呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
10/31(火)  何とか言ったらどうだ!この高野豆腐野郎っ!
2006年10月31日 (火) | 編集 |

今朝の体重  72.0kg

痩せた。
痩せたけど、嬉しくない・・・
ゲロ吐きDIETは有りえねぇーだろ。

もう体の中がどうなってるのか心配だよ。

昨日の夕食は、豆腐ハンバーグ他。
ほとんどは家族全員で一緒に食べている。

そんな中、ワシ1人だけで囲い込んだツマミがある。

   高野豆腐

うーん。
こいつが犯人なのか?

  「高野豆腐ねー。でも、アタシはお昼に少し食べたわよ。」

おっかしーなー。
となると、お昼のねぎどん、角萬の蕎麦類か?

いや、一緒にたーーくさんのお客さんが食べてたぞ。
ってか、疑うことすら失礼だな、この2軒を。

もしやっ!
こないだ「さとなお」さんの日記にあった“急性アレルギー”か?
その方は、ある日突然蕎麦アレルギーになっちゃったらしく、かかったお医者さんに

  「アンタ、次に蕎麦食べると死ぬよ。」

って、そのご友人は宣告されたらしい。(怖)

キャーーーッ。

ワシ、蕎麦アレルギーじゃねぇだろうな・・・


本日はお客さまのところで1日。
蕎麦屋に行ったのに、恐ろしくて蕎麦を頼めず。

ランチのカレーライスセットにする。
蕎麦屋のカレーってば、なんちゅうか小麦のマターリした感じが強くて、時々食べたくなるんだよね。

ミニ冷やしうどん・・・浅い小皿に入って出てきました。(笑)
添えられていたのが生姜じゃないのはしょうがない。

ま、関東の蕎麦屋でまともなうどんが出てくるわけないわな。(←毒舌でスマソ)


本日の食事

  朝食 サンドイッチ
  昼食 カレーライス、ミニ冷やしうどん
  夕食 味噌ちゃんこ


夕飯の味噌ちゃんこ、美味かった。
お揚げさんが効くよな。

うどんも鶏肉もお野菜も包み込んでおいしく食べさせる味噌ちゃんこに敬意を表したいね。
あんたはエライ!


スポンサーサイト

10/30(月) 確実にガタが来ている 【ねぎどん・角萬】
2006年10月30日 (月) | 編集 |
今朝の体重  73.0kg

浅草での業務を終了後、お昼を食べることにする。

“角萬”行くか、と歩き出す。
で、歩いている途中に“ねぎどん”がこの近所だなと思い出す。
テクテク歩いて、10分ほどで到着。

ねぎどん(お店外観)


中へ入ると、先客4名。
食券機で「もりとろろ」を買い、着席。

ねぎどん(もりとろ)


うまいね、蕎麦

ねぎどん(もりとろ蕎麦)


とろろもタップリ入ってるのお得感がある。

ねぎどん(もりとろつけダレ)


う、お腹が八分目くらい埋まってしまった。
でも、こっちへ来る用事も多くないし、当初目標を曲げるのも悔しい。

酉の市準備


開店直後に“角萬”へ潜入。

「ひや肉!」「ひや大!」の注文が飛び交う中、「もりそば」「肉そば」の注文の声も聞こえる。

お隣に座った方の肉そば。
なかなかおいしそうでした。
あのごわごわ蕎麦を温かいおつゆで食べるの良さそうだな。

ワシが頼んだのは、初志貫徹で“ひや大玉(ぎょく)落とし(冷やし肉南蛮蕎麦大盛り生卵入り)”。

角萬(ひや大1)


角萬(ひや大アップ)


真ん中に落とされた卵の黄色が、巣篭もり蕎麦みたいで美しい。
うどんに見えるような極太蕎麦だけど、その食感は他の追随を許さないわね。

角萬(ひや大2)


角萬(ひや大ヲタ撮り)


できれば、この豚肉を甘辛い牛肉に差し替えて食べてみたい。
西日本出身者の小さな願いですが。(笑)

パソパソになったお腹をさすりつつ、鶯谷駅目指して歩く。
金杉通りではよく呑んだもんだ。

根岸の街(たこ焼き)


裏通りに“博多三社塾”なるラーメン屋を発見。
へぇ、こんなん出来たんだ。

三社塾


麺処 遊”は特に行列もなし。
いい感じでお客さんが回転するっちゅうのが理想かもねぇ、飲食業は。
行列作るのに命懸けてる方もいるかもしれんが。


本日の食事。

  朝食 お握り
  昼食 ねぎどん、角萬
  夕食 豆腐ハンバーグ他

夜に「コメットさん」を見る。

コメットさん


ワシが幼少の砌(みぎり)によく見ていた“九重祐美子Ver”。
(ちなみに、大場久美子Verも見ていた)

九重祐美子(その1)


うーむ。
やはり魅力的だ。九重祐美子。
ショートヘアーにミニスカート。
溌剌とした動きで、かつ、非常に歌が上手い。

九重祐美子(その2)


番組の余韻に浸っていた23時頃、事件が起きた。

急に胃が痙攣したような感じがしたかと思うと、お腹がガクガクと。
慌ててトイレに行くと、

   オェェェェェェッ

な、何だ?
そんなに呑んでないぞ。
取りあえず、水を飲んでリビングへ戻ると、5分もしないうちにまた吐き気が

   オェェェェェェッ

また水飲んで、布団へ行き無理やり寝ようとするも、またまた

   オェェェェッ、ケッ、ケッ・・・

もう吐く物が無い。

読書中の嫁はんなんか

  「どうしたの?何か悪いもんでも食べた?」

オメェなー。
あっ、また来た。

   オエッ、ケッ、ウェェェ

帯状疱疹が直りかけたと思ったら、今度はこれかい。
あれだけ運動してて、これかい。
健康に留意してたツケがこれかい。

ああ、ワシの体はどうなるんじゃろ。
近いうちに死ぬのかな。

  「そういうこと言ってる人は死なないって。」

この馬鹿嫁が。
ちっとは気遣うような言葉は無いのか。

そうする内に意識は薄れ、夢の中へ・・・・



10/29(日) 孫クン、今度は「ヤーメタ」できないよ。 【暖々】
2006年10月29日 (日) | 編集 |

今朝の体重  73.0kg

昨日も書いたが、毎週毎週、二郎系ばっか食べてるアタイ。
もしかして、ワシはラヲタではなく、二郎ヲタではないのか?と自問二郎する、いや、自問自答する日々。

実際、最近のラーメン新店情報にほとんど興味が稚内。
どっかで食べたようなんばっかなんだもん。(←これ言っちゃおしまい)

かと言って、オリジナリティの誉れ高そうな一品は価格もかなーり高い。

どっちかって言うと、土着的な、その土地固有の味って方に惹かれるんだよなぁ、ワシ。
地方に行って、都会の流行の味を食べてどうするんじゃい!
札幌にもんじゃ食べに行くとか、山口に稲庭うどん食べに行くとか。

  あ、それはそれで面白いかも。(爆)

そん中で二郎(&二郎系)だけは別格。
「二郎はラーメンじゃない」って言葉(20年前には既に有りました)は本当に的を射た言葉だと思います。

  二郎は東京の郷土料理

これ、いいな。

っちゅうことで、本日も二郎ライクなお店「暖々」へトライ。
ここの近所にコインパーキング見つけたもんで、行きやすさがグゥィーンとアップしたのよ。

逆にグ、グ、グゥィーンと行き難さがアップしたのが「ラーメン二郎目黒支店」。
近所にコインパーキングが見当たらない。
たった数台のコインパーキングはいっつも埋まってるし。

さて、暖々。
つけ麺も油そばも試したけれど、ここはやっぱ普通のラーメンが一番ワシには合う。

ラーメン¥550、大盛り¥100、豚¥120の食券を買い、待つ。

席に着くと、トッピングの種類が増えていた。

  野菜多め、野菜少し多め

に加えて、

  野菜ちょっと多め

少し、ウケてしまった。
店主もいろいろ悩んだのかなぁ、このネーミング。

勝手に没になった候補を挙げてみよう。

  野菜気持ち多め

「気持ち」と云う“暗黙知”をお客さんと共有するのは困難か。

  野菜プチ多め

“プチ”と“多め”がそもそも相反する言葉じゃないのか?と小一時間(笑)

  野菜高いけど多め

あ、なんかお客さんの満足感が上がりそう。
でも、少し押し付けがましいか。

  野菜実は多め

店主、白状してますね。
見た目少ないけど、実は・・・・

  野菜気まぐれに多め

不愉快なことがあると、気に入らない客には100トンク入れてやるっ!

っちゅうことで、「野菜ちょっと多め、カラメ、ニンニク」を注文。
心なしか、店主の目が寂しそうでした。

そんなに、野菜を盛り込みたいのか、チミ。

出てきたのがこれ。

暖々(大ラーメン野菜少し多めカラメニンニク全体)


最近は豚も盛り込むようになってきた気がしますわ。

暖々(大ラーメン野菜少し多めカラメニンニク全体横から)


いい傾向だね。
いつまで経ってもセコイ豚の切り方をする、同じお店から派生した○○○○屋とは一線を画するその潔さを、真性ジロリアンは支持すると思うよ。

暖々(大ラーメン野菜少し多めカラメニンニク肉アップ)


このぶ厚さと大きさ。
堀切系では珍しいでしょ?

暖々(大ラーメン野菜少し多めカラメニンニク全体2)


いやー、ウハウハで食いました。
うめーー♪

夜に「亡国のイージス」を鑑賞。
かなり面白かった。
原作を読みたくなったよ。
しばらくしたら、ブックオフを漁ってみるかな。


本日の食事。

  朝食 抜き
  昼食 暖々
  夕食 もんじゃ


話変わって、最近のSOFTBANKのCM。
詐欺みたいな内容を大量に打ってますねぇ。
¥0、¥0って、、、、

実際にはauやdocomoへの通信料金は割高に搾取するし、
21時から0時59分の間は一定時間の通話料を越えれば無料通話じゃなくなるし、
本体料金をローンで請求するケースを¥0と言ってみたり(あくまでイニシャル¥0って話し。これなら世間のローン支払いは全て¥0っちゅう表現が出来る)・・・

  「都合の悪い部分は隠す」という、昨今の“企業の法令遵守”に逆行
  するやり方です。

何?
CMの下に小さーーーく注意書だしてるから、違法じゃないでしょ?

   その考えは品性下劣

¥0にならないケースこそ大きく出すべき。

こりゃ、契約変更した若者が一ヶ月後(正確には数ヶ月後くらいからかな?)の請求書を見て大泣きする様子が今から見えるようです。

   途中解約には違約金を請求する

っちゅうビジネスモデル(凄いね!)も導入してますから、請求書見て後悔してもアフターフェスティバル。

ってか、2日連続受付途中で中止って、初日の対策が出来てないまま2日目も受付開始したわけでしょ?
その見切り発車感覚にCSRハザードを感じるし、そもそもIT企業として保有するシステムの規模と処理能力を疑います。

世の中の携帯使用者の大半がソフトバンクにならない限り、顧客にしわ寄せが来ますね。
なんか、LOSE-LOSEな結果になりそうなヨカーーン♪



10/28(土)  実力とはこういうものさ。エッヘン♪  【ラーメン二郎三田本店】  
2006年10月28日 (土) | 編集 |

今朝の体重  72.4kg

玉子の会会長からメール入電。
嫁はんに打診するも、

 「だめよ。今日は上の子と病院行くから迎えに来て。そしてジャスコ。」

なんだよー!

嫁はん達は開院の8:30に合わせて診察してもらい、9:00待ち合わせとなったのだ。

一度は行けないとメールしたものの、ウズウズ。
下の子供を助手席に座らせ、一路二郎へ向かう。

邪魔にならないところに停めて、裏口から店内へ。
オヤジが丁度上へ上がって居なかったが、一族郎党勢ぞろいである。(笑)

AさんやI助手他が、

  「あれっ?どしたんですかっ?」

  「いや、食べられないんだけど、顔だけでも出そうと思って。」

  「食べていかれないんですか?」

  「うん、これからジャスコ。」

店内、爆笑。

  「それに、ほら。助手席に小さいの待たせてるから。」

  「おお。かわいいのが見えますね。」

  「ま、少しの時間だし、車中で焼け死ぬことはないでしょ。」

一通りしゃべって退散。

  「11時過ぎに来るから!」

  「はい。」

嫁はん達と合流し、ジャスコへ。
ジャスコ品川シーサイド店はお酒売り場がリニューアルされての初の週末。

各種メーカーが売り場へプロモーション&ヘルプで入ってます。
そんな中、サントリーがティスティングクイズやってました。

居たのは女性一人。
ま、開店したてですから。

 「ティスティング如何ですか?全部当たりますと景品差し上げますよ♪」

うむ。
あんまり蒸留酒は詳しくないが、やってみるかな。

  「こちら六種類の銘柄を当てて頂きます。
   ただし、試飲は時節柄ご遠慮頂いてますので、香りだけで当てて
   下さいね。こちらにヒントがあります。」

用意された六種類の銘柄

  山崎12年
  白州12年
  マッカラン12年
  グレンフィディック12年
  ボウモア12年
  ラフロイグ10年

この女性、普段は白州工場でコンパニオンをしているとのこと。
なかなかの美人、かつ聡明な方。

  「頑張って下さいね♪」

ああ、笑顔が眩しい。でも・・・

   惑わされてはいけない(爆)

ティスティンググラスのカバーを外して香りを嗅ぐ。

マッカランはすぐに分かった。
ボウモアとラフロイグも比較的簡単に分かった。

香りを嗅ぐと、BARで呑んだときの記憶が蘇るから不思議だ。

問題は残り3本。
特に山崎と白州は区別が付かん。

   だって、白州呑んだ事無いんだもん(笑)

考え抜いた挙句、すべての位置を決定。

ここまで8分ほど掛かっている。(遅すぎ?)

  「今、確認しますね♪」

彼女が控えの解答と照らし合わせている。

  「全問正解です!すごーーーーい!」

ムヒョーッヒョッヒョッヒョ。

これでワシが日夜無駄に酒撲滅運動にいそしんで無いことが証明できたわ!

そういや昔、ビールの銘柄当てコンテストで優勝したこともあったな。

これからはワシのことを

   違いの分かる男

と呼びなさい。

  「それでは景品でぇす。」

お、それそれ♪(←現金なヤシ)

  「マッカラン特製&限定のティッシュケースかカフスボタンです。
   お好きなほうをお選び下さい。」

  「へぇ~。いいの?こんなに素敵なモノ。」

  「これ、なかなか手に入らないらしいですよ!」

カフスボタン(入れ物)


カフスボタン(内ぶた)


カフスボタン(本体)


  「どっちにしようかな。やっぱカフスにします。」

  「ハイ♪これ付けてBARにいらっしゃったら、お店の方の見る目が
   違うかもしれませんよ。」

  「おお。それは早速着けていかねば。」

帰宅して、すぐに自転車でラーメン二郎まで出動。
12:30に到着。

行列はお店裏の駐車場まで延びている。
だからと言って、あきらめるワシではない。

思ったより進みは速かった。
本日も小豚¥600の食券を購入。

  「おお、朝に来たんだって?」

  「えぇ、ジャスコに行く前に。」

朝居た助手のIさんは見当たらない。

  「ニンニク入れますか?」

  「野菜カラメニンニクで。」

ラーメン二郎三田(小豚1)


うっひょー。
毎度ながら、わくわくするようなビジュアル。
根っからの二郎好きであるなぁ。>自分

ラーメン二郎三田(小豚横から1)


この豚の盛り具合を見てちょーよ。

ラーメン二郎三田(小豚アップ)


もうたまりませんな。

ってか、運動してないのに、こんなカロリーオーバーな食い物を貪っていていいんでしょうか?

絶対、体を悪くするな。(笑)

ラーメン二郎三田(小豚横から2)


でも、やめられない。


本日の食事。
朝食 抜き
昼食 ラーメン二郎三田本店
夕食 カレーライス他


夜はカレーライス。

あんまり食えないかと思いつつ食うもんだから、あっちゅう間にリバウンドするんだな。
自重、自重。




10/27(金)  肉のクリスマスツリーやー♪ 【麺徳・光江・八重寿・徳多和良】
2006年10月27日 (金) | 編集 |
今朝の体重  72.4kg

朝の一仕事を終え、移動途中でお昼を食べることにする。

  「どこにしょーかいのー。あ、そうやっ!上野に二郎をパク、いや、
   一応二郎の支店卒業したヤシが開いた店が出来たとか聞いたな。」

都営大江戸線の新御徒町から徒歩で向かう。

メトロ銀座線稲荷町駅を超え、清洲橋通りを北上。
20分以上歩くと、黄色い看板が通りの左に見えてくる。

   麺徳 

お店の前に行列が無かったんでウヒョーィと店に入ると、店内で8人も待ってるじゃないのさっ!
http://www.h6.dion.ne.jp/~j-market/200609.html
一瞬たじろぐも、落ち着いて食券を購入。
チャーシュー麺と豚の食券。
二郎で云うところの「小W」じゃ。

カウンター上にはニンニクがある。
野菜ましはあるのかなぁ。

ホール担当の女性が食券を受け取りに来たので聞いてみる。

  「野菜マシってできるんですか?」

  「はい、できますよ。」

  「じゃ、野菜マシで。」

行列後ろについて待つ。

大盛りと格闘している人が数名。
でも、ドンブリの大きさから云えば、ラーメン髭よりは全然小さい。

店内は雑誌、新聞が充実してるんで待ち時間が苦にならないねぇ。

席へ案内され座る。
前のロット製作を見ていると、出来上がり直前にお客さん一人一人に

  「野菜多めにしますか?」

と聞いてる。
なんだ、聞いてくれるんじゃん。

ところが、その野菜マシの量が半端じゃなく凄い。
これは食い切れないぞ。
さっきのオネエチャンへの野菜マシオーダーが通ってなければ、減らしたいなぁ。

ワシの番が来た。

  「野菜多めにしますか?」

  「少し多めにしてください。」

他のお客さんへの提供が終了後、ワシのを作っている。
野菜を何度か乗せた後、なんかお肉を貼り付けるような手つきが見える。

  「お待たせしました~。」

     !!

麺徳(チャーシュー麺肉まし1)


こっこれはっ!

麺徳(チャーシュー麺肉アップ1)


野菜の壁を豚でコーティングしてみましたって感じ?

   玉虫厨子 ならぬ 豚肉厨子

ここの店主の持つアーティストな魂に今後も期待せずに居られません。

ちうことで、誰か、豚トリプルやったらどう盛り込むのか、挑戦してくれ。

麺徳(チャーシュー麺肉アップ2)


麺は二郎からはちゅと遠く、んー、どっかのフーズ系で食べたかな?ってもの。
スープもカネシの強さが無い。
野菜や豚は限りなく“二郎”。
ニンニクを3すくい投入したら、あら不思議。

   全体としては結構二郎。

麺徳(チャーシュー麺肉まし2)


次は他のメニューを試してみたい。

お店を出る。
次のアポまではまだ時間がある。
時間潰しを兼ねて、散歩。

東上野からズンズン歩いて、入谷へ。
この辺りから三ノ輪にかけては、20年近く前によく飲み歩いたもんだ。
そういや、ラーメンの「光江」があったよな。

それこそ17年前くらいに食べたきりの「光江」。
地下鉄の入谷駅からわき道を裏へ入ると・・・・

   あれっ?無い。

んー、場所間違えたかな。
駅からすぐだと思ったんだけど。

超らーめんナビで探ると、ありゃまエライ駅から離れてるじゃござんせんか。
テクテク歩くと、今風の外観の蕎麦屋(写真無し)と昔風の蕎麦屋があったりして、入谷から根岸にかけて大衆が何を望んでいるのか?を業界が探りきっていないことを感じさせる趣。

入谷の蕎麦屋


おっ。 光江ハケーン♪
って、ビルになってるじゃんよ。
昔は半分小上がりみたいなんが有ったような気がするのだが。
まぁ、いいや。

光江(お店外観)


お店に入る。
変な時間なので先客は1人。
ってか、何でワシは光江に入っちゃってんだ!?
お腹イパーイじゃないのか?>ワシ

しょうがないので、ラーメンを注文。

厨房からジャーージャーーーッって絶え間なく音が聞こえてくる。
見ると、厨房でいい感じに枯れたオヤジが揚げ物中。
先客1人は何を頼んだんだ?

それよりもだ。
聞いておくれよ。

薀蓄ラヲタがサムディ辿り着く話題に「無化調」と「タバコの害」がある。
ラーメン掲示板である程度書き込みが飽和し始めると、かーなーらーずこういうネタを振り出すアホ(あっ、言っちゃった。笑)が出てくる。

和食、洋食、中華とあって、一番「化学調味料」と「煙草」に縁があるのが中華でしょうが。
ラーメン好きなヤシが何を抜かすのか、と。
もうお前なんか、ラヲタやめちまえと小一時間(以下、略)

で、光江のオヤジ。

     桑江知子で腰振り中

違うな。

     くわえ煙草で鍋振り中

光江(厨房)


イカス~♪
灰が鍋の中に落ちるかもしれないスリリングな状態。
しかも、大きく全身を揺する鍋振りでデンジャラス度40%増し。  
香り付けの効果も期待できるってもんだ。
薀蓄ラヲタを光江につれて来たいもんだよ。(笑)

ちなみに、超らーめんナビのラーメン達人の★は七つ(満点は八つ)です。

光江(ラーメン2)


そんなオヤジが作った一品が先客のところへ運ばれていく。
うぉっ!カツカレーじゃん!
って、

    メニューに見当たらないのですが・・・(爆)

光江(メニュー)


そんな雰囲気の中で味わうラーメン。
昭和の香りがしましたね。
じゃ、さっきの麺徳はどんな香りがしたかって?

    ニンニクに決まってるぢゃんYO!

光江(ラーメン1)


ま、ほうれん草がたっぷり乗っているのが今や珍しいのかも。
家系以外じゃ見なくなったもんなぁ。

光江(チャーシューアップ)


ナルトがあったら100点だったんすがね。オシイッ。

光江(ヲタ撮り)


てか、昭和のラーメンの癖に量多すぎ。
爺や婆がアレを平らげているのかと思うと、戦後奇跡の復興を成し遂げた先人のパワーの源が思い偲べますわ。(←意味不明な文章!)

会議後、夜は北千住東口で宴会。
「八重寿」ってお店ね。
他の人が頼むに任せてたら、ほんとに居酒屋メニューばっかになってしまった。

八重寿(川海老)


八重寿(アテ)


いや、別にワシが食べたいものを頼んでくれなかったからスネてるわけじゃないですが。
へーんだ。
食べたかったなぁ、生牡蠣。(笑)

悔しかったので、5人に3切れしか当たらない大トロを一切れ食べてやりましたよ。別に大トロ好きでも無いのに。(爆)

八重寿(刺身盛り合わせ)


あ、でも、ワシに大トロを勧めた御仁は2切れ食べてましたけどね。

これだけで帰るわけがなかろう。
っちゅうことで、「徳多和良」を目指します。
上司を1人連れて。

カウンターはいっぱい。
一つ空いていたテーブル席へ陣取ります。
隣には外人さんが3人。

最初は焼酎。お気に入りの村正ロック。
アテを頼んで、しばし歓談。

若いお兄ちゃんがなんかの酢味噌和えを持ってきた。

徳多和良(酢味噌和え)


頼んだ覚えは無いのだが、黒板見ればレギュラーメニュー¥315より一段高い高級メニュー。
食っちまうか。(笑)

  「お兄ちゃん、これは頼んでないよ。」

  「あ、すみません。」

普通、ここまで正直に言えば、金の斧と銀の斧をくれるもんだが、それは無し。(当たり前)

冗談はさておき、その後のお話によると、このお兄ちゃん、やはりこちらのご親族だそうで。
家族経営が行き渡ってはりまんなぁ。

2杯目からは抹茶ハイ。

徳多和良(貝)


旨いツマミを食べながら、ご歓談。

徳多和良(貝刺し)


徳多和良(鴨ロース1)


徳多和良(鴨ロース2)


注文の嗜好なんですがね。
刺身系をガーーッと注文するってのはワシはあんまし無い。
だもんで、今夜の刺身は全部上司の注文。

徳多和良(〆鯖)


徳多和良(青柳刺し)


ワシは、少しでも手間をかけたアテの方が好きなんだよねぇ。

徳多和良(穴子肝)


アナゴの肝の山椒煮なんて、よくぞ酒飲みに生まれけりですなっ。

 本日の食事。

  朝食 スープ
  昼食 麺徳、光江
  夕食 八重寿、徳多和良

北千住からの帰宅はスムーズに帰れました。
山手線で一周とか、大船まで珍道中したとか、そういうのは無し。

そういや、こないだ嫁はんからも

  「最近、乗り越さなくなったわね。」

と、お褒めの言葉を頂戴しましたから。

ムヒョーーッヒョッヒョッヒョ♪



10/26(木)  お酒呑んで塾に来ないで! 【東京麺通団・双葉・たけちゃん】
2006年10月26日 (木) | 編集 |

今朝の体重  72.4kg

いやー、軽い二日酔い。(爆)
昨日は呑んだなぁ。

午前中お仕事してると、昨夜のKさんからメールが。

 「例のものを新宿駅のコインロッカーに忘れたので・・・」

例のもの?

   何だっけ。(爆)

我ながら、記憶力の薄さには脱力。
はー。
あんなに呑んじゃいけないよなぁ。

お礼のメールを打ちつつ、ソッと尋ねてみる。

 「俺、岐阜屋とかで支払ってましたか?」

で、Kさんから返ってきたメールが、

 「岐阜屋?行ったっけ?

ナイス!
やっぱ、Kさんは他人とは思えん。(爆)

午前中のお仕事を済ませ、帰り道にある「東京麺通団」へ立ち寄る。

釜の前へ立ち寄る。お、山中店長が釜前に居るなぁ。

 「何、しますかー?」

 「あつかけ大!」

 「今、茹でよりますんで3分ほどお待ち下さーい。」

ちゅと間が空いて・・・

 「しっぽくはまだ出とらんのな?」

 「しっぽくは11月からなんですよー。」

 「ほーなー。」

 「もうちょっとですよねー。1日からなんでー。」

 「来週も来ないかんのー。」

 「是非、来て下さい。今年はちょっと味が変わるんで。」

 「おっ、どんなんに変わるんな?」

 「ちょっと味噌を入れるんです。」

 「パロマスやな?」

 「そうです。パロマスさんですわ。(笑)」

ちゅと間が空いて・・・

 「釜に入っとるんな。」

 「今やったら釜から抜けますよ。」

 「ほんだら、釜から抜いてた。」

 「はい!」

山中店長が釜からうどんを上げる。

ドンブリを乗せたお盆を受け取り移動。
揚げたてのかしわ天が旨そうだが、初志貫徹でげそ天とエビ竹天をゲトー。

東京麺通団(ゲソ天、海老竹天)


ネギ、どばーっ♪
ネギ食わんと頭がよぅならんけんのぉ。

生姜、どばーっ♪
体が温もってエェんじゃが、これが。
 
代金払ぅて、熱いダシをシャババババーーッ!とかけて席へ。

東京麺通団(あつかけ大)


  ズババババッゾッちゅるるん♪

エッジが立ち過ぎず、でも、しっかり角がある。
うどん全体のモッチリ感と押し返し、最後の粘り。

東京麺通団(あつかけ大アップ)


  エェ感じで香川県の日常うどんになりよりますなぁ。

「な、なんやっ!この押し返しっ!」とか
「この噛み切れないほどのコシは何ぞっ!」っちゅう非日常的なサプライズはたまにはエェですけど、毎日では飽きるんじゃが。

東京麺通団(あつかけ大ヲタ撮り)


圧巻はダシ。
これは凄いわ。
しょっぱくも無く、イリコが勝っとるわけでもなく。
按配がエェっちゅうか、このバランスのダシを東京で味わえるんは驚異やな。

東京麺通団(ゲソ天、海老竹天2)


山中さんに挨拶してお店を出る。

新宿駅方面へ向かう道すがら、「肥後のれん」の看板をハケーン!

新宿(肥後のれん看板)


でも、そのビルの1階の何処を探してもラーメン屋は見当たりませんでした。

ハハーン。
あのパチンコ屋の景品交換所が夜中にラーメン屋になるに違いない。

午後のお仕事現場からは景色が良ぅございました。

新宿(風景)


さて。
高田馬場駅で解散。

昔はあんなに呑んだくれた高田馬場。
が、昔お世話になったお店は学生向けの大箱激安系が多くて、独りで呑みに行くにはツラすぎる。

うん。
こないだは鳥やす支店行ったから、今日は本店行ってみるか。

栄通りを奥へ向かう。

一番奥の鳥やすを目指す。
お向かいはその昔お世話になった「居酒屋 双葉」があった。
ここの二階が我がサークルの根城。
今はよく分からないおしゃれな飲み屋になってる。

ふと足を止める。
そうだ。
双葉の名残があったな。

鳥やすの手前並びに「焼き鳥 双葉」があるのだ。

躊躇無く暖簾をくぐる。
口開けの客になったようだ。

カウンター一番奥で食事中のオネエチャンが手を止め、オーダーを取りに来る。

  「瓶ビール頂戴。」

双葉(マカロニサラダ)


お通しはマカロニサラダ♪
正しい居酒屋じゃの。

再び、食事に戻る娘っ子。
わやくそ外見が頑固そうなオヤジからは昭和の香りがプソプソ匂う。

夕方のニュースを見ながら、ひとりコップを傾ける。

おや、メールだ。 
昨夜のKさんからだ。

  「呑んでまっかー!ワシは今日も元気に呑んでまっせー」

添付の写真に思わず笑ってしまった。
やはり似た者同士かも。行動が。(笑)

  「負けずに呑んでますよー!」

こちらも写真付きで返信する。

娘っ子の食事が終了したので、注文することに。

  「盛り合わせ下さい。」

頑固オヤジが焼き始める。
タレ?塩?
んなもん聞かないよ。
注文つけないお客には、お店のお勧めの味で焼くのが焼き鳥屋。

手羽、皮、砂肝、つくね、レバー、正肉

双葉(焼き鳥盛り合わせ)


最近、もつ焼き屋ばっか行ってたんですが、焼き鳥屋もいいっすねぇ。
このお肉の表面がカリッと焼きあがった香ばしさと云ったら!

双葉(手羽先)

鳥には鳥の、豚には豚の、牛には牛の良さがありますなぁ。

  「酎ハイ下さい。後、ぼんぼち2本にうず玉と正肉1本ずつ。」

双葉(酎ハイ)


後客が誰も来ない。
お店の前を行きかう人は多いのに。

双葉(ぼんぼち、うず玉、正肉)


世間は忙しいが、暇人は一人お酒を傾ける。
まるで、年末のようだ。

双葉(正肉、うず玉)


双葉(ぼんぼち)


酎ハイをもう一杯お代わりして終了。

 「箸袋に“双葉本店”とありますが、どちらかに支店があるのですか?」

オヤジが口を開いた。

  「昔はお向かいに在ったんですよ。」

  「2階建ての居酒屋ですよね。そこ、20年前によく行きました。
   鳥やすの向かいじゃなかったですか?」

  「いや、丁度うちの正面。」

そこには、つけ麺屋がありました。

山手線に乗り、田町で下車。
子供の塾のお出迎えにはまだ30分ほど早いな。

時間調整を兼ねて「タケチャソ」の暖簾をくぐる。

  「らっしゃい。」

  「こんばんは。」

たけちゃんの正面に陣取る。ってか、そこしか空いてない。

  「生、頂戴。」

呑みながら、たけちゃんとお話し。

  「病気してたんや。」

  「何の?」

  「かの雅子さんも罹ったっちゅう高貴な人限定の病気。」

  「(笑いながら)何よ?」

  「帯状疱疹。」

  「あー。何か、痛いらしいね。大丈夫なん?」

  「んー、まだちょっと痺れはあるけど、ほぼ治り掛け。」

ワシとたけのやり取りを聞いていた、隣の3人組が話しに入ってきた。

  「帯状疱疹だったんですか?」

  「まだ、真っ最中かもしれませんが、ほぼ治り掛けです。」

  「あれ、発疹が出ますよね。親が罹りましたよ。」

実は、帯状疱疹ってば、結構ポピュラーらしく、知り合いや親族に1人は罹患者がいるのよねぇ。

  「発疹はでましたか?」

  「右脇腹に少し。普通は神経に沿って点線状に伸びるらしいですね。」

  「その発疹が胴体を一周すると、死ぬ らしいですよ。」

  「!!」

一種の都市伝説かもしれんが、彼はその後、他の二人に力説してたんで確固たる根拠があるのかもしれん。
っちゅうか、あの痛みが体を一周するかと思うと、恐ろしいぞ。

たけちゃん(ゴボウ)


たけちゃん(いろいろ)


今日もおいしゅうございました。

たけちゃん(生姜団子)


本日の食事。
朝食 しらすご飯、天ぷら
昼食 東京麺通団
夕食 双葉、たけちゃん


塾へ通わせるのを契機に、上の子供には携帯を持たせた。
それを下の子供が羨ましがってしょうがないのだ。

ワシの時代だと・・・・ラジカセだなぁ。

なんちゅうか、一家に一台ステレオは有ったあの時代。
そこへポータブルカセットが出てきた。

それを追うようにBCLラジオ登場。
流行りましたよねぇ、短波放送。

兄貴が買ってもらったカセットが羨ましくてしょうが無かったです。

ま、その話はまた別の機会に♪

たけちゃん(大将)



10/25(水) もうどうにも止まらない♪ 【鬼へい・とあるBAR・岐阜屋・若月?】
2006年10月25日 (水) | 編集 |

今朝の体重  72.6kg

とうとうこの日がやってきた・・・・

  凄いあいつがやってきた!
  凄いあいつがやってきた!
  バイオ・バイオ・バイオ・ゥラバーーッ♪
  バイオ・バイオ・バイオ・ゥラバーーッ♪

    バイオッ・バイオッ・バイオッ・ゥゥゥラバーーーッ

                        山本化学工業

あ、動転して、バイオラバーのCMを書いてしもた。

そんなん書きたかったんちゃう。

今日はあるブロガーさんと呑むのだ。

この方は私のブログの読者であり、私はこの方のブログの読者。
顔をあわせたことは無いのに、互いの日常をある程度把握しあっていると云うIT社会ならではのハイブロー(死語)な関係なのだ。

事前に分かっていることはひとつ。

   この方、半端じゃなくお酒好き。

うむ。
ワシはお酒は好きではない。
むしろ、この世から撲滅すべきと考えている。
そのために、時間を割き、私財を投げ打ち、日夜戦っているのだ。

心配事はひとつ。

   互いの顔はおろか、本名も電話番号も分からない。

この方の日記のコメント欄でなんとなく約束しただけなんで、軽く不安が付きまとう。

  「25日の18時から、鬼へい。」

来るのだろうか?
約束を覚えてるのだろうか?

ううん。
信じるのよ。
あの人はきっと来てくれる。
さっ、黄色いハンケチを飾らなくちゃっ。

  って、ワシは倍賞美津子か? 違う、千恵子か?(さくらっ)

鬼へい到着。
中へ入ると、奥のテーブルの先客4人がこちらをじっと見る。

ま、まさか、あの4人がそうなのか?
結構年上だぞ。
てか、60歳はゆうに過ぎてるじゃないか。
何の話題をふればいいんだ?
ラムズフェルドとフルフェッヘンドの違いについて語りませんか?とか?
有り得ねーーー。

あ、4人が目を逸らしたよ。
違ったみたいだな。

  「何人様ですか?」

  「えっとー、2人かな。3人かもしれんし、4人かも・・」

  「どうされます?」

  「とりあえず、このテーブルで待ってていい?」

  「相席になるかもしれませんが。」

  「ああ、いい。全然構いません。」

一番入り口が見える席に陣取る。
で、徐々にお客さんが来始めた頃、ひとりの屈強そうな方が店内へ。

一目でピンと来た。
あの人に間違いない。

酒飲みは酒飲みを知るっちゅう諺があるじゃない?(無い無い)
それですよ、まさに。

互いに同時に手を上げる。

  「どもども、はじめましてー。」

  「どーもー、はじめましてー。」

早速生ビールを注文し、飲み始める。
名刺交換し、互いの本名を知る。

本名はKさん。
ワシよりひとつ年上だけど、話せば話すほど、他人のような気がしない。(失礼)

  「○○さんの日記を知ったのはOO崎さんの情報なんですよ。」

  「ん?あのラーメン界の去勢、いや、巨星の某崎さんですか?」

  「おもしろい日記があるって。何か二郎ばっか食べてる人が
   いるって。アレ、何に書いてあったっけなぁ。」

やはり、00SAK1さんは影響力があるなぁ。
これからは、是非、若くて美しいちゅとHな女性にも宣伝して下ちいね♪
って、こんなとこ(※)読んでないか。(鬱)

(※)オサーキさんが薦めたワシの日記は、日記うぇぶで書いていた
   「讃岐っ子の今日もお疲れ!」と思われます。
   H18年3月末の日記うぇぶ運営停止に伴い、同日記も消滅。

さて。
刺身をアテに飲み始めたが、すぐに焼酎に切り替える。

鬼へい(刺身盛り合わせ)


大きい声では言えないが、ここ「鬼へい」はかの焼酎“中々”をお安く呑めるお店なのだ。

  「中々ね。氷と水も。」

飲み助は飲み助を知る。
焼酎と水は2:1でいいのだ。

カパーン♪カパーン♪とグラスを次々に空ける。

  「中々もう1本!」

イカン、このペースでは父ちゃん直にトリップしてますがっ。
何かを胃に入れなければ。

  「煮込み頂戴っ。」

しかし、Kさんピッチ早いなぁ。
ワシもスピードキングの異名を・・・・(嘘)

1本空けたところで河岸を変えることにする。
ってか、

  この辺から記憶が怪しくなっている(笑)

Kさんに手を引かれヨチヨチとBARへチン入。

某BAR(その1)


広い店内にお客さん多数。
なっ、なんでこんなにいるの?ってぐらい。

某BAR(その2)


某BAR(野菜)


この辺から写真もメチャメチャ。(←酔ってるしね♪)

某BAR(その3)


新宿の地下に秘密基地を発見した気分じゃ。

  けれど~僕にぃは 記憶がぁ無い~~♪

店の名前も場所も支払いも分かりましぇーーーん。

がっ、ワシは一つだけ記憶があるのだ。
そう、Kさんを岐阜屋@しょんべん横丁へ誘ったことを。

Kさんのブログによると、Kさんは岐阜屋ヘビーユーザーなのだ。
そこで締めくくらずに居られようか、いや、居られないし、記憶も無い。

岐阜屋(キクラゲ炒め)


岐阜屋(オヤジ1)


えー、キクラゲと餃子を食べたようです。(爆)

岐阜屋(オヤジ2)


岐阜屋(餃子)


もう何を話したのか、何を効いたのか、全く覚えていません。

次回にKさんと呑むときに全く同じ話しをするかもしれない。

いいんです。
そうやって年を取っていくんじゃ。

ってかさ。
岐阜屋の写真に続いてつけ麺が写ってるんですがね。

若月?(つけそば麺)


若月?(つけそば麺アップ)


間に挟まった写真の雰囲気は「若月」なんですが。(驚)

若月?(店内)


もう、ダメ。
楽しすぎ♪

若月?(つけそば麺もっとアップ)


若月?(つけそばつけ汁)


若月?(つけそばヲタ撮り)


次回は肉を食いに行くことになっております。


本日の食事。
朝食 サラダ寿司
昼食 担々麺
夕食 おに平、とあるBAR、岐阜屋、若月?


山手線を1週半して帰宅。

僕ら2人は出会ってはいけなかった気がちゅとします。
この夜、パンドラの箱が開いちゃったお話でした。(爆)

ちうことでKさん、今後ともヨロツクです。





10/24(火)  皆、「先生」になっていく 【徳多和良】
2006年10月24日 (火) | 編集 |

今朝の体重  72.4kg

朝からてんてこ舞い。テンテコテンテコ♪

雨の北千住に降り立つ。
駅の階段を降りきったところで、不敵な笑みをたたえるオヤジに遭遇。

表の顔は公認会計士だが、裏の家業は

   単なる酒呑み

っちゅう、危ないK君ぢゃないかっ!

20数年前、高田馬場の居酒屋「だるま」入り口前のエレベータに下半身だけ突っ込んで眠り、エレベータのドアがガーコガーコ開いたり閉じたり事件を引き起こした当事者。(笑)

  「おおっ、なんでここに?仕事か?」

  「それはお互い様じゃ。」

  「たまには遊んでくれよ。」

  「そうだな。」

名刺交換して別れる。
危ない、危ない。

あれは15年前。
場所は新橋の天狗。
メンバーはNっ子、K君、ワシの3人。

  「お客さま、ラストオーダーでございます。」

  「じゃ、最後にワイン行くか、ワイン。」

無論、散々呑んだ後の話である。

  「白、赤、どっちにする?」

  「どっちにしようか?」

ここでK君、男前な発言をしてくれた。

  「んじゃ、両方だっ!両方ねっ!」

  「は、はい。白と赤、1本ずつお持ちします。」

    (3分後)

  一升瓶が2本出てきましたが、なにか?

エェ、呑みましたよ。
持ち時間20分ちょいで、3.6リットルを3人で、〆に。

   翌日は重度の二日酔いになりました。

11月下旬に3人で酒池肉林の宴会を催す予定。
乞うご期待。

午前中のお仕事を済ませ、北千住でランチ。
となれば、行く先は勿論「徳多和良」。

徳多和良(ランチメニュー)


「親子丼」「はたはた煮付け定食」の2種類。
これに、まいたけの味噌汁、小鉢、お新香が付いて¥600。(安っ!)

里芋の煮っころがし。

徳多和良(里芋)


うん、いいおかずだ。
焼酎があればいう事無しなんだが。(笑)

まいたけの味噌汁。

徳多和良(味噌汁)


まいたけの味が濃い。
まさか、天然のまいたけではないだろうが、味噌汁に入れるのは珍しいな。
今度自宅でもやってみるかな。

で、メインの親子丼。
一見少なく見えるけど、丼の口が広くて深いんで、結構な量入ってる。

徳多和良(親子丼全体)


かしわも多め。
半熟程度に仕上げられた卵がとろりとしておいしい。

徳多和良(親子丼アップ)


秀逸なのはダシ。
甘くなく、濃くもない。
後味がしつこくないのだ。
蕎麦屋の親子丼とは一線を画する割烹の一面を見た気がする。
(蕎麦屋の親子丼も当然“有り”である)

大ぶりに切られたネギがおいしい。

徳多和良(親子丼全体2)


途中から卓上の山椒をふって食べる。
うん、七味より山椒の方がいいかも。

一気に平らげてご馳走様。

午後もお客さまを1軒訪問してから、ビッグサイトで開かれている展示会へ顔を出す。

昼前から風が強くなっていたのだが、ビッグサイトへ到着したころはもうわやくそ状態。
メリーポピンズが居たら、永遠に地上に降りてこられまいっちゅう突風が吹き荒れている。

閉館までの1時間半、駆け回りながら展示会を見る。
帰りはゆりかもめで新橋まで戻って一杯いてこますつもりが、ビッグサイトから国際展示場正面駅までの間だけでへとへとに。

風に飛ばされたリーマンが4人は居たと思いますが、何か?
ってか、シーバスで船酔いした人居るんじゃなかろうか。

荷物はクソ重いし(←いろんなパンフ貰いまくるタイプ)、もう新橋まで戻る気力は萎え萎え。
途中下車して、徒歩にて帰宅することに。

横殴りの雨風に耐えつつ20分以上歩く。
耐えに耐えていた傘が、自宅10m手前で

   ボンバヘッド!!

幸い、雨がやんでいたんで壊れた傘を引きずりながら帰宅。
(その辺に捨てちゃいけませんYO!)

本日の食事。
朝食 野菜スープ
昼食 徳多和良
夕食 焼きそば

夕飯いらないっつって出掛けてきたんで、何も無し。
冷凍庫保存の某所自家製麺を引きずり出してきて、焼きそばを作る。

自宅焼きそば全体


これが、うまいのなんの。南野洋子

自宅焼きそばアップ


思わず、イーーヒッヒと笑っちまいました。



10/23(月) リハビリ中 もう若くはないのだ
2006年10月23日 (月) | 編集 |

今朝の体重  73.4kg

順調にリバウンドしている筆者です。こんにちは。

今日は特に変わったこともなく。
こういう日もあるんですよ。

ま、体の調子は変わらずっちゅうところです。

右脇腹の発疹ですが、カサブタが取れ始めたっちゅう感じ。
痺れはまだまだあります。
痛みも少々。

痛み止めを飲めば、すぐにスーッと引くので、あんまし気にしないことにしてます。


本日の食事。

  朝食 しらすご飯
  昼食 鳥の照り焼き定食
  夕食 豚の角煮、シーフードサラダ、さつまいも


夜は少なめの料理をアテにしつつ、ゆっくりお酒を呑みました。

豚の角煮なんて、W:8cm×D:6cm×H:4cmぐらいの塊を1時間半くらいかけてチビチビ突きました。

  老いてしもたのぅ > ワシ





10/22(日) 肉山脈   【暖々】
2006年10月22日 (日) | 編集 |

今朝の体重  72.4kg

先日、親戚から送ってきた冷凍うどん(加ト吉)を急速に消費している我が家。
今日の朝食は、昨日の鍋の残りに冷凍うどんを入れたモノ。
冷凍うどんって重宝するよなぁ。

嫁はん&スカタン姉妹はバレエの練習で早くからお出掛け。

家族が居なけりゃ、健全な男性がやるこたぁ1つだな。
がっ、先日入手した銀色円盤。
画像が飛び飛びなんですが。(泣)

しょうがないので、先週に引き続いてTV鑑賞しつつ思考停止。(笑)

サンジャポにおける今週のガカーイ君。
やってくれましたね。
一時の感傷に流されて、他の出演者に噛みつくっちゅう荒技を展開。
表面的なモノに左右されやすい単細胞ぶりに、なるほど、だから個人崇拝のカルトに嵌るわけだと視聴者も納得できたんじゃないか?

お昼過ぎにノソノソと行動開始。
昨日が「髭ラーメン」なら、今日は「暖々」じゃ。

先日ハケーンした駐車場へ入庫。
お店へ行くと、丁度満席でワシ1人待ち。
でも、すぐに1席空いたんで着席。
直後の5分ほどで10人待ちになったんで、タイミングが良かったみたい。

昨日のラーメンが若干胃に残っている気がしたんで、今日は大盛りにせず。

  「トッピングはーーー?」

  「野菜“少し”多め、カラメ、ニンニク。」

野菜をトンクで3回盛られました。(T_T)

暖々(大ラーメン野菜少し多めカラメニンニクアップ)


少し多めって言ったのに。
(コール無しだとトンク1回。じゃ、野菜多めだと・・・トンク4回?)

暖々(大ラーメン野菜少し多めカラメニンニク全体1)


これ見てよ。
ってかさー、後のお兄ちゃん達が「野菜多めコール」した出来上がりとほとんど変わらないんですが。

勿論、老若男女見境無く盛られますんで、皆様ご注意。

いつもなら野菜の周囲に貼り付ける様に豚をのせるのが、最近は塊でドーンとのせるのよねぇ。

   ほら、ドーン。

暖々(大ラーメン野菜少し多めカラメニンニク肉アップ1)


もやしをこぼさぬよう、食べ始めは神経使いますわ。

暖々(大ラーメン野菜少し多めカラメニンニク横から)


あっ、大変ですっ!
予想通り、早くも麺が無くなってしまいますたっ!

後は、野菜をシャクシャクシャクシャク釈由美子。

そういや、最近居るらしいっすよ、二郎でとんでも無い注文するヤシ。
某支店でのお話なんですがね。

  「麺抜き」

って注文したヤシが。(爆)

おいおい。
蕎麦屋の台抜きの真似ですか?

オレが店主なら、

  「悪いですが、ウチはラーメン屋なんで、麺抜きって注文は
   受けられません。」

って追い返すね。
そんでもって、追い返されたヤシがネットに書くと。(笑)
他の連中が自分に賛同してくれると思いこんで。(更笑)

でも、実際は「馬鹿じゃねーのか!」「店に失礼だ!」「氏ね。」などの書き込みが相次いで

   大炎上(爆)

さて、暖々。

次回からは野菜の追加トッピングは止めようかなぁ。
でも、タダだしなぁ。(←セコい)

暖々(大ラーメン野菜少し多めカラメニンニク肉アップ2)


夕方、自宅で爆睡してたら家族帰還。

で、夕食がスパゲッティときたもんだ。(また、麺類)


本日の食事。

  朝食 うどん
  昼食 暖々 ラーメン豚、野菜少し多め、カラメ、ニンニク
  夕食 スパゲッティ


夜は眠くて眠くて、21時に布団へ潜り込む。
まだまだ、体は完調にほど遠いのかもしれんわ。ふぅ。




10/21(土)  洗面器  【ラーメン髭】
2006年10月21日 (土) | 編集 |

今朝の体重  72.6kg

一晩で体重が大幅リバウンド。
ま、あれだけ呑み食いすりゃしょーがねーか。

それに、一週間ぶりの大酒で軽い二日酔い。
気付けば10時近くまで寝てましたわ。
土日にこんな時間まで寝たなんて珍しいかも。
やはり体力が低下してるのかな。

13時までダラダラ過ごす。
嫁はんから、土日のどちらかでジャスコに買い物行って欲しいと頼まれたんで、昼食を兼ねて出掛ける。

向かった先は「ラーメン髭」@平和島。

行動範囲内に、「ラーメン髭」と「暖々」と二郎系の選択肢が増えたことは喜ばしい。
しかも、どちらも日曜日営業なんで、重宝しまっせ。

今日は「髭」の至近のパーキングが空いていた。(ラッキー)
そそくさと入庫してお店へ向かう。

店外の食券機前で逡巡。
大盛りにするか、普通盛りにするか。

  「こないだは、麺の量がイマイチ物足りなかったよな。」

ならばと、“大盛りチャーシューメン¥800”のボタンを押す。

  「らっしゃーい。」

  「こんちは。」

カウンター右端に陣取る。
目の前にはCDが並んでいる。

醤油ダレがカウンターに置かれていた。

髭(卓上醤油)


カラメの調節が可能なようだ。

麺を茹でる間、静かな時間が流れる。
やがて麺上げが始まった。

  「ニンニクいれますか?」

  「お願いします。」

カウンター一段上に置かれたドンブリを見て驚いた。

髭(ドンブリ横)


  「な、なんじゃ、この大きさっ!?」

髭(チャーシューめん大盛り1)


向こう側のティッシュボックス(長手方向24cm)と比べて欲しい。
このドンブリ、直径33cm~38cm弱ぐらい?

髭(チャーシューめん大盛りアップ)


おいおい。
顔突っ込めるぢゃん。
ある意味、溺死可能ぢゃん。(鬱)

髭(チャーシューめん大盛り2)


この量の多さが、武蔵小杉スタイル?(汗)

麺を引っ張り出して食べ始める。
何か、こないだより麺が細くなったような気がするな・・・  
(実際に写真を比べてたが、変わらないように見える)

髭(チャーシューめん大盛りヲタ撮り)


とにかく量が多い。
最初はダシを強く感じたスープも、3口目からは薄く感じる。

こないだのスープは絶品だったんだけどなぁ。

野菜部分に少ーーし醤油を垂らす。
んー、なんか違うな。

せっかくのダシがますます弱まってしまうだけか。

それよりも、量が多い。
腹ぺこボーイ(笑)は嬉しいかもしれんが、腹せり出しアダルトにはキツいわーーー。

髭(チャーシューめん大盛り豚アップ)


豚は旨いッス。

ゲップしながら何とかフィニッシュ。

くはー、厳しかったー。
危うく残すところでした。

  「ご馳走様ー。」

  「ありっ・・とっ・・したー。」

大盛りだと味と量のバランスが崩れちゃうみたいだ。
次回からはやっぱ普通盛りにしよう。

夜になってもお腹が空かん。
鰤の照り焼きは美味しく頂けたものの、湯豆腐はほとんど食べられず。
ワシの胃も小さくなったものよのぉ。

本日の食事。
朝食 抜き
昼食 髭 大盛りチャーシュー
夕食 鍋、鰤照り

土曜日は、家族で「IQサプリ」→「世界で一番受けたい授業」をハシゴするのが慣わし。

今週もいち早くクイズを解くことで、ささやかな体面を保つワシ。(爆)

その後、「容疑者 室井慎次」を見る。

脚本家として、様々なヒットを飛ばした“君塚良一”の初監督作品。

作品の筋はさておき、気になったのは

  ボソボソと小さい声のやりとりが多い

  ほとんどBGMが使われない

  フジテレビのCMは音でかすぎる

あ、最後のは作品に関係ないか。

でも、映画で音量28がCMの音量17と同じ大きさってどうなのよ?
CMと映画が切り替わる度にボリュームを上げたり下げたりと鬱陶しいわ。

作品としてはなかなか楽しめました。
がっ

  踊るシリーズじゃなくても出来る話だったよなぁ。

後、本庁に逆らえないはずの所轄が、めちゃくちゃ本庁に逆らいまくってたのは、舞台が新宿だったから?

前回の「交渉人」よりも一層「おとぼけシーン」が減ってたなぁ。



10/20(金) 一気にたがが外れる  【白樺山荘・宇ち多”・蘭州・すみた・斉藤酒場】
2006年10月20日 (金) | 編集 |

今朝の体重  70.6kg

午前中の打ち合わせを済ませて、お昼を食べに御徒町へ向かう。
上野松坂屋で開催中の「北海道物産展」に札幌の“白樺山荘”っちゅうラーメン屋さんがイートイン出店中なのだ。

東京の立川にも出店してるんで、そっちからのヘルプが入ってるのかな。
ちなみに、北海道のお店も立川のお店も食べたことは無いですが、何か?

白樺山荘(お店外観)


13時近くで行列は6人ほど。
メニューは「醤油」「塩」「味噌」で各800円。

「味噌」の食券を買い、15分ほどで案内。
そこからまた15分ほど待つことになった。

白樺山荘(味噌ラーメン全体1)


出てきた一杯は、最近の味噌ラーメンっちゅうビジュアル。
(昔の味噌ラーメンって、炒めた野菜がのってたよねぇ)

白樺山荘(味噌ラーメンアップ1)


木耳、メンマ、葱、海苔、賽の目に刻んだチャーシューがのっている。

白樺山荘(味噌ラーメンヲタ撮り)


一口スープを啜ると、表面の脂層が薄い分、ストレートにダシの味が伝わってくる。美味い。
でもなー、もうちゅと生姜が利いてた方が好みじゃ。

白樺山荘(味噌ラーメンアップ2)


麺も加水率の低めなタイプ。
歯触りが嬉しい。

白樺山荘(味噌ラーメン全体2)


木杓が邪魔。でかすぎるぜ。

一つ目のお仕事終了後、葛飾区の産業展を見学に行く。

葛飾(町の立ち食い蕎麦)


青砥駅から10分ちょい余り歩いて会場に到着。
左右の建物に振り分けられた100余りのブースを片方から順番に見て歩く。

葛飾区産業展(入り口)


16本骨の傘が2000円だったり、江戸切り子のビアグラスが9割引だったり、馬の毛の歯ブラシがあったりと
見ていて飽きない。

葛飾区産業展(ケーキ1)


葛飾区産業展(ケーキ2)


葛飾区産業展(ケーキ3)


葛飾区産業展(ケーキ4)


その中から、江戸切り子の一口ビアグラスを2脚購入。

葛飾区産業展(江戸切り子1)


箱無し大特価で1脚¥500(!)

葛飾区産業展(江戸切り子2)


  「ビールがひと味変わるよ。」

とは、お店の旦那の弁。
こりゃ、楽しみだ。

17時で催しは終了。
一駅隣の京成立石に移動し、友人と合流して旧交を温めることにする。

迷わず、「宇ち多”」へ。

  「なんにーーん?」

  「2人です。」

  「じゃ、そっちねー。」

奥へ入ろうとすると、お兄さん?若旦那?が

  「久しぶりだねー。」

で、後ろの友人Nを見て、

  「あれ?2人は知り合いなのーーー?」

???
ワシ、このお店には年に4回くらいしか来ないのに、覚えられてる?

あー、そっか。
最近、ネクタイ締めてばっかで訪問してるもんな。
そら、覚えられるかもしれんな。

  だって、宇ち多”ではネクタイ組は少数派だもん

瓶ビールでスタート。
昨日から再開したお酒が胃に染みる。 美味い。

  「固いの、ある?」

  「固いのーーー!」

宇ち多”(固いの)


  「後、タン生頂戴。」

  「タン生ーーー」

宇ち多”(タン生)


店の活気が凄い。
店の古さは“明治屋@阿倍野”と似たり寄ったりだけど、活気の度合いは全然違う。

  「ウメ割り2つ」

返事が無くとも、注文は耳に届いている。
カチャーン、カチャーンと受け皿&グラスが置かれ、最初に焼酎(少しこぼす)、次にウメが注がれ、受け皿に液体がドバッとこぼれる。

宇ち多”(ウメ割り1)


  「アブラタレ」

  「アブラ、タレーーーィ」

宇ち多”(アブラタレ)


病み上がり、いや、まだ加療中だけどいいのだろうか。(いーーーーーんですっ)

しっかし、美味いなー。
酒もモツも。

一時期、ここのモツの臭みっちゅうか何かが合わず、足が遠のいていたのだが、勿体ない話しじゃ。
もっとこっちへの出張を作らなイカン。(違)

  「レバ、若焼き」

  「タレかい?」

  「塩で」

  「レバッ、わかーーーしおっ」

宇ち多”(レバ塩)


常連さん(Nさんのこと)がツレだと注文が楽で助かるわぃ。
ウメのお代わりも順調に進む。(笑)

  「シロの素焼きのお酢」

  「シロッ、素焼きのお酢っ」

宇ち多”(シロ素焼きお酢)


ややこしい頼み方じゃのー。
とは云え、常連さんにも人気のメニューらしいで。

  「カシラ、食べたいんだけど。」

  「頼もうか?」

  「いい?」

  「んじゃ、それで終わりにしようか。お酒も丁度いいでしょ。」

  「カシラ、塩で。」

  「カシラ、塩ーーーー」

宇ち多”(カシラ塩)


カシラをハグハグ食べて、ウメ割りをグイッと飲み干す。

宇ち多”(ウメ割り2)


最終的に、ビール1本、ウメ割り6杯、サイダー2本、モツ焼き4皿、生モノ2皿。
〆て、¥2890(!)
      
       安っ 1人、1500円かいっ

表へ出る。
今日は19時半から宴会なので(笑)、その前にあんまり飲み食いできないのだ。(してるけど)
時間が余るなぁ。

  「栄寿司・・・・」

  「うどんが食べらんなくなるよ。」

  「けんけん・・・」

  「帰してくれなくなるよ。」

Nさんは葛飾区で人気者だなぁ。(笑)

  「しかし、立石は食べ物が豊富だねぇ。」

  「さぬちゃんは、蘭州行ったことあんの?」

  「あー、餃子がおいしいんだってね。食べたこと無いけど。」

  「開店には時間があるから、場所だけ見よっか。」

駅の地下道をくぐると、蘭州は目の前。

近くの路上で立ち話。
なんやかやで話しが盛り上がってしまい、経過すること20分以上。

  「あ、蘭州、開店した。」

蘭州(お店外観)


  「じゃ、ちょっとだけ寄ってみようか。」

店内カウンター手前に腰掛ける。

蘭州(厨房)

ここはオカアサンの作業がよく見える。

  「瓶ビール頂戴。2本。後、焼きと水餃子1枚ずつ。」

ほんわかした感じのオカアサンがビールを出してくれる。
そして、餃子を作り始める。

    皮から(!)

蘭州(餃子作り)


流石に、すでに生地と餡は出来てますよ。

生地を棒状にのばして、スタンスタンと端から切り落とします。
それを小さい棒でササッと丸く伸ばして餡を包みます。

出来上がった餃子は奥のオトウサンへ渡され、オトウサンが焼き上げます。

続いて、水餃子。

これも生地を切り出すところから。(!)
手際よく作られた餃子は再度、奥へ。

その間、オカアサンといろいろお話しできました。

焼き餃子、そして水餃子の順に出てきました。

焼き餃子。

蘭州(焼き餃子)


皮が違いますわ。
焼き色が入ったところはザクザク。
それ以外はモチモチ。
餡はホフホフ。

蘭州(焼き餃子アップ)


オカアサン曰く

  「おいしい餃子はお醤油がいらない。」

それがよく分かる一品。美味いっ!

水餃子。

蘭州(水餃子1)


これがツルルンのモッチモチ。
噛めば、旨みが口中に広がります。
出来れば、今夜はここで過ごしたい。(爆)

蘭州(水餃子2)


冗談はさておき、人気のあるお店ですねぇ。
ワシらの後からも、次から次へとお客さまが来店。

結構、麺類を頼む方が多いのにもビックリ。
これは、一度、麺類目当てで訪問せねば。

でも、他にも魅力的なお店が多い京成立石。
いつ蘭州のラーメンを口にできるやら。

立石の風景


電車を乗り継いで、東十条を目指す。

そう、東十条でうどんと云えば「すみた」。
ここしか無いでしょう。

今日は12名集まったので、オカアサンにお願いして貸し切りにして貰いました。

お店に近づくと、外の提灯の灯が落ちてます。
これなら、他のお客さまには「営業終了」と一目で分かるでしょう。
勿論、貸し切りと知らずにやって来たお客さまには本当に申し訳ないですが・・・

約束の19時30分に10分ほど遅れて到着。

丁度テーブル2つが満席。
新しく参加された方、数ヶ月ぶりの懐かしいお顔がいっぱい。

カウンター端に陣取り、そこから会話に参加。

すみた(生ビール)


とはいえ、駆けつけの1杯、生ビールで乾杯。
早速出してもらったおでん盛り合わせに舌鼓。

すみた(おでん1)


大根、こんにゃく、牛すじ、平天、ゆで卵

おおっ、素晴らしい組み合わせ。
特に牛すじと平天が同居することは滅多に無い。
この2つをAクラスとしたい。

後の大根、こんにゃく、ゆで卵はBクラスの雄。
たまらんよな。

すみた(おでん2)


もし、Bクラスと入れ替わりで一品選ぶなら、焼き豆腐。

最近は、すみたのうどんに負けるとも劣らない味のうどんを出すお店が増えたと聞く。
まぁ、同じうどんが出来る訳は無いので、同じくらい魅力あるうどんを出すと云う意味合いだ。

しかし、すみたのおでんはレベルが高い。
これと同じレベルのおでんにはついぞお目にかかった事が無い。

このおでんは素朴やけど、これこそが「ザ・讃岐のおでん」
味噌、ダシ、ネタ。
全く、香川県のおでんそのもの。

ある意味、これを食べにすみたに来ていると云っても華厳の滝。いや、過言では無い。

次々、メンバーが集まってくる。
席を譲って、徐々にカウンター奥へお引越し。

飲み物を「凱陣」へ切り替える。

すみた(凱陣)


アテはかしわの天ぷら。

すみた(かしわ天ぷら)


これが目当てですみたへ来るお客さんも居る位の看板商品。

師匠筋の源内譲りの一品じゃの。
兄弟弟子の「はりや」さんでも看板メニューになっとるしな。

それぞれのテーブル組、カウンター組の3つに話の輪が分かれてしまうんはお店の構造上しょーがないか。

21時近くになるとうどんタイムじゃ。

すみた(天ぷらうどん)


すみた(カレーうどん)


次々と魅力有るうどんが出てくる。
今、こうやって書いとっても涎が出てくるわ。

すみた(肉うどん上から)


ワシの注文した肉うどん。

すみた(肉うどん横から)


やっぱ、熱いおダシのうどんはうまいわー。
この肉の旨みと少し甘い味付けがしみ出したところに、生姜を利かせたダシをズズーーッとやると

すみた(肉うどんヲタ撮り)


     めっちゃ、ウマイーーーー!!

すみた(うどん食べるイケメン)


集まる機会が年々減ってますが、新規会員参入したことだし、今後は定例化しましょうかねぇ。


本日の食事。
朝食 お握り2個
昼食 白樺山荘
夕食 宇ち多”、蘭州、すみた、斉藤酒場


2次会はゴールデンコース「斉藤酒場」。

斉藤酒場(お店外観)


アテ、お母さん、お店の佇まい。
全てがエェ感じですわ。

斉藤酒場(生ビール)


“味”っちゅうのは一朝一夕に出るモンではないな。

斉藤酒場(メンチカツ)


だんだんこういうお店は減っていくやろ。
それが時の流れだからしょうがない。
今はこうやって通うことが大事じゃ。

斉藤酒場(肉豆腐)


しばしの昭和トリップを楽しみました。




10/19(木)  ラヲタ登場!  【TETSU】
2006年10月19日 (木) | 編集 |

今朝の体重  71.2kg

朝一で健康診断に臨む。

  何と、体重70.3kg♪

ムヒョーッ!
こりゃ、一気にBMI25を切ってきたねっ。

ウェストも70cm台間近。
パンツもスリム履けるようになったし♪

こないだ病院で採血した数値も綺麗なモンデール元副大統領。
肝臓の数値全て完全な正常値。

   γ―GTPなぞ、一時の8分の1まで下がった♪

ウフフ。
さらば生活習慣病の危機。
しばらくは気兼なく、健康的な飲み食いライフが送れそうだ。(←すぐリバウンドするタイプ)

朝のお客さまが予想より早く終わる。
職場に戻る時間は無いし、かと言って、次のお客さまに向かうには早すぎる。
こういう時は、

   行列の出来るラーメン屋に行くのだ。

向かったのは、濃厚太麺好接客でどんどん行列を伸ばしている「つけ麺 TETSU」。

11時40分到着。
開店したばかりなのに、すでに長蛇の列。
開店前には何人並んでいたんだろ。

と、ワシの後ろに白髪交じりのメガネ太っちょが息せき切ってやってきました。

  「あっ、こんなに並んでる。」

  「どうしよ・・」

彼は列の前の方へ消えていきました。

あきらめて他へ行ったのかな?

  「・・・・18,19,20,21,22,23。24番目かー!」

そう、彼は人数を前から数えていたのです。
しかも、

  声を出しながら(!)&並んでる人を小さく指しながら(!!)

おかげで、

   ワシ、23番目と判明。(苦笑)

太っちょ君、その後も落ち着きがありません。

皆、通行を妨げないように、歩道の手摺に身を寄せるようにしてるのですが、このアホ、いや、太っちょ君は歩道にせり出して、行列の進み具合を常時監視。

   オマエはSECOMかっ!

と思ったら、また数え始めましたよ。
前まで進んで、声を出しながら、指で指しながら。(呆)

さて。
TETSUは食券機が表にあります。
(これはワシも知らなかった。前は店内に有ったのよ)

お店の中からお客さんが出て行く度、中から女性店員が出てきて、行列のお客さんの注文を取ります。

着席してからお客さんを待たせないようにとの配慮なんでしょうかね。

前に並んでる人達はすでに食券を購入してるみたいで、女性に渡してます。

太っちょ君が戻ってきた時に、ワシも列を離れて食券を購入。

  強つけあつ¥800、大盛り¥50、味玉¥50

TETSU(食券)


ワシが食券を持って戻るのと入れ替わりに、太っちょ君が食券機へ。

彼、今度は食券機に張り付きです。

  いや、戻ってきた。

  あ、また行った。

  で、食券機見る・・・

これを繰り返すこと6回(!)ですよ。

その間も、大きな声で独り言を言うんですよ。(怖いよ)

  「あー、長いな」

  「皆、食券買ってるんだ」

  「買っといた方がいいかな」

  「買おう」


    ちっとは餅突けっ!

そんでまたさー、彼さー、焦るキモラヲタに有りがちな、

   ゛前の人にのしかかる様に並ぶ゛。

なんすよ。

前の人。 それはワシ。(T_T)

   テメッ!

   それは恋人距離だっ!離れろっ。


食券を買った後も、彼の食券機詣では3回続けられました。


   チミはお百度を踏むのか? 願を掛けているのか?


券売機塞いで横の張り紙を読む。
列からはみだして道をふさぐ。

   キモさを通り越して怖くなってきたよ。

女性店員が来た。

  「食券、どうぞ~♪」

  「ハイ。」

ワシの食券見て、女性店員は丁寧かつにこやかに説明開始。

  「強つけあつはですね、あつもりと冷たいのが一玉ずつあるんですよ。
   ですから、大盛りは不要かと思うんですが、どうなさいます?」

  「あ、だったら、大盛りは結構です。」

  「ハイ、50円お返しします♪」

勿論、恋人接近中の太っちょ君はそのやりとりを見ていたはずだが、ヤシの口から放たれた言葉にワシは愕然とした。

  「食券、お預かりし」

  「あのっ、この強つけあつって、2玉ですよねっ。あついのと冷たい
   のが1つずつ出るんですよねっ。」

  「ハイ、そうです。お預かりします♪」

ムフ~ン♪とご満悦のデ、いや、太っちょ。

おいおい、オマエ、ワシへのオネエサンの説明を繰り返しただけやん。


   チミは通信兵か?(爆)


やっとこさ、券売機の前まで進む。

彼は券売機に張り付いて離れません。(凄いわ)

全メニューおよび注意書きを暗記するものと思われますっ!

そして、ピンポロ~ン♪と鳴らしながら携帯で撮影。

   もう、何が何やら。(笑) 好きにしてぇ~

ワシの願いはただ1つ。

   あのデブと離れた席に座れますように。

女性店員が出てきた。

  「お一人様、どうぞ~♪」

やったっ!
ワシ、1人で先に入れたっ!
願いが天に通じたんじゃっ!

  どんなマズいラーメンが出てきても、ワシはシアワセですじゃ。

っちゅうかさ、

  通りから店内を凝視してるんですが。(爆)

気にしない、気にしない。

ワシの強あつが出来たようです。

  「強つけあつのつけ汁です~。」

TETSU(つけ汁)


うまそーーーっ!

粘度の高そうなスープに具が見え隠れ。
真ん中には鰹節粉がこんもりと盛られ、動物系に負けない魚のインパクトの演出を手助け。

  「強麺のあつもりです。」

TETSU(あつもり)


薄いダシ湯が張られた中に麺が鎮座。
上には貝割れ少々と胡麻が散りばめられてます。

TETSU(あつもりセット)


つけ汁をひとかき回しして、麺をタップリ漬け込んでズゾゾゾゾッ!

んまいっ!!

ガフガフ、ブーブーと食べていたら、

  「強麺のつけです。」

今度は冷たい麺が出てきた。

TETSU(つめたい麺)


あつもりを先に食べ終えてから、冷たい麺へ突入。

ゴワッと来て美味い。

自家製麺でないのは一目瞭然(一食瞭然?)だが、自家製麺“風”にはなっているかな。

TETSU(全部1)


ムフームフーと完食。

  「スープ割りお願いします!」

と言うと、スープで割ってくれたドンブリに続いて、焼け石がレンゲで出される。

TETSU(焼け石)


それをスープ割りに投入すると、あっちゅう間にアッツアツのスープ割りに大変身ぢゃ。

うめー。

大満足してお店を出るワシの脳裏からも視界からも太っちょ君は消え去ってました♪

24時間ぶりの食事だった事もあり、一層の満足感で有ったぞよ。

ただ、並んでから食べ終えるまで一時間かかった。

後、付け加えたいのは、表行列&ホール担当のお姉さんが非常に優秀であること。
彼女が食券を集約し、列の進み具合(お客さまの食事進行度)を計りながら、厨房へ麺を茹で始める指示を出してるんで、お客さんは着席してから余り待たずに済んでいるのだ。

   あのお姉さん、素晴らしいっ!

ただ、量が多いのでお客さま達が食べきるのには時間がかかってますなぁ。

TETSU(全部2)


帰りがけに、道路挟んでお向かいの「神名備」を眺める。
この店が行列を誇ったのも今は昔。
お昼時なのに行列はおろか、空席有り。

  栄枯盛衰を地で行く閑古鳥っぷりにモノの哀れみを感じます。

近所の労働者が次々やってくるTETSU
(鞄持って上着着てるのワシだけだったんじゃ~)
近所の人が足を運んでない神名備

評判の高かった人気メニューを止めたからでしょうか?
いや、それだけでは無いんじゃないでしょうか。

両店の間には、商品(ラーメン)の満足度だけでは計り知れない大きな差が付いてしまったようです。
消費者ってのは敏感ですからねぇ。

本日の食事。

  朝食 抜き
  昼食 つけ麺TETSU
  夕食 忘却

夕食に何を食べたかは忘れてしもたけど、ハートランドを呑んだみたいです。

ハートランド


一週間ぶりのお酒。

  ハイ、土曜日まで我慢できませんでした。(笑)

神経が壊れているのに、細胞まで壊そうとしてるワシ。

  将来、惚けること必至か。

ワシも、恥も外聞も無く、大きい声で行列を数える様になっちゃうんでしょうか?(爆)




10/18(水) 飲酒許可、無理矢理ゲトー!
2006年10月18日 (水) | 編集 |

今朝の体重  71.2kg

今日は病院に立ち寄ってから出社。
病院では随分症状が改善している・・・かな?と言われる。
  
  「呑んでいいッスか?もう呑んでイイッスか?」

先生と看護婦さんが目を見合わせる。

  「土曜日ぐらいまでは我慢した方がいいわよ。お酒呑むと発疹
   が痒くなるのよ。」

  「あ、土曜日から呑んでいいんスね?」

微妙に、イヤ、明らかに会話が噛み合ってないな。(爆)

よーーし。
お許しが出たぞ。

あ、体調の方ですが、痺れは相変わらず、痛みは弱まったかなぁ。

  「リンパが戦ってるからねぇ。神経を修復してる最中だから、
   まだ痺れや痛みはあると思うわよ。」

お薬を出して貰って、表へ。

往来を駅へ戻る。
んで、またまた件のラーメン屋の前を通りかかる。

三色旗


開店数時間前からこの三色旗ですもん。
お店に到着して最初にやる仕事は旗掲げることなんでしょうかね。
(まさか、1日中出してる?)

にしても、他のお店がお愛想?でシールを貼る程度に留めている中、大きな旗を掲げているのはこのお店だけ。

信者以外に敬遠されても、信者が支持してくれればいいのでしょう。(笑)
そういや、「創●」なんちゅう、そのものズバリの家系ラーメンがあったな。

ま、逆らうと、お店の中に信者がたむろするらしいからな。
(実際、連日、カウンターを端から端まで信者に席巻されて商売上がったりになったお店有り。で、泣く泣く・・・(以下、略)それを、“勝利”と喧伝する信者達って一体・・・暴○団と変わらんがな)
剣呑、剣呑。



本日の食事。

 朝食 抜き
 昼食 月見そば、半カレー
 夕食 抜き


明日は朝一で健康診断。
その後、なんやかやと終日外。

明日の準備や明後日の準備で珍しく遅くなってしもた。
っちゅうても、22時には帰宅できるんだから、数年前の激務に比べりゃ天国みたいなもんじゃ。(笑)

ってか、21時以降は絶食っちゅう指示だったんで、今夜は夕飯抜き。




10/17(火) 痩せゆく男
2006年10月17日 (火) | 編集 |

今朝の体重  71.8kg

先週の木曜日から治療開始。(断酒、禁運動)
その日の朝が73kg。

 73.0kg(木) この日、特製つけ麺大盛り食べた

    ↓

 73.2kg(金) 予想通り増えてた(鬱)

    ↓

 73.0kg(土) ちゅと減った

    ↓

 72.6kg(日) また減った

    ↓

 72.2kg(月) なんか400gずつ減ってないか

    ↓

 71.8kg(火) 基礎代謝の影響かな。順調だ。


しかし、運動してないにも関わらず、この体重の落ち様。
絶え間なく摂取している酒と、週に数杯のラーメンのカロリーがどれだけ多いのか、如実に分かるな。
でもさー。

  落ちてるのが筋肉だと思うと、気が気じゃないよ。

こりゃ、回復後の運動はスロースタートになっちまうなぁ。
今月は90km泳ぐつもりだったのに。
お仕事の関係で、新宿のミロードを歩く。
ここ、今工事中なのね。
新宿はちゅと目を離すとどんどんお店が変わっちまうからなぁ。
飽きない町だ。

本日の食事。

 朝食 サラダ巻き1パック
 昼食 定食
 夕食 牛肉炒め、麻婆春雨

酒が呑めないのもツライが、運動できないのが一番ストレスがたまる。
もうゴロゴロするだけの生活は嫌なんじゃーー!

ぐうたらし始めると止まらない、怠け癖な事を自覚しているだけに、一番自分が不安なの・・・



10/16(月)  のだめカンタービレ 
2006年10月16日 (月) | 編集 |

今朝の体重  72.2kg

何か思ったより順調に体重が落ちている。

・運動をパッタリ止めた。  → 筋肉が落ちてる・・・(涙)
・カロリー摂取を控えている。→ 酒が呑めないストレスってどうなの?

んー、適度な運動と腹八分目の食生活が重要なわけか・・・

こないだ、TVで芸能人の誰だかが言ってたが、

 「病気ってのは体のSOS。これまでの生活を改めなさいって信号。」

病気になった今、凄く頷ける。
命に関わるような病気(症状)で無かったのが幸いじゃ。
これを機会にしばらくは食生活を改めようと思う・・・・・YO!

ま、二郎食った週は過度に運動するっちゅうことで。(笑)

   目指せ、65kg!

で、病状だが、あんまり改善せずと云った具合。
痺れの範囲は若干狭まった(広がらなくなった?)ぐらいで、相変わらず針でチクチク刺すような痛みが断続的に襲ってくる。

これが神経痛ならば、神経痛持ちの人には心から同情申し上げる。
「痛っ!!」と叫ぶような痛みではないが、「アッツツツツツ」と顔を軽くしかめるような痛みがのべつまく無しに襲ってくるんだから。

ふぅ。
お酒を際限なく呑めた頃が、遠い昔に思える。(嘘)

誰?
冷蔵庫にこんなにお酒を詰め込んだのは?(笑)

しかし、40歳過ぎたらこんなに体にガタが来るもんかのぉ。


本日の食事。
朝食 ご飯、味噌汁、カボチャ、雷こんにゃく
昼食 蕎麦、半カレー
夕食 ステーキ、カボチャ、サラダ


夕飯はステーキ1枚用意されてたけど、子供食べ残しの5切れで十分でした。

んで、何かと話題のドラマ「のだめカンタービレ」の初回を見る。

ワシ、原作は読んだことはおろか、全くの予備知識無し。
あ、音楽学校が舞台ってのぐらいは知ってますよ。今朝のめざましに上野樹里と竹中直人が出てましたから。(笑)

で、そんなワシが見た感想。

   おもしろかった。次も見よう♪

玉木クン、凄くイイじゃないですか。
なんちゅうか、少女マンガの典型的少年(青年)を感じさせました。
ああいう男子をイメージして、少女漫画家は執筆してるんじゃないかしらね、と思わせるぐらい。

上野樹里もイイ。
妙なフワフワ喋りは、多分原作ののだめがそうなんでしょう。

今クールは「セーラー服と機関銃」と「のだめカンタービレ」を見ることにしようっと。

ちなみに、前クールは「マイボス・マイヒーロー」と「結婚できない男たち」を見てました。

「マイボス~」は子供達が大好きだったから。
「結婚できない~」は最後の方、見なくなっちゃったなぁ。
最終回は録画してあるので、ヒマが出来たら見よう。




10/15(日)  運送できる幸せ、運動できない不幸 
2006年10月15日 (日) | 編集 |

今朝の体重  72.6kg

日曜日だっちゅうのにやることがない。
音楽聞いたり、本を読んだりすればいいのだが、なんちゅうかなー。

  運動しないと、生活にアクセントが付かないのだ。

出掛ければいいのだが、「安静」と云われてるし・・・

しかし、TVってのは毒だな。
ボケーッとしている頭にどんどん情報を一方的に流し込んでくる。

黙って見ていたりすると洗脳される恐れがあるので、いちいちツッコミを入れながら見たりする。(笑)
で、そのツッコミがうるさいと嫁はんに嫌われる。

  嫌われ“さぬを”の日曜だな、これじゃ。

サンデージャポンで、学会御用達芸人が偉そうに曰う。
正論吐いてる様に視聴者に映るだろうが、彼は池田○作の前では「木偶の坊」「代弁者」「思想的奴隷」。
裏の顔は、一般信者獲得のためにTVを通じて釈伏、釈伏のドンツクドンツク。
危険極まりないな。

午後、自転車で図書館へ行く。
途中、芝浦食肉市場で「食肉祭」が開催中であることを思い出すが、飲酒できない体で向かうのも馬鹿馬鹿しいので断念。

景色1


10冊返して、10冊借りる。
ジャンルは様々。
ここの図書館は蔵書が豊富なんで嬉しいな。


朝食 カップラーメン
昼食 ご飯、味噌汁、ソーセージと玉葱の炒め物
夕食 太刀魚塩焼き、おでん

景色2


ローソンで「おでん全て一品¥70」なんちゅうセールにのせられて、6品ほど買い込んでしまう。

平常価格が高いモノを中心にチョイスする自分のセコさに赤面。(鬱)

牛すじ・・・・こりゃ関西の牛すじとは別物じゃのー。

牛すじっちゅうのは、アキレス腱をトロトロになるまで煮込んでこそ(以下、略)



10/14(土)  禁酒・禁運動 (3日目)  【マック】
2006年10月14日 (土) | 編集 |

今朝の体重  73.0kg


来週健康診断だから、それまではラーメン自粛予定。

っちゅうことで、本日はせっかくの玉子の会会長のお誘いを辞退。
二郎食べたいのはやまやまやけど、一週間の辛抱や。

グッと堪えて、カップ春雨を食べる。 83kcal也。

13時過ぎまで家でゴロゴロ。

「酷い風邪を引いた時ぐらいの安静が必要」と云われてもなぁ。

時節、チクチクするとはいえ、後はほとんど健康体と変わらないんですがねぇ。

先日届いたフジサンケイ関係のバーゲンのお知らせのチラシに目を通す。

何と、スイムウェアを半額程度で売っているとの文字が目に入る。

そういや、今日は上の子供が林間学校から帰ってくるから、それのお迎えもあるなぁ。

  「○○ちゃんのお迎え、どうするの?」

  「だって体調が悪いんでしょ?私、行くわよ。」

  「いや、ワシが行くよ。ついでの用事も出来たし。」

ちうことで、水道橋経由で学校へ向かうことにする。

  「16時にバスが入るらしいから、それまでに行ってね。」

  「ぶ・らじゃー!」

  「後さー、そのバーゲンすっごい混むよ。レジとか30分待ちかも。」

逆算じゃ。

水道橋から学校まではぶらぶら散歩するとして、15時30分には会場を出なイカン。
で、レジが長いんだったら、買い物を15時に済ませなイカン。
水着選ぶんにどれくらいかかるか分からんけど、14時までに会場に入ればエェか。

  「んじゃ、出掛けるわ。」

会場の東京ドーム到着。

おいおい、いきなりの大行列。
なんせ、22番ゲート一箇所からしか入場させないため、混んでいるのだ。
っちうのも、例の回転ドアしか入り口がないもんで、一人ずつしか通れない。
故に大混雑。

しかも、何故か知らんが、手荷物検査までやってるし。
出口でやるなら、“万引き防止”の観点で頷ける。
がっ

何でも、「瓶、缶、ペットボトルの持ち込み禁止」故の検査なんだそうだ。

おいおい。
スポーツ観戦ならいざ知らず(グラウンドに投げ込みのを未然防止)、今日はバーゲンですよ、バーゲン。
バーゲン会場に、何の効果を狙って投げ込むっちゅんじゃ。(笑)

東京ドームバーゲン(全景)


ドーム内にはいると、グルッと通路を1/5周させられてから、階段(やはり1箇所)を下ってグラウンドへ。
やっとこさ、お買い物に着手。

目玉の2000円水着は、スクール水着か?帝国海軍か?っちゅうくらいそっけないデザインで食指動かず。
縫製だけじゃなくて、デザインも中国製じゃないのか?
あんなん恥ずかしくて、アタイは履けませぬ。

で、アリーナ、スピード、ナイキ、アディダス他の水着が揃うコーナーを物色。
なるほど、こりゃ半額だ。(嬉)
でも、サイズが少ないなぁ。

    ハッ!! そうだ、思い出したっ!

現役の学生スイマーは、S,Mサイズを履くのがほとんど。
何故かって、ウェスト細いから。
大体、同世代の人より1サイズ下を着る場合が多いかな。
実際、ワシも高校生までJSかSを履いたもん。

それに引き替え、水泳で痩せよう!って方は太い場合が多い。
故に、XO,XL,LLってのからどんどん売れちゃう。

残っているのは、S,Mがほとんど。(!)

   Lがほとんど無いよーーーー(泣)

そんな中、3種類の水着でLサイズを何とかハケーン♪

 1つ目は、「蜘蛛の巣」柄。

 2つ目は、「黒地に金色の鷹」柄。

 3つ目は、「黒地に金色の豹」柄。

悩んだけど、全体が均一柄になってる1つ目にしました。

東京ドームバーゲン(水着)


ついでに、度入りゴーグルも1個購入。
今のヤシ、目に当たるゴムの部分がヘタってきたから。

〆て¥6000也。
水泳ってのは、お金がかからないスポーツですなぁ。

レジは全く混んで居らず、14時30分には会場離脱。

近くのマクドナルドで一息つく。

  「15時に出れば間に合うかのぉ」(←すでに勘違いしてます)

100円チキンバーガーとホットコーヒーを飲み干し、お出かけ。

学校に15時20分、到着。

あれ? 門の辺りにお母さん達の姿が見えない。
いつもなら、賑やかにたくさんいるはずなのに。

  あ。 バスが来るの16時だった。

完全に勘違いした。

どっかで時間潰そうにも、この辺り、何もないからな・・・
30分お散歩継続。

無事子供を迎えて、一緒に帰途に就く。

随分と林間学校が楽しかったようで、帰りの道中、ずーーっと子供は喋りっぱなし。

  「ママと○○ちゃん、お土産気に入ってくれるかなぁ。」

  「○○ちゃんが買ってきたお土産だもん。気に入ってくれるよ。」

しかし、餃子スナックか・・・微妙じゃのぉ。

餃子スナック(全景)


餃子スナック(アップ)


夜は、すき焼き。

お酒も呑めないし、腹八分目に抑える。  


本日の食事。
朝食 カップ春雨
昼食 100円チキンバーガー
夕食 すき焼き


夜に映画「交渉人 真下正義」を見る。

なかなか面白い。
がっ、途中、モンスタートレイン「クモ」がほとんど暴れなかったのは残念。
最初はあんなに暴れたのに。

また、3箇所の爆破の意味合いも分からなかった。
捜査の攪乱か?

犯人の目的が明確になるのが遅かったんで、せっかくの「交渉人」が「何を交渉すればいいのか?」
分からなかった。

ここまでは脚本段階での問題か。

とは云え、全体的には楽しめた。

「踊る~シリーズ」も、警察の日常を面白おかしく描いた路線から、少しずつ変わってきているのかもしれん。

あ、不満と言えば、もう1つ。

「クモ」が地上に飛び出てくるか何かの特撮シーンが欲しかったところ。
予算が厳しかったのかもしれんが、“山の向こうに大蛇は出なかった”感有り。




【帰省日記 2006夏 (8/23~8/28)】 おなじみ  更新
2006年10月13日 (金) | 編集 |
 8月23日(水)~28日(月)の香川県への帰省日記です。

 2日目(8月24日)でいよいよ香川県へ上陸です。

 【(その4)~大阪→高松編~】”おなじみ”をUPしました。

 右欄外「カテゴリー」の「帰省 2006 夏」をクリックして見て下さい。

おなじみ(お店外観)

 
 なお、6月のうどんツアーは更新終了しました。

 右欄外「カテゴリー」の「讃岐 de うどん 2006初夏」をクリックして見て下さい。



10/13(金)  禁酒・断酒 2日目 
2006年10月13日 (金) | 編集 |

今朝の体重  73.2kg

薬が効いているのか効いていないのか。
体の痺れも痛みもあまり変わらん気がするな。

来週に控えた健康診断。
運動が出来ない以上、食べる方で調整しなきゃ何とも痩せんわな。
しばらくはラーメンを封印だ。

次回の診療で良くなっていることを切に望む。

とりあえず、明日の引き継ぎ会議は欠席しよう。

まぁ、しかし神経痛なんて云うものを生まれて初めて経験しているわけだが、鬱陶しいもんだわ。

   チクチクチクチク、とな

でも、この帯状疱疹って舐めてるとやっかいな事になるケースもあるらしい。
発疹が眼の辺りに出来れば、最悪失明。
耳の辺りに出来れば、顔面神経痛。
中途半端に直せば、慢性の神経痛に一生悩まされる場合もあるらしい。

今回の罹患を契機に、生活を大きく見直せ!っちゅうことかもしれんなぁ。


本日の食事。
朝食 巻き寿司
昼食 そば、半カレー
夕食 唐揚げ、生春巻き、おでん


少しだけ残業。
運動が禁止されてるんで、まっすぐ帰宅。

お酒も禁止なんで、お茶呑みながら夕食。

  やることがないなー。(鬱)

横で嫁はんが呑むビールがうまそうだ。

明日も明後日も寝たきりかー。
なんか、新しくやることを見つけなイカンなー。

うどんの写真の整理でもするか・・・




10/12(木)  帯状疱疹  【ひるがお@新宿御苑前】
2006年10月12日 (木) | 編集 |

今朝の体重  73.0kg

今日は午前半休。
本日から秋の林間学校に旅立つ、上の子供の荷物を学校まで持っていく係を仰せつかった。

朝6:20に自宅を出て、学校には7:20到着。
周囲を見回すと、父親が送って来たケースはほとんど無い。
80人中、♂は5人くらいだけ

   「母親が大半を占める」とはどういう事なのか。

もし、「働く母親」が多いならば、父親が送ってくるケースはもっと多いはず。
実はこの学校、見るからに富裕層の親が多い。
っつーことは、「富裕層の母親は働いてない」っちゅう結論になる。

   一方の収入があれば、もう片方は家庭に従事する(できる)。

“男女共同参画”って法律は“働く女性のためにある”

働かなくて済む富裕層の妻は、子供を産んで育ててる現実。
働きたい女性は仕事に邁進して、結婚もしなけりゃ、子供も生まない。

で、少子化対策である。

今、働きたい女性が結婚→出産が出来るような対策に主眼を置いているみたいだけどさ。
「働きたくない女性に結婚→出産の機会・場を与える」って策もあると思う。

   “出産は女性にしか与えられていない特権”

母親(有職者、専業問わず)をもっと支援するシステムにしないと少子化は止まらないね。

そういや、昨今、主婦を叩く風潮が多いようだが、あのさー。

   自分の母親がバカにされてるようで不愉快なんですが。

まぁ、主婦を叩く主流が同じ女性(しかも、有職者)ってのが深い闇ですよなぁ。(笑)

   なりそこなった僻みなのか?

“主婦を非難する人”は、男女共同参画の趣旨に沿って、社長目指してください。(爆)

ちなみにウチの場合、ワシの収入が少ないんで、嫁はんが「働く!」と言い出したら、止める気など毛頭無いのだが、

   一向に、言い出す兆しが見られないのですが、何か?

歩いて飯田橋経由で病院へ。
先週の金曜日から継続している背中(右肩胛骨脇)の痛み。
そこを中心に右脇腹から右胸筋へと妙な痺れが広がって来た。

で、昨日プールのロッカーで発見した右胸筋脇の発疹。

これ以上放置も出来まいと病院へ来たわけだが、総合受付で症状を述べると皮膚科を案内された。

症状を聞き、発疹を見るやいなや、医者は一言。

  「帯状疱疹ですね。」

たっ、帯状疱疹っ!?

何か、前に美智子さんだか雅子さんだかが罹ってなかったっけ?

何故、そんな高貴な病に?

聞けば、脊髄に残っている水疱瘡の菌が、再び活発化して暴れ出す病気らしい。
体力低下、ストレスを感じている時に起きたりするそうだ。

  「いつなりましたか?」

  「先週の金曜日から背中が痛んで、金曜と土曜日が一番痛かったです。」

  「なるほど。熱は出ませんでしたか?」

  「発熱どころか、先週の金曜から昨日まで20km泳ぎました。」

  「プール行ったんですかっ!?」

医者と看護婦が顔を見合わせている。

  「何か?」

  「プールで感染するケースがあるんです。」

  「何とかっ!」

  「水疱瘡をやってないお子様とかにうつる危険もありますんで、
   プールは自重して下さい。」

  「えっ?今日もこれから行こうかと思ってたのに。」

医者が看護婦と顔を見合わせ、ヤレヤレという表情に。

  「体力低下はまずいですから、運動はやめて下さい。」

  「・・・・はい。」

この時、ワシの頭の中には・・・・

  運動しないで、来週の健康診断にどうのぞめっちゅうん
  じゃああああああ!

医者が続けた。

  「この紙に書いてあることをよく読んで下さい。顔に発疹した
   場合、入院でしたよ。」

えっ、そうなの?
そんな鬱な病気なの?

  「じゃ、採血して、薬を貰って下さい。来週、もう一回来て下さい。」

  「はーーい。」

薬の受取所で、貰った紙に目を通す。

何かごちゃごちゃ書いてあるな・・・・・なんじゃっ!こりゃーーーー!


  生活上の注意について

   ○ひどい風邪をひいた時と同様の安静を必要とします。
    (仕事や家事など、無理はしないで下さい)

   ○入浴は基本的には構いませんが、症状によりますので医師に確認
    して下さい。

   ○患部は暖めておく方が痛みが少なくなります。

   ○お酒は治るまでやめてください。


おいおい、これは何よ。


        安寿と厨子王


いや、動転してて、間違えた。

    
        安静と禁酒


プールとお酒をワシから取り上げたら、徳と良識しか残らないじゃ
ないのさっ!

ガックリと肩を踵まで落とすワシ。

とりあえず、あれだな。
運動を取り上げられた今、体重を落とすには「食事療法」しかないな。


プール時間がぽっかり空いてしまった。

待合所で文春を熟読してから、散歩に出る。(←安静にしろよ)

  「赤道ラーメン」
     ↓
   「北の大地」
     ↓
 「さぬきのうどんや」
     ↓
    「和鉄」
     ↓
   「むろや」

いや、この前にもう1軒偵察したんですがね。

それはそれは、祝日の国旗ばりに、見事な三色旗を掲げてるもんで思いっきりヒキましたわ。

ガカーイラーメン



 同志の同志による●作のためのラーメン屋になったようです。(嘲笑)


んで、ランチに入ったのは「ひるがお」@新宿御苑前。

食券機を見ると、「限定ラーメン」なんてのがある。

何か、煮干しを前面に出した塩のつけらしい。
¥850っちゅう強気な値付けもさることながら、大盛り¥150ってのも凄いな。
こうなりゃ、のってやろうじゃないの。(←食事制限するんじゃねーのか)

¥1000払って届いた知らせには黒い縁取りがありましーたーーー♪

ひるがお(限定煮干し塩つけ汁3全体)


じゃなくて、小せぇ。小せぇよ、ひるがおさんよ。
蕎麦猪口とは言わないけど、つけ麺のつけ汁としては、あまりにも小さい器。
こういうのって、「ケチッてる」としか映らないんですがねぇ。

ひるがお(限定煮干し塩つけ汁1)


ひるがお(限定煮干し塩つけ汁アップ2)


  「こちらのボールを、途中からスープに投入して崩して、味の
   変化を楽しんで下さい。」

ひるがお(限定煮干し塩つけ団子アップ)


なるほど、それとのバランスがあるからつけ汁が少ないのかな?
器からは煮干しの香りが沸き上がっている。

麺。・・・少ない?

ひるがお(限定煮干し塩つけ麺1)


器が大きいから、そう映るが、これは量がありそう。
ってか、見るからに太くてムッチリして美味そう。
麺を持ち上げると、箸にグッと負荷が掛かる。
イイ感じだ。

ひるがお(限定煮干し塩つけ麺ヲタ撮り)


つけ汁につけてすする。
おおっ、塩がググッと前面に来るなぁ。
麺はヌラヌラムチムチと口中で暴れる。
美味いなぁ。

1/3食べたところで1個目の団子を突き崩す。

えっとー、

   あんまり味が変わらないんですが・・・・・

もう一口食べたところで、もう1個の団子も突き崩す。

やっぱ、あんまし変わらないな。

ひるがお(限定煮干し塩つけ麺2)


それよりも、つけ汁が冷えてしまっているのが気になる。
具を食べるのは止めて、麺だけを食べきる。

そして、スープ割り。
割スープを店員が客席まで来て注いでくれる。
強烈に煮干しが効いてるわけではないけど、なかなかおいしかったな。
麺だけで云えば、かなりの好印象。

ただ、強気な値段設定には閉口。
家族4人で3000円超えるような値段設定のラーメン屋は、はじめから家族なんぞターゲットにしてないんだろう。

いや、こっちもそんなお店に家族は連れてきませんからご安心を。

ウチの子供はワシや嫁はんが子供の頃に比べて、ラーメン屋に触れる機会は格段に少ない。
こういう子供達が大きくなると、ラーメンを懐かしむ事も無いだろうし、家族の食事にラーメンを選択することは格段に少なくなるだろう。

  「将来のお客さんを減らしている」

今のラーメン業界は大いに繁盛で誠に結構だが、将来は非常に危ういモノを感じる。

朝食 抜き
昼食 ひるがお@新宿御苑前
夕食 忘却の彼方

早速、お昼ご飯時から薬を飲みはじめる。
勿論、水泳はしばらく禁止。
お酒も呑めない。
つまらない日記が続くことになるが、闘病中に付きご容赦。



10/11(水) 痺れ節  【大勝軒@大塚】
2006年10月11日 (水) | 編集 |
今朝の体重  74.0kg

右肩胛骨周囲→右胸筋まで広がった痺れは相変わらず。
なんか、ピリピリするなぁ。

嫁はんからは、

  「なんか悪い病気かもしれないから、早く病院行きなよ。」

と急かされたが、こちとら

  「泳げば治る」

との、変な体育会思想が災いして、なかなか行く気にならないのよ。

午前中の一仕事を終え、お昼をどこで食べるか、逡巡。

「TETSU」@千駄木に行こうかと思い立つも、定休日。

べんてんじゃ量が多いし、ラーメン二郎高田馬場支店は並ぶのヤだし。

っちうことで、やってきたのは大勝軒@大塚。

「超らーめんナビ」で地図を調べて、訪問。
11時40分の時点で10人並んでる(!)

大勝軒大塚(お店外観)


    予想GUYです

あら、お向かいが居酒屋の名店(と云われてる)「串駒」じゃないすか。
行ったことないんだよなぁ。

さて、この大勝軒@大塚。
並んでるリーマソの質が良くない。
割り込ませまくるのよ、後から来た知り合いを。

  「お、並んでるねぇ。」

  「食べるの?」

  「うん。」

  「じゃ、一緒に食うべ。」

  「いいのかよ。」

  「前の連中も入れてたよ。」

まぁ、こっちも急いでるわけじゃないし、ラーメン屋や飲み屋で知り合いと食べたいって気持ちは分かる。
これぐらいのことで、目くじら立てる必要は無いと思うけどさ。

  一言、後ろに声を掛けるくらいはあってもいいんじゃないかなぁ

エチケットの問題だと思うんだよねぇ。

大の大人がさぁー

  「やだね。絶対横入りさせるもんかっ!後ろ並べ!このタコオヤジッ」

なんて、了見の狭いことは云わないから。(笑)

お店の人が外まで注文を取りに出てくるのは好印象。

  「もりそば、野菜・・・・メンマも増やせる?」

  「ハイ、出来ますよ。」

  「じゃ、もりそば、野菜、メンマで。」

後ろの人は大盛りにするかどうか悩んでいるな。

  「中盛りってないの?」

  「普通か、大盛りですね。普通ですと350g。大盛りは倍の
   700gです。」

  「んーー、じゃあ、大盛り。」

中は全てテーブル席で、相席が基本。(当然ですな)

大勝軒大塚(野菜メンマもりそば全体)


この麺の器と盛りつけ、つけ汁の大きな器。
おお、さすが大勝軒だっ!

大勝軒大塚(野菜メンマもりそばつけ汁)


つけ汁には炒めた野菜がタップリとメンマもごっそり入っている。
炒めた野菜の油でつけ汁の味がちゅと変わってしまってるなぁ。
甘みはあるのだが、酸味が足りない。

大勝軒大塚(野菜メンマもりそば麺)


麺はプリプリ。
お昼時はバンバカ茹で上げているから、こういうイイ麺に当たる確率も高いのかも。

途中から、辛味とお酢、ニンニクを足しつつ、食べる。
んー、おいしかった。

1000円超える一杯になっちゃったけど、満足感有り。シアワセ。

健康診断も近いし、泳ぎに行くぞー♪

  750m×1本
  プール全体休憩
  5000m×1本、50m×1本

  
   本日の合計距離    5800m
  10月の総泳距離    29.2km
  H18総泳距離    426.8km
 H15/5~総泳距離 1811.4km
  今朝の体重       74.0kg
 プール後の体重      72.4kg


休憩明けの100本泳ぐのに、93分もかかってしもた。

1本当たり、55.8秒かよ。なんだ、こりゃ。

とにかく今日は泳ぐの遅い人、多すぎ。
次々と遅い人がちん入して来るのよ。

プールアナウンスの通り、「50m連続して泳げない人は3,4コースはご遠慮」して欲しいわっ。

それよりもね、大変な事がありました。

ロッカーで服を脱いだら、痺れてる右脇腹に発疹が出てたのよ。

   「うっ、なんじゃ、この発疹。 なんか悪いもん食べたか?」

でも、上述の通り、気にせず泳いだわけですが。(笑)

嫁はんに見せたら、

   「それ、早く病院行けばー。ウッ、気持ち悪ぅー。」

だってさ。チッ。

しかし、番組改編期のTVってばつまんねーなー。


本日の食事。
朝食 お握り2個
昼食 大塚大勝軒
夕食 おでん

牛すじ


おでんのタネと別茹でにしてくれた牛すじがトロプルでもうタマランチ!

   VIVA♪ 牛すじ!





10/10(火)  13yearS  
2006年10月10日 (火) | 編集 |

今朝の体重  73.8kg

昨夜21時に寝て、今朝は5時45分起床。
一気に9時間近く寝たのね。

とは云え、右肩胛骨周囲→右胸筋まで広がった痺れはおさまらず。
背中の痛みは若干和らいだかな。

本日は、結婚記念13周年の日。
13年間で子供2人に恵まれ、大病をする者も居らず、平凡だけど幸せと云えるのかなぁ。
嫁はんも、ワシには“ある程度”好き勝手させてくれるし。

思い返せば13年前。
朝からドタバタと走り回った想い出が。

前の夜に訪問した「築地田村」。

2代目がたまたまワシのオヤジと同い年と云うだけで、挨拶に来るわ、サービスの品は出るわ、直筆の入った扇子やら何やらくれるわ、そもそも食事の量も味も格段に凄いわ、で強く印象に残っておる。

当日は、新橋第一ホテルアネックスからタクシー飛ばして式場入り。

朝食は、「大和屋三玄」。

披露宴は120余名で3時間。
中庭で集合写真撮影してたら、庭園散策の外人にも記念写真をせがまれたなぁ。

2次会は「DISCO AREA」(今もあるのか?)で100余名で宴会。

で、3次会以降は・・・・・(以下、今でも責められるネタなので省略。笑)

次の日は、新宿の「柿伝」で食事した後、成田へ向かったんです。
んで、カンクン ~ オーランド(ディズニーワールド) ~ ニューヨークと10日間のハネムーンは超楽しゅうございました。

おかげで嫁はんに野望は未だに

      ディズニーワールドで遊び倒すこと

そこへ行く際の予定メンバーに、ワシは入っていません。(爆)
実の妹他、真のディズニー好きだけで行きたいんだってさ。

ま、そういう楽しい滑り出しが有ったからこそ、今も何とか夫婦としてやっていけるのかもしれんな。

本日の食事。
朝食 お握り2個
昼食 定食
夕食 チキン他

手ぶらで帰るのも何だし、花束をあつらえてもらった。
花束が出来上がるのを待つ間に、嫁はんから指示された「牛乳、パン、お菓子」を買うのを忘れてはならない。
効率よく動くのだ。

おかげさんで、嫁はん喜んでくれました。

  子供に持たせてパチリ♪  

結婚記念日(花束)


パジャマだから、年賀葉書には使えんな、この写真。
黄色主体で頼んだら、花嫁のブーケみたいになってしもた。

あ、そうだ。

   中日優勝おめでと。

        いじょ。(笑)




10/9(月)  体の痺れは変わらず  【ラーメン二郎鶴見支店】
2006年10月09日 (月) | 編集 |

今朝の体重  74.0kg

背中の痺れ(痛み)はまだ取れない。
だんだん慣れてきている自分が怖いわ。(苦笑)

本日はプール開場と同時に泳ぎに行くつもりだったが、いろいろ用事を済ませていたら家を出るのが10時過ぎになってしまった。

確か、今日は港区のスポーツ大会の日。
駐車場はそっち用に貸し出すので、駐車場使用ダメだったな。
っちうことで自転車で出掛ける。

プールに着いてビックリ。
前の道路が封鎖されて、お祭りの沿道状態。
人がたくさんでて露天もいっぱい。

「まさか?」とプールの受付に行くと、「プールは個人使用できますよ」とのこと。ヨカッタ。(ジムはイベント使用中だった)
しかも、「今日はスポーツの日なので入場無料です。」だって。ラッキー♪

プール階に上がると、

  個人利用 10:00~12:00、13:00~16:00

おいおい。
12:00で一旦打ち切りかよ?
なになに?

  12:00~13:00 古式泳法体験

お!
あれか?
頭に日の丸の扇子着けて、短冊にすらすらと句をしたためるってヤシか?
もしそれなら、体験したいぞ。

取り敢えず、泳ぐぞ。


  4000m×1本

  
   本日の合計距離    4000m
  10月の総泳距離    23.4km
  H18総泳距離    421.0km
 H15/5~総泳距離 1805.6km
  今朝の体重       74.0kg
 プール後の体重       未測定


やっぱ時間がなかった。
無かった上に、

   遅いけど、絶対にコースを譲らない中高年

が次々登場したこともあり、ペースも上がらず。

遅いならコースを譲る。 これ基本なんですが・・・
時速60kmで追い越し車線を走り続ける軽乗用車然り。

プールから出ると、祭り会場は宴会状態。
運動に来てるのか、呑みに来てるのか分からんな、これじゃ。(笑)
ま、いい汗かいた後はアルコールなんでしょうな。
飲酒運転はくれぐれもやらないようにね。

帰宅して、自転車を車に乗り換えて、嫁はんの実家へ家族を迎えに行く。
途中、どっかで腹ごしらえをせねばならん。

暖々は先週、あんなことが有ったから、しばらくは行けんな。
ラーメン髭・・・ここはいつでも行けるし。

せっかく横浜方面行くから、あっちで選ぶか。

っちゅうことで、ラーメン二郎鶴見支店を訪問。
しっかし、ここも近所に駐車場が無いなー。

食券機を見ると、「豚W」のメニューは売り切れ。
しょうがないので、「大豚¥740」の食券を購入。

あれ?
店員が変わったのかな?
ラーメン二郎京急川崎支店の兄ちゃんみたいに笑顔の素敵なお兄さんがトッピングコールを受けている。

食券を置き、一呼吸置いて、「麺固めで」とお願いする。
麺固めの目的は、「鶴見マジック防止」に他ならない。(笑)

鶴見マジック。
普通は、注文分の麺を茹で始めるはず。
ところが、鶴見では、茹で始めた後に食券を置いたお客にもラーメンが出てくるのである。
勿論、途中から麺を追加したわけではない。

見込みで多めに茹でているのか?
いや、だったら、後客が来ない場合、先客にはかなり多めの麺がサーブされるはず。

「鶴見のは量が少ない」との評判と併せて推察すれば(以下、自粛)

ワシの前のロットなんて、一気に7人くらいにサーブされたからね。(笑)

とにかく、ワシはちゃんとした大の量を食べたいのっ!
故に、先に麺を抜いて貰える「麺固め」を注文したのだ。

と、前のロットへのサーブが終了すると、厨房の中から立ち上がる人が。
あ、店主じゃん。
なんだ、いたんだ。

この人、かったるそうに仕事するんだよなー。
(でも、麺の固さやスープの濃さは毎回キチンと味見してる)

見てると、店主の仕事は麺を上げ、野菜と豚を載せるところまで。
トッピング以降が、助手の役割みたいね。

  「トッピングは?」

  「野菜ニンニク唐辛子!」

ラーメン二郎鶴見支店(大豚全体)


あら、結構な盛りになってんじゃん。
やっぱ、麺固めコールは必須かな。

ラーメン二郎鶴見支店(大豚アップ)


もやしがヨソの二郎と若干違う気がする。
細モヤシっちゅうか、豆モヤシっちゅうか。

麺もボソボソでなかなかイイ。
でも、スープが薄いな。
下から麺を引っ張り出し、かき混ぜるが一向に濃くならない。

ラーメン二郎鶴見支店(大豚豚アップ)


  「スイマセン、カラメ追加して下さい。」

と、ドンブリをカウンターに上げて、カエシを追加して貰いました。
こんなことやったの初めてよ。

ウン、うまいな。
スープの取り方が変わっちゃったみたいね。

ラーメン二郎鶴見支店(大豚横から)


昔は骨を煮込んだせいで、スープにとろみが有ったけど、今はトロミは全く見られない。
昔の方が好みだったな。

家族と合流し、ガソリン入れて洗車して買い物して帰宅。


本日の食事。
朝食 抜き
昼食 大豚
夕食 餃子

夜は、21時に就寝。

北朝鮮が核実験かましやがりましたね。

ワシが生きている間には、日本は戦争に巻き込まれないかなと悠長に考えていたけど。

どうやらそれなりに備えて置かねばならんようだ。
日本も自衛戦争に備えた本格的な装備実施と訓練に着手せねばならんだろうなぁ。

しかし、まぁ、何であんなアホみたいな国が存続できるんだろう。
国内蜂起が期待できんのなら、G13に連絡するとか手を打たねば。




10/8(日) 要距離遠征  【秋元屋・卓球屋・某ラーメン屋】
2006年10月08日 (日) | 編集 |


今朝の体重  73.2kg

昨日から家族が嫁はんの実家に行ってしまったため、チョンガー生活である。
自由気ままな生活も悪くはないが、家族がいないと寂しいモノがあるな。

さて、背中の痛みであるが、相変わらず。
揉んでもさすっても変わらない。
ただ、泳げてるんだから、骨にヒビが入ってるなんてこたぁアルマーニ。

それよりもだ。
その肩胛骨脇を中心に妙な痺れが広がっているのである。
なんちゅうか、麻酔が切れかけた時のような、ポワワ~ンとした感覚。
うーーん。
なんじゃらホイ。
今日は泳ぐの自粛しとくか。

夕方からは宴会。
玉子の会会長のお誘いにホイホイのって、山手線、西武新宿線を乗り継ぎ、野方までやってきた。

目的のお店は「秋元屋」。

思い返せば、3年前。
その頃愛読していたサイトの1つに「居酒屋礼賛」っちゅうのがある。

そこの管理人(浜田さんだったかな?)が2年前から繁雑に通ってる“やきとん”のお店で、非常に興味があったのだ。

ちゅと早く着いたんで、お店の前で待つ。
お店は思ったよりも小さく(勝手に“秋田屋”みたいなんを想像してた)、コの字型カウンターとビールケースで作った簡易テーブル(6人掛け+4人掛け)があるだけ。
外との仕切りはビニールシートっちゅう、簡素なモン。

   デートには厳しいが、オヤジにはピッタシ♪

並んでいると、すぐに後ろに列が出来た。
会長と2人で入店。

サッポロラガーで乾杯。

   「今日は2ケースあるそうですから。」

会長が意味不明の言葉を発する。(笑)

しばらくして、Uさん、Fさんが合流し勢揃い。

ナンコツ刺し

秋元屋(ナンコツ刺し)


レバ刺しは市場が閉まっている日には無いようだ。残念。
でも、このナンコツ、おいしいねぇ。

せんまい刺し

秋元屋(センマイ刺し)


この後、次々串モノが出てくる。

シロ、テッポウ、ミノ、ガツ、かしら、ハツ・・・・・かな?

秋元屋(マカロニサラダ)


秋元屋(シロタレ)

秋元屋(カシラタレ)


細かい焼きも受け付けてくれるんだろうが、今日は会長の注文とお店の焼きにお任せである。

秋元屋(てっぽうタレ)


秋元屋(カシラ塩)


秋元屋(ハツタレ)


カウンターではなく、テーブルで呑んでいたため、お店の人との触れ合いは皆無。
とは云え、Uさんはお店の兄ちゃんにいぢくられていたけど。(笑)

秋元屋(アブラタレ)


秋元屋(かしわタレ)


独り客もそこそこいるけど、やはり連れ立っての訪問が多い。

最近のモツ焼き屋さんの傾向かもなぁ。

ネットでさかんに取り上げられるようになったもんなー、この業界。
ワシ自信独り呑みが多いし、そういうアウトローが集うほど、お店のやさぐれ感が増してイイ!と思うのだが。

こう、初心者が暖簾をくぐった途端、店内のオッチャン達の視線がビシッ!と集まって、思わずたじろいで、座り小便して馬鹿になるってのはいかがでしょうか?

冗談はさておき、そんなお店は時代遅れなんだろうな。

じゃぁ、伺いますがね。

     そんな時代ってなんなのさっ!

  「いい感じに荒れてますね。まぁまぁ、ビールでもお呑みなさい。」

  「あ、スイマセン。手酌でやりますから、お気遣い無く。」

で、2次会の話しになったわけである。

  「さぬちゃん、どっか希望はありますか?」

  「えっとねー、あそこ。H田さんがよく行く店。」

  「どこだろ?ttp://hamada.air-nifty.com/raisan/2006/10/__b92d.html“target="_blank">竹よしかな?」

  「そこっ!そこそこっ!そこだっ!」

酔っぱらいは五月蠅い&我が儘だ。

  「電話で確認したんですが、一杯ですって。」

  「ひばりヶ丘は行かないよっ!」

  「誰も行きたがってないですよ。」

    (10分後)

    何故か、卓球している我々(爆)

卓球屋(お通し)


卓球屋(いちぼ1)


卓球屋(いちぼ2)


説明せねばなるまい。

  飲み屋の中に卓球台があるのだ
                 以上

卓球屋(いちぼ2)


卓球屋(いちぼ3)


おかげさまで、呑みながら卓球と云う、最高に心臓に負担のかかる展開に。
しーかーもっ!

  下手くそなワシはこてんぱんにやられ、悔しさの余り、台を離れな
  いっちゅう最高に足に来る展開に。

卓球屋(お肉1)


卓球屋(お肉2)


食ったし呑んだのに、何故か腹が減っている有様。

西武新宿駅から新宿駅へ乗り換える道すがらに怪しげなラーメン屋を発見したので暖簾をくぐる。(暖簾は無いけど)

某ラーメン屋(メニュー)


いきなり、入り口で食券を買うシステム。(食券機からではなく、人から買うのだ)
太肉麺ってのが有ったけど、「これ以上肉食えるかっ!」っちゅうことと950円っちゅう高額に腰は引け、足はガクガク、口はワナワナ、肛門はヒクヒクしてしまい断念。

某ラーメン屋(食券)


いっちゃん安いラーメンにした。

  勿論、お店の人に「こいつ金がないんだな」と悟られないように
  留意しながら購入。

作っているところを見ると、なんちゅうか、もうアレですわ。

おざなり感っちゅうか、世紀末感っちゅうか、やらされ感っちゅうか、、、、

    「適当」の人文字。 違う、一文字。

某ラーメン屋(全体1)


出来上がったラーメンは白い豚骨スープに茶色いマー油が浮いている。
ほほー、熊本ラーメンですか?

麺は固いような、柔らかいような、なんかなー。

某ラーメン屋(ヲタ撮り)


茎若芽ももちっとコリンコリンしてていいと思うコリン。

某ラーメン屋(全体2)


にしても、スープ薄いなー。
白湯みたいじゃ。

ところで、このお店、どこだろう?

某ラーメン屋(FC案内)


本日の食事。
朝食 味噌汁、ご飯、ソーセージ炒め
昼食 抜き
夕食 秋元屋、不明、桂花ラーメン

野方に来る時の山手線内での出来事。

座席は満席で、ちらりほらりと立っている人がいる位の混み様。
で、車内を先頭に向かって移動していたワシ。

まぁ、足を放り出して座っている連中の多いこと、多いこと。
実際お疲れの人も多いんでしょう。
そういう人は、歩いてくるワシを見て、サッと足を引っ込めるんですな。

マナーっちゅうんですか?
自分がそれを守れてないことを頭のどっかでキチンと意識している分、咄嗟に足を引っ込められるんでしょうかね。

とーこーろーがっ!
足を引っ込めない若いリーマンが居たんですねぇ。
しかも、彼の斜め前には反対向きに立っている人が居たんで、足が通せんぼして通れやしません。

どうしましょう?
ワシがそこで移動を止めるっちゅう選択肢もありますが、ここでこのマナー違反を見過ごしたら、彼は永遠に“車内で足を放り出す”行為を悪いと思わず生きていくことになるかもしれません。

それは、社会にとっても、彼にとっても良くないことです、不幸なことです。

ハイ、温情ある解決策を取りました。


     彼の放り出した足を蹴り上げて通過。


ハハハ。
ワシは赤井英和かっつーの。(爆)




10/7(土) 共食い(笑)  【ラーメン髭】
2006年10月07日 (土) | 編集 |

今朝の体重  74.2kg

朝、玉子の会会長より入電。
いそいそとラーメン二郎三田本店へ向かう。
1軒目のコンビニで玉子が売り切れていたので、2軒目でゲトー。
店へ向かうと・・・

   ガビーン! 臨時休業・・・・

ラーメン二郎三田(臨時休業張り紙)


会長と2人、肩を踵まで落とす。
トボトボと田町駅まで戻り、ドトールで善後策を練った結論は、

   ラーメン 髭へ行こう!

車に乗り換え、開店の11時に間に合うよう出立。
んがっ、近所の駐車場2つがどちらも満車。

環七に路駐は迷惑千万だし、ましてやワシは先週つらい思いをしたばかり。

5分以上歩く場所に何とか駐車場を確保。(ホッ)
店の前に着いたのは11時20分。

ラーメン髭(看板)


   開店してないし・・・(鬱)

が、中では店主が仕込み中。(ホッ)

本日も強風がビュービュー。
店頭の花輪が倒れ、花が散らばる。
あらまー、と会長と2人でお片づけしてたら店主登場。

勿体ないけど、お花はゴミ袋行き。

11時半開店。
食券機の左から、ラーメン¥600、空欄、大ラーメン¥700、チャーシューメン(大盛り)¥800。

  あれ?普通のチャーシューメンが無いぞ。

  「そこの空欄じゃないすか?」

  「ですかね。」

1000円札入れると、空欄のボタンが点灯したの押す。
これで

     チャーシュメン(洗面器)¥1000

なんて食券が出てきたらビックリだが、普通にチャーシューメンでした。

店頭で偶然で食わした「ラーメンの達人」と3人で入店。

  「ニンニクは入れますか?」

  「お願いします。」

ラーメン髭(チャーシュー麺全体)


出てきたラーメンは、非常にラーメン二郎武蔵小杉支店に似ている。
縁の広いドンブリ、多めのスープ、くさび形の豚がそう思わせるのか?

ラーメン髭(チャーシュー麺アップ)


一口すすると、おおっ! うまーい!
20数回食べて、一度しかアタリに出くわしたことが無かった武蔵小杉支店のアタリの味に似ているぞ。

ラーメン髭(チャーシュー麺全体2)


薄めながら、ダシがググッと利いてるしな。
これはウマイわ。

ラーメン髭(チャーシュー麺ヲタ撮り)


麺もボソボソ。
でも、何故か最後1/4位は妙にツルプリ(まるで目黒支店みたいに)してきた。

これはもっと麺を食べたいなぁ。

ラーメン髭(豚アップ)


あ、豚ですが、ウマイです。
武蔵小杉支店みたいに、脂がゴリッとしてるかと思いきや、トロトロですわ。

これはウマイなー。
武蔵小杉系のスープの酸味もエェ塩梅におさまってると思うし。

でも、店主ご本人はもっと濃いスープにしたいらしい。

近所の暖々と迷うところやねぇ。
甘いのが食べたけりゃ「暖々」、酸味とダシなら「ラーメン髭」ですかな。

選択肢が増えることは消費者にとっては喜ばしい限り。
日曜日営業も喜ばしい限り。

会長を品川に送り届ける。
品川から田町へ向かう途中、達人氏が変なモノをバッグから出してワシに見せてくれた。

国産松茸1


  「バ、バ●ブ?」

  「・・・チミはどうも下品だな。これは、国産最高級バ・・じゃ
   なくて松茸だ。」

  「先生、ワシは何をすればいいのでしょうか?」

  「変わり身が早いな。じゃ、ビールを頼む。」

達人先生(←呼び名が変わってるし。笑)を丁重に駅まで送り、さ、泳ぐぞ!


  6000m×1本
  500m×1本、50m×2本

  
   本日の合計距離    6600m
  10月の総泳距離    19.4km
  H18総泳距離    417.0km
 H15/5~総泳距離 1801.6km
  今朝の体重       74.2kg
 プール後の体重      72.8kg


3連休だし、空いてるだろうと勝手に予想していたけど甘かった。
最初の辺りは特に漂う老人をよけつつ泳ぐのに一苦労。
結局、6000m泳ぐのに111分もかかってしもた。
50mあたりに換算すれば、55.5秒。

      遅っ

さて。
車を自宅に置いて、出動。
ビール片手に達人先生宅を訪ねる。

三船敏郎(サイン1)


TV黎明期の作品を見ながらいろいろ語らう。

三船敏郎(サイン2)


で、メインに出てきたのは、待ってましたの

    国産最高級松茸

国産松茸2


国産松茸(七輪)


七輪でよーーく焼いた後、石突きの土を拭き取り、香りを楽しむ。

国産松茸(on七輪)


国産松茸(on七輪2)


で、おもむろにカプッ!!

   おおーーー!

国産松茸(かじった後)


   口から鼻へ抜ける香りが たまらーーん!

繊維をバリバリ噛み切る。
歯の表面が松茸とこすり合わさって、キュミキュミと音が立つ。

国産松茸(on七輪3)


国産松茸(on七輪4)


酢橘をキュィッと絞って、もう一度バリバリ、キュミキュミ

国産松茸(アップ1)


国産松茸(アップ2)


   あーー、贅沢っ!

〆は単なる白米に醤油を垂らしただけの一品。

特選醤油


がっ、この醤油が、某有名寿司店使用の一品で、米の甘みと旨みを引き出すのだ。
こりゃー、たまらんですなっ。

白米を食べる達人


贅沢させて頂きました。
御礼申し上げ仕る。

がっ、すでに満腹中枢が壊れたワシは、京急品川駅隣接のラーメン集合施設「品達」の中の「なんつッ亭弐」へ吸い込まれてしもた。

店頭の行列は無かったけど、店内は待ち客いっぱい。
ソフトクリームだけ食べてるお客さんもいるから少々待つことになる。

ラーメンの食券を買い、行列に加わる。
15分ほどして着席。

食券を渡す時、「ニンニクもよろしく」と伝える。

先にニンニクセット(欠片4個とニンニククラッシャー)が出る。

なんつッ亭(ラーメンアップ)


で、ラーメン。
一口食べて、ウーーム。
マー油の量が多すぎないか?
そっち系の味しかせんぞ。

なんつッ亭(ラーメン)


野菜を食べようが、麺を食べようが、マー油がネトネトと絡んでくる。

なんつッ亭(ラーメンアップ2)


たまらず、ニンニクを次々クラーーッシュ!
(結局、4個とも投入しちまったよ)

辛口評論のこの人が評価していることが信じられんな。
やっぱ、人の舌は千差万別だわな。


本日の食事。
朝食 抜き
昼食 ラーメン髭
夕食 松茸、なんつッ亭

帰宅後、爆睡。
明日の口臭が心配です・・・





10/6(金)  静かに発病・・・
2006年10月06日 (金) | 編集 |

今朝の体重  74.0kg

起きたら、右の肩胛骨脇がズキッ!と痛む。
筋肉の痛みっちゅうより、中の骨から痛んでいるような痛み。

昨日の晩、どっかにぶつけたか?
それとも・・・

  「なぁ、昨日の晩、オレのこと、蹴っ飛ばしてない?」

  「知らないわよ。蹴ってないわよ。」

うーん。
しらばっくれてるのか・・・

  「肩胛骨のところ痛いんじゃ。ちゅと見てくれ。」

  「どうもなってないわよ。」

  「そっか。」

出社するも、背中の痛みは断続的に襲ってくる。
筋肉痛かなぁ。

仕事を終えて、早めに帰宅。

泳ごうかとも思ったんだが、台風2つの太平洋通過に伴う風雨が凄かったのよ。
それは夜が遅くなるほど酷くなるとの予報だったんで、速効帰宅した次第。

帰途、そこここのゴミ箱に壊れた傘が捨てられているのを目撃。
うーむ。
昼間から突風が凄かったのね。

夜は酒を呑みながら、ハギの煮付けを食べる。
うん、この肝のコッテリ感が堪らんな。

高松にいた頃からの大好物であるハギ。
一番好きなのはモチハギを蒸したヤシなんだが、まぁ、贅沢は言うまい。
大体、東京ではあんな立派なハギは獲れんだろうしな。
獲れたとしても、高くて手に入らんしー。


本日の食事。
朝食 お握り2個
昼食 定食
夕食 ハギの煮付け2尾


背中の痛みがきつい。
寝入りばなを何度もくじかれる。

ちゅと泳ぎまくって、精神再注入が必要か。




10/5(木) あ、子供を塾に送るの、忘れた・・ 【徳多和良・かがり火・正直や】
2006年10月05日 (木) | 編集 |
今朝の体重  73.2kg

北千住で朝マック
久しぶりに食べるソーセージマフィン。
やっぱりバンズが美味しくないな・・・

午前中の仕事を済ませて、ランチは徳多和良へ。

本日のランチは「さば味噌煮定食」と「背黒いわし丸干し定食」。
これに、あら汁、小鉢、お新香が付いて¥600。

徳多和良(ランチメニュー)


一瞬迷ったけど、「さば味噌」にする。
お新香は、毎度ながら辞退申し上げる。

徳多和良(小鉢&味噌汁)


徳多和良(小鉢・葉唐辛子


本日の小鉢は、葉唐辛子。
鼻にツーーンと抜ける清々しさが心地よい。

徳多和良(鯖味噌煮)


鯖は小さめのものを丸田に落とした切り身が2つ。
味噌が旨いねぇ。
しょっぱくも甘くもなく。

徳多和良(鯖味噌煮アップ)


徳多和良(あら汁1)


徳多和良(あら汁2)


ご飯をホフホフ食べながら、あら汁をすすり、鯖味噌を頬張るお昼時。
日本人だねぇ。

徳多和良(黒板・前の日のメニュー)


スイマセン、しゃこわさと海老しんじょ頂戴。
あ、これは前の夜のメニュー!?
エェ、知ってますよ・・・・(鬱)

夜は、「かがり火」。
奥の個室を貸しきりにして、久しぶりの振り返り(※)である。

(※)振り返り

    昨年度受講の研修で流行った言葉。
    正式には、過去の経験に照らしつつ、当日得たことを複数名で
    反芻し、共有すること。
    宴席の場で行われることが多いため、単なる宴会を指す場合も
    ある。

店に入った途端、挨拶に来たO店長から、

  「こないだ、Mさんが来られましてね。今度○○さんがいらっしゃ
   るんですよ、ってお伝えしたら、ヨロシク云うといてくれ、言わ
   れました。」

  「ほーなー。Mは酔うとらなんだな?」

  「大丈夫でしたよー。」

ここ来たら讃岐弁で喋れるんが心地えーわー。

徐々にメンバーが集まってくる。
集まった順に生ビールで乾杯。
ジョッキじゃないのが不満だが、女性も多いこのお店では自然とゴブレットになってしまうのもやむなしか。
そういや、すみたもいつの間にかジョッキじゃ無くなったよなあ。

かがり火(おでん盛り合わせ1)


何はなくとも、讃岐おでん盛り合わせ7種やな。
味がよぅ染みとってうまいな。

かがり火(おでん盛り合わせ2)


玉子も好きやし、大根も美味いけど、やっぱ豆腐にとどめを刺すわ。
出来たら、平天が入っとったら嬉しいんやけどのぉ。

かがり火(唐揚げ1)


かがり火のからあげ。これ、黒と白の2種類が盛り合わせになっとる。

かがり火(唐揚げ2)


ふーむ。どうやっとんやろ。
すぐに売れてしもたんで口に入らず。(鬱)

かがり火(サラダ1)


かがり火サラダ。

かがり火(サラダ2)


松の実が面白い。

Mくんが遅れて到着。
全員揃ったところで再度乾杯。

かがり火(著者近影)


彼は職場の若手の扱いに苦慮しているようで、皆、興味津々。
まぁ、どこも似たり寄ったりっちゅうところかのぉ。

ワシはこの辺から、飲み物を「凱陣」に変更。

かがり火(O店主)


Oくんが丁寧に注いでくれる。

かがり火(お酒1)


かがり火(牛すじ1)


牛すじ3本

かがり火(牛すじ2)


これはワシの好みで。(笑)
ホラ、ワシってば、日本で2番目の牛スジ評論家やからね♪

かがり火(天ぷら1)


天麩羅盛り合わせ

かがり火(天ぷら2)


揚げたてですわ。
サクサクホックリでウマイわねぇ。

醤油豆

かがり火(醤油豆)


定番♪

だし巻き玉子

かがり火(出汁巻き玉子)


酒と言えば、これでしょ。

黒毛和牛のすき焼きコロッケ

かがり火(黒毛和牛すき焼きコロッケ)


何故、こんなモノを最後の方にっ!?

かがり火(黒毛和牛すき焼きコロッケ2)


本日もPちゃんの怪しい話しが炸裂して大爆笑。
FBIとか、モサドって何やねんっ!

でも、非常に興味ある話しもあったりして、、、、
楽しい話しを聞いているこっちも楽しくなるが、ちょっぴり羨ましかったりもする41歳。(爆)

またまた、飲み物を「文蔵 原酒」に変えたりしつつ、大いに語らう。

〆は、前回に続いて釜揚げうどん。

かがり火(釜揚げ1)


いやー。
これがウマイのなんの。

かがり火(釜揚げ2)


すみたの釜揚げも美味だけど、かがり火のもウマイ美味い。

かがり火(釜揚げ3)


惜しむらくは、総じてつまみのポーションが小さめっちゅうことか。
もう少し大きくするか、¥50値下げするとか、なんぞ工夫が欲しいもんじゃのぉ。

楽しい2時間半はアッちゅう間。
ちゅと呑みすぎたかもしれん。

同じ社宅に住むNさんと一緒に帰途に就く。

がっ、まっすぐ帰るわけ無かろうがっ、この酔っぱらいがっ!!

   正直やに吸い込まれる2人

そして、地獄の釜の蓋は開いた・・・らしい。(笑)

正直や(煮込み1)



本日の食事。
朝食 シチュー、マクドナルド(ソーセージマフィンセット)
昼食 徳多和良
夕食 かがり火、正直や


何があったのかは分からない。

非常に生真面目かつ紳士なNさんから、翌日届いたメールをここに公開するので、何があったのか、読者は想像するように。

  ○○です

  昨日はみなさんお疲れさまでした。
  今日から○○○○○○ですか・・・頑張ってください。

  ●●●●2軒目のお店「△△正直屋」では
  失礼いたしました。
  多分先に寝てしまったと思います。申し訳ありません。

  目が覚めたら、貴殿も寝てまして、2人とも寝込んで
  お店の人困っていた様子でした。深く反省。

  次回も宜しくお願いいたします。

ふはははは。
本当に、次回もヨロシクしていいのかな?(笑)

ってか、

      正直やにしばらく行けないぢゃん。


かがり火(お酒2)


正直や(煮込み2)



10/4(水)  味濃いぃーーの♪  【大喜・世界の山ちゃん】
2006年10月04日 (水) | 編集 |
今朝の体重  73.2kg

荒川区の某社自販機で、千葉周辺でしか販売されていないはずのMAXコーヒーを発見。

MAXコーヒー


甘かったけど、美味かったー。

お昼は「天神下 大喜」@湯島へ。

新とりそば、新味噌ラーメンは試したので、今日はもりそばにする。
勿論、ランチサービスの小ライス¥50は忘れない。

大喜(小ご飯3)


あれ、こんなに量が多かったっけか?

大喜(もりそば麺)


麺がウマイなぁ。
つけ汁は結構酸味が前面に出てるんで、好き嫌いが分かれるかもね。

大喜(もりそばつけ汁)


しかし、量が多い。
先に出た人のと全く量が変わらないので、デフォである事は間違いない。

大喜(もりそば麺アップ)


ドカ食いしなくなると、やはり胃は小さくなるのだろうか。
最後、危うくご飯を残すところだった。

大喜(もりそば全体)


夜は、「世界の山ちゃん」。

厳かに生ビールで滑り出す。

がっ、すぐに山ちゃんホッピーへ切り替わる。

世界の山ちゃん(ホッピーセット)


それはやがて焼酎ボトルへ育つのであった。(笑)

世界の山ちゃん(トイレの焼酎)


どて煮

世界の山ちゃん(どて煮)


こってりでウマイねぇ。


ゴーヤチャンプル

世界の山ちゃん(ゴーヤチャンプル)


ヘルシー


幻の手羽先

世界の山ちゃん(幻の手羽先1)


これは定番。
どうにも止まらんねぇ。

世界の山ちゃん(幻の手羽先アップ)



うずらフライ

世界の山ちゃん(うずらフライ)


子供の嗜好を持つワシの選択ならではじゃ。


ニラ玉

世界の山ちゃん(ニラ玉)


こらまた、酒が進みますな。


ここで遅れてきた食いしん坊がメチャメチャ注文追加。
しかも、飯モノをふんだんに。(爆)

どて飯

世界の山ちゃん(どて飯上から)


世界の山ちゃん(どて飯横から)


確かに、めちゃめちゃどてとご飯はマッチしますな。


あんかけスパ

世界の山ちゃん(あんかけスパ)


もっとスパイシーでもエェんやけどねぇ。
麺自体はおいしいよ♪


鳥雑炊

世界の山ちゃん(鳥雑炊)


こんなメニューあったんやねぇ。


本日の食事。
朝食 抜き
昼食 大喜(もりそば)
夕食 世界のやまちゃん


2次会で歌舞伎町へ深く潜入。

そこではアンナ事、コンナ事・・あったーでしょー♪





10/3(火)  10t トレーラー並のロングボデー 【ぼたん】
2006年10月03日 (火) | 編集 |

今朝の体重  73.0kg

朝、神宮外苑をウロウロ。

神宮絵画館前の銀杏並木の道ではよく撮影が行われている。

本日はWONDAモーニングショット(仲間由紀恵主演)の屋根が取れるTAXIが止まってました。(写真はCM撮影風景シーンから拝借)

WONDA(CMタクシー)


ふとその後ろを見ると、別のWONDA広告を付けた車が・・・

これなんですけどね。

WONDA(ハマー後ろ)




実は




WONDA(ハマー横から)




         長っ!



次のCMに使うんかなぁ。

ってか、ボディの剛性は大丈夫なんかなぁ。
途中で折れやせんか、と。

夕方に大塚で会議。
その前に、「滅多に来ない大塚だから」と訳の分からない理由を自分に付けて(笑)、おやつラーメンを食べることにする。

    ぼたん@大塚

16時過ぎと云う中途半端な時間なので先客1。(後客4)

店内が広くていいねぇ。
厨房に一人。
厨房とホールを行ったり来たりが一人。

  「ご注文はっ?」

  「ラーメン、ハリガネで。」

  「ラーメン、ハリガネッ、一丁!」

博多ラーメンは出来上がりが早い。

  「ラーメン、ハリガネですっ。」

ぼたん(中華そば1)


おお、ワシの大好きなキクラゲくんがいっぱいで嬉しいではないか。
スープも適度なとろみでウマイ。

ぼたん(中華そば2)


麺は・・・
うーん、まぁ、博多の麺です。(笑)

ぼたん(中華そばヲタ1)


チャーシューもうまいし、いいんじゃないですか?

ぼたん(中華そばヲタ2)


勿論、一玉では足りないのは博多ラーメンの常。
替え玉は必須じゃ。

ぼたん(中華そば替え玉)


できれば、替え玉前提の値付けになってると嬉しいんだが。
ラーメン¥500、替え玉¥100ってぐらいがイメージかな・・・

大塚の夜の誘惑を断ち切って、さぁ、泳ぎに行くぞッ!


  300m×1本
  プール全体休憩
  5700m×1本、50m×2本

  
   本日の合計距離    6100m
  10月の総泳距離    12.8km
  H18総泳距離    410.4km
 H15/5~総泳距離 1795.0km
  今朝の体重       73.0kg
 プール後の体重      71.8kg


もうちょい泳げたんだが、タイムアップ。
平日はある程度混んでるからしゃーないな。

今月は泳ぐでー!


本日の食事。
朝食 パン
昼食 定食
おやつ ぼたん
夕食 牛すじ、かぼちゃ、トマト。牡蛎フライ


今日はハートランドを買ってみました。

ハートランド♪


牡蛎フライが出回る季節になりましたなぁ。

子供の頃、カアチャンがたくさん揚げてくれて、本能のまま10個ぐらい一気に食べたら気分が悪ぅなったことがあったわ。(笑)

過ぎたるは及ばざるが如し、やね。