2016-17帰省(年末年始)

2016-17帰省(年末年始) に関する記事です。
本日の宴会場へ到着。

  双龍居

ミーツで見かけて以来,一度来てみたかった店。
たまたま友人が予約してくれた次第。

高校同窓5人が三々五々に集合。
今日は仕事始めやもんね。
幹事のHクンなんて、30分も一人で飲んでたらしい。

コースではなく、アラカルトで注文。

20170104双龍居(その1)

20170104双龍居(その2)

20170104双龍居(その3)

辛いもんがしっかり辛くて美味い。

20170104双龍居(その4)

20170104双龍居(その5)

20170104双龍居(その6)

見てると、日本人よりも中国の方が多いように思える。
それだけ、味が良いんだろう。美味しいし。

20170104双龍居(その7)

  「誰やーー!餡かけ頼んだんはーー!」

20170104双龍居(その8)

20170104双龍居(その9)

なんと、MKさん、お嫌いとのこと。

20170104双龍居(その10)

いやー、餡かけお焦げ嫌いな人、初めて見た。

年に何回か、こうやって集まってるけど、飽きんなー。
いつもいつもありがとうな。

朝食 ご飯,お節,蒲鉾,天ぷら
昼食 新年懐石@日本料理 錦
夕食 双龍居


21時半過ぎ,お勘定。
呑みまくった割には,5人で¥22550,一人頭¥4510とは安かったな。

バス停まで見送りに来てくれると云う同窓に丁重にお礼を言い,ご辞退。
だって,来た道を戻るんだもん。
電車で大阪駅まで戻れば,移動は楽だけど,万が一,電車トラブルが無いとも言いきれん。
徒歩が一番じゃ(笑)


扇町公園でポケモンをゲットしつつ,移動。
今度はラブホ街に入らぬよう,表道を移動。
件のラーメン屋はもう看板だった。

その先に「揚子江」の暖簾分けの店があり,激しく後ろ髪を引かれるも辛抱。

無事,東梅田駅に到着。
真っ直ぐ歩けば15分少々の道のり。

20170104バス停(その1)

駅員に断わりしてから,駅構内のトイレで用を足す。
大阪市営地下鉄のトイレはホンマに綺麗になったな。
これは,橋下さんの功績らしい。


ロッカーからリュックを回収し,22時10分頃,地上へ。
ほどなくしてやってきたバス。

ワシは1号車23番席。
「後,一つですね」と会員カードにスタンプしてもらい(6個で1回乗車サービス!),乗り込む。

20170104バス停(その2)

ワシの席は中央通路の後ろから2番目。
リュックとダウンを網棚に上げ,エア枕を膨らませ,スタンバイOK。
出発するや否や,爆睡(笑)

起きると,「それでは出発いたします」のアナウンス。
最初の休憩だったのか,京都駅だったのかは不明。

そこから1時間ほど寝たり起きたりを繰り返すうちに,二度寝。

今回は何故か1時間ちょい毎に目が覚めた気がする。
直ぐに寝たけど(笑)

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

マリンライナーの中ではうつらうつら。
その内,岡山到着。

20170104移動中(その1)

16時18分の東京行きのぞみに乗るべく,自由席2号車に並ぶ。
ワシは6番目。
入線の案内と共に,

  「1号車から3号車のデッキは満員ですのでご乗車できない可能性があります。
   4号車から7号車の指定席のデッキもご利用ください。」


いやいや,左程では無いだろうと思っていたら,甘かった。
目の前にはパンパンの車両が(!)

3人ほど下りたけど,これはかなり厳しい。
と思ったら,ワシの前の親子2人連れが行列離脱。
乗り込めた!と思ったら,後からもう3人乗って来た(笑)

しかし,あの大きなカートは邪魔ですな。
0.5人分くらいのスペースを取ってしまうし。

新大阪までの45分間は立ちっぱなし。
隣に立っていた小さな女の子が可哀想だったな。


新大阪駅も大変な状況。

20170104移動中(その2)

降りた人数に対して,並んでた人数の方が明らかに多い。
乗り切れんかったやろうな。

20170104移動中(その3)

