え抜かれた庭山と池の配置

さっきも書いたが,お寺との最大の違いは,塑像物が無いこと,大きなお堂が無いことか。

建物に付随するお庭との融合が,寺院の醍醐味。

ここは,自然の中に,ポツリポツリと人工物が点在する。
いわば,公園。


  「以上で,ご案内は終了です。ありがとうございました。」

  「ありがとうございました。」

最初の集合場所へ向け,戻る。

荷物をロッカーから出し,係の方々に挨拶。

入り口辺りには,屈強な方が数人。
宮中警察の方なのかな?

大半の方がバス停方面へ向かうが,ワシは次の場所へ。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月16日(土) 2382日目(その4) 修学院離宮(中篇)

移動して,中御茶屋

20170916修学院離宮(その31)

20170916修学院離宮(その32)

20170916修学院離宮(その33)

客殿

20170916修学院離宮(その34)

20170916修学院離宮(その35)

20170916修学院離宮(その36)

20170916修学院離宮(その37)

20170916修学院離宮(その38)

20170916修学院離宮(その39)

この棚は,一ノ間の「霞棚」

20170916修学院離宮(その41)

20170916修学院離宮(その42)

桂離宮の「桂棚」、醍醐寺三宝院の「醍醐棚」とともに「天下三棚」の一つとの事。

20170916修学院離宮(その43)

20170916修学院離宮(その44)

三宝院に行ったのに,棚を確認してないがな。
今度,行かなきゃ。

20170916修学院離宮(その47)

桂離宮は未訪問。
なかなか予約が取れないとの事だが,トライするかね。

20170916修学院離宮(その40)

二の間の「大鯉」

20170916修学院離宮(その46)

作者不詳。

20170916修学院離宮(その48)

夜な夜な,この鯉が抜け出して,庭の池で泳ぐため,網を描いて,襖に閉じ込めたとの言い伝え。

網を描いたのは,かの「円山応挙」

20170916修学院離宮(その45)

20170916修学院離宮(その49)

20170916修学院離宮(その50)

20170916修学院離宮(その51)

20170916修学院離宮(その52)

20170916修学院離宮(その53)

20170916修学院離宮(その54)

20170916修学院離宮(その55)

20170916修学院離宮(その56)

20170916修学院離宮(その56)

20170916修学院離宮(その57)

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月16日(土) 2382日目(その3) 修学院離宮(前篇)

雨が降っているので傘を差して歩く。

同じバスから降りた周りの方も同じ目的地らしいので、先頭の外人に着いて歩く。
すると、途中から道を外れ、駐車場に入っていくではないか。

「?? 違う目的なのかな?」と思ったワシは,道を外れずに歩く。
なんとなく,「あっちが正解なんじゃ?」とヤな予感はしたが、案の定,筆者,道に迷う(笑)

「バス停からは徒歩10分程度」らしいんだが,既に10分以上歩いてますが,らしい場所が出てこない(泣)
GPSを起動し,何とか到着出来たけど,えらい遠回りした。

    修学院離宮

入り口には私服の警察官(宮中警察?)がおり,入園許可証を確認される。

  「受付をお願いします。」

敷地内へ入り,受付。
1000円くらいかな?と思っていた入園料だが,無料(!)だった。

20170916修学院離宮(その1)

20170916修学院離宮(その2)

待機場所の建物に行くと,件の外人さんを始め,皆さま,勢ぞろい(恥ずかしっ)

建物内のロッカーに荷物を預け,放映されている案内VTRを外のベンチから眺める。

20170916修学院離宮(その3)

後から,10人ほどの団体が到着。
全員揃ったところで,ツアーガイドが登場し,案内開始。

20170916修学院離宮(その4)

20170916修学院離宮(その5)

おっと,誰かがベンチにスマホを忘れているじゃないの。
前を歩いている方々に

   「スマホお忘れの方,いませんかー?」

と声を掛けると,お一人,慌てて戻って来た(笑)
ヨカッタ。

3つある上御茶屋,中御茶屋,下御茶屋は,鍵の掛かった門で仕切られていて,いちいち開門が必要。

最初は,下御茶屋

20170916修学院離宮(その6)

20170916修学院離宮(その7)

20170916修学院離宮(その8)

20170916修学院離宮(その9)

寿月観

20170916修学院離宮(その10)

20170916修学院離宮(その11)

20170916修学院離宮(その12)

20170916修学院離宮(その13)

20170916修学院離宮(その14)

20170916修学院離宮(その15)

20170916修学院離宮(その16)

20170916修学院離宮(その17)

20170916修学院離宮(その18)

20170916修学院離宮(その19)

明治天皇の時代に,皇族の姿を直に見られないように,松の木を植えたそうな。

20170916修学院離宮(その20)

20170916修学院離宮(その21)

20170916修学院離宮(その22)

宮家に納めるために造成された田んぼや畑

20170916修学院離宮(その23)

20170916修学院離宮(その24)

20170916修学院離宮(その25)

20170916修学院離宮(その26)

20170916修学院離宮(その27)

20170916修学院離宮(その28)

現在は,ご近所の方々が稲を作ったり,作物を収穫し,一部を持ち帰っているそう。

20170916修学院離宮(その29)

段々畑は,黒澤明監督の「夢」で使用されたとの事。
あの短編連作の最後の「ひな祭り」かな?

