FC2ブログ

酒とうどんとスイミング

呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.

2018年09月10日(月) 2737日目(その21) 神座~帰京

もう22時かー。
スマホでググって,歩く事5分のこちらへ。

20180910神座(その2)

    ラーメン神座

店頭には3人の並び。
バスに間に合うかー。いや,間に合わんと思うなら並ぶなよ>ワシw

   勿論,並びますっ

あ,先に食券買わなきゃ。

20180910神座(その1)

¥680おいしいラーメンの食券を購入。

  もう呑みませんよっ!

20180910神座(その3)

直にご案内。
白地が基本の店内の造りは全店共通。

20180910神座(その5)

おいしいラーメン

20180910神座(その4)

あぁ,いつ見てもそそられる。
野菜が多くて,いわば,プチ鍋物なんだよなー。

20180910神座(その7)

   ズゾゾゾゾ

細麺は周囲をコーティングされたような食感で,なかなかノビない。

スープは野菜主体なのであっさり。
白菜がシャキシャキなのが嬉しい。

20180910神座(その6)

少なからず入った豚バラがまた美味しい。

最後まで食べ終えて,スープも半分くらい飲む。
ごちそうさまでした。
美味しゅうございました。

朝食 第一旭たかばし本店 
昼食 たん熊@リーガロイヤル京都,お好み焼ききじ
夕食 酒の穴,肴や,金盃,ラーメン神座


店を後にする。
22時半過ぎ。
もう時間が無い。

酔っ払いは素直にスマホで桜橋ALBIをセット。
従って歩く事5分で到着。

梅田MARCHEのトイレへ行って,準備万端シルビーバルタン。

20180910桜橋口(その1)

信号待ちしている目の前を,ワシが乗るOSAKABUSが通過。
信号を渡って,反対側の停留所で係員に乗車券を見せて無事乗車。

20180910桜橋口(その2)

席は9B
真ん中列の最後尾で,背中はトイレ。

トイレとの間に空間があるので,席を倒し放題少女隊

マスクして毛布を首まで被って,落ち着いた途端,寝落ち。
さぁ,このまま,私を東京まで連れてって♪

Fly Me to the TOKIO♪

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト



2018年09月10日(月) 2737日目(その20) 金盃

天五を歩く。
一瞬,「天満橋酒蔵」の看板に吸い込まれそうになるが,踏みとどまるw

20100910天五中崎商店街(その1)

20100910天五中崎商店街(その2)

20100910天五中崎商店街(その3)

20100910天五中崎商店街(その4)

天五中崎商店街

20100910天五中崎商店街(その5)

入り口のラーメン屋「洛二神」

随分前に,関東からラヲタが大挙して食べに行ってたなぁ。
ワシも一回か二回食べた。

20100910天五中崎商店街(その6)

堀内酒店(角打ち)

20100910天五中崎商店街(その7)

20100910天五中崎商店街(その8)

稲田酒店
こっちも角打ち(写真ブレブレでスミマセン)

20100910天五中崎商店街(その9)

20100910天五中崎商店街(その10)

20100910天五中崎商店街(その11)

出口近くのいつも行列してるラーメン屋

20100910天五中崎商店街(その12)

店先の能書きが詳細で丁寧ね。

20100910天五中崎商店街(その13)

商店街を抜けた大通りを梅田に向かって歩く。

前に泊まった「大東洋」

20100910梅田(その1)

ジェットバスの足裏への水圧が最高なんじゃ。

梅田到着。

前に行ったことのある串カツ居酒屋「うつのみ屋」の手前に「釜たけ流 うめだ製麺所」って店が出来てた。

20100910梅田(その2)

この「釜たけ」を名乗る店,時々見掛けるが,NGK裏に有った「釜たけうどん」(閉店)とどういう権利関係なんだろうか。
新梅田食道街にもあるけれど。


再びの新梅田食道街
戻って来たのは,勿論,目当てのお店があるから。

20100910金盃(その1)

   金盃

やっと来られた。
頻度から言えば,一年に一回くらいしか来られない。
なので,全然顔を覚えて貰えん(泣)

  「らっしゃい。」

  「小下さい。」

20100910金盃(その2)

カウンター右奥へ潜り込む。

  「エッグ下さい。」

20100910金盃(その3)

エッグ

20100910金盃(その4)

かき混ぜんと「早よかき混ぜんと固まるで。」
熱心にかき混ぜてると「かき混ぜ過ぎや。」


  難しいんですわ(笑)

次、何食べよかな。

はもちり,380円とえらい安い。
前に食べたけど,その記憶が無い。
と云う事は・・・うん,避けようw

金盃ポテトを貰う。

  「一杯下さい。」

「小」と云えばビールが出て来る
「一杯」と云えばお酒(樽酒)が出て来る。


20100910金盃(その5)

そういう,メニューに合わせた符丁なんじゃ。
(昼間撮影のメニュー表)

