2017帰省(2月)

2017帰省(2月) に関する記事です。
今朝の体重  73.4kg

4時半目が覚める。鳴門から5時間,一気に寝たか。
寝なおす。
5時45分,海老名SA到着

20170214海老名SA(その4)

20170214海老名SA(その3)

10分間の休憩で,トイレ済ませて,館内散歩。

20170214海老名SA(その1)

「大山」は,改装休業中。
元々食べる時間ないけどね。

20170214海老名SA(その2)

6時半,YCAT到着。
46分の横須賀線で帰宅。

リュックの中身を整理。
汚れ物は洗濯機,食べ物は冷蔵庫。

シャワー浴びて,着替えつつ,TV。
案の定,清水富美加の幸福の科学出家ニュースで大賑わい。
どうでもいい話だけど,関心があるとすれば,ただ一点。


「何故,このタイミングだったのか?」

芸能事務所は苦境ですな。
能年玲奈の時は,連れ添う人のせいにできたけど,今回ばかりは本人の申し立て。
過去の給与明細もあるだろうし,かと言って,幸福の科学がそそのかしたと云って,敵にも回しづらい。

まぁ,この事務所が無くても,視聴者は困らん。

いつもより40分遅い電車で出社。
最寄駅から歩いたので,出社時間は一駅散歩&ポケモンGOの時と変わらない。

今朝までレベル33,403000xp,143種(内,追加新種4種)

明日の仕事の段取りをして,18時退社。

さぁ,泳ぐぞっ!

5000m × 1本
  50m × 2本

本日の合計距離      5100m
2月の総泳距離      26.1km
H29総泳距離      77.8km
H15/5~総泳距離 7574.8km
プール前の体重      73.9kg
プール後の体重      73.0kg


表の看板には26人入場中とあったけど,周回コース2つとも4人ずつ。
多い時には7人ずつと混み混み。

結構速い人もいる中,遅いけど絶対先を譲らない強力ストッパーが各コースに2名ずつ(苦笑)
一週間ぶりのワシは無理しないつもりなので,追いついたら,手前5mで折り返してた。

そんな中,最近見かける超速いカップルが降臨。
ガンガン煽るも,強力ストッパーは動じない。絶対に譲らない(笑)

そして,ご常連の外人ストッパー降臨。
50mを2分以上掛けて泳ぐ,超強力助っ人(爆)

    各コースとも完全に糞づまり

高速道路を20km/hで走るが如し

ワシは残り10本をゆっくり泳いで終了。
ちゅと腰が痛いかもw

建て替え前のプールで毎週土日の朝に会っていた御仁を見掛けた。
多分,3年ぶりくらい?
お元気そうで何より。


朝食 おにぎり2個
昼食 レトルト味噌ラーメン%セブンイレブン
夕食 鳥一の焼き鳥,うにイクラ,バチコ


21時半過ぎ帰宅。
高松から持ち帰った「鳥一」の焼き鳥を家族でシェア。

正肉,きも,皮,ズリの4種。
子供が「美味しい」と言ってくれたので,トウチャン面目躍如。

うちのオヤジが若い頃,よくお土産で持ち帰ってたんだよなぁ。
歴史は繰り返しております。

20170214晩酌(その1)

20170214晩酌(その2)

20170214晩酌(その3)

23時頃轟沈。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ニコレンからタクシーで三越まで移動。

三越の食料品売り場で,オヤジの明日の食べ物を見つくろう。
それを携えて,こちらへ。

   吉甲

 「いらっしゃいまーせー。」

明るい声でお出迎え。

20170213吉甲(その3)

お酒を頼むと、すぐにアテが出てくる。

付き出し三種

20170213吉甲(その1)

20170213吉甲(その2)

虎魚刺身

20170213吉甲(その4)

コリシコ食感で美味しい

20170213吉甲(その5)

強面やけど、美味しいですな。

20170213吉甲(その7)

肝、独特の深み

20170213吉甲(その6)

ニシガイ

20170213吉甲(その8)

貝の独特の旨味がさく裂

讃岐牛のステーキ

20170213吉甲(その9)

表面の焼き目の付け方が秀逸

20170213吉甲(その10)

決して焦げてないしし。

20170213吉甲(その11)

少し甘いコクのあるソースが美味い!

20170213吉甲(その12)

虎魚の煮付け

20170213吉甲(その13)

20170213吉甲(その14)

最初の虎魚、全部を刺身にしたわけではなく、少し残して煮付けにしてくれた

20170213吉甲(その15)

20170213吉甲(その16)

これがまぁお酒が進むことか。

ANAホテルの「鶴家」を彷彿させる甘い味付け
身のほぐれ方が独特

焼いたバチコ

20170213吉甲(その17)

これだけで、二合は呑めるという危険な一品

虎魚の唐揚げ

20170213吉甲(その18)

いやー、まだ身を取ってあったか(笑)

〆のお食事

20170213吉甲(その19)

今宵は、香川県名物の白味噌雑煮

20170213吉甲(その20)

20170213吉甲(その21)

餅と金時人参と大根だけ(葱を散らしてくれた)

20170213吉甲(その22)

一口すすると懐かしさ爆発
ンマイなぁ。

20170213吉甲(その23)

雑煮は餡入り

20170213吉甲(その24)

餅のしょっぱさと餡の甘みが合わさって、なんとも美味しい。

20170213吉甲(その25)

今日もたくさんいただいた。
ごちそうさまでした。

タクシー呼んで、ワシを高松駅で降ろして、オヤジは自宅へ。

  「ほんだら、また来月。」

  「気ぃつけての。」

20170213高松駅(その1)

20170213高松駅(その2)

20170213高松駅(その3)

朝食 がもう
昼食 なかむら
夕食 吉甲


20時半発のコトバス,なんと3台(!)も来た。
予約に応じて増発しとるんやなー。

今回の席は運転手の真後ろ「1A」である。
足を伸ばす場所が無いのはつらいのう。

動き出して直ぐに爆睡。

23時半,鳴門のコトバスステーション到着。
雨が降っていたようで,路面が濡れている。

一気にポケモンが飛び出したので,丁寧に6匹ほどゲット。
トイレを済ませて,さぁ,もう一眠り。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

来た道を戻り,一路,自宅へ。

留守録を聞き直したオヤジが,親類宅へ電話を掛けなおす。
何となく不安な気持ち。

裏庭へ行き,洗濯物を裏返しつつ,乾いた分は取り込む。
戻って来ると,オヤジから伝えられたのは,お世話になってきた伯母さんの訃報でした。

小さい頃から本当にお世話になった。
毎年,忘年会で会うのが楽しみだった。
こないだの年末の忘年会で会うたんが最後になってしもた。

オヤジと共に着替えて,車で駆けつける。
手を合わせる。
本当に眠っているようだった。
ついこないだまで話していたのに。

今後,伯父さんがガックリ来ないかが心配。

無念だけれど,お通夜と告別式には参列できない。
これまでの50年以上の感謝を込めてお礼を伝えて来た。
残念です。

自宅へ戻り,帰り支度。
雨戸を閉め,トイレ掃除し,台所だけ掃除機掛け。

冷蔵庫に入れておいた食材を保冷バッグに移す。
荷造りして,玄関に全て出す。

17時前にオヤジを乗せて,ニコレンへ行き返却。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

施設を後にする。

オヤジ,携帯から自宅の留守電を聞くと,親類のオバチャンから留守録が入ってたとのこと。
掛けなおして欲しいらしいが,???

  「昼どうするんや」

  「和食は晩に行くし,蕎麦はこの間行ったし。」

  「和食と蕎麦はえぇわ。オマエの好きなんでえぇぞ。」

  「うどんになるで。」

  「うどんはさっき食べたとこじゃがー。」

とやりとりしつつ,うどん屋へ向かう(笑)

  「ワシは車でおるわ。」

  「あの,我がで畑から葱抜いてくるんで有名になった店やで?」

岩嵜タクシーから東に入って,しばらく進んで到着。

20170213なかむら(その7)

   なかむら

車のナンバー,隣が練馬,はす向かいが大阪,正面が横浜(笑)
流石,全国レベルの店じゃ。

20170213なかむら(その8)

20170213なかむら(その9)

  「これが店じゃ。元鳥小屋(笑)」

  「直さんのか?」

  「中は何遍か直しとるけどな。それより,自宅がどんどん立派に(爆)」

ワシの前に入った練馬ナンバーのオッチャン,気が急いているのか,お連れのオバアチャンを取り残したまま,入店し,人数を聞かれて,「4人です」と云うものの,全員が揃ってないので後回しにされる。

   店のシステムを踏まえて振る舞わんと,いけませんな。

ワシはオヤジと二人なので,「お二人?」「はい」と先にご案内。

  「ご注文どうぞ」

  「かけの大」

  「ワシは釜玉の小」(エッ!?)

  「釜玉,2,3分お待ちくださいねー。」

ワシの分だけ,セイロから2玉を入れたドンブリが渡され,

  「ぬくめるんやったら,そこでなー。」

釜の脇で,自分でテボザルを使って玉を温め直す ♪

トッピングゾーンで迷った挙句,海老天をゲット。

  「全部で420円です。」

次男クンでは無い男性が会計係。

  「ダシ,どこにあるんですか?」

  「この先の食べるところにありますー。」

しばらく来んうちに,システムが変わったか。

釜玉も直ぐ出来上がり。
オヤジも支払いをして,一緒に別棟の方へ移動。

かけ大320円,エビ天100円。

20170213なかむら(その1)

我ながら,正しい天ぷらの配置じゃのぅ。
ど真ん中ではなく,上に配置された海老天の美しいこと。

20170213なかむら(その1)

20170213なかむら(その4)

   ズチョロロロロロ

いやー,これこれ。
このミョーンとした食感のコシがエェねぇ。

20170213なかむら(その3)

もちもち細麺で,喉越しはやはりトゥルトゥル

  「朝のも美味かったけど,これもイケるのぅ。
   やっぱり,西讃の方がうどんが美味いんかのぅ。」


  「ほーやのー。」

別棟が存外に立派なんですわ。

20170213なかむら(その5)

20170213なかむら(その6)

儲けをお客さんに返すんは,立派な姿勢で称賛されるべきなんやろうけど,あんまり綺麗になると風情が(笑)
鳥小屋だけは今のままでお願いしますw
ごちそうさまでした。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重  未測定

6時前起床。二度寝して6時半に起きるも,寒すぎて動く気にならん。
でも,7時に無理やり起きる。

布団のシーツを剥ぎ,上掛け他と一緒に洗濯開始。
待つ間にシャワー。
露天風呂かと思うくらい冷えた風呂場は,最初は地獄,最後は極楽(笑)

あったまった身体に衣服を着てぬくぬく。
燃えるゴミをまとめて,ゴミ出し。

洗濯が終わったので,裏庭に物干し。
オヤジの部屋へ行き,洗濯物とゴミを持ち出して,2回目の洗濯開始。

追加ゴミをまとめて,2回目のゴミ出し。
洗濯を待つ間に,上り口の貯まった雑誌類を整理。

2回目の物干しを済ませたら,オヤジを車に乗せて出発。
朝ご飯はこちら。

20170213がもう(その8)

   がもう

久しぶりじゃ。オヤジは初

車を降りたオヤジ,店と違う方向へ向かう。

  「小さい店じゃのぅ。」

  「そっちはお土産屋さんじゃ。」

花紀京ばりの軽いボケからスタート。

並び無し,外で食べてる人1名。 空いてるぅ~ ♪

  「ここは何があるんや?」

  「かけのみ。小,大,特大」

店内に入ると,今日の釜前は大将。
がもむす次男が補助で,がもむすはトッピングゾーンで会計。

  「大きさは?」

  「かけの大で。」

  「ぬくめるんな?」

  「お願いします。」

セイロから取った玉をテボザルに入れ,釜に入れて温めたんをザッザッと湯切りしてドンブリに移して,「はい」とこちらへ渡す。
一歩も動かずに作業できるのは,釜とドンブリの位置が全て。
素晴らしいな。

トッピングゾーンには多数の天ぷら。
お揚げさんに気持ちが揺らぐも,ダシの味が激変するからなぁ。

ゲソ天をピックアップ。

  「ゲソ天ですねー。350円ですー。」

流しのところで,ダシをお玉で掛けて,ネギと生姜を入れたら出来上がり。

外は寒いし,テーブルはほぼ満席。
製麺機のところのサラリーマンが切り上げて,空けてくれた(感謝)。
かけ小+たこ天のオヤジと並んで着席。

かけ大¥250+ゲソ天¥100

20170213がもう(その1)

どいや,この佇まい

20170213がもう(その2)

テーブルは,製麺機に渡した木の板じゃw
こんなうどん屋さん,なかなか無いぞ(笑)

20170213がもう(その3)

フーフーして一気に啜る

   ズッゾゾゾゾッ ッチュッ

20170213がもう(その5)

ンフー
伸びるしなやかなトゥルトゥルうどん健在じゃの~

20170213がもう(その4)

オヤジも「これは美味いのぅ」言いいよります。

20170213がもう(その6)

こういう,昔の佇まいが残ったうどん屋さん,減ってしもたわのぅ。
幸い,ここは跡継ぎがおるけん,しばらくはいけそうやけど。

20170213がもう(その7)

願わくば,末永くお店が続きますように。
そのためにも,ワシも足を運びます。

ごちそうさまでした。

一路,丸亀へ向かい,カアチャンのお見舞い。

昨日頼まれた雑誌に加えて,旅の本と2冊を差し入れる。
実際に見るかどうかは別にして,読みたいと云う意欲を活かしたい。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

FC2 Blog Ranking