呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
5/31(水) 目標達成!!
2006年05月31日 (水) | 編集 |

今朝の体重75.0kg。

5月27日に月間総泳距離94.5kmをマークして、100kmまであと5.5kmになったのに、足踏みすること3日間。

総泳距離で100kmっちゅう壁をぶち抜けば、またワンステップ、ステージを上がれるような気がするんや。
41歳で月に100km泳ぎました!って言えるん、なんかエェやろ?(笑)

  3000m×1本
  プール全体休憩
  2700m×1本、50m×2本

   本日の合計距離    5800m
  5月の総泳距離    100.3km
  H18総泳距離    209.5km
 H15/5~総泳距離 1644.1km
  今朝の体重       75.0kg 
 プール後の体重      73.6kg 

思ったより混んでましたね。
でも、イラつかずに全体のペースに併せて泳ぎました。


      目標通り、月間総泳距離100km達成♪
水泳を本格的に再開して37ヶ月目にして初めての大台マークです。
1日当たり3.235km、毎日泳いだ計算。
我ながらよく頑張った結果だと思う。

おかげでベルトは弛みっぱなし。
昨年買ったスーツもパンツもベルトを締めるとウエストの布地が余りまくってシワになってしまう。
お尻の辺りもかなり肉が落ちた。
新しいの買わなきゃ。

とは言え、今日で努力が終わりっちゅうわけではない。
170cm足らずで73kgオーバーなんて、間違いなく


              デブ


見た目も大事、数字も大事。
なにより、自分に甘いヤツと思われたくない。

とは言え、今日ぐらいはささやかにお祝いをしよう。(←いっつもお祝いしてる癖に)

読者の皆様。
水泳って、エェですぞぉ♪


        No swim,No life.


本日の食事。
朝食 お握り2個
昼食 大盛りざるそば
夕食 豚冷しゃぶ、刺身、ほうれん草おひたし

6月は少し抑えめに泳ごう・・・・


スポンサーサイト

5/30(火) シアワセは最寄り駅を超える 【徳多和良・すみた】
2006年05月30日 (火) | 編集 |

今朝の体重74.6kg。

午前中に北千住での打ち合わせ後、「徳多和良」でランチ。

本日はメインが「鯖の味噌煮」もしくは「刺身丼」の2種類。
これに鱧のアラ汁、小鉢、香の物が付いて¥600なのである。
お安い。

香の物を出してくれようとする女将さんに

   「あ、ボク、お新香は要りません。スイマセン。」
   「そうだったわね。」

大将が小鉢から出してくれる。
葉唐辛子の酢漬け
徳多和良(葉唐辛子)

甘酸っぱいツユに浸った葉唐辛子はピリリと辛い。

続いて、刺身丼。
徳多和良(刺身丼)

ご飯の上にタップリの刻み海苔が敷かれ、たくさんのカイワレをまぶした上に切り出した各種お刺身が10切れ以上並ぶモノ。
徳多和良(刺身丼2)

個人的には、白身ばかりだったのが超嬉P。

最後に鱧のお椀が出される。
徳多和良(鱧あら)

鱧の卵がちびっとこば入っていますた♪

魚の身がイカッていて、その歯触りが堪らない。
おいしいねぇー。

しかし、前日の夜のメニューは目の毒ぢゃ。
徳多和良(メニュー)

かますの塩焼き食わせろ!
鯨の心臓刺し食わせろ!

          ムガーッ。

夜は雨がそぼ降る中、「すみた」へ向かう。
今日は先日代理購入したNintenndo DS liteの引き渡しの日なのだ。

到着すると、すでに購入者のSさんが居た。
早速、DS liteを代金と引き替えにお渡しする。
Sさんと会うのは何時以来だろう。
つもる話しが弾む。

おでん盛り合わせ、かしわの天ぷらを突きつつ、呑むビールはうまい。
すみた(かしわ天)

Nさん、Kさんが到着し、メンバー勢揃い。
近々に迫ったうどんツアーの話しで盛り上がりたいところだが、如何せん、まだお店の選定が全く進んでいない。
っちゅうか、チケットの手配すらままならぬ、パパならぬ。
すみた(野菜天)

すみた(野菜天2)

野菜天ぷらをつつく間に、いろいろオーダーしたようで、続々とつまみがやってくる。
んな中、これから遠方まで帰らねばならないSさんは一足お先にナメコおろし冷やを食べて退出。
すみた(なめこおろし)

すみた(なめこおろし2)

入れ替わるようにやってきたHさんが空いた席に座る。
すみた(焼き味噌)

すみた(半熟玉子天)

すみた(半熟玉子天2)

すみた(牛すき煮)

焼き味噌、牛すき焼きもおいしい。
半熟玉子天は上品すぎるくらいなお味。(値段も上品)
でも、ワシは一番おでんの牛すじが好きかなぁ。
後、平天とな。

凱陣を数杯飲み干し、いよいよ〆のうどんを頂く。
したたかに酔っぱらったワシは毎度の肉うどんをチョイス。
すみた(肉)

うむ。
冷たいうどんもいいが、この肉の甘みが溶け出して渾然一体となったダシがたまらんのぅ。
スルスルとうどんをすする。
すみた(かしわおろし)

すみた(かけ)

アレ?Hさん、それなに?

  「ミニカレーうどんです。麺が残ってれば、やってもらえることもある
   かも?って云うメニューですよ。」
  「何とかっ!大将、ワシも欲しいっ!」
  「どうかなー、麺あるかなー。(笑)」
  「殺生な。作ってぐでー。」
  「大丈夫です、ありますよ。」
すみた(カレー)

いやー、うまいです。
ってか、いつから揚げが刻みになったんかのぉ?
前は甘いお揚げさんがドーーンと乗っかってたような記憶があるけどな。
すみた(カレー2)


すみた(店内)


本日の食事。
朝食 抜き
昼食 徳多和良 刺身丼
夕食 すみた

今日は2軒目にはしごする気も起きず、まっすぐ東十条へ。
同行者共々、目が覚めたところは鶴見。(笑)
慌てて逆方向へ乗り換えたら、神田。(爆)
ほんで、またまた逆方向に乗り換えたら・・・・



5/29(月) アイン・プロイジット!! 【ドイツフェスタ・立ち飲み屋・博多天神】
2006年05月29日 (月) | 編集 |

今朝の体重74.4kg。

先週25日からだったかな?
日比谷公園の一角で「ドイツフェスタ」が開かれているのだ。

ドイツと言えば、ビールとブルスト。
ビール有るところに、Nっ子有り。
ひばり屋食堂(その3)

かつて、本場のオクトーバーフェスタに単身乗り込み、屋外テントで大和魂を遺憾なく発揮して飲み干すジョッキは

        11杯。

あ、勿論、1杯1リットル入ってますから、あちゃらのは。
つまり、

        11リットル

この男、北海道は札幌麦酒園へ初めて行った(しかも、接待で)時、飲み放題メニューに無い“北海道ビール”を所望した挙げ句、中ジョッキとはいえ、呑みましたよ、

        25杯。

あ、こちらのは1杯500mlですから。

        12.5リットル

増えとるがな。
その後、ホテルのドリンクバーを空っぽにしたとか・・・・
無論、行き着く先は

          痛 風

素晴らしきかな、その響き。
痛みは天下にとどろき、涙は滝のように目から落つる。

こんなヤシと「ドイツフェスタ」に行こうってんだから、ハハ、呑気だね。>ワシ
ビール2

いやー、ビール旨かったッス。
でも、

         高かったッス。

散々呑んで、トイレへ行く途中、大名行列の一団に出くわす。

   「社長でございます!」
   「APAの社長でございます!」

あんだっ!? APAの社長って、あの人!?

おおっ、本当に歩いとるがなっ!
取り巻きのオサーンに声を掛ける。

   「社長と写真なんて撮れるのでしょうか?」
   「結構でございます。携帯ですね?」

社長が筆者に寄り添い、ピースサイン♪

   「ほら、お兄さんもピーースッ!」

オサーンに促されるまま、慌ててピース。

   「お兄さん、携帯だとボケちゃうねぇ。」
   「あ、いいです。」
社長

うーーーむ。
我ながら、「酔っぱらいは無敵だ」と思う。(笑)

Nっ子と別れ、1人新橋まで散歩。
烏森口のキムラヤ脇を入り、立ち飲み屋を探索。
何軒か有る中で、以前行ったところに吸い込まれる。

店の名前は不明。
龍馬とか金魚とかの近所。

カウンター内側には若い大将と外人さんの2人体制。
升酒を頼み、鱧湯引きでスタート。
んで、甘エビとベビー帆立の紹興酒漬けを追加。
鱧湯引き

帆立と甘エビ

甘エビ

帆立

いやー、単品ではウマイッ!
うまいけど、紹興酒漬けをアテに日本酒を呑むってどうなの?(笑)
しかも、升がちゅと臭うし。(鬱)
升酒

他のお客さんとも和気あいあいで盛り上がる。
そこでワシは、件のチケット(26日分参照)を取り出す。

  「阪神のチケットいる人――!」
  「おーーー、欲しいーーー。いつのー?」
  「明日―――」
  「明日ですかー、行けそうかなー。」
  「行けそうかもーー。」
  「行ける行ける♪」
  「でも、1枚しかないよーーー。」
  「1枚でも貴重でっせーーー。」
  「場所はどこなのーーー?」
  「甲子園」

         シーーーーーーーン

  「間違いなくプラチナチケットだけど、明日の甲子園・・・・」

残念ながら、チケットは掃けませんでした。

本日の食事。
朝食 おにぎり1個
昼食 串カツ定食
夕食 ドイツフェスタ@日比谷、立ち飲み屋
   ラーメン+替え玉@博多天神

帰りがけに博多天神でフィニッシュラーメン(替え玉有り)をキメて表へ出たら、さっき立ち飲み屋で知り合った兄やんとバッタリ!!
博多天神


  「さきほどはども。」
  「ども。」

リーマンは考えてることが同じだ。
ちなみに、体型も同じ小太りだ。(鬱)





5/28(日) 夢破れてサンガリア 【ラーメン二郎高田馬場支店】
2006年05月28日 (日) | 編集 |
今朝の体重72.8kg。

朝から小学校へ向かう。
先生方はすでに全員集合。
一応、屋内の部屋にシートを張る。

で、帰宅した途端に「本日の運動会は中止。明日に順延。」との連絡が入った。
ほらー、やっぱ今日の方が雨がジャンジャカ降るっつったじゃん!

再び学校へ行き、屋内シートを撤収。
屋外の雨ざらしシートは放置。
明日も使うだろうから。

明日は仕事で運動会は見られない。
従って、下の子供のリレーも見られない。
悔しいし、残念だけど、天気が理由じゃしょうがないな。
来年もリレー選手に選ばれるように頑張ってね。
あー、他の踊りとかも見たかったなぁ・・・

ちうことで、朝一ジャスコである。
いろいろ買い物する中で、今日のお昼ご飯も買い込む。

  そう、今日は野球観戦@インボイス(西武)ドームなのだ♪

新宿まで行き、西武新宿線に乗り換える。
久しぶりに乗ったな、西武新宿線。
いつ以来だろう。
10年以上は乗ってないなあ。
車内で、西武線の路線図を眺める。
西武は池袋線と新宿線しか無いと思っていたんだけど、すごいたくさん路線が有って、それらが複雑に絡んでるのねぇ。
勉強になります。

高田馬場駅から太ったリーマンがフゥフゥ言いながら乗ってきた。
で、網棚に上げた荷物から猛烈な悪臭が漂い始めた。
キムチを剥き出しでビニールにつっこんでいるかのごとき刺激臭。
臭いっ。鼻が曲がりそうだ。
キムチ嫌いのワシにとっては、もう世の中を儚みたいくらいツライ。

このクソトトロ野郎!って、もう寝てやがるYO!!
どっかでキムチ捨てたろか!

おかげでしばらくの間、ワシにとっての西武新宿線のイメージは「キムチを提げた大トトロ」にケテーイ♪(鬱)

小平で西武遊園地行きに乗り換える。
そして、終点西武遊園地から、もう一回乗り換える。
その電車は、ゆりかもめみたいに、線路じゃなくて道路上をガタガタ走るモノでした。

んで、ついにインボイス西武ドームに到着。
ドーム1

ワシのカバンの中には掟破りの缶ビール4缶、缶酎ハイ2本が入っている。
まずは、冷静に自己申告して、缶一本を紙コップに移して貰う。

紙コップ片手に席を探すのだが、非常に分かりづらい。
ちゅうのも、座席ゾーン後ろの通路に陣取る方々がたくさん居るため、座席ゲートナンバーが隠れちゃっているのだ。
勿論、初めての球場ゆえ、ワシが不慣れなことも大いにある。

何とか席に辿り着き、早速1杯目を飲み干す。
おっと、試合前の国歌斉唱だ。
無論、立ち上がって大声で「君が代」を斉唱。
ドーム2

ドーム3

最近、国歌を「歌え」だ「歌うな」だ、いろいろかますびしいが、強制はどっちもイヤだね。
ただ、教育の現場では「国家」とか「国歌」をしっかり教えて貰いたい。
会得した上で、個人の判断で受け入れる也、受け入れない也すればよろしい。

  ワシは、「君が代」を国歌と思い、「国歌を歌えない国民はアホ」と
  思っているので歌います。「君が代」じゃなくて、「ふるさと」が国
  歌になれば、それを歌います。

「闘魂込めて」が国歌になったら、国外逃亡します。(爆)

唐揚げ食べて、お酒を貪り、応援バットでポカポカ応援。
ツレのゲルハルト・ベルガー(仮名)が到着した頃には、筆者は少々酩酊気味。
ゲルハルト・ベルガー(仮名)(以下、“ゲハ”とする)は早速次々とビールを購入しては呑む、しかも、可愛い女の売り子に的を絞って、と助平オヤジぶりを遺憾なく発揮しておる。
ビールおやじ1

喜ぶオヤジ

ビールおやじ2

ビールおやじ4

ビールおやじ3

おやじムヒョー

球場内のビールは一杯¥700。
で、量的には350ml程度しか入らない。
んだから、10杯も呑む羽目になるのだ。

      ¥7000

でも、事前に買っておけば¥1500くらいで済むのだよ。
貧乏なワシは持ち込み、金持ちなゲハは現地で購入。
いつかはなりたい、金持ちに。
イツカハノミタイ、ナマビール。
風船だ!

野球? ああ、サヨナラ負けしましたが何か?(鬱)
見事な久保田劇場を見ましたYO!
試合終了

帰りは西武池袋線を使う。
激しい尿意を催したゲハは途中で降りていきました。
さぞかし、大量の尿を放出したことであらう。

ワシは1人池袋まで爆睡。
んで、乗り換えて高田馬場で途中下車。
お腹が減って仕方が無いので、ラーメン二郎高田馬場場支店へ向かう。

日曜日の夜だが、10人近く並んでいる。
正月に来た時は店内~店外へ向けて並んでいたが、店内の地下室へ向けて列を伸ばすようになったみたいね。
豚入りラーメンの食券を買い、導かれるままに店内に並ぶ。

着席し、自分の番が来た。

  「ニンニク入れますか?」
  「野菜カラメニンニク唐辛子。」
二郎1

見た目の迫力に欠けるものの、そこは二郎。
この野菜の下にどんだけの麺が隠れているかは店主のみぞ知るのだ。
二郎2

スープ。 何か三田とも目黒とも川崎とも違う独自の味。
豚。 高田馬場名物ほぐし豚。 ま、1軒くらいこういう豚を出す店があってもよかんべ。
麺。 そこそこウマイよ。自家製ならではの個性がある。
それよりも、唐辛子がメチャメチャに辛い。
デブ汁が噴き出してきて困ったアルよ。
二郎3

いやー、いいんでないの?
お腹イッパイで満足♪

本日の食事。
朝食 牛丼並玉子
昼食 唐揚げ、コロッケ、アメリカンドッグ、ビール4本、酎ハイ2本
夕食 ラーメン二郎高田馬場支店 小豚野菜カラメニンニク唐辛子

今日は結局昼前くらいからよく晴れました。
運動会も午後からならやれたかな?
ま、こういうこともあるってこって。

野球?
あ、運動会が開催されたらブッチするつもりでした。



5/27(土) 東京の中心で讃岐弁をおらぶ 
2006年05月27日 (土) | 編集 |

今朝の体重74.4kg。

今日は下の子の運動会。
でもね、雨が降ってます。
予報は・・・雨。
特に午後から雨。

雨だと明日に延期だけど、明日はもっと降るらしい。
そうすると、月曜日に延期。
でも、今日ちゅとだけでもやったら、その続きは火曜日らしい。
この変則日程の意図や如何に?

ちうわけで、朝の6時50分に場所取りに並んだわけですが、霧雨は7時過ぎに大雨に変わるだ・ろ。さいでんなー、ほーでんなー♪(パクリ)
張り紙

隣のお父さんは、「早く傘持ってこいっつってんだろがっ」と携帯で絶叫しておられます。

7時半開門と同時にダッシュしましたが、広げるシートの上にそそぐ雨の音。諸行無常の響き有り。

朝食食べに「追分蕎麦」へ。
一瞬悩むが、“胡麻ダレ蕎麦”を食べる。
追分蕎麦

ま、可もなく不可もなく。
立ち食いなんで、蕎麦の風味が胡麻で消し飛ぼうとも気にならな~い。

帰宅して嫁はんと相談。

   「ありゃ、中止かもな。でも、明日はもっと条件悪いぜ。」
   「とりあえず、9時過ぎには行きましょ。」
   「今日はちゅとだけやって火曜日に続きってところか。
    オレ、月曜日は午後に用事があるから休めねーよ。」

とりあえず学校へ。
うーーむ、ワシのシートはダダ濡れじゃ。
あそこに座ること自体、罰ゲームと化しておるわ。

別に持ってきたシートを建屋内空きスペースにご開帳。
これでとりあえず、昼ご飯食べる場所はゲトー♪

嫁はんはママ同士で、あーでもないこーでもないとお話中。
ワシは少しだけ顔見知りのオッサン同士で

   「こりゃ、今日は無理っぽいですかな。むひょーっひょっひょ。」

そこへ連絡が入った。

     本日の運動会は中止。 明日に延期。

あ、某串揚げ一家だ。(爆)

   「ちょっとー、やっぱ明日に延期ぢゃんよーー!」
   「ちゅと待ちなさい。今日に少しだけでも競技をやれば、続きは火曜日と
    言うたのじゃ。まるまる延期なら明日なんじゃな、ウン。」

ここからまた一騒動。
屋内のシートは撤去するのか。
屋外のシートはどうするのか。

結局、屋内は撤収して、屋外は放置のまま帰宅。

遠路来てくれた義父母を交え、16時過ぎまで遊ぶ。
ここでも先日購入したNINTENDO DS Liteがご活躍だ。

その後、義父母を車で駅まで送った後、ジャスコへ行き、お酒類を購入。
自宅地下駐車場で嫁はんに荷物を引き渡して、プールへ直行!

ロッカーで着替えていると、どっかで見た顔が・・・

   「美輪さん!?」
   「誰が美輪さんやっちゅうねん。」

いや、高校の水泳部の先輩ががががががクガクガクブルブルブル。

   「○○さん。」
   「おっ、なんしょんや、アンタ。」
   「いや、○○さんこそ、何故ここに?ここ、大的場(※)ちゃいますよね。」
   「アホか。なんな、泳ぐんな?」
   「エェ、これからですが。○○さんは?」
   「これからじゃ。一緒に泳ごかのー。久し振りにアンタの泳ぎ見せてもらお
    うかいのー♪」
   
   ※大的場:その昔、高松市内唯一の公共温水プールが有って、冬に各校水泳部
        が集う場所であった。

   「アンタ、どれぐらい泳っぎょんな。」
   「いや、今は結構泳いどります。太ったんで。」
   「ほーなー。どれぐらいなー?」
   「○○さんこそ、あんまり体型が変わっとらんですけど、何秒くらいです?」
   「アンタは?」
   「いや、去年、区の水泳大会出たんですけどね。ブレストの100mで1分半
    切るんがやっとでした。」
   「やるでないなー。1分半切るんやったら上等じゃがな。」

  讃岐弁丸出しの会話でスンマセンなー。

   「○○さんはどれくらいで泳げるんです?」
   「今はなー、遅ぅなってもぅて、クロールで50mで28秒は切れんなー。」

  めちゃめちゃ早いんですが・・・アンタ、42歳か43歳やろ・・・
  38秒切れないなんて恥ずかしくて言えない。

   「ほんだら、好きに泳いでいた。ワシのことは気にせんでエェけん。」

いつものようにスタート。
んでも、ただでさえスタート最初は筋肉がほぐれてないから固い泳ぎなのに、先輩が後ろに居るかと思うと緊張して変なところに力が入ってうまく泳げんがーーーっ。
何せ、一緒に泳ぐんは24年ぶり(!)。

それに人の足の裏を触るんヤメーーーイ!!(笑)

   「スマンスマン。前に足が有ったら、触らなイカンかなーーと思てしまうんや。」

近々、麻布辺りで呑む約束を交わして、○○さんは上がって行きました。

   「ワシは1kmも泳いだらアップアップじゃ。アンタ、頑張りまいよ。」

先輩の体型維持の努力、しっかと見据えました。
くそー、後10kgは痩せたいのぉ。


  6200m×1本
  50m×2本

   本日の合計距離    6300m
  5月の総泳距離     94.5km
  H18総泳距離    203.7km
 H15/5~総泳距離 1638.3km
  今朝の体重       74.4kg 
 プール後の体重      72.4kg 


今日で今月は94.5km泳いだ。 
100kmまで後5.5km♪
しかも体重は72.4kg。
やはり、目標を固めてそれに向かって邁進すれば結果はついてくる。

    目標、実行、結果、喜び

おまけに自信も付いてくるから、云うこと無し♪
んでも、オーバーエクササイズ気味だから明日は体を休めようっと。

本日の食事。
朝食 ゴマだれ蕎麦
昼食 お弁当
夕食 お弁当の残り

夜にCATVザッピングしてたら、通常は土曜日にやってないはずの「吉本新喜劇」がGAORAで始まるところ。
アレ?と画面で番組表を確認したら、何と「小藪千春」クンの新座長就任特別放送やんかー。
1時間半?2時間?だかの特別編成で、前半が「新座長就任記念公演」で、後半が座談会。
笑いすぎで腹筋が痛ぅなりましたわ。
焼酎

内場クンと未知やすえサン(実生活でも夫婦)のやりとりは秀逸やね。
内場クン、実生活でビールをあんまり呑ませてもらえんらしい。
で、隠れて缶ビール呑むんやけど、開ける時に“プシュッ”って云う音を誤魔化すために、音に合わせてクシャミをするらしい。

新喜劇の座長なのに、そこまでの涙ぐましい工夫。
ちゅと、内場クンが身近に感じられるワシでした。(爆)


5/26(金) 旦さん、オールナイッ! 【高はし・元気再生・湯浅】
2006年05月26日 (金) | 編集 |
今朝の体重75.4kg。

午前中は他でお仕事。
んで、埼京線で職場へ帰ることに。

  「○○さん。どっかでお昼行きませんか?」
  「んー、そうですねぇ。赤羽行きますか。」
  「赤羽のどこですか?ラーメンですね?」
  「うん、私はラーメン以外に能が無い男ですから。」
  「ハハハ。そんなことはないですよ。で、何処ですか?
   私も一応地元方面ですから詳しいですよ。」
  「麺 高はしです。」
  「・・・・うーん。知りません。そこ行きましょう!」
  「こういう機会でも無いと、なかなか食べられない敷居の高いお店です。」
  「それは?」
  「営業時間が短く行列が長い。んで、フライングで食べに来るリーマン
   も多い。」
  「今なら大丈夫そうですね。早く行きましょう。」

11時40分に到着すると、店頭には6人ほどの行列が!
ウーム。 皆、仕事しろよ。(←オマエモナー)

「割り込みはダメ」とか「一万円札はダメ」とか、至極真っ当な事をわざわざ書いて張り出してある。
ま、後者はお客さんだけに求めてもしょうがない気もするが。

店頭で悩む。
味噌だれっての、何だろう。
ま、いいや。ここは麺が旨かったから、麺大盛りは必須だな。
肉はどうすっかな。
肉入りにするか、半肉入りにするか・・・

席が空いたので、順次入店。

   「ご注文どうぞー。」

向こう向いたまま注文を取る店主。

   「つけそば大盛り半肉入り」
   「はい。」

店内は静かだ。
ラジオの音だけが響いておる。

   「はい、どうぞ。」
高はし(セット)

ん?前食べた時は肉がスープから顔を出していたが・・・

   「半肉入り・・・ですよね?」
   「ハイ、そうです。」

かき混ぜたら、スープ下にたくさん入ってました。
あ、もしかしたら前の時は“肉入り”を食べたんかもしれん。
高はし(つけ汁)

で、食べ始めると、ウマイがなっ。
やっぱりウマイがなっ。ウーーーマイ・ガッ!!
高はし(麺)

気持ち、つけダレが薄くなったような気がするが、コクは十分。
刻みタマネギを無料範囲の3匙だけ投入し、食べ進む。
いや、ウマイです。

最後にスープ割りしてお仕舞い。
相変わらず、「麺のウマイ」お店でした。
素晴らしいですね。

夜は、上司の異動祝賀会になるはずが、紆余曲折の末、田町で呑むことに。
明日は運動会の場所取りで朝早いから帰りたいけど、人待ち故、ままならず、パパならずもの。
いやさ、野球のチケットの受け渡しなんだけどね。

相手は夜の21時過ぎを指定してきたので、まずはプールへ向かう。

  1750m×1本
  プール全体休憩
  4450m×1本、50m×2本

   本日の合計距離    6300m
  5月の総泳距離     88.2km
  H18総泳距離    197.4km
 H15/5~総泳距離 1632.0km
  今朝の体重       75.4kg 
 プール後の体重      74.6kg 

昨夜は暴飲暴食したわけでも無いのに、今朝、体重が大幅リバウンドしていてビクーリしたのよ。
ちなみに、このプール後の体重は呑んで帰宅した時のモノ。
如何に、プールで汗を絞ったかが分かるでしょ?

おーし。
今日6.3km泳いだから、目標値100kmまで後11.8km。
平均でも6kmいらんっちゅうこっちゃ。
後6日で2回泳ぎに行けば、目標値クリアーやね。
トラブル出動とかが無ければイケルやろ。

プールを出て、三田へ向かう。
どこで時間調整するか、悩む。

ってか、三田の学生街にいつの間にこんなにリーマンが溢れるようになったんだ!?
真っ直ぐ歩けやしないよ。
慶応の学生さんなんか、どこにいるんだろ?

千鳥足のリーマンをよけながら歩く。
で、前から気になっていた立ち飲み屋に飛び込む。
三田図書館から京浜15号へ抜ける道にある「元気再生酒場」。

店にはいると、入り口付近で呑んでる人に見覚えが・・・
あ。
1000円カットのお店のオーナーぢゃん。(笑)

それはさておき、奥へ進んでビールとレバ刺しを注文。
レバ刺しのタレを聞かれなかったのでいぶかしんでいたら、生姜とニンニクの両方が付いてきたわい。
元気再生(レバ刺し)

醤油をチラリと垂らして舌鼓。うめぇー。

  「和牛ハラミの塩とシロタレ。」

元気再生(牛串、シロ)

ハラミは本日のサービス品。
ギュギュッと噛み締めた時の肉汁がたまらない。
何度も噛み噛みしたくなる味。

シロも期待以上においしい。
んでも、シロは醤油で食べても良かったかな。

隠してあった焼酎を飲ませて貰う。(笑)
だって、目の前の棚においてあるんだもん。
お値段は店主の言い値だけど、かなり安かった。ってか、それでいいのか?

追加でミノ串と特製つくね。
元気再生(つくね)

元気再生(ミノ)

いやー、ヤヴァイ。
ここで仕上がっちゃうよ。

そこへ待ち合わせ相手から連絡が入った。
落ち合って、再び慶応仲通りへ向かう。

途中、たけちゃんをひやかす。

  「明日の場所取り、どうすんの?」
  「友達んところが取ってくれるのよ。」
  「でも、雨やね。」
  「日曜日はもっと降るらしいからどうなんのかねぇ。」
  「あれ?延期は火曜日ちゃうの?」
  「何、それ?」

と奥さんとワイワイやってたら、

  「それより、今日はお客なの?」
  「いや、どうでしょー。又来るわ!ほんだら明日。」
  「(一同ドテッ)ほな、またなー。」

お店に入って、呑まない失礼な客。いや、そんなん客ちゃうな。(笑)
それが私です。(エッヘン)←アホ

連れだって「炭火焼き 湯浅」へ入る。
だって、さっき肉喰ったから、どうしても魚がイイんだもーん。

生を一杯飲んだら、即日本酒、焼酎へ切り替える。
湯浅(鱧落とし)

鱧の湯引き(関西では“落とし”と云う)

湯浅(貝)



他にも少しだけ食べますた。
で、四合瓶を1本開けたところで、ツレが飛んでもない事を言いだした。

  「○○○よ。」
  「なんだい、ブラザー。金の相談以外なら無料で聞くぜ。」
  「いや、金には困っていない。いや、困っている。どっちやねん。」
  「で、なんだい。」
  「実はな。1升瓶を頼もうかと思うのだが。」
  「おお、それはいい考えだ!

       って、どアホウ!!

   今、何時だか分かっているのか。しっかりしろ、ブラザー。
   チミはもう5合近く呑んでいる。
   いや、ブラザーが酒にだだ強いことは分かっているさ。
   底の抜けた柄杓、中国に注ぐODA、官僚の無自覚。
   どれをとっても、チミの胃袋同様、ダダ漏れ・DA!!」
  「チチッ、ねぇ、お姉さん。一升瓶無いですか?」
  「4合瓶になるんですよぉ。」
  「ほーれ、みたことか。オマエはすでに酔っている。」
  「○○○―――。オレ、帰りたくねぇんだよーーー。」
  「ハイハイ、オレも帰りたくないでーす。さ、帰るぞ。」

本日の食事。
朝食 おにぎり1個
昼食 麺高はし
夕食 再生酒場、湯浅

そういや、タケから、

  「お、そうや、阪神ファンやったな!これ、やるわ。
   絶対行かなアカンでぇ。な、ほら。」
  「え、マジ!って、

     これ甲子園の試合やないかい!!
阪神チケット

   しかも、平日やん。・・・・行こうかな。」
  「行ったってや。お客さんから渡されたねん。」

受け取ったはイイが、やっぱ行けるわけないな・・・。


5/25(木) 17時のおやつ 【卯の香】
2006年05月25日 (木) | 編集 |

今朝の体重75.4kg。

今日はホントに何も無かった。
普通に仕事して、かと云って残業するほどではないので、定時に退社。

途中、「卯の香」に立ち寄って、かけうどん(冷)¥180を食べる。
卯の香(その1)

相変わらず、ブリンブリンのネヂネヂうどん。
ダシの加減もなかなか良い。
ただ、茹で立ちが食べたいのぉ。
卯の香(その2)


本日の食事。
朝食 おにぎり2個
昼食 定食
おやつ 卯の香 冷たいかけうどん
夕食 自宅

吉本新喜劇見ようと思ったら、野球が23時まで延長されて潰れてしもた。
畜生。




5/24(水)  全部、いい想い出
2006年05月24日 (水) | 編集 |

今朝の体重74.4kg。

今日の天気予報は、夕方から大荒れとの予想。
プールへ行くつもりだったので、早々に退社。
駅へ向かう間は降られずに済んだが、電車を降りる頃には、天の底が抜けたかと思うくらいの大雨。
駅舎の天井が、ズダダダダーーーーン!と轟音を立てている。

駅のコンコースを抜けると、雨宿りのリーマン達が多数外を見やっている。
プールは駅から数分なので、気にせず出陣。
がっ。

   叩きつける雨の跳ね返りで、ズボンはみるみるうちにずぶ濡れ。

ひやーー、参った。
雨というか、白いカーテンみたいになってるんだもん。

プールの天井にもダダダダーって音が響いておりました。

  1300m×1本
  プール全体休憩
  5000m×1本、50m×2本

   本日の合計距離    6400m
  5月の総泳距離     81.9km
  H18総泳距離    191.1km
 H15/5~総泳距離 1625.7km
  今朝の体重       74.4kg 
 プール後の体重      73.8kg 

今日も結構距離を稼げた。

100kmまで残り24.5kmでのぞんだ今日のプール。
今日6.4km稼いだんで、後は18.1km。
どっかで6.1km泳げば、後は6km2回で100km達成やな。
後、1週間頑張ろう。

今日みたいな底が抜けたような雨って、高松では度々経験していた。
香川県って普段は雨が降らないけど、時々激しい夕立が降ったのよ。

プールで練習してる時の夕立。
水面を激しく雨が打ち、プールの生暖かさと雨水の冷たさの対比。
BGMが少ない中、ザザザザーーーッと云う雨の音。
なんか凄い不思議な感覚だった。

他の部は、慌てて撤収したり、部室に雨宿りする中、もくもくと練習する水泳部。
「おらー、気合い入れて泳がんかいっ!」っちゅう先生の声もかき消されようかと云う轟音。

「水泳部は雨にやか負けんのじゃ!」っちゅう妙な自己陶酔。

すぐに雨は止み、戻ってくるいつもの静寂。
他の部は練習中止で引き上げ、水泳部のみ練習。
イベントは終了したのに、ウチだけ苦行させられているような「負けの感覚」。

プールから上がると、雨ざらしの自転車はピカピカになっている。
薄暗くなりつつある家路を進めば、どこからともなく聞こえてくるラジオの音。
「田淵、打ったーーー。これは大きい!入るか入るか?」

  「ただいまー。」
  「お帰りー。遅かったなー。先にお風呂入りまい。」
  「遅ぅないでー。あのの、今日、学校でのーー。」

深夜ラジオを聞きながら勉強する夜。
明日も今日と同じ楽しい日が来ると思いながら。

あの頃は、成りたいモノも無く、ただ水泳をしながら、成績を上げることにのみ頑張っていた。
授業中はマンガを読み、友達と遊び、ちゅとだけ恋もしていた。

今のワシは、これでエェのか。
今のワシは、全力投球しているのか。
今のワシは、かってのワシが目指したモノに近づいているのか。

本日の食事。
朝食 おにぎり2個
昼食 タンタンメン
夕食 ブリ刺身、空豆、焼き鳥

結婚して、子供も出来て、生活に困らないだけの収入があって、借金も無い。
それなりに、それなりの人生を送っているのかな。

でもね。
もうちゅとやれるんちゃうかな?って思ってるんですわ。
自分に期待するワシ。

    Keep on Challenge!!

41歳はまだまだ若いで。



5/23(火) チータに憧れる  【包丁や・たけちゃん】
2006年05月23日 (火) | 編集 |

今朝の体重75.2kg。

昨夜のご乱行がたたって見ての通りのリバウソド。
またゆっくり落としていくさ。

それよりも、朗報が。

   下の子が運動会のリレーの選手に選ばれたのだ!

おぉ、我ら鈍足夫婦からそんな俊足の子が産まれるとは思わなんだ。
当日が楽しみである。 頑張れ!!

思い起こせば、忘れようにも忘れられない、あれは確かにいつだったか。
中学校だか、高校生だったか。
ワシは50mを6.7秒くらいが最高だった記憶が。
クラスでは真ん中ちょい上くらいで、リレーに選ばれるなんて夢のまた夢。
ただ、持久走は得意ですた。

お昼は品川の豚カツ屋「勝泉」でロースカツ定食。
勝泉

ご飯のお代わりが無いのかな?とか云ってたら、凄いボリュームで少しご飯を残してしまいました。
カツの半分はソース、半分は塩で食べたから、塩分取りすぎだな。

午後は、とある会合。

んで、品川駅前の「包丁や」で打ち上げ。
激安チェーンで品川、田町、浜松町地域に展開する居酒屋チェーン「包丁や」。
包丁や(串焼き)

包丁や(厚揚げ)

包丁や(刺し盛り)

ボリュームもあるし、安いし、使い勝手がある。
そして、イマイチやる気のみられない店員もこういう店には付きものである。(笑)
しかし、決して「やる気がないわけでは無い」のだ。
呼べばすぐに来るし。メニューは頭に入ってるし、かなりの手練れである。

  でも、表面上のやる気は見られない。(爆)

駅で解散し、1人田町へ向かう。

で、「たけちゃん」へ。
久しぶりになる。

  「レモンサワー頂戴。お、新顔やな。」
  「○○の後輩の知り合いだってさ。」
  「へー、頑張れよ。先輩みたいになるなよ。」
  「ハイッ、頑張りますっ!」
  「聞き分けがエェのぅ。」
  「なんだよー、オレみたいになるなってさー。」
  「ボクよ。冗談じゃ。」
たけちゃん(セット)


しばし、歓談。
んで、やっとこさ注文。

  「えっとー、ジャガイモと玉子頂戴。」
  「なんや、まだ注文しとらんかったんかい!困るなー、お客さん。」
  「ス、スイマセン・・・」
たけちゃん(どて焼き)

どて焼きまで堪能して、早々に引きあげ。
あ、勿論、下の子が運動会のリレー選手に選ばれたことを自慢してきました。
自慢っちゅうか、お伝えしてきたと云うか。

ちなみに、たけちゃんちのお子さん達はリレーの常連です。凄いよなぁ。

本日の食事。
朝食 太巻き1個
昼食 豚カツ(勝泉)ロースカツ定食
夕食 包丁や、たけちゃん

くつろげる飲み屋っていいよねぇ。

でも、自宅でブラブラ呑むのも結構好きだったりするのよ。




5/22(月) 夜の赤坂 首班指名 【まいうKOREA 赤坂店、赤坂 壌、九州じゃんがらラーメン赤坂支店】
2006年05月22日 (月) | 編集 |

今朝の体重73.6kg。

本日は仕事以外の関係で国会議事堂と参議院会館を見学した。
議事堂遠景

国会議事堂の係員のお兄ちゃんは滑舌滑らかに、おもしろおかしく国会議事堂の設備について説明してくれた。
なかなか興味深い設備が多く、いずれゆっくり見たいものです。(本日は駆け足)
議事堂(おみやげ)

議事堂(天皇の椅子)

議事堂(看板)

手続きを踏んで申し込めば10歳以上の人なら誰でも見学できるので、3大義務を履行している国民の皆様は堂々と足を踏み入れられることをお勧めします。(笑)
議事堂(近景)

参議院会館では福島瑞穂と出会い頭に挨拶を交したり、片山虎之助議員(自民党参議院幹事長のおっちゃん)や橋本聖子議員を見掛けました。

夜は赤坂の「まいうKOREA 赤坂店」で宴会。

生ビールで乾杯し、付出代わりの焼き海苔とチャンジャと突く。
テーブルの真ん中には真っ黒いまな板みたいな石が鎮座。
しかも不安定に斜めに傾いておる。いや、邪魔なんですが。(笑)

続いて、チャプチェ。
なんか温いマロニーちゃんみたいで旨さが後を引くな。

   「是非、マッコリ呑んでみて下さい。」
   「それはどんなの?」
   「んー、ドブロクみたいな、ヨーグルトみたいな。まぁ、呑めば分かります。
    非常に呑みやすいので危険っちゃ危険ですけど。」

危険な匂いのするオヤジを目指しているワシが呑まずにいられようか、いやいられない。

   「器ですー。」

オイオイ、それは何だよ、オイ、何だよ。(←中山きんにクン風)
まいう(マッコリ)

昔の給食の牛乳を飲むような器。
でも、素材はアルマイト?
なんちゅうか、ツッコミで頭をしばくのにうってつけな感じ。
スカーーン♪って。(笑)
いや、むしろ犬のエサ入れ?(鬱)

マッコリはヤカンで登場。
タプタプと器に注ぐ。豪快っちゅうか、飯場の宴会っちゅうか・・・

ゴブリ♪と呑むと・・・あら、ウマイ!
少し発酵しているのかな?炭酸の様な発砲があるな。
で、乳酸飲料のような酸味もある。
こりゃ、呑みやすい!

んで、いよいよサンギョップサルの調理開始である。
大きな豚の三枚肉(ぶ厚い!)が黒いまな板岩に乗せられ、ジックリ焼かれる。
まいう(サンギョップサル)

で、斜めの岩の上を流れ落ちた脂はキムチが受け止めて・・・
むひょーー!
このキムチ、めちゃめちゃハイカロリーちゃうん?!

  あ、ワタシはキムチ食べられませんので。 残念だなぁ♪

表面がカリッカリに焼かれた豚クンはおいしいなぁ。

そういや最近、チャーシューの表面を炙ってラーメンに入れる店が増えているけど、アレ、イマイチ合わないと思うんですがね。
煮豚をもう一度炙るって、脂が抜け切っちゃう、つまり旨みが逃げちゃうって思うんですがね。
カリカリの食感を楽しみたければ、生から焼いて欲しいな、と。
工夫するなら、タレに漬け込んだ生をカットして焼くのがオススメか、と。

20人中10人ちょいがマッコリがぶ飲みしてたら、

  「お客さん、もうマッコリー売り切れー。もうないあるよー。」

ないあるよー、って。
有るのか?無いのか?(爆)

随分お腹が起きてきた(一杯になってきた)ところに、海鮮チヂミですよ。
もう食えないですよ。
まいう(チヂミ)


  「いろんな果実酒ありますよ。」
  「持ってこんかーーい!」
まいう(韓国焼酎)

お酒が変わると、再び食い始めるワシ。
DIETは明日からぢゃっ。(←自堕落ケテーイ)
まいう(ブルダク)

  「お客さん、これとーーっても辛いよ。」
  「キムチ味?」
  「キムチ違う。ブルダク。」
  「ブルドッグ?」
  「・・・・」
  「黙らないでよー。」

これが、まぁ。辛いの辛くないのって。 辛いんですけどねっ。

  「ヒーーーンヒーーーーン」

汗と涙と男とブルダクですよ。
いやーーー、辛いっ。でも、ウマイッ。

さて、そろそろお開きかな?ってところに、アレ?

   新たな鍋が設置され、中には立派な鶏が一羽丸々と(!)

まいう(ダクハンマリ)


  「ダクハンマリ」
  「何?ボク、黙り?黙秘権か?」

あのさ。
韓国人、どれだけ食べるのよ。
毎日これだけ食べてたら、成人病一直線と同時に家計は火の車、柔道一直線は地獄車よっ!!

流石にダクハンマリを前に、僕だんまりである。(←天ぷら)
ひたすら酒を呑み、ちゅとだけ突きました。
ってか、キムチを入れるなよ、キムチを。

長らく続いた宴会もお開き。
お店の前で一同解散。

そしてワシは1人2軒目に向かったのである。

実は元々行くつもりで下調べをしておいたのである。
ただ、1軒目があんなにヘビーな宴会になるとは、お釈迦様でも知るめーよっと。

少――し、分かりづらい場所にあるけど、あっさり見つかりました。

   「赤坂 壌
壌(店外)

ほとんどのお客さんは2人連れ以上。
1人客のワシは勝手が分からないので、思いっきりカウンター、しかもメニューを映し出すi-MAC(!)脇に陣取る。
壌(店内)


   「ここイイですか?」
   「どうぞどうぞ。」

プローシュット他の盛り合わせと焼酎をもらう。
壌(焼酎、生ハム)

ウヒッ、うまいね、どうにも。

店の兄ちゃん・・・っちゅうよりも、バーテンダーと呼ばなきゃいけないくらい、お洒落な内装。
父ちゃん、ちょっち緊張しちゃ・・・な、わけねーーだろっ!(笑)
こちとら、もう随分きこしめしてるかんねー。

店の兄ちゃんを捕まえて、相手をさせる。(爆)

  「チミは今の小泉政権のやり方をどう思うかね!エッ、どーーなんだっ!」

いや、そりゃ追い出されるって。

キャッシュオンデリバリーだし、立ち飲みだからね。
立ってられなくなるような酔っぱらいはいないってこった。
壌(梅酒)

  「へー、綾菊が梅酒出してるんだ・・」
  「試してみますか?」
  「ウン、頂戴。ワシの田舎の酒屋さんなんです、綾菊。」

ふむ、いいんじゃないか?
グラスも飲み物に合わせて変わるし、大半のメニューはワンコインだし。
資本系が立ち呑み文化に参入するなら、こういう方向にして欲しいね。
なんちゅうか、お気軽にワンランク上のBARの気分を味わえるっちゅうのを頼むよ。

2品目のタコのマリネも素晴らしい。
壌(タコマリネ)

あ、酸っぱいツマミに酸っぱいお酒とはなんたる不覚。
壌(焼酎)

お店を出る。
夜風が心地よい。
赤坂か・・・何もかも美しい・・・
滅多に来られない場所だよなぁ。
あ、通りの向こうに「九州じゃんがらラーメン」が見えるな・・・

いつから食べてないんだろ。
あ、丁度信号が青だ。
う、店の前に来ちゃったよ。
でも、4人組が入店待ちか。
ウンウン、やめようね、フィニッシュラーメンなんて。
太っちゃうよ。
いや、一晩くらい。
オマエ、ここまで頑張ったじゃないか。ご褒美だ、ご褒美。
いやいや、ここが踏ん張りどころじゃないか。
ああああああああ。

   「お客さま、お一人ですか?」
   「あ、ハイ。」
   「(前の4人客に)こちらのお一人のお客さまを先にお通しして
    宜しいでしょうか?」
   「どうぞ、どうぞ。」

赤坂の人は心が優しいねぇ。
1人でも絶対割り込まさせない、例えそれが親子連れでも・・・っちゅう、心の狭いラヲタとは全然違うねぇ。
その優しい気配りに応えないわけにはいかないよねぇ・・(爆)

   「えっとー、こぼんしゃんのハリガネ。キクラゲと葱下さい。」
   「こぼんしゃんハリガネーー、入りますっ。」
じゃんがら(一揃え)

何て素敵なビジュアルなんでしょ。
ズズーーッ。
うん、ウマイッ。ってか、

  オレ、ナンデ、ラーメンクッテルンダロ・・・

   「ニンニクチップ入れましょうかー?」
   「あ、お願いします。」
じゃんがら(チップ投入)

  オレ、ナンデ、ラーメンクッテルンダロ・・・

   「替え玉下さい。ハリガネで。」
   「替え玉ハリガネ頂戴しましたっ!」
じゃんがら(いただきます)


  アアアア。オチテイク、オチテイク・・・

その後、赤坂の片隅で腹痛を起こして20分ほどうたた寝したのは無かった方向で。(鬱)


本日の食事。
朝食 お握り2個
昼食 ざるそば
夕食 韓国料理「まいうKOREA 赤坂店」、「赤坂 壌」、「九州じゃんがらラーメン赤坂支店」

さて。
議事堂の正面玄関は基本的にある3つの機会の時しか開かないそうです。
それはいつでしょうか?



5/21(日) セレブ気分じゃなくて、漁師気分 
2006年05月21日 (日) | 編集 |

今朝の体重74.2kg。

昨日の豪雨が嘘のような良い天気。
今日は朝から泳ぐことにする。
と云うのも午後から子供を連れて、どっか散策しようと思ってたからね。

9時半過ぎにはプールへ向かう。

  6600m×1本
  50m×2本

   本日の合計距離    6700m
  5月の総泳距離     75.5km
  H18総泳距離    184.7km
 H15/5~総泳距離 1619.3km
  今朝の体重       74.2kg 
 プール後の体重      72.6kg 

今月は取り憑かれたように運動している。
体を絞るのが目的なんやけど、今月は100km突破するっちゅうモチベーションが働いとるからなー。

21日間で75.5kmなんで、1日平均3.59km。
31日だと111.45kmの予定。
これは有り得ない数値だわな。
とにかく、後10日間頑張ろう。
ちなみに、体重が73kg切ったのは1年以上ぶり。

プールを出て一旦帰宅し、子供連れて地元のお祭りへ。(嫁はんは留守番)

まずは、運河沿いに立ち並ぶフリーマーケットをひやかすが、めぼしいモノが無い。
続いて、チヂミの列に並ぶ。
嫁はんへのお土産に2枚購入。

周囲を一周したけど、子供向けの出店が皆無。
大人向けの屋台ばかりやなぁ。

子供の昼食に、おにぎりと唐揚げとジュースを購入し、食べさせる。
オヤジはビールと焼き鳥で気分上々。

13時半過ぎの運河クルーズ(笑)の乗船券をゲトーするべく列に並ぶ。
長く伸びる列で待つ我らを楽しませるためか、大道芸人が登場。
その女性芸人は「南京玉すだれ」を披露。
玉簾1

玉簾2

玉簾3

玉簾4

玉簾5


初めて見るウチの子供達は、目を皿のようにして見ている。
特に上の子供は、

  「アレはどうなっているのか?」

とワシを質問攻め。

  「それを云うたらおしまいぢゃ。」

と適当にかわすワシ。(爆)
で、何とか、15時スタートの最終回の乗船券をゲトー。

一旦帰宅し、時間調整してから、運河クルーズ集合場所へGO!
救命ベストを身につけ、いざ出発♪

   あ、運河クルーズっつても40人乗り位の小さな船です。(笑)
遊覧船(遠景)

クルーザー、いや、船はゆっくりと運河を進む。
いろんな人が手を振ってくれるので、こちらも振り返す。
風景1

風景2

普段見慣れた景色を運河側から見られる機会は滅多にない。
次々と橋をくぐり、船は進む。
風景3

風景4

運河と橋と巨大マンション群の妙な取り合わせが非日常的な雰囲気を醸し出している。
運河を吹き抜ける風は涼しく、空は何処までも青く、ああ、ホントいい休日だわ。
風景5

風景6

クルーズの最後は、カルガモの親子がご挨拶。
可愛いねぇ。
風景7

風景8

風景9

風景10

クルーズの帰りがけにコンビニで子供にアイスを買ってやる。
こういうのって、大きくなっても意外と覚えていたりするんだよねぇ。

あー、週末が終わっていく・・・(鬱)
また、一週間頑張りますかぁ。

本日の食事。
朝食 抜き
昼食 烏賊串、焼き鳥、ビール
夕食 焼き餃子

なんか、めちゃめちゃ充実した一日やったなぁ。



5/20(土)  ¥17000するモン、タダでくれるわけないやろー。 【アルプスラーメン】
2006年05月20日 (土) | 編集 |

今朝の体重74.8kg。

本日はジャスコではなく、大森へ出撃。
本屋を覗けるとあって、子供はウキウキ、ワシもウキウキ。

今日は暑くなるらしいから、ドイツ土産のW-cup Tシャツで出陣だぁ。
Tシャツ(W-cup)

しかし、週末はワクワクするねぇ。
買い物は行かにゃならんし、運動はせなならんし、本は読まなならんし、酒は呑まなならんし。
時間が足りないよーん。

ヨーカドーの本屋で「散歩の達人」の“ラーメン二郎25店舗チェック!”を見る。
掲載許可云々の問題は有ろうが、勝手にランキングしたり、掲載拒否の店を出したりする出版業界の体質は大手も小規模の出版会社も変わらない。
それに荷担するライター連中も同じ穴の・・・・。(爆)

出来映えは酷いモノ。
こりゃ立ち読みで十分。っちゅうか、ネット情報の方が全然上だな。
大体、鍋二郎を出すなって。
真似るアホが増えたらどうすんじゃっ、ボケがっ。

その昔。
二郎のオヤジの奥さん(●●子さんと呼んでました)から頼まれたことがある。
そう、慶応以外の連中が鍋を頻繁に持ってくるようになった頃。

  「○○さん、あのねぇ、あの鍋困るのよねぇ。混んでる時とか。
   やめさせられないかしら。」

その後、いろいろお願いされたが、微力のワシは力になれず。
とにかく、アレは迷惑な行為に他ならなかったわけですよ。
頼めるのは慶応大学体育会だったはずなんですよ。

ま、人の良いオヤジがOKしちゃうんだよなぁ。
奥さん居た頃は秩序があって、列を乱して並ぶ学生がよく叱られたもんなんですがね。

今や、「味薄目」だの「脂抜き」だの「野菜抜き」だの。
ネット上では「粉抜き頼めますかねぇ?」と問いかけるアホまで出る始末。
出されたモン、黙って食えっての。

二郎で粉抜きなんて、ビールの炭酸抜きみたいなもんだってぇの。
作り手の心意気を踏みにじる行為だってぇのに気付けっちゅうの。

あ、二郎食いたくなってきた。(笑)

  「DSliteの抽選やってるわよ。」
  「なんとかっ。」
  「どうする?」
  「取り敢えず申し込もう。で、当たってから買うかどうするか悩もう。」

3枚の抽選券をゲトーして、抽選を待つ。
結果はホワイト2個が当たりました。

1個だけ買って、もうひとつは権利放棄してもいいのだけどそれも勿体ない。
mixiやMLに情報を流すと数人の希望者が出た。
一番早く意思表示したSさんに再度の購入意思確認をした上で、2個とも購入。

我が家には「東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える 大人のDSトレーニング」を併せて購入。

家族を自宅に送り届けて、ワシは1人で「アルプスラーメン」@天王洲へ向かう。
お店の手前からズラーーッと路駐縦列駐車。
この辺りは全く駐車場がないのでこういうことになる。

改装前と同様、歩道上にテーブルが出て、そこでなごむ方々数名。
この人達は行列しているわけではない。

お店の前の食券機を眺める。
若干のメニュー変更があったとは云え、相変わらずガテン系向けのメニューは充実。
ラーメンとご飯モノのセットは特にお得である。

だが、ワシの目当ては“イレブンフーズ”直伝のアルプスラーメンである。
チャーシューメンとこのアルプスの2つだけが、イレブンの様なラーメンなのだ。
アルプスラーメン大盛りに1枚¥100のチャーシューを追加する。
前に食べた時、チャーシューが旨かったんだよねぇ。
後、麺固めにしてもらう。
アルプスラーメン1

ウマイ、ウマイがっ!
ツルプリな麺。
ぶ厚くて噛み締めがあるのに、トロリと脂身が付いたチャーシュー。
シャクシャクしたタマネギ。
ワカメ、もやし、キクラゲの怪しいトッピング類!(笑)
いやー、たまらない。

途中からニンニク、ドーーン!
次は、豆板醤、ドーーン!
で、スープタレ、ドーーン!
でもって、血中塩分濃度アーーーーップ↑↑
アルプスラーメン2

やばいくらいウマイよなぁ。
特にチャーシューは、売って欲しいくらいじゃ。

さ、喰ったら運動!
激しく運動!

  6200m×1本

   本日の合計距離    6200m
  5月の総泳距離     68.8km
  H18総泳距離    178.0km
 H15/5~総泳距離 1612.6km
  今朝の体重       74.8kg 
 プール後の体重      74.2kg 

今日は休憩時間帯の狭間で泳げたので、124本一気に泳げた。
今月は距離的にはハードに泳いでいる。
でも、本人はいたって気楽に泳いでいるんです。

20日間で68.8kmなんで、1日平均3.44km。
31日だと106.64kmの予定。
後、11日間頑張ろう。

ジャスコへお酒を買いに行くと、食料品フロアが激混みでやんの。
で、買い込んで駐車場を出た頃からポツリポツリと雨が。
やがて、豪雨。
ひゃーーーーって感じで這々の体で帰還。

本日の食事。
朝食 抜き
昼食 アルプスラーメン大盛り固めチャーシュー1枚
夕食 ゴーヤチャンプル、ホルモン

夜は久しぶりにゴーヤ食べました。
そこそこ苦くてウマー♪




5/19(金) 幸せなハシゴ  【加賀屋・東京麺通団】
2006年05月19日 (金) | 編集 |

今朝の体重73.6kg。

今日は呑みたかったのである。
んで、年の離れた親友も呑みたがっていたのである。

向かった先は「加賀屋 新宿支店」である。
加賀屋(店の外観)

久々の訪問になるが、正統派の飲み屋のオーラがビンビンに発せられておる。

まずは生ビールである。
 
  「大・中・小有りますが。」
  「大2つっ!」

乾杯して、バンバン注文する。

  「タン、ハツ、カシラ。それからスタミナだっぺ。」
  「はい。」
  「あ、煮込みはどうしますか?一つ?二つ?」
  「二つだっぺ。」
  「じゃ、二つ。」
  「にこーみ、二つ!」
  「レバ刺し、頼んでいいすか?」
  「いいっぺよー。」
  「じゃ、レバ刺しね。」

安価なお店には大陸出身の店員は欠かせない。

  「エシャレット頂戴。」
  「エ・・・シャ??」
  「エーーシャレットッ!」

年の離れた親友はゆっくり話すが、声がデカイので恫喝に聞こえなくも無い。(爆)

  「エ? シャ?・・・???」

んなメニューは無い!とばかりに女性店員はジリジリと我々との距離を広げていく。

  「無いのかなー。」
  「なんすか。メニュー見ないで注文したんすか?」
  「だって、いつも食べてっぺよー。」
  「あ、黒板に書いてありますねー。」
  「ほーーら、あるっぺー。」

無事、店長を通して注文できますた。

  「煮込み、お待たせしましたー。」
加賀屋(煮込み)

煮込みは土鍋にレンゲ付きで登場。
ウハハ、ケチ臭くないところがイイ。

  「レバ刺しでぇす。」
加賀屋(レバ刺し)

こちらは、ニンニクと生姜の両方が添えてある。
好きな方で食べればいいのだ。
ワシはもっぱらニンニクだが。

他に追加で、子袋をシオ、シロをタレで注文。

レバ刺しを突きつつ、飲み物を切り替える。

  「ホッピー。セットひとつね。」

ホッピーに続いて、焼き物が続々到着。
加賀屋(カシラ他)

ここのモツ焼きは大ぶりで歯応えが有り、“肉を食べる”楽しみを味わえる。
焼き加減も絶妙である。
噛めば、口の中に肉汁と旨みがジュワッとほとばしる。 ウマイッ。
加賀屋(スタミン)

スタミナのタレは癖になる味。

  「ホッピー、セットひとつな!」

ツレも切り替える。

  「ナカ、頂戴!」

モツを喰らい、ホッピーをすすぎ、大声で語らう。
酒飲みリーマンの至福、ここにあり!である。
加賀屋(子袋)

加賀屋(シロ)

子袋の焦げ、シロのタレとクニュクニュ感。

  「ナカ、お代わりね!」

  「ナカ!」

別段争って飲み比べをやっているわけではないのだが、焼酎がなくなるのが早すぎる。

  「このグラス、底が抜けてるっぺ!?」

んなわけはねぇっぺ。(←あ、うつってる。笑)

にしても、このナカの量を見て貰いたい。
加賀屋(ホッピー1)

加賀屋(ホッピー2)

加賀屋(ホッピー3)

確か、2杯目、3杯目、4杯目を撮影したのだが、どんどん焼酎の量が増えていることがお分かりになろうか。
一体、どうなってるっぺ!

  「ホッピー、セットな!!」
  「え、今からセット!?」
  「いいっぺ!割るのが無ぇと悪酔いするっぺよ!」

十分、酔ってらっしゃるか、と。(爆)

お勘定、安川です。 「アメリカではね。」

じゃなくて、お勘定、安かったです。

お店の前で分かれ、ワシは1人「東京麺通団」へ吸い込まれる。
だって、通り道なんだもん。
無視して通り過ぎるわけにはイカンわのぉ。

おくどはんの前にはたくさんのお客さんがうどん待ち。
釜揚げ系のメニューって人気があるねぇ。

  「ご注文、どうぞー。」
  「冷やたまの小、頂戴。」
  「ハイ、冷やたま小♪」

それを受け取り、お盆を滑らせながら進む。
途中にズラリとつまみが並ぶので、そこを如何にパスできるかどうかが、明朝の体重の増減に直結するのだ。

ワシ?
いや、通り過ぎましたよ。天ぷらゾーンは。
でも、、、

濃ゆそうな味付けの手羽先と豚角煮with味玉をゲトーしますた。
って、ゲトーしたらイカンやろがっ!!
東京麺通団(角煮、玉子)

東京麺通団(手羽先)


  「スンマセン。生ビールのジョッキ頂戴。」

あ、勝手に口がビールを注文しよるが。
すでにアタイの体の中には、別のアル中悪魔が入り込んでしまったようじゃ。
誰か、エクソシスト呼んでーーーー!!

  「あー、ひっさしぶりやなー。元気にしょーーたんなーー。」
  「あ、神父さん!」
  「誰が、妊婦さんじゃ!」

っちゅう、やりとりは無かったです。
元パロマスの登場ですわ。

  「あ、こんばんは。マスター相変わらず繁盛しょーーるなー。」
  「おかげさんでなー。」
東京麺通団(一揃え)

席について、ツマミをアテにグイッとビールを呑む。
うひひひ。
もう体を実効支配されてるんだから、逆らっても無駄だもんねぇ。(←意味不明)

少しGWの香川県のうどん屋さんの混雑状況だけお話しして早々に引き揚げる。
でも、帰りがけに「若月」で大盛り焼きそばのお土産を買ったのは、内緒の方向で。
東京麺通団(ひや玉)


本日の食事。
朝食 お握り2個
昼食 定食
夕食 加賀屋、東京麺通団

帰宅して、TOKIOの「メントレG」を見る。
本日のゲストは“高畑淳子”先輩。
高校の先輩なんです。
去年の東京でのOB会にいらっしゃってました。
1000名を超す大同窓会(すべてのOB,OGが集合する)なんで、遠目に声を掛けるのが精一杯でした。

高畑先輩の好物3品のラスト3品目に「銀波亭」の“鴨鍋”が出ました。
 
チラッと画面にも出ましたが、ここの鍋にはあの「山越」のうどんが入ります。
先輩が選んだのは、この鴨鍋でした。

さ、来月はうどん喰いに香川県行きましょ♪





5/18(木)  弊社の場合、クビです。 
2006年05月18日 (木) | 編集 |

今朝の体重75.0kg。

山手線に乗ろうとしたら、キョロスク(KIOSKにあらず)でスポーツ紙全紙(¥1470って聞こえたから一般紙もか?)買ってる人(♀)がいた。
えーーっと。
そんな大きな出来事あったかな。
昨日の誌面なら、サッカー代表ケテーイ♪ってのがあったけど。

ニュースで思い出したが、日テレのアナウンサーが女性下着を盗撮して現行犯逮捕されたそうな。
携帯にカメラが搭載されてから新聞上ではよく目にするようになった犯罪ですな。

で。
日本テレビが氏名公表を拒んでいるんですよ。
っつても、年齢が公表されてるし、事実上どの人かってのは分かってるわけで。

他の公的機関や学者など、影響がありそうな人の痴漢行為はビシッと報道しながら、身内の痴漢行為には「個人のプライバシー」を縦にして庇い立てる。

確かに痴漢は軽犯罪。
んだから、何も「首にしろ!」っとはワシも思わない。

  一部上場企業が、バレバレの痴漢行為社員を「無かったかの事にしよう
  とする企業姿勢」が問題なんですわ。

ある意味、最悪のリスクテイクなんですよ、犯罪者を庇うのって。
これじゃ、日テレはCSR云々どころか、「社会の敵を庇う企業」のラベルを貼られまっせ。

痴漢ってね、変な言い方になるけど、「一番割りの悪い犯罪」だと思うんですよ。
誰も庇わない。庇えない。
家族からも友人からも愛想を尽かされますよ。
社会的な評価はがた落ちどころか、一生持ち直せないでしょ。
もうね、幼稚園の時にたった一度だけ漏らしたウンコネタを同窓会の度に持ち出されるようなもんですわ。
むしろ、ウンコは笑えるけどね、痴漢はね。
だから、なおのこと、何故痴漢など・・・
「ムラムラしたので」ってチミは猿かっ!
今日のパンティーは白?黒?あなたの選択はどっち?ってか。(爆)

ま、日テレさんの「企業倫理」が垣間見えた事の方が大きな問題ですわ。
「巨人」と云うブランドが低迷してる現在、「日テレ」ブランドまでも失墜したら、読売グループってのは意外に早く先細りするかもしれんなぁ。

さ、性の悩みは運動で解消するのじゃ!(←悩んでんのか?笑)

  2650m×1本
  プール全体休憩
  3450m×1本、50m×2本

   本日の合計距離    6200m
  5月の総泳距離     62.6km
  H18総泳距離    171.8km
 H15/5~総泳距離 1606.4km
  今朝の体重       75.0kg 
 プール後の体重      73.8kg 

いやもうね。
これだけ運動すると、ムラムラの「ム」の字も起きないね。

彼にも庭で素振りでもすることをお勧めします。

本日の食事。
朝食 お握り2個
昼食 メキシカンピラフ
夕食 ポークステーキ、真アジ刺、烏賊フライ、焼き鯖寿司




5/17(水) 相対性葱論  【はなまる】
2006年05月17日 (水) | 編集 |
今朝の体重74.6kg。

よく朝食にお握りを買うわけだが、これがなかなかにハイカロリー。
おかか、昆布、鮭なんかで200kcal弱。
チキンマヨネーズ、シーチキンマヨネーズは200kcal越。
ベーコンエッグみたいなヤシはもうK点越えですよ。
BMI20以下のヤシじゃなければアンタッチャブルな一品と言ってもよかろうご家老な最長不倒ハイカロリー。

でも、そういうお握りに限って、BMI25以上のヤシにターゲットを絞って開発してたりして。
そんでもって、BMI27以上のヤシが購入するのが現実だったりするわけだから世の中分からない。

デブのハイカロリースパイラルですな。
もう食い続けなければ不安。
軍備増強を続ける核保有国みたいなもんですな。 
違いますか、そうですか。

で、時々無性に朝からうどんが食べたくなるわけだ。
これはワシが香川県で育ったんだからしょうがない。
香川県民は溜池で産湯をつかい(嘘)、年に200玉はうどん喰うわけだから。

川島なおみが「アタシの体の中にはワインが流れてるの。」と、山谷か釜ヶ崎のアル中オヤジばりの主張を世に問うならば、香川県民としては「アタシの体の血管はうどんで出来ていて、中をダシが流れてるの。」と言いたいね。

そういう風に、ワシが朝からうどん喰いたくなると同様に、イタリア人は朝からスパゲティーが欲しくなるし、ドイツ人は朝からビールが呑みたくなるのは自明の理。
でも、朝から酒が欲しくなるヤシはただのアル中ですか、そうですか。

確かに、「まるます家」@赤羽で朝からゴキュゴキュやってる懲りない面々の中にはドイツ人は見あたらないし、むしろ30代遡っても生粋のモンゴロイド、根っからのアジアンが「やっぱ日本人は煮魚だよな。」とカウンターでメートル上げてる様子に「やっぱ日本って平和だよな。」とか思っちゃうのは普通の人で、「いいな、オレも呑みてぇーーっ。」と思うようになったら、あなたの体からは加齢臭が漂っている可能性が72%以上あると思われますのでご用心。

  「オヤジ、温玉ぶっかけの冷たいのんの小。」
  「うへへーい。」

はなまるうどんさんに言いたい。

鰹節が取り放題ってのは剛気だよ。
胡麻入れ放題ってのも剛気だよ。
水飲み放題ってのも剛気だよ。
でもさ。

   ネギのイニシアチブをお店側が握っているのはどうなの?

ネギってのはね。
うどん喰いにとっては、重要なの。
自宅で食べるうどんとお店の違いって分かる?
自宅のうどんにはネギが入らないことがあるのよ。
鰹節や胡麻ってのは冷蔵庫に取り置きがあったりするわけさ。
でもね。
ネギってのは取り置きできない。
わざわざ買って来なきゃいけないわけ。
つまりネギを入れるってことは、

  「ああ、オレ、今外食してるぅ♪ 市場経済の流れに身を任せてるぅ♪」

っちゅう快感に身を委ねている幸せ?ハピネス?を享受している事に他ならないわけだ。
それにネギを食うと頭が良くなるしな。

日本国民のIQ向上と市場経済原理原則の観点から、ネギ投入の権利をお客さまに委ねることを、私は断固訴えることを主張し、挨拶に代えさせて頂きます。

                              以上っ。
はなまる(うどん9

はなまる(ゲソ天)


本日の食事。
朝食 はなまる 温玉ぶっかけ冷や小、ゲソ天
昼食 メンチカツ定食
夕食 鰤照り焼き、鰤刺身、ほうれん草胡麻和え、ピーマン細切り

ピーコックで鰤の刺身を買って帰ったら、自宅ではワイフ手作りの鰤照り焼き(専門用語“ブリテリ”)がお出迎え。

  「アッハッハ。鰤&鰤ねー。」

なんじゃ、そら。
B&Bかいっ。



5/16(火) 暗黙知と形式知 【徳多和良・大喜】
2006年05月16日 (火) | 編集 |

今朝の体重75.2kg。

久しぶりに北千住で打ち合わせ。
勿論、お昼は「徳多和良」へ向かう。
本日のメインは“親子丼”か“えぼ鯛の干物”。
これに小鉢、お椀(鱧!)、香の物が付いて¥600なんだから云うこと無し。

で、腹減りだったワシは迷わず親子丼を選択。

  「この黒板見てると、喉が渇いちゃうねぇ。」
  「フフッ。」
徳多和良(看板)

酒飲みの心が分かる大将は小さく微笑む。
前の日の夜の酒の肴メニューが残された黒板はホント目の毒。

まずは、サッと小鉢が出される。
徳多和良(筍)

アオサ海苔をまぶした筍の煮物。
えぐみが全くなく、表面が艶やか。
固くもなく、かと云って柔らかすぎない塩梅の歯応えがタマランチ。

一つ口に入れてもむもむやっていると、親子丼が出てきた。
徳多和良(親子丼)

思ったより器が大きくてズッシリ。
¥600なのに手抜きが全くないのが素晴らしい。
鳥もたっぷり入っている。
徳多和良(親子丼2)

山椒?七味?一味?
ンなもんかけちゃうと微妙なダシの加減が分からなくなっちゃう。
甘すぎず、ぞれでいてしっかりしたダシが、固めのご飯にほどよくかかってタマランチ×2。

で、鱧のお椀。
徳多和良(お椀)

すすると口中におダシの香りが広がって、「よくぞ日本に生まれけり」を実感。
鱧は骨までしゃぶる。
2cm程度の長さに切られた細葱の香りがタマランチ×3。

繰り返すが、これで¥600なんだから恐れ入る。
「徳多和良」には元IOC会長特別賞を上げたいくらいだ。
でも、なかなか夜に来られなくて悔しいから、やっぱ上げない。(笑)

会社に戻るべく千代田線に乗りこんでから思い出した。
千代田線と云えば、湯島を通るじゃん。
確か、「大喜」に新しいメニューの冷やしとりそばが出ていて評判が良かったよな。ヨシ、行くか大喜へ。(←DIET中じゃないのか?)

店に近づくと行列が無い。
売り切れ閉店か?
いや、違う。
単に行列がないだけで、営業中だ。
こりゃ、ラッキー♪ 

食券機見ると、何と15食限定の「冷やしとりそば」が売り切れになってないじゃの。
こりゃ、またまた ラッキー♪ 

このWラッキーは、日頃からのワシの行いに対するお天道様の思し召しに違いない。
おっと、何故か大粒の雨が急にバラバラと。(笑)

  「いらっしゃい!久しぶりだねぇ、忙しいのぉ?」
  「いや、まぁ。ハハ。」

残業がないくらいヒマだとは云えない。
もっと仕事したいよ。(鬱)

しばらくして運ばれてきた一品は見るも涼しげな一品。
大喜(鳥冷やし)

大喜(鳥冷やし2)

一口すすると!

  表面の脂が凄くない?

うーーむ。これは・・・
味が劇的に変わりそうな気がして途中から絞るつもりだったレモンを、グイグイッと絞り込む。

  あ、全然変わった。
大喜(鳥冷やし3)


脂がどっか行っちゃった?ってくらいまとまり感が出て、後はすすり続けるのみ。
麺はまたまた新しくなった?
平打ちピロピロもちもちシコシコ麺でススる楽しみがある。

一気に平らげる。旨かった。
選択に悩むメニューがまたひとつ増えましたな。

昼から2軒もハシゴしてしもた。
精神的には大満足だが、カロリーは大幅過剰摂取だわな。
夜は運動に勤まねば。(セクースぢゃないよ)

ちうことで、終業後さっさとプールへ向かう。
着替えて入場すると・・・

  な、なんじゃ、この混み具合は!

2つある往復コースどちらとも8人も泳いでいるじゃないか。
しかも、片方には「名物 激遅オッチャン」がいるではないか。
このオッチャンを見かけるようになってかれこれ2年くらい経つが、いっこうにヤシの水泳技術は上達しない。

人それぞれの泳ぐペースがあるので、めちゃめちゃ遅い事に関してワシは云々しない。
大体、遅くしか泳げない人に「もっと早く泳げ!」と云うのは、早い側のエゴである。

水泳の往復コースは通常右側通行である。
空いている時には左側からバンバン抜くので気にならないが、今日のように混んでいる時、無理に左から抜こうとすると正面衝突を起こす可能性がある。

    早い人はコースの状況を見ながら、遅い人を抜くようにしている。
    途中で折り返すこともある。

だから、遅い人はターンで一旦停止して、後ろに譲るのがマナーというか、共通認識なんだがな。

ところが、このオッチャン。
決して後ろに譲らないのだ。
彼はドン詰まりの渋滞の先頭をひたすら泳ぎ続ける。

しょうがない。
こういう日は無理せず、周りのペースに併せて泳ごう。
で、前が空いたらダッシュダッシュ!

  1250m×1本
  プール全体休憩
  4450m×1本、50m×2本

   本日の合計距離    5800m
  5月の総泳距離     56.4km
  H18総泳距離    165.6km
 H15/5~総泳距離 1600.2km
  今朝の体重       75.2kg 
 プール後の体重      75.0kg 

ゆっくり泳いだりダッシュしたりを繰り返していたら、いつもの2割増くらい疲れた。
普段は同じリズムで延々泳いでたからなー。

夜はステーキ。
夜の食事としては「炭水化物控えめ、タンパク質多め」が好ましいらしい。
(あくまでも運動する人の場合ね)

本日の食事。
朝食 コーヒー
昼食 徳多和良 親子丼、大喜 冷やしとりそば
夕食 ステーキ

PCで日記下書きした後、床で連日の爆睡。
おかげで、23:30からの「怪奇大作戦」見逃した・・・・



5/15(月)  モチベーションと現実  【こんぴらや】
2006年05月15日 (月) | 編集 |

今朝の体重74.2kg。

体重が減ってる。
昨日はあんだけ食べたのに。
自分で自分の体のメカニズムが分からない。

つつがなく終業時間を迎え、早々に退社。
今日はプールがお休みなので、新宿高島屋で開催中の「近畿四国 人気・名店の味特集」へ向かう。

細切りざる@ライオン通りぢゃなくて、琴平の奥で工場併設の製麺所型店舗をやっている「こんぴらや」が今日まで新宿高島屋地下に出店中なのだ。

到着して驚いた。
地下の食料品売り場の一角に数店が固まってお店を出しているだけ。
なんちゅうか、凄いこぢんまりしてて拍子抜け。
そんな中、こんぴらやはイートインをやっているのだが・・・

  他のお客の視線にさらされまくるような造り

ま、こっちが意識するほど他人はこっちを見ていない、っちゅう言葉もあるし(笑)、堂々とカウンターに着く。

どれどれメニューを・・・
こんぴらや(メニュー)


  ぶっかけ¥630(!)  しょうゆ¥630(!!)

おいおい。
んで、きつねが¥630、ざる¥420って。
値付けが良ぅ分からんが。
んで、「こんぴらや」で検索掛けると、渋谷のセンター街に店が有るやないの!(←知らなかった)
しかも、すだち生醤油うどん小¥300って書いてあるやないの!
渋谷→新宿でお値段倍かい!!

あ、兵庫町にも店があるやんか。
そこのお値段は・・・

  かけ小¥150 ぶっかけ¥230 ざる¥230 しょうゆ¥220

父さんは悔しいよ。
先に調べておけば良かったよ。
っちゅうか、この兵庫町のこんぴらや、食べたこと有るよ。(爆)
讃岐平野、讃岐一番と並んで、学生のおやつだったよ。

では何故、ワシは「こんぴらや」へ行ったのか?
それは、こちらのお店と間違えてたのである。

   「こんぴらうどん

琴平の繁華街から少し奥に入ったところの工場の入り口でうどんを食べさせてくれるのである。
本当に地元の人しか来ないような素朴な場所にある。
そこでは¥100でうどんをたぐれるんである。
旨かったんじゃーーー!

すっかり勘違いしているワシは、メニュー眺めて一番安い「かけうどん¥420」を注文。
で、出てきたのがこれですわ。
こんぴらや(かけうどん1)

分かりますか?

    入れモンが  発泡スチロール (!!)

あのなー。¥420も取っといてこれは無いやろー。
バザーちゃうんやけん。

いや、ちゃんと瀬戸物の器もあるんで。
でも、見よったら、それは¥630のメニューに使いよるみたい。
まぁ、昼時にお客が殺到して、安いメニューに注文が集中したら、ドンブリ洗うヒマがないけん、発砲スチロールにしたくなるのは分かる。
分かるけど・・・今、ヒマやんかぁ。

セイロから茹で置きの麺を温め直したんはしょうがない。
でも、¥420取るんやったら、一から茹でてくれてもなぁ。
こんぴらや(かけうどん2)

味?  高高の食堂のうどんと似とりましたわ。(爆)
カマボコ、若芽、鰹削り節がのるとは云え、ガッカリ。

店出て、ガックリと肩を踵まで落として食料品街を歩いていたら、前から真っ黄色の髪の人が歩いてきた・・・・・って

    美輪さん!? 美輪明宏さん!?

1m位の距離で思いっきり目があってしまったんで、何か、つい会釈をしてしまいました。
いや、ほら。お世話になってるし。(笑)

本日の食事。
朝食 おにぎり2個
昼食 社員食堂
夕食 こんぴらやでかけうどん、自宅

帰宅したら、四国学院大学の田尾教授と教え子たちが作ったFP「インタレスト」が届いてました。
嫁はんが代金を支払ったんで正確な値段忘れましたが、受け払いの郵送料込みで300円しなかったです。

思ったより立派な冊子で、学生が作ったとは思えない出来栄え。
ワシは勝手に、昔の同人誌などの自費出版物(ざら紙で作ったような安っぽいヤシ)を想像してただけに、ビックリ。

中身も充実していて、香川県人は云うに及ばず、誰が見ても楽しめると思います。
早くも、いろんな冊子がネタをパクりそうな予感♪

それよりも、フィールドワークに基づくマーケティングの実践の訓練を、学生時代から行っていけば、教え子達の中から将来小さな芽がでそうですな。



5/14(日)  そして普段は甘えん坊♪ 【暖々】
2006年05月14日 (日) | 編集 |
今朝の体重74.4kg。

毎週日曜日の朝は7:00からCATVを見ている。
15分番組が2本連続で、前半がラーメン、後半がさぬきうどんなのである。

前半の「こだわりラーメン紀行」。
先週に引き続き三村マサカズがレポーターで、熊本の「ラーメン大雅」をレポート。
スープをどこで仕込んでいるかと云うと、店の地下に降りて表へ進み、川っぺリ手前の小屋になっているところで豚の頭だけを寸胴で煮ている。
お勧めの餃子ラーメンは、トンコツに特製胡麻油のスープに平ザルで上げた太麺。
その上に焼き餃子が四つ。
ウマソーです。
「26年で満足したスープが出来たことは一度もない。」と云う仲の良さそうなご夫婦が経営。

引き続いて、後半の「さぬきうどんの旅」は「もり家」@香川町。
ここって「おか泉」同様、天ぷらが凄い。
前に冷やし天ぷらぶっかけを食べたことがあるけど、同行者のかき揚げうどん同様、具がデカ過ぎて下のうどんが見えませんでしたわ。

店の場所がメインストリートからかなり入ったとこにあって、特に夜に行く時は、真っ暗な道を延々進むことになる。
んで、「やっぱ道間違えとるんちゃうか?」って思ったころにポツンと現れるんでご注意。

朝はジャスコでお買い物。
今日も¥2000がんお酒を買いました♪

家族を自宅へ送ってから、久しぶりになる「暖々」@平和島へ向かう。
頭の中では、「ラーメン二郎目黒」「ラーメン基乃」「麺でる」「たつ屋」「陸」のどこにしようかなぁ・・・と思っていたけど、結局一番時間が掛からなそうな近場の「暖々」にした。
ちなみに、全部ラーメン二郎、もしくはインスパイア、はたまたパクリの店である。ウハハ。

12時ジャストに着くと、予想に反して6人待ち。
でも、15分後には10人以上の行列になったから、タイミングが良かった?

前回はあぶらそばだったんで、今回は原点回帰で「ラーメン¥550」+「大盛り¥100」+「豚¥120」の食券を購入。
トッピングは、「野菜少し多め」「カラメ」「ニンニク」である。
暖々(大盛り野菜ちょっと多めカラメニンニク その1)

あー、そこのカップル。
野菜がトンクで盛られてそびえ立っていく様子を見て

  「凄いね。」
  「アレ、食べるのかしら?」

って会話しないように。
オッチャン、緊張しちゃうから。
写真撮れなくなっちゃうから。(笑)

えー、今日のはカラメにしたのに、めっちゃスープが薄かったです。
多分、醤油タレを入れ忘れたんじゃないか?っちゅうくらい薄かった。

嬉しい誤算は、豚が6枚+塊が1個入ってたこと。
暖々(大盛り野菜ちょっと多めカラメニンニク その2)


暖々からプールへ向かう途中、カーTVで「新婚さんいらっしゃい」を見る。
結構好きで昔から見てる番組。

今日の2組目の旦那は凄かった。
1日に米を一升食べるそうな。
何度目かのデートでカレーを2回追加した(都合3皿食べた)食いっぷりに彼女(嫁はん)が惚れ、その夜に即合体(早っ)。

で、ホテルへ向かう道すがらコンビニでおにぎりを10個買い、嫁さんがシャワー浴びてる間に全部食べたそうな。

  「何で、彼女にもあげないの?」
  「いや、カレー食べたばかりでお腹イッパイかと思って。」
  「アンタも食べたやろっ。しかも3皿っ。」

嫁はん曰く「夜の食いっぷりも凄かった」そうです。(爆)

その後、嫁さんの実家に挨拶に来た時、彼女の実家が準備した肉じゃがに使った材料は「肉1kg、人参15本、じゃがいも30個」(笑)
牛かいっ!

路肩に停車して画面をよくよく見ると、この旦那、一時期大食い選手権によく出ていた加藤って方じゃないすか。

しかし、そういう並外れた食いっぷりに惚れる奇特な方が居るのねぇ・・・・

暖々のカロリーを消費するべくプールへ向かう。

  5150m×1本
  プール全体休憩
  950m×1本、50m×2本

   本日の合計距離    6200m
  5月の総泳距離     50.6km
  H18総泳距離    159.8km
 H15/5~総泳距離 1594.4km
  今朝の体重       74.4kg 
 プール後の体重      74.0kg 

こないだ書いたけど、体重を落とすと云う目標はさることながら、月間総泳距離の新記録を狙うっちゅうモチベーションが働いているワシ。

今日までの14日間で8回泳いだ。
1回当たり、6kmと325m。
日割りすれば、1日当たり3.6km。
夢の100km突破も夢じゃなくなってきたか?

よーし、100kmの先には何があるのか、見届けてやろうじゃないの。
頑張るぜーー。(←仕事しろよ)

本日の食事。
朝食 コーヒー
昼食 暖暖 ラーメン大盛り豚野菜少し多めカラメニンニク
夕食 いろいろ

夜に、豚のカシラ、ハツ、鶏の砂肝をガツガツ食べて、ホッピーをガブガブ呑んでしもた。
その後、フローリングで2日連続野宿(笑) 


5/13(土) そもそもヲタは他人が貼るレッテル 【某食堂】
2006年05月13日 (土) | 編集 |

今朝の体重76.4kg。

土曜日の朝。
体重図ってビックリ!
順調にリバウンドしてるではないか。 
いや、「順調」って言葉は不適当だわな。
まるで、増える方向に目標を置いているかの如く読めちゃう。(笑)

二郎行こうか、と思ったけど、こりゃ強制自粛じゃのー。

ホントは午前中にさっさか泳いで、13時頃に「すみた」行って一杯飲る腹づもりだったのだ。
しかし、週末の朝から降り続ける雨に気持ちが萎えてしまい、午前中はウダウダしてしもた。

とは云え、運動は欠かせん。
結局プールへ出掛けたのは11時30分頃。
ちうことはプールを上がるのは14時頃になる。
それじゃ「すみた」には行けないよな。

それよりも奥さん、聞いていた!
昨今の報道によると、ウェスト85cm以上の♂は、メタボリックシンドロームの危険性があるらしい。

うーむ。

ってことは、ラヲタは大半がメタボリックシンドロームに当てはまるんじゃないか?

  「いぇいぇ、ボクはラヲタじゃないですからぁ・・・」

テェェェイ!
この期に及んでまぁだ認めねぇか。
オメェのそのせり出したお腹が、ラヲタであることの動かぬ証拠よぉぉぉ。

  と、ワシの中の金さんがワシを叱責する。

うーーむ。
ならば、この動かぬ証拠を消さねばならん。(笑)

お昼は適当な食堂で食べることにした。
この食堂は、知的障碍者の社会参画実践を兼ねている。
一所懸命、サーヴィスに勤める彼らの姿に接客の原点を見る思いだね。
蕎麦(1)

蕎麦2


食べたのは「蕎麦セット」。
味は普通でした。(笑)
それより、他の人に運ばれていた「ナポリタン」が旨そうだったな。
今度はアレ狙いで来よう。

さ、証拠を消しに掛かるぞ。

  6600m×1本
  50m×2本

   本日の合計距離    6700m
  5月の総泳距離     44.4km
  H18総泳距離    153.6km
 H15/5~総泳距離 1588.2km
  今朝の体重       76.4kg 
 プール後の体重      75.4kg 

最初は体が重くて重くてどうしようもなかったけど、20本過ぎからグイグイと水をキャッチできるようになると、もう止まらない。
こないだ千駄ヶ谷の東京体育館で長水路泳いで(5月1日の日記参照)以来、クロールの腕の伸びが良くなったように感じられる。

朝の体重測定結果が推進力になったか、2時間制限のプールでは久しぶりの6500m突破。
特に最初の6km(=50m×120本)が107分(=6420秒)。
50mを53.5秒平均で回ったことになる。
ウン、良い傾向じゃないか。

そのまま帰宅し、本日は鈴木屋も自粛の方向で。
水を飲んでお昼寝しました。

本日の食事。
朝食 抜き
昼食 かき揚げ蕎麦
夕食 鯛の塩焼き

夜は、実家から届いた鯛を塩焼きにして食べる。
やはり瀬戸内海の鯛はウマイ。
不必要な脂は無く、身が締まっている。
ホッピーがすすんでしまって困っちゃうね。

夕方の番組で、香川県で修行(@中野うどん学校)して、埼玉の行田市でうどん屋を営むご夫婦が紹介されていた。
徐々に、香川県のソウルフードが日本中に広まっていくのは喜ばしい限りです。

その後、アド街っくで浅草伝法院通りをやっていたのを見ていたら、そのままリビングフロアで午前3時過ぎまで爆睡。



5/12(金) うどん三昧  【卯の香・でら打ち】
2006年05月12日 (金) | 編集 |
今朝の体重75.8kg。

会社の帰りがけに2日連続「卯の香」へ向かう。
昨日食べた“温かいかけ”は麺が茹で置きだったこともあり、正直イマイチだった。
ダシが妙に薄かったし。

んで、今日は“冷たいかけ”¥180にしてみる。
大体、食券機に“冷たいかけ”があるだけでも驚きである。
ぶっかけじゃなくて、冷たいかけダシでっせ。

昨日同様に食券と引き替えにうどんを受け取る。
やはり茹で置き。
だが、温め直しをしない分、温いんよりはウマイはずじゃ。
卯の香(その1)

麺は宮武を通り越して、「あたりや」を彷彿させる強麺。
かなりのネヂレチヂレです。
ある意味、めちゃめちゃ讃岐を思い出させる一杯。
卯の香(その2)

ベストの状態、つまり、出来立ちを食べてみたい!
釜玉も一応有るけど、あの強麺は釜玉ではどうかなぁ。

全メニュー制覇したくなりました。

夜は「でら打ち」。
1月に一度ランチタイムにやってきたきりで、夜に来るのは今年初めて。
昔、月に6回ぐらい来ていたのは今いずこ。

とは云え、電車を乗り継ぎ、旗の台駅に近づくにつれてワクワクするのは以前と変わらず。
駅を降りて、お店へ向かう。

  「満席で入れなかったらどうしよう・・・」

いや、今の「でら打ち」は残念ながら行列が出来るほどのブレイクではない。
ブレイクを越えて、固定客がまんべんなく食べに来るという状況に達している。
今夜は、先客4名。
でも、満席にならないとは云え、常にお客さまが回転していた。

大将と店員のSクンの2人が切り盛り中。

  「お客さんでは讃岐っ子さんに話すのが初めてかな・・・
   Sちゃんがですね・・・」

以前と云っても、あれは忘れもしない、いつの頃か・・・

でら打ちの助手でSちゃんっちゅういい男が居たのである。
でら打ちのツマミの数々を生み出し、数々の固定客を惹きつけた功績とその明るい性格も相まって、未だに彼を懐かしがる声は多い。

彼は、一旦でら打ちを離れたけど、大阪は難波の「浪速めんじゃらけ」なる集合施設へのでら打ち出店に伴い、復帰を果たす。
でら打ち難波支店でも、数々の新メニューを開発。
ちなみに、そこの店長を務めていたのが、今でら打ちに勤めるSクンである。(S同士でややこしくてスマソ)

でら打ちの大阪撤退後(これにはいろいろな理由があるようだ。大体、某社は利用するだけ利用したら(以下自粛))、Sちゃんは同じ施設内の他のお店を転々としていた。
そして、その後の様子はワシにも分からない。

  「Sちゃんがですね、お店を出したんですよ。」

挨拶の名刺やら何やらをくれ、店のURLも教えてくれた。
何と、お店の場所は

    高知県 南国市 (!)

これは、気軽には行けないなぁ。
大将は一度様子を見に行ったらしく

  「なかなかおもしろい造りでしたよ。」

とソソる。 うーーーん。いつか行くかな。
ちなみに、名刺には「カレーうどん さわ田」と有りましたが、「さわ田製麺所」の方では他のメニューもあるみたいです。

今宵もいつもの組み合わせ、ビールと角煮&煮玉子でスタート。
でら打ち(味玉)

でら打ち(味玉2)

でら打ち(角肉)

んで、ソーセージの盛り合わせを頼んじゃったもんだから、ビールスパイラルにはまりこんでしまう。(笑)
でら打ち(ソーセージ)

途中から友人が合流。
四方山話に花が咲く。

〆に久しぶりの味噌煮込みうどんを注文。
でら打ち(味噌煮込み1)

気持ち、うどんが細い気もするけど、とは云え、全体のバランスは高レベル。
うむ、相変わらず満足度が高い。
かしわ、蒲鉾、椎茸、揚げ、葱、お麩。
どれもがおいしい。
でら打ち(味噌煮込み2)

でら打ち(味噌煮込み3)

今度はここに生卵を落として貰おうかな。
あ、それじゃ鍋焼きみたいになっちゃうか。

んー、でもやってみたい。

本日の食事。
朝食 おにぎり2個
昼食 へぎそば
夕食 卯の香、でらうち

でら打ちさん、客足がイマイチらしいので、もしご興味があるなら是非行ってあげて下さい。
東京でも最高の味噌煮込みうどんが食べられますよ♪




5/11(木)  番組の目指すところが曖昧 【卯の香】
2006年05月11日 (木) | 編集 |

今朝の体重75.2kg。

mixiのうどん関係のコミュニティで、「新宿東口に麺は宮武、ダシは彦江のような一杯を出す店がある」との情報を見、いてもたっても寝ても覚めてもいられず速攻で会社帰りに立ち寄る。

場所が超分かりづらい。
間口も狭いし。
店の前に立つと、全くオーラがない。
むしろ、明日潰れていてもおかしくないようなみすぼらしい佇まい。

入り口の食券機で¥180のかけうどんの食券を購入。
小さな期待と“¥180なら外れてもえぇか”という気持ちで店内に入る。

狭い。
奥まで進んで店主?らしき男性に食券を渡す。
奥では女性店員がうどんを食べている。(笑)

茹で置きの麺を湯がいてどんぶりに移し、「お待たせしました」と出してきた。
卯の香(その1)

うおっ。
このうどんのネヂレチヂレ具合はどうや。
なーるーほーどー。
宮武を連想しそうなうどんではあるわのー。

レジんとこでネギと天かすが入れ放題。
ホホー、ちゅとは分かっとるようやな。
ネギ入れ放題っちゅうのは大事じゃ。(でも、取りすぎてはいけない、残しすぎてもいけないよ♪)

ネギを3すくい入れる。
天かすは今日は止めとこか。
軽く胡麻を振ってから、席に着く。
卓上の生姜を多めに投入して、まずはダシを一口。

おおっ、何かかすかに讃岐平野が見えた・・・ような気がする。
彦江とは言わんが、そこいらのセルフうどんの水準よりは上か。
卯の香(その2)


  ズッ、ズズッ。

む?
むぅー。
やっぱ茹で置きではイカンのぉ。
こういう方向のうどんは茹で置くと一気に団子になってしまうんじゃー。
今度は冷たいん食べに来よう。

本日の食事。
朝食  おにぎり2個
昼食  定食(社員食堂)
おやつ かけうどん@卯の香
夕食  麻婆豆腐、焼き餃子、牛肉サラダ

我が阪神はロッテに快勝。
去年の日本シリーズの仮に利子付けて返したったわい!

本日の「新・どっちの料理ショー」は“斑鳩”VS“せたが屋”。
感想から言うと、全くつまらなかった。
どっちの料理じゃなくて、どっちの料理人ショーっちゅうか、どっちの料理屋ショーになっている。
番組の構成も料理を応援するんじゃなくて、料理人を応援する内容。
おもしろおかしく発言する両店主も、その内容がおもしろいのではなく、“言わされてる感が見え見え”な冷めたおもしろさ。

以前のように驚くような素材を発掘するわけでも無いし。
番組のスタッフが汗をかかなくなってないか?
どっちの料理を選ぼうかしら・・・という楽しみは全くなかった。
まるで、「料理の鉄人」の焼き直し。
10年前に飽きられた番組の真似してどうするんだ、と言いたい。
改悪の良い見本。

ちうことで、途中でチャンネルを変える。(笑)
GAORAの「吉本新喜劇」。
マンネリズムを長く続けられる秘訣がこの舞台にはある。
出演者が誇りを持ち、脚本にのっとりつつもアレンジをし、何よりお客さんに楽しんで貰おうと惜しみない笑いを提供しているところ。

よみうりテレビのスタッフに聞きたい。
「新・どっちの料理ショー」、いやいや作ってるでしょ。




5/10(水)  地球は美しい 
2006年05月10日 (水) | 編集 |

今朝の体重75.0kg。

これまでは健康診断が終了すると大いに油断してリバウンド!っちゅうことがまま有った。
でも、ワシは生まれ変わったのだ。

今後も継続してDIETに努めるのだ。
ちうのもね。

   ウエストが目に見えて細くなったの♪

ベルトの穴が一つ詰まりました。
無理矢理詰めて苦しい思いをするのではなく、食事をしてもお酒を呑んでも、一つ詰まったまま♪
イヤーん。
数年前に作ったイージーオーダーメイドのスーツが緩くなって来ちゃったワンワンワワン。

よーし、今日も泳ぎに行くわヨン様。

  1100m×1本
  プール全体休憩
  4900m×1本、50m×2本

   本日の合計距離    6100m
  5月の総泳距離     37.7km
  H18総泳距離    146.9km
 H15/5~総泳距離 1581.5km
  今朝の体重       75.0kg 
 プール後の体重      75.2kg 

どうよ、このハイペースな運動ぶり。
10日間で37.7km泳ぐなんて、信じられないリッヒ。
1日平均3.77kmよ。
このペースで行けば、今月は

     116.87km(!)

それはありえねぇー。
絶対、ありえねぇー。

ま、5月は毎年泳ぐ距離がググッと伸びる月。
それもこれもGWでお休みがあるから。
でまた、GWにどこにも行かないから。(笑)

今日は自宅で「DOTTON5」をチビリチビリ。

阪神は勝っとるし、乗り過ごす心配は無いし、子供は可愛いしで云うことは無いのぉ。

NHKがBBCと協同で製作した「プラネットアース」ってめちゃ番組面白いな。
しかも、Hi-Visionで見ると、ヒッジョーーーに綺麗な映像で素晴らしいっ。
TV写真

お、HP見ると6月に再放送あるじゃん!
絶対に見よう。

本日の食事。
朝食 おにぎり2個
昼食 もりそば、もりうどん
夕食 鳥唐、焼き茄子、サラダ

しかし、鳥唐はうまいのぉ。
やっぱ脂モンはたまらんでぇ(爆)



5/9(火) ジャッジメント・デイ  【美瑛・名のない中華料理屋】
2006年05月09日 (火) | 編集 |

今朝の体重73.6kg。

4日連続、飯抜き、酒抜き、ババア抜き。(最後は違う)

この状態で健康診断に臨んだわけですが、その結果は


    体重 73kg  体脂肪 22%


1年前より、体重が2kg弱、体脂肪が1%それぞれUP。


           最悪や。


一所懸命だったんですがね、たったの1ヶ月弱ですが。(鬱)
努力が結果に直結せんのが一番嫌いやねん。

とは云え、1ヶ月で6.8kg落とした。
ま、それでヨシとしとくか。

でも、昔はもっとギュギュッと絞れたんやけどな。
段々、直前の追い込みが効かなくなっている気がすんな。
流石に年っちゅうことか・・・

にしても、体脂肪の数値が上がったんは不満。
随分筋肉を付けたつもりやったけど、まだまだっちゅうこっちゃ。
もっともっともぉっと鍛え直さんとイカンな。

ちなみに血圧は下が70台後半で、上が110台前半。(細かい数値忘れた)
少し健全な方向へシフトした。 これは救い。

今後も「讃岐っ子 五つの誓い」をなるたけ守りたいんやけど、世の中誘惑が大杉。

    去れ、煩悩!

    来なはれ、オネェチャソ!

健康診断が終わって、次は海外調査発表本番。
昼前にメンバーと落ち合い、「美瑛(みき)」@大崎へランチに向かう。
鱶鰭ラーメンセット(杏仁豆腐が付く)を食べる。
みき(フカヒレラーメン その1)

鱶鰭の餡の味が濃すぎますな。
後、細切りの筍が多いので、鱶鰭の食感が紛れてどっか行っちゃいました。
みき(フカヒレラーメン その2)

ホントは「凛」か「大松」へ行きたかったが、どちらも大行列。
まぁ、「凛」はニンニク入れると臭っちゃうから、発表前には自重やな。
「大松」は行列が有るとはいえ、表のメニューがあまりにも凡庸。
安いだけじゃないの?とのツレの言葉を受けて回避した次第。

午後からの発表は無事終了。
無事ではなかったチームもいたが、ま、それはさておき。(笑)

これにてかなりの長期にわたって続いた研修は終了。
今後はどうなるか分からないけど、いよいよ実践に向かうことになる。
まずは何処へ異動するかだわな。
何処へ行っても、父ちゃん大暴れしちゃうもんねぇ♪

本日の食事。
朝食 サンドウィッチ
昼食 ふかひれラーメン
夕食 宴会、中華料理屋

終了を祝って、立食の宴。
粗食ではあるが、それもまたよし。
ガンガン呑んで、研修の垢を落とす。

んでもって2次会へ突入。
最初の乾杯して気絶。
次の日、携帯にどっかで見たことのあるオサーンが・・・
茫然自失

4日間、夕飯とお酒を抜いた状態でいきなり深酒するとこうなります。(鬱)

燃え尽きますた・・・・




5/8(月)  最終追い込み 【空気】
2006年05月08日 (月) | 編集 |

今朝の体重74.2kg。

GWは終了した。
何か終わってみると9日間も休んだと思えねーな。
ま、休もうが休むまいが、地球は回ってるし、今日も汚点倒産、いや、お天道さんは東から昇ってくるのだ。

  「久しぶりー。」

とか言って、今日からいきなり呑み出すオヤジはエライよ、全く。
日本経済のために私財と健康を投げ打って、月曜日からメートル上げちゃおうってんだから。(←ヤサグレ系)

  こちとら、3日間呑んでねぇっつーの。(←ヤサグレの原因)

おら、明日は健康診断だ。 
最後のお願い、じゃなくて最後の一押しに行くぞ、プール。

今朝が74.2kgだから73kgまでは減るだろ。

  1400m×1本
  プール全体休憩
  4500m×1本、50m×2本

   本日の合計距離    6000m
  5月の総泳距離     31.6km
  H18総泳距離    140.8km
 H15/5~総泳距離 1575.4km
  今朝の体重       74.2kg 
 プール後の体重      74.0kg 

うああああん!
苦しい思い(本当に今日のスイミングは腕が上がらなかった)したのに!
朝は200kcal、昼は600kcalしかエネルギー摂取してないのに!

   朝から200gしか減ってないじゃん・・・

何でじゃー、何でなんじゃー。

 嫁はん 「デブって、空気吸っても太るから。(プ)」

オマエ、ゼッタイイツカコロス
コノウラミ、ハラサデオクベキカ

ちなみに、我が家に於いて「空気吸っても太る芸能人」として認知されているのは

    TOKIO山口

    松下由樹

最近、これに倖田來未が加わろうとしております。
っちゅうか、コカコーラのCM。
モデル達に囲まれると、その手足の短さがクッキリと・・・

加えて、口を開くと、綾戸智絵とキャラが被っちゃうってのがツライ。(爆)
(ちなみに、妹のmisonoは、嫁はんの個体認識が得られず)

  「misonoってのは、day after tomorrowの
   ボーカルだった子なんだけどさ。」
  「何?day after tomorrow?
   そんなグループあったっけ?あったような・・・」

本日の食事。
朝食 巻きずし
昼食 ダイエットメニュー(社食)
夕食 抜き

最後の悪あがきってわけじゃなく、21時以降は絶食絶倫、いや、絶食絶飲なので、本日も夕食、お酒は無いチンゲール。



5/7(日) GW9日目 奥の手 【CoCo壱番】
2006年05月07日 (日) | 編集 |

今朝の体重75kg。

GW中にもっと痩せる予定だったのだが、全然ダメ。
今日でGWも終わりだっちゅうのに・・・こうなりゃ最後の手段じゃ。
カロリー摂取をミニマムにし、エネルギー放出をマックスに持って行くしかない。

いや、大変だったのよ、一時は。
昨日の朝、二郎食べてから体重図ったら、驚異の78kg(!)
慌てて泳いで、金曜に続いて、断酒、夕飯抜き。
その結果、75kgまで下がった次第。

で、今日もプールへ向かうわけだが、流石に空腹ではヤウ゛ァイ。
プールの真ん中で即席土左衛門になってしまうのはまずかろう。

新橋まで足を伸ばして喰うところを吟味するも、ピン!と来るところが無い。
「玄」に行ったら、3月末に閉店してやんの。
あ、大久保に移転ですか。
玄(張り紙)

玄(張り紙2)


結局、生まれて初めてCoCo壱番に入ってみた。
何か縁がなくて、これまで食べたことがなかった。
メニューを眺めるが、いっぱい種類があってよぉ分からん。
こちとら、牛肉の塊、ジャガイモ塊、人参塊がゴロッゴロ入ってるカレーで育ったもんだから、どの写真見ても食指が動かん。

だったら安いのでイイや、と野菜カレーにする。
量がよく分からんので、普通にする。
辛すぎても食えないけど、甘いのはもっと食えないので、無難な3辛にする。
CoCo壱番

ビジュアル・・・普通のカレーです。
安っちょい皿、溢れんばかりに盛りつけられたルゥ。
位置づけはあれか? 牛丼家みたいなもんか?
にしては値段が高くないか?

食べ始めると・・・辛い。辛いですな。
本格派(とされる)カレー屋の場合は、もっとスパイシーな辛さが有ったけど、ここのは違う辛さだな。
余程食べるところに困っているか、魅力有るメニューでも出ない限り、次の訪問は数年後になるな、こりゃ。

  4400m×1本
  プール全体休憩
  1600m×1本、50m×2本

   本日の合計距離    6100m
  5月の総泳距離     25.6km
  H18総泳距離    134.8km
 H15/5~総泳距離 1569.4km
  今朝の体重       75.0kg 
 プール後の体重      74.0kg 

2回もナイターで休んだ「生物惑星 WoO」の第三回目。
盛り上がって来ましたな。
ハイ・ビジョンを活かした映像がグゥ。
怪獣が大爆発するシーンは迫力満点。

「笑いの金メダル」は子どもにお付き合いで。
たむけん、元気やなぁ。
仕事に行くフリして、公園で時間を潰していたエピソードが懐かしいのぉ。
とはいえ、今回の東上も退路を断っての挑戦らしい。(家族も連れてきているらしい)
山崎邦正なみにおもんないタムケン、頑張れ。

   ってか、ケンドー小林に東上してもらいたい。

で、21時になにげに合わせた日本映画専門チャンネルで丁度「電車男」が始まるところじゃないですか。
ドラマじゃなくて、映画版ね。
山田孝之と中谷美紀のヤシ。 音楽はORANGE RANGE。

2時間弱と時間が限られているから、ドラマに比べて展開が早い。
ドラマは創作エピソードの挿入が多かったからなぁ。
逆に、ドラマでは省略されていた戦闘シーン「衛生兵を呼べ!」がキッチリ差し込まれているのが原作ファンには嬉しいな。

映画の方が数段オモロイわ。
音楽はおもったよりも坦々としてる。

本日の食事。
朝食 抜き
昼食 COCO壱番 野菜カレー+3辛¥660
夕食 抜き




5/6(土) GW7日目  明日のためにその1 【ラーメン二郎三田本店】
2006年05月06日 (土) | 編集 |
よーし、今日から再び心を入れ替えてDIETに励むぞぉ!

  ヴルルル ヴルルル

おや、メールだ。

  「本日、玉子の会が急遽開催されます。」

キョキョーー!
盛岡で131杯わんこを食べたばかりのお方から赤紙、いや、召集令状!
これは行かねばならぬ。

到着前にam/pmで生玉子を6個購入。
裏口からラーメン二郎三田本店に突入。

あ・・・・
こないだ、「とんがらし」でワシに気付かなかった青年がいるではないか。

  「おはすー。」

お、今日は気付いて貰えたぞ。(笑)

  「チミは盛岡で何杯食ったんだい?」
  「134杯す。」

チミは蕎麦星人か!

  「あれ?さぬさんも玉子買って来たの?オレもー。」

オイオイ、12個も玉子いらんだろ。

  「毎度―。おはよーございますー。」

お、玉子の会会長登場だ。
ゲ、その右手に持ってるのはまさか?

  「玉子買ってきましたよー。」

どうなの?
3人全員、am/pmで玉子買って来ちゃって(爆)
合計16個(!)

  「オヤッサン、玉子が16個有るんだけど。」
  「そんなにいらねぇーよ。誰か持って帰れよー。」
  「先着10名にサービスで。」
  「ダメだよーーー。(笑)」

本日の議題は「亀田三兄弟」でした。
二郎(その1)

二郎(s0ん02)

二郎(その3)

二郎(その4)

二郎(その5)

二郎(その6)


一旦帰宅して裏プレゼン資料を99%仕上げてからプールへ向かう。

土曜日の夕方時間帯に行くのは久し振り。
ハハァ、この時間帯はこういう客層なのねぇ。

  4150m×1本
  プール全体休憩
  2000m×1本、50m×1本

   本日の合計距離    6200m
  5月の総泳距離     19.5km
  H18総泳距離    128.7km
 H15/5~総泳距離 1563.3km
  今朝の体重        未測定 
 プール後の体重      75.8kg 

思ったより軽く泳げた。
水が軽すぎるくらいに腕が回る。

昨日に引き続いて夕飯は抜き。
同様にお酒も飲まず。
ただなぁ。
今さら「讃岐っ子 五つの誓い」に立ち戻ってもなぁ。(後悔先に立たず)

9日間伸ばした髭を剃る。
明日は髪を切ってこなきゃな。

本日の食事。
朝食 ラーメン二郎三田本店 小豚
昼食 抜き
夕食 抜き

夜はTVの音聞きながら、裏プレゼン資料を仕上げて関係者に送信する。
さ、本プレゼンの練習するかな・・・




5/5(金) 讃岐部屋  【福耳・桜花】
2006年05月05日 (金) | 編集 |

昼前に近所を散歩。
以前から気になっていた「福耳」を初訪問。

先客0,後客0。

以前、ここにあったラーメン屋「力じから」は年に2回くらいしか食べなかったけど、結構気に入っていた。
近所の同じ家系の「六角家」より気に入っていた。

その「力じから」の後を居抜きで使っているようなレイアウト。
メニューを見ると、家系とは違うことは一目瞭然。
しばらく考えた後、新メニュー(らしき)磯ラーメン¥680を注文。
(通常メニューと別に、短冊に書いて貼ってあった)
福耳(その1)

基本のラーメンに岩海苔がのせられたモノ。
ふむ。
近所の「信楽茶屋」のラーメン(貝類の風味が強くて、トッピングに岩海苔を推奨している)を意識したのかな?

まずスープをすすると(!)
ウマイがなっ。
貝類の旨味が動物ダシに溶け出して、レンゲが止まらない。
そこへ岩海苔が合わされば、もうタマランチ元会長。

メンマは太いが柔らかく、チャーシューはロースをその都度大ぶりに切り出すモノが一枚。
具材、スープは云うこと無し。

ただねぇ、麺の存在感が無さすぎ。
ンなとこまで「信楽茶屋」を真似なくとも・・・(笑)
福耳(その2)

食べている間も、店主はもくもくとノートに何かを書いている。
スープの味の探求か?新たな味の開発か?向上か?
と、店内奥のホワイトボードの多数のメモの中に「挑戦無くして向上無し」と書いてあるのが目に入った。
ワシ、こういうの好きである。店主の意気込みを感じる。  頑張れ。

一旦、嫁はんの実家に戻り、嫁はんと子供を残し出立。
やはり、プレゼン資料が気にかかる。
本プレゼンの練習もせねばならんしな。

車を洗って、ガソリンを注入して、15号へ出る。

2軒目に向かった先は「桜花」。
GWまっただ中とあって、かなり並んでますなぁ。
優に20人と云ったところですかね。
筆者の前には、関西弁を操る2家族が並んでます。
車で大阪まで帰る話をしてますから、GWに東京観光でもしたのかな?
お昼を有名どころのラーメン屋で〆ようとしてるみたいです。
ご家族の良い想い出になるといいですね。

時々、家族連れが居るとお客の回転が悪い!と云う内容がラーメン関係の掲示板に投稿されますな。
もうね。その人のおっしゃる通り。
家族連れは回転を下げる元凶です。
一人客に失礼ですからね。
ましてや、これから何軒も食べ歩かなきゃいけないラヲタには時間がないのです。
次のお店の昼の営業時間が終わっちゃうのです。
家族連れなんか、有名ラーメン屋に来るべきじゃないのです。
それにラヲタだって好きこのんで一人で来てるんじゃないです。
一緒に来てくれる家族どころか、彼女もいないんです。
仕事でも出世の見込みはないんです。
いや、中年なのに職が無いんです。
もうラーメンしか無いんです。
拗ねてるんです、嫉んでるんです。
自分1人くらい先に入れてくれたってイイじゃないか!と思いこんでるんです。
そんな自分中心主義ラヲタを見つけたら、他のお客さん達はソッと列を譲ってやるべきなのです。
それが「余裕」なのです。

   ちうことで、ワシを前に・・・・(爆)

件の関西弁2家族。
そのお子さん(2歳くらい?)がチョロチョロしているのだが、彼女の云うこと、やることがカワイらしくて見ていて飽きない。

券売機では何故か「特製つけ麺」を強烈にお薦めしている。
「特製つけ麺」と「特盛り」の食券を買って入店。
案内されたのは、入り口脇の1人席。
ワーーイ!やったよママン♪
周囲に迷惑かけずに、思う存分写真撮れるぞー。(←ラヲタ的発想)

しばらく待って、

   「特製つけ麺、大盛りです♪」
   「あれ?特盛り頼んだんですが・・・」(←結構恥ずかしい瞬間)
   「あらっ。失礼しました。今、茹でてますので、
    こちらを召し上がってて下さい。」
桜花(つけ麺)

ちゅうことで食べ始める。
オオッ、やっぱウマイわぁ。
無かん水でこの食感。
桜花(麺)

桜花(つけ汁)


   「すみません。こちら残りの麺ですー。」

ちうことで、これが裏メニューの替え玉です。(嘘)
桜花(替え玉 その1)

並んでから食べ終えるまで1時間強。
ラーメン連食かますとは、いよいよDIET終了か!?(鬱)
桜花(勢揃い)


本日の食事。
朝食 抜き
昼食 福耳、桜花
夕食 抜き

一応、裏プレゼン資料はセコセコ作る。
お腹が全く空かなかったので、夕飯もお酒も抜きました。
しかし、相撲取りの食事法じゃないか、これ。




5/4(木) GW6日目 ヨコハメ 【おでんや】
2006年05月04日 (木) | 編集 |

今朝の体重75.8kg

GW明けには2つの大きな行事がある。
一つは会長前でのプレゼン&報告会。
も一つは健康診断。

資料の詰め&仕上げと体重を絞ることがGWの大命題。

  わかっちゃいるけど、腰が重いのが玉にキス。(下品)

今日から嫁はんの実家に行くのだが、嫁&子供に先に向かって貰い、せこせこと資料作りに励む。
っつても、爆笑ドイツ珍紀行のパワポである。
天気イイのに何やってんだ。>オレ。

目処が付いたので(←完成手前で安心するタイプ(爆))、切り上げてプールへ行く。

休憩時間を挟まずに120分間連続で泳ぎたいので、13時過ぎに泳ぎ始められるよう逆算して行動開始。(休憩時間は15:20~15:30)
お昼もアレが喰いたいとか拘っていられないんで、プールの建物に入ってる喫茶?食堂?で食べる。
ここは、知的障碍者の方々が働いている。
一所懸命丁寧に接客してくれる。
お客さんが入店すると、先を争うように席へ案内してくれる。

食べたのは蕎麦定食。
蕎麦定食

味は・・・・隣のテーブルのナポリタンが旨そうでした。(笑)

さ、泳ぐぞぃ。

  6000m×1本
  200m×1本、50m×3本

   本日の合計距離    6300m
  5月の総泳距離     13.3km
  H18総泳距離    122.5km
 H15/5~総泳距離 1557.1km
  今朝の体重        未測定 
 プール後の体重       未測定

天気が良いと泳ぐスピードも上がるっちゅうこった。
126本スイスイと泳げた。

そのまま車で嫁はんの実家に向かう。
嫁の実家での夫の立場ってのは微妙である。
イイ席も用意されるし、飲み物も食べ物もいたれりつくせり、朴セリである。

  でも、微妙にチャンネル権は渡されない。(笑)

下品なバラエティとか、食べ物紀行番組にチャンネル合わせたりすれば、「教育に悪い番組見てるなー。」とか「相変わらず、頭の中は食い物で一杯か?」と疑われやしないか、とこちらもTVのリモコンには手を伸ばさないのである。

  「○○くん、ドイツどうだった?ま、呑みなよ。」

いきなりメルシャン本絞りチューハイが2缶置かれたりするわけで。
うーむ。
diet中の身にはツライが、これも付き合い、潤滑油だ、しょうがない、呑むか。(←嘘くさい)

夕飯はいろいろ。
お酒は控えめに呑む。
が、またもや義父からのお誘いが。

  「○○くんよ。例のおでん屋、行ってみないか。」
  「ハッ、喜んで。」

オレは居酒屋の店員かっつーの。
サシで呑むと、間が持たなくなり、過度の飲酒に走る恐れがあるので、嫁はんにもご同行願う。

古い商店街の一角にあるおでん種屋さんが、夜は飲み屋になるのだ。
名前は「かずさや」。
場所は、六角橋商店街中程である。
相変わらず、この商店街はいい。
古き良き昭和の香りが色濃く立ちこめとる。
おでんや(外観)

向かいのラーメン屋「中々」は、元「すっごいよ」っちうラーメン屋が在ったところ。
酒呑んだ後に喰っちゃろ♪と思っていたら、早仕舞いしてましたな。
確かに、ワシが滞在した1時間弱にお客さん1人じゃ商売上がったりだわな。

で、おでん屋。
店先に急造のカウンターが設えられ、そこで中高年が思い思いに呑んでいる。

  「大丈夫ですかね?」
  「あ、お客さん?じゃ、テーブル出すからちょっと待ってね。」

いや、アンタはお客だろう、と云う今までそこで呑んでいた兄ちゃんがテーブルと椅子を並べ始める。

  「すいませんねぇ。」
  「いいの、いいの。」

庶民的である。
店の人は?と奥を覗くと、高齢のご夫婦が仕事中。
うむ、セルフで色々やる方式のようだ。

  「おでんセットでいい?3人とも?」
  「あ、じゃぁ、それ頂戴。」

おでんセットはおでん5種にお酒(ビールかサワーか日本酒)がセットになって¥600。
おでんや(セットメニュー)

おでんのネタは選べない。
その辺がシビアだな。
イニシアティブは悪魔でも店側にあるのだ。

  「ハイ、おでんねー。」

お客のお兄ちゃんがサーブしてくれる。
おでんや(一品)

おでんや(三皿)


 1の膳 厚揚げ、しらたき、ちくわぶ、つみれ、薩摩揚げ
 2の膳 玉子、昆布、飛龍頭、つみれ、薩摩揚げ
 3の膳 大根、竹輪、ちくわぶ、つみれ、薩摩揚げ

しっかり5種ずつ盛られているから全部で15種類あるのかと思えばさにあらず。
10種しかない。
つみれ、薩摩揚げなぞ3皿すべてに盛り込まれている。
ちなみに、よーーーく煮込まれている。
オヤジ、これ20世紀から煮込んでんじゃねーの?っちゅうくらい煮込まれてる。
特に薩摩揚げ。

で、義父も嫁はんもあんまし食べないから、ワシが食う羽目になるのだ。

  「○○クン、オレの好きなはんぺんが無いから取ってくるよ。」

こら、自分のノルマを果たさない内に離席するんじゃないっ。
あ、何やってんだ。
はんぺんだけならまだしも、ボールとウィンナー取って来ちゃってるよ。
おでんや(追加おでん)

はっきり云って、つらかったす。
あんなにおでんばっか(しかも、売れ残り)を喰うと。
やっぱカウンターに座って、好きな種を指定しながら食べねぇーとダメってこった。

とは言え、安いからなぁ。
おでんや(マカロニサラダ)

おでんや(マグロ刺身)

マグロ刺し、マカロニサラダをつつきながら向かいの店を眺めると、その筋の方々にはたまらない玩具がたーーくさん。
向かいの店(その1)

向かいの店(その2)

向かいの店(ケロロ)

向かいの店(湯呑み)

興味ある人は六角橋商店街に急げっ。

本日の食事。
朝食 抜き
昼食 蕎麦定食
夕食 嫁はん実家の手料理、おでん屋




5/3(水) GW5日目 夏日の出来事 【くら寿司】
2006年05月03日 (水) | 編集 |

今朝の体重76.0kg

出かけなきゃ勿体ないほどの良い天気。
ワシにとってはGW5日目なんだが、暦通りの子供達にとっては今日がGW初日である。
こりゃ、どっか連れてってやんなきゃ。

とは言え、先立つものが無い。
お金が出ない家族は知恵を出すより他にない。(爆)

  「では、公園へお散歩に行きましょう。」

おお、嫁よ!
相変わらずケチ臭い提案をありがとう。(笑)

近所の公園へ行き、しばらくアスレチックやら鉄棒に興じる。
鉄棒やろうかと思ったが、前回りはおろか、逆上がりもできない。
できないっちゅうか、踏ん切りがつかないのだ。
早く云えば、「怖い」のだ。
これが齢から来る衰えっちゅうヤシなのか。

お昼は品川港南口の「くら寿司」へ。
ワシはあんまり好きではないが、子供のハートを鷲掴みにされているもんだからやむを得ず。
ソファシートだの、片付けの手間を省いたガラポンシステムだの、そこかしこに工夫が見える。
ただね。

   一番ウマイ寿司がイベリコ豚ってのは、寿司屋として如何なもんか?

一皿¥105均一なんで、4人で¥3150とは激安。

品川インターシティのフリーマーケットをひやかしてから、港南口のアウトレットをジャストルッキング。
それから、足を天王洲アイルに向けてみた。
TYハーバー

天王洲のT・Y・ハーバーブリューワリーは賑わっていた。
TYハーバー(その2)

しかし、この「シーフォートスクエア」の寂れ具合はどうだ!?

GWまっただ中というのに、ほとんど人がいない。
昔は、FM東京主催のフリーマーケットを開催していて、それは活気があったんだけどな。
2Fの劇場は改装中。
シャッターが降りたままのお店が数軒有るのがもの悲しいが、「閉店セール」やってるお店が拍車を掛けている。

    終わってるな・・・・

天王洲アイルのラーメン屋「」は張り切って営業中だったが、お客さんが入ってる雰囲気が無い。


さて。
そっからテクテク歩いて自宅を目指す。
途中、とら会で「陸の孤島」と書かれたアルプスラーメン。

実は、その近所には日本最大のマンション群WCTがあって、最終的には2090戸が完成し、数千人以上が住むことになる。
また向かいには東京海洋大学(水産大学と商船大学が合併)、近隣にはWCT以外のマンションも続々建設中(あるいは建設済み)であり、かなりの数の人達が暮らしている。

      その人達、皆、島民。(爆)

芝浦アイランドの住民だったら、「島民」と云われても喜ぶだろうけど、最寄り駅から20分近く歩くだけで島民呼ばわりされちゃ、寂しかろう。
しかも、「孤島」ですって。どう聞いても、誉め言葉じゃなかろう。

ネット掲示板に書き込む際には細心の注意が必要ってことですな。
昔のとらさん会議室では、そう云うネチケットに関する話題も頻繁に書かれていたけどねぇ。自重自重。

本日の食事。
朝食 抜き
昼食 くら寿司
夕食 もんじゃ




5/2(火) GW4日目 相撲取りのような食事 【鈴木屋・笑の家】
2006年05月02日 (火) | 編集 |

今朝の体重76.0kg

今日は仕事に行きたかったのだが、会社より強制休暇にされてしまった。
昨年の休暇取得率が職場でワースト1に輝いたご褒美らしい。(笑)

朝から大雨。
子供を駅まで送り、朝飯の場所を物色。
「一心たすけ」・・・
いや、「イレブンフーズ」・・・
いやいや、連チャンで「ラーメン二郎三田本店」・・・

悩んだが結局帰宅。
出かけるつもりが、GW明けのプレゼン資料をいじくっていたらタイミングを逃してしもた。
その代わり、夜に鈴木屋に行く腹づもりを固める。
となると、なおさら夜に備えてお金をセーブしたくなるもんだから不思議ね。
ちゅうことで、結局朝も昼も食事を抜いてしまった。

夜はいつもの「鈴木屋」へ。
自転車をチンタラ漕いだつもりが、開店15分前に到着してしもた。
店先で待つか・・・と入り口の前に立つと、中には団体さんらしき影が。
こりゃ、今宵も出足が早いのかっ!?
GWだもんなっ!
っと、ドア開けて

  「こんちはー。ちょっと早いけどイイ?」
  「あ、○○さん。どうぞ、どうぞ。まだかかりますけどね。」 
  「あれっ!?あ、お子さん達だったんだー。こりゃまた、先客かと思って
   焦って入っちゃったよー」

我ながら、小心過ぎるな。
でも、ほどなくお客さまで満席になったのは云うまでもない。

女将さん曰く

  「昨日は凄かったですよー。開店以来の混みようでしたから。」

今日来て良かったー。

今日も一番左端の焼き台正面に陣取る。
一番右端のレジ前に陣取って、スペシャルシートの方々に気配りするのも楽しいが、最近めっきりお酒に弱くなってしまい、余計な絡みをしてしまうリスクを回避した次第。
鈴木屋(メニュー)


17時少し前に大将登場。
大将の動きはいつも決まっている。

トイレの暖簾を半分、丁寧にたくし上げる。
腰のエプロン?をギュギュッと絞る。
頭の手ぬぐいを優しく額に当てて、ピシッと絞める。
焼き台に来て、塩を移す。
そして、煮込みの味の確認と最終調整を行う。

ここまでは何人たりとも、飲み物と付きだし以外の食べ物を食べることはできない。
生ビールを飲みながら、付きだしの塩キャベツをつつく。
鈴木屋(生ビール)


  「○○さん、煮込みは?」
  「あ、下さい。」
鈴木屋(煮込み)


モツ焼きの注文書はすでに渡してある。
ちなみに、お客さん3人の時点で「子袋」の木札はひっくり返され、「売り切れ」になった。
鈴木屋(生3兄弟)


まずはいつもの生3兄弟の登場である。

  「子袋」「わっぱ」「レバー」
鈴木屋(生3兄弟その2)

鈴木屋(わっぱ)

鈴木屋(子袋)


軽く火を通した一品。
醤油をちらりと垂らし、ニンニク(真緑!)を乗せたり、ラー油を垂らしたりしながら食べる。
歯を通す毎にムチムチとまとわりつく食感がたまらない♪
鈴木屋(ひも)

途中から、カクテルに切り替える。
少し甘いジンジャーの風味が「ヒモ」のスタミナタレにマッチング。
鈴木屋(ひもその2)

ふひー、ウマー。

ピーマン、続いて、つくねとテッポウ(醤油)が一緒の皿で出てきた。
鈴木屋(ピーマン)

鈴木屋(てっぽう・つくね)


  「○○さん、つくねを2箇所で書いてらしたんで、上の欄の1本だけ先に焼い
   ちゃいました。後からもう1本焼きますから。」
  「あ。そりゃ面目ない。やだね、何回も来てるのに全然覚えてないね、オレは。」

誠に恥ずかしい(汗)
鈴木屋(つくねピーマン)

ピーマンに乗せてラー油をチラリと垂らしてシャクッと食べると、みずみずしいピーマンと表面カリカリ中身はフワッのつくねのハーモニーが、単なるピーマン肉詰めをは全然違う印象を刻んでくれる。
毎度の事ながら、これはウマイッ。
鈴木屋(しびれ)

シビレもいつものことながら、食感がコリリッとして素晴らしい。
ホント、豚ってえのは色んな部位があるモノだ。
牛よりも全然部位毎の味が違う。

いろんな人が絶賛する某焼肉屋@江戸川区(←色んな部位を食べさせてくれるお店)で食べたことがあるが、云うほどの食感の差が牛の部位毎にあるかと云われると問われると、疑問である。

むしろ、牛の場合は、牛種での食感差の方があると思うんだよな。
同じロースでも、アメリカ、オージー、スーパーの国産、松坂みたいな違いっちゅうか。

確かに、三筋もザブトンもロースも旨いが、食感がまるっきし違うか?と云われりゃ、ある程度は似てるでしょ。
多分、1cm四方に切って、目隠しして食べたら区別できないんじゃないかな。
少なくとも、ワシは判別付かないと思う。(笑)
鈴木屋(ねぎ)

20回以上は返すくらい手間を掛けても、たったの¥130(!)のネギは甘くてキュキュッ。
鈴木屋(かしら・なんこつ)

鈴木屋(かしら・なんこつ その2)

〆はカシラと最近ワシのお気に入りであるナンコツ。
最後にホルモンではなく、肉肉した一品で満足度も激しく向上。(笑)

お土産に、「味付けガツ」「豆モヤシ」「タン」「ハツ」「ヒモ」を焼いて貰い持って帰る。

   「○○さん、1本オマケしといたから。」
   「ありがとーー♪」

真っ赤な顔で御礼を言い、店を後にする。

さー、壊れたぞ。(笑)
壊れたと云っても、満腹中枢が壊れた程度で、これまでの様な“電車を激しく乗り越した”り、“デジカメを紛失した”りっちゅうほどでは無い。

酔っぱらいオヤジ(DIETの自制心外れ中)はフラフラと「笑の家」@三ノ橋へ吸い込まれてしまった。(←終わったな・・・)

   「今なら引き返せるぞ・・」

頭の中で誰かが囁く。
ところが、脳内で何かが決壊したようで、迷わず“ラーメン大盛り”のボタンを押してしまったと云う。

   「本格的に終わったな。終わったな。ったな。たな。な。」

どうせ終わるなら、派手に終わろうじゃないか。なぁ、兄弟。(←誰だよ。(笑))

食券を出しながら、「カタメ・濃いめ・少なめ」と注文。
いわゆる家系の注文ってヤシだ。(決して、その日の朝にひりだした○○コではない)

 ※ カタメ:麺固めのこと。他に普通、柔目。
   濃いめ:味濃いめのこと。醤油タレが多めになる。他に普通、味薄目。
   少なめ:表面に入る鶏油(チーユ)が少なめになる。他に普通、多め。

こうやって見ると、“髪の毛”の表現に似ているか?

例えば、髪の毛が「固め、濃いめ、多め」の場合。
小倉久寛みたいになっちゃうかもしれん。

「普通、薄目。多め」の場合、筑紫哲也とかね。

   絶対に避けたいのは、満場一致で「少なめ」かな?(笑)

笑の家(その1)

久しぶりに食べる家系ラーメンは旨かったですわ。
途中からは味をアレンジしまくり。
笑の家(その2)

まずは、ニンニク投下。 次に、生姜投下。 最後は、豆板醤投下。

     まさに、「味の絨毯爆撃」(笑)。

満足、満足♪  って、こりゃ太るよなぁ。

本日の食事。
朝食 抜き
昼食 抜き
夕食 鈴木屋 笑の家

やっぱ、フィニッシュラーメンは止めよう・・・