20170916修学院離宮(その30)

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月16日(土) 2382日目(その2) トラップ

駅に向かう。

20170916京都駅周辺(その1)

京都駅前ホテルのはす向かいに竹中工務店が大きなビルを建設中だった。

財布には万札が一枚だけ。
3台ある市バス一日券販売機の内,一台が万札対応。

「ホッ」と胸をなでおろしつつ,万札を入れるも入らない。
ウィンウィンウィンと吸い込む機械が動作するも,入って行かない。
3,4回やる内に,札の縁が曲がってしまった。

向きを変えて,入れようとするも吸い込まない。
20回程やって諦め。

京都駅へ行き、Suicaに500円チャージ。
小銭が出来たので,券売機で市バス一日券ゲット。

流石,古都京都。
いきなり、楽しませてくれるわ。

20170916京都駅周辺(その2)

20170916京都駅周辺(その4)

7時過ぎ,206系統バスで移動開始。

「祇園前」バス停で下車。
5分ほど歩いて,いつものカプセルホテル「ルーマプラザ」へ。

  「今日宿泊ですが,荷物の預かりをお願いします。」

  「分かりました。チェックイン手続きをお願いしてよろしいでしょうか。」

望むところじゃ。
早速手続きして,料金をお支払し,荷物を預ける。

歯を磨き,顔を洗って,行動開始。

四条河原町まで徒歩移動。

四条大橋から,下流。

20170916京都駅周辺(その5)

上流。

20170916京都駅周辺(その6)

台風が迫っているので,今にも泣き出しそうな雲行き。

四条河原町のバス停を確認。
行き先によって,全然乗り場が違うのだ。
当然,違う乗り場で立ってても,いつまでも目的のバスは来ない。

ワシの乗りたい5番系統は,H乗り場。
四条河原町交差点から北上して,OPA前辺りまで移動。

バス停マップに修学院離宮道まで34分と記載あり。

10分ちょっと経って,「岩倉」行きのバスが到着し,乗車したのが8時過ぎ。
長丁場なので,座れたのは有難い。

出町柳辺りまで,筆者おねむ(笑)
修学院離宮道には8時40分に到着。
ホンマに34分掛かった。


ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月16日(土) 2382日目(その1) 第一旭たかばし本店

今朝の体重  未測定

5時過ぎに目が覚める。
トイレを催すとイヤなので,身じろぎせず(笑)

うつらうつらしていると,大津に到着するとのアナウンス。
その後,再度うつらうつら。

三条京阪到着。
ここからポケモンGO!
バスはなかなかのスピードで鴨川沿いを下るので,ポケストップを回せるのは信号待ちの時ぐらい。

20170916京都駅(その1)

京都駅には6時20分到着。
八条口に立派なロータリーが出来ててビックリ!

20170916京都駅(その2)

いつもの跨線橋を渡る。

20170916京都駅(その3)

そういや,この歩道も拡張されたよね。

20170916第一旭たかばし本店(その1)

   第一旭たかばし本店

6時半過ぎで7人待ち。
カート引いている方は,ワシと同じ観光客ですな。

程なくして入店。
入り口脇のテーブルに,後客の女性一人客と相席
何となく,対角線上に着席w

  「なにしましょ?」

  「麺固のネギ多め。それとライスの小。」

しばらくして,

  「ライスでしたよね?」
 
  「ライスは小ね。」

先に,漬物タッパーが来たけど,華麗にスルー(笑)

ラーメン 麺固,ネギ多め

20170916第一旭たかばし本店(その4)

えーーっと,見るからにチャーシューが少ないんやけど(泣)
ライスを叉焼で巻いて食べる楽しみが奪われた瞬間である。

20170916第一旭たかばし本店(その2)

そんなワシの心の嘆きを察したのか,はす向かいの女性が割り箸をスッと渡してくれた

  「あ,ありがとうございます。」

20170916第一旭たかばし本店(その3)


どこのどなたかは存じませんが,えらい男前,いや,女前な行動をなさるじゃございやせんか。

20170916第一旭たかばし本店(その5)

   ズゾゾゾゾ

んふー。美味い♪
このスープの塩梅がちょうどエェ。

小さい叉焼でご飯を巻いてパクリ♪
こらまた,美味しい。

ラーメン700円、ライス小100円,計800円のシアワセ♪

  「ありがとうございました。」

と女性に言い,席を立つ。
小さく会釈してくれた。

お隣の「新福菜館」,営業時間が「7時半~」→「9時~」に変わってる。

20170916新福菜館(その1)

当面なのか,固定なのか,分からんけど。

20170916新福菜館(その2)

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月15日(金) 2381日目

今朝の体重  73.0kg

6時過ぎ起床。

日記UP予約作業。
3本上げたが,後13本上げないと,帰省中に途切れてしまう。

   STOP!日記途切れ!(笑)

田町駅からポケモンGO!

