2006年12月

2006年12月 に関する記事です。

アップタウンへ到着。
まぁ、年末やけん空いとるな。

アップタウン(店構え)


カウンターに着くと、マスターが奥から手招き。

  「こっちゃ来い。」

で、椅子を指差して

  「そこ。」

座って、ふとマスターの横を見ると、

  「あ、田尾さんや。」

アップタウン(マスター、田尾さん)


って、お向かいには田尾夫人もいらっしゃるがな。

  「何呑みます?」

と、ネエヤン。

  「あ、焼酎で。でも、どうしよ。」

  「DOTTONじゃない?」

  「あ、それでエェ・・・」

  「ちょっと待てぇい。ワテがスペシャル入れたる。欲・し・い・だ・ろ?」

  「アイ。」

某酒の原酒。
と、コーヒー!!

アップタウン(コーヒー)


嬉しいなぁ。

  「おい、田尾。オマエのファンや。」

  「あ、知っとります。な?」

  「あ、いえ、こんばんは・・・」

アップタウン(奥の席)


緊張するな。

  「UDONの試写会以来です。」

  「どれの?」

  「8月24日のFM香川のです。あ●れが・・・」

  「オッ!オォーーーッ!めっちゃあら●が前の方でうるそぅに(以下略)
   ほーな。アンタ、あん時居ったんな。
   ○○のやばい話、した時なー。(大笑)」

懐かしい。
田尾さんはお酒を呑まないんで、失礼が無いように抑えつつしゃべるが、間に座っとる酔っ、失礼、マスターが茶々を入れまくり。

アップタウン(田尾さん)


その後はいろいろお話を伺う。

いろいろと香川県の魅力を再発見して、その切り口を探りよるんがよぉ分かった。
もう、香川県はうどんだけではないな。
ワシ自身も変なところに固執しとった気がする。

アップタウン(マスター、田尾さん2)


小一時間ほどで田尾ご夫妻はご帰宅。

記念に一枚写真を撮らせてもらいました。

アップタウン(筆者、田尾さん)


その後は、マスターを交えて呑む、話す。

  「昨日、マスター寝とったでー。がいに。」

  「ダァーーホッ!オマエは何も分かってない。昨日の昼間、ボクが何を
   してたと思ってるんだい?」

  「スンマセン。想像もつきません。」

  「年末の大掃除よ。レコードジャケットをひとつひとつ
   磨いていたわけさ。」

  「た、大変ですね。」

  「まぁ、こういう儲からん仕事でもな。こうやって見えない努力がある
   んだよ。」

  「ハハーーッ。」

最近気に入ってるらしいCDをかけて、マスターは眠ってしまいました。

かなりハチャメチャな1枚やけど、なかなか面白かった。

マスター、頑張ってください。
多謝。

その後は、ネエヤンと話し込む。
ネエヤンとは別のラインで昔からの共通の知り合いが居るのだ。

  「で、ネエヤン。相談があるんですが。」

  「ん、なぁに?」

  「今日、アタイは財布を嫁はんに渡したまま来てしまいまして
   今、持ち合わせが1000円しかありません。スンマセン。」

  「あら。全然構わんよ。」

  「ハハァッ。明日には持ってまいります。」

お店を出る。

エェ店やな。

今回、●られに会えなんだんは心残りやけど、まぁ、お互い元気やったらまた会えるわい。


[12/30(土)  帰省二日目(後編)  【アップタウン・喜楽】]の続きを読む
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

オヤジを自宅へ送り届けて、ワシは家族を連れてお出かけじゃ。

   「よーし、父ちゃん、わら家行っちゃうぞー!」

   「わら家ってー?」

   「うどんだよーん。」

   「やったー。おうどん♪おうどん♪」

がっ、師走の観光地のうどん屋を舐めてはイカンかったんである。

駐車場の入り口に交通整理のオッサンが出とるけん、嫌な予感はしたんじゃ。

   店先の行列、推定40人(!)


スィーッと車を回して、駐車場出口へ(笑)

   「どうしよっか。」

   「他にあるの?」

   「山田家があるけど・・・似たようなもんかも。
    あ、そこに一鶴屋島店があるけど。」

   「あら。私、ちゅと興味があるのよねぇ。」

   「ほんだら、一鶴行くか?」

   「やだーーー。おうどんっ!」


っちうことで、おうどんになりますた。(笑)

そのまま市内方面へ戻って、新店らしきところへ入る。

    さくら製麺所

さくら製麺所(お店外観)


温室みたいに周りがガラス張りのお店。
柱が赤いから目立つねぇ。

さくら製麺所(お店看板)


お店に入る。
家族連れはすぐにセルフの列に並んじゃいけない。
意外と早く列は進むんで、メニューを決めてから並ぶのが得策なんじゃ。

   「オマエ、何にすんや。」

   「子供に“オマエ”はやめてよ。」

   「分かったわ。で、何にするんや。」

   「ざる!」

   「ざるか!で、オマエは?」

   「また言った!」

   「めんどいのー。」

漫才であるが、現場はそこそこ緊張しとるんやで(笑)

セルフの列に並ぶ。
子供は席に座らせておく。

   「私もざるうどんにしよっと。あ、この天ぷらおいしそう。」

流れを止めて天ぷらを吟味するなど、

    オマエはルール無用の悪党かっ!

ほら、レジのおばちゃんがうどんの注文待っちょるが。
って、

   新店やのに、従業員がオジイハン、オバアハンばっかりとは
   どういうこっちゃ!

   「何にしましょか?」

   「えっと。ざるうどん3つな。ほれに、肉うどん。
    天ぷらがこんだけー。」

南京の天ぷらとうず玉フライは嫁はんのチョイス

さくら製麺所(うず玉フライ他)


ワシは飯蛸天に竹輪の磯辺天じゃ。(グッチョイス)

さくら製麺所(竹輪天他)


肉うどんはよっけ肉をのせてくれた。
この辺はお店の器量が出るのぉ。

さくら製麺所(肉うどん)


うどんがまた素直なアレで、ムッチュンニュルルンでコシがしっかり。
これ、なんぼでも食えまっせ。

さくら製麺所(肉うどんヲタ撮り)


ダシと肉のハーモニーもばっちしじゃ。
インパクトを求めるんやったらヨソに行っていたっちゅうタイプ。

ざるうどん。

さくら製麺所(ざるうどん)


可愛らしいザルに入って出してくれた。
冷たいうどんは喉越しもよく、ツヤツヤでしっかりしたタイプ。

全体的に太めなんは今の傾向なんやろね。

一旦帰宅し、子供を下ろしてワシと嫁はんでゆめタウンへ。
相変わらずの人出であるな。

再び帰宅してひと休み。

夕方からの親戚の忘年会前に、再びコトデンで先に出かける。
目的は新装なった丸亀町商店街&兵庫町商店街。

高松の中心に人を活気を呼び戻そうとした結果や、如何に?

   おおっ、よっけ人が出とるが。

ワシらの世代はこの高松の商店街には思い出が一杯なんである。
がっ、自転車社会から自動車社会への転換と共に始まったロードサイド店(郊外施設)の充実に、コトデンは再生申請するわ、そごうは早々に破綻するわ、ダイエー跡地は空き家のままだわで、市街中心部は寂れとったんである。

そこへ今回、森ビルの力を借りて起爆剤が投入されて、人の流れがどうなったか。
とりあえずは、よっけ人が出てたんで喜ばしい。

これをどう継続確保していくかやな。

サンポート、商店街をうまく連携する交通が欲しいところや。

もうちゅとカフェが街中に欲しいところやのぉ。
瓦町の駅前のカフェ流行ってまっせ。

親戚他50名くらいで集まった忘年会は盛況。
盛況なんやけど、みんな年を取ったなぁ・・・
そら、ワシが小学校低学年のときからしよるんやもんなぁ。
もう、35年くらいか?

料理は和洋折衷。

ホテル(料理)


いろんな料理が出たんはエェんやけど、次々とワシのところへ余った食い物が運ばれてくる。

ホテル(西京焼き)


  「○○クン、これも食べまい。」

いやいや。
ワシ、もう20数年前に成長期終わっとるがな。
前後左右にしか成長しませんがな。

ホテル(帆立)


このホタテなんて3皿食べましたよ。

ホテル(ステーキ)


こっちのステーキは2皿。

ホテル(刺身)


刺身は3皿。

ホテル(虎魚唐揚げ)


オコゼは2皿。

    カロリーオーバーじゃー

ホテル(ワイン)


で、ここで宴会場の端っこにうどんの屋台が出るわけや。

ホテル(うどん)


    隙有らばうどん。 

    これが香川クォリティ♪(爆)

その屋台に子供が群がると。

ワシも食いましたけどね。 

    冷凍と思われます。 ダシはちゅと甘め

カラオケも唄いましたよ。
お世話になったオジサンやオバチャン達に感謝の意味も込めてな。

     青春アミーゴ

1年以上前の歌やがな。(爆)

ホテル(カラオケ)


でも、エェんです。

皆、来年も元気で集まっていたよ。

家族をタクシーに乗せ、ワシは1人離脱じゃ。
さ、アップタウン行くど。

本日の食事。

 朝食 味噌汁、中西、松岡
 昼食 さくら製麺所、
 夕食 ニューフロンティア、アップタウン、喜楽


[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重  未測定

朝ご飯の味噌汁を飲んで出発。

最寄の三条駅へ向かう道すがらはワシの原風景のひとつ。

御坊川


  「この橋の下(の御坊川)でオマエを拾って来たんじゃ。」

とオヤジに言われ、傷ついた幼年時代(爆)

この小さな駅舎。
これでも綺麗になったんやけどな。

三条駅(その1)


  「コンビニが無いわね。」

と嫁はんに言われ、傷ついた青年時代(爆)

三条駅(その2)


反対側ホームへは線路を歩くんじゃっ!(イカスー♪)

コトデンで一路“高松築港駅”へ向かう。
んで、マツダレンタカーでデミオを借りて、いざ出発!!

「ゴッドハンド」へ行きたかったんじゃが、場所が分からんので、無難なコースを取ることにした。
それに、今日やっじょるかどうか分からんしな。

ちうことで、まずは「中西」である。

中西(お店外観)


相変わらず駐車場は満杯。
暖簾くぐっていざ店内へ。

店内の貼り紙見ると、“しっぽく”も“そば”もあるみたい。
だったら迷うことは無いわの。

2玉用のドンブリ取って

  「スンマセン。そばとうどんと1つずつ入れてた。
   ほんで、しっぽくにして。」

  「しっぽくな?ほんだら、ドンブリはそれではイカンわ。」

オバチャンが、もうひとつ大きいドンブリに変えてくれた。

  「これ、うどんだけ入れたけん、湯がいて持ってきて。」

中西(湯切り所)


テボでちゃちゃっとぬくめて、ドンブリに入れてオバチャンへ返す。

  「ちょっと、今そばが上がっじょるけん、待っちょってな。」

  「あ、はい。」

玉取りされたばっかりのそばをオバチャンがぬくめてドンブリへ入れる。

そこへ美人(ハーフ?と思うくらい、彫りが深い)の奥さんがしっぽくダシをかけて

  「お待たせしました~♪」

具沢山やのぉー。

中西(しっぽく1)


野菜がてんこ盛りやけど、そこをまさぐると・・・

うどんがほらっ♪

中西(しっぽく・うどん)


おそばもほらっ♪

中西(しっぽく・そば)


出来立てのうどんの弾力はさすが、中西はんっ。
こういううどんよ。
これだったら毎日食べても飽きんわ。

中西(しっぽく2)


で、そば。
めちゃめちゃ美味いが。
このラーメン二郎よりも太いそば、見てんまい(笑)

中西(しっぽく3)


こんなにもっちもちのそばは県外ではまず食べられんやろ。
ある意味、これも地域限定フードやねぇ。

にしても、しっぽくのダシが美味いわ。
醤油ベースもたまらんし、このかしわ(小さいけど)の歯応えはまんま一鶴の親どりやね。

   ☆五つですっ!