向かいホームの始発のぞみに並ぶ列も半端ない。
2回折り返してたもんな。


ホーム移動の時に,5号車や6号車を見るとデッキは空き空き。
頑迷に自由席の車両に行かずに,指定席のデッキに行くべきだったか。
ただ,最後まで立ち続ける決心が必要やけど。

地下通路を移動して,東梅田駅
一番奥のコインロッカーへリュックを預け,地上へ。

20170104移動中(その4)

高速バスの発着場所を確認した後,宴会場へ向け移動である。
帰りは律儀に来た道を戻る予定なので,道を間違えるわけにはイカン。

20170104移動中(その5)

ポケモンGOは実はナビゲーションになる。
扇町公園を先に見つけておき,そちらへ向けて歩けばいいのだ。

20170104移動中(その6)

ワシの苦手な店主が営むラーメン屋,一時の行列が無くなっていた。
まぁ,情報を食うヤツが来なくなって,本来の姿(評価)が見えてきたんだろう。

ちょいとラブホ街を歩く羽目になったが,無事,扇町公園到着。
野生ポケモンが出まくりと聞いていたが,左程では無い。
新しいポケモンも出て来ず。

20170104移動中(その7)

ただ,彷徨う人々の数は多かった。
さすが聖地。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

椀もの
・聖護院大根
・干し貝柱香り
・京堀川牛蒡 梅人参
・二味葱 ちらし金粉


20170104錦(その27)

久しぶりの堀川牛蒡

20170104錦(その28)

凄く太いのに,大味では無い

20170104錦(その29)

繊維質も上手く処理され,全く筋っぽくない
美味しい。

焼き八寸盛り
・鰆木の芽焼き
・たいらぎ貝橘香り
・紅白金柑なます
・讃岐でんぷく雲丹揚げ
・慈姑煎餅 ししと


20170104錦(その30)

どれから食べるか,目移りするわ。

20170104錦(その31)

20170104錦(その32)

20170104錦(その33)

20170104錦(その34)

20170104錦(その35)

20170104錦(その36)

瀬戸内の恵みのもんばっかり

20170104錦(その37)

宝福箱
・彩りちらし寿司
・赤出汁


20170104錦(その38)

20170104錦(その39)

お食事と一言でいうのは惜しいくらいの技術の結晶

20170104錦(その40)

20170104錦(その41)

白身も赤身も漬け処理されているので,そのままいただく。

20170104錦(その42)

20170104錦(その43)

20170104錦(その44)

20170104錦(その45)

20170104錦(その45)

赤出汁の溶き卵がまた美味で。

20170104錦(その46)

もう満腹っす。お酒も打ち止め。

余韻を残して
・香緑スイート十六
・紅マドンナ 苺


20170104錦(その47)

  「これは良かったのぅ。」

  「うん,びっくりした。美味しかったし,がいに量があった。」

  「カウンターが無いけん,一人では来られんのが残念じゃ。」

一人4000円と非常にコストパフォーマンスの高いお料理だったのに,お支払いは¥16600と,飲み代の方が高くつく結果に(呑み助って嫌ぁネ)

20170104錦(その49)

20170104錦(その50)

20170104錦(その51)

ホテルを後にして,向かいの信用金庫でオヤジの宝くじをチェック。
払い戻しは4000円。
そこから,オヤジをタクシーに乗せて見送る。

ワシは丸亀町からポケモンGO!
相変わらず,ヒトカゲ,ゼニガメがあり得ない頻度で出現。

20170104商店街(その1)

20170104商店街(その2)

20170104商店街(その3)

そして,三越を超えた辺りから,コイルとビリリダマが出まくる( ← これは毎度の事)

20170104商店街(その5)

20170104商店街(その4)

20170104商店街(その6)

うどんの「植田」(旧 “ 根っこ ” )に激しく後ろ髪を引かれるが,先を急ごう。

高松駅高速バスターミナル到着。
高速バスチケットで,時刻表を眺める。
15時出発で18時過ぎ到着か。宴会が18時からだから,バスは無いな・・・

  「本日のバスをお探しでしょうか?どちらまででしょうか?」

と,声を掛けられたので

  「あ,本日の大阪までです。」

  「本日の大阪行きは全て満席でございます。」

やっぱりそうですか。
新幹線で行こうかの。

チケットを買い,次のマリンライナーまで30分あるんで,15分間だけポケモンGO!
大量に野生ポケモンが出て来る中,目当ての “ ワンリキー ” と “ ディグダ ” をゲットできたのは大きい!

ワンリキー1匹ごとに12km歩かずに済むし,ディグダはこれで飴が50個到達!

マリンライナーの中で早速ディグダを進化。
ディグトリオっちゅう,3匹合体の体になった(笑)

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重  未測定

7時起床。
シャワー浴びつつ,風呂の排水口掃除。

着替えて,シーツ他を洗濯開始。

洗濯を待つ間に,もうひと箱宅急便を荷造り。
そして,ビニールゴミをゴミ出し。
南側の雨戸を入れる。

洗い終わった洗濯物を袋に詰め,コインランドリーへ。
400円投入して乾燥開始(40分後に引取りだな)

オヤジが起きてきて,用事先へ出発。

宅急便を携え,コンビニへ。
手続きしてから白いご飯を購入。

少し野田池へ立ち寄る。

20170104野田池(その1)

20170104野田池(その2)

朝から池の土手を散歩する方多数。

20170104野田池(その3)

20170104野田池(その4)

コインランドリーで洗濯物回収して,自宅へ戻る。

洗濯物を仕分けしてから,自分の荷造り。
オヤジ側のトイレ掃除。
自室回りを掃除機掛けしてから,庭に面した雨戸を入れる。

やることを全部済ませて,10時半。
朝ご飯である。

「吉内」の紅白蒲鉾と海老天,「二蝶」のお節の最後の残り物 “ 唐墨 ” をおかずビール ♪

オヤジが帰って来た。
洗い物して,これで終了。

オヤジと一緒に出掛け,11時4分のレインボー循環バスで瓦町下車。
瓦町FLAG9Fの市民生活広場へ行き,戸籍謄本を取得。
本籍地変更の手続きをする時間が無かったのは無念。

歩いて,旧11号線沿いの高松ロイヤルパークホテルアネックス。
オヤジには少し運動してもらわんとな。

予約してあった「日本料理 錦」へ。
20年ぶりくらいの訪問になろうか。

改装された店内はかなりグレードアップされた雰囲気。

  「いらっしゃいませ」

と,お着物のオネエサンに案内されたのは「胡蝶」の間。
8人は入れるお部屋を2人で使う贅沢さ。

20170104錦(その1)

オヤジは「凱陣」「金毘羅大芝居」でスタート(2500円!)
ワシはヱビスの中瓶(900円!)

20170104錦(その2)

20170104錦(その3)

20170104錦(その4)

20170104錦(その5)

20170104錦(その6)

20170104錦(その7)

20170104錦(その8)

20170104錦(その9)

20170104錦(その10)

口取り肴
・生湯葉割り醤油
・数の子松前漬け
・子宝鮎万年煮
・黄金葡萄豆松葉
・新穂筍 芽キャベツ
・茶ふりなまこ霙酢(みぞれす)


20170104錦(その11)

綺麗な盛り付け

20170104錦(その12)

20170104錦(その14)

20170104錦(その15)

宝船になってます

20170104錦(その13)

百人一首かるたが一枚,添えられてます

20170104錦(その17)

20170104錦(その16)

潮の恵み
・勘八 烏賊細波
・目鉢鮪
・紅白より 妻一献


20170104錦(その18)

一切れが厚めで,しっかり味わえる

20170104錦(その19)

20170104錦(その20)

もちろん,いかってるので,歯応え抜群

20170104錦(その21)

椀汁
・酒仙汁
・海老真薯 椎茸
・地産かぶら
・水菜 柚子


20170104錦(その22)

20170104錦(その23)

20170104錦(その24)

20170104錦(その25)

酒粕の汁をいただくのは久しぶり
あったまるのぅ

国重(1300円!)へ切替。

20170104錦(その26)

冷酒の器が機能的かつ美しい♪

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

夕方に、オヤジを乗せて出立。
三越の前で降ろして、ワシは中央通りを南へ。

中新町のGSへ戻り、バリューレンタカー返却の手続き。

んで、ワシはそこから徒歩にて、こちらへ。

20170103吉甲(その1)

   吉甲

 「こんばんは。あけましておめでとうございます。」

 「っらしゃいまーせー。おめでとうございますー。」

オヤジはさっき始めたところみたい。
隣に着席して,瓶ビールでスタート。

20170103吉甲(その2)

付き出し三種

20170103吉甲(その3)

田作り

20170103吉甲(その4)

玉子豆腐

20170103吉甲(その5)

紅白なます

20170103吉甲(その6)

お正月を感じさせるお料理。

20170103吉甲(その7)

ワシの大好物,ハギ。
今宵は煮付けでは無く,刺身でいただく

20170103吉甲(その8)

真っ白です。

20170103吉甲(その9)

別嬪さんです。

20170103吉甲(その11)

きもも真っ白。

20170103吉甲(その10)

オヤジが言うところの「ワシらの肝(肝臓)とは色が違うw」

20170103吉甲(その13)

きも醤油で食べると,淡泊な味わいに濃厚さがプラス。
ンマイ!

20170103吉甲(その14)

他のお客さんへの誤提供(笑)で流れて来たナマコ酢

20170103吉甲(その15)

赤酢を使っているようで,酸味よりも甘味が強い。
にしても,歯がさっくり入る柔らかさ。

  「虎河豚の白子,焼いてみました!」

20170103吉甲(その16)

  「おお,ワシ,これ大好物じゃが。」

パンパンですな。

20170103吉甲(その17)

セルフで酢橘を絞りながら食べる。

20170103吉甲(その18)

トロリとした中身は濃厚な味わい。
これは美味いな。

一気に食べるんは勿体ないので,脇に避ける(笑)

虎河豚てっさ

20170103吉甲(その19)

白子が出ると云う事は,身の方も出ますわな(笑)

20170103吉甲(その20)

20170103吉甲(その21)

気が小さいワシ(笑)は,2,3枚ずつ食べるのが関の山。
あんまり,ポン酢を漬けすぎないのが,身の甘味を味わうポイント。

  「いいトロが入ったんで,食べてみてください。」

20170103吉甲(その22)

この年になると,大トロの脂は重くなってくる。
中トロはいいねぇ。

20170103吉甲(その23)

20170103吉甲(その24)

口の中でイイ按配にトロけますわ。

  「お鍋用意しました。クエ入ってますんで。」

くえ鍋

20170103吉甲(その25)

20170103吉甲(その26)

寒い夜にこれは嬉しい。

20170103吉甲(その27)

こういうお店の鍋を見ると,勉強になる。

自分で作ると,いろんな意味でトゥーマッチになりがちだから。

20170103吉甲(その28)

あっさりとしたダシで味を引出し,それが混ざらんように,引き立て合うように仕上げとる。

20170103吉甲(その29)

ダシを吸い,加熱されたクエは,グッと歯応えが増す。
ンマイ!

小海老のかき揚げ


20170103吉甲(その30)

いつも頼もうとするも,時間切れとかで食べられんかった一品。

20170103吉甲(その31)

口に入れると消え入りそうな,薄切り牛蒡

海老は火を通すと,凄く香りが立つ。

20170103吉甲(その32)

  「〆るかの。正月やけん,雑煮行くか。」

  「うん,食べよう。」

20170103吉甲(その33)

白味噌餡入り餅雑煮

20170103吉甲(その34)

小さい頃から,白味噌の雑煮で育ったワシにとっては,ただただ懐かしい味
カアチャンが作ってくれたもんや。

  「餅,何個入れるんな?」「二個!」

っちゅう感じで,三が日で雑煮で6個,焼いたんで6個とか食べてたなぁ。

20170103吉甲(その35)

15年くらい前にカアチャンが作るん止めてしもたんで,こういうお店はホンマに有難い。
ただ,うちの家は餡入りの餅では無かったw

20170103吉甲(その36)

餡入り餅もしょっぱさと甘さの対比が面白くて好きではある。
なお,こちらでは餡無しの餅でも作ってくれる。

  「今日も美味しかったなー。」

  「おお,満足したわ。」

ごちそうさまでした。
昨日に引き続き,イイ年のスタートになりました。

朝食 お節
昼食 わら家
夕食 吉甲,お節


タクシーで帰宅。

オヤジは部屋に引っ込み,ワシは台所でTV見ながら,お節の残りをアテにビールをグビグビ。
1時ぐらいまでダラダラしてから,別室へ行き就寝。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

FC2 Blog Ranking