Category讃岐 de うどん 2006 初夏 1/7

6/19(月) 【うどんツアー大阪編(その33】  エノキ屋・BP  

阿倍野からなんばへ移動。なんばでチョロチョロした後、いよいよ目当てのお店へ向かう。場所は大国町。あまりにも暑いんで、地下鉄で向かう。  「ネット情報では16時からやってるんだよねぇ。」  「んじゃ、もうやってるよなー。」と、あるビルの前を通りかかった時、上から水が降ってきた。それも結構な量。直撃はなかったからいいようなものの、ずぶ濡れになるとこだったわ。Nさんとビルの上階を見上げるが、誰も顔を出さ...

  •  0
  •  0

6/19(月) 【うどんツアー大阪編(その32】  ホルモン焼き 円 

ガラリと表へ出ると、そこは平成の現実。熱い日差しとむせ返るような湿気、けたたましい騒音がお出迎え。   「んじゃ、次行きましょうか。」先程下見したお店へ向かう。     「ホルモン焼き 円」オープンエアなカウンターのお店。焼肉のみならず、いろいろメニューはあるな。ってか、    じゃんじゃん横丁の「ホルモン道場」と同じメニュー構成?とりあえず、ビールをオーダー。夫婦?で経営しとるんやけど、旦那の方...

  •  0
  •  0

6/19(月) 【うどんツアー大阪編(その31】  明治屋 

鶴橋から再び地下鉄に乗り、谷町九丁目で四つ橋線に乗り換え阿倍野へ向かう。Nさんオススメのお店もワシのオススメのお店もどちらも阿倍野にあべのだ。いや、あるのだ。 ワシのオススメの方の開店まで少し時間があるので、まずはNさんご推薦のお店を離れたところから観察。なるほど、大阪らしい外観のお店じゃ。で、ワシのオススメのお店へ向かう。   「明治屋」去年に続いて3度目の訪問。生活感満点の前の通りとは対照的な...

  •  0
  •  0

6/19(月) 【うどんツアー大阪編(その30】  イカ焼き 牧野 

千日前線で「鶴橋」まで戻る。Nさんのオススメのイカ焼きのお店へ向かうのだ。しかし、鶴橋の駅前商店街の迷路は複雑や。何度も何度も同じ通りを歩いた挙げ句、やっとこさ目当てのお店に到着。    「いか焼き 牧野」駄菓子屋のような小さな店内をオバチャンが1人で切り盛りしよる。Nさんの顔を見たオバチャン、カウンターの中から飛びつかんばかりの笑顔で  「久しぶりー!東京から来てくれたん?嬉しーなー。」と喋りが...

  •  0
  •  0

6/19(月) 【うどんツアー大阪編(その29】  麺屋7.5Hz 

早朝チェックアウト。すでに昨日、精算してあるので、鍵を無人のフロントにそっと返すだけじゃ。車は昨日返却してあるので、徒歩にて高松駅を目指す。カラッと晴れた空が気持ち良い。余裕を持って出発したため、かなり早く高松駅前に到着。高松駅を改めて散策する。住んでいた頃にはジックリと瀬戸内海を眺めることなど少なかったが、遠くに住む今、改めて瀬戸内海を見ていると、昔の国鉄が付けたキャッチフレーズ「青い国 四国」...

  •  0
  •  0