  一心たすけ

朝そば(温)¥340

20170915一心たすけ(その1)

気温低めゆえ,温かい蕎麦をチョイス

20170915一心たすけ(その2)

20170915一心たすけ(その3)

うん,美味い。

レベル36,1803000xp,228種(内,最初142+追加新種86種)

バルキーの飴が22個。後,15km歩けば,進化させられる。
トゲッピーは52個溜まってるので,いつでも進化させられる。

ムヒョヒョヒョ♪

昼に,コンビニのラーメンサラダ。
まぁ,こんなもんでしょうか。
アルコールがあれば,もっと美味しいかも。

フレックスで15時半過ぎ退社。
夕飯を買って帰宅。

朝食 一心たすけ
昼食 胡麻で食べるラーメンサラダ,おにぎり1個
夕食 烏賊焼き,たこ焼き,一口カツ,マカロニ玉子サラダ,ミックスコーンツナサラダ


嫁はんは上の子と川越散策らしい。
なので,ワシは1人で夕飯なのだ。

その前に,荷物パッキング。
TV録画予約して,日記UP予約作業。

桜の写真が多すぎて,UPに手間取る。
何とか帰省期間中は毎日2本ずつ上げたかったが,断念。
1日1本UP予約が精一杯でした。


20過ぎから晩酌。
如何にも,独り者のメニューになってしまった。

20170915福島のビール(その1)

20170915福島のビール(その2)

20170915福島のビール(その3)

20170915福島のビール(その4)

20170915福島のビール(その5)

20170915晩酌

嫁はんと上の子は19時半過ぎ帰宅。

今回予約した京成バスは京成上野駅脇から22時45分出発。
事故等での遅延を見込んで,30分前には到着する電車で向かう。

不忍公園口改札から表へ出ると,凄く華やか!
「ここ,上野?」って思うくらい,華やか!

20170915上野(その1)

テラスで呑んでいるサラリーマン。
お洒落なお店が沢山。

  ガード下のもつ焼き屋で,電車の振動に揺れながらチューハイを呑むんじゃないの?w

西郷さんの銅像の周囲もお洒落になってしまった。
昔は,ホモが出没するポルノ映画館があってだな・・・w

20170915上野(その2)

交差点のところでは,バンド演奏中。
これが,まぁ本格的なインストバンドで,なかなかのテクニック。
外人観光客も足を止めて聞き入っている。

20170915上野(その3)

いやー,パワフルだ。

お洒落になっちゃったなー。
新橋は完全に抜き去られちゃったかも。

22時40分頃,バス到着。
ワシは,1B席。三列シートの真ん中,最前列だ。

  「後ろの8A,空いてますんで,よければどうぞ。ここ,狭いですもんね。」

これはラッキー♪
速攻で移動。

バスは定時発車。
筆者,即時爆睡。


ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月14日(木) 2380日目 追いつ追われつ

今朝の体重  73.3kg

5時半過ぎ起床

早速,日記UP予約作業開始。
しかし,目標まで全然届かず。むぅん。

新橋駅からポケモンGO!

  おにやんま

ひやかけ¥300

20170914おにやんま(その1)

ちゅとダシが弱め。ほんの気持ちだけど。
なので,途中から生姜投入。

20170914おにやんま(その2)

20170914おにやんま(その3)

美味しゅうございました。

ワシの前に券売機を見つめていたオッチャン。
ワシのうどんが出来上がる頃,入店してきた。
多分、数多いメニューを前に,悩んでいたに違いないw

レベル36,1774000xp,228種(内,最初142+追加新種86種)

午前中に会議2本。
11時からの会議が終わったのが,12時40分。

移動しての会議が13時半からなので,自席で速攻でランチ。
12時55分に出立するも,山手線が「線路点検」で止まっておる(涙)

でも,直ぐに復旧したので,間に合いました。

会議終了後,15時半過ぎ戻り。

さぁ,泳ぐぞっ!

 4000m×1本
   50m×2本

本日の合計距離      4100m
9月の総泳距離      24.6km
H29総泳距離     395.0km
H15/5~総泳距離 7892.0km
プール前の体重      73.4kg
プール後の体重      72.3kg

泳ぐ前の血圧   104-165mmhg
泳いだ後の血圧  104-161mmhg


50本超えた辺りから,コースが速い人ばかりに。
泡食ってもがくも,煽られて,先を譲るばかり。

止まらず回っている方2名。
25mずつダッシュする人,50mずつの人もいて,カオス状態。

ワシ,隣へ避難(笑)
こちらは平和。平和っちゅうか,遅すぎる。

   めっちゃ速いか,めっちゃ遅いか(爆)

めっちゃ遅い方で,まったり泳ぎました。
ウヒー♪

血圧は無茶苦茶。
もう,自力での正常化は無理なのか?
薬は嫌なんだけどな。
対症療法としては正しいかもしれんが,慢性化&重症化しそう・・・

21時40分頃,帰宅

朝食 ひやかけ@おにやんま
昼食 蒸し鶏サラダパスタ,おにぎり1個
夕食 ベーコンポテトきのこ炒め,烏賊フライ,クリームコロッケ。鰤照り焼き


NHkスポーツコーナー。
M2の広島は,横浜相手に粘り強く逆転勝ち。強いなぁ。
M1の状態で,阪神の試合結果を待つ。

阪神は,今宵もドリスが救援失敗で巨人に追いつかれる。
結局,延長12回ドローで,広島の優勝は無し

M1なので,勝って優勝!と決めたいでしょうな。
阪神が負けて優勝ってんじゃ,どっかモヤモヤ感があるだろうし(笑)

「ひよっこ」白石佳代子さん,死んじゃったかと思ったよ(ホッ)
米子役の女優さん,上手ねぇ。

時子,とうとうツィッギー大会で優勝しちゃったYO!
三男,長年の恋に終止符が打たれました。失恋は,誰もが経験すること。

HDD消化で「ナイトスクープ」1本見る。
熊本の貸切銭湯スタイルは独創的だったな。
人の汗のにおいを嗅ぎたいってのは,ちゅとひいた。

布団敷いて,「アメトーク」見始めた瞬間,寝落ち(布団で寝たので,轟沈では無いw)

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月13日(水) 2379日目

今朝の体重  72.9kg

4時50分起床。
下の子,今日から香港だそうな。
スペインから帰って,十日も経ってないのに(笑)


5時7分の電車に乗らなきゃいけないのに,「定期が無い!」と騒いでいる。
諦めて,出発。
んで,5時1分に戻って来て,玄関から「スマホ取ってくれ」だって。
間に合わんで?

20170913朝焼け(その1)

20170913朝焼け(その2)

20170913朝焼け(その3)

40分後に戻って来た嫁さん,最寄り駅までのはずが,下の子が走って電車に飛び乗ったのを追って,一緒に乗ったらしい。

  「だって,荷物を一つ預ってたんだもん。ドアに挟まれそうになったわ。
   駆け込むのイヤなのに。」


なんか,出だしからバタバタして,先が思いやられるわ。

HDに空きを作るべく,録画分消化。
「出川の充電させてください」(だっけ?)を見る。
普段見ないけど,舞台が小豆島だったから。

出川,すっかり人気者。
「抱かれたくない男」1位を独走していたのが嘘みたい!と云うものの,今でもしっかり2位らしい(笑)

日記UP予約作業が進まず。
後,19本は上げておきたいのにぃぃぃぃぃ

田町駅からポケモンGO!
レベル36,1760000xp,228種(内,最初142+追加新種86種)

後24万xpかー。
帰省があるから,達成は月末かのぅ。

泳ぐつもりが,急遽の宴会になり,17時半退社。
汗をかいてくれている方への感謝の席なので,スイミングは諦め。

朝食 おにぎり2個
昼食 ひやし中華,おにぎり1個
夕食 山田農場


蒲田に降り立つ筆者。
駅から歩くこと数分。ビルの4Fが会場

   山田農場

塚田農場をパクッた山内農場ってのがあるが,更にパクったのだろうか(笑)

20170913山田農場

2時間和気あいあい。
胸襟を開くことの重要性を痛感。

ビールを4杯,ハイボールを3杯呑んだか。

解散後,ふらりと散歩。

20170913ラーメン二郎蒲田駅西口店(その2)

   ラーメン二郎JR蒲田駅西口店

おっと,来てしまった(笑)
しかし,食べることは天が許さないのだ。

20170913ラーメン二郎蒲田駅西口店(その1)

本日,定休日である。

ならば,あっちだ(←やる気出してるしw)

20170913ラーメン宮郎(その1)

   ラーメン宮郎

やはり,食べてはいけないようだ(笑)

20170913ラーメン宮郎(その2)

