プロフィール

讃岐っ子

Author:讃岐っ子

一.うどんにはうるさいです。  
  ワーワーワーワー!!

一.ラーメン二郎が止められません・・・・

一.No swim,No life.

一.体の水分のアルコール濃度が高いです。

一.阪神タイガースは一番やー!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ランキング♪

リンク

2014年09月22日(月) 1211日目(その4 万代)

さて,晩飯じゃ。

  「オマエ,どっか行きたいとこあるか?」

  「ワシは何でもエェで。家でもエェで。」

  「アホ抜かせ。」

レインボー循環バスで市内へ出る。

オヤジの旧知の店を覗いてみる。
まだ,17時前なんで,やっじょる店の方が少ない。
こういう時は,オヤジの意志決定を待つんやが,悩んでしもとるように見えた。

  「ほんだら,万代行こうで。」

  「オマエ,そこでエェんか?」

  「もちろん。久しぶりやけん,行きたい。懐かしいお店じゃが。」

電話して席を確保。
フリーで行って,予約で一杯のお断りとか哀しいからのぅ。

  「先ほど電話した●●です。」

  「いらっしゃいませ。」

カウンターに案内される。

何年ぶりやろ。
前に来た時は,結婚しとったわな。
嫁はん一緒やったし。

高松砂漠の真っ最中やったんは覚えとる。
早明浦ダムの貯水率が0%になり,完全に底が露出。
午後4時から9時の5時間しか水が出んかった。


調べたら,平成6年やって。
今から20年前やんか。
ちうことは,ワシがこの店来るんも20年ぶりか。
そらそら。

ここは,昨日の「なかむら」同様に,おきまりで出てくる。

最初はビール。

八寸

20140922万代(その2)

奥が,胡麻豆腐
右が,白和え
手前が,おばけ
左が,もずく
と,思います(笑)

20140922万代(その1)

いずれもお酒が進む一品。
オヤジは早速,お酒に切り替え。

土瓶蒸し

20140922万代(その3)

  「お熱いんで,気をつけて下さい。」

  「酢橘は,土瓶の方じゃなくて,猪口の方に少しずつ絞ってください。」

  「土瓶に入れると,白く濁ってしまいますんで。」

今年,2回目の松茸

20140922万代(その4)

美味しゅうございます。
熱燗も進むのでございます。

お造り

20140922万代(その5)

太刀魚,トロ,もうひとつの白身が思い出せん(見た目は鯛ではないな)

20140922万代(その6)

いや,やっぱり鯛やね。
非常に美味しい。

おしのぎ

20140922万代(その7)

焼いた柿の中にホワイトソースと一緒にたいらぎ(平貝)を入れてある
これ,家でも作ってみたい!
流石に,柿をくり抜くんは無理としても。

焼き物と煮物

20140922万代(その8)

これ,鱒で白子豆腐をくるんであるのよ

20140922万代(その9)

肉厚で美味しい。
筆者,お酒に拍車が掛かっております。

焼き米茄子の味噌がけ,パプリカ添え

20140922万代(その10)

ここで濃厚な味,登場

20140922万代(その11)

何で,こんなにも茄子と味噌は合うのかねぇ。
美味しいねぇ。
手間を掛ければ,家でも作れそうなんだが,作らない(笑)

20140922万代(その12)

玉子豆腐イクラのせ

20140922万代(その13)

お食事

20140922万代(その14)

きのこ類の炊き込みご飯
本当にホッとする味
許されるなら,3杯は食べたい一品。

水菓子

20140922万代(その15)

無花果のコンポート
日本料理の水菓子の技術って,実はかなり高いよな。

ごちそうさまでした。

二人で生2杯,日本酒8合呑んだ。
飲み過ぎじゃわのぉ。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト

2014年09月22日(月) 1211日目(その3 馬渕製麺所)

一路,自宅へ向かう。
思ったより,道が空いとったんで,早めに戻ってこれた。
すると,ワシの中のリトルさぬをが三度囁いたんである。

  「あそこ,行けるんちゃう?10分もありゃ食べられるで。」

  「よっ,よせっ!あ,あああああ」

気づくと,後ろ向きに駐車場へ車を入れてました。

   馬渕製麺所

20140922馬渕製麺所(その6)

店に入ると,直ぐにトッピングゾーン。
何故か,再びゲソ天をゲトーしてしまう筆者(笑)

  「何しましょー?」

そうや,ここ蕎麦があるんじゃが。

  「えーっと,うどんとそばを一つずつ。ドンブリ一緒で。」

  「ひとつのに入れるんですね?」

  「うん,そう。」

いわゆるアベック。もしくは合い盛り。

ドンブリ受け取って,シャカシャカゾーンへ。

この場合,うどんが茹で立ちなんに較べて,そばはかなり時間が経っとる場合が多い。
それゆえ,粘りが出て,ドンブリから剥がれんのじゃ。w

エイッとドンブリを振って,中身を全てテボに入れる。
で,お湯の中で玉を湯がいて,持ち上げての湯切りのお湯でドンブリを温めて。

   ここまで45秒くらいかの?(爆)

玉をドンブリに戻したら,横移動でダシゾーン。
ここはタンクでなくて,お玉でダシを掬って入れるスタイル。
注意ポイントは,長時間ダシに浸かったお玉が熱々になっとる可能性があること。w

一番リスクが高いんは,開店直後。
今は12時半なんで大丈夫やった。

奥に移動して,着席。

かけうどん&そば

20140922馬渕製麺所(その3)

20140922馬渕製麺所(その2)

どうなー,これ。
アホやろー?(笑)

20140922馬渕製麺所(その1)

まずは,そばじゃ

   ゾゾゾゾッ

20140922馬渕製麺所(その4)

これこれ!
この時間の経っとるのに,妙に粘りがあって,柔美味い。
流石,うどん粉8割の讃岐そばじゃ。

次に,うどん

   ズチュルチュルルルッ

20140922馬渕製麺所(その5)

この押し返しと喉越しの塩梅がちょうどエェな。
そして,イリコのほどよい利き具合がエェ。

朝飯前,朝飯,昼飯で,3軒5玉食うたんで満足。
いつもの店を巡るんもまた楽しからずや。


ごちそうさまでした。

その後は,オヤジを乗せて,送迎のお手伝い。

20140922馬渕製麺所(その7)

今日もエェ天気やのぅ。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月22日(月) 1211日目(その2 中村)

一路,西へ向かう。
坂出に差し掛かった時,ワシにリトルさぬをが囁いた

  「もう一軒,行けるんちゃうか?」

おお,そういや,この付近だと「がもう」に行けるな。
えらい混んでたらパスすればエェか。

「坂出 山下」を過ぎたところのコンビニの角を入って進む。
道は細いが,抜けた先に「がもう」が・・・

     無い

あれー?
そこで慌てて走ったのがイカンかった。

   全然見つからん

一旦,車を止め,ナビ入力。
すると,えらい離れていることに気づいた。

早速,向かうと・・・・

  ハイ,臨時休業でした

駐車場,えらい空いてると思ったんよ(笑)
数台止まっている車は,いずれも県外ナンバー。
多分,ワシと同じでフラレたんやろ。

気を取り直して,再び西へ進む。

また,リトルさぬをが囁く

  「アレが近いんちゃう?」

曲がるべき道を曲がらず,真っ直ぐ進行。
イエローハットを目印に,右折。

お店が10軒ほど,コの字状に並んでいるミニモールへ入る。
囲まれた中央の駐車場の内,空いていたところに駐車。

毎度思うんだが,この駐車場,どこに停めてもエェんかの?

    中村

20140922中村(その9)

お店の前には行列があるけど,気にせず並ぶ。
直ぐに人数確認されて,前の方からご案内。

  「何人さん?」

  「一人。」

  「中,どうぞ~」

店内でも,前の列に接続。

  「はい,次の方,ご注文どうぞ~」

  「注文終わったら,そこにある天ぷらとか,好きなん取ってお待ち下さい。」

丁寧に案内してくれるけん,助かるわ。
また,ちゃんと席が空いてから店に入れるんで,席を求めて彷徨うこともない。

  「ご注文どうぞー。」

  「釜玉の小とひやひやの小っ!」

  「はーい。釜玉とひやひやの小ねー。天ぷら取って,お待ち下さ~い!」

悩んだ末に,天ぷらの王様「ゲソ天」讃岐天ぷらの代表「海老天」をゲトー
両方とも,おでんで云えば,牛すじに位置する逸品じゃ。w

20140922中村(その2)

しばらく経って,呼ばれる。

  「釜玉とひやひやの方~!」

  「ほーい」

直ぐに手を挙げるなり,席を立つなり,返事するなり,意思表示せんと,何遍も呼ばれることになるんで注意じゃ。

のびたらイカンので,まずは釜玉から。

20140922中村(その3)

うどんも玉子も綺麗なの~

20140922中村(その4)

ガガガガッと混ぜてから,一気に食う

   ズズズズッチュッ

20140922中村(その5)

あー,この喉が切れそうなエッヂやのに,ヌメヌメ,スッと入る喉越し,食感
これが,「中村」のうどんなんよなぁ。
少し甘めのダシ醤油がまた旨味を足してくれとるわ。

合間に,ゲソ天をハムハム。
ンヒヒ,至福。

さて,ひやひやに行くか。

20140922中村(その6)

この透き通ったダシはどいや,えっ,ボクよっ!

20140922中村(その7)

美しいのぅ。

    ズッチュチュチュッズズッ♪

20140922中村(その8)

はぁん,なんな,この喉越し
冷たいぶんだけ,さっきのより押し返しが強くて,でもトゥルゥン♪と喉を通っていく。
こらまた,たまらんのぅ。

20140922中村(その1)

  「ごちそうさまでした。ひやひやと釜玉の小に天ぷらとゲソ天です。」

  「ありがとうございます。えーっと,全部で700円です。」

ちうことで,2杯,食べてまいました(テヘペロッ!)
ごちそうさまでした。

その後は,カアチャンをお見舞い。
一昨日に靴を買ぅて来てくれと頼まれ,昨日三越で買ぅた靴を届ける。

靴を欲しがるっちゅうことは復帰を諦めてないっちゅうことで,そこに期待したい。
いずれにせよ,本人の努力次第なんやけどな。

2時間ほど滞在してお暇。
なんか,今回の帰省,カアチャンの病室におる時が一番TV見よるような気がするわ。w

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月22日(月) 1211日目(その1 なかにし)

今朝の体重  未測定

今日はカアチャンのお見舞いに行くのだ。
13時過ぎにはオヤジのお手伝いがあるんで,それまでに戻らないかんので,早めに出掛ける。

新空港通りの「ルーブ」,めっちゃ行列してる。
40人はおるんちゃう?

入庫待ちの車も列を為しとるけど,満車で入れんがな。
えらい人気やのぅ。

9時前に滑り込んだんはこちら。

20140922なかにし(その4)

   なかにし

帰省の度にやってくる店。
朝早くからやってるし,営業時間も長いし,駐車場広いし,何よりもうどんが美味い!

うどんのコシ,太さが好きなんよな。
店内のゆるい空気感も好き。

お盆取って,進む。

  「かけの小!」

  「はい。」

うどん玉の入ったドンブリ渡されるんで,そのまま,進んでお勘定。
250円じゃ。

向きを変えて,テボにうどん入れて,自分で湯がく。
湯切りの時に,格好付けてなんちゃら落としとかはせんよ。
したたり落ちるお湯をドンブリで受けて,ドンブリを温めるんが通の証。

ドンブリ温めたお湯はもちろん,戻す。
ドンブリは綺麗なけん,大丈夫。
そもそもドンブリを洗ったわけちゃうし!

うどん玉をドンブリにあけたら,横移動。

   通を名乗るなら,お金を払ってからここまでの作業を45秒で済ませたい(笑)

タンクの蛇口を開けて,ダシをシャバシャバ~!
一気にイリコの香りが拡がる。

葱をのせて,生姜をする(前のお客さんが擂ってくれとる時もある)
改装前の「なかにし」には生姜,置いてなかったけんなぁ。

忘れたらイカンのが,胡麻。
結構,香川県のうどん屋さんに置いてあるのが,胡麻と味の素(もしくは,いの一番)

味の素は,醤油うどんの時に使う。
胡麻はお好みでオールマイティ♪

20140922なかにし(その2)

席について,さぁ食うど!

20140922なかにし(その1)

   ズゾゾゾゾッ

20140922なかにし(その3)

あー,美味い
やっぱ,これじゃのぅ。

太さといい,粘りといい,エッジの塩梅といい,ちょうど具合がエェ。

ごちそうさまでした。

しかし,飛び石連休の中日にしては空いとるのぅ。
まぁ,こっちはそれでサッと食べられるけん都合はエェんやけどな。

さきほどの「ルーヴ」月に一回の食べ放題の日だったらしい。
あー,だけん,あんなに並んどったんか。
いつもあれだったら,営業にならんわのぅ。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月21日(日) 1210日目(その3 なかむら)

オヤジを自宅に送り,ワシはいろいろと買い物。
ついでに,「なかむら」@松縄が今日営業するかどうか確認しに立ち寄り。

20140921なかむら(その1)

お、晩にやってくれるみたいやな(これ、結構貴重)

家帰って、ローカル番組見ながらゴロゴロ♪

20140921なかむら(その2)

  朝食 はつせ弁当,和久傳鯖寿司,
  昼食 桃煌
  夕食 なかむら


夕飯はオヤジと二人で,徒歩でこちらに来た。

   なかむら

ここは日曜日は晩だけ営業する。
しかも,予約不要。

こんな住宅街のところで,結構リスキーやと思うんだが,成立しとる。
長らくの営業で大体の来客数の傾向を掴んでるんやろな。

今日は2人で小上がり席。

八寸

20140921なかむら(その3)

サザエでございまーす!

20140921なかむら(その4)

筍と豆の煮ものでございまーす!

20140921なかむら(その5)

烏賊とイクラちゃんです、ハァイ!

20140921なかむら(その6)

数の子と寄せた蒸しもの

20140921なかむら(その7)

しま鯵、鯛、烏賊のお造り

20140921なかむら(その9)

器が綺麗(中味を撮影してないw)

20140921なかむら(その10)

多分、煮物やな

またまた、器が綺麗(またまた、中味を撮影していないww)

20140921なかむら(その11)

これは茶碗蒸しと思われ

おしのぎ

20140921なかむら(その12)

瓢箪ももちろん美味しい

天麩羅

20140921なかむら(その14)

海老の衣、綺麗

20140921なかむら(その15)

野菜が美味しいな

20140921なかむら(その16)

お食事はおじゃこ

20140921なかむら(その17)

水菓子

20140921なかむら(その18)

今日は川鶴の冷酒をグイグイやったよ
何本呑んだか,忘っせたけど。

20140921なかむら(その19)

前にも書いたけど,ここは小学校からの同級生がやっじょる店。
繁盛しよるし,ヨカッタのぅ。

20140921なかむら(その20)

ごちそうさんでした!

どこにも遊びに行かず,真っ直ぐ帰宅。
そろそろお疲れモードですわ。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月21日(日) 1210日目(その2  桃煌)

ちうことで、やってきましたクレメントホテル

   桃煌

毎年、大晦日はここで食事をするんが決まり。
最近は、高松を離れる前のランチにも来るようになっとる。

日曜昼下がりだけど,友人,家族での来店が多いみたい。
とにかく年輩が多いな。

注文は,ミニ鱶鰭コース

前菜

20140921桃煌(その1)

帆立

20140921桃煌(その2)

水母

20140921桃煌(その3)

叉焼と蒸し鶏

20140921桃煌(その4)

鱶鰭スープ

20140921桃煌(その5)

20140921桃煌(その6)

ミニと云いつつも,立派な鱶鰭が入っとる。
これでコースで¥3600とはお得やなぁ。

20140921桃煌(その7)

点心

20140921桃煌(その8)

20140921桃煌(その9)

最後の選べる,ミニ蟹炒飯とミニ担々麺は後者を選択。

20140921桃煌(その10)

本格的な中国料理店が作る担々麺は王道の胡麻スープ。
濃厚かつ味わい深いダシで美味しい

20140921桃煌(その11)

デザート

20140921桃煌(その12)

ムース

20140921桃煌(その13)

月餅

20140921桃煌(その14)

嫁はんを高松駅で見送る。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月21日(日) 1210日目(その1 片づけ)

今朝の体重  未測定

朝はゆっくり。
はつせの弁当和久傳の鯖寿司,食べきる。
ふぅ,よっけあったな。

今朝は9時過ぎからオヤジの送迎。
1軒行ってる間に,「うどんバカ一代」で朝ご飯(の続きw)を食おうと企むも,遠目にも分かる大行列。
うひー,お彼岸の人気うどん屋,恐るべし!

うどんはすんなり諦め,嫁はんを迎えに行く。
ホテル前でピックアップしたのはエェけど,オヤジを降ろした場所を忘れてしもた(←アホ)

そういや,居酒屋の某のこと言いよったよな。
あの,●●っちゅう居酒屋云々ちゅうて看板指さしてたな。

嫁はんにググッてもらって,即発見。
ホンマ,ネットは便利ですわ。ワシの脳みそがどんどん退化するわけじゃ。

自宅へ行き,「何か手伝うことないか?」と云う嫁はんに某所の掃除機掛けをお願いする。
ワシは上がり框と土間の掃除。
ゴミを仕分けて,束ねて,ゴミの日に出しやすくまとめる。

掃除しよる内に、オヤジが帰ってきた。

今日で、嫁はんは先に帰京する。

  「ほしたら、 ●●さんを送りがてら、昼ご飯に行こうかの。」

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月20日(土) 1209日目(その5 夜のたぬき)

嫁はんをホテルへ送る。

20140920丸亀グリーン

丸亀グリーン辺りは、22時過ぎでも結構な人出。
夜に人がたむろするランドマーク的な役割を果たすスペースがやっと出来たか

東京でも大阪でも、若い衆の「どこ行こうか」、酔っ払いの「次どこ行こか」で一回たむろする場所がある。
それが、やっと出来た感じ。

さて、戻るか。

南新町→田町と戻って、こちらを覗く

   アップタウン

カランカラン♪

20140920アップタウン(その1)

・・・・マスター、寝とるがな(苦笑)

20140920アップタウン(その2)

おお、DOTTON5! 
勝手に呑んだろか?w

20140920アップタウン(その3)

起こすん可哀想なんで退散
また、次回な!

さて、どうするか。
うどん食うかのぉ。

瓦町の「おふじみ(おなじみ)」の筋に、新しいうどん屋さんがでけとったとか聞いたで。
行ってみるか。

たぬき横丁に入る。

20140920たぬき小路(その5)

高松に居った頃は、「この通りに入ったらイカン」と云われとった。

瓦町から来て、一番北の方に「うどん屋」さんはありました。

20140920たぬき小路(その1)

やっじょりますな。
でも、辛抱するか(←直ぐ気が変わるタイプw)

ほしたら、お隣に怪しげなラーメン屋さんが。

20140920たぬき小路(その2)

真っ黒で、店内の様子が分からんが。w

看板は営業中

20140920たぬき小路(その3)

張り紙は休憩中(爆)

20140920たぬき小路(その4)

おいそぎのかたは電話してくれって(爆)
電話したら作ってくれるんかいの?w

さ、帰ろう。

金毘羅さんのポスターに凄く可愛らしいお嬢ちゃん発見

20140920コトデンポスター(その1)

2人とも凄く笑顔がチャーミング

20140920コトデンポスター(その2)

坊っちゃん2人もなかなかエェ顔しとるな!

琴電のポスター類は、キャッチーでつい見入ってしまう。

20140920コトデンポスター(その3)

20140920コトデンポスター(その4)

20140920コトデンポスター(その5)

20140920コトデンポスター(その6)

20140920コトデンポスター(その7)

帰省するとホッとする、落ち着く空間があるっちゅうのは有り難い。

20140920コトデン

実家の近所、めっちゃ暗いな(笑)
でも、これが本来の夜やけん。

20140920実家そば

東京が明るすぎるねん。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月20日(土) 1209日目(その4 まつ本)

晩飯は,ワシとオヤジと嫁はんの3人で,毎度のこちら。

   まつ本

ワシとオヤジは年に何回も行っきょるけど,嫁はんは数年ぶりの訪問。

今日は,カウンターに横一列で着席。
カウンターやと,ホワイトボードのメニューがよう見えるけん,エェな。

おひたし

20140920まつ本(その1)

いくら

20140920まつ本(その2)

なんでしょーか?

20140920まつ本(その3)

   パパパ パッパ パー♪


20140920まつ本(その4)

  鯨の尾の刺身ぃ~

既にお酒(勇心)に切り替え済み
勇心とは、香川県の小さな蔵元(勇心酒造)が造るお酒。

金陵、川鶴、綾菊も美味い
そして、丸尾の凱陣も美味い

   勇心もかなり美味いですぜ!

