2008年12月

2008年12月 に関する記事です。
車に嫁さん乗せて、築港まで。
ガソリン満タンにしてから返却。

んで、全日空クレメントホテル高松へ向かう。
毎年の恒例行事、オヤジ、オフクロ、兄貴家族、ワシ家族10名での忘年会。

    花梨

何は無くとも、まずは青島ビールやね。

花梨(テーブルと青島ビール)

頼んであった前菜盛り合わせ

花梨(前菜盛り合わせ)

追加のクラゲ

花梨(水母)

お取り分け。
車海老、鴨、焼き豚、クラゲ、穂先メンマ、

花梨(前菜を取り分け)

もうね、紹興酒持って来―い!って感じじゃ。

子供用チャーハン

花梨(五目炒飯)

すっげー大盛りやね。

ちゅと食べたけど、さすがのパラパラ具合でウマー♪

お刺身登場。

花梨(真鯛の刺身)

本日は真鯛。
お盆の大きさは、子供の学校の机くらいあるんで。

花梨(真鯛の刺身2)

身が立派やなー。
もうこのまま食べてもコッリコリで美味そうじゃーーー!

花梨(真鯛の刺身UP)

これを混ぜ混ぜして取り分けてくれるんじゃ。
毎年の楽しみやな。
甥っ子はかぶりつきで見よりましたわ。

混ぜて取り分けるとこんな感じー。

花梨(真鯛の刺身取り分け1)

これがあーた、美味いの美味くないのって。
いや、美味いんですけどね(お約束w)

花梨(真鯛の刺身取り分け2)

紹興酒とめっさ合う!
中国料理の刺身って、なかなかよぅ出来とるがな。

そして、毎年恒例。
嫁さん2人と孫4人だけに振る舞われるフカヒレ登場~♪

花梨(鱶鰭姿煮1)

孫4人、がっつくがっつく(爆)
ちっとは父親に分けてやるっちゅうか・・・

   思いやりが無いのか?と。

   写真しか撮らせないのか?と。

花梨(鱶鰭姿煮UP)

ほしたら、「食べきれない」と、嫁はんから鱶鰭の一部が・・・

    う、美味い(涙)

もやしが無いと、鱶鰭って実力の半分しか出んなーと思うわ。

花梨(鱶鰭の姿煮2)

もやしを1番美味く食べる方法は、鱶鰭の姿煮に入れる!
2番目に美味しく食べる方法は、二郎にトッピングする!(爆)

ここで、シェフのオススメっちゅうか、得意っちゅうか、お任せっちゅうか、何かそういう感じの(笑)が出てきた。

パパイヤを焼いて、なんちゃらしたヤツ

花梨(シェフのオススメ マンゴー1)

美味いけど、甘いのぉ。

花梨(シェフのオススメ マンゴー2)

ここで、お口直し(爆)に、海老の天ぷら

花梨(車えびの天ぷら)

これが美味いの何の!
定番メニューなんやけど、ケチャップでヨシ!塩胡椒でヨシ!
また、紹興酒がススむ、ススむ♪

ここで、シェフのオススメ第二弾っ!(爆)

花梨(シェフのオススメ 牛肉1)

うわぁい。肉の塊じゃー。

  って、結構お腹がパンパンになっとるヤツがそこココに居るのにっ!

これはヤな予感がするが。

  「食べて。」

ハイハイ、さっき鱶鰭貰ぅたけんな。

花梨(シェフのオススメ 牛肉2)

いやー。
お腹がいっぱいになりつつあるのに、このエェ感じの牛肉はどいや!
これも美味いわー。

ここで、野菜のクリーム煮登場~♪

花梨(野菜のクリーム煮)

超ヘビー(爆)

花梨(野菜のクリーム煮UP)

でも、すんげ美味い。
シャキシャキ野菜とホワイトソースがたまらんなー。

中国野菜の炒めもの

花梨(中国野菜の炒め物)

シャキシャキ野菜は香りが非常に立ってる。
こういう香りがするんやなぁと感心。
東京のスーパーの野菜って香りが弱いもんなー。

花梨(中国野菜の炒め物UP)

でまた、嚢茸や天狗茸のツルシコでアクセントになっとるな。

花梨(中国野菜の炒め物取り分け)

お腹一杯やのに、シャクシャク食べてまうがな。

もう誰が何の注文をしてくれよんじゃ!

大根の蒸し物餡かけ蟹の卵のせ

花梨(大根の蒸し物蟹肉餡かけ)

酢豚

花梨(酢豚)

翡翠餃子

花梨(翡翠餃子)

〆に珍しくデザートなぞ。

タピオカマンゴー

花梨(タピオカマンゴー)

美味かったな。
ご馳走様。
親に感謝。

 朝食  自宅
 昼食  あたりや、函館市場
 夕食  花梨

さて、これで今年も終わり。
早い一年だった。
来年も早いだろう。
時は毎年加速しとる。

ともあれ、来年も頑張っていきましょう。
皆様、どうか良いお年を


[12/31(水)  帰省日記(その18)     【花梨】]の続きを読む
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

お昼の時間~
年内最終のランチを一人でうどん食いに行こうと考え・・・さすがに考えませんわな。w

両親と我が家族の総勢6名でレンタカーにて出発。

   (5分後)

到着。w

サンフラワー通りと東バイパスの交差点にひっそり、いや、ど派手に構える店。

   函館市場

堂々の回転寿司である。
大晦日は空いておるな。

奥のテーブル席に陣取る。
ここでオヤジが云いました。

   「ワシ、回転寿司来るん、生まれて初めてじゃが。」

ま、マヂすか? 
また、「こんなん食えるかっ!」とか云うんちゃうやろな?

もしそうなったら、孫パワーで押さえ込んだらエェか。w

ところがだ。
いい年こいて一番レーンに近い席に座ったオヤジ、妙にハイテンション
そりゃ、目の前を寿司が次々通り抜けるからのぉ。

しかも、この函館市場。
なかなかに美味しそうな創作メニューが盛り沢山。
特に焙り系が得意。

となると、こうなるわけで・・・

   「これ美味そうながっ。ほら、取っといてやるけん食えっ。」

し、しもたっ
レーンに来る美味そうなモン、何でも取っちゃう“お子様型”に変貌してしもたかっ!(←予想外)

子供はネギトロに夢中。
ゆえに、オヤジが取る皿は次々とワシとオカンの前に。

もちろん、オカンはそんなに食べられんけん、ワシが各皿の1個は片付ける。

オヤジ、何故か、カンパチの焙りマヨネーズを美味い美味い、と。

   オッサン、そういうの食うタイプちゃうかったやんけっ!!

ワシとオカンの前だけでこんなことに。

函館市場(積みあがった皿)

いやー、食い過ぎですよ。マヂで。
ってか、自分の食わんもんまで取るなと強く言いたい。w

この後、自宅へ両親、きらら温泉へ家族を送る。

「もしかしてやっじょるかなー?」と期待して向かった“さぬき一番一宮支店”は終了しとりました。

実家へ帰って、オヤジを乗せて再出発。
今度は市内へお節料理を取りに行くんじゃ。

まずは「二蝶」

二蝶(店構え)

大晦日の午後ともなれば、引取りを待つお節料理がズラリと並ぶ。

二蝶(並ぶお節)

二蝶(並ぶお節2)

名前を告げてお支払いをして引き上げ。

二蝶(店入り口)

明日が楽しみじゃのー。

二蝶(店構え2)

次に、「三越」

こちらは全日空クレメントホテル高松の和洋中を盛り込んだお節。
子供用やね。

最後に、「まつ本」

期待の新店である。
っちゅうか、贔屓にしてた「みやたけ」を卒業した松本さんが始めたお店

ワシは未だ行ったことがないけど、両親は何べんか行っとるらしい。

  「お節っちゅうよりも、お料理じゃの。」

松本さん見るたびに、田口浩正を思い出してしまうのは何故か。w


実家へ帰り、全てを搬入。
これで新年を迎える準備は出来たなー。

レインボーの天満屋ハピータウンへ行き、東京へのお土産を物色。

あれ?このうどん・・・

麺通団(お土産うどん)

麺通団特選指南とありますなー。
でも、写真は真っ黒ですなー。
誰か分かりませんなー。

もし、そうならば・・・手広くやっとりますなー(苦笑)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重   未測定

大晦日
今年もお仕舞いじゃのぅ。

朝飯食うてマッタリ。
と云いつつ、やっぱり年越しうどんは食わなイカンやろー。

大晦日やけん、どこばりしょーらんけんな。
何処へ行こうか悩むより、確実に美味い、近所の店へ行くんが香川県民の性よのぉ。

ちうことで、連日のこちらへ。

   あたりや

午前中やか、いつもなら大行列やけど、さすがの大晦日じゃ。
お客さんまばら故、サックリ入店。

ご注文カウンターで張り切って(笑)注文じゃ。

  「あつあつの小としょうゆの小な。」

バンバカ茹でよるけん、すぐにうどんが出てくる。

席に運んでから、すぐに“山の美味しい水3号(やったっけ?)”と山盛り陳列の中からゲソ天を1本ゲトー。

あたりや(ゲソ天)

あつあつ

あたりや(あつあつ小)

あたりや(あつあつUP)

いや、イリコのエェ香りがしょーるやんかー。

   ズルズルルルルーッ

あたりや(あつあつヲタ撮り)

むふー。
この剛麺がモチニュルに化ける不思議さが、あつあつにはあるよな。

いやー、んまい。
ほんでまた、この巨大ゲソ天。
醤油で食べるんも美味いけど、ここはひとつ、熱いかけダシと合わせたい。

あたりや(ゲソ天ヲタ撮り)

美味いです。
この衣の味が何とも言えんが。
この衣の粉でパンケーキ焼いたら、さぞかし美味かろう、ご家老。

あつあつを食べきったら、次はしょうゆクンじゃ。

あたりや(醤油小)

あたりや(醤油UP)

ゆずはカウンターんとこでかけてきたんで、後は醤油をチャッと。
ほんでから、グールグルかき混ぜる。

あたりや(醤油小混ぜた後)

  ズッズババババッ

おほー。
こらまた、なんちゅうか、キとるな。

あたりや(醤油ヲタ撮り2)

剛麺の本領発揮やで。
さっきのあつあつと同じうどんとは思えんな。

あたりや(醤油ヲタ撮り1)

にしても、うどんちゃオモッショイ食いもんじゃわ。
料理方法でこんなに味わいが変わるんやもん。

この後、家へ去んでボーッ

   と、してたらっ!!!

掃除の神、降臨。

台所の床を中心にめっちゃ隅々まで掃除。
床は這いつくばって、お掃除シートで拭き掃除。

いらんもんを仕分けして、ゴミ袋へポイポイ。

シンクからまな板の台まで全部磨き上げる。

   すっごく自己満足

嫁はんもビックリしとりました。

ヘッ、ワシやってやる時はやるんじゃ。
その“やる時”が滅多に来んのが問題なんじゃ。(←威張るな)

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

帰りながら、某ホームセンターで「クサノンDX」をゲトー。

クサノンDX

ほんで、家族を迎えに一路高松駅へ向かう。
家族をピックアップして、ワシの実家へ。

ひと休みしたら、早速夕方からお出かけじゃ。
親戚他メンバーでの忘年会
場所は某ホテル。

今年も呑めや、唄えやで大盛り上がり。
料理も次々やってきて、置ききれないのも毎年のこと。

ほんでから、ワシのところへ次々料理が回ってくるんやけど、

    ワシ、今日6玉食うとるけん、入らんが(爆)

でも、ガンガリました。

ワインをゴィゴィ呑みながら♪

忘年会(ワインその1)

忘年会(ワインその2)

美味かったですよー。

忘年会(デザート)

周囲の年齢を考慮しつつ、唄ったのは「時代おくれ」
もちろん、DJOZMAなんか唄わな~い。w

さて、香川県と言えば、うどんであるのご承知のとおり。
油断すると、いろんなシーンでうどんが入り込んでくる。

  バザー、お祭り、文化祭、棟上、披露宴、喫茶店etc

そう、忘年会会場にもこんなのがっ!

忘年会(屋台)

暖簾付きの屋台ですわ。

エディツィオーネアウトークトニ 06 かけうどん

忘年会(ワインとうどん)

   シュールな光景じゃの。

最後は、ほたるの光とか定番の曲を皆で合唱。

忘年会(ホタルの光)

  「また、来年も皆元気で会おうで!」

主催のオジサンの〆で終了。

忘年会(集合写真)

さて、こっからワシは大忙しなんじゃ。
同じく東京から帰省しとる同級生が某所で宴会中なんじゃ。
それに合流するんじゃ。

彼女らの1次会は「鶴丸」。
んでも、そちらには参加できず。

2次会しよるフェスタビルの某居酒屋へ合流するも、30分程度ではじかれた。

  「○○クン、どっかエェとこないんなーー?」

んなこと云われたって、ワシやって東京に住んどるのに、夜の高松やか知るかっ!!

  と言いたいけど、怖いんで云えず。(爆)

そこで思い出した。
南新町にお洒落げーなカッフェーみたいなんが出来とったな。

赤玉ホール

幸いにも営業中&すんなり入れた♪
まぁ、年の瀬の21時頃にフラフラしょーるヤツも少なかろぅ。w

ここでもワーワー喋くり倒す。
高校卒業までは似たような人生を送っている同窓生も、それ以降は十人十色な人生を送っているんもんで、話の種は尽きん。

23時を回った辺りでやっとこさ解散。


通行人がほとんど居らん商店街を3人で歩く。

  「ワシ、もう一軒寄るところがあるけん。」

  「どこな?オネーチャンのとこな?」

  「んなもんおるかっ!そういう甲斐性が欲しいところじゃのー。」


田町商店街の「はなまる」過ぎて次の角を東へ曲がれば、毎度のお店じゃ。

    アップ(ル)タウン

 カランカラン

晦日の日でも順調に営業しよるんがこの店のエェところじゃ。

  「あ、どーも。」

  「こんばんは。」

  「帰っとるんな。」

  「そーです。」


ネーヤンがお出迎え。 ちうことは・・・・

   マスター、爆睡中w

  「ありゃー。」

  「起こそうか?滅多に帰って来れんのに。」

  「いやいや、寝かしたげてた。」

  「かまんので、起こして。」

  「いやいや、年末やし。w それより、これを頂戴。ロックで。」


アップ(ル)タウン(DOTTONその1)

ちうことで、カウンターでJAZZを堪能しながら、チビリチビリ。

アップ(ル)タウン(DOTTONその2)

勝手におかわり

アップ(ル)タウン(DOTTONその3)

今年ももぅ終わりやねー。ご馳走様。

マルナカ田町支店前からタクッて帰宅。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

もう、お腹が苦しいのである。
いや、ホンマはちゅとだけ余裕があるけど。

これでも、朝から3軒4玉

あ、まだそんだけか。

だったら、もう1軒行ってみよっ!

ちうことで、親から頼まれたモンを探しつつ、西へ進む。

  「ホームセンター無いのー。」

結構来てしもた。
お、もうすぐ県立総合プールじゃが。

ちうことは、あの店が近いのー。
Onsenクンの年末年始情報ではしょーることになっとるけん、ちゅと行ってみよわぃ。

踏み切り側から店の駐車場に侵入する。
6人ぐらいの家族連れが車に乗り込みよるな。

空いとるスペースに駐車して、店に入る。

    一福

うわっ、賑わっとるなー。

  「あらっ!どしたんですかっ!?」

  「いや、帰省しとるんや、昨日から。」

いきなり見っかってもーたが。
何にしょーかの。
えっとー、えっとー

  「冷たいかけの大、ちょーだい。」

しもたっ、つい見栄を張って“大”て云うてもーたが
まぁ、食えるやろ。

  「ちょっとお待ちくださいねー。」

ほんだら、その間におでんの牛すじゲトーじゃ。

  「お待たせしましたー。」

うわっ。
こんなに量があったっけ?

一福(冷やかけ大1)

受け取ったドンブリががいに重いんやけど。(笑)

大根おろしと生姜とネギをどっちゃりかけて、さぁ食うどー。

一福(冷やかけ大ヲタ撮り)

   ズルズルチュルズー

いや、まいった。
「なかむら」のうどんをもっと細くしたような、それでいて、このコシは何ぞ。

田尾団長の記述の中に「二日酔いでも食えるんが“なかむら”のうどんじゃ」と語る友人が出てくるけど、ホンマ共感するわ。

一福(冷やかけ大2)

でまた、おダシがイリコが利きつつもゴクゴク飲める美味さ。
なかむら弟さんとこと一福のうどんは写真に撮るとキラキラ光るんやけど、これは何でなんかいのぅ。

おでんはゼラチンの少ない肉々したとこ。

一福(牛すじ)

味噌がよぅ合うなー。

  「ほんだら、よいお年を。」

  「どうか、よいお年を~♪」

ここの大将は明るいし、熱心やし、うどんはトゥルトゥルで滑らかで美味いし、店は広いし、ホンマ気持ちがエェなー。

来年もまた来よう。
来易さってのも、商売の上では大事なファクターなんやなー。

ご馳走様。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ちうことで、國安と競合する(?)かもしれん、馬渕のことも調べなイカンな。w

車でビューンと、あらもう着いた。

   馬渕製麺所

入ろうとしたら、店の外まで人が並んどるが。
どしたんぞ、これはっ。
13時半過ぎとるんやで。

馬渕製麺所(店外観)

中へ入ると、うわっ!よっけ待っとるがっ。

  「玉買う人はそっち並んでよー。食べる人はこっちー。」

そんな声がかかっても、行列微動だにせず。
まさか・・・

   この人たち、全員玉買いなん!?

馬渕製麺所(店内行列)

とりあえず、食べる人はワシだけみたいやな(爆)

  「すんませーん、しっぽくの小頂戴!」

  「うどんやな?そばちゃうな?」

  「うどん、うどん」

  「しっぽくうどんの小、ひとつ作ってー!」

待っちょる間、5歩下がって天ぷらゾーンで、まん丸きくらげ天をゲトー

その間も、玉買いの列は続く。
一時は10人以上並んだがな。

いや、大したことないやんかって!?

ちゃうちゃう。買う玉の数が多いんよ。

  「○○さん、うどん30玉でよかったんやな?
   袋を2つに分けたけど、持てるな?大丈夫な?」


  「大丈夫大丈夫」

とか、

  「○○さんは、うどんが20とそばが14でエェんやな?」

とか。

そんなに買うてどーすんじゃ!
もしかして、今夜はどっかでパーティーがあるんかいの?

  「しっぽくの小と天ぷら一つやな。410円。」

しっぽくが320円できくらげ天が90円。
安いな。

いや、馬渕にしては高い方よ。
でも、このしっぽくには驚いたで。

しっぽくうどん小

馬渕製麺所(しっぽくと天ぷら1)

馬渕製麺所(しっぽくと天ぷら2)

いやー、えらい具がのってると思わん?
そーれ、アップップ

馬渕製麺所(しっぽくUP)

これはマイッタのぉ。
鍋の底さらえてガッとのせた感じせーへん?
いやー、なんか大盤振る舞い!

これは、馬渕のオバチャン、えらいキバッたのぅ。
まるで、瀬戸大橋から飛び降り(←この表現はもうエェっちゅうねん!)

馬渕製麺所(天ぷらUP)

きくらげ天、大好物なんよー。
これが90円って(涙)

いや、香川におる人は普通の値段やんと思うやろけど、東京で手に入れようと思ったら大変なんでー。
新橋の瀬戸内旬彩館でやっとこさ見つけたー!って値段見たら、

     200円くらいしたするけん。

いや、平天が1本300円近いんやで、ホンマに。

もう、いっそ馬渕の天ぷら買占めたろか、と。
(えっ?天ぷらパーティーやるんですか?w)

   ズルズルズズーッ

馬渕製麺所(しっぽくヲタ撮り1)

間違いない。
これは、アレじゃが、ボクよ。
出来立ちのおうどんじゃが。

普通やったら茹で置きに当たるかもしらん時間やけど、持ち帰りの玉をバンバカ茹でよるけん、それの恩恵に預かったみたいじゃのー。

馬渕製麺所(しっぽくヲタ撮り2)

いやー、馬渕とは思えん、しっかりしたうどんやった。(←失礼)
感謝感激のご馳走様

[RSS] [Admin] [NewEntry]

一旦、帰宅し、オヤジを乗せてお仕事のお手伝い。(送迎ね)

香川医大・・・じゃなくて、香川大学医学部付属病院の裏を東南へ行った住宅街の真ん中。

とにかくたどり着くための目印がコカコーラの自販機やっちゅうくらい、住宅街なんよ。

だけん、オヤジを待つ間にどっかへうどん食べに行ったりしたら、自力では戻れんこと必至。w
大人しく30分ほど待つ。

さて、オヤジを無事自宅まで届けて、13時過ぎのうどん活動じゃ。
これぐらいの時間になると、やっじょる店も限られてくる。

そういや、サンフラワーとレインボーの間の多肥の方に何かしゃん、新しい店がでけとるとか、どっかで見たな・・・

車を回して、あっちゃこっちゃ。

   全然、うどん屋無いでないかー! 目印のパトランプが見つからんがー!

でも、ここでトーチャン、ひとつ気づいたことがある。

   いつの間にか、こんなにカフェが出来とるとはっ!

しかも、

   どこも結構混んでますがな

うーむ。
こうなると、香川県はうどん王国やのーて、カフェパラダイスになる日も近いかものー。

   で、そのカフェにはうどんは置いてあるんでしょーか?

アホなことを妄想しつつ、もしかしてパワーシティの裏か?と思って向かったら、ありますたーーー!

    國安うどん

國安うどん(店看板)

「営業中」って出とるーーー!
しかし、駐車場2つも確保して、早よから人気があるんじゃのー。

確かに、この辺に店出すとて、駐車場が無いとお客さんが来んかー。

完全なる一般店じゃ。
先客0(後客4)

メニューを眺める。
うーむ。

  「すんません、釜揚げの小!」

  「これから茹でますんで、お時間が15分くらいかかりますが。
   湯だめならすぐにお出し出来ますが。」


初めての店で湯だめは無いわー。
よっしゃ、清水の舞台から飛び降りたつもりで頼むか!

  「かけの小、頂戴。」

瀬戸大橋、叩いとるがな。(爆)

さて、そこはそれ。
かけ小だけでおさまる男ではないのだ。

ヨチヨチと席を離れ、おでんスペースへ。

平天と牛スジをゲトー

國安うどん(おでん)

この平天の串の打ち方の美しさよ。
日本で二番目の牛スジ評論家としては、勿論牛スジも見逃せんな。

國安うどん(おでんUP)

牛スジ、ちゅと煮込みが浅かったかも・・・(泣)

さーて、かけ到着じゃー。

國安うどん(かけ小1)

一般店の印、かまぼこがのっておりますっ

    しかも、2枚っ!

國安うどん(かけ小2)

大将っ! 清水から伸身2回転後方半捻りをキメましたなっ!(←大袈裟)

   ズゾゾゾッ

國安うどん(かけ小ヲタ撮り)

なんちゅうんやろ。
新店やのに、この老成した生活うどんはどいや!?ェ、ボクよ!

コシがグイグイとか、ネヂレチヂレがめちゃめちゃあるわけではないけん、分かりづらいし、県外客にはウケんかもしれんけど、これは非常にクラッシックな一品じゃ。

敢えて注文付けるなら、もうちゅとイリコ利いとるとエェな。
ま、ここは高松やけんな。w

さて、この味と一般店スタイルで馬渕の強敵になれるか?
頑張ってよー。

かけ250円+牛スジ、平天各100円でした。
ご馳走様。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重   未測定

実家では朝ごはんをきっちり食べるワシ。
具沢山な味噌汁が美味いんよな。

食べてから、家の用事をひとつふたつ。

  「アホみたいにうどんばっか食べるんちゃうでー。」

いや、んなこと云われても。
ディズニーランドで乗り物乗るな!みたいな注文やで。w

さて、今日はどの辺に行こうかのー。
と思いつつも、オヤジの運転手もせなイカンし、家族を迎えにも行かなイカンけん、あんまし遠くには行けんが。

だったら、近場でいろいろと行くかのー。

数多ある店の中から、最近気になるお店がボツボツある木太町へ向かう。
カーナビ通りに進むんやけど、このカーナビがボロい。
お店の近所まで到着すると、

  「目的地付近へ到着しました。これで案内を終了します。」

コラコラ。
店の前までちゃんとお客をお連れせんかい!
毎回、「讃岐うどん全店制覇攻略本2009」の地図で確認せなイカンでないか。

ちうことで、目的地は八坂神社の近所らしい。
いや、木太町に八坂神社があったこと初めて知ったけど、これって、あの京都の分祀か何か?

とにかく、そのわき道を入っていくと、ありましたっ。

       ふるかわ

店の名前を聞いたときは、「なんじゃ、紺屋町の蕎麦屋の支店か?」と。(笑)

店構えが立派。

ふるかわ(店構え)

何か蔵みたいね。

お店に入ると先客0。
うーむ、年の瀬じゃのー。

ふるかわ(店内)

いや、狸クンが店内でお出迎えじゃ。先客1匹

一般店ゆえ、何を食べるか迷うとこじゃが、そこはそれ、ひとつの命題を持って活動中やけん。

  「すんません。うどんとそばを一緒のドンブリに入れられますか?」

  「イケますよ。」

  「ほんだら、ひとっづつ入れてください。それのしっぽく。」

  「しっぽくでうどんとそばをひとつずつですねー。」

厨房にあがる茹で湯の湯気が冬を感じさせるのぉ。

  「しっぽくのちゃんぽん、お待たせしましたー。」

しっぽくのうどん&そばのちゃんぽん。

ふるかわ(しっぽくちゃんぽん上)

ふるかわ(しっぽくちゃんぽん横)

砥部焼のどっしりとした器が素晴らしい。
これだけ厚いと断熱性も高いやろなー。

ふるかわ(しっぽくちゃんぽん上UP)

具はかしわ、大根(デカイッ!)、人参、里芋に刻んだお揚げさんかの。
あ、胡麻はワシがズリズリしました。w

ふるかわ(しっぽくちゃんぽん上麺出し)

まずはうどんからじゃ。

   ズズズズズ

ふるかわ(しっぽくちゃんぽんうどんヲタ撮り)

むふーー。
シュッとしてモチッ。
なんか、東京にもありそうで無いタイプじゃのー。
美味いが。

次はそばじゃ。

   ゾゾゾゾ

ふるかわ(しっぽくちゃんぽんそばヲタ撮り)

うおっ!
なんやっ、このそばっ!
めっちゃ美味いがっ

切れ味鋭いエッヂの立ち。
なーのに、粘りがありまくり。
こりゃー、タマランチ元IOC会長じゃー。

うーむ。
こういう実力ある店ばっかりあると、胃が幾つあっても足らんが。

で、この後、家に去んで親に話したら

  「なんや、オマエ、どこでふるかわ知ったんぞ。」

  「いや、インターネット。」

  「あそこ美味いやろが。カアチャン、そば買いに行っきょるぞ。」

なんじゃ、買いよったんかぃ。
にしても、買うんは“うどん”とちゃうんかぃ(爆)

ちなみに、このちゃんぽんは500円でした。
ご馳走様。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

さて。
ある意味、今日の目的は果たしたと言えるのぉ。
家のほう向いて帰るか。

と思いつつ、車を走らせるも、ここはうどんの国。
やっぱしもう1軒ぐらい食べたいとこじゃのー、と助平根性が湧いて来る。w

でも時間は午後2時過ぎとるし、選択肢は一般店になるか。
んー、どこにするか・・・

そうや、まずは1軒偵察して、空いとらなんだらヨソ行ったらエェが。
新空港通を南下して、東バイパスを東へ。

おおっ! まだパトランプがまいまいしょーるが。

    あたりや

スポーツクラブの駐車場から下の敷地へ降りる。

おお! 行列ないがっ

あたりや(店構え)

駐車して早速店内へ。

相変わらず、店の中のPOPがにっぎゃかじゃのー。
まぁ、これを初めて見る人は「やかましぃ店じゃのー。」と敬遠するんもあり得るわのぉ。

勝手を知っとるワシは、カウンターんとこ行って、即注文じゃ。

  「ご注文は?」

  「えっとなー、ひやあつの小。」

オネエサンがすぐにチャチャッと作って出してくれる。
料金は後払いじゃ。

受け取ったらすぐに席へ。

天ぷらコーナーを見るも、藤原屋のゲソ天は売り切れじゃ。
あれだけで晩のオツマミになるんじゃがのぅ。

我がで生姜をスリスリしてドンブリへ投入。

ひやあつ小

あたりや(ひやあつ小)

うーむ。
美しい。

あたりや(ひやあつ小アップ)

師匠の「やまうち」DNAを受け継ぎつつ、若さを活かした剛麺へ進化させとる。
エッヂがありそうで、アップで見れば「鉈のエッヂ」とでも呼びたい様な仕上がりじゃの。

   ズゾゾッゾッ

あたりや(ひやあつ小ヲタ撮り)

まさに、小麦粉。
この噛み締め、この喉越しはラーメンでは絶対に味わえん。
麺の美味さが凝縮しとるわぃ。

ほんでから、人によっては“からい”とまで言われるいりこビンビンのダシ。
あー、ゲソ天欲しかった。(笑)

70歳を過ぎたワシのオヤジをして、「昔のうどんの味がする」と言わしめた一品。
たまらんのぅ。

あ、オヤジ曰く

  「出来たばっかしん時はのぉ、ビールも置いとったんでー。」

ビールの復活、激しく希望♪w

頼んまっせ、大将。

もうお腹パンパン。

ここで正式に実家へ帰る。(昨夜はホテル泊)
夕方~夜までゆっくり過ごす。

晩飯はいろいろ。
魚が美味い土地ってのはエェなぁ。

年をとるとしみじみ、そう思うわ・・・

[RSS] [Admin] [NewEntry]

右折して北上。

さぬき浜街道も越えたら、もう目的地じゃ。
「のぶや」から5分くらいで到着♪

     はりや

うおおおお。
並んどるのー。
推定15人くらいか。
店の中にも並んどるけん、こら時間がかかりそうじゃの。
ま、先を急ぐわけでもないけん、腹ごなしにはエェか(←腹ごなしして、また食べるw)

さてと。
駐車場の空きは・・・・空いとらんがっ!
うーん。
丁度満車かー。
直にどっか出るやろー。
それよりも・・・

    どこで待ったらエェん?

前に1台もおらんけん、分からんがーー!

しょーがないんで、店に向かって西向きに道の端に寄せて待つ。

ちなみに、駐車場は店の東と西に合計15台分くらいある。
路駐スペースなんか無い生活道路やし、そもそも路駐なんてもってのほか。

直に次のお客さんがワシの車の後ろに付いたんで、ひと安心。
なんか、ワシが間違ってて、他の本来位置に待ってた車に先に入れられたりしたら、後ろの人に申し訳ないけんなぁ。

なかなか出る車が無い。
気分はゲレンデレストランでお盆持ったままウロウロしとるような感じ。w

店から出てきて車に乗るも、なかなか出発せーへんのじゃ。
(実際には、後から出てくる連れ待ちやったみたい)

10分くらい待ってようやく駐車。

ヨロヨロと行列最後尾へ並ぶ。
こっからは耐える、いや、腹ごなしの時間じゃ。w

徐々に行列は進む。
周囲は家族連れ、カップル、友人連ればかり。

    孤独、ロンリー、さびしんぼう

この世にワシは一人ぼっち・・・
そう、ワシなんか、ワシなんか

(真夜中のギターのメロディで♪)

   年の瀬 はり~やの~

   店先で オヤジ ひと~り~

   孤独に 咽びつつ~ 行列に並んでる~

   かけにするかな~

   かしわにするか~な~

   そ~れ~と~も~

   豪華~に 鍋焼き 食う~か~

   お金はあるけれど~

   一人で うどんは つら~い~

   どなたか ご一緒に~

   うどんを 食お~よ~ 

   う・ど~んを 食・お・お・よぉぉぉぉぉ♪


アホな妄想をしよる間に、いよいよ入店間近である。

はりや(暖簾)

ウヒヒヒ。
入店♪

うおっ! よっけ並んどるがっ! 

  壁に張り付くように15人くらい。w

店内カウンターだけやけん、皆、食べよる人の後ろに背後霊みたいに憑いとります。

お店の客捌きはそれはもう見事なもんで、うまく整理しながら3人連れ、4人連れを並んで着席させよります。
離れて座っても、片一方の並びが空いたら、即移動を勧めてますし。

んで、うどんを出すタイミングも上手い。
いやー、この技術は一見の価値あるでしょー。
並んでる間、飽きませんわー。

さて、注文聞っきょると、ダントツで“かしわざる”の注文が多いですなー。
かしわのかけとか天ざるがそん次かなー。
とにかく、はりやの天ものは食うとかんと!っちゅう感じやね。
お客さんは美味いものをよぅ知ってますな。

んな中、楽しそうに仕事しよるんが大将。

お客さんが「ズルルルルル~♪」と音をたてて、うどんをすすると、大将がその目の前で

   「ズルルルルル~♪ チュッ♪ 美味しそうに食べてくれるね~」

食べ真似しながら、実に嬉しそう。

そういや、パートのオバチャンも楽しそうやし、店員さんも楽しそう。

並んでる人も「早ぅ食べんかいっ!」っちゅうオーラは皆無。

  「何、食べようかねー。あ、あれも美味しそうじゃわー。」

って、感じでワクワク感に満ちとるがな。

ネット上でラヲタが、家族連れやカップルに

    「並んで座りたがるんじゃねー。」

とか

     「早く食えよ!回転が遅くなってるじゃねーか!」

とかの自己中心的意見を振り回しているのが非常にエキセントリックに思えるわ。

家族を持ったことも、人を思いやったことも、想像力も、人生の余裕も無いとああいう哀れな行動に走るんやろかな。

   「かしわざる、次4つねー。天ざるは2つー。」

   「もう揚げてえぇんかなー?」

   「器だけー。うどんはまだよー。」


指示が優しくて丁寧。
怒号が飛び交うわけでもない。

パートのオバチャンを「てめー、動きがのろいんだよ!」「ほんと、この人トロいわねー。」と夫婦でバカにしていた“地雷源”@杉並とか、「おめー、ボケッとしてんじゃねーよ!」とカウンターのお客さんの頭ごなしに店員を怒鳴り散らす“二代目つじ田”@半蔵門とは、全然違う。
やはりお店の雰囲気は、味の一部ですな。

はりやの場合、見ていると一人客の方が圧倒的に少ない。
普段は多いんやろけど、仕事納めして家族で食べに来とるんやろなー。

  「おひとりの方、こちらへどーぞー。」

L字カウンターの短手方向の角っこ。
こりゃー、調理しょーるところがよぅ見えるわぃ。

  「ご注文は何しましょーか?」

  「鍋焼き下さいー。」


こないだmixiのはりやコミュで団員Dさんが鍋焼きうどん食べた報告を読んで以来、もう口が鍋焼きになっとったんじゃ。

かしわ天、ゲソ天も魅力的やけど、ここは一丁、一番高いメニューではりやの年内営業フィナーレを祝おうっちゅうことよ。
いや、誰も祝って欲しくはないやろけどさ。w

ざる系と天ぷら系の流れ作業に棹差すように、ワシの鍋が火にかけられております。w

で、助手さんがちゃんとお世話してくれよります、ワシの鍋焼き。
うむ、何か嬉しい。

なーべ焼きっ♪ なーべ焼きっ♪ う・れ・し・い・なっ♪

ひとりの寂しさを紛らわすかのごとく、心の中で唄ってみる(爆)

完成である。
鍋焼きが出来るまで、何人にうどんが出されただろーか。
いや、もうそんな遠い過去のことは忘れたさ。
今はワシの前に鍋焼き運ばれてくるのを待つだけさ。

   「お待たせしました、鍋焼きでーす。」

   「お待たせしてゴメンねーー。」


助手の言葉を追いかけるように、大将の優しい一言。

鍋焼きうーーどんっ!

はりや(鍋焼きうどん)

おほほ。
なかなか豪華やないですか。

海老、揚げ、ネギ、肉、午、未、申、酉、戌、亥

あれ? 何か、途中から変なんなったが。  ま、ええか。w

はりや(鍋焼きうどんUP)

さーて、食うぞ~♪

って、熱いけん、全然すすれんがなっ!

忘れとった。
東海林さだおが言うとったことを。

    鍋焼きうどんは凶器(だったか?w)

別の器に移しもって食べる。

はりや(鍋焼きうどん取分け)

   ズルズル

寒い日に鍋焼きうどん。
ってことは・・・

鼻水も出てくる。

   ズルズル

もう、ズルズルのズルズルじゃが。
一人やけん、誰もツッコンでくれんし。w

しかし、美味いのぉー。
土鍋でなしに、鉄鍋っちゅうことろが気が利いとるやんか。

はりや(鍋焼きと店内)

結構な時間をかけて食べ終える。

  「ごちそうさまー」

  「ありがとーーーねーー。」


妙な節回しのソフトボイスで大将がお礼を言ってくれた。
あの顔とあの語り口なら、ホストやっても成功するんちゃうか、と妙な思いを持ちつつ
ご馳走様

表へ出たら、「本日終了」ののぼりが出とりました。
ちうことは、「今年の営業終了」っちゅうこっちゃね。
お疲れさまでした。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

宮武から次を検討。

こっからなら「香の香」とか「岸井」とかの善通寺市内の店も近いんよなぁ。
でも、今日は絶対に行かなイカン店があるんじゃ。

ちうことでトットコ高松市内へ引き返す。

11号から五色台の有料道路。
晴れ渡った空と瀬戸内海が美しいな。

香西まで戻ってきてから、右折。
昔の池上製麺所があったところを目指して進んだら道路の東側に目的地が出てくる。

   のぶや

ある方のブログで拝見して、「これはっ!」と思って訪問したんである。

のぶや(店外観)

しかし、まぁそっけのない外観じゃのー。(失礼)
でも、ある意味、これが香川のうどん屋のスタンダードかもしれん。

ほとんど民家みたいな外観に暖簾掛けてるだけの店が多い中、キチンとビニールの幌で看板出しとるがな。

中へ入ると、あらまぁ、綺麗。
概観が歴史ある建物に見えただけにビックリじゃ。
新しいお店なんかいのぅ。

なんかしゃん、月曜日には限定メニューが出るって聞いとったんやけど、今日は無いみたいやなぁ。
どこっちゃに張り紙らしきもんが無いがー。

こういう時は何を頼むか・・・
ぬくいんにするか、冷たいんにするか・・・

よっしゃ、冷たいんいこか。

注文台んとこ行って

   「すんませーん。生醤油の小下さい。」

サササッとしつらえてくれて、

   「はい、お待たせー。」

先客がおらんかったんで席を選び放題じゃ。

と思とったら、6人の家族連れがっ。
人気やの。

生醤油うどん小

のぶや(生醤油うどん)

どっさり大根おろしがのっとるのぉー。

のぶや(生醤油うどんアップ)

結構剛麺に見えるけど、どーやろー。
下の方からダシごとかきまわして・・・

のぶや(生醤油ヲタ撮り)

   ズゾゾゾゾッゾ

おおぅ、これはやっぱりシッカリ、クッキリなうどんじゃ。

のぶや(生醤油うどん2)

最近はホンマ、どこで修行したか知らんけど、こういうしっかりしたうどんを出す新しい店が増えたのぅ。

際立った個性があるかちゅーたらアレやけど、安心してススめられるうどんやなぁ。
これで温いん食べたらどういう感じなんやろな。
ガラッと変わるんかな。

限定がある時にまた来たいわ。
ご馳走さま。

食べよる間にもう2家族入ってきて、外で車を回しよったら、もう1台が入って来た。
よっけ常連さんがついとるんやなぁ。
香川の人っちゃ、ホンマに美味いうどん屋を嗅ぎ取る能力が高いのぉ。w

[RSS] [Admin] [NewEntry]

なかにしの駐車場から慎重に車を出す。
通行料も多いし、いきなりハンドル切って入って来るヤツもおるけんな。

FMかがわを聞きながら、ちんたらドライブ。
来るたびにバイパスやらが出来とって、ナビが戸惑ったり、ラジバンダリ。

山越たむらも我慢して進む、進む。

イオン香西店

香川屋本店前場も我慢して進む、進む。
カントリーも辛抱。

道なりに進んで、黄色いパトランプが見えれば、チラリと左を脇見(←危険!)

  「おっ、並んでないがっ♪」

ここで慌てて路駐したりするアホが居るけど、もう100M弱進んだら安心して停められる広~い駐車場があるんやけん。

駐車場の入りは2割くらいか。
お好きなところに停め放題。
年の瀬やし、流石に観光バスは居らん。

お店へ向かってテクテク。
お店から戻ってくる人とすれ違う。ニコニコ顔ですな。

店の入り口。

宮武(店外観)

ここのベンチはおろか、駐車場方向までダーーッと並ぶこともあるから、あな恐ろしや。w

前のお客さんに続いてお店に入る。

  「こちらでご注文どうぞー」

  「代表者の方がお名前とご注文書いてねー」

  「天ぷらは小皿があるきん、自分でお取りになってくださーい。」

  「どんぶりはこっちに返してねー。」


  「なに食べたーん? おうどんは小なー?」

  「これどっちー?」

  「佐藤さーーん! どちらーー?」


活気がある店内とはまさにこのこと。

ワシはカウンター左端の空席にスルリと滑り込み着席。

  「なにしましょー?」

  「ひやひやの小!」

注文してから、席を立って天ぷらゾーンへ。
迷うことなく、ゲソ天を取るっ。

宮武(ゲソ天2)

相変わらず、でけーーっ

宮武(ゲソ天)

うどんが出てくるまでの間、これを辛抱せなイカンのがつらい。
ついついハムハムと食うてしもーて、うどんが来た時にはほとんど残ってないっちゅうケースが(笑)。

  「ひやひやねー。」

今日は、待てました。w

宮武(ゲソ天+ひやひや小)

このつやつやのネヂネヂのうどんの素朴さと荒々しげな感じはどいやっ!えっ、ボクよっ!

宮武(ひやひや小2)

たまらんっ。食うぞっ。

宮武(ひやひやヲタ撮り)

    ズゾゾゾゾゾッチュッ

むふー。
こりゃー美味い。

もうなんべんも食べとるにの、毎回驚くのは何故じゃ。
んでまた、このネヂレチヂレのうどん
これが手切りマジックなんかのー。
ダシも美味いわー。

宮武(ひやひや小)

まだ香川にGAPが無い頃から、GAPの帽子を被っとった大将。
かがり火の近況でも報告したげようと思っとったんですが、ご近所さんと年末の話題に花を咲かせとりましたんで、自重。

  「ごちそうさまー。小とゲソ天なー。」

  「サンナナー♪」

大将の明るい声が響きました。

あああ。
やっぱりそばも食べたらよかったかのぅ。
去年食べたけん、辛抱したんやけど。

もう昔みたいによっけ食えんけん、どじゃこじゃならんのじゃー!

[RSS] [Admin] [NewEntry]


 ども! 筆者です!

 12月29日(月)~1月2日(金)の日記だけど、鋭意執筆中なんで、ちゅと待っててね。
 書いたら順番にUPするからね。

 とりあえず、1月3日(土)の日記から再開していいかな?

    ヨカヨカ

 じゃ、オッケーってことで。

 ヨロツクっ!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重   未測定

さすがに酒が残ってますな。
ゆっくり起きて一休みしてからお出かけ。

チャリチャリと高松駅まで自転車。
駅地下にレンタルサイクルを返してから、マツダレンタカーへ。

用意されとったんはデミオ。
一人で借りるときは、まずこの車種が用意されるな。

年末恒例のプチうどんツアー開始じゃ。
高松駅前を出発して、さてどちらへ行きましょかー。

毎年のこっちゃけど、年末の客足のヨミは非常にめんどい。
有名店でも全く行列が無い時もあれば、アホみたいに長い行列ん時もある。

でも、共通して言えるんは、平日の早い時間なら空いとるケースが多いこと。

今、市内やけん、どっち向いて行くか・・・
坂出方面やと、そのまま丸亀、善通寺と攻めなイカンやろしな。(←イカンことはないw)

高松の奥へ攻めるか、新店回るか・・・

こういう時は、行き慣れたとこへ行ってしまうのがワシ。

    なかにし

ひっきりなしにお客さんが来るけど、お客さんも次々に食べ終えて出て行くんで、満席になることがない。
なんか、お客さんも鍛えられとるのぉ。

そのせいで、車の出入りも激しいんで事故を起こさんようにせんとなー。

なかにし(店構え)

暖簾をくぐって引き戸を引いて店内へ。

この素っ気無い店の造りが、“香川のうどん屋♪”っちゅう感じでエェなー。

ドンブリ取って即注文じゃ。

   「すんません、うどんとそばの合い盛りってでけるなー?」

   「アベックやな? 一つずつ?」

   「うん、ひとつずつ。」

   「ほんだら270円。」

お金を払ぅて、麺温めコーナー。

テボにうどんとそばを放り込んでチャチャッと湯がいて、ドンブリへ。
んで、タンクの蛇口からダシをシャバシャバーーーッ

着席。

なかにし(アベック1)

なんか、めっちゃうどんが太ぅなってないかー。
これは嬉しいお産、いや、誤算じゃー♪

なかにし(アベック2)

テーブルにあるネギを入れる。
なかにしは何故か生姜を置いてない。(ウゥッ)

なかにし(そば)

   ズゾゾゾッ

そば、美味いのぅ。
このつなぎにうどん粉を使ぅた香川県独特のもちもちした食感が懐かしさ満点じゃ。

なかにし(うどん)

   ズルルルッ

うどん、どんどん進化しよるのぅ。
クラッシックから今の形へ。
でも、粘りとイリコダシの安定感は歴史を感じさせてくれる。

あ、別嬪さんは見当たらんかった。
ううっ、年が締まらんがっ!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ふみやを後にして、Aさんと落ち合う。
今年のうどんツアーの時にAさんの紹介で行った店ががいに気に入っとるワシ。

   「また、あっこ行こうでー。」

   「アタシも晩御飯まだやけん、丁度エェわー。」

ちうことで、こちら。

    しるの店 おふくろ @トキ新

さすがに日曜日の晩だけあって、お客さんは少ない。

でも、それぞれがそれぞれの時間を過ごしよる。

大皿料理がズラーーッとあるけん、目移りするけど、お腹が・・・いっぱい。
とりあえず、茄子の煮浸しもらって、酎ハイ(氷彩)でスタート♪

おふくろ

よっけいろいろ話ししたなぁ。

いつもなら“しる”まで行くとこやけど、本日は辿りつかんかった。

お店の人はNHKでやってた世界のパントマイムを真似てはお互いに批評しよる。
いつもはキビキビ働く人の別の面を見るのは、これまた楽しいなぁ。

  「そろそろ行こうかねー。」

そう、今日はAさんのお導きで久しぶりのライブなのだ。

20時半の南新町商店街。
ほとんどの店のシャッターは下りとる。

んな中、オリーブホールへ潜入。
実はオリーブホールは初めて。
香川居った時は高校生やし、香川離れてからは来る機会が無かったし。

丁度、プロのLIVEが始まるところ。

名前は「二村 敦志

二村敦志(ポスター)

Aさんイチオシのアーティスト。

会場の片隅で拝見。
久しぶりのLIVEだからか、二村さんの歌声に迫力があるからか、

二村敦志(その1)

       シビれました

二村敦志(その2)

人の歌も良いけど、オリジナルがこらまたエェッ!!

うーん。
やっぱプロフェッショナルは声の出し方もノリもちゃうなー。

Aさん、途中からグラファの人に連れてかれる。w

二村さんの「来いよ!ミックスジュース!」の声でSEXYなダンサーが舞台上へ。

二村敦志(その3)

うーむ。

     眼福、眼福♪

で、空いてる席に腰掛けて見てると、舞台から降りてきたミックスジュースがワシの周りに着席。

ううーーむ。

     眼福、眼福♪(爆)

楽しい時間はあっちゅう間に過ぎる。

LIVE終了後、本人に挨拶。

  「是非、六本木のSTBに来てください。」

  「ハイ!」

あ、ダンスチーム「ミックスジュース」も連れてきてって言うん忘れたがっ(笑)。

LIVE関係者やら、オリーブホール隣のグラファのスタッフやらでカオス状態になっとる会場を一旦脱出。

トキ新のホルモン「楽門」で小一時間。

楽門(その1)

楽門(その2)

楽門(リリーフランキー)

次にアップルタウンでも小一時間。
(マスター、ずーっと寝てた)

アップルタウン

アップルタウン(銘柄)

再びグラファへ戻る。

LIVE後の喧騒は落ち着いたみたい。

ここではメーカーズのレッドラベルでフィニッシュ。

グラファ(サミー)

ワシの大好きな曲「Mr. Bojangles」が流れてきたし(しかも、Sammy Davis Jr.!)。

グラファ(メーカーズ)

もう、なんちゅうか、素晴らしい夜になったなー、今夜は。

LIVE、連れてってくれたAさんに感謝
二村さんに感謝
グラファに感謝
Sammy Davis Jr.に感謝
リリー・フランキーにも感謝

アップ(ル)タウンのマスターには・・・・・(笑)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

自転車で兵庫町を広場方面。
天勝のとっから、腹ごなしを兼ねて旧市内を走り回る。

田町の路地裏で二宮金次郎の銅像ハケーン♪

二宮金次郎

その後、懐かしい町並みを抜けて、母校

桜町中学校

卒業から30年近いんやけど、全然変わらん。
耐震とか大丈夫なんかな。

んで、ホテル到着。
これだけお腹一杯やとどうにもこうにもじょんならんけんな。

チェックインしてお昼寝。
日曜の午後にゴロゴロ。

    至福じゃー。

18時半過ぎに行動開始。
まず向かったんは、久しぶりのこちら。

    お好み焼き ふみや

ふみや(店外観)

最近、いろんなとこのブログで焼き牡蠣やら牡蠣お好み焼き(通称「カキオコ」)の写真をやたらと見かけとったんで、口が牡蠣になっとったんである。

   「カキ玉頂戴」

ふみやに通い始めて初の牡蠣お好み焼き

焼く前の様子をジーーッと注視(←怪しいよなw)

ふみや(大将のてさばき)

年末だが、お客さんはひっきりなしに来る。
注文を見ていると、やはり「キモ」系が多いな。
お土産も結構出てるのねー。

相変わらず、大将、女将、お嬢さん2名の4名のやりとりは、まるで喧嘩しよるんちゃうか?っちゅう語尾。

   「前のお客さん、水出てへんでー。」

   「注文なんやったっけ?」

   「キモそばじゃー。フォーク出とらんがー。ださんかー。」

   「さっき言うたやんか。」

   「おい、このキモ玉どこぞー。」

   「右の赤い(服の)人―。」

でも、仲がエェんよなー。

大将が牡蠣を入れるん見よったけど、これでもかっ!ちゅうくらい入れてますが。w

カキ玉焼き

ふみや(かきおこ)

言えば、お皿とお箸は出てくるけど、基本はコテで食べる。
っちゅうか、それが普通やと思ってたんで、上京したときは驚いた。

ふみや(かきおこヲタ撮り)

美味かったなー。
にしても、牡蠣が10数個入って¥600て。

   原価どうなってんねん。w

ただ、ここのソースにはやっぱりキモの方があいそう。
今度は牡蠣うどん焼きか、牡蠣そば焼き頼んでみるかのー。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

ちうことで、次の店が思案のしどころ。
時間も時間やし、セルフ系は店仕舞いの時間か。
となると、一般店かー。

そういや、紺屋町にお好み焼き屋みたいな名前のうどん屋がでけとったげにどっかで見たなー。
あっち、森製麺所もあるし、そっち向いて行くか。

片原町駅前から三越の脇まで抜ける兵庫町の裏道を走る。
フと脇を見ると、あの店が。

あ、営業中や。
なんか、夜しかやらんイメージがあったけど、昼もしよるんか。
即自転車を停めて階段を上がる。

    手打拉麺 木蘭

木蘭(店外観)

うはー、何年ぶりやろー。
ワシ、小学生か中学生ん時にオヤジに連れてってもろた以来やで。

あの麺生地を伸ばしながら台にバンバカ叩きつけては二つ折りにしてを繰り返して1本が2本、2本が4本、4本が8本とどんどんラーメンの麺になっていくんが子供心に不思議だった。

  「肉味噌ラーメンが美味いんじゃ。」

と云われて食べたっけなー。

カウンターに座る。
変な時間やのに先客7名、後客4名。 人気やねー。

真冬やけんかしゃん、他の人の注文は野菜ラーメンとかラーメンとかばっか。
ワシは星一徹、初志貫徹じゃ。

  「肉味噌!」

オバチャン2人と店主?のオッチャン1人。
オッチャンが生地を出してきて、中華包丁で切る。

んで、おもむろに伸ばし始める。

  ダン!ダン!ダン!

スッゲー迫力。
これは見物じゃわ。
高めの値段設定やけど、これは見物料が入っとるのー。

店内に張り詰めた空気があるけん、写真撮影許可願いを言い出すことすらできんが。
やがて麺は細く伸び、それを包丁で両端のダマを切り離して、中華鍋へバラバラバラ~と投入。

ワシの肉味噌は冷たい麺なんで、茹で上がった麺をも1回水で〆よる。

肉味噌ラーメン

木蘭(肉味噌)

うはー、肉味噌タップリ。
これライス一緒に頼んで最後に投入したらめっさ美味いやろのー。
今は胃にそんな余裕が無いけどだ。

    ズゾゾゾッ

木蘭(肉味噌ヲタ撮り)

あら?
予想してたんとちゅと違う食感やぞ。

ムッチィィィィってな粘りの強コシを想像してたんやけど、ザックリザクザクな食感じゃ。
ズバズバ食うって表現が合うかもしらん。

美味い、美味いが。
あっちゅう間に完食。
いや、これエェわぁ。
何より麺が臭くないしな。

1000円払って退出。
餃子が800円もするけん、どんなんか思ってけど、ヨソのニイチャンの餃子をチラ見したところ、数が多いんやね。
1人客用のハーフでもあれば注文し易いかもなー。

もうお腹パソパソ。
ほんま食えなくなたもんやで。
お昼に、ラーメン2杯、うどん1杯だけとはな。

   え? それが普通でっか?

えろぅスンマセン。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

岡山駅へ戻り、マリンライナー乗車。
ギリで戻っても、指定券があるからラクチンだもんねー♪
と思ってたら、自由席もガラガラですた。(ガクッ)

マリンリナー(その1)

瀬戸大橋からの眺めは毎度ながら綺麗じゃのー。

マリンリナー(その2)

マリンリナー(その3)

マリンリナー(その4)

今日は天気がエェけんのー。

マリンリナー(その5)

着々とうどんに近づいとるのー。(爆)

マリンリナー(その6)

13時過ぎ、高松駅到着♪
さ・て・と。

まずは駅前地下でレンタル自転車を借りる。
24時間¥100っちゅう激安価格なんで、借りん手は無いな。

んで、高松駅周辺の店を攻めることにしたんじゃが、まず向かったんはこちら。

     「地上最強のうどん ゴッドハンド」

三越の裏の道をフェリー通りの方へ行ったらあるんちゃうか?とアテつけて走ったら案の定、フェリー通りの向こう側にうどんの幟ハケーン♪

ゴッドハンド(店外観)

13時過ぎでやっとるかどうかだけが不安だったけど、無事営業中。

しかし、ホンマにこの店名なんやね。
修行先の「手打ち十段 うどんバカ一代」に由来するんやろね、やっぱし。

先客ゼロ。
お昼のラッシュが過ぎて、まったりしとる最中ってな雰囲気。
こちらもゆっくり選べるからえぇねー。

んでも、しっぽくがある店では基本的にしっぽく頼むつもりやったから、メニューの張り紙の「しっぽくあります」見た瞬間に、

   「しっぽくの小!」

   「ハーイ♪ 温(ぬく)めますんでちょっとお待ち下さーい。」

頑丈そうな旦那は奥で作業中。
奥さんがしっぽくのダシと具を小鍋に入れて温め直し。

水汲んだコップを載せたお盆をカウンターに置いてボケーッとTV見よったら、後客2名。
水汲んでお盆取りながら「○○の大っ!」と注文するまで、入店から30秒経ってないあたり、アンタ、ゴッドハンドのプロやな?と思わずにはおられん。

  マス・大山(“だいせん”ちゃうで)ならぬ、うどんマスターやな(意味不明)


小鍋で別に出汁と具が温めなおされたしっぽく。

後ろに待ち客がおるけん、女将も気がせっきょるげなな。

  「はい、お待たせしましたー。」

しっぽくうどん

ゴッドハンド(しっぽく全体)

うひひ。
これじゃこれじゃ。
この澄んだお出汁がタマランチ元IOC会長。

ゴッドハンド(しっぽくアップ)

この野菜が全部エェ感じに煮込まれとって、もうこれだけで何杯でも呑めるっちゅーねん!
イリコの出汁と野菜の旨みが合わさって、なんぼでも飲めるっちゅーーねん!


ゴッドハンド(しっぽくヲタ撮り)

   ズルズルズルー♪

美味いっ!


この太いうどんのムチチュルなんとムニョッとした粘りがどいやっ!えっ、ボクよっ!


しっぽくは七味と思う時期もあったけど、やっぱしあれじゃの。

   生姜でキマリじゃのー。

しかし、最近のうどん屋はどこもよぅでけとるわぃ。
こういう溌剌としたうどんを食べると、またノスタルジックな昔のうどんも食べとぅなるんは何故かいのー。



[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重   71.2kg

6時半起床。
家族は勿論、就寝中。

忘れ物が無いか最終チェック。
ブログをアップし、年賀状も荷物へ入れる。

7時半過ぎ出立。
LAWSONで食べ物を物色するもイマイチ。
品川駅で、まい泉のおかずとカツサンドが入った弁当をゲトー♪
文春とビールも買い込んだら、いよいよ帰省の旅スタートである。

富士山凄く綺麗。
寝たり起きたり。
関ヶ原辺りは雪。

新幹線の車窓(関ヶ原)

疲れがたまっとるんか、今朝が早かったからか、電車の中でよく眠れる。
あっちゅう間に新神戸まで来た。

新神戸の前後はトンネルが長いんで、携帯がつながらん。
ほんの10数分でイラつくとは、ワシも携帯依存症候群じゃの。

岡山駅到着。
予約してあるマリンライナーまでは30分ほど時間が有る。

速攻で駅を出る。
空き時間を利用して、岡山っちゅうか、山陽初の二郎パクリ系ラーメンらしい「ダントツラーメン」の位置だけでも確認しておこうと思ったのだ。

東口?西口?ビックカメラのある方に出て、線路沿いに歩く。
確か、こっちにあったような・・・

あれ? 日曜日定休のはずの「あまいからい」が営業しとるやんけ。
ちうことは・・・あ、「丸天そば」もやってる。

これは嬉しい誤算じゃ。
どっちに行くか・・・いや、あんまし時間無いし、空いてる方にしよ。

「あまいからい」、ほぼ満席。
ちうことで、「丸天そば」へ。

    先客ゼロ(爆)

どうやら今開店したばっかみたいね。

丸天そb(店内)

ラーメン頼んでしばし待つ。
店員にオバチャン、多いな。w

丸天そば

丸天そば(中華そば)

丸天そば(中華そば横)

この小葱がバラリと散らされるんがエェよねー。
西日本へ帰ってきたわーって感じるわー。

丸天そば(ヲタ撮り)

  ズズズズズ

ホッとする味やなー。
太い麺に濃厚なスープへシフトするラーメン界の流れに飲み込まれず、ぶれない、キッチリした正統派地元のラーメンっちゅう感じが潔い。
美味いですな。毎日食えると思う。

店の前にはお土産ラーメンを売る屋台(ブース?)が登場。
帰省客目当てかな?

丸天そば(店頭)

中にはオバアチャンがお一人、鎮座してました。w

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重   71.0kg

本日、今年最後の二郎を食べるべく潜入。
8時30分に到着すると、行列は角を少し折れたところ。

玉子片手に入ると、3人の助手に囲まれて、オヤジ上機嫌。

  「なんか、怪しい●●が●●んだって?」

  「おーう、そーだよー。」

商売も人気が出ると、変なヤツがまとわりつくんだねー。
(店主ヲタ然り)

二郎三田(豚の塊)

オヤジ、助手のSクンをイヂりながらご満悦。

  「一人分作っといてくれるー?」

オヤジからお土産の指示が飛ぶ。
助手のHクンが上に上がって、いろいろ(笑)やってくれる。

三田二郎(お弟子さんの朝食)

しかし、最近のオヤジ、おしゃべりに熱中しすぎてトッピングを聞くのを忘れることしばしば。w

  「ほい。」

  「あ、野菜カラメニンニク~」

  「お、いっけねー。」

一回出したドンブリを下げて、トッピング。

小豚野菜カラメニンニク%2008年ラストの一杯

三田二郎(小豚上から)

横からっ

三田二郎(小豚横から)

本年最後の二郎、豚が花開いとりますっ!

三田二郎(小豚上からアップ)

ガフガフッ

三田二郎(小豚ヲタ撮り)

麺がスープ吸って美味いなぁ。
また、絶妙な柔らかさ加減でズルズル食える。
ここで玉子投入ッ♪

三田二郎(小豚玉子シュート)

コントラストが素晴らすぅい・・・

三田二郎(卵アップ)

後は一気食いじゃ。
助手のHクンからお土産を受け取り、今年の二郎納めは無事終了。

  「オヤジさん、ごっ馳走様でした。」

  「おーう、まーーたねー。」

  「よいお年を。」

  「おーう、いい年を~♪」

ちなみに、本日もファーストロットはほぼ毎度の面子
固定化されとるなー。(ワシもやけど。w)

裏口へまわり、自転車を出していると・・・

  おや? おんや~~~?(爆)

三田二郎(偽オヤジ?)

この後姿は間違いないっ。
あの噂のお方に間違いないっ。

前へ回り込んだが、写真は難しいなっ。

見た感じ、穏やかそうなオッチャンでした。
ワシも、いつまで二郎食べられるかなぁ。

さぁ、今年の泳ぎ納めにあたり、例の言葉をコールしたいと思います。

   食ったら、泳ぐっ!

    3000m×1本
    1900m×1本、50m×2本


   本日の合計距離    5000m
  12月の総泳距離    37.2km
  H20総泳距離    513.0km
 H15/5~総泳距離 2932.1km
  今朝の体重       71.0kg
 プール後の体重      69.9kg

これで今年は泳了
トータル513km。 毎月42.75km泳いだ計算
一応、毎月フルマラソン分は泳いだことになるねぃ。

水泳を再開して以降の、毎年の推移を見てみよう。

  H15 389.3km 76.4kg → 48.66km/月
      (8ヶ月)         

  H16 636.5km 74.8kg → 53.04km/月

  H17 535.5km 76.4kg → 44.63km/月

  H18 481.6km 72.2kg → 40.13km/月

  H19 561.4km 71.3kg → 46.78km/月

  H20 513.0km 69.9kg → 42.75km/月 


運動すれば、ある程度の暴飲暴食はリカバリー出来るって証拠ですな。
また、確実に体重は減る方向にあるな。
減少スピードはともかく。w

三田二郎(麺1)

三田二郎(麺2)

お酒さえ呑まなきゃ、もっと減ってんだろなー。
とにかく二郎と酒を楽しく続けるためにも、来年もしっかり泳がなきゃね。

来年は目標をどこにおくかなぁ。
とにかく、今年もよく頑張りました > ワシ。

 朝食  ラーメン二郎三田本店
 昼食  抜き
 夕食  すき焼き

夕飯はすき焼き。

食べ終えてから、年賀状へ一言を60枚すべてに書き添える。
んで、明日からの帰省の支度。
出来るだけコンパクトに荷物を仕上げる。

今年は夏に帰れなかったから、久しぶり(っちゅうても、半年ぶりだけど)の帰省になる。
うどんも宴会も楽しみだけど、なにより、あの空気に触れられることが楽しみ。
やはり、田舎があるってのは恵まれてるんだな。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重   71.0kg

今日で御用納めっちゅう方も多いのではないでしょうか。
かくいうワシもそうですが。

こんにちは、飯島恋です。

愛ちゃん、亡くなっちゃいましたねぇ。
AV出身タレントの出世頭だっただけに、引退の時も惜しまれましたが、まさか亡くなるとは。

誰かが一緒に住んでいれば助かったかもしれないこと、また死後一週間も見つけて貰えなかったこと、どちらも悲し過ぎすぎる。

あんなに友人多そうなのにねぇ。
親身になってくれる友人が少なかったのかな。
芸能人って実は孤独なんかもしれんな。

それにしても、孤独死ってのは高齢者だけの出来事ぢゃないんだなぁ。

さて。
本日は某所へ部下と3人で挨拶回り。
終了後、年末の挨拶、いや、お昼を食べにこちらへ。

    かがり火

早めの到着だったんで、先客1。
でも、後から続々お客さんが来てました。

12月の限定うどんの中から、ワシは「野菜ごろごろカレーうどん」
一人は、平天かけうどん。もう一人は、野菜かき揚げ天うどん

野菜ごろごろカレーうどん

かがり火(野菜ごろごろカレーうどん)

うはははは
ホンマに野菜ごろごろやね。

かがり火(野菜ごろごろカレーうどんアップ)

うどんはまごうことなき、ネヂレチヂレのグムグム。
ズルズルのハフハフじゃ。

かがり火(野菜ごろごろカレーうどんヲタ撮り)

肉もごろごろだと嬉しいけど、それは二郎で補充すりゃエェ話しか。
野菜ごろごろカレーうどん、美味しゅうございますた。

平天うどん

かがり火(平天うどん)

平天が両サイドに均等にはみ出とるところに、こだわりが見えるのぉ。
でも、盛り付けが真面目すぎんか?
もっとこう、平天を折り曲げてアーチ状にするとか。(無いかw)
うどんで平天を縛り上げるとか(これも無いかww)

野菜かき揚げ天うどん(サービスの五穀米付き)

かがり火(かき揚げうどん)

おー! これこれ!
皿の枚数を増やして、お客に「どやっ!」と迫る感じがグゥ♪
見た目もめっちゃお得感があるやん。

職場へ戻り、午後の仕事を終えたら、仕事納めである。
各所で宴会スタート。

今年もいろいろあったような無かったような。
ただ、一言言えるのは

     1年って過ぎるのが早い

ボケーッとしてるとすぐ1年経っちゃうね。
来年は充実したものにしたいなー。

それよりも、肝心のお仕事が進んでないなー。
ま、ワシのせいちゃうし、待つしかないか。

2次会は無し。
ならば、ひとりで2次会ぢゃ。

   たけちゃん

久しぶりのたけ。

ワーワー騒いで、お代は2000円ほど。

すっかりいい気持ちになったんで、今年はもう行くことも無かろうと思ってた「べろんちょ」へ突撃。

そこそこ呑んで、そこそこ唄って、眠り込まないうちに脱出。
剣呑剣呑。

 朝食  おにぎり
 昼食  かがり火
 夕食  会社、たけちゃん、べろんちょ、麻布ラーメン

小腹が空いたら、水飲んで寝る!

  それが出来たらデブにならないわけで・・・

行っちゃいましたよ、麻布ラーメン

麻布ラーメン

麻布ラーメン(ヲタ撮り)

こないだも食っちゃったんだよなぁ。
何故食っちゃうんだろ。 

年の瀬だからかなぁ・・・(←絶対関係ないと思われw)




ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重   71.6kg

お昼にまたまた蒙古タンメン中本のカップラーメンですよ。
いやー、辛い!辛い!

デブ汁、ピューピューだよっ!(ⓒ牧瀬里穂)

クリスマスなんぞ関係なく残業してたら、ヨソの課のヤツがずーーーっとワシの横に来てダベッてる。

しゃーないんで相手しながら残業。

21時になっても帰らない。
その上、

    「いつ、お好み焼きに連れてってくれるんですか?」

とおっしゃる。

んじゃ、1時間1本勝負にすっか、と切り上げてお好み焼き屋へ向かうことに。

    ごっ○○

呑みながら、いろんなもんをつつく。

最後に頼んだのが「ごっ○○焼き」

ごっ○○(お好み焼き1)

なんじゃ?このフレークみたいなの・・
まっ、まさかっ!

ごっ○○(お好み焼き2)

ニソニク増しですた。(笑)

いや、全体的に美味かったけど、ソースの後味が甘―――い。
もうちゅと辛い方が好きっす。

 朝食  おにぎり
 昼食  蒙古タンメン 中本 カップ
 夕食  ごっ○○

けやき坂とか

けやき坂1

けやき坂2

麻布十番とか

麻布十番

夜景は綺麗やけど、あんまし恋人達がおらんねぇ。
もっと、こう路上でブチュー♪とかしてて、もうオッチャン、目のやり場に困ってしまうがーっちゅうのはないのかね。w

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重   71.0kg

クリスマスイブ。
ちうても、生粋の仏教徒である筆者には全くゆかりアケミ加奈子も無い。

キリストが生まれた日のどこがめでたいのか。
クリチャン、いや、クリスチャンだけが祝えばいい。

しかし、そこはさすがの日本人。
キリストをスポーンと落として、単なるお祝いの風習だけを頂戴したのである。

ちうことで、我が家もご他聞に漏れずケーキを食べ、鶏肉を食らい、プレゼントを上げる日になっとる。不本意だが。

あ、そうそう。

   ツリーはセッティングと片づけが面倒くさいんで出さず(爆)

簡易ツリーで済ませた。
(ツッパリ棒にレイとかをかけたw)

泳ぎに行こうかと思ってたら、「早く帰ってこい」とのメール。

しゃーないので歩いて帰る。w

で、一応プレゼントをあげる。

上の子供には洋服。
下の子供には財布。

後、義妹からもプレゼントが届いてた。

入浴剤(その1)

入浴剤(その2)

入浴剤(その3)

最近の入浴剤は楽しいなぁ。

シャンパン呑んで

スパークリングワイン

スパークリングワイン(アップ)

手作りケーキ食べて

クリスマスケーキ(全体)

クリスマスケーキ(アップ)

クリスマスケーキ(ピース)

ローストチキンは・・・・子供の食べ残しと嫁はんの半分貰ったら満足してしもた。

 朝食  おにぎり
 昼食  ねぎラーメン、おにぎり
 夕食  ローストチキン、スパゲッティ、ケーキ

クリスマスイブともなれば、バブルの頃は華やかだったのぉ。

ワシも、一人2万近いディナー食うたもんじゃ。
シャンソン歌手の生ライブ付いてたな。
唄いながら、各テーブルをまわって来るんじゃ。

今はどうなんやろねー。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重   71.8kg

今日は年賀状を作成するのだ!
それまでは家を一歩も動かないぞう!

と、PC前に座ったはいいが、悪戦苦闘。
とにかく、OSがMeってのがガンですな。

苦しみつつも、昼前に60枚を印刷終了。
ちうても、裏面だけね。

表面は手書きにするのだ。(その方が気持ちが入るでしょ?)
後、一言添えるのは後ほどと言うことで。(苦笑)

年も押し詰まると、あそこの店、ご無沙汰だなーっちゅう理由にかこつけて、あちゃらこちゃらと飲み歩くものである。
かく云う、ワシもその一人。

祝日の昼に営業してて、ご無沙汰・・・
あ、そうだ。

  「もしもし、ずみたさんですか?今日は営業されてますか?」

  「はい、昼は11時から、夜もやってます。」

なんとかっ!
祝日なのに夜もあんのっ!?

ねらい目やなー。
今度はそこを狙うか。

ちうことで、年賀状作成の合間に「すみた」へ。

12時50分到着。  20人(!)待ち
相変わらず人気ですなー。

んで、13時19分で麺切れ。(凄)
13時半前に入店である。

奥から3番目に着席。

  「おでん盛り合わせと瓶ビール下さい。」

アルコールを呑むと云うことは、本日はスイミングはお休みっ!(苦笑)

おでん盛り合わせ

すみた(おでん盛り合わせ)

平天が入ると、焼き豆腐が入らんのよねー。
言えば入るのかもしれんが、無理を通すのもなー。

にしても、相変わらず美味い。

食べてる間も頭の中では

  カレーうどんにするかな。肉うどんにするかな。かしわざるにするかな。
  ビールもう一本頼むかな。すると、かしわ天頼むかな。なら、ざるかな。

もう、何を頼むのかグルングルン(←優柔不断)

大将とはいろいろお話し。

  「そういや、ウチ、赤羽に移転するんですよ。」

  「へっ? あ、そうなの? 駅からは今よりどうなの?」

  「7分くらいですから、ちょっと遠くなりますかね。」

  「まぁ、駅前だと酔っ払いが紛れ込まんとも限らんから、ほどよく
   遠い方がエェんちゃうん。広くなるの?」

  「厨房は広くなりますね。客席も4つくらい増えると思います。」

  「そら良かった。今まで、こんな家庭の台所とへど変わらんスペースで
   よぅやってきたよなー。感心するわ。」

移転経緯については割愛。

まぁ、でもかの地に開店して依頼、いろいろと思い出のある「すみた」。
移転する前に、一度宴会をやらせてもらおうかいの。

かしわ天

すみた(かしわ天)

追加したビールのアテには、これを差し置いて他には無かろう。

ホフホフと熱々のかしわを頬張る。  シアワセ。

すみた(かしわ天アップ)

  「讃岐っ子さん、ラストオーダーです。」

  「ざる、頂戴。」

ざるうどん

すみた(ざるうどん全景)

すみた(ざるうどんつけダシ)

すみた(ざるうどんアップ1)

見て分かるように、ヌラヌラのピィカピカ☆

すみた(ざるうどんヲタ撮り)

   ズゾゾゾゾ

表面の張りといい、その押し返しといい、異様な美味さ。
フッと切れることもなく、小麦を練るだけで出来上がるもんかね、これが。
このうどんに“ノビる”ことはあるんだろうか。

すみた(ざるうどんアップ2)

すみた(ざるうどんかしわ)

すみた(ざるうどんヲタ撮り2)

支払いをして、今年最後のご挨拶。

 「今年もお世話になりました。どうか良いお年を。」

 「え、今年はもう来ないってことですか?(笑)」

これは26日か27日に来いってことでしょうか? 
無理です。

歳末福引(券)

 「歳末福引の券です。そっちのたい焼きやの隣でやってます。」

 「あ、そうなの。」

 「50円もらえますよ。(笑)」

 「????」

昼の部、最後の客でした。

たい焼き屋(外観)

店を出て、十条駅方面へ。
たい焼き屋ってどこやろ?

うわっ! ど派手なたい焼き屋がっ! 

たい焼き屋(外観2)

こら、見落とすわけ無いな。(苦笑)

隣のスペースに入ると、2人のオバチャンがくじ引き番しとりました。

歳末福引(福引所)

   ガラガラガラーッ  コロリン♪

  「はい、これ。」

歳末福引(50円当たり)

 これが、大将の云うとった50円か(爆)

ついでなんで、お土産を買おうと思い立ち、隣の「日本一のたい焼き」屋へ潜入。

  「カスタードと小豆を3つずつ頂戴。」

  「全部で900円です。出来上がるまで奥でお待ち下さい。」

奥のスペースへ進むと、一見スポーツ新聞らしきものがラックにある。

たい焼き屋(2つの新聞)

あれ? 何で2つも同じ新聞があるねん?

      アッ!

たい焼き屋(新聞の正体)

まさかと目の前の焼いている厨房を見ると

たい焼き屋(作業場)

       アアアッ!

たい焼き屋(三色旗)

ルーマニア国旗、じゃなくて、「うどん 山越」の入り口に掲げられていた三色旗と同じものがっ!!

  すんません、ワシ、900円寄進してしまいました。(爆)


帰りの京浜東北では、遠くでどっかのオヤジが唸りまくり。
その場でふんばっとんちゃうか?っちゅう声が。
そのオヤジの近所の人が次々席を立っていました。(肝心のオヤジが見えん)

有楽町で降りて、銀座中央通りのユニクロをのぞく。
ヒートテックはほぼ売り切れ。

銀座(中央通り1)

しかし、銀座の人出は凄いな。
ホンマに不景気なんかね。

銀座(中央通り2)

H&Mも相変わらずの入店待ち行列。

べろんちょも営業してないしな。
新橋の玉木屋でお土産の佃煮を購入して実家へ送る。
ひとつ業務終了。

 朝食  抜き
 昼食  すみた、日本一のタイ焼き屋
 夕食  鶏チリソース、ワカサギフライ、生春巻き

夕飯は昨日の残り物。
ちゅうても、ワシが昨夜帰宅途中のセイフーで買ったお惣菜類っす。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重   70.8kg

休みの狭間なのにいっぱい出社しとるねぇ。
もっと休暇取っとるかと思ったけどねぇ。

 朝食  サンドウィッチ
 昼食  背脂濃厚味噌カップラーメン
 夕食  美人白湯鍋残り

まぁ、特に何も無い1日でした。
仕事の方も進んでるのか、遅れてるのか。
ある意味、停滞しとりますわ。w


ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重   70.4kg

真面目に生きていればいいことがあるものです。
同じマンションの友人からメールがあり、北海道土産を頂戴しました。

サッポロクラシックの数量限定富良野Vintageです。
Nぴさん、ありがとう♪

お返しを楽しみにしてて下さい。
某所の麺か、おうどんか。

よーし!今からビールに合う食べ物を調達しに行って来よ♪

ちなみに、氏によると、11日のかがり火宴会で、ワシは美味そうにうどん食べてたそうな。(爆)

あああああ。 アルツだ……

11時過ぎ出立。
昨日に引き続きジャスコである。

本日再発売の11000円金券(10000円で発売)をゲトー。
長居すると、お金と時間が無駄になりそう(笑)なので即離脱。

青物横丁から京急で平和島。

    ラーメン髭

もろお昼時なんで、行列してるかと思いきや、最後の一席に滑り込めた。

毎度のチャーシュー麺700円。

ラーメン髭(お歳暮チャーシュー麺)

洗い物しながら大将が

  「今年も1年間お世話になりました。」

  「いえ、こちらこそ、お世話になりました。」

年の瀬だねぇ。
今年は20回くらいしか食べてないんだけどさ。

  「今日で、今年はウチ来るの終わりでしょ?お歳暮を贈っといたから。」

  「いえいえ、ご辞退申し上げます。」

  「来年もよろしくお願いします。」

  「こちらこそ、よろしくお願いします。」

お歳暮・・・?

ラーメン髭(お歳暮チャーシュー麺横)

なんじゃろ。

普通のドンブリだし。

あ、確かにチャーシュー多いかも。
はみ出したチャーシューを伝ってスープがテーブルに垂れる。w

ラーメン髭(お歳暮チャーシュー麺豚からスープ)

麺を引っこ抜いて(爆)ハグハグ。

ラーメン髭(お歳暮チャーシュー麺ヲタ撮り)

   うんめぇーーーー

今日のも肉スープ、かえし、ごわごわ麺のハーモニーが素晴らしい。

しかし、いつもより食べづらいぞ。
箸が麺に刺さらないぞ。
すぐ、ゴツッてチャーシューの塊にぶち当たる。

ラーメン髭(お歳暮チャーシュー麺巨大豚)

チャーシューと麺と野菜を三角食い。w
途中から鷹の爪投入。

ラーメン髭(お歳暮チャーシュー麺ヲタ撮り鷹の爪)

ムッハー♪
美味いっ!


その時、異変が。

   麺無くなっちゃった。  ありゃっ野菜も無くなっちゃった

な・の・に

   まだ、チャーシューが5塊もプゥカプカ浮いてるんだけど。

ハッ!これかっ!これがお歳暮かっ!?

  「お歳暮、多すぎ。」

  「別名、嫌がらせともいうけどね。いっぱい泳がないとね。へっへっへ。」

大将、やりおるな。
ってか、勘弁してください。(爆)

その後、大盛りの食券を置いたお客

  「大丈夫?ウチ、多いよ。」

  「どれぐらいですか?」

  「ヨソの店の8杯分。」

  「普通にします。」

大盛り阻止の水際作戦が繰り広げられとりますた。w

青物横丁のOKで買い物して、図書館経由で帰宅。
まったりしかけたが、嫁はんの

  「泳ぎに行かないの?」

の一言で奮起。

そうだ!食ったら、泳ぐっ!!

    450m×1本
    プール全体休憩
    4450m×1本、50m×2本


   本日の合計距離    5000m
  12月の総泳距離    32.2km
  H20総泳距離    508.0km
 H15/5~総泳距離 2927.1km
  今朝の体重       70.4kg
 プール後の体重      69.6kg

キツかった。
ホンマ、キツかった。

30本でやめようと思い(いやいや60本までは頑張るぞ!)
60本で止めようと思い(いやいや80本までは頑張るぞ!)
80本で腕が上がらなくってきて(もうやめよーかなー)

   何とか、だましだまし100本泳了♪

後、23日と27日の2回泳いで、今年は終了やね。
もうひと踏ん張りっ。

 朝食  抜き
 昼食  ラーメン髭
 夕食  美人白湯鍋

夜はコラーゲンたっぷり美人白湯鍋を堪能。
スープが美味かった。

TVでM-1見る。
出来レースだの何だの云う輩が多いが、単なる漫才番組として見て面白い。

実力と一発勝負の場ってのはまた違うしね。
実力が認められれば、NGKの舞台が待っとる。
2丁目の方がむいてる漫才もあるしな。

夏に見た、天津の漫才(エロ詩吟とか、オタクネタは一切無い、正統派漫才)は面白かった。
M-1を取るに越したことは無いが、取れなくてもやっていける。
むしろ、無名コンビの一杯逆転の場なんだろう。

優勝のNonstyleには勢いがあった。
昨年のサンドウィッチマン、一昨年のチュートリアル、その前のブラマヨと優勝したヤツには、アドレナリンがワーーッと沸いとるんが手に取るように分かる。
それが、優勝の鍵なんやろねぇ。


ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重   70.8kg

ホンマに世間の風は厳しい年末ですな。
もはや、安泰な職業なんてもんはないな。
犯罪が増えそうな気がします。

派遣の首切りについてはいずれ話題にならなくなるでしょう。
何故なら、直に正社員の首切りが始まるから。

仕事もなかなか思うようにはかどりません。
毎日残業続きなんですがね。

さて、週末のお楽しみである、ラーメン二郎三田本店にお茶片手に突入。
本日はワシともう一人の関係者。

オヤジの昔話に耳を傾ける。

昔の勤め先の先輩と呑みに行ってた先のお話し。

  「オネエチャンにはピンクレディー呑ませんだよ。他のは高ぇからよー。」

  「店の名前、なんつったっけなー・・・ あー、アマゾンだ。」

アマゾンでピンクレディーって・・・出来すぎやろ(笑)

  「そういや、昔の酒呑めないヤツって、何呑んでたんだろーなー?
   お茶とか・・・ウーロン茶って最近だろー? 水じゃねーしなー。」


オレん時も、酒呑めないヤツって何呑んでたんだろ・・
あっ!

   呑めないヤツが居なかったんだ(笑)

小豚野菜カラメニンニク

二郎三田(小豚)

二郎三田(豚アップ)

うほほほ。
この豚の並び具合!
美すぅい・・・・ハァハァハァ w

二郎三田(玉子アップ)

玉子とのコントラストもハァハァ w

二郎三田(小豚2)

にしても、なんちゅう豚の大きさ。
ドンブリの1/3を覆おうかっちゅう、このデカさ。

二郎三田(小豚横から)

麺がズルムチュ系でスープをよく吸って、美味いのなんの。

二郎三田(ヲタ撮り)

今年ももう食べるチャンスは少なくなったけど、今年は何杯食べたんだろ。
ご馳走様でした。

さぁ、食ったら泳ぐっ!

    6900m×1本
    50m×2本

   本日の合計距離    7000m
  12月の総泳距離    27.2km
  H20総泳距離    503.0km
 H15/5~総泳距離 2922.1km
  今朝の体重       70.8kg
 プール後の体重      70.2kg

本日は7km。
で、今年の総泳距離が500km突破

もうちゅとで、毎月42.195km 計506kmに届くな。
ノルマ達成まで後わずかっ!
頑張れ、ワシ。

ジャスコへ買出し。
特に用事はなけれども、クリーニング出したり、靴を吟味しに行ったのさ。

帰宅して年賀状やろうと思ったけど、うまくイカン。
JPから年賀状素材をダウンロードしようとするも、Meに対応しとらんし!
ムガガガ。

  「そういや、年賀状って買ってあるのか?」

  「コンビニで買えばいいじゃん。」

間の会話がはしょられとりますがな。


 朝食  ラーメン二郎三田本店
 昼食  抜き
 夕食  水炊き


カビキラーで風呂場のタイル目地のカビを落とす。
思ったよりおちるじゃん。

でも、もっと綺麗にしたいっ!
明日は目地が乾いたところを見計らって、再アタックしたろ。



ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重   71.0kg

コンビニに新商品ハケーン!

  辛いまぜそば

そもそも、まぜそばってのはどういうアレなんだ?っちゅう議論もお有りでしょうが、いーんです。美味けりゃ。

しかし、神の舌の云う「スープオフ」ってネーミングは定着せんかったね。

でも、まぜそばのマズイのを2chでは「マズそば」(爆)と云うらしい。

   ホンマ、2chの連中は、そういう才能には卓越しとるわな。

さて、この辛いまぜそば、果たして美味そばだったか、マズそばだったか。

   なかなか美味そばでした。

お酒のアテにもエェと思います。 結構辛かったしな。

 朝食  おにぎり
 昼食  辛いまぜそば、おにぎり
 夕食  鶏照り焼き、サラダ、海老とブロッコリー塩炒め

残業して、徒歩帰宅。

気持ちの余裕がないのか、どうにもズルズル残業してまうなぁ。


ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重   71.4kg

昨夜のダメージも少なく、シコシコとお仕事。

本日のお昼は、カップの富士吉田うどん

実は、富士吉田にうどんを食べに行ったことのないワシ。
イメージでは、肉と茹でキャベツがゴソッとのってて、うどんが極太でボソボソっちゅうもの。
すいとんのうどんバージョンっちゅうイメージ。
ツルツルではなさそう。

ちうことで、予断を持って食べたますた。

えーと。

   カップうどんとしてはマシなんではないか、と。

富士吉田うどんとしてはどうなんかは分からんけどさ。

また、機会が有れば買うと思います。

 朝食  おにぎり
 昼食  富士吉田うどんカップ
 夕食  鶏つみれ鍋

夜は残業して帰宅。

東京タワーの夜景

鶏つみれ鍋、美味し。
ぬくもるね。


ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重   71.8kg

昨日徒歩帰宅途中にローソンで「湯島天神下 大喜」のカップラーメンを買っておいた。

んで、お昼に食べたんだけど、

      かなりよく出来てる。

大喜が好きだからっちゅう色眼鏡もあるが、マヂでこれはオススメ。

鶏そばってことになっとるんですが、麺が変わっとるんですわ。
お店の麺とも違う。
そういう意味では、カップ麺でしか味わえない「大喜」ですよ。
だから、オススメ。
後味がショッパイけどさ。
傑作ではなく、「よく出来てる」。

夜は職場の忘年会。

いきなりスナックですよ。w
1時間遅れて行ったけど、取り戻す勢いで呑みますた。

んで、雨の中、移動して「べろんちょ」
時期が時期だけに、大宴会やっとるんではないか?っちゅう懸念あり。

到着してドアの外から様子を伺うと、かなりの規模の宴会の真っ最中と思われ。

こりゃ、今日は帰るか。

そん時、ドアが開いて、マスターE登場(なんちゅうタイミング(!))

      引きずりこまれる。w

いや、20人くらいの宴会でした。
んでも、もう散会直前のご様子だったようで。

ツケていた5べろんちょを支払い、今日のチャージ3べろんちょを支払う。

そこへ外人ご来店。 お名前はハンス。 47歳

   日本語がほとんど喋れない(!)

ちうことは・・・

   ワシが英語を話さなイカンっちゅうこと。

いやー、頑張りました。
スピーキングは勢いでどうにかなるけど、ヒアリングがてんでダメ。
悲しいのぉ。

ハンス、ロックが好きらしい。
ならば、ワシが1曲プレゼントしようじゃないか。

 ツエッペリン?  うーむ。 イミグラントソングは難し過ぎ。

 エアロスミス?  キングズ&クイーンズも盛り上がらんよな。

 ボストン?    ア・マン アイルネバー・ビーが入っとらんやんけっ。

悩んだ挙句、選んだのが

   チープトリック  サレンダー

喜んでいただけました。

宴会から流れたオネエチャソを巻き込んでハンスご機嫌。
クィーン、歌いまくってましたよ。

その頃、ワシは宴会から流れたオニイチャン達と話し込んでましたが、なにか?
24時過ぎに離脱。

 朝食  おにぎり
 昼食  大喜 カップラーメン
 夕食  ●の木、べろんちょ、麻布ラーメン

その後、麻布ラーメン行っちゃったよ・・・
今日の宴会、ツマミがほとんど無かったから小腹が空いちゃってさー。

   と、言い訳してみる。

麻布ラーメン(全景)

麻布ラーメン(アップ)

麻布ラーメン(トッピング)

麻布ラーメン(トッピング2)

麻布ラーメン(トッピング3)

しかし、宴会後にはピッタリのお味で。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

FC2 Blog Ranking