[12/30(土)  帰省二日目(前編)  【中西・松岡】]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]


夕食は祇園通りの「日本料理 宮たけ」。
ここも年内営業は今日まで。
今年はお節も作らんそうだ。

兄貴家族も到着して、賑やか。
久しぶりのいとこ同士の再会で、みんな大はしゃぎ。

ワシも、久しぶりの美味な日本料理の数々に大はしゃぎ。

宮たけ(付き出し)


河豚のにこごり

宮たけ(河豚煮こごり)


宮たけ(河豚煮こごりアップ)


柚子釜に入った○○海鼠(○○は聞き漏らした)

宮たけ(柚子釜海鼠)


この海鼠が、過去に経験したことの無い食感。
ヌルプリで柔らかいのだ。

宮たけ(柚子釜海鼠アップ)


カラスミ、数の子、そして、右上に見える黄色い粒は何じゃらほい。

宮たけ(数の子、唐墨)


なんと、これ、スッポンの卵ですわ。
初めて食べましたわ。(ウメー)

黒豆

宮たけ(黒豆)


もう年末なんですな。
っちゅうか、新年が近いんですな。

宮たけ(湯引きと刺身)


で、お造りは烏賊と雲丹

鮪は普段から出してません。
ま、そういうことです。

宮たけ(刺身)


って、烏賊の下からタイラギが出てきたが。

宮たけ(たいらぎ)


東京では関西割烹でも無い限り、お目にかかることは少ない冬の貝。

こちらは河豚の皮の湯引き

宮たけ(河豚皮湯引き)


食感がエェよな。

速攻で日本酒へ切り替える。
無論、「凱陣 純米酒」じゃ。

宮たけ(凱陣)


向こう側は、温かいお茶で暖を取る嫁はん(笑)

煮アナゴとお芋さん

宮たけ(煮穴子)


蒸した穴子を淡い出汁で煮て、餡をかけたお芋にのせてある。
やーるのぅ。

宮たけ(煮穴子アップ)


ソテーした鮟肝の上に、炙ったタイラギ。

宮たけ(焼きたいらぎ)


これには同じ柑橘系でも酢橘よりもかぼすよりもレモンが合うのぉ。

お椀

宮たけ(お椀)


器が綺麗。

宮たけ(お椀2)


中は白身魚を蕪で巻いて、とろみの付いたお出汁をひたひたに。
よくぞ日本に生まれけりである。

宮たけ(お椀中味)


嫁はんは大分お腹がおきたようじゃが、食べ物はまだ出てくる。

天麩羅

宮たけ(天ぷら)


宮たけ(天ぷらアップ)


大人の茶碗蒸し

宮たけ(大人の茶碗蒸し器)


宮たけ(大人の茶碗蒸し中味)


子供の茶碗蒸し

宮たけ(子供の茶碗蒸し)


宮たけ(茶碗蒸し2)


宮たけ(茶碗蒸し2中味)


最後のデザート

宮たけ(デザート)


宮たけ(デザートアップ)


うーむ。
隙がないっちゅうか、めちゃめちゃ美味いんやけど、宮たけさんの料理。

今宵もえらいご馳走でした。

さぁ、アップタウン行くどーーー!


本日の食事。

 朝食 穴子棒寿司
 昼食 富士屋 中華そば
 夕食 宮たけ、アップタウン、若松


時間にして21時過ぎ。

  カラン、カラン♪

  「こんばんはー。」

  「あ・・・いらっしゃいませ。」

ネーヤンがお出迎え。

あれ? いっつも居るはずのマスターが・・・

あっ、寝よるがっ!

アップタウン(マスター爆睡)


  「起こそうか?」

  「いや、そのまま、そのまま。」

さてと。
何、呑むかな。

あれ?プレーヤーの前の髭生やした兄ちゃん、どっかで見たことある・・

  うわっ、Sやんかっ!

  「久しぶりやんかーーー。」

  「こっちはひと目みて○○やと分かったよ。」

  「いつ以来や?っちゅうか、卒業以来やろ。25年ぶりかー。」

  「あれ?何年か前の大同窓会に来てなかったっけ?」

  「行っとらんで。ワシ、直前に東京戻ったけんな。」

その後は、ズーーーッと話し込む。

アップタウン(焼きそば)


ワシばっかりパカパカ呑んですまなんだのぉ。
いや、懐かしかったわ。

アップタウン(店内)


3時間近く話し込む間、マスターはずーーっと寝とりました。(笑)
疲れとるんやの。


[12/29(金)  帰省初日(後編)  【宮たけ・アップタウン・若松】]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  未測定

本日より帰省。
荷物を抱えて大通りへ出ると、5分と待たずにバスが来た。

ウチの場合、大人2人+子供2人で計¥600、バス代がかかる。
で、実はタクシーで向かえば、初乗り¥660で品川まで行けちゃう。

普通だと、タクシー拾うんだろうけど、ワンメーターだけ走ってもらうのは何か気が引けちゃうんだよなぁ。
こういうのって、田舎モンの証拠?

品川駅前広場のポストに年賀状を投函。

エキナカ(エキュート)でお昼ご飯に“海鮮太巻き”と“まい泉のカツサンド”をゲトー。
合わせて、親へのお土産に“なだ万のお弁当”を2種類購入。

品川駅の新幹線ホームは狭いので、端っこまで移動するのは注意を要する。
品川駅(新幹線コンコース)


700系のぞみに乗り込むと、ワシらの席は一番端っこだった。
おかげで難なく、荷物置き場&携帯充電用コンセントを確保できた。

酒を呑みつつ、ツマミを食べる。

新幹線(カツサンド)


車窓から見える富士山がことのほか綺麗だった。

新幹線(富士山)


子供達はDSやったり、DVD見たりしてるんで静か。
ホンマ、楽になりましたわ。

岡山駅到着。
いつもすぐにマリンライナーに乗り換えているのだが、今回は途中下車してみた。

駅構内がえらく小さくなってて、そこここが工事中。
が、改札を出てビクーリ。
駅ビルがリニューアルされとるやんか。

そこに居並ぶお店はお客さんでいっぱい。
なるほど、こういう風に改装しましたか。

駅から外へ出てみる。
んー。
駅前はあんまり目立った商店街が無いかなぁ。
確か、商業地域とオフィスがはっきり分かれとるはずやからね。

一旦、家族と離れて別行動。
目的は、岡山のラーメンを食べること。(笑)
うどんはこれから嫌っちゅうくらい食べられるからな。

岡山の老舗ラーメン屋と言えば、「富士屋」と「浅月」。
場所を確認して、カートを引き引き向かう。

この2軒は向かい合わせ。
その真ん中でどっちに入るか、逡巡。

浅月(お店外観)


  「確か、富士屋が元祖だったか?」

富士屋(お店外観)


と、富士屋へ入る。
カウンターではなく、テーブルが壁際に並び、奥にはお座敷。
昔の食堂の作りやね。

富士屋(カウンター)


一番奥のテーブルで、地元のお父さんとご相席。
お父さんは新聞読みながら、中華そばを食べてます。

  「でかいドンブリやな。大盛りか。」

と思いつつ、

  「中華そば下さい。」

と注文。
壁の張り紙に“メンマ、ネギ、増量無料”とあるのを見て、慌てて

  「メンマ、ネギを多めにして下さーい。」

店内、いたるところに張られた来店した芸能人の写真を眺めながら待つ。

  「お待たせしましたー。」

えっ?
あ、あの・・

   ドンブリ、でかっ

富士屋(中華そば1)


二郎っちゅうか、永福町大勝軒のドンブリくらいあるで。

タップリ張られたスープの中で、麺が泳ぎます。

と、相席のお父さんが無言でこっちへ胡椒を取ってくれた。

  「ありがとうございます。」

少し頷いたように見えました。

麺は細めの丸。
束ねてすすると、それなりにモッチリした食感。

富士屋(中華そばヲタ)


スープは鶏と豚かな。
醤油ベースです。

で、食べ進むと、あそこの味を思い出しましたよ。
新橋の「ラーメン後楽」。
後楽は“岡山ラーメン”を謳っていたと思うが、しっかり味も岡山を出そうとしてたのねぇ。

富士屋(中華そばチャーシュー)


途中から胡椒を投入。

合うねぇ。 危うくスープを全部飲みそうになってしもた。

お座敷では、通信販売の発送かな?
段ボール箱へラーメンその他を詰める作業で慌ただしそうでした。

お金を払い、近所の商店街を通って岡山駅へ戻る。

岡山商店街


商店街の人影はまばら。
平日の午後2時過ぎだからなのかなぁ。
駅前商店街に活気が無いのは、何処の地方も同じか。

[12/29(金)  帰省初日(前編)  【富士屋】]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  73.2kg

何とか、全ての年賀状印刷終了。
表書きも後半分ってとこだ。

師走の風を突っ切って、まずは二郎の食べ納め。
裏から入ると、神はトイレの真っ最中。
助手と話しながら、またーり。

オヤジが出てきて、年明けの営業を聞く。

  「5日からだな。もう体に染み付いちゃってるからよ。」

ラーメン二郎(オヤジ)


で、しばらく待っていると、赤い車が裏口に。

  「オヤジィ、鳩轢いちゃった。」

  「いいよ、○が○○から。」

後で、助手さんと表を見たけど、どこにも鳩の死骸は無かったから、勘違いかな?

オヤジとその方のやりとりを聞く。
うーーーむ。

    いろんなお客さんがいるのね。

その方が引き上げた後、ワシのを作り出す。

  「普通でいいよな。」

  「あ、小豚の野菜ニンニクで。」

ラーメン二郎(小豚1)


食べ納めにふさわしい盛り付けじゃ。

ラーメン二郎(小豚2)


豚がゴロゴロして、麺が見えないのが二郎WAY。

ラーメン二郎(小豚アップ1)


麺を持ち上げて

ラーメン二郎(小豚ヲタ撮り1)


ズゾゾゾゾッ。
今日の麺は固めじゃのぉ。
もうちゅと柔らかいのが好きなんやけど。

ラーメン二郎(小豚ヲタ撮り2)


豚が何ぼでも出てくるが。

ラーメン二郎(小豚アップ2)


これで今年の二郎は食べ納めやな。

ラーメン二郎(小豚アップ3)


おっと、開店だ。
次々お客さんが入ってくる。

  「ご馳走さまでしたー。」

  「おぅ、じゃまた30日なー。」

  「ワシ、30日は来れんのですよ。明日、高松に帰るんで。」

  「なんだ、そうかよっ。じゃ、今日持ってくかー?」

  「いや、遠慮しときます。それでは、よいお年を。ご馳走さま。」

  「おーーう。またなー。」

二郎豚は魅力やけど、高松に持っていくわけにはイカンしな。

食ったら、次は泳ぎ納めじゃ。
サクサクこなさんと、今日は忙しいんやでぇ。


  6000m×1本
  500m×1本
  100m×1本
  50m×2本

   本日の合計距離    6700m
  12月の総泳距離    33.2km
  H18総泳距離    481.6km
 H15/5~総泳距離 1866.2km
  今朝の体重       73.2kg
 プール後の体重      72.2kg

最初の5000mが88分15秒、6000mが107分50秒。

ちゅうことは、最初の100本の平均が53秒弱。
それを含む120本平均が54秒弱。

100本~120本が59秒弱か。
流石に最後はめちゃめちゃバテとるのぉ。

これで、今年の水泳はおしまい。

これまでの年間の泳いだ距離と体重の推移を見る。

  H15 389.3km 76.4kg → 48.66km/月
      (8ヶ月)         

  H16 636.5km 74.8kg → 53.04km/月

  H17 535.5km 76.4kg → 44.63km/月

  H18 481.6km 72.2kg → 40.13km/月

あー、如実に距離が落ちとるなぁ。
H16より月当たり平均13kmも少ないよ。
やっぱり10月に患った帯状疱疹が原因か。

来年は月泳距離50kmを確保するべく、ネジを巻こう。

で、やはり泳ぎ始めてから体質は如実に改善された。
体脂肪は落ちるし、中性脂肪、コレステロール、γ―GTP、GPT、血糖値、その他の数値は現在は全てが正常値になった。

来年もおいしく二郎を食べるために、元気にお酒を撲滅するために、運動しよう♪

さあ、次の用事にGo!