松茸ホイル焼き

20140920まつ本(その5)

松茸の仕入れと値付けの難しさを勉強

松茸って、一本を使い切らんとアカンからなぁ。
半分だけっちゅうわけにはイカン。

かと云って、一本そのままの値段を売価に反映すると、絶対注文して貰えん。
料理屋の松茸注文する時は、他のお客さんの注文に便乗するんがエェみたいですわ。

烏賊の炙り

20140920まつ本(その6)

軽く塩を降ってあるから甘みが凄いわ

来たよ、来ましたよ!

20140920まつ本(その7)

  鱧っ! 今年初の鱧っ!

焼き鱧、鱧たたき

20140920まつ本(その8)

生鱧の身を細かく叩いて胡瓜で巻いた逸品の美味いことか!

20140920まつ本(その9)

あっさりした鱧やのに、ねっとりした食感になるんが不思議
いやー、これは凄いっ!

穴子の蒸し焼き

20140920まつ本(その10)

蒸した穴子をダシ張った器に盛り付け
このダシがまた、めっちゃ美味い
これで焼酎を割って呑みたいわ。

20140920まつ本(その11)

鼈鍋(丸鍋)

20140920まつ本(その12)

20140920まつ本(その14)

見て、この量、この大きさ
明日は絶対肌がスベスベやわ(笑)

20140920まつ本(その13)

オヤジがなんぼでも追加注文するが。

ぐじ(若狭の甘鯛)酒蒸し

20140920まつ本(その15)

20140920まつ本(その17)

ゼラチンがフルフルでたまらんわぃ。
おダシがまた、よぅでけとる。

20140920まつ本(その16)

〆は丸雑炊

20140920まつ本(その18)

20140920まつ本(その19)

アオサの香りがエェな。

20140920まつ本(その20)

20140920まつ本(その21)

もちろん、味は濃厚な鼈のソレ♪

今夜の「まつ本」も凄かった。
ほとんど、過去の料理と被ったことが無い。(ま、年に3回しか行けへんけど)

   ワシの中では、日本料理ではここが一番素晴らしいな

ごちそうさまでした。


ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月20日(土) 1209日目(その3 讃岐製麺所)

さて、昼飯に行くか。

丸亀城から車で5分ほどの所にある、今や丸亀うどん界の歴史的建造物の店と云えばここ。

20140920讃岐製麺所(その5)

   讃岐製麺所

この掘立小屋(←嫁はん談)素晴らしい
昔の「なかむら@飯山」もこういう感じやったなぁ。

店内には高校野球のポスターがたくさん張られている。
近所の高校生、いっぱい食べに来てるもんなぁ。

うどんは「太いん」「細いん」から選べる。
「松家@栗林」が廃業して、ワシが知る限り、うどんの種類が選べるんはここだけやね。

オープンテラス(笑)を過ぎて,店内へ。

一番奥まで進んで,カウンターのところで注文する。
「太いんか,細いんか」「何玉か」を云うのだ。
基本「かけ」しかないので,以上でおしまい。

嫁はんと分け分けするつもりで,

  「太いんと,細いんの小。ひとつずつな。」

  「今,太いんしか無いんや。細いんは待ってもらわんと。」

  「ほんだら,太いん小,2つで。」

オバチャンが素うどんの形で出してくれるんで,受け取ったら,目の前の好みの具を菜箸で入れるシステム。
お金は後払いじゃ。

一旦,席へうどん置いて,水を汲んでから着席。
ネギはテーブルの上のタッパー,生姜はおろし金んとこにある。

ワシから見たら,昔の田舎の親戚んちっちゅう風情なんやが,嫁はんには古さが目に付いたようで。w

かけ小(太いん)¥150

20140920讃岐製麺所(その1)

   ズゾゾゾゾッ

20140920讃岐製麺所(その3)

美味いっ
この太さがタマラんのぅ。
割り箸より全然太いで。

20140920讃岐製麺所(その2)

2本すすると,めっちゃうどんが暴れるんで,1本ずつすする。

20140920讃岐製麺所(その4)

むはー。美味しかった♪

後から来た壮年夫婦,細いん頼んで,やっぱり「待って貰う」と言われて,待ってました。
細いんも人気なんやなぁ。

その後,カアチャンのお見舞い

靴買ぅて来てくれって言われたけど,歩く気満々なんかな?
だったら,エェんやけど。
ま,早く全快して欲しい。

丸亀の商店街,ホンマにシャッター通りになってしもたなぁ。
郊外の街道筋は賑わっとるのに。


20140920丸亀通町商店街(その1)

20140920丸亀通町商店街(その2)

20140920丸亀通町商店街(その3)

今や電車で街に出て買い物するっちゅう住民がほとんどおらんのかもしれん。

嫁はんをホテルへ送り,ワシは帰宅じゃ。

  朝食 はつせ弁当,和久傳鯖寿司,エコぽん太
  昼食 讃岐製麺所
  夕食 まつ本,某うどん屋(偵察),某ラーメン屋(偵察),アップタウン(マスター爆睡)


ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月20日(土) 1209日目(その2 丸亀城)

一回帰宅。

嫁はんと合流して、丸亀へ向かう。
嫁はんのリクエスト「丸亀城」を観るのだ。

丸亀城と云えば、現存する天守閣と美しい石垣で有名。

20140920丸亀城(その1)

大手門をくぐり、中へ

20140920丸亀城(その2)

20140920丸亀城(その3)

20140920丸亀城(その4)

20140920丸亀城(その5)

石垣の周囲を廻りながら登っていく

20140920丸亀城(その6)

20140920丸亀城(その7)

20140920丸亀城(その8)

20140920丸亀城(その9)

20140920丸亀城(その10)

丸亀城と云えば、お城祭婆娑羅祭で有名。
どっちもワシが子供のころは無かった(はず)

昔は敷地内にジェットコースターがあったなぁ。
生まれて初めて乗ったコースター。

背が低すぎて、スッポリ入ったワシ左右に激しく揺れた時、席の枠で耳を激しく打った記憶が。
あれ以来、しばらくコースターが嫌いに(笑)

飯野山(讃岐富士)

20140920丸亀城(その11)

瀬戸大橋方面

20140920丸亀城(その12)

20140920丸亀城(その13)

20140920丸亀城(その14)

20140920丸亀城(その15)

20140920丸亀城(その16)

20140920丸亀城(その17)

天守閣のある広場

20140920丸亀城(その18)

思ったより小さい

20140920丸亀城(その19)

見学料を払って、天守閣に登る。
受付のオジイチャン達の話題は、昼に何を食べるか。
緩さがエェのぅ。

20140920丸亀城(その20)

天守閣からの眺め

20140920丸亀城(その21)

20140920丸亀城(その22)

20140920丸亀城(その23)

20140920丸亀城(その24)

20140920丸亀城(その25)

20140920丸亀城(その26)

20140920丸亀城(その27)

20140920丸亀城(その28)

ホンマ、讃岐平野は真っ平ら
ポツポツある山も、お椀を被せたような形。
裾野が狭いのだ。

20140920丸亀城(その29)

20140920丸亀城(その30)

20140920丸亀城(その31)

天守閣を降り、二の丸井戸。

20140920丸亀城(その32)

恐すぎる伝説

20140920丸亀城(その33)

何かがこの写真に見えても、筆者は責任は取れませんので、あしからず。

20140920丸亀城(その34)

下りてきつつ、またもや風景写真。

20140920丸亀城(その35)

20140920丸亀城(その36)

20140920丸亀城(その37)

20140920丸亀城(その38)

20140920丸亀城(その39)

20140920丸亀城(その40)

足の悪い方がゆっくり散歩してました。
うん、歩くことが一番大事。


ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月20日(土) 1209日目(その1 エコぽん太)

今朝の体重  未測定

昨日は楽しかったな。
朝ご飯に昨日の弁当の残りを食べる。
まだ,残ってるな(笑)

レンタカーを借りに行く。

20140920三条駅まで

毎度の「イツモレンタカー」さんで,毎度のクリーム色のマーチ。
マーチは広さと云い,取り回しと云い,ドア開閉と云い,丁度良い。

自宅へ戻りがてら,二度目の訪問となるこちらへ。

   エコぽん太

開店時間の9時少し前に到着。
お店の前では,若い衆が水まきとトイレ掃除中。
このお店の清潔さの裏には,たゆまぬ努力があるんじゃわなぁ。

9時になったのを見計らって入店。

  「ご注文,どぅぞー♪」

  「かけの小!」

朝一だから、先客ゼロやけど、後からはお客さん入ってきてます。

かけ小¥180

20140920エコぽん太(その1)

20140920エコぽん太(その2)

見るからに滑らかスベスベ。
ほんの少し不揃いなところが、手打ち感があるな。

20140920エコぽん太(その3)

好みの太さです。

   ズルズルルルッ

20140920エコぽん太(その4)

ンマイッ!
あー、ダシも美味いわー。

20140920エコぽん太(その5)

ここ、良店やと思う。
ごちそうさんでした。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月19日(金) 1208日目(その6 高松忌憚)

嫁はんをホテルまで送りに行く。
三条駅からコトデンでGO!

瓦町駅からテレンコ歩く。
んで,丸亀町のグリーンそばにあるスペインバルへ潜入。

20140919スペインバル(その1)

あると必ず頼むエスカルゴ♪

20140919スペインバル(その2)

嫁はんとはここでお別れ。
ワシは単独行動開始。

毎度の「鳥一」

20140919鳥一

いろんな焼鳥屋さん行ったけど,ここのタレが一番。
ワシにとっては,基礎でありベスト。
かしわも美味いわ~

結構鳴り物入りで開店した常盤街の“いろは市場”は,昨年の8月末に閉店(涙)
香川県は高知県の人と違って,昼から酒を呑まんのかなぁ。
大阪やこし,朝から呑んでるのになぁ。

20140919常盤街(その1)

跡地にTOKIWAシアター(劇場)ってのが,出来てた
頑張って欲しい。

20140919常盤街(その2)

「グランドファーザーズ」でAと合流。

んで,「カンクン」へ向かう。

20140919カンクン

既に酔っぱらいのワシ,盛り上がった挙げ句に,意味不明のイラスト「うどんを打つ犬」,略して「うどん犬(けん)」の書かれたTシャツを買ってしもた。

   何をやっているのか(爆)

Aと別れ,フェリー通り

    鶴丸

どうしても,帰省中に1回は来ちゃうね。
もう,香川出身者の義務,責務(笑)

おっと,カウンター一杯じゃが!

  「お二階,どーぞー」

二階へ素直に上がるようでは,酔っぱらいとは言えん。

  「おでーん,でんでん♪」

玉子と天ぷらをゲトーしてから二階へ。

20140919鶴丸(その1)

追いかけるように,カレーうどんも到着。

20140919鶴丸(その2)

20140919鶴丸(その3)

   美味い!美味いがなっ!

