秋の帰省プラス京都、大阪2014

秋の帰省プラス京都、大阪2014 に関する記事です。
高速バスターミナルでオヤジとお別れ。

   「また帰ってくるけん」

   「頼むの。」

   「元気で。お世話になりました。」

20140923帰路(その1)

バスの待合所には10人足らず。
20時30分発のコトバスは,定刻通り出発。

3人席を予約しておいたつもりだったが,後方の4人シートだった。
でも,前後左右はかなり広いし,座席も120度くらい倒れる。
早期予約とはいえ,¥5900で高松→東京だもん。贅沢は言えない。

酒が入った状態で乗り物に乗ると,直ぐに眠れるワシ。

  流石,かつて「乗り越し王」の冠を頂戴していただけのことはある(笑)

途中のどっかから,隣席にお客さんが座ってきた。

23時30分,コトバス鳴門ターミナルで停車。
高松→鳴門で2時間掛かったわけだ。
後,6時間半で東京まで行けるんだろうか?

ターミナルに併設されていたローソンで,おにぎりを1個購入して食べる。

隣席の男性は30歳代後半?の若い衆。
お洒落な格好をしている。

20140923帰路(その2)

鳴門ターミナルで,9割くらいの座席が埋まった。
家族連れが乗ってきたので,「?」と思っていると,このバスの最終目的地がTDRなのね。
いいな,ディズニーランド!

   「次の休憩場所は6時に海老名SAです。」

え?トイレが付いてるからって,6時間半も休憩無しなの?
外で身体も伸ばしたいんだけどなー。

直ぐに眠りに落ちるワシ。
もちろん,高速バスのお供,空気枕とマスクは装着してます。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]


  朝食 おにぎり
  昼食 しんせい
  夕食 吉甲


徒歩で向かった先はこちら。

     吉甲

トウチャンは度々行っきょるようやけど,ワシは初めての訪問。
カートを置いてあった端っこの席に座ろうとすると,大将が

  「こちらどうぞ!広ぅ使ぅて下さい!」

すでに,付きだしが置かれていたオヤジの右隣の席へ座る。
ついさっきまでもがいていた二日酔いが怖いんで,瓶ビールでスロースタート。

20140923吉甲(その1)

  「おい。かわはぎと虎魚は刺身で頼んどるけんの。オマエ,他に食べたいもんあったら頼め。」

  「まずは,それを食べてからじゃ。ゆっくり飲まんとな。」

肝を溶かしたポン酢と醤油の2種類が出てきた。

かわはぎ

20140923吉甲(その2)

  「こらまた,綺麗な肝じゃのぅ。真っ白じゃが。」

  「ワシらみたいに,酒呑んどらんのやろ。」

20140923吉甲(その3)

刺身で肝を巻いて,肝ポン酢で食べる。

  かつて,こんなに尿酸値を急上昇させる食べ方があっただろうか!いや,無い。

美味いっ!

ビールから既にお酒に切り替え。
この店にはレギュラーメニューに加えて、今は新政の№6が入荷中。
オヤジは、これがお気に入り

  「虎魚は,どれで行くかぃ?これぐらい?」

大将が隣の水槽から虎魚を怖々上げて見せる。

  「もう一回り,大きいんがえぇのぅ。」

別の虎魚を引き揚げて,

  「ほんだら,これ行きましょ! あー,おとろっしゃ!」

  「棘が付いたままやけん,おとろしいわな~。」

虎魚の棘に刺されたら,それはもうめっちゃ痛いらしい(怖)

20140923吉甲(その4)

非常に淡泊だが,かわはぎ以上に旨味がある。
こちらは醤油で食べたけど,最後まで山葵は使わず。
山葵で風味が飛んでしもたら,イカンが。

20140923吉甲(その5)

  「こっちは、後で味噌汁で出すけんな!」

20140923吉甲(その11)

刺身の後の始末も日本料理の醍醐味の一つやね
虎魚クン、後でまた会おう!

  「おまえ、何か注文せー。」

  「いや、ソロソロ行っきょるけん。」

すると、奥の宴会料理準備しよる大将が

  「岩牡蠣食べるな?今、美味しいでっせぇ~」

  「ください。」

元々、後で注文するつもりやったんである。

岩牡蠣

20140923吉甲(その6)

   デカッ

んで、中を開けると、こんな感じ

20140923吉甲(その7)

   美味そうやろ?w

20140923吉甲(その8)

チュルン♪といただきました。

さぁ、勢いが付いてきたでぇ(今朝の反省はどこ行った?w)

香川県の地(!)の鰻の白焼き

20140923吉甲(その9)

蒸さんと焼いとるけん、歯ごたえも素晴らしいけど、香りがエェ。

20140923吉甲(その10)

地の鰻やか、食べたん、生まれて初めてかもしれん
美味しいもんやのぉ。

  「荒海老って何ですか?」

  「瀬戸内で取れる、地の海老ですわ。行きますか?」

  「お願いします。」

荒海老

20140923吉甲(その12)

これ、美味いわ。
大きい分、旨みが爆発!

今まで食べよった、甘海老の唐揚げはもう食われへんようになるがな

  「はい、これ。どうぞ~♪」
20140923吉甲(その13)

こ、これはっ!?

  「唐墨作ってみたんや。鰆のな。珍しいでしょ?」

20140923吉甲(その14)

もう、困るがな。
№6を何杯も呑めてしまうがー(←あんまり困ってない。全然困ってないw)

土瓶蒸し

20140923吉甲(その15)

何故、この土瓶を見るとわくわくしてしまうんか?

20140923吉甲(その16)

それはね、めっちゃ美味いから!

20140923吉甲(その17)

    松茸クン、また会えたね♪ 

今年、何回目かの松茸

  「オマエ、今年、何本目の松茸や?」

  「言わんで。来年までおあずけやけん、記憶に刻み込まんと(笑)」

不思議や。
昼過ぎまで二日酔いで苦しんでたのに、何故、こんなに呑んだり食えたりするんや?
丈夫な体に生んで育ててくれた両親に感謝。

返す返すも、今日、カアチャンんとこ行けんかったんだけが、心残りじゃ。

  「あれ、食べるな?ステーキ。焼きましょうか?」

  「焼いてやって。コイツ、もう今晩、東京へ帰るんや。」

讃岐牛ステーキ

20140923吉甲(その18)

この上手な焼き方、見て!

20140923吉甲(その19)

外が香ばしくて、ギュッと噛むと、肉汁がジュワッ

20140923吉甲(その20)

ああ、今思い出しても美味かった・・・・


  「はい、味噌汁な。」

20140923吉甲(その21)

おお、ということは

20140923吉甲(その22)

また、会えたね(笑)

  何か胃にめっちゃ沁み渡るわぁ

もう食えん言うてたのに、こんなもんを頼んでるし

鱧雑炊

20140923吉甲(その23)

  「あー、これはたまらんわー。」

ホッカホカで温もるのぅ。

20140923吉甲(その24)

あのあっさりした鱧から、こんなにも旨みがほとばしるんやけん、不思議じゃわ

これにて晩御飯は終了
ホンマに幸せな時間やった

ごちそうさまでした

片原町は三越南の『吉甲』
高松の地のもんばっかで、非常に美味しく、オススメです。


ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

まだ,体調は優れん。
頭が痛いとかでなく,モヤモヤする。
このままでは,晩に呑めんがーっちゅう症状。

マルヨシで明朝のオヤジのご飯とワシのお土産(親鳥のバラ♪)を買って,14時過ぎ帰宅。
一旦,休眠。

14時45分頃,呼び鈴の音で目覚めるも,再度就寝。
15時30分起床。

なんということでしょう!

    体調が戻っているではありませんか~!

これぞ,匠の技(爆)

今なら掃除が出来るっ!
カアチャンの見舞いも行かん,掃除もせん,では何のために帰ってきたんやら。

出発ギリギリまで掃除するために,先にパッキングゥ~♪
さて,掃除じゃ!

掃除機を,掛けられるだけ細かく掛ける。
特にトイレは念入りに。
前の帰省(掃除)から4ヶ月半しか経ってないのに,結構,蜘蛛の巣が復活しとるもんやなぁ。

次に便座蓋,便座,便座裏を磨き上げる。
風呂の排水溝の中が詰まっていたんで,蓋を開けて,溜まった髪の毛を処理。

そして,ハンディモップで客間の和箪笥を拭く。

早くもここでタイムアップ。
オヤジが「もう行こうで。(出掛けようの意)」とのこと。

  あー,時間があったらもっと出来たのに~!!(←絵に描いたような自業自得)

カート他をレンタカーに積み込み,17時ちょっと前に出発。
三越裏で,オヤジとカートを降ろして,ワシはレンタカー返却。

ガソリン代は¥3700円。
エネオスが経営するレンタカー屋だけに,リッター¥165と,リッター¥5値引きしてくれた。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

オヤジを乗せて,三条のゆめタウン方面。
30分ほどで用事は終了。

  「どっか,昼に行くか。」

どっかと云うけど,肥えとるオヤジの舌に叶ううどん屋の選択は難しい。
ましてや,今は13時半。
茹で置きに当たる確率が高い。

「あたりや」が店を畳んだんだはホンマに痛いわー。

  「しんせい,行くか。」

おお,そこがあったか。
前に食べに行った時,オヤジは結構気に入ったみたいなんじゃ。

体調優れぬまま,古高松。

   うどん処 しんせい

20140923しんせい(その5)

ワシは冷やかけ

何故,冷やかけかって?  分かってる癖にぃ~

ああ,気持ち悪(←言うてもぅたw)

すると,うまげな分,食べよったオヤジが

  「オマエのうどん,寂しげなの。ホレッ!」

20140923しんせい(その2)

かしわ入れくさった(←口悪っw)
いらんわっ!イラクわっ!ヨルダンわっ!

20140923しんせい(その1)

透き通ったダシ 如何にも食感の良さそうなネヂレチヂレのうどん

   ああ,できれば,食べずに帰りたい(←食うたら,出そうなんですわw)

20140923しんせい(その3)

また,かしわが飴色で美味そうでないか!
欲しくないけどw

   ズゾゾゾゾゾッ

20140923しんせい(その4)

ああ,美味い!美味いけど,きっつーーーー(爆)

やっぱりこれ,手切りよな?
不揃いの食感がなんとも言えんわ~。

20140923しんせい(その6)

20140923しんせい(その7)

今回の帰省でよっけ食べたけど,いわゆる、硬いうどんには一回も当たらんかったな。
流石,かがやくけん!香川県!

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重  未測定

7時起床

    絶賛,大宿日酔い

帰る日にこんな状態になってしまうとは。
とにかく, 態勢を建て直さねばならん。

とても運転できる気分でない。
気持ちが悪いのだ(吐き気は全くないけど)


水を大量に摂取して,ウコンも飲んで寝直す。
30分ほどで起床。

  「おぃ,大丈夫か?」

  「うん,大丈夫(でない)」

とりあえず,シャワーを浴びる。
とにかく,オヤジを送る仕事があるんじゃ。

気分はドヨヨヨ~ンやけど,目眩は無い。
とりあえず,オヤジを送る。

薬局でヘパレーゼをドーピングし,コンビニおにぎりを1個だけ食べてから帰宅。
再び水を爆飲してから爆睡。
目覚めるも,症状が良くなるどころか,酒がぶり返してきたような。

今日は朝早く起きて,家の掃除してから,オヤジの送迎,午後はカアチャンのお見舞いに行くつもりだったのに。

   ワシの意志が弱いせいで,プランがめちゃめちゃ

これでは,何のために帰ってきたんか分からんがな。

重い二日酔い,どうにも復活の兆しが見られん。
この状態で丸亀まで往復を運転するのは危険極まりない。

行けないことを,カアチャンに電話で詫びる。

  「大丈夫!大丈夫!またな。」

申し訳ないと云うか,情けない。

でも,これで掃除する時間が出来た。
問題は体調だけじゃ。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

FC2 Blog Ranking