本日の食事。

 朝食 ラーメン二郎三田本店
 昼食 抜き
 夕食 豚味噌炒め、湯豆腐

プールの後に、散髪。

んで、親戚へのお土産買いに「玉木屋」@新橋。
返す刀で「瀬戸内旬彩館」行ったら、発売中の“NICE TOWN”がラーメン特集やないの。即購入。

で、帰宅して車に乗り換えて、ジャスコへGO!
SHOPの眼鏡屋さんで眼鏡を1個新調。
出来上がりを待つ間に、食材他をゲトー。

今夜は帰省中の番組録画と年賀状表書きの残りだーーー!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  73.4kg

起きるとプリンターがまだ稼動中。
しょうがない。
そのままで出社。

昨日の作業の振り替え。
今日こそは早く済ませて!と意気込むが、結局、またまたお昼抜きになってしもた。
お疲れ様でした。

職場に戻って、残務処理。
んで、一緒に苦労した人と2人でささやかにご苦労さん会でもやろうか、と夜の新宿へ繰り出す。

がっ、どこへ行っても満席の嵐。

1軒、2軒、3軒、4軒・・・・・7軒

  「恵比寿かどっかに場所変えようか・・・」

で、普段なら絶対に入らない「居酒屋 三平」へ潜入。
若干の空席があって、なんとか座れる。

ホール係3人とも東南アジア系。
異国の地で頑張ってるなぁ。
しかも、キチンと注文が通るからたいしたもんだ。

刺身盛り合わせ

三平(刺身盛り合わせ1)


三平(刺身盛り合わせ2)


えのきバター

三平(エノキホイル)


ハラミ焼き

三平8ハラミ)


野菜焼き

三平(串盛り)


なんじゃ、これ?

三平(何じゃ、それ?)


他にもいろいろ食べたけど、写真撮るのが面倒くさくなってもうた。

寒かったんで、熱燗をグイグイ呑んでポッカポカ♪

で、新宿駅南口まで来ると周囲が騒然としている。

新宿(ぼや1)


火事かボヤか分からんが、えらい台数の消防車が来ている。

新宿(ぼや2)


んで、なかなか消火作業に入らないので、周囲をきょろきょろしていると、ワシが大○きなミニ○カ・○―ツ・○ャルがわらわらと居るではないか!

新宿(オネンチャン1)


新宿(オネエチャン2)


思わずそっち方面の風景を撮っておきましたが、何か?

新宿(ぼや3)


帰宅したら、プリンターの葉書が残り20枚くらいでPCが止まっておった。(ガーン)

本日の食事。

 朝食 おにぎり
 昼食 抜き
 夕食 居酒屋 三平

実は本日でワシの年内業務は終了。
休暇消化の一貫で年末年始を半ば強制的に休まねばならんことになったのだ。

明日28日(木)から明けて8日(月)までの12連休。
こんなに職場を空けるのは、新婚旅行やドイツ出張以来だ。
昨年の年末年始と大違いだわな。

嬉しさより不安が先に立つのは、ワシが「仕事大好き」だからでしょうか。
自分、不器用ですから・・・・(爆)

そうそう。
陣内智則、よく藤原紀香を捕まえた!アッパレ♪
エェ女でっせ、紀香は。
アレは将来、立派な大阪のオバチャンになるわ。(笑)

[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  74.0kg

春の嵐真っ只中、会社の車でお仕事へ。

暴風渦巻く中、某所の屋上で悪戦苦闘。

吸った揉んだ、いや、すったもんだした挙句、本日の作業は断念。

昼飯食わずに頑張ったけど、まぁ、しょうがないでしょ、この天気じゃ。

取りあえず、続きは明日。

疲れたんで、帰りがけにスーパーで惣菜を買って帰宅。

軽く酒呑んでから、年賀状の印刷じゃー。


本日の食事。

 朝食 おにぎり
 昼食 抜き
 夕食 蛸のマリネ、烏賊刺し、焼きそば


年賀状を一枚試し刷りしたんですよ。
そしたら、

   一枚印刷するのに15分!

これは何かの間違いかと嫁はんに電話すると、

  「そうなのよ。写真が多いと時間掛かるわよ。」

エッ?
子供の大きな写真+ワシ&カレラGT(6000万円相当)の写真を掲載したのですが。(思いっ切り重いな)

今さら作り直す気も無いので、そのまま印刷を仕掛けて呑む。

15分毎に、ウィーーン♪とプリンターの音が上がる。

  ああ、今、また一枚刷れたか。

ってか、この遅さはなんじゃっ!

   一足早い除夜の鐘かっ!


      和風かっ!

60枚印刷が終わるのに、えっとーーーー

      15時間

   スペインかっ! シェスタかっ!


嗚呼、深夜の東京にひとりツッコミするオッサンの哀愁よ。

      欧米かっ(違)

[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  74.2kg

上の子供は起きると一目散にリビングのツリーの足元へ。
目当てのWiiで無かったんで少しはがっかりしたかもしれんが、それなりに喜んでおったな。

下の子供(子供シャンパン呑んでた方)は、学校で「サンタは居なくて、あれは親が用意している」と聞いたらしく、

   「後でゆっくり見る。」

なんてクールなことを言っとる。(ムカムカ)

んな中、遅い昼飯を取るべく新宿三丁目付近を徘徊。
クリスマスだからか、街にカプールが目立ちますな。
やはり若いうちは大いに恋をしなさい。

末広亭の前を通りかかったところで、フと先日の「AZUMA」@銀座のことを思い出し、末広亭隣の「ステーキ あずま」へ入る。

メインのステーキ系のメニュー以外にも洋食が充実。
でも、壁の張り紙「牡蠣フライ定食」に目が釘付け。(大袈裟)

  「牡蠣フライ下さい。あ、ご飯、大盛りにしてください。」

牡蠣フライを食べるときは、ご飯をモリモリと添えながら食べたいものだ。

あずま(牡蛎フライ)


出てきた牡蠣フライは、大皿に美しく並べられておる。
添えられたレモン絞り器が洋食屋然としてイイね。

端っこの1個に軽くレモンを絞ってかぶりつく。

あずま(牡蛎フライヲタ撮り)


カシュッ♪
衣が破けて、中から牡蠣の香りが沸き立つ。
至福の瞬間。

余韻を楽しみつつ、2個目はレモンを軽く絞ってからタルタルを付けてカプッ。

3個目はソースをかけてカプッ。

あずま(牡蛎フライアップ)


1個を半分ずつ食べる合間に、ご飯をもりもり書き込む。
美味いッ。

牡蠣フライはいろんな食べ方が出来るからエェなぁ。

おっと、メールだ。

   「今日から実家へ行って来ます。明後日には戻ります。」

またチョンガーだよ。
とは云え、年末はワシの実家に行かにゃならんからしょうがねぇな。

っつうか、晩飯はどうなるのか。(←チョンガーのときに限って、自宅飯率が高い男)

ひと仕事終えて、おやつに「卯の香」でひやひやの小。

卯の香(ひやひや)


ネギと胡麻と生姜がセルフとか、麺がブリブリの田舎うどんとか、ダシも魚臭いとか、値段が180円と安いとか、特筆すべき点が多いのだが、何か決定的に欠けてる部分があるんだよなぁ。

道頓堀


多分、粉の違いから来る粘りと香りだと思うんだが。

女性で言えば、「もっと肩の力を抜いてみれば?少しセクシーさを出してみなよ。」と言ったところか。(笑)


本日の食事。

 朝食 ピザ
 昼食 あずま(牡蠣フライ)、卯の香(ひやひや)
 夕食 スパゲッティ、茹でズワイガニ

夕飯はスパゲッティ。
前はアホみたいに300gとか食べてたが、今宵は200gにした。

お腹が膨らんだ後は、半額ゲトーした茹でズワイガニをアテに焼酎をグビグビ。

クリスマスの夜だっちゅうのに、一人ぼっちってのも寂しいもんだ。
幸い、TVではクリスマスの「ク」の字も無いお笑い番組を放映中。

ま、一夜明ければクリスマスなんぞどっか行って、一気に年末ムードになるのがこの国。

一夜の我慢、一夜の我慢。

それより、エロDVDを安全に借りられる店が近所に無いのが本当に(以下、自粛)

[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  74.4kg

今日は泳ぐことにしていたので、まずは腹ごしらえに「ラーメン髭」へ向かう。
駐車場に停めてお店に到着すると、丁度、開店するところ。

店主が電源を入れてすぐ券売機に1000円入れて“チャーシュー麺¥700”のボタンを押すとお釣りが出ない。

  「あ、すいませんね。」

と店主がちょちょいと券売機をいじると、100円玉10個が出てきた。

  「この機械がバカでね。」

店に入り、着席。

  「麺が美味いからもう少し食べたいんだけどなぁ。
   中盛りってやんないんですか?」

  「中盛りで50円刻むとか今更やる気がないんですよ。
   大盛りで麺少な目って言ってくれればね。」

うーむ。
大盛りのドンブリではスープの按配がイマイチだったんだよなぁ。
ま、ここのノーマルで満足するように胃の大きさを合わせて行くべきなんやろな。

ラーメン髭(チャーシュー麺1)


今や、厚切りゴロゴロチャーシューは名物やね。

ラーメン髭(チャーシュー麺豚)


タップリと付いている脂身は少しゴリリとした歯ざわりが楽しい。

ラーメン髭(チャーシュー麺ヲタ撮り)


麺は細いけど、ゴワゴワボソボソで束ねて食うと、非常に美味い。

ラーメン髭(チャーシュー麺2)


相変わらずスープが美味い。
二郎系にしては珍しく微妙な按配の上に立っている一品。
思わずゴクゴク行きそうになる。

  「ご馳走さま。」

  「よいお年を。」

帰りがけに、ラーメン二郎品川店の前を通ると、前の三田本店助手のIちゃんのお店の開店告知が出ていた。

ラーメン二郎桜台ポスター


いよいよか。
Iちゃんも個人事業主になるんやなぁ。
大したもんやな。

さぁ、目論見どおり泳ぐぞ。


  6500m×1本
  50m×2本

   本日の合計距離    6600m
  12月の総泳距離    26.5km
  H18総泳距離    474.9km
 H15/5~総泳距離 1859.5km
  今朝の体重       74.6kg
 プール後の体重      73.6kg


プールで、再び、高校の水泳部先輩に遭遇。
先輩の泳ぎを見ていると、こちらも気合が入る。

   「Tさんはこれで泳ぎ納めですか?」

   「ほぅやの。アンタ、まだ泳ぐんな。」

   「ワシはもうちっと。」

   「頑張っじょるなー。」

   「よいお年を。」

   「よいお年を。ほなな。」

健康のために泳ぐんもエェけど、ちゅと欲が出てきた。
来年はどこぞの団体に所属してマスターズ出場を目指すかのぉ。

夕飯はクリスマスらしい料理がテーブルを飾る。
ピザにパスタにチキンに・・・

    欧米かっ

こっちもワインなんか抜いたりして、こらまた甘い赤ですなっ

    糖尿かっ

ふぃー。
ワシもクリチュマチュプレレントとやらが欲しいのぅ

    飲兵衛かっ


本日の食事。

 朝食 抜き
 昼食 ラーメン髭
 夕食 ピザ、パスタ、チキン腿肉他


下の子供が「ラブベリーシャンパン」を1人で飲み干しておった。
よくもまぁ、あんな甘いモノを。

クリスマスケーキ


そして、深夜にツリーの根元にプレレントを・・・


[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  74.6kg

11月の奮励努力の結果により12月給与は過去最高の額面。
実績をもとに労使交渉に臨むも、労働者側のベースアップ要求に関しては

   「ハァ?(怒)」

の一言で却下された。(鬱)

が、実績についてはこれを評価し、

   「毎月これぐらい稼ぐように。」

との言葉と共に一時奨励金が出た。(嬉)

さあ、X'masプレゼントやコートを買いにお出掛けぢゃ!
ちなみに、それらの費用は別計上ゆえ、ワシの収入(ボーナス&月小遣い)からの支出は無い予定。
つまり、コートをお安く買えればお釣りはワシのもの。
これこそVE提案型ソリューションやね。

高めに見積もって予算を勝ち取り、高品質を安く仕入れてお釣りをゲトー。
素晴らしい。ハァ、ハァ。(笑)

バランスシートに関心の無い嫁はんで良かった。(爆)

ちうことで、新宿へ1人でお買い物。
まずは、伊勢丹の紳士物バーゲンである。
年内のこのチャンスを逃すと、本当にコート無しでの越年になってしまう。
(それはそれで、新春BAZARに行きゃいいんですが)

結論から言うと、非常にエェ感じのコートをゲトー出来ました。(ヤッター!)
で、鞄も物色。

ウッ、前モデルの伊勢丹オリジナルビジネスバッグがなかなかエェ・・・
でも、流行のトートタイプやから、雨が降った時、やっかいかも。
説明をかなーり受けても逡巡。
薦められた現モデルを見に、新館地下へ。

     うーーーーーーーーーん

やっぱ、今の鞄の扱いから見ても、トートタイプはワシには向かんか。

鞄は断念して、小田急ハルクへ向かう。
こっちでは、プリンタを物色。

1人目の説明員はキヤノンをご推奨。
2人目の説明員はエプソンをご推奨。

悩んだ挙句、キヤノンMP-600にケテーイ♪

  「都内ですと送料が630円掛かりますが。」

  「持って帰りますっ!」

  「重いのでお気をつけ下さい。」

しかし、最新の複合プリンタ(プリンター、コピー、スキャナ)が実質20000円で買えるんだから安いな。
溜まったポイントで嫁はんに「パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト」を購入。

プリンター、10数kgあったみたいです。
帰り道、めちゃめちゃ往生しましたわ。

大荷物抱えてたんで、お昼食べにどこにも立ち寄れなかった。
しょうがなく、自宅で賞味期限切れ直前の「マルちゃん 讃岐風うどん UDON」を食べる。

UDON(カップ麺1)


映画「UDON」なー。
もうえらい遠い出来事のように感じるわ。

UDON(カップ麺2)


映画としての出来栄えは「タンポポ」には敵わなかったけど、「タンポポ」は別にラーメンにスポットは当ててなかったからなぁ。
ラーメンはストーリーの動機付けみたいなもんで、大衆食なら何でも良かった感じだし。

UDON(カップ麺2)


UDONはまず最初に「うどん」ありきで作った映画。
だから、映画としては無理な部分も生じた。

UDON(カップ麺ダシ)


また、話の大半が事実であったことを加味すると、事実の重ね合わせだけでは娯楽大作にはなりづらいっちゅう証明になってしもたかもしれん。

UDON(カップ麺中味)


でも、香川県のうどんを記録する上で、本当にエポックメイキングな作品だったと思う。
本広監督が郷土へ出来る最大限の恩返しと云えば分かりやすいか。

UDON(カップ麺出来上がり)


故に県内で大ヒットした結果で十分ではないかな。
他人の足を引っ張る傾向がある香川県に於いて、あれだけの観客動員やもん。

UDON(カップ麺ヲタ撮り)


麺が厚いな。
なるほど、赤いきつねに比べると、かなりすすりがいのあるうどんじゃ。
とは云え、ま、インスタントですな(爆)


本日の食事。

 朝食 抜き
 昼食 カップうどん
 夕食 ステーキ、おでん


午後一杯、プリンタ設置。
っちゅうか、設置場所を空けるための掃除のほうが手間取ったわぃ。

夜にステーキ。
家計が潤ったからっちゅうわけではなく、高松から貰ったヤシ。
マルナカのパッケージが懐かしいのぉ。

国産黒毛和牛は美味いわ。


[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  74.6kg

練馬へ出張である。
某機器を借用に行ったのだが、これが10数kgの激重。
しかも、雨まで降り始めやがった。

途中休み休み歩きながら、練馬駅へ到着。

西武池袋線に乗り、、、、何故か、ひばりが丘到着。
駅から荷物を運びながら歩くこと5分。

  ラーメン二郎ひばりが丘支店到着

半年振りの訪問である。

12時半の店頭には10人ほどの行列。
中年女性連れが居るなど、他の二郎とは客層がちゅと違うか。

食券機で“小豚”の食券を買い、一番左端へ着席。

  「あれ、どしたんすか、今日は。」

  「いや、たまにはYちゃんの顔を見ないとさ。
   それに、Yちゃんに聞かなきゃいけないことがあるし。」

  「何ですか?」

  「○にしかれてるんだって?」

  「・・・そのネタ、古いっす。(笑)」

今日の助手は女性の方。
Yちゃんよりは随分年上に見えますた。

  「普通でいいんでしたっけ。ニンニク入れます?」

  「あ、入れてちょ。」

  「大丈夫すか?」
 
  「大丈夫だよ。」

久しぶりのYちゃん製二郎。

二郎ひばりヶ丘(小豚1)


野菜と豚で麺が見えないのは、正統派二郎DNAを継承している証拠。

二郎ひばりヶ丘(小豚アップ)


しかし、豚の量が多い。

二郎ひばりヶ丘(小豚2)


ワシは盛られるっちゅうことはまず無いので、これがノーマルの豚の量だと思われる。
凄く頑張ってるよな。

二郎ひばりヶ丘(小豚面ヲタ撮り)


麺は少し固め。
もう少し柔らかくても、ワシは好き。

二郎ひばりヶ丘(小豚豚ヲタ撮り)


豚はトロトロ。
バラ巻きロールにしていないのも、二郎の中ではオヤジのやり方を踏襲している証だわな。

この美味さは素晴らしい。
二郎の中でも上位に入るんじゃなかろうか。

こっち方面、いや、西武池袋線に乗る機会があったら、是非再訪したい。


本日の食事。

 朝食 おにぎり
 昼食 ラーメン二郎ひばりが丘
 夕食 おでん


今日借りてきた機材を返しに行く時、もう一回来よ。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重  75.2kg

午前中のお仕事をサクッと済ませて、しょうべん横丁へ潜入。
若月である。
食欲旺盛な若い衆に昼飯を奢ってやるにはもってこいのリーズナブルなお店。

   「さぁ、好きなものをお食べなさい。」

   「えっ、すいません。じゃ、味噌ラーメン下さい。」

ここ、ラーメン屋における現実。
いわゆるラヲタじゃないヤシが寒い季節にラーメン屋へ来て“味噌”のメニューを見つけると、脊髄反射的に頼んでしまうのよ。
夏場の冷やし中華も同様なことが言えるな。

なまじっか若月に知見を持つヤシだと

   「ここでは焼きそばが名物だから、それにしなさい。」

と、“好きなもの食べろって云った癖に”メニューを押し付ける危険性があるが、それを回避しつつ、オススメするには

   「うむ。ここは焼きそばが美味いから、それも取ろう。
    おばちゃん、ラーメンと餃子2枚、それに焼きそばね。」

そして、若い衆に言うのだ。

   「焼きそばは半分上げるから、是非食べてみてね。」

   「ありがとうございますっ。」

ほら、心なしか、ヤシの目が潤んでおるわ。(嘘)

ただし、相手が小食の場合、慌てて焼きそばの注文を取り消す羽目になるのでご注意。

しかし、若月へ来てビールを頼まないのは初めてだな。(笑)

若月(餃子)


餃子は皮がモッチリのパリパリ。
ビールは我慢じゃっ!


若月(ラーメン)


ラーメンはピロピロ。
ふぅ。
こういうラーメンを「時代遅れ」と言うならば、ワシは時代遅れでいたいね、敢えて。

若月(ラーメン2)


焼きそば。

若月(焼きそば)


おばちゃーん!ビッ、(笑)

やっぱ、若月に昼に来るのは危険だ。

夜は職場の忘年会。

靖国神社のほど近い場所にある秘密倶楽部へ集合である。

市ヶ谷駅から目隠しをされ、車で連れて行かれる。

おもむろに目隠しを取られる。

   「ウッ、眩しいっ」

そこには、数々の銘酒と甕焼酎が鎮座。

秘密倶楽部(瓶焼酎2)


秘密倶楽部(瓶焼酎1)


で、何故か食事はフレンチ。(爆)

秘密倶楽部(食器)


うー、味はいいのだが、満腹感が無いな。

秘密倶楽部(前菜)


秘密倶楽部(前菜2)

秘密倶楽部(スープ)


秘密倶楽部(スープ2)


秘密倶楽部(メイン魚)


秘密倶楽部(メイン魚2)


秘密倶楽部(メイン肉)


秘密倶楽部(メイン肉2)


秘密倶楽部(デザート)


っちうことで、帰りがけに九段下の「斑鳩」を訪問。
寒い夜にもかかわらず、10名以上の行列。

最近、バンバカ限定メニューを出しているこのお店。
食券機を見ると、限定メニューが1種類だけ売れ残っていた。

   特製海老味噌らーめん

食券を買い、席へ案内される。
厨房に店主の姿は見えない。
たまたま居ないのか、最近は居ないのか。

「武蔵」「中村屋」などの新興ラーメン屋はメディアへの露出度アップにつれて厨房に店主を見なくなった。
(っちゅうか、店主業を他の人に譲ったりしてる?)

そういう状態を見ると、

   ラーメンってレシピさえ有れば、誰が作っても出来るの?
   顧客の目線を感じてますか?

と皮肉を言いたくなる。

実際には、厨房に立ち続けている店主のほうが圧倒的に多いわけだから、
ほっときゃいいのだろうが、まぁ、ラーメン業界の足を引っ張ってるわな。

例えば、寿司屋でご主人以外が握って正規の値段を要求されたらムカつくわな。
ま、たかが¥1000くらいの食べ物で腹を立てなさんな、と云うならば、ラーメンってのはそれまでの食べ物ジャンルなのかもしれん。
ファミレスみたいなモンなんだろ、店主居なくてもできちゃうラーメンって。

余談はさておき。
「斑鳩」では化学調味料を使ってない(はず)。
“食べての健康を考えて”とか“素材本来の味を引き出すため”とか、狙いはいろいろ有ろうが、

    このドロドロの脂まみれのスープは何か?

斑鳩(海老味噌1)


一飲みして、えづきそうになった。

       むつごすぎやで。

で、麺を啜ると、意図の見えない激しい辛さにむせる始末。

     明らかに健康に悪いぞ。

斑鳩(海老味噌2)


健康に悪いならば「ラーメン二郎」の方が上だろうが、あそこは変な能書きや前向上は垂れないからな。

    二郎なんか、最初のうちは必ず下痢するで。(笑)

「あんまり食べちゃ駄目よ。」なんて、オバチャンがのたまってたもんだ。

スープに海老の香りがしたのは最初だけ。
麺に終始、ドロドロの脂味噌が絡んでくる。

で、その麺には包容力が無く、ただただ固いだけ。

斑鳩(海老味噌ヲタ撮り)


かつての斑鳩の「い」の字も感じられなかった。がっかり。

うぅっ。
かなり気持悪っ。

その気持ち悪さは、2時間経っても消えなかった。


本日の食事。

 朝食 おにぎり
 昼食 若月
 夕食 秘密倶楽部@九段下
    斑鳩

[12/21(木) やりすぎコージー 【若月・秘密倶楽部・斑鳩】]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  未測定

社員食堂の麺類。
蕎麦もうどんもラーメンも冷凍使ってるんだけど、おかげでそこそこ食べられる。
茹で置きフニャフニャ生麺はツラいからのぉ。

夜は、「かがり火」でうどん関係の呑み会。

主なネタは「お店は顧客を選べるのか?」
これが意外と盛り上がった。

かがり火(かしわの天ぷら)


常連とはなんぞや?

かがり火(卵の天ぷら)


店主はどうあるべきか?

かがり火(おでん盛り合わせ)


お客がこれやっちゃいけないだろ。

かがり火(再びかしわ天)


こんなお店は嫌いだ。

かがり火(釜揚げ)


こういうお店が大好き!

かがり火(かがり火天うどん)


やっぱ、本人の年齢や立場、置かれた環境でいろいろと意見が微妙に分かれるのがまた面白い。

かがり火(かがり火天天ぷら)


最初から結論なんて出ないことは分かっている。

皆がきちんと意見を回せるようにファシリテートが必要じゃの。

最近の「かがり火」はなかなかにツマミやうどんの調子がエェ。

うどんが製麺所系のネヂレチヂレが強いタイプになっとってエェ感じやな。

かがり火天(うどんヲタ撮り)


2次会はお隣の「上野市場」。

ここでも話の続き。

上野市場


あーでもない、こーでもない言いもって呑むのが楽しいわな。


本日の食事。

 朝食 おにぎり
 昼食 味噌ラーメン
 夕食 かがり火、上野市場


二郎オヤジ


で、電車を乗り越しまして、品川から歩いて帰る。
今宵は軽傷で済んで良かった。

品川駅(その2)


うどんの会も長らく続けていく内に、ほとんどが幽霊会員になってしもた。
ネットを媒介に運営していく宿命なんでしょうかね。

ネット上での言葉だけの付き合いってのは誤解を生みやすいしな。

そう思うと、mixiを中心としたSNSってのも、一寸先は闇なんかもしれん。

古いコミュニティが壊れ、同じネタで新しいコミュニティが新しいメンバーで構築されていく。

コミュニティの中心になる「ネタ」が生き続ける限り、輪廻するんやろ。

古いほうが常連面せんことが長続きのコツやな。




[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  72.8kg

もはやコート無しでの越年も視野に入り始めたワシ。

にしても、暖かい冬だ。
手がかじかむなどと云う感覚を忘れてしまいそう。

昨夜はちゅとトラウマちっくな夢を見たせいか、珍しく二度も起きてしまった。
で、何故か今朝は昨夜の夕食前より1kgも体重が減っていた。
夕食(鶏水炊き)とお酒は何処行った?
イリュージョン?

   おねしょ? 寝○ソ?(爆)

そろそろ、X'masプレゼント買いに行かなきゃな。

ウチはツリーの足元にプレゼントが届きます。
昔は枕元の靴下に届いたと思うが。

ツリー屋の陰謀か? 竿竹屋は関与してないか?(笑)

夜は会議に続いて宴会。

    千住の永見

ビールから早々にレモンサワーへ切り替える。

千住の永見(レモンサワー)


まぐろブツ

千住の永見(まぐろブツ)


千住揚げ

千住の永見(千住揚げ)


これ、このお店の名物。
ニンニク入りとニンニク入らずの2種類。
オススメはニンニク入り。

永見サラダ

千住の永見(サラダ)


コロッケ

千住の永見(コロッケ)


20時からのメニュー、ラーメンである。

千住の永見(ラーメン)


ラヲタとしてはラーメンがあったら食べなイカンやろ。

千住の永見(ラーメン2)


って、酔っぱらいでお取り分け。

千住の永見(ラーメンヲタ撮り)


旨かったです。
なんちゅうか他の職のジャンルにも精通してる調理人が作れば、間違いは無いわな。

ラーメン二郎のオヤジも元は和食の料理人(!)

せっかくこの時間に北千住に居るんだから、「徳多和良」へ顔を出す。

白子ポン酢

徳多和良(白子ポン酢)


“白子ポン酢”+“寒い夜”=熱燗

徳多和良(熱燗)


温まりますな。

貝好きにはたまらん、貝の煮付け

徳多和良(貝の煮付け)


お代わりしようかと思うくらい旨いぞ。
でも、お目当てがあるから我慢。

徳多和良(貝の煮付け2)


熱燗をお代わりして、葱ぬたを頼む。

徳多和良(ねぎぬた)


正確には、葱の酢味噌和えか。
ぬたがおらんからのぉ。



徳多和良(鯨)


これを食べたかったから、他のを我慢したんよ。

あー、美味かった。
ご馳走様。

さぁ、帰るとするかのぉ。


  常磐線は筆者を乗せて厳かに出発した・・・


本日の食事。

 朝食 おにぎり
 昼食 トンカツ定食
 夕食 千住の永見、徳多和良


[12/19(火) 筆者と常磐線  【千住の永見・徳多和良・福福】]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  73.8kg

まだコートを買っていない。
完全に少数派である。

でも、群衆の中にコート未装着のヤシを見つけると妙な戦友意識が芽生えるのは何故か。

しかし、駅から会社へ向かう人の群れに逆走するのは至難の業だ。
ちゅうのも、逆走の人のためにスペースを空けるつもりがヤシ等には全くないから。

    特にオバハンな。(姉ちゃんも含む)

端っこの一人用スペースに颯爽と突っ込んでくる。
それじゃ、駅へ向かう人は歩く場所が無いだろう。
意外とオッサンはよけてくれる。

今日は5人くらいのオバハンバッグをワシの鞄で跳ね飛ばすことになった。

こっちもいい気分ではないが、身をもって覚えてもらわねば、それこそ本人のためにならんからな。

肩で跳ね飛ばすのを控えてやったのを感謝しろ。

   と、毒を吐いてみるテスト。(爆)

朝から北千住でお仕事。
お昼は徳多和良。

山手線の霜


本日のランチは「かつ丼」と「子持ちはたはたの煮付け定食」。
うーむ、刺身丼を食べたいのですが・・・

徳多和良(前夜メニュー)


と言いつつ、かつ丼を選択。
本日の小鉢は「スナップえんどうの煮びたし」。

徳多和良(スナップエンドウ)


鞘から全部食べられます。

驚愕だったのは、お椀。
何と、蝦蛄でダシを取っておる。

徳多和良(お椀)


これは初体験かも。
ギリギリで上品にとどまっているほど、香りが強い。

徳多和良(カツ丼)


カツ丼は安心できるお味。
なんちゅうても、ダシが上品だわな。

徳多和良(カツ丼アップ)


結構なボリュームで腹パンパン。
ご馳走様。

その後、歌舞伎町二郎でマフラーを回収。
念のため、バサバサと振ってみるが、懸案の○○は出てこんかった。(安堵)

しかし、コマ劇場から北はホストクラブだらけじゃの。

ホストクラブ1


ホストクラブ2


この後から、仕事が押し寄せてきてちゅとイヤな汗が出る。
今日は飲み会が無いのを幸いに、残業に没頭じゃ~!   

本日の食事。

 朝食 抜き
 昼食 かつ丼
 夕食 鶏の水炊き

しもたー!
「のだめカンタービレ」があるん忘れて、残業に没頭してしもたがーっ。
慌てて帰るも、冒頭10分ぐらいが切れてしもた。

んでも、面白いな。
1時間が短く感じるよ。
ヘタに原作に触れてないのが、展開の先が見えないワクワク感につながっとるのかもしれん。
夫婦揃って見るドラマってのも久しぶりだからなー。


[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  73.8kg

朝一でジャスコ。
いろいろと物色。
うーむ、コートが安いのは事実だが、食指が動かず。
こうなると越年も辞さずと云った感有り。

川崎プライスを体験した身には、ジャスコの野菜のほとんどが高く感じられてしまう。
ピーコックなんぞ、非常識も甚だしい値付けじゃっ!(←ここまで云うか?)

嫁はんを自宅に届けて、一人ランチへ。
ラーメン髭を目指すも、至近の駐車場が空いてなかったため、断念。
第二候補の「暖々」を目指す。

駐車場に入れ、そそくさとお店を目指す。
あれ?
お昼時なのに、3人しか待ってない・・・
まさか

    髭にお客を食われた?

ラーメン¥550、大盛り¥100、豚¥120の食券を買う。
待ち時間も短く、着席。

前ロットの兄ちゃんが「野菜マシ」コールをしたら、トンでもない量の野菜を盛られていた。

だって、5分経ってももやしと格闘してたもん。(笑)

暖々(ラーメン1)


ワシは、野菜ちょっと多め、ニンニク、カラメ。

暖々(ラーメン横から)


それでも、この量ッす。

暖々(ラーメン豚)


豚のボリュームがアップしたのは本当に素晴らしいことである。

暖々(ラーメンヲタ撮り)


さぁ、食ったら泳ぐぞっ!


  6200m×1本
  

   本日の合計距離    6200m
  12月の総泳距離    19.9km
  H18総泳距離    468.3km
 H15/5~総泳距離 1852.9km
  今朝の体重       73.8kg
 プール後の体重      73.4kg

最近は一週間に一回のペースでしか泳げていない。
困ったもんだ。

とは云え、一気に6000m泳ぐポテンシャルは失ってないようだ。

それよりもね。
途中から(ワシが80本ぐらい泳いだ辺りで)、隣のコースにめっちゃ速く泳ぐ人が入ってきたのよ。

で、泳ぎながら顔を確認したら、こないだ呑んだばっかの高校水泳部の先輩ぢゃん。(笑)

互いに熱心に練習してたんで声をすぐには掛けなかったのよ。
そしたら、30分ほどで出てっちゃった。

休憩時間を待ってすぐに上がって、ロッカーへ行くと、先輩着替え終了間際。

   「なんや、お前居ったんか。」

   「速かったですねぇ。」

   「おぅ、ワシは練習時間短いで。」

   「そっちの早いじゃなくて、スピードが速い。」

   「最後のダッシュだけじゃ。」

   「何秒でした?」

   「んー、31秒かの。」

オイオイ。
40過ぎたオッサンが飛び込まんで31秒かいっ。

   「ワシ、これからエッシャー展見に行くんじゃ。ほなの。」

充実した休日を過ごしとるのー。


本日の食事。

 朝食 抜き
 昼食 暖々
 夕食 春巻き、チキン、麻婆茄子


暖々(ラーメン2)

[12/17(日) 有効な時間配分  【暖々】]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  未測定

いやー。
やっぱ新宿の漫画喫茶は24H営業やけん、エェのぉ。

   って、どアホッ!

うーむ。
もう7時半か。
そろそろ帰らなイカンな。

ちうことで、お店の出口で気づいた。

   マフラーが無い。

待て待て。
冷静に考えろ。
池袋から新宿までの間は巻いとったぞ。
どっかで外したか?
あっ

   二郎やっ!

後でそっと確認の電話入れるか。
嫁はんに貰ったマフラーやけんのぉ。
失くした云うたら、じょんならんが。

帰宅すると嫁はんの機嫌が悪い。
あ、そっか。
今日は嫁はんの両親が、上の子の誕生祝に来るんやったな。

   「安心せい。ワシは大丈夫じゃ。」

   「じゃ、朝帰りしないでよ。」

   「ごもっとも。」

嫁はんの両親からDSソフトを貰い、ご満悦のスカタン姉。

で、ワシは昼間からお酒である。
だって、義父のお相手しなきゃいけないしぃ。



本日の食事。

 朝食 抜き
 昼食 春巻き他
 夕食 ご飯、味噌汁、玉蒟蒻


今の子供のおもちゃって高価だよなぁ。
ワシが小学生の頃は、親からはノートや鉛筆だったぞ。

で、貰って一番嬉しかったのが「プラモデル」。
タミヤの軍艦シリーズが嬉しかったなぁ。
友人の持ってたサイボーグマンシリーズが羨ましかったな。

ほとんど、親からは何も買って貰えなかったから、ウチはよほどの貧乏だと思ってたよ。


[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  73.8kg

先日の日記を覚えている読者の方はいるだろうか?

  「ンなもんいちいち覚えてられっかYO!」

そんなやさぐれ読者は10月25日の日記を読んでもらいたい。

本日はKさんと忘年会を催しちゃおうナイトなのである。

Kさんのブログを読むと、毎晩、道路を匍匐前進しながら帰宅している模様。
うーーーむ。
そんな五体投地なKさんにワシが勝つのは無理。(←勝ちたいのか?)

とりあえず、巷で人気のホルモン焼きの店「新宿ホルモン」で待ち合わせ。
近所の新宿二丁目ではホモが掘りあっておるので、そっちはさしずめ

    新宿ホモ掘るモン

で、そいつがホルンでも吹けば、

    新宿ホモ掘るモンホルン

となるね。
ってか、そもそも、ホルモンって言葉が駄々っ子のセリフみたいだよな。

  「おめー、もう掘らなくてイイってばよ。」

  「いや、ボクはもうちょっとホルモン!!」

アホな話はヤメじゃ。

到着すると、Kさんの隣に好青年が1人。 ホルモン?(爆)

  「どもどもっ!今日は、若手のKRちゃん連れて来たよっ。」

  「どもっ!讃岐っ子といいます。どうかヨロチクビッ。」

早速乾杯。

  「で、どーーよ。さぬちゃんっ!」

  「いやいやいや、絶好調ですよ。」

リーマンの会話は適当なもんじゃ(笑)

  「焼き物はちょっとお時間が掛かるんで、他のものならお待たせ
   しませんが。」

オイオイ。
焼肉やで焼きモンが出来んて。
横山のやっさんが居ったら、

  「気ぃ悪いわっ。おいっ、こんなチンケな店出るでっ!」

と云うところじゃ。

でも、焦らずとも今夜は長い。

  「ご予約が入っておりまして、19時まででお願いします。」

     
       気ぃ悪いわっ!!!


  「ままま、さぬちゃん。早めに次行こう、次。」

人気店に予約無しで入ったんやから、しょうがないわね。
ってか、ワシが所望したんですが。(爆)

ここは「日本再生酒場」でおなじみの「もつ焼き い志い」が手がけたお店。
故に、そっちの人気メニューも置いてある。

レバテキ

新宿ホルモン(レバテキ)


むひょー♪
父ちゃん、機嫌が直っちゃったい。(早っ)

で、しばらく経って出てきたホルモン8種盛り

新宿ホルモン(ホルモン盛り合わせ)


おいしかったけど、見た目が少ないYO!


新宿ホルモン(カンテキ)


これだけ食べて、さっさと退店。
次回はゆっくり来たいもんである。

   若くてキャバい♀がたくさん居たし。


次のお店を探す。
酒が呑めたら、どこでもエェんやけど、この時期はどこもコンドルは飛んでいく~♪やしな。

   「立ち飲みでいいすか?」

   「酒呑めりゃどこでもいいっすよぉ。」

ヨシ。
前に昼飯食べた店のバル行こう。

ちうことで、セゾンプラザ地下の「IL Bacaro」へ。

イル・バッカーロ(お店外観)


   「さぬちゃん、なかなかエェ店知ってるやん。」

   「いや、晩に来るんは初めて。」

   「ギャフン」

ここでは、生ハムをアテに、ワインをキュキュキュィ~~~ッと♪

イル・バッカーロ(生ハム)


結構な客の入りだったんで、何か落ち着かんなぁ。
こうなりゃ、次じゃ。

   「やっぱ、オレ達は居酒屋だな、居酒屋。」

   「忘年会シーズンだから、逆に小さめの居酒屋は空いてる
    んじゃね?」

   「加賀屋行こう、加賀屋!」

酔っ払いは新宿三丁目から新宿北口へ大移動である。
途中、歌舞伎町で引っかからないのがエライなぁ。

     加賀屋

加賀屋(お店外観)


   「オヤジ、レモンサワーな、レモンサワー。」

        「濃い目なっ」

   「スタミナ焼きっ、スタミナ焼きっ。」

加賀屋(スタミナ焼き)


   「かしらっ!シロッ!」

加賀屋(カシラ他)


グビグビグビーーーッ

    うめぇーーーーーー

加賀屋(筆者近影)


さてと。
この辺から、危険水域に入ってきたようです。

もうね、レモンサワーぐい呑みですわ。


[12/15(金)  いずこへ  【新宿ホルモン、イル・バッカーロ、加賀屋、岐阜屋】]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重  74.4kg

とある場所からの帰り。

  「○○さん、お昼食って行きますか。」

  「お、ノッた。」

地元の営業マンは、ネットに出ないお店の情報をよく知っている。

  「蕎麦、好きです?」

  「好きですよぉ。」

  「角萬って知ってます?」
  
  「大好きです、冷や肉!!」

  「実はですね。角萬じゃないですけど、角萬に似てるって云うか、
   ウチの職場でも角萬好きな連中は、こっちも好きってお店なんで
   す。」

  「行きましょうっ!」

住宅街を車は走り、到着。
店の前の駐車場はいっぱいなんで、離れた第二駐車場へ。

  「人気ですね。」

  「そうなんですよ。」

お店へ入る。

  「ここは、鴨汁せいろがオススメです。」

  「じゃ、それにします。」

  「角萬好きだったら、大盛りでいいかも。」

  「じゃ、オレ、鴨汁せいろの大盛りっ!」

来る客、来る客、皆、鴨汁せいろである。
まるで、角萬の冷や肉みたいじゃ。(←ほとんどの客が注文する)

  「お待たせしましたー。」

やぶ忠(全体)


      

これはっ!

やぶ忠(つけ汁)


蕎麦ドンブリの器がまんまつけ汁。

やぶ忠(つけ汁の具)


そこにはたくさんの具が沈んでおる。

ざるにはあふれんばかりの蕎麦。
エッヂも立ってるし、思ったよりも表面が艶やかに見えるが・・・
まぁ、太めなことは太めだが、角萬の暴力的ビジュアルには似ても似つかんぞ。

やぶ忠(蕎麦)


  「いただきまーす。」

ゾ、ゾゾッ

      !!

こ、これはっ!

やぶ忠(そばヲタ撮り)


ボソボソのゴワゴワ。
すすると云うよりも、咀嚼しながら押し込む感じ。
それが喉を押し膨らませながら落ちていく。

いや、これは凄い。
角萬好きを魅了するんも分かる。
これぞ、蕎麦界の異端児。

食う食う食う
なかなか減らないが、何故か嬉しい。

ある意味、角萬より美味いかもしれんぞ、これ。
満足感かなり高かったッす。

ただ、場所がなぁ。
かの有名な焼肉屋「スタミナ苑」の近所。
故に、公共交通機関で来ることはかなーり厳しいです。

二郎好きなら是非とオススメしたい。


本日の食事。

 朝食 抜き
 昼食 やぶ忠
 夕食 カレー

[12/14(木)  ピカチュウ  【やぶ忠】]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  74.2kg

朝一の仕事が思ったより早く終わったんで、開店したての「東京麺通団」へ潜入。

   「ご注文、どーぞー。」

   「けんちんの大!」

   「ハイ!」

朝いちの店内にはパロマスも山中店長も不在じゃ。

悩んだ挙げ句、ゲソ天をゲトー。
(何で、いっつも同じモン取ってしまうんやろ・・・)

レジの女性にドンブリを渡す。
彼女なりに苦心しつつ、けんちんを盛りつける。

東京麺通団(けんちん1)


んー、と。
これさー、ちゅと具材の盛りつけが少ないわなぁ。
大根ばっかりやんけ。

ちなみに。こっちは前回、パロマスが盛りつけてくれた分。

東京麺通団(けんちん1)


やっぱパロマスが居る時に行かんとイカンっちゅうことか?
ガンバレ、バイトくん!

東京麺通団(けんちん2)


とは云え、うどんはモッチモチ。

東京麺通団(ヲタ撮り)


ゲソ天は揚げたてでホフホフ。

東京麺通団(ゲソ天)


朝から満足度「大」!!

東京麺通団(全体)


お店を出ると、すぐ近所に怪しげな看板をハケーン。

マサジの店(看板)


何と、ひざまくらしての耳掻きサービスのお店。
ンなモン、どこのセグメントがターゲットなんや?
市場が小さいんちゃうか?
独身中年がターゲットか?

マサジの店(写真)


    新手の風俗か?(笑)

ちなみに、タッチは無いみたいよ。(あっ、顧客が減った?)

歩いていると、開店前のパチンコ屋んところで、ウサギとトラが内緒話していた。
もちろん、着ぐるみの話し。(当たり前)

次に、歩道に駐車したバイクの取り締まり現場を目撃。
路上駐車が迷惑をかける相手は主に車やバイクなどの同種。
でも、歩道駐車は別種である歩行者に迷惑をかける。

倒れたりして老人や子供を下敷きにする可能性も大いにあり得る。
歩道駐車のバイクも大いに取り締まるべし。

そういや、以前呼んだHPに、「目に余る歩道駐輪には100円SHOPでワイヤーチェーンを買ってきて、鍵を掛けちゃいましょう」なる呼びかけが有ったのを読んだ経験がある。

リンチは良くないので実践はしないが、通学路に長期、もしくは常習的に駐車している法律違反のバイクには(以下、自粛)

新宿は朝からいろいろあるなあ。

午後から先週に引き続き、京成立石へ出張。
で、夕方にはお仕事終了。

・・・呑むか?

 実は、今日は  上の子供の誕生日

どうしよう
どうしよう
どうしよう

    栄寿司と宇ち多”のどっちにしよう。(そっちで迷っとんのかい!)

宇ち多”で呑んだら酔い過ぎる可能性があるな。
よし、酒寿司で軽くツマもう。
こないだ栄寿司では呑んでないしな。

栄寿司の扉を引き・・・・

  「ゴメンねー。今日はもう終わりなんだー。」

なっ、なにぃっ!

しもたっ。 逡巡しとる数分の間に暖簾仕舞われたか!

  自動的に 宇ち多” ケテーイ

宇ち多”(お店暖簾)


カラカラーッ。

  「らっしゃい。そこどうぞっ。」

指定された席へ素直に座る。

  「何、呑むの?」

  「ウメ割りください。」

こないだと同じ手順。

宇ち多”(ウメ割り)


皿にまであふれる焼酎を口で迎えてひとすすり。
美味い。

  「何、焼こうか。」

  「アブラたれ、レバたれ若焼き」

  「あぶらたれぇーい。レバたれは若なっ!」

あぶらを噛むと旨味がジュワッと出てくる。

レバーはぷっつりのトローリ。

宇ち多”(あぶらタレ・ればたれ)


ウメ割り、お代わりである。

  「カシラ、塩。」

  「カシラ、塩ねー。」

宇ち多”(カシラ塩)


ギュギュッと噛み締めがあって美味い。

ウメ割り、お代わり。
これで最後にしよ。

  「シロ、素焼き、若焼き、お酢!」

宇ち多”(シロ素焼き)


フルフルとしたシロの臓物臭さをお酢がうまく包み込んでいる。

  「ご馳走様―。」

さりげなく帰宅し、ハッピーバースデー♪

  「ありがとー♪」

バースディケーキ


子供の満面の笑顔を見るのは本当に幸せである。

今夜は本人のリクエストにより“すき焼き”。

嫁はんにバレないようにグイグイと最初から呑んだのは当然であるな。


本日の食事。

 朝食 抜き
 昼食 東京麺通団
 夕食 宇ち多”、すき焼き


思い起こせば11年前。
チミが我ら夫婦のところへやってきた。

生まれた日の感動は忘れない。

これからも、家族健康に過ごせますように。(←ワシが一番危うい(笑))


[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  74.4kg

日中は都内をあっち行ったり、こっち行ったり。

お昼を外で取ることも考えたが、夜が宴会なので自重。

夕方に○○○前で待ち合わせ。

出入りする車を制止するかの如く、警備員が立っている。
写真で見えている数本の白い棒(ストッパー)は、警備員の掛け声で地中へ収納される。

某所


車が来るたびに、白い棒が引っ込んだり、現れたり。
見ていて飽きない(笑)

でも、時たま警備員が鋭い眼光をワシに投げかける。
いや、怪しいモンじゃないっすよ。

後ほど、中へ入ったのだが、まぁ、なんちゅうか、こんな広い敷地があったもんだと感心。
緑も豊富で、なかなかいいな。

夕方から雨。
しかし、雨が降るっちゅうのは気温が高い証拠。
コート無しのアタイにとっては好都合。

本日の宴会場である「さぬき茶屋」へ急ぐ。

到着すると、すでにメンバー集合である。

年齢は上から下まで40歳以上の幅があり、職種もバラバラ。
初対面が殆どなのに、和気藹々。

楽しく宴は進む。

異業種がアライアンスすることで新たな強みを発見できるのだ。

うーむ。
楽しい。

詳細は書けないが、今後も仕掛けるぞよ♪

〆は皆様、うどんを食べる。

ワシはカレーうどん。

さぬき茶屋(カレーうどん)


讃岐の名前にあぐらをかいているかと思っていた「さぬき茶屋」だが、とんでもない。
しっかりとしたエェうどんを出しよりますわ。

さぬき茶屋(カレーうどんヲタ撮り)


香川県でも製麺所ばっか尊ぶ傾向があるけど、街の一般店のファンの方が意外と多いかもしれんで。
情報を食うお客が製麺所へ行き、家庭では作れんダシを提供する一般店に地元の人が通う。
意外と事実かもしれんな。


本日の食事。

 朝食 抜き
 昼食 ステーキ丼
 夕食 さぬき茶屋、一寸亭


2次会は業界トップの某社でNo.1企画マンとして各種メディアにも登場している方(っちゅうてもワシより若い(鬱))を交えて3人で八重洲口の立ち飲み屋「一寸亭」で語らう。

話し楽しかったなぁ。

一寸亭


未来の仕掛けを語らう時間ってホンマ楽しい。

仕事の話しながら呑むのを嫌がる人っているけど、そういうのは多分、受動的に仕事を「やらされて」いるんだろうな。
自分で仕事を「やる」人って、寝る時間も惜しんで「仕事のことを考え」てるもん。

ワシ、仕事好きやから、全く仕事の話しながら呑むのは苦にならん。
ってか、むしろ仕事の話をしたい。

    仕事が出来んヤツの愚痴が最悪やね。

なんちゅうか、疫病がこっちに伝染しそうなんで勘弁して欲しいわ。(笑)


[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重  74.4kg

それは、ある寒い冬のことでした。

  「ほら、ボーナスが出たよ。コート買っておくれ。」

  「あぁん?幾らよ。」

  「このステンが形がいいねぇ。カラーのシェイプが何とも
   アンビバレント♪」

  「59800円じゃないのさっ!限りなく6万に近いタグー。」

  「そりゃ、ブルックスブラザーズだもん。」

  「何言ってんのよ、ブルースブラザーズみたいな体型で。
   ダメダメ。それなら、ヨーカドーでカシミア100%のにしなさい。」

  「いや、ヨーカドーってだけでダメー。フツーにダメー。」

ちうことで、今週もコート無しで出勤ですわ。
街では明らかに少数派。

マフラーだけで仕事に向かうワシの手はかじかみ、足はプルプル震え、歯はガチガチと打ち鳴らされる。

  「マッチいりませんか~。オジチャン、マッチいらない?
   えっ?マッチョなら欲しい!?勘弁して下さいよー」

観察して分かったこと。
若者には綿生地の短いのが流行っている。
オサーン達は相変わらずのステンなんだよなあ。
(胴長、短足、出腹の体型に、裾の長いステンはどうなのか?)

センスあるコートが無いものかしらねぇ。
ワシの背が高けりゃ、チェスター買うんだけどな。

はあ、欲しいよ、コート。

   3万円くらいで。(←実はここがボトルネック(笑))

本日の食事。

 朝食 おにぎり
 昼食 そば、半カレー
 夕食 天ぷら、野菜炒め、大根とベーコンの煮込み


夜よりも朝の寒さがこたえる今日この頃。
ホンマにどーしょー。(寒)


[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  74.4kg

川崎ラゾーナの魅力を知ってしまった我が家。
一言で言うと

    野菜が新鮮で安い!

ヨカドーやジャスコの半額なんだもん・・・

  「開店前に駐車場入らないと混むらしいわよ。」

  「なんとかっ!出動じゃっ。コートも見なイカンしのぉ。」

開店前に駐車場へ乗り入れる。
駐車場からの入店口には20人ほど固まっている。

     開店

前の人達が何処かへ急いでいるので、つい後をつける。
エスカレータを駆け上がり、到着した先は!

    ビックカメラ

そこのレジ前の行列に混じってしまったアタイ。

  「ハイ、整理券でーす。」

Wii


なんとっ、Wiiの購入整理券じゃないですかっ。

そこへ嫁はんから入電。

  「ちょっと、今どこにいるの?」

  「ビックカメラで並んでます。」

  「ハァ?」

  「いやー、流れに身を任せたら、Wiiの購入整理券ゲトー
   してもぅたんじゃが。」

  「ちょっ、ちょっと。買うの?」

  「うーん。どうでしょ。(笑)」

  「今日の目的じゃないじゃん。大体、いくらするのよ?」

  「25000円ぐらいじゃないの?」

  「子供が欲しいって云ってないモノ、買うの?」

  「うーーん。いずれ欲しがるかも。」

  「本当に買うの?」

  「止めとくか・・」

  「DSも有るし、そんなにいらないでしょー。」

権利放棄(笑)

(後から思えば、買っときゃ良かったYO!)

コートは目ぼしいのが無し。
一旦家族と別れ、川崎駅BE地下のラーメンシンフォニーへ向かう。

今日は行ったことの無いお店へ向かうことにする。
で、1軒目にチョイスしたのが

    本丸亭

本厚木の本店は20回くらい食べたか。
訪問のたびに美味くなっていくラーメンと対照的に、店主がどんどん汚くなっていった(白髪交じりの髭が伸びっぱなし)のが印象的だったな(笑)

塩一本やりのお店で、麺の大盛りがめっちゃ高い。
とりあえず、基本のラーメンを頼む。

本丸亭(ラーメン1)


厚く切られたチャーシューが2枚。
生の春菊がのるのも特徴的。
麺は青竹で打ったチリチリの手打ち麺。

本丸亭(ラーメン2)


ただ、本店に比べると全てがスケールダウンした感じ。
なんちゅうか、もっとスープが美味かった気がするんだが。

本丸亭(チャーシュー)


チャーシューは厚木に比べると薄いけど、十分な大きさ。
麺はモッチモチ。
全体的には懐かしかったな。

本丸亭(ヲタ撮り)


2軒目にチョイスしたのは

    いまむら

本店に当たる、関内の「無」も10回くらい食べた。
ラーメン作りのセンスは感じられたが、店内張り紙やメニューにちょくちょく見える誤字脱字に、“少しIQ低い?もしかして~”と思わせられたものである。
ここ「いまむら」でも、表の看板が「支度中」のまま。(爆)

で、お店に入ってビクーリ。
「無」の店主である今村氏本人がいるじゃないのさ。

着席してメニューを眺める。
おや?
極太麺醤油こってりなんちゅうメニューがある。
能書きを読むと、もうアレですな?

ちうことで、極太麺醤油こってりを注文。
出てきたのを見て、疑念が確信に変わった。
これ、ラーメン二郎意識してますね?
ってことは、こっちもラーメン二郎を意識して食べちゃいますよ。

いまむら(らーめん1)


ビジュアルは見ての通り、“なんちゃって感”にとどまっている。

自家製麺は最初は無個性に感じた。
なんちゅうかね、二郎を誤解してるんじゃなかろうか、いまむらだけじゃなくて、他の二郎パクリ店達は。

    太けりゃイイ!って思ってない?

いまむらの麺は確かに太いし、美味い。
でも、固すぎる。
この麺の良さを活かしてないよな。
もっと柔らかめに茹でてはどうか?
実際、後半の方が麺がふやけてモチモチ度合いが上がったし。

いまむら(ヲタ撮り)


で、スープがねぇ。

    脂ぎってたら二郎!って思ってない?

脂も含めて、うまく食べさせるのが二郎。
こんなに脂が味から浮き上がってるんじゃ・・・
脂が目立ちすぎ。
で、その透明脂を呑まなきゃいけないわけで、「体に悪そう」としか思えない。

いまむら(らーめん2)


チャーシューは大きいけど普通の厚さのが1枚のみ。
全体的に、バラバラな印象。
七味が欲しい一杯でしたよ。

なんか、方向性に迷ってないか?

帰宅してから、泳ぎに出る。
2杯もラーメン食べたらカロリーオーバーだからね。


  4900m×1本
  プール全体休憩
  1200m×1本、50m×2本

  

   本日の合計距離    6200m
  12月の総泳距離    13.7km
  H18総泳距離    462.1km
 H15/5~総泳距離 1846.7km
  今朝の体重       74.4kg
 プール後の体重      73.4kg


ヨーシ。
今日も6km泳いだぞっと。
まだあんまりペースは上げられんけど、来年からは月に50kmのペースに戻したいもんじゃの。


本日の食事。

 朝食 本丸亭
 昼食 いまむら
 夕食 水炊き


帰宅したら、クリスマスツリーが出てた。
綺麗にオーナメントも飾り付けられとる。

もうすぐクリスマスかぁ。


[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  74.6kg

えー。
この日の自分の動きが分かりません。

備忘録代わりに使っとるmixiの日記も書き込んでないし・・・

写真から判断すると、ラーメン二郎三田本店に行ったみたいです。(笑)

頼んだんは“小豚”で間違いないか、と。

ラーメン二郎(小豚その1)


でも、出てきたんは、限りなく“大豚”いや、微妙に“大W”に近いんじゃないか、と。

ラーメン二郎(小豚その2)


なんちゅうか、ドンブリに麺がみっちり詰まってるんで、のせた豚が沈まずに、肉山脈を形成しとりますがな。

ラーメン二郎(小豚アップ)


しかし、麺が美味いなー。

ラーメン二郎(豚アップ1)


で、最後は巨大豚にズーーム・インッ!

ラーメン二郎(小豚アップ2)


満足したと思われます。


本日の食事。

 朝食 二郎三田本店
 昼食 抜き
 夕食 鰤照り焼き

ワシは、泳ぎにも行かずに何をしとったんやろうかねぇ。

バイスブルスト1


うーむ。

バイスブルスト2


ドイツ土産のバイスブルスト食べとったみたいね。


[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  74.0kg

毎日暖かい。
なのに、皆、コートを着ている。

ワタシはコートを持っていない。

 買えない。
 買わない。
 買えない。
 買わない。
 変わらない。
 変わりもの。

 着ちゃダメー
 フツーにダメー

(一部「姉詩集」よりパクリ(笑))


午後から京成立石でお仕事。
駅すぱぁとで検索すると、浅草橋で浅草線に乗り換えろ!とのご指示。

浅草橋・・・
そういや、何か「一度食っとけっ!」って云われたラーメン屋があったな。

     幸貴

年末が近いから?普段から?
浅草橋の街は非常に人通りが多かった。

超らーめんナビで地図検索すると線路の上にマークが出た。
ほほぅ、ホームで営業しとるんかい。

って、ガード下やね。

幸貴(お店外観)


お店の場所は、ホントにガード下だった。
引き戸を開けると、

     狭っ

奥行きのないお店を横に貫くようにカウンターが置かれ、5人だか6人が横一列に並んで座ると、後ろは通れない(!)

シンプルなメニューから「中華そば」を注文。

幸貴(中華そば1)


出てきた一杯は非常にシンプルなビジュアル。
昔風の顔立ちだわね。

んでも、スープをひとすすりするとホホゥ。
懐かしいようで、新しいような。
不思議な深みがあるね。

幸貴(中華そば2)


強いヒキがあるわけじゃないが、これを嫌いって人はいないだろ?っちゅう万人受けしそうな味。

幸貴(チャーシュー)


チャーシューが美味い。
凄い訳じゃないけど、しっとりしているのだ。フムフム。

幸貴(ヲタ撮り)


麺はまぁ、どうってことないか。
それがまた、昔風。

全体的に懐かしい味。
屑野菜や屑肉使って作った昔のラーメンを、素材をグレードアップさせてブラッシュアップさせた感じですな。

お昼の2次会(笑)は、京成立石へ移動してから。(←食うなよ)
お酒を呑んでは仕事にならんからね、お寿司屋さんにしましょう。

    栄寿司~♪

暖簾をくぐり、店内へ。
云わずと知れた、関東有数のCPを誇る立ち食い寿司の店じゃ。

  「らっしゃーい」

お茶を貰って、声がかかるのを待つ。
そう。
平日の14時とは云え、店内は先客8人って感じぃ(笑)

  「何、行きましょ。」

  「鯛。それと・・・煮はまある?」

  「あるよー。」

  「じゃ、その二つで。」



栄寿司(鯛)


コリッコリ。
関西の上物には及ばんけど、かなーーーりイケるで。

煮蛤

栄寿司(煮蛤)


まいった。
こればっかりはな、関東が本場や。
ふっくらして、トゥルッと食える。

  「白子、それとつぶ貝。」

白子

栄寿司(白子)


いやー、これはね。
堪らんですわ。
トロットロで、芳醇で、なんぼでも吟醸酒をいけるで。
呑んではないけど。

つぶ貝

栄寿司(つぶ貝)


貝の醍醐味やね。
肉厚でアミノ酸の旨みが前面に出て。
噛む毎に磯の香りがプンワカプンワカ漂って。
貝はエェなぁ。

ラーメン食うとるし、食い過ぎてもイカン。
仕舞いにしようかの。

  「ぼたん海老と煮烏賊、頂戴。」

ぼたん海老

栄寿司(ぼたん海老)


見た目も味も世間で云うところの甘海老に近いか?
札幌で食べたのは好き通った緑の卵を抱いとったで。
とは云え、身はネットリとして後を引く美味さ。

煮烏賊

栄寿司(煮烏賊)


子供が入っとるとは思わんかった。
子供が入っとったら、値段は倍取られてもしょうがないで。
それだけ、美味いんじゃ。
いや、ホンマ美味いわぁ。

お代を支払ってお仕事。
仕事が終わっても、まだ京成立石かと思うとタマランな。

  (数時間経過)

[12/08(金)  胸くそ悪いわ  【幸貴・栄寿司・宇ち多”・けんけん】]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  74.4kg

仕事の合間にランチ。
時間的には昼休みも終わりの頃。

お店は「随園別館」@新宿御苑前。

ランチは3種類(全部、税込み700円)

随園別館(メニュー)


お得そうな3番を頼む。

このお店、中国語が飛び交う本格派の中国料理店。
夜には何回か来たけど、その量の多さと味の良さ、だのにお安かったんで、今日のランチも期待大。

  「お客さん、これー。」

随園別館(蟹肉炒)

  
  「お客さん、これー。」

随園別館(甘酢肉団子)


  「ライスー。」


  「(無言)」

随園別館(お団子)


うーむ。
結構な量だ。

随園別館(ランチ3)


甘酢あんかけ豚肉団子、表面のカリッと具合がエェわぁ。

で、蟹肉もうまい。

   ご飯が足りなくなるど、これは。

ご飯とおかずのバランスを考えながら食うように躾られたもんで、頭の中で減り具合を逆算しつつ食べ進む。

  「お客さーん。スプねー。」

随園別館(スープ)


うがっ。
ここでスープが来たかっ!
って、濃厚な鶏スープじゃんっ。

で、ほとんど食べ終えたところで

  「サラダ。忘れてたよー。」

随園別館(サラダ)


忘れといてくれ(笑)

マイッタ。
これで700円ってば、かなりCP高いど。

表へ出たら、こんなメニューハケーン!

随園別館(ランチセット)


これは再訪必至じゃのぉ。


本日の食事。

 朝食 おにぎり
 昼食 隋園別館
 夕食 ポークステーキ


木曜のお仕事、子供を塾までお出迎え。
今宵は残業してもうたんで、「たけちゃん」への立ち寄りは無しじゃ。



[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  73.8kg

本日も遅めのランチ。
「むろや」@大木戸である。

ここは限定メニューが時々あるので、事前に「超らーめんナビ」で確認が必要じゃ。
で、見たところ、何もやってないみたい。

んじゃ、「トッピング特盛り」「つけ麺」の食券を購入。
並盛り、中盛りは値段が変わらないので、中盛りじゃ。(←だからデブ)

常に悩んでいるような表情の店主が黙々と作る。
何か景気が悪いんだよな、あの顔。(爆)

まず、つけ汁が出てくる。

むろや(特盛りつけ汁)


トッピングを特盛りにしたんで、非常に具沢山である。
とは云え、「べんてん」@高田馬場や「丸長」@目白みたいに麺を漬け込むスペースが無いっちゅうような事は無い。

続いて麺。

むろや(麺1)


一見少ないように見えるけど、器が大きいんで目立たんだけ。
GABANの胡椒入れと比較じゃ。

むろや(麺3)


前はえらく固い麺だったんで、今日はどうじゃろ?と思ったが、

むろや(麺2)


ウン、ギリギリ、プリプリの範囲で踏みとどまってるな。
美味いよ。

むろや(つけヲタ撮り)


つけ汁はヨソのエェとこ取りっちゅう感じ。

むろや(つけ全体)


午後は緊張感漂う会議っちゅか、ヒアリングっちゅうか。

ヤヴァイお話の続きは宴会で。(笑)

忘年会真っ盛りの今、宴会場確保するんに往生しましたで。
話の内容が内容だけに、個室が必須。

何とか確保できたんは「居酒屋 鮒酎でですけ」の2階。
うどん鶏鍋がメインの2時間半飲み放題コース。

でですけ(うどん鶏鍋)


でですけっちゅうたら、ここの社長の親族が高校の先輩。
そこと居酒屋チェーンの府酎がアライアンスした訳ですな。

期待してなかったうどんだが、運ばれてきたのを見て驚いた。

でですけ(うどん1)


エッジが立ってて、モッチモチで美味かったですわ。
流石、恵比寿の本店を「製麺所」と自称するだけのことはあるわい。

でですけ(うどん2)


ここでは和気藹々とディスカッション。
今後、どういう動きが出てくるか楽しみである。

2次会は6人で「三州屋」へ。
ここでは、さっきまでのシリアスな話が一転、馬鹿話に終始する。

三州屋(なす田楽)


三州屋(出汁巻き)


三州屋(牡蛎フライ1)


酎ハイ頼んだら、氷が入らず、シャリッた一杯が出てきた。

三州屋(酎ハイ)


お箸でつまめるんやけん、オモロイな。


本日の食事。

 朝食 おにぎり
 昼食 むろや
 夕食 でですけ、三州屋


うーむ。
「鉄は熱い内に打て」なる言葉の重要性を認識する1年だった。

日常の忙しさで情熱を失わないよう、常に自分を刺激し続けなければならん。

三州屋(牡蛎フライ2)




[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の体重  74.2kg

目白でお仕事した後は、「丸長」へ向かうしかアルマイト。

歩いていると、呑み屋の前の看板で“スープ焼きラーメン”なるモノをハケーン。

スープ焼きラーメン


ラーメンが浅い器に入って、スプーンが添えられているだけ?
よく分からんな。

お店に到着。

丸長(お店外観)


店内に空席は4つほど。
入って左のテーブルに陣取る。

   「小鉢、中盛りください。」

チャーシュー野菜つけそばのつけ汁の器は、通常、ラーメンドンブリで出てくるが、その器が小鉢に変えてもらう注文が「小鉢」なのだ。
中盛りとは、麺の量。
先人の知恵にあやかった注文方法。
ちなみに、大半の人がつけ麺を注文する。

ここは麺をバンバカ茹でているので、香川の製麺所よろしく、1分も待たないでつけ麺が出てくる。
んでも、今日は時間が早かったのか、麺を茹でているタイミングに当たった。

   「小鉢でーす。麺、少しお待ち下さーい。」

置かれた小鉢。

丸長(つけ汁)


むぅ。
大量の短冊チャーシューとくたくたに煮込まれた野菜。
シズル感満載である。
ご飯でこれをおかずにしても、イケるんではなかろうか。

   「麺、お待たせしましたー。」

丸長(麺)


麺。
茹でたて、締めたて。

丸長(小鉢・中盛り)


写真を撮るのももどかしいよ。
だったら、撮るな?

   ンなこと言わないでぇーん。ラヲタなんだもぉん♪

少し野菜とチャーシューを食べる。
くぅー、美味いっ。

麺をたっぷり漬け込んですするっ。

丸長(ヲタ撮り)


ああ、この甘酸っぱいつけ汁がタマランチ。
で、最後にビリビリッと一味が効いてんだよな。

下から具をかき混ぜながら、麺をつけて食うことしばし。
最後はかなーりお腹一杯に。

つけ汁をスープで割ってもらって、完食完飲。
ご馳走様でした。

午後も都内を飛び回る。

今宵は、高校の水泳部の同窓会&忘年会である。
一学年上の先輩の1人が上京するタイミングで開催の運びとなった。

場所選定については喧々諤々、ガクガクブルブルあったが(嘘)、某ビル地下の「居酒屋 こだわり山」で3時間飲み放題コースになった。

いやー、懐かしい。
上京した先輩と会うんは25年振り。
ほとんど変わっとらんでビックリした。
変わった点と言えば、髪の毛が金色から黒くなっとったぐらいか。(笑)

別の先輩は国会(!)から駆けつけてきた。
再開発中の丸亀町の変わり様の話を聞かせて貰う。
何でも、某社の協力が得られず、せっかくの街の統一感が(ムニャムニャ)

話しても話してもネタが尽きん。
3時間はあっちゅう間。

先輩2人と別れ、同期3人で新橋まで歩く。

  「もうちょっと話するか?」

で、立ち飲みの「豚娘」へ潜入。

豚娘(その1)


豚娘(その2)


いつもなら激混みなんだが、忘年会シーズンの今は空いていた。

ここでも、昔話に花が咲く。

豚娘(その3)


豚娘(その4)


結構、昔のことは覚えとるつもりやったけど、部分、部分、忘れとることがあるのぉ。


本日の食事。

 朝食 おにぎり
 昼食 丸長
 夕食 こだわり山、豚娘


日付が変わりそうな頃、解散。
皆が元気げにしよるんを拝めただけでもヨシじゃの。

しかし、高松の学校の水泳部が東京のど真ん中でえらそげに宴会する痛快さよ。
次は、新年会でGO!じゃ。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重  74.6kg

本日は西日暮里へお出かけ。
となれば、「つけ麺 TETSU」へ向かうのがミーハーラヲタの取るべき道。

     あれ?行列が無い・・・

定休日でした。
“超らーめんナビ”で事前確認していないワシは、ラヲタ失格?
そんなー。

ちうことで、2軒目の候補が無い。
いや、ある。
学生時代に非常にお世話になったラーメン屋の支店があるぞ。

    えぞ菊

「慶応に二郎有り」に対して「早稲田にえぞ菊有り」。
「早稲田にメルシー有り」と言うラヲタは、情報食ってるに違いない(爆)

メルシーを推すのは「早稲田高校」「早稲田実業」「早稲田中学」上がりなのだ。(確率88%)

それも今は昔。
早稲田~高田馬場には腐るほどのラーメン屋があるからな。
「早稲田にラーメン屋、数多く有り」になっとるのかもしれん。

えぞ菊へ入ると食券機がある。
時代の趨勢じゃのぉ。
文明開化の波が、えぞ菊にまで(違)

「味噌ラーメン」と「チャーシュー飯」の食券を買い、着席。

出された味噌ラーメンを見て、一言。

    懐かしい・・・

えぞ菊(味噌1)


これでメンマが少し薬臭いとか、スープに酸味がかかっていれば完璧だったのだが。(笑)

えぞ菊(味噌ヲタ撮り)


麺は相変わらず太めのムッチムチ。
美味い。

えぞ菊(味噌2)


ってか、メンマをこんなにのせてくれるとはお得。
全てが2倍マシになる“ヤングラーメン”だとどれくらいの量になるのか?
誰か試してくれ。

えぞ菊(チャーシュー飯)


チャーシュー飯、意外と美味かった。
食べやすいように細切れになってるチャーシューもさることながら、タレが美味い。
何よりもご飯がアツアツ。

これで¥200はお得だ。

満足、満足。
次はまた10何年後だな。(笑)


本日の食事。

 朝食 おにぎり
 昼食 えぞ菊
 夕食 鶏肉ホイル焼き

えー、短いけど、今日はこれでおしまい。
だって、メモが無いんだもーん。(爆)




[RSS] [Admin] [NewEntry]

FC2 Blog Ranking