20140919鶴丸(その4)

あー,これやけん,高松はたまらんわ。
やけど,帰省する度に同じようなことやらかして,もう20年以上になるのぅ

  これからも同じやと思いますがっ

金曜日はコトデンが遅ぅまで走っじょるんで,それで帰りました。
むひょー♪

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月19日(金) 1208日目(その5 実家で晩酌)

先ほどの方にお礼を言い,下車。
伊勢丹へ行き,取り置きの弁当類をお引き取り。

再び,八条口へ戻って,カートをロッカーから出す。
面倒くさいんで,つい新幹線で行きたくなる気持ちを抑えつつ,新快速に乗車。

ふと気づくと,某駅に停車中。
駅名を見ると,

     新大阪(!!)

あ・・・と思う間に 「扉が閉まります~♪」

しゃーないので,大阪駅まで行き,Uターン。
あー,一本遅いマリンライナーになってしまうな。

20140919高松へ移動(その1)

新大阪→岡山は眠ることなく,無事岡山駅で下車。
岡山では30分ぐらい間が開いたけど,マリンライナーに乗車。

20140919高松へ移動(その2)

遅れたおかげで,お客さんがマリンライナーに列び始める時間が初めて分かったわ。
出発の20分くらい前からガーッと行列が伸びるんやな。

20140919高松へ移動(その3)

20140919高松へ移動(その4)

20140919高松へ移動(その5)

高松駅からはタクシー。
こんな重いカート引いて,どこぞのうどん屋さんに寄る気力はもぅない。

既に高松入りしとった嫁はんをホテル前でピックアップじゃ。

歩道に嫁はんの姿が見えたんで,窓空けて声掛けようとしたら,タクシーの運ちゃんがいきなりクラクション鳴らすけん,ビックリしたわ(笑)

二人でワシの実家へ行き,トウチャンと夕飯じゃ。

  「●●さん,スンマセンな,こんな遠くまで。」

嫁はんが来てくれたことに,妙に感謝するオヤジ。

早速,弁当類を並べ始める。

あ,菊の井の総菜弁当,中身が寄ってしもとるが。
やはり,新快速で一回転させたんがイカンかったか(苦笑)

今回持ち帰った酒は「奈良萬」「獺祭 三割九分磨き」の四合瓶を各1本。
せっかくなんで,獺祭を抜栓。

   「やっぱり美味いのぅ。」

オヤジが喜んでくれたら,それでエェんじゃ。
重いん持って帰ってきた甲斐があるわのぅ。

20140919晩酌(その1)

20140919晩酌(その2)

天むすは嫁はんのリクエスト。
こいつ,人にリクエストした癖に,1個しか食べん(笑)
後,4個どうすんじゃっ!

  朝食 第一旭たかはし本店
  昼食 たん熊
  夕食 たん熊弁当,菊の井弁当,はつせ弁当,和久田鯖寿司
      スペインバル,鳥一,グランドファーザーズ,カンクン,鶴丸


楽しい晩ご飯は終了。
獺祭は,結局三合くらい空けてしもたわ。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月19日(金) 1208日目(その4 たん熊)

朝から,精力的に観光したなw
市バス,今回は4回乗車したから,結構元は取れた。

伊勢丹の地下食料品売り場へ。
老舗弁当コーナーへ行くと,もう商品が多数並んでいる。
今日,自宅で食べる夕飯を買わねばならないので,その下見。

下見している内に,ふと「今の内に買うとくか」との思いが浮かぶ。

   「これ,取り置きできますか?」

   「はい。お取り置き可能でございます。」

ちうことで,張り切って,いろいろ買ってしまったw

  はつせの牛肉弁当¥1700
  天むすセット¥500
  和久傳の鯖の棒寿司¥2500
  いづうの鯖の棒寿司¥4700
  菊乃井の総菜弁当¥1500


“いづう”はアニキ家族へのお土産じゃ。
お代は後で構わない(!)とのこと。

   ワシも信用されるようになったのぉ(←単に老けて貫禄が出ただけじゃw)

東西連絡通路に面したみどりの窓口はえらい混んでたんで,八条口のみどりの窓口へ。
案の定,こちらは列び無し。

新大阪から高松までの乗車券と特急券を購入。

   「京都から新大阪までの乗車券はお持ちですか?」

   「SUICA使えます?だったら,それで行こうかと。」

   「はい。お使いいただけます。」

何故か,京都から高松までの乗車料金は,新大阪で一旦切った方が安いのだ。

    ワシ,ホンマにケチケチ旅行してるなぁ
   (↑だったら,一万円も弁当買うのはどうなんだ!とw)

八条口のいつものところから,リーガのホテル送迎バスに乗車。
座席背網に入っていたチラシを見ると,各店舗のお食事情報が載っている。
「たん熊」のところには“季節の点心 青竹蒸籠弁当”っちゅうのがある。

おぉ,鱧の落とし,焼鮎が入ってるじゃないのぉ。
〆のご飯は鰻まぶしじゃないのぉ。

鱧も鰻も今年は未だ食べてないんよなぁ~

   鱧~,鱧,鱧~♪ 鰻,鰻,鰻~♪

胸をわくわくさせつつ,リーガロイヤルホテル京都到着。
地下へタンタタン♪と降りる。

20140919たん熊(その1)

     たん熊 北店 リーガロイヤルホテル京都店

店の前のメニューを見ると,

    季節の点心 満月弁当

お?おおっ!?青竹蒸籠弁当ちゃうやん!
もしかして,もしかして・・・

    「こんにちはー。」

    「●●さん,お待ちしておりましたー。」

フロアのオネエサンとIさんがお出迎え。

    「スンマセン,遅刻の常習犯で。」

    「全然,大丈夫ですよ。」

すでに盛り上がっているテーブルあり。

    「いつも召し上がってるコースで,今は満月と云うのがあります。」

    「青竹蒸籠は?」

    「あれは先月で終わりました。」

    「ガガガガーン。鱧がーーーー鰻がーーーー」

    「鮎もありましたよねー。スンマセン。」

嘆いてばかりでも,悔やんでばかりいても,物事は前に進まない。

    「満月,下さい。」

    「お飲み物は?」

    「ビールでっ!」

その時,奥からTさんが出てきた(!)
Tさん云うたら,オヤジと一緒に来た時以外は見たこと無い,この店の店主。

    「オカアサン,お元気ですか?」

    「ちょっと,足がイカンのですわー。」

この後,2分くらいやりとりしてたかな。

20140919たん熊(その2)

胡麻豆腐

20140919たん熊(その9)

たん熊はどこへ行っても,最初はこれが出てくる。
むっちりしてて,香りがエェ。
山葵が合います。
ビールも合います(笑)

お椀

20140919たん熊(その10)

20140919たん熊(その11)

20140919たん熊(その12)

松茸と真丈
初ものじゃ。有り難や、有り難や

20140919たん熊(その13)

お造り

20140919たん熊(その15)

20140919たん熊(その14)

真鯛の薄造り
歯ごたえと香りがたまらんね

20140919たん熊(その16)

煮物

20140919たん熊(その3)

20140919たん熊(その4)

お芋さん、茄子、生麩(紅葉!)、湯葉、鰊の炊き合わせ

20140919たん熊(その17)

20140919たん熊(その18)

20140919たん熊(その19)



20140919たん熊(その20)

20140919たん熊(その5)

20140919たん熊(その21)

これも歯ごたえがエェな。
また、ソースが美味い!

メインの八寸

20140919たん熊(その6)

20140919たん熊(その22)

20140919たん熊(その23)

豪華じゃー!

  「●●さん、鮎入れときました♪」

20140919たん熊(その24)

ウウ、すんません。
ありがとうございます。
オヤジのおこぼれじゃ。感謝、感謝

20140919たん熊(その25)

20140919たん熊(その26)

美しいのぅ。

20140919たん熊(その27)

もうね、お酒が進む進む♪

お食事

20140919たん熊(その7)

お芋のご飯

20140919たん熊(その8)

デザート

20140919たん熊(その28)

うん、〆った!

オヤジの晩御飯をしっかり受け取って、「ごちそうさま」

20140919たん熊(その29)

エェ気分である。
ちうか,昼から冷酒4合は飲み過ぎやな。

バスで京都駅まで戻り,降りようとしたら,後ろのお客さんから

   「忘れもんありまっせ。」

見ると,座席に弁当が(笑)
これ忘れたら,洒落にならんがなw

ちなみに,帰りのバスでは,例のチラシが差し変わってました。
仕事が早いな(笑)

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月19日(金) 1208日目(その3 京都国立博物館)

100系統のバスで,知恩院前まで移動。

20140919知恩院前(その1)

20140919知恩院前(その2)

20140919知恩院前(その3)

ちょうど京華学園の登校時間らしく,参道を制服女子が多数歩いている。
なんか,気恥ずかしくなったんで,知恩院観るんはヤメ。

20140919祇園(その3)

20140919祇園(その4)

20140919祇園(その5)

高瀬川の方から祇園をうろうろと散策。
この辺り,雰囲気がエェなぁ。

20140919祇園(その1)

20140919祇園(その2)

祇園

20140919祇園(その6)

「川上」さん

ご無沙汰しています。

八坂神社前から市バスに乗車し,「三十三間堂,国立博物館前」で下車。

長らく工事中で,リニューアル工事が今週完了し,公開となった京都国立博物館の平成知新館を見に来たのだ。
あれ,門が開いてない?

20140919京都国立博物館(その4)

    9時半からですとっ!?(←9時からと思ってた人w)

20140919京都国立博物館(その5)

そんなあなたに朗報です。
「三十三間堂」は8時から開いてます♪

ちうことで,年に一度は「三十三間堂」である。

20140919三十三間堂(その1)

20140919三十三間堂(その2)

    (30分後)

来るたびに新たな発見があるな,ここは。
落ち着く時もあれば,胸のざわめきをかき立てられる時もある。
観ている側の心の持ちようか。

引き続いて,京都国立博物館

20140919京都国立博物館(その1)

20140919京都国立博物館(その2)

平成知新館

20140919京都国立博物館(その3)

20140919京都国立博物館(その6)

東京国立博物館も,こういう水張ったスペースがあったな。
流行なのか?w

20140919京都国立博物館(その7)

20140919京都国立博物館(その8)

20140919京都国立博物館(その9)

国立博物館の平成知新館落成記念の展覧会「京へのいざない」展,良かった。
(東京国立博物館と違い,館内での撮影は禁止ゆえ,写真は無し)

焼き物展示のところが相当混んでましたわ。
流石,京都。
京都焼を見ると,どうお料理を盛り込むか?っちゅう楽しみができるね。

1Fの天野山金剛寺の大日如来坐像の圧倒的な存在感
宝誌和尚立像の割れた顔から別の顔が見える,畏怖感

3Fの伝源頼朝像は,教科書で学んだものより圧倒的に大きかった。

実物が持つ存在感と迫力は,やはりTVや写真では伝えきれないことを実感。
来て良かったな。

後,館内はちゅと暗いんで,老眼には文字が読めんことしばしば(笑)

20140919京都国立博物館(その10)

11時過ぎ,京都駅まで戻る。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月19日(金) 1208日目(その2 清水寺)

駅へ戻る。

20140919京都タワー

¥500の市バス一日乗車券を購入。
京都の朝は早い。
すでにバスは動き出しとる。

20140919清水参道(その1)

20140919清水参道(その2)

208系統で五条前下車。
今日はちゅと遠回りして,清水寺へ向かうのだ。

20140919車窓(その1)

20140919車窓(その2)

五条から少し祇園の方へ上がったところの参道から上る。

思ったより,角度があるな。

20140919八坂の塔(その19)

20140919八坂の塔(その20)

20140919八坂の塔(その21)

途中,八坂の塔が見えたんで,脇道を入ってみる。

時間は7時(笑)
早朝,ご近所さん同士が立ち話する脇を,見知らぬ怪しい中年が歩くと,じろじろ見られます(笑)

狭い通りに橋が架かってる。

  霊山橋

車は通れないように,コーンで通せんぼ
宅配の車だと,思いっきり当たりそうな高さ

20140919霊前寺(その1)

所有者の大漸寺さんが,これより古いコンクリート橋あったら教えて!とのこと。

20140919霊前寺(その2)

八坂の塔の側で深い話に遭遇。
そうだったのか、ジャイアン。

20140919霊前寺(その3)

時間が早いので,人がほとんどいない。
ゆえに,こういう写真が撮れる。

20140919八坂の塔(その4)

20140919八坂の塔(その5)

20140919八坂の塔(その6)

20140919八坂の塔(その7)

20140919八坂の塔(その8)

早起きは三文の得とはよく言ったもんや。

20140919八坂の塔(その1)

20140919八坂の塔(その2)

20140919八坂の塔(その3)

八坂の塔が住宅街のポツーンとそびえる感じがよぅ出てるでしょ。

20140919八坂の塔(その9)

20140919八坂の塔(その10)

20140919八坂の塔(その11)

20140919八坂の塔(その12)

二年坂も人通り無し

20140919八坂の塔(その14)

20140919八坂の塔(その15)

20140919八坂の塔(その16)

20140919八坂の塔(その17)

20140919八坂の塔(その13)

湯豆腐の老舗「奥丹」
ここ,下の子が修学旅行で行ったお店。

  「あんまりお豆腐好きじゃないって子が多かった。」

湯豆腐に謝れ!(爆)

20140919八坂の塔(その18)

さて,清水。

20140919八坂の塔(その22)

20140919清水寺(その1)

20140919清水寺(その2)

20140919清水寺(その5)

20140919清水寺(その11)

20140919清水寺(その12)

20140919清水寺(その13)

20140919清水寺(その14)

20140919清水寺(その15)

20140919清水寺(その16)

20140919清水寺(その17)

20140919清水寺(その18)

20140919清水寺(その19)

20140919清水寺(その20)

20140919清水寺(その21)

外国語が書き込まれた絵馬多数。
世界平和が一番ですな。

20140919清水寺(その3)

神様は,英語,中国語,ハングルとか読めるんかしら。

20140919清水寺(その4)

舞台も人はまばら
いつもワサワサしとるけん,何か異空間におる感じ。

20140919清水寺(その6)

20140919清水寺(その7)

20140919清水寺(その8)

20140919清水寺(その9)

20140919清水寺(その10)

20140919清水寺(その22)

20140919清水寺(その23)

20140919清水寺(その24)

20140919清水寺(その25)

20140919清水寺(その26)

しかし,清水はなんか,いつ来ても工事しよるな(苦笑)

7時半を過ぎると小学生が続々と上がってきた。

20140919清水寺(その27)

20140919清水寺(その28)

20140919清水寺(その30)

20140919清水寺(その31)

20140919清水寺(その32)

地主神社

20140919清水寺(その33)

20140919清水寺(その34)

一番有名な角度から。

20140919清水寺(その35)

20140919清水寺(その36)

20140919清水寺(その37)

20140919清水寺(その38)

20140919清水寺(その39)

20140919清水寺(その40)

20140919清水寺(その41)

20140919清水寺(その42)

20140919清水寺(その43)

20140919清水寺(その44)

20140919清水寺(その45)

20140919清水寺(その46)

まだ、土産物屋さん、開いてませんがな~

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月19日(金) 1208日目(その1 第一旭)

今朝の体重  未測定

バスが停車して,オレンジの室内灯がほのかに点灯。
時間は午前2時。
全く寒くない。

20140919バスの旅(その1)

バスから降りると,そこは“浜松SA”
まだ新しそうな建物のトイレで用を足す。
さくら観光の片道¥3900のバスには,トイレもコンセントも付いていない。w

20140919バスの旅(その2)

20140919バスの旅(その3)

20140919バスの旅(その4)

建物見学後,軽く体操してからバスに戻る。
マスクして,空気枕を装着して,再度就寝。

20140919バスの旅(その5)

午前5時に“草津SA”へ停車。
こちらは,先程の浜松SAに輪を掛けて綺麗。
最近のJAHは気合いが入っとるのぅ。

20140919バスの旅(その6)

20140919バスの旅(その7)

そして,バスは予定時刻の6時少し前に京都駅到着。
八条口ではなく,高速バスターミナルに着いたので,ロッカーが近くて助かる。
早速,カートを預けて,身軽になった足でいつもの場所へ向かう。

20140919バスの旅(その8)

20140919バスの旅(その9)

京都駅からこの跨線橋を渡る時はいつもワクワクだ。

20140919バスの旅(その10)

20140919バスの旅(その11)

    第一旭たかはし本店

20140919第一旭(その1)

5月に来た時には既に店の外装がリニューアルされてたんだが,何と,隣の「新福菜館」も店の外装が変わっているじゃないの!

20140919第一旭(その6)

とことん張り合うなぁ,この2軒は(笑)

   「ぃらっしゃああああぃ!おひとりさん?」

   「一人」

   「テーブル,カウンターお好きな方で!」

カウンターに着席。
先客は10名ほど。
テーブルで気勢を上げている酔っぱらい2人組が微笑ましいのぅ。

   「ご注文は?」

相変わらず,ご用聞きが早い(笑)

   「野菜多めで。」

   「ラーメン,並一丁~!」

う,符丁が通らなかったか?と一瞬戸惑うも,出来上がり時に

   「並~,一つ野菜ね~」

と通されてた。
最初に通すのは,「麺の量」や「固め」みたいに,「後から通したのでは間に合わない」符丁だけみたいやな。

ラーメン並野菜多め

20140919第一旭(その2)

20140919第一旭(その3)

野菜多めなんで,もやしと葱の量が増えとる。
代わりにチャーシューの量が減らされとるかどうかは分からん。

20140919第一旭(その4)

中太丸麺で,柔らかめの麺

20140919第一旭(その5)

あー,スープが染みるのぅ。
隣の「新福」とは被らん味がたまらんわー。

美味いんで,最後まで南蛮を入れず終い。
汗かいたわー。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月18日(木) 1207日目(秋の帰省 プロローグ)

今朝の体重  72.4kg

朝から大わらわ
やることたくさんあるけど,会議もある。

頑張って,メモ作成。
ゴリゴリ頑張って,何とか形にする。

今日の夜中のバスで帰省するのだ。

  朝食 おにぎり2個
  昼食 焼き鳥丼
  夕食 総菜いろいろ


帰宅したのは21時前。
シャワー浴びてから夕食。

お酒は少しだけ。
と云いつつ,いつもぐらい呑んでしまう。
バスにはトイレがないから,乗車前と休憩時にしっかり用を足さなきゃ。

22時半出立。
バスは23時20分横浜YCAT発だが,初めて乗るバス停なんで早めに行っておこうとの目論見。

23時到着。
YCAT自体には直ぐに着けたんだが,乗車するバス停が見つからない
いや,正確に云うと

   YCAT5番乗り場はあるけど,バス停の表示が「京都行き」じゃないのだ。

行き先表示は大半が「成田空港行き」「羽田空港行き」
他のバスは続々と入ってきて出発している。

とりあえず,トイレへ行き,落ち着く。

他の階の乗り場かもしれない?
ひとつ下の階に行くと,係員らしき方がいたので,尋ねると,乗り場まで連れて行ってくれるとのこと。

   「こちらです。10分前なので,点呼始まってそうですね。」

と,云いながら,上の階へ上がっていく。

   あら?さっきの階で間違ってないの?

すると,待合所の真ん中で,さくら観光の点呼が始まっていた。

   「ありがとうございました。助かりました。」

バスは,「三宮,大阪,京都行き」の表示が何も無い5番乗り場に到着していた。
なるほど,間借りなのね。

これから7時間弱の旅。
ちなみに,隣には若い青年が座っているけど,痩せている方なので助かります。
むしろ,ワシが迷惑掛けそうで,相スミマセン。

平日夜だけど,お彼岸を控えたこの時期だからか,満席でした。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月17日(水) 1206日目(福島 浜通り)

今朝の体重  未測定

6時前起床。
早く起きる体質はどこにいても変わらん。

民放をザッピングしながら視聴。
2年近く過ごした地のCMを見ると,懐かしさで胸がいっぱいになる。
深夜なら,パチンコ屋のつばめグループやマルハンなど,もっと懐かしいのがたくさんあるんだが。

朝食は着替えねばならないので,ぎりぎりまで待ってから食べに行く。

バイキング形式はつい食べ過ぎてしまうので注意せねばならん。
と思いつつ,結局茶碗1.5杯とカレーまで食べてしまった。

珍しく,魚の子(卵)を炊いたんがあったのがイカンのだ(笑)
美味かったから,おかわりまでしてしまったではないか!

予定通り,午前中で業務は終了。

さて,帰ろうにも,浜通りのここは回復にはほど遠い交通状況。
常磐線は竜田駅まで開通したとは云え,日中は本数が全然足りてない。

ゆえに,バスにて,いわき駅まで移動。

20140917浜通りの風景(その2)

20140917浜通りの風景(その3)

3年ぶりに見る風景。
震災の年,崩れていた国道6号線某所の法面,補修が完了していた。

20140917浜通りの風景(その1)

いわき駅近辺でランチ場所を探すも,軒並み休業中。
結局,駅前のラーメン屋に突撃。

    ごとん

スナックの居抜き?のような店内の造りと色合い。
店外のPOPでは味噌ラーメンを推していたので,味噌チャーシュー麺¥800を選択。
デブは本能的に大盛り¥100のボタンも押してしまう(苦笑)

20140917ごとん(その1)

チャーシューはスライサーで切ったようなタイプがたくさん入っていた。
新福菜館,第一旭みたいで,好きなタイプ。

でも,チャーシューと引替え(というわけでもなかろうがw)に,もやし,コーン,挽肉は入ってなかった(シクシク)

20140917ごとん(その2)

麺は特筆する点無し。
ただ,スープが美味い。旨味ではなく,味噌自体が美味いのだ。
脂に頼っているわけでもなく,こんなに飲ませるのは久しぶり。


食後はお土産を物色。
福島の物品を買うことで支援だ。

駅前ビル「ラトブ」で,“紅葉漬け”を探すが,見当たらない(シクシク)
でも,日本酒“磐城壽”があったので購入。

「飛露喜」の大吟醸もあったが,案の定,プレミア価格。
「泉屋」さんの矜持の高さを感じる。

20140917いわき駅(その1)

20140917いわき駅(その2)

20140917いわき駅(その3)

スーパーひたち車中で居眠りしていると,某駅から乗ってきた女性が隣に着席。
「スミマセン」と声を掛けられ,隣席に置いてあった荷物をどかして,落ち着いた途端,本格的に眠り込んでしまった。

目が覚めると,「間もなく,終点の上野駅に到着します」のアナウンス。
我ながら,タイムスリップを有効活用しているな(爆)

スーパーひたちは,某駅での人身トラブルにより,40分近く足止めされたとのこと。
結果,スーパーではなくなってしまったみたい(苦笑)

2日間に亘る煩雑な移動で疲れ切っていたので,上野駅構内で解散。
即,帰宅しました。

  朝食 ホテル(魚の子,美味い)
  昼食 ごとん(味噌チャーシュー大盛り¥900)
  夕食 かしわと葱炒め,サラダ,秋刀魚塩焼き


帰宅してからは,トランクの中身を全て出して片づけ。
そして,明日の夜からの帰省の準備

あらかた準備完了したところで,シャワー浴びて,さぁ晩飯じゃ。

さっき買ってきた初物の秋刀魚の塩焼きをアテに、銘酒『会津中将』のひやおろし。

20140917会津中将(その2)

スーパーの秋刀魚にしては、綺麗なはらわた。
今なら冷凍ぢゃないのが出回っとるのね。

20140917会津中将(その1)

美味しゅうございました。
会津中将,2.5合くらい飲んでしもた(笑)

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月16日(火) 1205日目(後篇 そして、いわきへ)

<前篇>より続く

午後の業務も滞りなく終了。

会津で一杯やりたいところだが,仕事がそれを許さない。
明日は朝からいわきで仕事なのだ。
片道3時間掛かるので,今日中に移動しておかねばならん。

会津若松駅前へ向かう。
ワシには行かねばならぬところがある。
それはこちら。

20140916ラーメン二郎会津若松店(その2)

    ラーメン二郎会津若松店

来週21日(日)に開店を控え、ほぼ出来上がり。
店主Kクンがいるはずなんだが,いるのは業者の方ばかり。
彼らも作業を終えて,片付け中。

20140916ラーメン二郎会津若松店(その3)

  「その頃は毎日,ずっと店にいますよ!」

先日聞いたKクンの声が虚しく,ワシの脳裏に響くw

お彼岸は帰省するんで 、レセプションに来られないのが無念。
駅からかなり近いので、まさに駅前店だ!

20140916ラーメン二郎会津若松店(その1)

さて,高速バスにて一路,いわきへ移動なり~♪

  朝食 駅中蕎麦(冷やしたぬき)郡山駅
  昼食 よし乃家(ソースカツ丼¥900)
  夕食 漁夫白銀店


バスの停車する雰囲気で目覚める。
外を見ると,郡山ICを降りたところ。
まだ1時間経っていない。

しかし,土地勘のあるワシにはイヤな予感しかしない。

  「こんな18時に郡山市内に突撃とは,駅に到着するの大変だぞ。」

案の定,内環状線は渋滞。
さくら通りに入るまで20分以上掛かった。

郡山駅には着いた頃には18時半を大きく回っており,運転手のアナウンスにも

  「遅れておりますので!」

と焦りの色が。

郡山駅では,ほとんどのお客さんが降りてしまい,あらたに多数の方が乗り込んできた。
ちょうど,帰宅時間だもんなぁ。

郡山から会津の高校に通っている学生が少なからずいることに驚いた。
郡山の方が高校が揃っていると思うんだが,そこをわざわざ通っているんだから,何らかのご事情があるんだろう。

いわき駅には定刻通り到着。
ワシはほとんど眠っていたんだが,起きていた同行者曰く

  「かなりスピード出していたような・・・」

ホテルに投宿。
ロビーの一角には,「ご自由にお取り下さい」と書かれた紙の下に大量の朝日新聞が。
パッと見で,100部は下らない。
哀れなもんだな。

着替えて夕食である。
行き先は,地元民オススメの居酒屋『漁夫』の白銀店

移動のお疲れと業務のお疲れと昇進祝いとを兼ねてカンパーイ♪

20140916漁夫白銀店(その1)

刺身盛り合わせ

20140916漁夫白銀店(その2)

とても綺麗な盛り付け

   いわきの魚、美味いっ!!!

やはり、福島の海産物は美味い。

銀むつの煮付けも美味かった。
2時間ほど堪能してホテルへ戻る。

こういう出張って、うちの会社ではなかなか無いだけに、幸せな時間でした。
ごちそうさまでした。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月16日(火) 1205日目(前篇 会津若松)

今朝の体重  未測定

6時過ぎ起床。
冷蔵庫から出して飲む,ウーロン茶が妙にうまい。
理由は分かっているが,敢えて言うまい。

合流する方々の郡山着までには未だ時間がある。
朝食をどこで食べるにせよ,汁物はマストだな(笑)

飽きもせず,民放のCMを凝視。
この6月まで2年近く,見てたんだもの。
ただただ「懐かしい」の一言。

昨日15日(月祝)に全線開通した国道6号線のニュースに,着実な復興の雰囲気を感じる。
関東方面から一気通貫で相馬方面へ抜けられる効果は大きい。


水分摂取と居眠りを繰り返す内に,出立の時間。
荷物をまとめてチェックアウト。

バスチケット購入してから,駅2階へ向かう。
そこに駅舎唯一の立ち食い蕎麦店があるのだ。
初訪問。

小さな食券機で「たぬきそば」の食券¥360を購入。
すると,下に「冷やし」メニューがあることに気づく。
差額¥30を添えて,「ひやしたぬきそば」を注文。

おばちゃん一人で店を回している。
ワシの蕎麦,お湯でほぐした後,冷水で洗ってから丁寧に湯切りしている。
テボざるを振るだけで水切り完了ではないのだろう。
テボに手を入れて,麺を押して水を切っている。

冷やしたぬきそば

20140916郡山立ち食いそば

冷蔵庫から出したペットボトルのダシをたっぷり掛けてくれた。
ゆで麺の温め直しだけあって,食感はそれなり。
でも,量が多いので,満腹間違いなし。その心意気が嬉しい。

会津若松まではバス移動。
良い天気だな。

午前中の業務は滞りなく終了。
気づかなかったが,大雨が降っていたようだ。
天気予報では10%だったのに。

せっかくなので,会津らしい食べ物を食べに行こう!と云うことになる。

日頃のワシの行いが良いせいか,当初目的の「白孔雀食堂」定休日(笑)
哀れに思った先方が,連れて行ってくれたのがこちら。

   よし乃や食堂

ウリは,牛丼♪

    違う。。 それは吉野家だ。

東山温泉街に佇む名店とのこと。
車を降りて徒歩で向かう。

20140916よし乃屋(その3)

温泉街独特の町並みに,わくわく感が止まらない。

20140916よし乃屋(その4)

お店は川縁にそっけなく佇む。
行列すらないものの,人の出入りがしばしば。

我々も早速,入店。
片づけを待って着席。
メニューを眺める。

推薦者曰く

  「ラーメンが美味いらしいのですが,ボクはソースカツ丼しか食べたことがない。
   でも,ラーメンも美味いらしい。」


こりゃどっちにするか悩む。
周囲を見ると,ラーメンを召し上がっている方,多数。
でも,ここは会津だ。

ソースカツ丼¥900に決定。

20140916よし乃屋(その1)

    キターーッ!

かの「十文字屋」ほどではないにせよ,やはりここは福島。
大盛り精神に揺るぎなし!な一品である。

20140916よし乃屋(その2)

あああ,美味い。
美味いよ,ママン!

お腹パソパソ。
満足である。

後で知ったのだが,食事中に茨城県で大きな地震が起きていたとのこと。
被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

戻る道すがら,飯盛山や会津武家屋敷等,見所がたくさんあった。
あぁ,これが業務じゃなければな・・・

                                         <後篇>に続く

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月15日(月) 1204日目(後篇 一夜の夢)

<中編>より続いてます。

  朝食 吉野家(有楽町:牛丼並,Aセット:サラダ,味噌汁)
  昼食 もうもう亭,十割そば会
  夕食 カプリチョーザ,カラオケ,凛々亭


一旦,ホテルへ戻り,チェックイン。
部屋で荷物を広げて,明日以降の衣類をハンガーに掛ける。
そして,夕方からの宴会に備えてお昼寝。

前の職場の仲間と宴会である。
ワシは此の地を去ってしまったけど,まだまだこちらで頑張ってくれている仲間の激励でもある。

     カプリチョーザ

郡山にいた頃は,「サイゼリヤ」「カプリチョーザ」を“高級イタリアン”と呼んでいたものだ。
(特に意図はない。給与が大幅カットになり,大衆価格の店にすら手が出ない自分達を皮肉っていただけと思われるw

三連休の最終日にも関わらず,10人以上が集まってくれた。
帰宅しない週末って,寂しいんだよねぇ。

あっちゅう間の2時間。
とにかく,皆さまの元気な姿,へこたれない姿を見て,ちゅと安心。

そりゃ愚痴を言う人も嘆く人もいたけど,どこか明るい。
明るいのが一番だ。

20140915カラオケ

2次会は毎度のカラオケ(笑)
オジサンの鋭気は歌うことで養われるのだ。
むひょひょひょ

皆さまの明日に響いてはイカンと思いつつ,懐かしさも手伝って,23時半まで居てしまった。
スミマセン,長引かせて。

三々五々,自分のアパートへ帰る皆さまを見送り,ワシは一人〆のラーメンである。

      まぜそば 凛々亭

足繁く通った「一心亭」は日祝はお休み。
でも,辞令後に通い詰めていたのは,このお店なのだ。

何をとち狂ったのか,ステーキまぜそばの食券を購入。

20140915凛々亭(その1)

20140915凛々亭(その2)

20140915凛々亭(その3)

20140915凛々亭(その4)

20140915凛々亭(その5)

食べ始めて分かった。

     ワシ,食べきれないかも(爆)

20140915凛々亭(その6)

20140915凛々亭(その7)

20140915凛々亭(その8)

20140915凛々亭(その9)

別添えスープ,飲み干すの苦しゅうございました。
でも,福島の地でお残しをするなんて,お店が許しても,ワシの贖罪の心が許さない。

食べきった頃には日付が変わっておりましたw

ホテルへ帰って,轟沈。
明日は通常進行です。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月15日(月) 1204日目(中篇 郡山忌憚)

<前篇>より続いてます!

