年末年始帰省 2008

年末年始帰省 2008 に関する記事です。
今朝の体重   未測定

8時半起床。
すでに箱根駅伝1区はスタート済み。

駅伝見ながら、ビール片手にお節をつつく。

お節2日目(その2)

お節2日目(その1)

結構な量があると思ってたけど、ほぼ完食。
通販のHPで見る“お仕着せっぽい”お節とは違い、料亭で手渡しするお節は、細やかな細工と気遣いに溢れてて飽きない。

仕上げに雑煮を2杯。
2日間、ご馳走様でした。

こっからは気合を入れて後片付け。
布団を綺麗にたたみ、部屋を2つと廊下他に掃除機がけ。

その後は、昨日買ってきた“畳拭きシート”を出して、16疊分の畳を手で拭き拭き。
次は、“除菌シート”を出して、風呂前の廊下を拭き拭き。

今度帰省したら、もっと掃除したる!

身支度をして、出発。

途中、琴電に遭遇。

琴電(その1)

琴電(その2)

今回の帰省では1回も乗らんかったな。
次回は乗ろう。
レンタサイクル借りると、ついついそっちばっか乗ってしまうな。

本日も非常に快晴。

サンポート(その1)

サンポート(その2)

サンポート(その3)

高松駅前は、独特の海風が吹いているも気持ちがエェな。

サンポート(その4)

サンポート(その5)

サンポート(その6)

サンポート(その7)

サンポート(その8)

向かったのはマリタイムプラザ。

入り口のポスターによると、中のラーメン集合施設“築港ラーメンポート”では、うどんとラーメンのコラボメニュー「うーメン」を各店で提供中とのこと。

うー麺(ポスター)

ラヲタ、うヲタ兼務の筆者としては、絶対に食べなきゃイカンとこだが、家族の和を優先するのが親の務めじゃ。

ちうことで、子供のリクエストにより、うどん屋へ。

   川福マリタイムプラザ店

“ざるうどんの元祖”を標榜する川福の支店。
一般店の中でも高めの値付けのため、ネット上でもあんまし話題にならんけど、なかなかに美味いんで。

なんとて、うどんだけやなしに、おでん含むおツマミ類が豊富なんがポイント高い。
家族で行っても、トウチャンも子供も満足でけるっちゅうとこやね。

席に着くなり、注文開始じゃ。

  「ざるうどんっ!」

  「○○ちゃんもざるうどんっ!」

  「オマエ、ナンにすんや。お膳か。」

  「はい。」

  「オマエは? ビールか。」

  「おでんも貰おかの。他のツマミ無いんかいのー。」

  「そっちにあるんじゃないの?」

  「おぉ、こっちにあるが。蛍烏賊、オマエも食うか。」

  「何でも食うで。」

賑やかじゃの。
でも、正月やけんの。
皆が健康で賑やかなんが一番じゃ。

おでん

川福マリタイムプラザ店(おでん)

嫁はんの頼んだお膳(もちろんうどんがメインw)

川福マリタイムプラザ店(ざるうどん)

川福マリタイムプラザ店(セット)

川福マリタイムプラザ店(アナゴ白焼き)

グイグイ呑んで、〆は釜揚げうどんじゃ。

川福マリタイムプラザ店(釜揚げうどん)

やっぱ、この黒と赤のバケツタイプの入れモンに限るのぅ。

川福マリタイムプラザ店(釜揚げうどんUP)

テンション上がるわー(笑)

   ズルルッルル

川福マリタイムプラザ店(釜揚げうどんヲタ撮り)

むーーん。クリィミー♪
美味~い。

ホンマに晴天じゃのぅ。

サンポート(その9)

気持ちがエェわぁ。

サンポート(その10)

オヤジ達と子供達が一緒に買い物に行った隙を衝いて、最後の一押しじゃ。w

立ち食い寿司(カウンター)

ハマチ~

立ち食い寿司(ハマチ)

蝦蛄~

立ち食い寿司(蝦蛄)

中トロ~

立ち食い寿司(中トロ)

ホッキ~

立ち食い寿司(ホッキ貝)

ここは見るだけにしましょー(爆)

連絡船うどん(外観)

連絡船うどん(メニュー)

マリンライナーんとこまでオヤジとカアチャンが見送ってくれた。
元気でしょっていたよー。

 朝食  お節、雑煮
 昼食  川福マリタイムプラザ
 夕食  嫁はん実家

18時20分過ぎ、新横浜駅到着。

今回は早かったのぉ。
途中、3回くらいしか起きんかったぞ。
ちうか、トータルで1時間起きてなかったぞ。w

お。新横浜駅が綺麗になっとるが。
これはちゅと探査せなイカンが。

   ウロウロウロ

お年賀に一口ワッフルの詰め合わせを購入。
タクシーで嫁はん実家へ向かう。

到着後、早速ルネサーーンス。
実家っちゅうことで油断したんか、嫁はんが結構酔っ払っとりました。

夜もほとんどTVを見ずに、風呂も入らんまま就寝。
やっぱ、疲れとるんやのぉ。


(これにて年末年始帰省日記は終了です。新年迎える前に書けて本望です。w)


ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!


筆者もあきらめずに書いたけど、読者もあきらめずに読んだでっ!
と思う、(その1)から全部読んだ読者は拍手を♪
    ↓
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

あけましておめでとうございます。
旧年中、お読みいただきましたこと御礼申し上げます。
本年も拙日記をご愛読のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。



今朝の体重   未測定

8時半起床。
高松は曇りと晴れが入り混じった新春です。

台所へ行く。
すでに両親は起きていて、オヤジは屠蘇を呑んどる。

ワシも横に座り、練り物をアテに屠蘇を呑む。
銘柄は劔菱のエェぶん。(笑)

朝ご飯(蒲鉾)

で、雑煮をつけてもらう。

桜海老入り餅の雑煮

雑煮(その1)

雑煮(その3)

雑煮(ヲタ撮りその2)

青海苔入り餅の雑煮(お替り1杯)

雑煮(その2)

雑煮(ヲタ撮りその1)

雑煮(ヲタ撮りその3)

我がで切ったお餅は格別じゃ。w
個人的には、黒豆の入った餅が大好きなんやけど、もう作らなくなってしもた。
あれ、焼いて食べたら最高なんやけどなぁ。

昼前に兄貴んち家族が到着して、いよいよ新年会スタート。

  「明けましておめでとうございます。」

料亭「二蝶」の御節

二蝶(お節その1)

一の重

二蝶(お節その2)

二の重

二蝶(お節その2)

銀座スエヒロの御節

クレメント(お節その1)

クレメント(お節その2)

割烹「松本」の御節

松もと(お節その1)

酒いろいろ

二蝶(日本酒)

二蝶(ワインその2)

二蝶(ワインその1)

二蝶(日本酒その1)

二蝶(日本酒その2)


3時間掛けて、お節で宴会♪

二蝶(お節その3)

二蝶(お節その4)

二蝶(お節その15)

いや

二蝶(お節その5)

二蝶(お節その6)

二蝶(お節その17)

もう

二蝶(お節その7)

二蝶(お節その8)

なんちゅうか

二蝶(お節その9)

二蝶(お節その10)

めちゃめちゃ美味いがなー

二蝶(お節その11)

二蝶(お節その12)

たまらんのぉ。

二蝶(お節その13)

二蝶(お節その14)

子供用の銀座スエヒロのお節は、ローストビーフが瞬く間に売り切れた以外はいまいちウケず。
鴨とか海老とか食べんとは贅沢な。

来年からはどっかのローストビーフを数本買って食わせることになろう。w

オヤジとカアチャンは「宮武」出身の某店に作らせた料理を食べよりました。

松もと(お節その2)

松もと(お節ワタリ蟹その2)

ワタリガニ、少し食べて美味かったな

松もと(お節ワタリ蟹その1)

やがて、1時間爆睡(笑)

二蝶(お節その18)

二蝶(お節その19)

二蝶(お節その16)

ここで、子供用のブツが厨房に用意される。

ステーキ(その3)

ステーキ(その2)

お節に飽きた子供たちには肉に限る。

ステーキ(その1)

F1牛を8枚、次々と焼き上げた嫁はんは一言。

   「ステーキ職人になった気分」

フライパンには大量の脂がっ・・

ステーキ(その4)

お肉だけでは脂っこい。

ちうことで、中トロのヅケ登場。

マグロ手巻き(その1)

マグロ手巻き(その2)

こらまた美味いのぉ。

マグロ手巻き(その3)

鮪手巻きとステーキ食べて一休み。

そういや、兄貴んとこの犬が1匹増えてた。

座敷犬(その1)

座敷犬(その2)

この犬種が分かる人は相当な犬通と思われ。(笑)

座敷犬(その3)

 朝食  雑煮ほか
 昼食  お節
 夕食  ステーキ、マグロ手巻き

そんなに呑み食いして大丈夫か?と。

ええ、大丈夫。
帰省中は体重は気にせんことにしとりますし。w

今年も公私ともどもお世話になるかと思いますが、どうかよろしくお願いします

                     元旦

[RSS] [Admin] [NewEntry]

車に嫁さん乗せて、築港まで。
ガソリン満タンにしてから返却。

んで、全日空クレメントホテル高松へ向かう。
毎年の恒例行事、オヤジ、オフクロ、兄貴家族、ワシ家族10名での忘年会。

    花梨

何は無くとも、まずは青島ビールやね。

花梨(テーブルと青島ビール)

頼んであった前菜盛り合わせ

花梨(前菜盛り合わせ)

追加のクラゲ

花梨(水母)

お取り分け。
車海老、鴨、焼き豚、クラゲ、穂先メンマ、

花梨(前菜を取り分け)

もうね、紹興酒持って来―い!って感じじゃ。

子供用チャーハン

花梨(五目炒飯)

すっげー大盛りやね。

ちゅと食べたけど、さすがのパラパラ具合でウマー♪

お刺身登場。

花梨(真鯛の刺身)

本日は真鯛。
お盆の大きさは、子供の学校の机くらいあるんで。

花梨(真鯛の刺身2)

身が立派やなー。
もうこのまま食べてもコッリコリで美味そうじゃーーー!

花梨(真鯛の刺身UP)

これを混ぜ混ぜして取り分けてくれるんじゃ。
毎年の楽しみやな。
甥っ子はかぶりつきで見よりましたわ。

混ぜて取り分けるとこんな感じー。

花梨(真鯛の刺身取り分け1)

これがあーた、美味いの美味くないのって。
いや、美味いんですけどね(お約束w)

花梨(真鯛の刺身取り分け2)

紹興酒とめっさ合う!
中国料理の刺身って、なかなかよぅ出来とるがな。

そして、毎年恒例。
嫁さん2人と孫4人だけに振る舞われるフカヒレ登場~♪

花梨(鱶鰭姿煮1)

孫4人、がっつくがっつく(爆)
ちっとは父親に分けてやるっちゅうか・・・

   思いやりが無いのか?と。

   写真しか撮らせないのか?と。

花梨(鱶鰭姿煮UP)

ほしたら、「食べきれない」と、嫁はんから鱶鰭の一部が・・・

    う、美味い(涙)

もやしが無いと、鱶鰭って実力の半分しか出んなーと思うわ。

花梨(鱶鰭の姿煮2)

もやしを1番美味く食べる方法は、鱶鰭の姿煮に入れる!
2番目に美味しく食べる方法は、二郎にトッピングする!(爆)

ここで、シェフのオススメっちゅうか、得意っちゅうか、お任せっちゅうか、何かそういう感じの(笑)が出てきた。

パパイヤを焼いて、なんちゃらしたヤツ

花梨(シェフのオススメ マンゴー1)

美味いけど、甘いのぉ。

花梨(シェフのオススメ マンゴー2)

ここで、お口直し(爆)に、海老の天ぷら

花梨(車えびの天ぷら)

これが美味いの何の!
定番メニューなんやけど、ケチャップでヨシ!塩胡椒でヨシ!
また、紹興酒がススむ、ススむ♪

ここで、シェフのオススメ第二弾っ!(爆)

花梨(シェフのオススメ 牛肉1)

うわぁい。肉の塊じゃー。

  って、結構お腹がパンパンになっとるヤツがそこココに居るのにっ!

これはヤな予感がするが。

  「食べて。」

ハイハイ、さっき鱶鰭貰ぅたけんな。

花梨(シェフのオススメ 牛肉2)

いやー。
お腹がいっぱいになりつつあるのに、このエェ感じの牛肉はどいや!
これも美味いわー。

ここで、野菜のクリーム煮登場~♪

花梨(野菜のクリーム煮)

超ヘビー(爆)

花梨(野菜のクリーム煮UP)

でも、すんげ美味い。
シャキシャキ野菜とホワイトソースがたまらんなー。

中国野菜の炒めもの

花梨(中国野菜の炒め物)

シャキシャキ野菜は香りが非常に立ってる。
こういう香りがするんやなぁと感心。
東京のスーパーの野菜って香りが弱いもんなー。

花梨(中国野菜の炒め物UP)

でまた、嚢茸や天狗茸のツルシコでアクセントになっとるな。

花梨(中国野菜の炒め物取り分け)

お腹一杯やのに、シャクシャク食べてまうがな。

もう誰が何の注文をしてくれよんじゃ!

大根の蒸し物餡かけ蟹の卵のせ

花梨(大根の蒸し物蟹肉餡かけ)

酢豚

花梨(酢豚)

翡翠餃子

花梨(翡翠餃子)

〆に珍しくデザートなぞ。

タピオカマンゴー

花梨(タピオカマンゴー)

美味かったな。
ご馳走様。
親に感謝。

 朝食  自宅
 昼食  あたりや、函館市場
 夕食  花梨

さて、これで今年も終わり。
早い一年だった。
来年も早いだろう。
時は毎年加速しとる。

ともあれ、来年も頑張っていきましょう。
皆様、どうか良いお年を


[12/31(水)  帰省日記(その18)     【花梨】]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

お昼の時間~
年内最終のランチを一人でうどん食いに行こうと考え・・・さすがに考えませんわな。w

両親と我が家族の総勢6名でレンタカーにて出発。

   (5分後)

到着。w

サンフラワー通りと東バイパスの交差点にひっそり、いや、ど派手に構える店。

   函館市場

堂々の回転寿司である。
大晦日は空いておるな。

奥のテーブル席に陣取る。
ここでオヤジが云いました。

   「ワシ、回転寿司来るん、生まれて初めてじゃが。」

ま、マヂすか? 
また、「こんなん食えるかっ!」とか云うんちゃうやろな?

もしそうなったら、孫パワーで押さえ込んだらエェか。w

ところがだ。
いい年こいて一番レーンに近い席に座ったオヤジ、妙にハイテンション
そりゃ、目の前を寿司が次々通り抜けるからのぉ。

しかも、この函館市場。
なかなかに美味しそうな創作メニューが盛り沢山。
特に焙り系が得意。

となると、こうなるわけで・・・

   「これ美味そうながっ。ほら、取っといてやるけん食えっ。」

し、しもたっ
レーンに来る美味そうなモン、何でも取っちゃう“お子様型”に変貌してしもたかっ!(←予想外)

子供はネギトロに夢中。
ゆえに、オヤジが取る皿は次々とワシとオカンの前に。

もちろん、オカンはそんなに食べられんけん、ワシが各皿の1個は片付ける。

オヤジ、何故か、カンパチの焙りマヨネーズを美味い美味い、と。

   オッサン、そういうの食うタイプちゃうかったやんけっ!!

ワシとオカンの前だけでこんなことに。

函館市場(積みあがった皿)

いやー、食い過ぎですよ。マヂで。
ってか、自分の食わんもんまで取るなと強く言いたい。w

この後、自宅へ両親、きらら温泉へ家族を送る。

「もしかしてやっじょるかなー?」と期待して向かった“さぬき一番一宮支店”は終了しとりました。

実家へ帰って、オヤジを乗せて再出発。
今度は市内へお節料理を取りに行くんじゃ。

まずは「二蝶」

二蝶(店構え)

大晦日の午後ともなれば、引取りを待つお節料理がズラリと並ぶ。

二蝶(並ぶお節)

二蝶(並ぶお節2)

名前を告げてお支払いをして引き上げ。

二蝶(店入り口)

明日が楽しみじゃのー。

二蝶(店構え2)

次に、「三越」

こちらは全日空クレメントホテル高松の和洋中を盛り込んだお節。
子供用やね。

最後に、「まつ本」

期待の新店である。
っちゅうか、贔屓にしてた「みやたけ」を卒業した松本さんが始めたお店

ワシは未だ行ったことがないけど、両親は何べんか行っとるらしい。

  「お節っちゅうよりも、お料理じゃの。」

松本さん見るたびに、田口浩正を思い出してしまうのは何故か。w


実家へ帰り、全てを搬入。
これで新年を迎える準備は出来たなー。

レインボーの天満屋ハピータウンへ行き、東京へのお土産を物色。

あれ?このうどん・・・

麺通団(お土産うどん)

麺通団特選指南とありますなー。
でも、写真は真っ黒ですなー。
誰か分かりませんなー。

もし、そうならば・・・手広くやっとりますなー(苦笑)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の体重   未測定

大晦日
今年もお仕舞いじゃのぅ。

朝飯食うてマッタリ。
と云いつつ、やっぱり年越しうどんは食わなイカンやろー。

大晦日やけん、どこばりしょーらんけんな。
何処へ行こうか悩むより、確実に美味い、近所の店へ行くんが香川県民の性よのぉ。

ちうことで、連日のこちらへ。

   あたりや

午前中やか、いつもなら大行列やけど、さすがの大晦日じゃ。
お客さんまばら故、サックリ入店。

ご注文カウンターで張り切って(笑)注文じゃ。

  「あつあつの小としょうゆの小な。」

バンバカ茹でよるけん、すぐにうどんが出てくる。

席に運んでから、すぐに“山の美味しい水3号(やったっけ?)”と山盛り陳列の中からゲソ天を1本ゲトー。

あたりや(ゲソ天)

あつあつ

あたりや(あつあつ小)

あたりや(あつあつUP)

いや、イリコのエェ香りがしょーるやんかー。

   ズルズルルルルーッ

あたりや(あつあつヲタ撮り)

むふー。
この剛麺がモチニュルに化ける不思議さが、あつあつにはあるよな。

いやー、んまい。
ほんでまた、この巨大ゲソ天。
醤油で食べるんも美味いけど、ここはひとつ、熱いかけダシと合わせたい。

あたりや(ゲソ天ヲタ撮り)

美味いです。
この衣の味が何とも言えんが。
この衣の粉でパンケーキ焼いたら、さぞかし美味かろう、ご家老。

あつあつを食べきったら、次はしょうゆクンじゃ。

あたりや(醤油小)

あたりや(醤油UP)

ゆずはカウンターんとこでかけてきたんで、後は醤油をチャッと。
ほんでから、グールグルかき混ぜる。

あたりや(醤油小混ぜた後)

  ズッズババババッ

おほー。
こらまた、なんちゅうか、キとるな。

あたりや(醤油ヲタ撮り2)

剛麺の本領発揮やで。
さっきのあつあつと同じうどんとは思えんな。

あたりや(醤油ヲタ撮り1)

にしても、うどんちゃオモッショイ食いもんじゃわ。
料理方法でこんなに味わいが変わるんやもん。

この後、家へ去んでボーッ

   と、してたらっ!!!

掃除の神、降臨。

台所の床を中心にめっちゃ隅々まで掃除。
床は這いつくばって、お掃除シートで拭き掃除。

いらんもんを仕分けして、ゴミ袋へポイポイ。

シンクからまな板の台まで全部磨き上げる。

   すっごく自己満足

嫁はんもビックリしとりました。

ヘッ、ワシやってやる時はやるんじゃ。
その“やる時”が滅多に来んのが問題なんじゃ。(←威張るな)

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

FC2 Blog Ranking