営業終了したみたいね。

少しウロウロするも,もはやラーメン食べる気は失せたし,気の利いた呑み屋も見つからん。

20170913東急蒲田

素直に帰りました。
東急多摩川線は,ポケモンGOをプレイできるスピード(笑)

22時過ぎ帰宅後,二次会。
23時には,轟沈w

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月12日(火) 2378日目 変態仮面

今朝の体重  73.5kg

5時半過ぎ起床。
ちゅと睡眠時間が短いが,エイヤと起きる。
昨夜の酒は全く残っていない

早速,今日UP分の日記2本予約作業開始。
1本目は,写真が90枚以上あるので,処理に四苦八苦。

時代は,1枚の写真で語るインスタが流行なのに,その真逆を行く90枚の写真(笑)

20170912朝

9時から近場で会議ゆえ,8時過ぎまで作業して,何とか終える。
BGVは2週間前?の「イッテQ」
宮川の丸太渡り祭り,中岡のQtube。

前半のクライマックスは,外人選手が丸太で股間を打ちつつ,川転落シーンか。
後半のクライマックスは,ウォータースライダーの特訓で,名人にメッチャ叱られて中岡が委縮するシーンか。

面白かった。

雨なのでポケモン出来ん。

35分の湘南新宿ライン,パンパン。
久しぶりに駅員が乗客を押し込むのを見たわ。

次の45分のは空いてた。
何の差があるんだろうか。

会議は予定より早く終了。

久しぶりに弁当購入。
麺類以外のランチは,筆者にとっては珍しい。
10種類以上の弁当の中には,五反田大勝軒と書いたのがあった。
ご飯もの作ってるんだ。

鶏飯弁当,ちゅと甘かった。
揚げ物も多くて,ちゅと閉口。

20時退社。

朝食 抜き
昼食 鶏飯弁当
夕食 豚焼き,焼肉,サラダ,野菜煮びたし,刺身盛り合わせ(鯵,生鰹,かんぱち)

21時から晩酌。

「ひよっこ」3話分を一気見。
世津子弾けてますなー。
愛子さんと二人でプロレスごっことは。
管理人さん,なんか嫌な予感がするんだけど・・・

阪神,結局,巨人とドロー。
完全な勝ち試合を落としてしもた。

20170912晩酌

今日,ネットニュースで見て驚いたのは,斉藤由貴のW不倫相手の医師。
手繋ぎ写真に続いて,自撮りのキス写真が出た。
次に出るのが,女性の下着を被ってふざける写真との事。

    マヂ?

これは・・・肩身が狭い・・・・
ってか,何故,そんなプライベート写真が出てしまうのか?
旦那(父親)の不倫に怒った家族の仕業か?

子供,学校行けへんがな。
父親が不倫相手のパンツ被ってるなんて。


23時過ぎ,就寝。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月11日(月) 2377日目 ハッピーバースディ!

今朝の体重  72.5kg

6時過ぎ起床。

昨夜から,また調子の悪くなったBDのHD機。
上に載せた荷物を下ろし,裏面のファンを回すべく,隙間から爪楊枝を差し込んで,ファンを弾いて勢いをつけると,あっさり復帰(ホッ)

しかし,録画済みのBD,100枚以上あるけど,いつ見ればいいんだ?(笑)

陽気が良いので,田町駅からポケモンGO!
レベル36,1712000xp,227種(内,最初142+追加新種85種)

ちゅと暑くて,立ち止まるとデブ汁がツーッと流れる。
会社へ着くと,我がが汗臭い。ヤーネー。

会議は2本。
18時過ぎに退社。

徒歩にて新橋を目指す。
銀座八丁目の辺りで,多数のサラリーマンが立ち止まってスマホを操作中。
お,これは間違いなく,アレだな?

  レイドバトルフィールドに「スイクン」登場!

筆者,3度目のスイクンチャレンジである。(レイドバトルすら5回目w)
今日は一緒に戦う仲間がたくさんいるから,勝てるはず!

カイリュ―,モンジャラー,ナッシー,メガニウムの4匹を駆使して,見事勝利!!!

問題はここから。
不思議な木の実は9個,ボールは7個。
「Great」5回目にして,

      スイクン,ゲェェェェット!!!

感無量。
ワシはバトルはしない!と拗ねていたのは間違いでした。
何事もチャレンジ。
挑戦なきところに,門は開かれないのだ。

これで228種(内,最初142+追加新種86種)

また,何にでも使えるアメが5個出て来たので,相棒トゲピーに3個使って,50個達成。
残り2個をバルキーに使う。そして,次の相棒は,バルキー,チミだ!

いやー,良かった。満足。もう帰ろうかな(笑)

  宴会あるのに,帰ったらイカンがな。

べろ,到着。

既に,Yちゃんが到着し,三越で買い込んだアテを盛り付けていたので,お手伝い。
Mクン,Rちゃんが到着し,マスター入れて同級生5人集合完了!