次に,郡山市役所裏を散策。
お昼をどこにしようかと悩んだ末,こちらへ。

20140915もうもう亭(その1)

    もうもう亭

6月の「さよなら郡山シリーズ」で初訪問した,郡山焼肉界の最高峰に君臨するお店
あの時は,カルビ丼大盛り(ご飯450g)を食べて,壮絶かつ幸せなノックアウトを喰らったお店。

カウンターに空きあり。
前回の轍を踏むわけにはいかないので,今回は迷わず定食をチョイス。

カルビ,ロース,ハラミ,塩ハツから3つを組み合わせており,それぞれをA~Dの定食としている。
いずれを選んでも,¥1590だ。
ワシは,ロース,ハラミ,塩ハツの組み合わせのD定食をチョイス。


20140915もうもう亭(その2)

早速,火が付けられ,気分はワクワク。

20140915もうもう亭(その3)

20140915もうもう亭(その4)

20140915もうもう亭(その5)

先にサラダとナムル,キムチが提供。
キムチは食べないので,勿体ないが残すことになる(スミマセン)

20140915もうもう亭(その6)

お肉登場
それぞれが3切れずつサーブ。

20140915もうもう亭(その7)

20140915もうもう亭(その8)

20140915もうもう亭(その9)

20140915もうもう亭(その10)

薄切りのロースは軽く炙るだけ

20140915もうもう亭(その11)

厚めのハラミは気持ち長めに焼く

20140915もうもう亭(その12)

塩ハツはしっかり焼く

20140915もうもう亭(その13)

20140915もうもう亭(その14)

どれもご飯と抜群に合う!
9回,焼いては食べるの動作を繰り返す内に,結構な満足感。
とにかく,タレが絶妙に美味しい。

20140915もうもう亭(その15)

濃くも薄くもなく,甘くも辛くもない。
万人の支持を取り付けられるタイプだな(笑)

20140915もうもう亭(その16)

コチュジャンは一回も使わず。
ごちそうさまでした。

かなり満足して退店。

メインの用事は済ませたんで,自転車を返却。
さぁ,一杯やるかね。

まず,ワシのメインスーパーであった「シミズストア咲田店」をひやかす。
変わってないなぁ。

20140915シミズストア

つい,お菓子を買い込んでしまった(東京でも売ってるのにねw)

っと,そういや,お隣に行こう行こうと思いつつ,行けなかったあの店があるよ。
良い機会だから,行ってみるか!

    十割そば会 郡山本店

いつ来ても,そこそこお客さんが入っている印象。
十割そばってのが「引き」なんだろうな。

ビールとお通し

20140915郡山十割蕎麦(その1)

野菜天盛り合わせ

20140915郡山十割蕎麦(その2)

天ぷらは揚げ立てサクサク。

焼生麩

20140915郡山十割蕎麦(その3)

むっちりして美味しい

お酒に切り替える
当然,地元福島のお酒“会津中将”

20140915郡山十割蕎麦(その3)

キリッと冷えていて美味しい。

〆に盛り蕎麦

20140915郡山十割蕎麦(その4)

十割蕎麦は,想像以上に滑らか

20140915郡山十割蕎麦(その5)

つけだしが美味い。
鰹,鯖が非常に利いてますわ。
ごちそうさまでした。

ホテルへ戻る道すがら,建て替え中だった郡山商工会議所が完成間近であることを確認。

20140915郡山商工会議所(その1)

もう2ヶ月半経ったんやなぁ。

20140915郡山商工会議所(その2)

                                           <後篇 激励の夜>へ続く

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月15日(月) 1204日目(前篇 福島巡礼)

今朝の体重  未測定

朝8時15分,東京駅近所の鍛冶橋駐車場を出発するバスを目指して,6時半過ぎ家を出る。
無駄なお金を遣いたくないので,定期で行けるところまで行き,そこからは早朝散歩。

朝ご飯は有楽町駅脇の「吉野家」

牛丼並とAセット(サラダ,味噌汁)。
朝定食があるけど,いつも牛丼を食べてしまう。

祝日のこんな時間でも,お客さんが続々来るのは,流石,売り上げ№1支店だ。

祝日の朝一ゆえ,バスは空いているかと思いきや,満席。
ノーショーがいたので,結果的には満席にならなかったけど。

那須SAでは,念願のとちおとめソフトを食べる。

20140915佐野SA(その1)

とちおとめのエキスを入れているとのこと。
美味しいね。
オッサンが一人でソフトを食べてる絵面は汚いかもしれんが(スマンのぅ)

20140915佐野SA(その2)

20140915佐野SA(その3)

20140915佐野SA(その4)

バスは定刻より30分早く,郡山駅に到着。

20140915郡山(その2)

二ヶ月半ぶりだ,郡山。
なんか,ホッとする気持ちもあるけど,妙に緊張する気持ちも。

20140915郡山(その3)

ここは福島県なのだ。

20140915郡山(その1)

20140915郡山(その4)

20140915郡山(その5)

20140915郡山(その6)

20140915郡山(その2)

仕事道具を入れたカートを引いて,ホテルへ向かう。
今回の宿は,中町ゆめ通りに面している。

20140915郡山(その3)

20140915郡山(その4)

20140915郡山(その5)

チェックインには早いので,荷物だけ預かって貰う。

駅前通へ戻り,「まざっせプラザ」で自転車をレンタル。
電動自転車ではなかったけど,変速が付いていたので,駅前通の坂もスイスイ走れる。

やはり、懐かしの地が気になる。

20140915郡山(その6)

20140915郡山(その7)

21ヶ月住んだアパート

20140915アパート(その1)

20140915アパート(その2)

ワシの部屋には、引き続き後任の方が住んでいらっしゃるとのこと。

20140915アパート(その3)

20140915アパート(その4)

洗濯機が凍りつく時もあるけれど、頑張れ、頑張れ。

開成山球場の裏を走る。

20140915開成山公園(その1)

20140915開成山公園(その2)

20140915開成山公園(その3)

20140915開成山公園(その4)

年間1mmSVから考えれば、若干高い数値。
でも、そこで21ヶ月過ごしたが、何もない。
それが真実。

さて,第一目標である「泉屋」を一目散に目指す。
「福味」で飲み慣れた福島のお酒の数々を買い込もうとの目論見。

祝日の昼下がり,10人ほどのお客さん。

いろいろとチョイスに悩んだけど,「写樂 純米」,「乾坤一 手作り純米吟醸」,「奈良萬 純米」,「会津中将 ひやおろし」の四合瓶をチョイス。

ふと見ると,「獺祭 3割九分磨き」があるじゃないの!
迷わず購入。
これは,オヤジへのお土産にしよう。

   ちなみに,5本で,¥8000(!)  クール送り賃入れても¥9000(!!)

しばらくは,自宅で楽しめそうだ。

                                                   <中編へ続く>

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月14日(日) 1203日目(人魚オヤジ)

今朝の体重  71.4kg

今日も休み。
三連休に休暇をくっつけると長いのぉ。
しかも、ほとんど予定が無いと来たモンキーパンチ

今日も下の子の学校は文化祭。
今日行ったら三日連続か。

   子供の同級生に怪しまれるわ!w

嫁はんはまた行きよったけど(笑)

ワシは運動や。
他にすることもない。

ちうことで、四日連続!
さぁ、泳ぐぞっ!

   4500m×1本
    400m×1本
    200m×2本
     50m×2本

  本日の合計距離    5400m
  9月の総泳距離     34.2km
  H26総泳距離     461.2km
 H15/5~総泳距離 6107.2km
  プール前の体重      未測定
  プール後の体重      未測定


4日連続で22km泳いだった。
我ながら、これは凄いわ。

年間総泳距離も一気に貯金モード!
なんか、こういうモードのスィッチが入る時ってあるよな。

明日から何日か泳げんからな。

地元に戻って、嫁はんと合流。
で,こんなもん食べた。

20140914パフェ(その1)

時々,パフェって無性に食べたくなるんよな。

20140914パフェ(その2)

ホンマはチョコレートパフェ食べたかったけど,もし苦くなかったらイヤなんで,安全パイをチョイス。

20140914パフェ(その3)

ほほほ。
美味しゅうござんした♪

  朝食 カップラーメン
  昼食 抜き
  夕食 肉豆腐、アヒージョ、鮪炙り、〆サバ

肉豆腐の材料買って帰る。
自分で食べるつもりが、嫁はんが作ってくれた。

感謝。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月13日(土) 1202日目(ドナドナ)

今朝の体重  未測定

朝礼である。
昨夜の大量飲酒が祟り,頭がふらつく。
でも,休むわけにはイカン。

到着すると,初見の格好良い男性(見た目40歳代半ば)がオヤジと談笑中。
奥には,Gちゃん,Kちゃんが。
で,ワシは奥へ入る。

Uさん登場。
久しぶりだな。
SのMがやらかしちゃった頃以来かな?
そういや,彼,TVで見かけなくなっちゃったなー。

そこへ,最高顧問,ネエサン,Kさん登場。
うわー,これで8人だよ。
来週,会津若松店開店だからかー?