20100910金盃(その6)

しみじみと呑めるエェお店です。

そういう系統のお店が連なる「新梅田食道街」こそ、一人呑みの聖地
それが、大阪駅敷地内にある懐の深さが大阪の素晴らしさ。

また、来ます。
ごちそうさまでした。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2018年09月10日(月) 2737日目(その19) 肴や

なんば駅へ移動。
千日前線で,日本橋乗り換えで堺筋線。
扇町到着。

20180910肴や(その1)

階段を上がる足取りが重い(笑)

天満四丁目から五丁目へ移動。
もう20時半や。

寿司の「春駒」本店へ向かうと,店仕舞いしたところ。
カウンターには未だお客さん居てはる。

支店へ向かうと店頭に3人待ち。
並ぼうとすると,ドンケツのお客さんが「これー」と指差した先には,「本日営業終了」の看板が(涙)

「寿司 政」は定休日らしく,本店も支店もお休み。

こりゃ,お寿司は諦めじゃ。

なので,行き先変更。

   肴や

久しぶりの訪問。
ここはアテが間違いないからな。

先客はカウンター3人,テーブル2名と拍子抜けするほど少ない。
いつも混んでるイメージが有ったが,月曜日だから空いてるのか。

生ビールを貰う。

20180910肴や(その2)

黒板メニューを見ようとするも,全然読めない。
もうさっぱり目がイカン。
情けないのぅ。


  「手元のメニュー表に同じこと書いてありますので。」

それは助かります。

  「キノコのオムレツと握り寿司五貫下さい。」

お寿司を諦めきれなかった筆者(笑)

お寿司は,目の前で魚を切り出して,握ってくれる。

20180910肴や(その3)

寿司(鯵・烏賊・鯛・赤身・蛸)

20180910肴や(その5)

20180910肴や(その4)

定番五種類が入ってて,これは嬉しい。

20180910肴や(その6)

キノコオムレツ

20180910肴や(その7)

きのこたっぷり♪

お酒を貰う

20180910肴や(その8)

チロリで出てくるんが気が利いてるやん。

20180910肴や(その9)

お替りはギネス

20180910肴や(その10)

20180910肴や(その11)

ピザ

20180910肴や(その12)

美味しかった。
大阪は気軽に立ち寄れるお店がよっけあってエェな。

東京は一人で落ち着いて飲める店が意外と少ないけんな。
赤羽や立石が愛されるのは、一人客を大事にしてくれるからやと思うわ。

ごちそうさまでした。
「マッスルホルモン」に薄い後ろ髪惹かれるも,断ち切りましたw

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2018年09月10日(月) 2737日目(その18) 新世界~日本橋~なんば

新世界を散策。

20180910通天閣(その1)

道頓堀より,看板の圧迫感が凄いイメージ。
多分,通りが狭いからやな。

20180910通天閣(その2)

通天閣

20180910通天閣(その3)

20180910通天閣(その4)

夕日に照らされてエェ感じ。

20180910通天閣(その5)

20180910通天閣(その6)

ワシ自身は大阪生まれでは無いので,ノスタルジーは感じても,所詮,よそ者の感想。
地元の方々は,これを見ると気持ちが落ち着くみたいね。

20180910通天閣(その7)

反対側へ抜ける。

20180910通天閣(その8)

こっちから見た方がよりオレンジっぽいかな。

20180910通天閣(その9)

恵美須町駅方面へ歩く。
平日にもかかわらず,行き交う人は多い。
そういう街。

20180910日本橋(その1)

20180910日本橋(その2)

もう少し北上して,日本橋(にっぽんばし)
西の秋葉原と言われる電気街。

20180910日本橋(その3)

メインの通りには,エロDVD屋が多いな。
これでは,子供が来づらいわなぁ。

20180910日本橋(その4)

大人のおもちゃ屋さんとか,もうちゅと裏通りでひっそりとやりなさいよ。

20180910日本橋(その5)

20180910日本橋(その6)

ポケストップに導かれるまま,裏通り。
すると,今度はメイドカフェの呼び込みが凄い

20180910日本橋(その7)

20180910日本橋(その8)

さっきの飛田新地の呼び込みは店から出て来ないが,こちらは近寄って来てチラシを渡して来る

20180910日本橋(その9)

20180910日本橋(その10)

チミ,20歳くらいやろうに,こんなオッサンにまで声を掛けなきゃならんのか。
その恰好(メイド服,制服)で。

20180910日本橋(その11)

ワシを店に連れてって何の話をするのかね?

20180910なんば(その1)

秋葉原より闇が深い感じがする。
そういや,ここ日本橋では女子高生絡みのライト風俗の摘発が幾つかあったよなー。

20180910なんば(その2)

いつもの裏なんばの通りに入る。

20180910なんば(その3)

おお,「ワンナップ」健在やん!

20180910なんば(その4)

「七三一」って蕎麦屋さんになってもぅたんやな。

20180910なんば(その5)

20180910なんば(その6)

抜け切ると,小さな公園。
ここも相変わらず暗いままw

20180910なんば(その7)

左へ曲がると,「のスた」の大阪支店がある。

20180910なんば(その8)

店先には6人ほどの行列。
繁盛で何より。

20180910なんば(その9)

20180910なんば(その10)

そういや,「千とせ」閉店したんやっけ?
それは「信濃屋」か?

NGK脇のがんこラーメンはお休み。

20180910なんば(その11)

20180910なんば(その12)

20180910なんば(その13)

NGK前では着ぐるみ茂三が集客中。

20180910なんば(その14)

出待ちの若い衆がたくさんいました。
お向かいのビルにドンキが入ったんやねぇ。

20180910なんば(その15)

千日前まで歩く。

20180910なんば(その16)

20180910なんば(その17)

20180910なんば(その18)

堺筋へ向かい,「正宗屋」
なんと,店頭には入店待ちのお客さん。

20180910なんば(その19)

あちゃー,カステラ食べたかったんやけどな。

20180910なんば(その20)

踵を返して,道頓堀まで。

20180910法善寺横丁(その1)

そこそこの人出。
でも,普段はもっと凄そう。

20180910法善寺横丁(その2)

お約束の写真

20180910道頓堀(その4)

道頓堀はエェなー。

20180910道頓堀(その5)

20180910道頓堀(その6)

整備されて,なんか臭く無くなった(笑)

20180910道頓堀(その7)

それよりも,「今井」が見つからん。
移転した?

20180910法善寺横丁(その3)

別方向から,法善寺横丁へ入る。

20180910法善寺横丁(その4)

20180910法善寺横丁(その5)

雨に濡れた石畳がステキ。

20180910法善寺横丁(その6)

水掛け不動尊にお参り。
外人さん,多いなぁ。

20180910法善寺横丁(その7)

猫クンが三匹登場

20180910法善寺横丁(その8)

戯れております。

20180910法善寺横丁(その9)

20180910法善寺横丁(その10)

住みよいんかな?

20180910法善寺横丁(その11)

20180910道頓堀(その1)

20180910道頓堀(その2)

20180910道頓堀(その3)

西成から「酒の穴」を挟んで,ほぼ5時間ほど歩き回っているので,足が重くなって来た。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2018年09月10日(月) 2737日目(その17) 酒の穴

西成を後にし,新世界へ歩を進める。

20180910新世界(その1)

このトンネル,最初に通った時は緊張したが,今や雰囲気に溶け込んでしまった筆者(笑)

20180910新世界(その2)

動物公園側の三貫握りで有名な寿司屋,今回はパス。

20180910新世界(その3)

ホルモン道場,お客さん一杯。
空席が一つだけ見えたけど,手荷物2つのワシは邪魔やな。

20180910新世界(その4)

串カツの「近江屋」さんを探す。
前に「たけちゃん」で会ったお客さんイチオシの店。

20180910新世界(その5)

20180910新世界(その8)

20180910新世界(その9)

20180910新世界(その10)

しかし,筆者,手前のこちらに吸い込まれました。

    酒の穴

なんとて名前がエェ(笑)

  「瓶ビール頂戴。大瓶」

20180910酒の穴(その1)

大瓶が来たところで注文。

  「ミノ。それと海老塩焼き。」

  「海老,幾つ?」

  「一つ。」

海老塩焼き

20180910酒の穴(その2)

ちょっと予想と違った見栄えけど,肉厚で噛み応えはある。
¥200なんで,文句は言われへん。

ミノ

20180910酒の穴(その3)

20180910酒の穴(その4)

これはアカン。
めっちゃ固いし,小さい上に5切れだけ(笑)
キャベツで嵩を出し過ぎじゃ。

レモンサワーを貰う。

  「うずら串と唐揚げ。」

店内では相撲を中継中。
一戦一戦に歓声が上がる。

特に,稀勢の里逆転勝利には歓声!

  「よぅ,勝ちよったなぁ。」

20180910酒の穴(その6)

うずら串フライ,唐揚げ

20180910酒の穴(その5)

味云々の店では無く,毎日使える感じがエェんですな。
ごちそうさまでした。

店の外に出ると,向かいに「串カツ だるま」

20180910新世界(その6)

へー,ここが発祥の地なんや。

でも,新世界だけで何店舗あるんやろか。
ちゅと多すぎ。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

讃岐っ子

Author:讃岐っ子

一.うどんにはうるさいです。  
  ワーワーワーワー!!

一.ラーメン二郎が止められません・・・・

一.No swim,No life.

一.体の水分のアルコール濃度が高いです。

一.阪神タイガースは一番やー!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ランキング♪

FC2Blog Ranking

リンク

designed by たけやん