朝食 おにぎり1個,チキンカツ1個
昼食 明太クリームサラダパスタ,チキンカツ1個
夕食 べろ


今日は、秋に集中するメンバーの誕生日祝い

20170911HBD(その1)

   「カンパーイ♪」

20170911HBD(その3)

5人でいろいろ話しながら,アテをつつく。

20170911HBD(その2)

美味いねー

20170911HBD(その4)

20170911HBD(その5)

後から,5人客が来たので,そちらにお裾分け。

カラオケで「若い広場」(「ひよっこ」テーマ曲)唄って,筆者ご満悦♪

こういう楽しい会はエェね。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月10日(日) 2376日目(後篇) 重富さん、お茶の水大勝軒

15時半過ぎにプールを出て,田町駅から秋葉原駅まで移動。

先月,銀座の広島館に来ていた,ビール注ぎ名人重富さんが,今日まで秋葉原の「日本百貨店しょくひんかん」に来ているので,駆けつけた次第。

Kたんと待ち合わせ。
銀座では1時間以上待ちだったが,今日は,呼び込みがあるほど,空いている。
お客さん達は重富さんと談笑中。


20170910重富さん(その1)

ビールはサッポロ黒ラベル(銀座ではキリンラガー)一種。
注ぎ方は,銀座同様6種類。

①一度注ぎ:ビールの爽快感の頂点、そして日本の注ぎ方の原点。一度で注ぎ切る職人技。
②二度注ぎ:一度注ぎの爽快感の中から旨みを引き出す。日本人の感性が生み出した技。
③三度注ぎ:ドイツのSeven Minutes Pilsを日本の風土・味覚に合わせた注ぎ方。
④一度注ぎ(キリットタイプ):日本中のほぼすべての飲食店が注いでいる注ぎ方。現代日本のスタンダード。
⑤二度注ぎ(昭和ビール):(メモ無し)
⑥マイルド注ぎ:ビールが苦手な方向け。初体験の柔らかい泡に少し甘いビールが出来上がります。

お一人様2杯までなので、Kたんとシェアすることで4杯呑むことにする。
50歳過ぎて、ビールをシェアっちゅうのは、いささかみみっちい&キモいが(笑)、2杯限定だからしょーがない。

②、③、⑤、⑥の4つをチョイス。

20170910重富さん(その2)

いずれも美味しいが、⑤、⑥は驚異的。
何故、同じタンクから、こんなに味が違う仕上がりになるのか。

20170910重富さん(その3)

市井の店との一番の違いは、注ぎ方。
勢いよく注いで、コップからダバダバ溢れるのはお構いなし。
普通は、一滴もこぼさぬように注ぐもんなー。

20170910重富さん(その4

マジックのような経験でした。
ごちそうさまでした。

表へ出る。

数年ぶりの秋葉原。
すっかり雰囲気が変わってしもた。

20170910秋葉原の街(その1)

20170910秋葉原の街(その2)

30年前は電気街。
オタクの街,アイドルの街を経て,今は萌えの街と云ったところか。


20170910秋葉原の街(その3)

とにかく,外人が増えた。
日本のアニメを見て,憧れてやてきたんだろう。
しかし,街の規模が格段に大きくなった。

オタクの街の頃,ダンスダンスレボリューションのマットを買いに,店に入ったら,エログロ満載の棚揃えで,びっくりした。

4Gのmicro-SDカードを買って,お茶の水へ向け,徒歩移動。
靖国通りも久しぶりだ。
なんか,ラーメン屋が増えているなぁ。

VICTORIAが健在であるのに安心。
APAホテルがある。前は何だったんだろうか。

   お茶の水大勝軒

2Fにあるんですね。
夜はつまみがあって,呑めるとの事。

店内は半分くらいの入り。しかも,後からお客さんが来て,途切れない。
人気あるんですねー。
カレーが結構出ているのにも驚いたけど。

20170910お茶の水大勝軒(その1)

スタウトで乾杯

20170910お茶の水大勝軒(その2)

アテはホルモン焼き

20170910お茶の水大勝軒(その3)

チャーシュー

20170910お茶の水大勝軒(その4)

20170910お茶の水大勝軒(その5)

20170910お茶の水大勝軒(その6)

焼き餃子

20170910お茶の水大勝軒(その7)

20170910お茶の水大勝軒(その8)

お茶の水大勝軒と云えば,山岸大勝軒の後継者を名乗る滝野川大勝軒のI氏と別のグループを結成したなぁ。
まぁ,そういう話もしたけど,偉大な創業者がいなくると,後が荒れるっちゅうのは必定。
だって,しっかり後継者を指名しても,揉めるんだから(笑)

二郎は,M社長がいるからなー。
しっかり,各支店をグリップしてるので,大丈夫と思います。

20170910お茶の水の街

御茶ノ水駅まで歩く。
●●ギターや●●楽器等,老舗の楽器屋さんが健在で嬉しい。

御茶ノ水,東京駅と移動。
移転した「はせがわ酒店」をのぞく。
ラインナップは悪くないが,飛露喜がプレミア価格だと,手が出ません。

品川駅でKたんと別れ,20時過ぎ帰宅。

朝食 日の出製麺所カレーうどん
昼食 舎厘,重富ビール
夕食 秋刀魚塩焼き他


昨夜の残りの秋刀魚をアテに晩酌。

「イッテQ」がグラチャンバレーでずれる。
待つ間,HDD録画分見ようとすると,再生不可能だって。
帰省を目の前にして,またトラブルか・・・

フジ27時間TV池上彰とたけしのトークを見る。
大阪教育大付属小学校殺傷事件,犯人の名前を報道しないのは,既に刑が執行されたからか?

FBで「清水三年坂美術館」の記事が流れて来た。
2年前かな。
オヤジに勧められて、この「清水三年坂美術館」へ行った。

もうクレイジーとしか言えん造り込みの数々の作品に感嘆。
金属工芸品も凄かったけど、特筆すべきは象牙細工。
特に、安藤緑山の作品は凄い。

現代技術を持ってしても、どうやって作ったか分からない部分があり、弟子を取らなかったため,彼の後に続く技術者が出てないのは残念無念。

撮影禁止なので、凄さをFBで伝える術が無かった。

小さい美術館だけど、1時間は必要。
何故なら、しばし展示物の前から動けないし、もう一回戻って見たくなること必至の作品ばかりだから。


皆さまが京都行くことあれば、是非。

22時半過ぎ就寝。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月10日(日) 2376日目(前篇) 愛知県の民度(舎厘)

今朝の体重  73.3kg

6時半過ぎ起床。

日記UP予約作業。
BGVは,フジ27時間TV。

フリスビーを,離れた庵の中の投擲者から見えない位置に置かれた銅鑼に当てられるかというチャレンジ。
建物の開け放った障子に入れることがまず難しい。

中へ飛び込む度に,銅鑼そばに座った秀吉(役の俳優)が「オオッ!」と声を上げる。

   投擲者にとっては,秀吉の声が判断基準(笑)

設定の20枚では当たらなかったが(惜しいのは5回ほどあった)100數回目でヒット!

朝ご飯は,昨日買った「日の出製麺所」謹製のうどんでカレーうどん。

20170910カレーうどん(その1)

へへ,上手く出来た。

20170910カレーうどん(その3)

20170910カレーうどん(その2)

モッチモチで美味しいこと♪
ただ,大辛カレーを掛けたので,デブ汁がピューピューと止まりません(笑)

久しぶりに「サンデージャポン」
ちうても,冒頭の山尾議員&倉持弁護士のW不倫ネタだけ見るw

民進党支援の方々は「仕事してくれれば,プライベートは関係ない」とのたまう。
それは真実。
でも,この議員さん,自民議員の不倫を糾弾していた。
その裏で,自分はパコッていたのに。
勤行不一致,かつ厚顔無恥だわな。

そして,議員は公僕。
ホテルで仕事してるふりして,パコッていたんだから,そりゃアカンわ。
なんぼ仕事が出来ても,アカン。

二人で似たような声明文(謝罪文)を出したけど,まぁ,口裏合わせしとるわな。
対応が早いのはいいけど,早過ぎると,文春から第二弾が飛び出すやろな。

仕事が出来ても,驕り高ぶった時点で,豊田某(ハゲーッ!の議員)と同じ性根。
6歳の息子を持ちながら,週に4回もパコッていた点で,ゲス度合は豊田某を上回りましたなー。

斉藤由貴みたいな写真が出て来るかもね(笑)

今日は午後から泳ぐので,12時半頃出立。

13時過ぎ,田町着。
昼ご飯は,「舎厘(しゃりん)」
つけ麺の有名店「六厘舎」が展開するつけ麺やさん。

先客多数。これには驚き。
周囲の店が軒並み休みとは言え,これは凄いね。

つけ麺¥680+中盛り¥50

20170910舎厘(その1)

10分以上待たされて,ワシの後客2人と一緒に出されたので,ある程度,注文を溜めて一気に茹でるシステムかもしれんな。

麺は,大盛りかと思うような量。
多かったです。(大盛りにしなくてヨカッター)

0170910舎厘(その2)

濃度は濃すぎず,魚粉が入ってないので,六厘舎より食べやすいね。
ごちそうさまでした。

さぁ,泳ぐぞっ!

 4000m×1本
   50m×2本

本日の合計距離      4100m
9月の総泳距離      20.5km
H29総泳距離     390.9km
H15/5~総泳距離 7887.9km
プール前の体重      73.4kg
プール後の体重      72.3kg

泳ぐ前の血圧    97-164mmhg
泳いだ後の血圧   94-157mmhg


血圧高いなー。
上をどうにか130mmhgまで下げたいんだが。
薬物しかないのかな。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年09月09日(土) 2375日目(後篇) イヨォォォオッ!

その足で,京浜東北線の人。
15時過ぎで,何故,車内が混んでいるのか?
蒲田でやっと座れた。

横浜駅で下車。
目当ては,横浜タカシマヤで開催中「瀬戸内の美味いもん巡り」「大東北展」

横浜タカシマヤへ向かおうとすると,横浜駅西口が工事中で 人が流れず,エスカレータはもとより階段も人が詰まってメタメタ。

タカシマヤに到着するも,地下売り場がめちゃ混み。
これは,ちょっと強い意志を持たないと突破できないなと。

   強い意志で突破(苦笑)

差し入れ用のお酒を買うべく,酒売り場へ。
獺祭のスパークリングがあるじゃん!

しかし,オネエチャンに説明する男性店員が獺祭ケース前から動かない(!)
ワシは、そのスパークリングが買いたいのだっ

   イラッとする気持ちを落ち着かせる(フゥ)

目的地の催事に出店中の「日の出製麺所」へ行くも,三好さん不在。
だったら,先に8階の「大東北展」に行こう。

ここがまた、大混雑。しかも、高齢者多数。
人が流れないことか!

福島から出店の「モンリブラン」のワッフル買って、再び地下へ。
酒売り場で獺祭スパークリング買ってから、日の出製麺所。

20170909日の出製麺所催事(その1)

  「こんちはー!」

  「こんにちはー。わざわざ毎度ですぅー。」

  「これ,人が凄いなー。」

  「ホンマに。さっき,荷物取りに4階まで行っとったんですわ。
   ほしたら,ここに戻ってくるんに30分(!)掛かりました。」


  「へーーー!」

なんぼ休みの日や云うても,この人数は異常ぢゃわ。

20170909日の出製麺所催事(その2)

獺祭を「ご夫婦でどうぞ」と差し上げて,うどんを購入。

初めは,「一鶴」行こうと思とたんやけど,気力を使い果たしたのでパス。

で、また横浜駅までノロノロノロノロノロノロ

   キイイイイイイイイイイイイ!

あー,疲れた。

シャワー浴びて,BS-TBS「夕焼け酒場」
西島まどかさんの笑顔に癒されるわー。
可愛いし,明るいし,元気がいい!

19時頃から家族で食事。

BSで阪神がDeNA相手に勝ち試合をやっていたので,見たかったが,嫁さんが,川崎フロンターレの試合を見るとの事で辛抱。
ホンマは,19時からの京都の技術を見せるヤツも見たかったな。

20時半頃,自室で二次会。
京都のヤツを途中から見る。

外人に京都の技術を見せて,「凄いですねー」って言わせるのって(笑)

   日本人が見ても,京都の古来の技術は凄いでしょーに。

先日の日本の地下鉄を外人鉄道マンが見て「へー」と思ったのとは違うよね。
古来技術は,現代の日本技術者が見ても「へー」って思うもん(笑)

21時頃,轟沈(早っ!)

朝食 ラーメン二郎三田本店
昼食 抜き
夕食 秋刀魚塩焼き他


下の子がガタガタやってて目が覚める。
朝一バイトの準備支度かと思いきや,時計を見ると0時51分。
あー,今帰って来てシャワー浴びたのか。

TV点けると,フジ27時間TVは「さんまのお笑い向上委員会」
芸人全員が歴史上の人物のコスプレして出てるんだが,アンガ田中のミイラとか(笑)
そして,寛平ちゃん,ホッテントット?w

ハッキリ言って,いつもより面白かった。
さんまが他人をいじり倒すの久しぶりに見た。(いつも自分語りするからねぇ)

20170909秋刀魚塩焼き

続いて,歴史ネタでの漫才コント数組。
ナイツは安定の面白さ。
能狂言の節回しでの英語を喋るネタのヤツ,面白かったなー。

歴史上の伝説再現コーナー前に寝ました。
4時前かのぅ。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

讃岐っ子

Author:讃岐っ子

一.うどんにはうるさいです。  
  ワーワーワーワー!!

一.ラーメン二郎が止められません・・・・

一.No swim,No life.

一.体の水分のアルコール濃度が高いです。

一.阪神タイガースは一番やー!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ランキング♪

FC2Blog Ranking

リンク

designed by たけやん