そこへ,ラスボスが来たのである。

    G先輩登場

  「あ,先輩は奥へ入って!」

すかさず,オヤジの声が飛ぶ。
奥へ押し込められ,皆から遮絶されるG先輩(爆)
元々,コミュニケーションできない人なんで,本人にとっても有り難いポジションだろう。

話題は来週20日(土)に迫った「ラーメン二郎会津若松店」

   「オレは,14時過ぎに出て向かうつもりだよー。」

   「オヤジさん,2時間で着くとか云ってたけど,もっと掛かるよ。」

   「東京駅から郡山まで新幹線で1時間半。田町からだともうちょっと掛かるよ。
    で,会津は郡山から電車で1時間掛かると見といた方が。」


   「えー,そうなのー?」

いいなー。
楽しい旅の話が出来ていいなー。

   「Sくん!あれ,頼むよ!」

   「えー,オヤジ,またー!」

   「連絡があったんだよー。イーーヒッヒッヒ。で,“こっちでやろうか?”って
    云われたんだけど,“大丈夫!こっちには専門の技術屋がいるから”って。
    イーーッヒッヒッヒ。」


   「しょーがねーなー。」

大きな会社の連繋を裏で操る黒幕の顔を垣間見ました(爆)

ラーメンニンニク

20140913ラーメン二郎三田本店(その1)

20140913ラーメン二郎三田本店(その3)

野菜コールしなかったんで標高低いけど,麺はみっちり。

20140913ラーメン二郎三田本店(その2)

盛りつけてる最中から思ったんだけど,豚の量が多くね?

20140913ラーメン二郎三田本店(その4)

オヤジ,今朝はいつにも増して講義がノリノリだったからなー。
全体的に盛りつけが洒落になんないよ。

20140913ラーメン二郎三田本店(その5)

20140913ラーメン二郎三田本店(その6)

先週と違い,旨味成分ばっちり。
美味いわー。

   「ご馳走さまー。オヤジさん,また!」

件の格好良い男性が退店。

   「●●●って知ってる?」

   「あ,行ったことあるよ。場所も良いし,美味いのに安い。」

   「●●橋と●座の店って,名前同じだけど,なんか違うんでしょ?」

   「さっきの,そこの社長。」

えーーー!あの良い男,そうなの?
流石,慶應は懐が深いなー。
人材豊富だわ。

そういや,先に社長さんに提供された一杯は凄かった。
豚の綺麗な盛りつけ(っちゅうか,8枚以上乗ってたw)も凄かったが,詰め込みすぎて,スープをジャバジャバーッて捨ててたもん。結構,大量に(笑)

さぁ,今日も張り切って,泳ぐぞっ!

   2000m×1本
   3000m×1本
    100m×1本
     50m×2本

  本日の合計距離     5200m
  9月の総泳距離     28.8km
  H26総泳距離    455.8km
 H15/5~総泳距離 6101.8km
  プール前の体重      未測定
  プール後の体重      未測定


木金土と3日連続スイム。
ワシは魚になりたいのか?w

こうなりゃ,今月中にいけるところまで行こうじゃないの!

昨日に引き続き,嫁と待ち合わせて,下の子供の文化祭に潜入。
高校生の娘の文化祭に2日連続来ちゃうオトウサンって,キモッ!(爆)

でも,昨日と違う発表モンがあるんだもん。
嫁はんの許可も出たし,来た次第。

前夜祭じゃないので,各教室での催しも始まっている。
子供のクラスのも見た。

     楽しそうにやってんじゃない♪

ちなみに,トウチャン,明日も予定がガラガラ。
こうなりゃ三日連続来てみるか?(キモッ)

  朝食 ラーメン二郎三田本店
  昼食 カフェ
  夕食 豚カツ、冷や奴、いなだ刺身、ポテサラ


嫁はんは見るモノ見て終わると,サッサと帰るタイプ。
ワシはじっくりと演し物を見たいんだがなぁ。

抗う術もないので,従って買い物して帰りました。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月12日(金) 1201日目(ゴールデンはしご)

今朝の体重  未測定

今日は休暇。
消化マストな休暇があるのだが,来月以降のスケジュールを踏まえると,今月中に取っておかねばならんと考えた次第。
ちょうど,下の子供の文化祭の前夜祭があるとのこと。

臨時朝礼も考えたけど,明日,二郎食べるから,今日は回避。
自宅でカレーうどん。
イオンPBの茹でうどんは,澱粉大活躍。
多少放置しても,ぷるぷるのコシがある。w

午前中は日記の下書きをシコシコ。
身支度して昼前にお出かけ。

11時半過ぎ,田町到着
ランチ候補でチョイスしていたパスタ屋さんは,フライングランチの女性達が店先に行列。
あちゃー。

うーん。
なんか,朝のうどんが胃に残っているし,先に泳ぐか。
昨日に引き続いて,泳ぐぞっ!

   4000m×1本
   1500m×1本
     50m×2本

  本日の合計距離     5600m
  9月の総泳距離     23.6km
  H26総泳距離    450.6km
 H15/5~総泳距離 6096.6km
  プール前の体重      未測定
  プール後の体重      未測定


12時少し過ぎにスタート。
14時半に,嫁はんと某駅で待ち合わせなので,シャワー,着替え,移動時間を見込んで泳がねばならん。
でも,距離も稼ぎたいっ

13時50分には上がらないと間に合わんと踏んで,目一杯頑張りましたが,連日ではこれが限界。
105分ちょいで112本は優秀でしょう。


速攻で着替えて向かう。
待ち合わせの駅に着いたら,ちょうど嫁はんも来たところだった(ホッ)

今日は,下の子の高校の文化祭の前夜祭。
前夜祭とは云え,夜にやるのではなく15時頃から始まり,19時前には終わる予定。

子供の倶楽部の演し物,良かった。
声援も飛んでたしな。

是非,青春を謳歌して欲しい。

  朝食 カレーうどん2玉
  昼食 抜き
  夕食 鈴木屋、たけちゃん、ポテサラ


この後,上の子との用事に向かう嫁はんと別れ,ワシは白金高輪。
平日に来るのは久しぶりのこちら。

    鈴木屋

ここはいつ来てもエェな。

20140912鈴木屋(その1)

20140912鈴木屋(その2)

20140912鈴木屋(その3)

20140912鈴木屋(その4)

20140912鈴木屋(その5)

20140912鈴木屋(その6)

20140912鈴木屋(その7)

20140912鈴木屋(その8)

20140912鈴木屋(その9)

20140912鈴木屋(その10)

20140912鈴木屋(その11)

  「●●さん、土曜日のイメージがあるから。」

  「そうですね。なかなか平日には来られませんから。」

今日も一通り食べて満足じゃ。

田町まで徒歩移動

20140912ホープ軒(その1)

20140912ホープ軒(その2)

「たけちゃん」をちゅと冷やかして帰宅~♪

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月11日(木) 1200日目(報い)

今朝の体重  72.0kg

5時50分起床。
今朝の「もういちど,日本」は茨城のメロン
メロン,美味しいよねぇ。
シャンパンにメロンや桃を浮かせる・・・・ひょー贅沢ぅ!

ニュースを見ると,阪神5連敗だってよ。
巨人と6.5ゲーム差ってのよりも,ベイスターズと3.5ゲーム差ってのがヤヴァイだろ。

まさか,3位もキープできないってこたぁ無いと思うけど,横浜に抜かれた日にゃ,フロント陣総取っ替えだろ。

20140911はなまる(その1)

20140911はなまる(その2)

20140911はなまる(その3)

昼飯時,食堂で10数年ぶりの同期に遇った。
彼と一緒に働いてたのは平成12年までだから,それ以来か。
元気そうで良かった。


来週連休明けの仕事の準備をして,退社。
明日は休みにしたんで,今日は泳ぎに行こう。

さぁ,泳ぐぞっ!

   5700m×1本
     50m×2本

  本日の合計距離     5800m
  9月の総泳距離     18.0km
  H26総泳距離    445.0km
 H15/5~総泳距離 6091.0km
  プール前の体重      未測定
  プール後の体重      未測定


よーし。
明日からの4連休を前に,えぇ感じに距離を稼げた。
この連休中に450km突破できれば,その後は貯金が出来るな。
(毎月の目標50km×9ヶ月=450km)

頑張るぞ~

  朝食 はなまる かけ中
  昼食 唐揚げ定食
  夕食 握り寿司他


プールを出たら,ちゅと嬉しい知らせあり。
郡山で1年9ヶ月の間,頑張った甲斐があったと云えよう。

     お祝いをしよう。

と云っても,オネエチャンのいるお店へ出向く甲斐性はないので,スーパーへ立ち寄り,値引きで投げ売られているにぎり寿司のパックを購入。
これで幸せを感じられるんだから,我ながら安い人間だ(苦笑)。

22時過ぎ帰宅。
シャワーを浴びてから,自室で福島県へ想いを馳せながら一杯。

本日で,東日本大震災から3年半が経過。
早く,被災者の皆さまが仮設を出られますように。


ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2014年09月10日(水) 1199日目(連荘)

今朝の体重  未測定

朝ご飯は,これまた10日ぶりの「おにやんま」
食券買って店内に入ると,何と6人待ち。
天ぷらが揚がるのを待っているみたい。
朝からヘビーなもん,よー食えるわ。(←貧乏人のやっかみw)

   と,朝から二郎を食うワシに言われたくないわな(爆)

途中,うどんの茹で上がり待ちも入って,ワシの後ろも6人ぐらい列んだ。
多分,お昼時にはよくある光景なんやろな。

冷やかけ1.5玉

20140910おにやんま(その1)

まだ,冷やかけありました。
天かす入れてみたけど,冷やかけには合わんな。
ダシの風味が消し飛んでしもた。

20140910おにやんま(その2)

今日気づいたこと。
うどんの茹で時間は3,4分ぐらいと,通常のうどんの1/3の茹で時間。

20140910おにやんま(その3)

これが,立ち食いでの待ち時間の限界なんやろな。
だけん,あの平べったい形状にならざるを得ん,と。

茹で置きを食べさせたくないっちゅう考えなんやろな。

職場がドタバタする中,申し訳ないと思いつつ,19時前,職場離脱。

  朝食 冷やかけ1.5玉
  昼食 チキンソテー定食
  夕食 和食りん


昨日に引き続いての宴席。

   和食りん

HPを見ると,近大マグロが食べられるとのことだったが,メニューには無かった。
そして,松茸メニューは売り切れだった。

   19時で売り切れって,仕入れてないやろ?w

生ビールと日本酒を行ったり来たり。

刺身盛り合わせ,箱に入ってきたんで,開けると,あぁら,白い煙がもくもくと♪

20140910和食りん(その1)

  全員,あっちゅう間にオジイサンにw

小粋な演出ですな。

1時間以上遅れてきた人と入れ替わりに,1人が仕事しに戻る。
で,30分ほどで直ぐ戻ってきた。

  「腰据えて呑むぞぉぉぉぉ!」

呑んだってください。

20140910和食りん(その2)

結構,れろれろ。
そら6時間も呑んでたんやもん(爆)

滅多にない宴席が2日連チャンで,ちゅと明日が心配ッス。

帰宅して,そーっとシャワー浴びて,直ぐに就寝。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE