プロフィール

讃岐っ子

Author:讃岐っ子

一.うどんにはうるさいです。  
  ワーワーワーワー!!

一.ラーメン二郎が止められません・・・・

一.No swim,No life.

一.体の水分のアルコール濃度が高いです。

一.阪神タイガースは一番やー!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ランキング♪

リンク

07/06(日)  うどんツアー(その32) ファイナル  【肴や】 

≪これは2008年のツアー日記です(情報が古いのでご注意)≫

ちうことで、向かった先は、玉五郎。

   じゃなくて(爆)

ウロウロとまたもや脇道をちょい戻って、何か英国風パブのような、喫茶店のような外観の呑み屋さんへチン入じゃっ!

     肴や

肴や(店構え)

うおおおっ!
何じゃ、この酔っ払いの集団はっ!?(←オマエも酔っ払いじゃ)

黒板にいっぱい書かれたメニューは、和洋中混在。
どれから頼んだらエェんか、トーチャン全然分―からーんがーーーー(←大分、キてます)

  「よしっ、皆の衆っ、好きなモンを頼むのだっ!」

刺盛り

肴や(刺身)

  「これやと、日本酒が欲しいねー。スンマセン!熱燗一丁!」

チンチロリンで登場。

肴や(熱燗1)

やっぱ、これやねー。
亡くなったジイチャン思い出すわー。

肴や(熱燗2)

って、誰やっ! 牛刺し頼んだんはっ!

肴や(肉刺し)

   今、よっけ肉食うて来たとこやんけっ!

あ、でもかなーり美味い。

肴や(肉刺しUP)

くひー。酒が美味いのぅ。
もうすぐ旅が終わるんじゃのぅ。

  「オムライス頼んでいい?」

  「頼みなされ、頼みなされ。この店で出すオムライスがどんなんか見てみたい。」

オムライス

肴や(オムライス)

中のケチャップライスが美―味い、美味い。

肴や(オムライスUP)

握り寿司

肴や(握り鮨)

お一人¥1300(!)でした。
これにて、打ち止め。

梅田駅(その1)

新大阪駅でカレーライス食うとるヤシが居ったような気もするけど、ま、気のせいやろ。

梅田駅(その2)

楽しかったなー。
もうね、何も云いません。
またな、大阪。
また来る日まで。

地下鉄(同行者)

♪ 何度ここへ来てたって
  大阪弁は上手になれへんし
  楽しそうにしてたって
  あなた以外に連れはおれへんのよ
  
  近そうでまだ遠い大阪 ♪


帰宅して、体重量ったら


         74.8kg


ガックシ・・・

スポンサーサイト

07/06(日)  うどんツアー(その31)    【電撃ホルモン ツギエ】 

≪これは2008年のツアー日記です(情報が古いのでご注意)≫

ブーラブーラ歩いて、向かったのは、3日前の宿題店(詳細はブログランキングに参加中!コチラ

あれ?
開店時間過ぎとるのに、看板が出とらんぞ。

お、ニイチャンはおるな・・・
脚立に上ってなんかしよるな。

  「スンマセン、今日はやります?」

  「あー、何か機械の調子が悪ぅて、もうちょっとかかるかもしれません。
   すんませんなー。」


こら、アカンか。
今回のツアーではご縁が無かったっちゅうことで、無念の撤退。

日本橋まで歩いて、堺筋線で扇町。
地上に出たら、そこは娯楽とショッピングの殿堂、天神橋筋商店街じゃ。

そこ、ここにそそられる飲み屋の暖簾が掛かる中、JRの駅から脇の路地をウロチョロ入って、ハイ、到着~♪

   電撃ホルモン ツギエ

前から気になっとった店。
一人で行くんはちゅとはばかられとったんやけど、先客はお一人さん。w

セットされたカンテキに炭が入って、宴会スタートじゃ。

電撃ホルモンツギエ(かんてき)

電撃ホルモンツギエ(メニュー)

頼むと、オニイチャンが肉を切り始める。
そのライブ感がエェんよな。
すでに切った肉を出すようなこたぁやりません。
お金を取れる商売、お客さんから見てお金を払える商売をやるんが大阪。

キャベツ。

電撃ホルモンツギエ(キャベツ)

最初の一品

電撃ホルモンツギエ(肉1)

あ、こんなに頼んでるし。w

電撃ホルモンツギエ(肉並べる)

ファイヤアアアアア

電撃ホルモンツギエ(かんてき燃える)

ユッケやんけ。(苦笑)

電撃ホルモンツギエ(ユッケ)

追加注文

電撃ホルモンツギエ(肉2)

電撃ホルモンツギエ(肉3)

もっと、もっと、燃やしてえええええ

電撃ホルモンツギエ(かんてき再び燃える)

酔っ払ってブレブレ(爆)

電撃ホルモンツギエ(肉ヲタ撮り)

肉祭り

電撃ホルモンツギエ(肉4)

肉肉祭り

電撃ホルモンツギエ(肉5)

肉祭り

電撃ホルモンツギエ(かんてきと肉)

お一人¥3000。
炎で顔を炙られて、すっかり酔っ払い。
うひひひ、東京帰りたくなーーーい!(←本音)

しかし、無情にも帰京の時間は迫ってくる。
しょーがない。

    もう1軒行くか(爆)

ちうことで、最後の一発、名残の最後っ屁じゃあああ。

あ、そうそう。
ツギエのトイレは、隣の「煮干ラーメン 玉五郎」と共通。
ちうか、店が裏でつながっとりました。

   「もしかして、経営者同じ?」

   「はい、そーです。呑んでもろて、隣のラーメンで〆てもろたら。」

   「なるほどなー。」


さぁ、次じゃ。

07/06(日)  うどんツアー(その30)    【くわ焼き たこ坊】 

≪これは2008年のツアー日記です(情報が古いのでご注意)≫

うどんツアーは滞りなく終了。
坂出駅前の平成レンタカーへ車を返却。
これから、一路東京を目指すのだ。

瀬戸大橋を渡る。

瀬戸大橋線(その1)

瀬戸大橋線(その2)

番の州工業地帯の造船所、賑わっとりますな。

瀬戸大橋線(その3)

こりゃ、形からしてLNG運搬船やね。

瀬戸大橋線(その4)

瀬戸大橋線(その5)

本日も瀬戸内海は波が穏やか。

瀬戸大橋線(その6)

瀬戸大橋線(その7)

内海で育ったワシは、外海を見たときは凄くて凄くてビビリまくりでしたわ。
波荒いもんなー。

瀬戸大橋線(その8)

瀬戸大橋線(その9)

岡山駅で乗り換え、一路新大阪。
ロッカーに荷物入れて、御堂筋線で一気に難波じゃ。

酒が呑みたきゃ、まずはミナミやね。w
テコテコ歩いて、やって来たんは、相合傘筋商店街。
まぁ、この商店街がエェ感じで、結婚前のオネエチャンが歩くんはちゅとはばかられるような雰囲気がある。
その、時代に背を向けたような雰囲気が、ワシは大好きやけどね。

その一角、有名な「丸福珈琲店」の並びにあるこちら。

    くわ焼き たこ坊

くわ焼きたこ坊(お店外観)

いか焼き

くわ焼きたこ坊(いか焼き)

えび焼き

くわ焼きたこ坊(えび焼き)

何やったっけ?

くわ焼きたこ坊(なんだっけ)

これ、ずり!

くわ焼きたこ坊(ずり焼き)

これは、玉ひもっ!

くわ焼きたこ坊(たまひも焼き)

これは、名物エビパンっ!

くわ焼きたこ坊(エビパンその1)

くわ焼きたこ坊(エビパンその2)

穴子の1本焼き~♪

くわ焼きたこ坊(アナゴ一本焼き)

オランダ~

くわ焼きたこ坊(オランダ焼き)

オランダの中身

くわ焼きたこ坊(オランダ焼きヲタ撮り)

とんぺい焼き

くわ焼きたこ坊(トンペイ焼き)

薄皮をうまいこと巻き巻きしてくれるんよなー。

くわ焼きたこ坊(トンペイ焼きUP)

エェ感じに酔っ払って、終了。
お一人¥2800。
串揚げの店と云い、安い食いモンをちょこまかと出す商売が上手いわの、大阪は。

しかし、ワシ以外に2人は、何故行く先、行く先で、

  「もうここで仕上げでいいやっ!」

と言うのか。
それじゃ、単なるオヤジじゃっ!w
いや、単なるオヤジやけどね~

さぁ、次、行ってみよっ

07/06(日)  うどんツアー(その29)    【日の出製麺所】 

≪これは2008年のツアー日記です(情報が古いのでご注意)≫

さて、いよいよ本日ラストじゃ。
実は次の店では、うどん界の重鎮B府クンと落ち合うのだ。

   日の出製麺所

B府クンを待つ間、溢れていた行列はどんどん店内に吸い込まれていった。

日の出製麺所(お店外観)

今日のワシは、ここでチャレンジングなメニューにトライするんである。

    カレーうどん

勿論、無理難題で作らせるんちゃうで。
その道の達人がソッと耳元で囁いたんじゃ。

  「日の出にカレーうどんあるんで・・・・」

そうなると食うやろー。

  「お店のどこっちゃに張り出しとらんけん、他のお客さんが“ナニッ!?”
   って思うかもしれんで。」


それは益々食わなイカンやろー。

しかし、B府クン遅いのぉ。
これはお店の営業時間が済んでしまうがー。

エイッ!もう入ってまおっ!

もうお客さんが途切れかけとるけん、肩寄せ合うほどは混んでない。

  「カレーうどんの小、下さいっ!」

  「はい、カレーの小ですね。」

あれ?あんまし驚かんぞっ!
どななっとんやっ、B府クンっ。w

ヨッシャ、ほんだら他のお客さんの反応は・・・

   皆さん、食べることに集中されとります。(笑)

ワシ、不発やがなっ!
どななっとんやっ、B府クンっ。ww

そんな、ワシを慰めるかのように届いたカレーうどん。

日の出製麺所(カレーうどん)

うむ、これじゃ。
このルゥがたっぷしかかったのこそが、まごうことなき、正統派の香川県のカレーうどんじゃ!

日の出製麺所(カレーうどんUP)

    ズルズルズルゥーーー

日の出製麺所(カレーうどんヲタ撮り)

むひょー、美味いっ!
美味いやないか、B府クン!
ネタのために食べようと思ったワシの汚い心、下心を恥じ入るばかりじゃ。
これからは、真っ直ぐこれを食べようと思いましたよ、イヤ、マヂで。

今日はそろそろタイムアップなんじゃ。
大阪立ち寄ってから、東京に去ぬけんな。

そう思うと、名残惜しいやら、何やら。

   「スンマセン、釜玉下さい。」

あれっ?
口が勝手に注文を(笑)。

ネギをチョ~キ チョ~キよぉ~♪(←違う店じゃっ!)

日の出製麺所(釜玉うどん)

   ズルルルルルルッ

日の出製麺所(釜玉うどんヲタ撮り)

美味いっ!
ちゅるちゅるのズルズルじゃあっ(分かりづらい表現じゃのぅ)
滑らかなんよ。

あっちゅう間に2杯平らげてしもたが、エ、ボクよ。

   「カレー、どうでした?」

   「うぉっ!B府クン、いつの間にっ!」

目の前にB府クン、来とるがな。
彼が来ると、それはもう店内大騒ぎ。

工場の方から次々と若い衆が来て

   「B府さんやー、お久しぶりですー。こんにちはー。」

   「こちらこそ、お久しぶりですー。」

やはり、現場で愛されるのは、現場を這いずった者よのぉ。

ここで、

  「ワシ、“酒とうどんとスイミング”っちゅうブログやっじょるんですけど。」

とか云うても

  「何?何とな?“部屋とYシャツと男と女”って何な?知らんでっ、そななん!」

と、グッサリ刺されそうなんで、ひたすら沈黙。
もう、汚職事件で引っ張られた容疑者か!?っちゅうくらい沈黙。

表へ出ると、M社長お出まし

B府さんのご威光、恐るべし。
さすがである。

  「どーも、B府クン。Fさん、こないだはどーも。」

ホンマ、エェ人やなぁ。
こういう人を「信用が置ける人」っちゅうんやろな。

さて、これにて、うどんは終了。
車を返して、一路、大阪経由東京じゃ。(←変な日本語やなw)

B府クン、M社長に挨拶して出立。
ご馳走さまでした。

ちなみに、カレーうどん¥200、釜玉¥150
両方足しても¥350。

もちろん、自宅、会社のそばに出来て欲しい店のひとつであることは云うまでも無い。
どうですか、社長っ!

07/06(日)  うどんツアー(その28)    【まいど まいど】 

≪これは2008年のツアー日記です(情報が古いのでご注意)≫


一路飯山方面へ進路を取る。
観光客なら「なかむら」へ行くところだが、ワシらはすでに弟さんの店で食べとる。
しかし、この辺りには名店が多い。
車が無いと行けない所が多いのは不便だが、逆を言えば、香川では、徒歩や自転車の範囲に必ず美味いうどん屋が1軒はあるんで、わざわざ車で行く必要が無かったんである。

ちなみに、ワシの両親はどっちも宮武も山越もなかむらも食うたことは無い。
食う必要性も感じとらんみたい。
んでも、時々、

   「それ、美味かったんか?」

と聞くけん、興味はあるみたい。
今度、買うて来てやるかの。

さて、さっきの「夢う」に続く新規開拓じゃ。
高速の橋脚くぐって、新しく出来た道をツィーッと行けば、到着。

    まいど まいど

お昼時とあって、駐車場は満杯。

まいどまいど(店先)

いや、どないやっちゅうねん。
そんなに毎度毎度、うどん食うてて飽きんもんか、と。
あ、それで「まいど まいど」か?
いや、大阪弁の「どーも どーも」ちゃうか?

電話でややこしいんちゃうかのー。

  「はい!まいどまいどです。」

  「あ、ども。そんで、お宅の店の名前は何ちゅうの?」

  「まいどまいどです。」

  「あ、どもども。初めてなんやけどな。で、お店の名前は?」

  「まーいーど まーいーど。」

  「あー、どーーも どーーも。それでお店の名前はっ!」

  「だから、店の名前が まいどまいど なんです。」

  「ややこしなっ!店の名前変えちゃりっ。」

新喜劇の世界やな。

梅田のお好み焼き「きじ」でのやりとりを思い出したわ。w

さて、「まいど まいど」。
お店の前から見える飯野山(通称 讃岐富士)が素晴らしい。

まいどまいど(店先から飯野山)

映画「UDON」でも印象的に何度も使われてた飯野山。
この辺に住んどる人にとっては、毎朝毎夕眺める象徴的な風景なんやろね。
高松の屋島みたいなもんか。

さて、中へ。
おー、よっけお客さん居るのー。

セルフの店やけん、カウンターんとこ行って、注文じゃ。

   「冷やかけの小っ。」

チャチャッとやってホイ♪と渡してくれる。
170円払ぅて着席じゃ。

まいどまいど(冷やかけ小)

なかなかに美味そうな、如何にも喉にグッときそうな太麺じゃのー。

まいどまいど(冷やかけ小UP)

    ズルズルズズズーッチュ

まいどまいど(冷やかけ小ヲ撮り)

うひひひ。
美味いっ!
ホンマ、ちゃんとしたうどん屋が増えたのー。
昼時でもちゃんと茹で立ちが出てきて、しかも、がいに美味いがっ。
エッヂもピシッ。
こら、お客さんががいに来るんも頷けるのぉ。

後で分かったんやけど、さっきの「夢う」とここは、讃岐うどん職人学校の同期にして第1期生。
にしては、ちゅと方向性の違ううどんが出てくるんがオモロいな。
それが、小麦粉と水と人の加減の塩梅っちゅうヤツか。
ま、同じ人が作っても、毎日微妙に味が変わるんがうどんやけんな。

表へ出る。
店の脇っちょから飯野山を再度のぞむ。

まいどまいど(飯野山)

なんか、エェやろ。(笑)

こういうとこで育ったら、ほんわかとした人になるわのー。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE